表題の作品が収録されている本を教えてください。

A 回答 (1件)

絶版となっている旺文社文庫の「滝へ降りる道」井上靖


の中に収録されているようです。
http://www2.plala.or.jp/baribarikaniza/inoue/bun …

下記の絶版本の販売書店で500円で販売しているそうです。
http://www2.neweb.ne.jp/wd/ohbakudo/old/ohbunsya …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 さっそく注文してみます。本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/11/05 13:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q投網をやろうと思っているもですが投網規制ありますか?

投網をやろうかなーと思っているのですが。
投網規制があることを知って、ここで、できるの?と思いお尋ねします。
姫路市を流れている市川で投網は、できますか?
姫路市豊富付近でやろうと思います。 あと豊富町の川もお願いします

Aベストアンサー

私も投網は大好きなんですが、なかなかできる所がないですよね。

基本的に漁業権のあるところは禁止です。
また、漁業権がなくとも、ボランティア等で放流事業をやられているところはマナー違反です。

で、市川を調べたら、漁業権がありましたのでNGです。
http://web.pref.hyogo.jp/contents/000109315.pdf

同じ川でも範囲が限定されていることもありますし、季節限定もあるので、お近くの漁業組合に確認されるのが良いですよ。

私は海派なので商業港でやっています。
根掛で網をダメにすることもしばしばですが、春には海タナゴがたくさんとれますよ。

Q日本の暮らしについて書かれている本を探しています。 昔の日本の衣食住、行事などを歴史的に書いている本

日本の暮らしについて書かれている本を探しています。
昔の日本の衣食住、行事などを歴史的に書いている本ではなく、現代の田舎等にスポットに当てた本はありますでしょうか。
なるべく家庭的な和食で、工芸品なども書かれていて…読みやすく写真が多い本がいいです。

Aベストアンサー

現代の農村・山村・漁村などについては、中川重年監修『日本の里山日本の里海』(全6巻)↓がくわしいようです。
http://shop.ruralnet.or.jp/b_no=01_4540061143/

時代は少し古いですが、芳賀日出男『日本の民俗 祭りと芸能』/『暮らしと生業』↓も、写真が豊富です。
http://www.honyaclub.com/shop/g/g16655165/
http://www.honyaclub.com/shop/g/g16655166/

Q投網の選び方

カテゴリが違うかもしれませんが申し訳ありません
港から投網で魚を取りたいのですが投網の目の大きさに迷っています
取れる魚は ハゼ ママカリ ぐらいの大きさです
また砂浜から投げて取れるようなところありますか
鳥取岡山でおねがいします

Aベストアンサー

まず、都道府県で個人での投網がご法度なところがありますので、それを確認してくださいね。

漁業とみなされますので、個人に許可がおりることはなかなかないでしょう、漁業組合の会員にならないといけないです。

桝目は5寸のでいいんじゃないでしょうか、ここでサイズを言ってもそれが手に入るかどーかが??だし

Q「ムー伝奇ノベル大賞」受賞作品で本になっているものを全て教えてください

優秀賞や佳作等も含めて書籍として発刊されているものを全て教えてください。

お願いします。

Aベストアンサー

下記URLをご覧ください。
【受賞作品-日本ホラー小説大賞 ホラーサスペンス大賞 ムー伝奇ノベル大賞】
http://mubooknavi.fc2web.com/lihp/pagi-jushou5.html

参考URL:http://mubooknavi.fc2web.com/lihp/pagi-jushou5.html

Q俳句 投網打ち

写生の句として、ある雑誌に載っていた俳句です。

  秋燕や海の真中へ投網打ち

投網を海の真中へ打つことがありますか?

Aベストアンサー

ご質問は、疑問を抱いたと解釈を致しました。

海と言えば、広大でまして秋であれば、荒れているとも連想できる。
そのような場面で、直径数メートルの投網打ちでは、あまりにも
そぐわないと考えるのが普通ではないでしょうか。

ですから、ここでは秋燕やと切れ字がありますが
その燕が海へと南方の海へと帰ってゆくと解釈してみるのは如何でしょうか。

先ほどまで川辺や川面(又は、河口近く)で飛んでいて
自分の投網打ちの身近に共にいた燕がいまや
ずうっと先の沖合いの飛んでいってしまっている。

そうして、自分もその燕と一緒に
今は海の真ん中にいるとの錯覚に一瞬とらわれた。

誠に、勝手な解釈です。

Q感動する本、勇気が出る本、前向きのなる本を教えて下さい。

おはようございます。
最近とても大切な人と別れました。人生に対して今は生きる気力がありません。落ち込んで落ち込み抜いたその後に気持ちを前向きにしていきたいと思っています。その時にほんの少しでいいので手助けが欲しいのです。
私は読書が好きなので皆様が出会った素晴らしい本をご紹介して欲しいのですが・・・。
前向きになる勇気の出る本を教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

『青空のむこう』- アレックス シアラー・著 / 金原 瑞人・訳

わたしはあなたへ、この本をお薦めします。ほか、シアラーさんのお書きになる本は、どれも最後に、ほんのすこしの勇気と、さわやかな感動を生んでくれます。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4763002112/249-0498760-4756324

Q投網漁の起源

日本では投網漁はいつ頃から行われてきたのでしょうか?
私の母方の家には貝塚があり、貝殻や土器が出土しています。
以前に、野菜のウドの生産をしていた頃、深い穴を掘った時に
穴の開いた小石が数個出てきました。
投網の重石に使った物だと聞かされました。
今も母方の家に保管されています。
縄文とか弥生時代の頃にも投網漁は行われていたのでしょうか?

Aベストアンサー

松井章著『環境考古学』の記述の一部です。

全国各地の縄文期の貝塚から、船から網ですくわないと捕れないマイワシや片口イワシの骨が出土しています。
網その物の出土例は少ないですが、網の存在は分かっています。

「貝塚 網 錘」で検索すればいっぱいヒットします。
錘の写真が出ている例では、
千歳市美々貝塚
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/sbs/joumon/remains/is_bibi01.htm

愛知県海津市「縄文人海と出会う」 10ページ 
http://www.city.kaizu.lg.jp/mpsdata/web/919/zyoumonzin-umi-deai-l.pdf

鹿児島県水産技術開発センター
http://kagoshima.suigi.jp/ayumi/book/01/a01_01_14.pdf 
このHPの最初の一節です。

「貝塚にマイワシ・カタクチイワシの魚骨が見られることから,既に石器時代にその走りがある。イワシは,釣るに困難な魚であるので,網で操業していたことが想像される。このころは沿岸近く寄せてきたものを曳網・敷網の類で漁獲していたと想像される。」

「投網漁」の歴史については分かりません。

松井章著『環境考古学』の記述の一部です。

全国各地の縄文期の貝塚から、船から網ですくわないと捕れないマイワシや片口イワシの骨が出土しています。
網その物の出土例は少ないですが、網の存在は分かっています。

「貝塚 網 錘」で検索すればいっぱいヒットします。
錘の写真が出ている例では、
千歳市美々貝塚
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/sbs/joumon/remains/is_bibi01.htm

愛知県海津市「縄文人海と出会う」 10ページ 
http://www.city.kaizu.lg.jp/mpsdata/web/919/zyoumonzin-um...続きを読む

Q本の作品名を教えてください。

神学生が起こした殺人未遂事件を素材として野心に燃える青年ジュリアンの成功と挫折を通じて、王政復古時代のフランス社会が描かれている作品の名前を教えてください。

Aベストアンサー

もしかして、スタンダールの「赤と黒」の事をおっしゃっていますか?

私は高校生の頃(十数年前!)に読んだので、ピンと来るまで少し時間
がかかりました。
参考URLに簡単なあらすじがあります。

ただし、結末まで書かれちゃっているので、まだ読んでいないのならこの
URLは見に行かない事をお勧めします。

参考URL:http://www.ll.chiba-u.ac.jp/100bs/001.html

Q投網の投げ方

投網の投げ方を教えてください。できれば写真と解説があれば嬉しいです。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

まったくの素人ですが、ご質問のタイトルに惹かれて調べてみました。
参考URL「投網講座」をご覧下さい。

…自分もやってみようかな。

参考URL:http://www.enjoy.ne.jp/~onoda/auto/toami/toami_1.html

Q幻想的・無常感を感じられる作品を教えてください

私はシンガーソングライターをしているものですが、作詞の材料となる作品(書物、映画、絵画等)を探しています。
とりあえずこのカテゴリーに質問させていただきましたが、書物に限らず、イマジネーションをかきたてられるようなものなら何でも構いません。

タイトルにありますが、
・幻想的
・無常感が漂う
・生と死の狭間をさまようような感覚
・形のないような美しさ
・恋愛、夢といった現実の感覚を超越したようなもの
上記のようなイメージ(説明が漠然として申し訳ありません)を感じられる作品をご存知でしたら、是非教えて頂きたく、よろしくお願いいたします。

※上記の説明ですと、宗教的な題材が浮かぶかもしれませんが、出来れば宗教の素材からは離れたいと考えております。

Aベストアンサー

小説だと、安部公房がお薦めです。『砂の女』『箱男』が有名ですが、新潮文庫でいろいろ出ている短編集もいいです。『内なる辺境』『砂漠の思想』といったエッセイ集も、背後にある思想がわかっておもしろいです。

漫画なら、西岡兄妹が夢をそのまま絵にしたようで美しいです。文字の多い絵本という感じです。私が読んだのは『子供の遊び』『地獄』だけですけど、お薦めです。

夢をそのまま漫画にしたようなものなら、つげ義春『ねじ式』に収録されている「ねじ式」「ヨシボーの犯罪」、徳南晴一郎『怪談 人間時計』などもよいと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報