大陸と島の違いについて、質問があります。
河川が全て海へと流れ込むのが島で、海へ流れ込まない河川が
1つでもあるのが大陸だという話を聞いたことがあります。

海へ流れないといっても、どうもイメージが湧きません。
具体的に、川の終わりがどうなっていたら大陸なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 


  >河川が全て海へと流れ込むのが島で、海へ流れ込まない河川が
  >1つでもあるのが大陸だという話を聞いたことがあります。
 
  それは違っています。話が、何か勘違いされていたのでしょう。確かに大陸の場合、例えば、バイカル湖のような陸中湖というか、そこに川が流れ込む湖があります(バイカル湖は、中央アジアの北にあります)。しかし、例えば、日本の琵琶湖を考えると、琵琶湖にも琵琶湖にしか流れ込まない河川はあります(ただ、琵琶湖は、そこから更に海へと川が流れています。下流では淀川と呼ばれているのがそれです)。
 
  川の終わりがどうなっているかで、大陸か島かが決まる訳ではないのです。
 
  大陸というのは、単に、非常に大きな島というのではなく、地質学上、地球物理学上も、島とは異なるものです。プレートテクトニクス理論というものがあります。これは、大陸の形状を地図で眺めていると、例えば、南北アメリカ大陸とアフリカ・ヨーロッパは、両者を近づけて、少し海岸線を歪めると、パズルのようにぴったり合わさることから、ウェゲナーという学者が主張した「大陸漂流説」というものを、地球物理学的に説明する理論です。
 
  大陸漂流説というのは、昔、世界中の大陸は、一つの巨大大陸であった(これを、「パンゲアー」とも呼びます)、それが何かの理由で割れて、ばらならになった複数の破片が海の上を漂流して、離れて、現在のような位置に来たのが、現在のアジア、アフリカ、アメリカ大陸だ、などとする説です。これは荒唐無稽な空想だと思われていたのですが、地球の構造を研究していると、どうも本当であるということが分かりました。
 
  地球は、中心にコアという球部分があり、その周りに、マントルという厚い皮膜のようなものがあります。マントルとコアで、地球の半径の大部分です。マントルの上に、「地殻」という、相対的に薄い、パンの皮のような部分があります。地殻の厚さは、厚い処、つまり大陸の部分で10キロメートルかそれより少し厚いぐらいで、大洋の底では、もっと薄くなっています。
 
  プレートテクトニクス理論というのは、いわば、マントルの海の上に、地殻が浮かんでいて、地殻は、更に幾つか複数のものに割れていて、互いに自由に動いているという説です(自由にではなく、本当は、マントルのなかに対流というものがあり、このマントルの運動で、地殻の破片(プレート)が、動かされているのです)。
 
  地殻は、プレートと、プレートのない部分からなり、プレートのない部分が、つまり、深さ4,5千キロメートルとかの大洋で、プレートのある部分が大陸ということになります。複数のプレートが合わさって一つの大陸となっていることがあり、その場合、プレートが押し合っていると、その部分で無理が生じ、プレートの端が地面から盛り上がった感じになります。これが、例えばヒマラヤ山脈です。あれは、インドが、その上に載っているデカン高原というプレートが、アジア・プレートに衝突し、押しているので、ああいう山脈ができているのです(だから、帯状になっているのです。あの帯が、デカン高原とアジア・プレートの境界なのです)。
 
  プレートの合わさったものが大陸で、プレートでないのが大洋です(これは、少し話を簡単にしています。大洋にもプレートはあるのですが、大陸のプレートとは性質などが少し違います。ここでは、大陸型プレートは大洋にはないという話にしています)。島というのは、大陸のプレートの端の部分で、高い部分が、低い部分が海中に沈んでいるので、相対的に海面上に出ている部分です。氷河期には、海の水が、氷になっていたので、海の水面がいまより低かったので、例えば、日本列島は島ではなく、アジア大陸と繋がっていて、大陸の一部でした。
 
  非常に大きな島を昔は大陸と呼び、現在でも、それでよいようにも思いますが、他方、地球物理学的に、大陸を厳密に定義することもできるということです。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細な回答、ありがとうございます。
単なる私の勘違いだったんですね。

ここまで丁寧に回答いただけるとは
思ってもいませんでした。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/05 22:55

河川の終わりは海か湖になります.


大きな陸地だと湖があることが多く,当然その湖に注ぐ河川もあるということでしょう.
河川水の流れ込んだ湖の水は蒸発し,雲を形成し,再び雨や雪として降り注ぐという水循環が成立しています.

ただ,この定義で大陸と島を分けてしまうと,一般の認識とはかけ離れてしまうものになると思います.というのも日本のような島国といわれているところでも湖とそこに注ぐ河川がいくつも存在するからです.

大陸であるか否かは,地質学的な観点から言えば陸地の基盤を構成するのが花崗岩質か否かになります.一般に大陸は地殻の厚さが30~40kmで,その上部は厚い花崗岩質層から成っています.逆にたとえばハワイの島々は玄武岩質で比較的薄い海洋プレート上にあり,島というにはピンと来ると思います.

それにしても実際のところは慣習的に大陸と呼んでいるもの(いわゆる六大陸)が大陸で,そうでないものが島といったところでしょうか.「市」か「町」かといった人為的な地理的空間の定義とは同様にできないし,明確に定義できたとしてもそれほど意味はないように思います.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たいへんわかりやすい回答を、ありがとうございます。
要点が簡潔かつ明快にまとまっているおかげで、
非常によく理解できました。

お忙しい中お答えいただき、重ね重ねありがとうございます。

お礼日時:2001/12/05 22:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q月の大陸移動

地球上の大陸は、大昔の大陸移動により徐々に現在の大陸の地形になりましたが、はたして月では大陸移動がおこっているのでしょうか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

ウェゲナーが唱えた大陸移動説を現在の地学ではプルームテクトニクスとプレートテクトニクスの2つを使い説明しています。
これらはウィキペデェアを見れば詳しくのっています。

1番さんの回答通り火山活動や地震などのプルームテクトニクス
やプレートテクトニクスにより起こる現象が確認されていないので大陸は移動していないと考えてよいと思います。

Q川と海、どちらが水難事故が多いのでしょう?

川と海って、どちらの方が水難事故件数が多いのでしょう?
以前、川の方が多いと聞いたのですが、確かなことが知りたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

平成17年度の統計では、海→河川→用水路→湖沼→プール、の順番のようです。
範囲が広くて監視の目が届きにくい場所ほど、事故が起こりやすいということでしょうか?はたまた、ただ単に人出が多いから事故も多いということでしょうか?わかりませんが。

参考URL:http://www.hokkaido.jrc.or.jp/n_toukei/ws/H17/01_basyobetu.htm

Q大陸移動

大陸移動の証拠は何ですか?

Aベストアンサー

1)各大陸の海岸線が合致しており、おおむね大陸を並べ替えると、1つの巨大大陸ができる

2)大陸移動があったと前提したほうが、現在では海で隔てられた2大陸に同類の生物が見つかったりするという現象が説明しやすい

3)大陸移動のメカニズムとしては、プレートテクトニクスが提唱され、地球の表面がいくつかのプレートに分かれてある部分から湧き出し、ある部分で地中深くにもぐりこんでいると考えられている

4)プレートテクトニクスによる地学理論は、地球上の火山帯分布と合致する

5)プレートが生まれる場所であるとされる大洋の海底に、まさにプレートが地下からせりあがって左右に移動していることが、確認された。プレートが生まれる場所(海嶺)に近ければ近いほど歴史の短い新しい地層であり、しかも海底の年齢は海嶺を中心として、左右対象に、回礼から離れるほど古いものになっている

Q海にメガフロートで人口島を作ってその下を地下鉄道を通した場合メガフロー

海にメガフロートで人口島を作ってその下を地下鉄道を通した場合メガフロートから地下鉄道につなぐエレベーター、エスカレーター、階段は海水によって上下に動くと思うのですがどのように付けるのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは


> 海にメガフロートで人口島を作ってその下を地下鉄道を通した場合
> メガフロートから地下鉄道につなぐエレベーター、エスカレーター、
> 階段は海水によって上下に動くと思うのですがどのように付けるので
> しょうか。

うーーーーむ (゜ペ)
少しでも現実的に考えるのであれば、多分、地下鉄道駅への出入り口部
(海上改札口?)だけは、メガフロートとは別に、海底の岩盤に基礎を
設ける固定島方式(海上杭打ち方式?)で作らざるを得ないでしょう。

と言うのも、メガフロートは上下方向だけならまだしも、前後左右にも
、つまり可動領域は"3D"になる可能性が高いので、その複雑な動きを
吸収しつつ人や物を安全に移動させる仕組みを考えるだけでもたいへん
でしょう。

そして両者(両島)間を橋梁で結び、その上を移動する方式にしたほう
が確実かなと・・・。

Q大陸移動を概説した書籍

生物地理学に関心のある一般人です。国立科学博物館の「南極展」を見にいったところ、大陸移動の図がでていました。ほかにもしばしば生物の進化の本で、大陸移動のようすが図示されていることはあります。ですがそれらは、問題となっている生物の進化の説明に必要な範囲でしか出ていません。

できれば、大陸移動のわかっている最初から現在までのようすを概観できるアップツーデートな書籍があれば、入手したいと考えています。移動のメカニズムや、研究の歴史があってはいけないわけではありませんが、関心のあるのは、現在のところで一般的に受け入れられている、各時代ごとの大陸のようすがわかるものです。岩石、鉱物や生物の分布等が補助的に説明されていればよりうれしいです。あまり専門的でさまざまの異説が詳細に紹介されているようなものは、手にあまるかもしれません。

こういった書籍をご教示いただければ幸いです。

Aベストアンサー

こんなんでどうでしょう。いずれも「今、買える本」です。

1 地球の内部で何が起こっているのか? 平朝彦 (光文社 893円)
2 地球の科学史 ロバート・ミュア・ウッド、谷本勉( 朝倉書店 5,040円)
3 躍動する地球 第2版 石井健一 (共立出版 1,575円)
4 地球は生きている 大竹政和 (小峰書店 1,260円)
5 大陸と海洋の起源 アルフレッド・ロタール・ヴェーゲナー、竹内均 (講談社 1,150円)
6 地球科学入門 河野長 (岩波書店 2,732円)
7 地球の科学 竹内均、上田誠也 (日本放送出版協会 1,019円)

ご参考まで。

Q一級河川の本数

九州内の一級河川の用水路のそれぞれの本数を
知ってるかた、
教えてください。

ちょっと課題に関係あって…(^_^;)

特にしりたいやつは、遠賀川流域、山国川流域、筑後川流域、矢部川流域です。


(泣)

Aベストアンサー

こんにちは。

 下記サイトをご参照ください。国土交通省のサイトです。
  http://www.mlit.go.jp/river/jiten/toukei/right.html
 「水系別・指定年度別・地方建設局等別延長等調」を見ると、水系別の河川数が載っています。

では。

Q大陸移動について

数億年単位の大陸移動を視覚的に知りたいのですがよくNHKでやっている地球の歴史に出てくるような大陸移動が視覚的にわかるサイトを知っていたら教えてください。

Aベストアンサー

http://www.ucmp.berkeley.edu/geology/tectonics.html
左側に並んでいる地球の絵をクリックすると、7.5億年前からのGIFアニメが見られます。

http://www.exploratorium.edu/origins/antarctica/ideas/gondwana2.html
南半球のFlash 5 アニメーション。下の赤い矢印を動かします。

http://www.scotese.com/pangeanim.htm
左側の楕円形の地図でマウスをドラッグします。

http://www2.nature.nps.gov/geology/usgsnps/pltec/pangea.html

Q河川の長さ

日本で一番長い河川と短い河川を教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

下記サイトによりますと
【日本一長い川】信濃川:367km
【日本一短い川】沖縄県本部町の塩川:300m


http://www.hatena.ne.jp/1065668104

参考URL:http://www.hatena.ne.jp/1065668104

Qどうも地質年代の時間感覚がつかめない(生物進化、大陸移動、気候変動など

どうも地質年代の時間感覚がつかめない(生物進化、大陸移動、気候変動など)

地球科学を勉強していて、どうも年代の時代感覚がつかめません。
生物がどれくらい進化していて、大陸はどれほど移動してて、
気候変動はどのようであったのか
個別のストーリーはわかるのですが、上手く立体的・有機的に把握することが
できません。
なにかよい方法や教科書などありましたら教えてください。

Aベストアンサー

年表を作ってみるのが普通でしょう。
例えば(A)過去10億年、(B)1億年、(C)1000万年くらいの三通りの目盛をふった白紙を用意して、そこに順次書き込んでいく。カンブリアの生物爆発(6億年前)なら(A)の中ほどに書き込まれることになるし、ペルム紀の寒冷化(2億年前)なら(A)の若い方、南極大陸の孤立~南極氷床生成開始(3千万年前)なら(B)の若い方、パナマ地峡成立(3百万年前)なら(C)の若い方という具合です。で、出来上がったら全体を並べて一挙に理解すると。
別に地学でなくとも、日本史や世界史を勉強するときでも同じですね。頑張って下さい。

Q南京虐殺事件で30万人もの人骨や河川流域散見は

南京虐殺事件が存在したとされております。20~30万もの人が殺されたらその多量の人骨や、浮遊し流れた死体が流域の各地で発見されたと想像しますがこのような物が目撃された記録があるのでしょうか? 南京事件に関してはその証拠写真とされるものがいやと言うほど多量に出回っているが、一方で確かな目撃者の存在が一人もいないという話も聞きます。殺害現場や南京市内にはプレス関係者を含め欧米人がかなりおったとの話もあり、このような大虐殺現場が隠密に陰で実行される様子は想像できないので、これら外国人の目にも止まるハズでしょうがどうなのでしょうか?
一方で、日本軍は更衣兵を殺害したと認められているがどのような手段を使い殺害したのでしょうか?捕まえて軍規に乗っかり執り行われたのでしょうか?
証拠写真なるものには明らかに創作された、演出された写真も指摘されております。これらは長路遠征中の中国共産党軍が用意したとは思えません。とすると蒋介石軍の謀略とも推察しますが、蒋介石軍のしわざと強く断言できる資料等は存在しているのでしょうか?父を虐殺されたと証言している中国人のテレビ放映の映像があると共に、従軍した日本兵の虐殺実行に加わったと証言したテレビ番組も(NHK)がありました。更には未だ読んではいないのですが鈴木明氏の「幻の南京虐殺」の本では南京攻略に従軍した軍人、兵隊などの証言からいわゆる虐殺は無かったのではないかと思えるものもあります。本当の姿が分からずイライラするするばかりです。欧米人との会話でやり取りしたケースありますが日本人の私の説明は言葉の未熟さとあいまってその内容がどうも”反論のための言い訳”と一蹴される始末です。皆さんのご意見を聞かせてください。

南京虐殺事件が存在したとされております。20~30万もの人が殺されたらその多量の人骨や、浮遊し流れた死体が流域の各地で発見されたと想像しますがこのような物が目撃された記録があるのでしょうか? 南京事件に関してはその証拠写真とされるものがいやと言うほど多量に出回っているが、一方で確かな目撃者の存在が一人もいないという話も聞きます。殺害現場や南京市内にはプレス関係者を含め欧米人がかなりおったとの話もあり、このような大虐殺現場が隠密に陰で実行される様子は想像できないので、これら...続きを読む

Aベストアンサー

”このような物が目撃された記録があるのでしょうか?”
   ↑
大量の死体が河に流されていた、という
証言はあります。
しかし、その証言を裏付ける決定的な証拠が
無い訳です。


”確かな目撃者の存在が一人もいないという話も聞きます”
     ↑
戦争が始まって最初に犠牲になるものは何か。
それは兵士でも女子供でもない。
最初に犠牲になるものは「真実」である。
戦争は銃と大砲だけでやるものではありません。
情報でも戦争をやるのです。


”南京事件に関してはその証拠写真とされるものがいやと言うほど多量に出回っているが”
     ↑
精密に検証してみると、明らかにウソとか
怪しいものばかりなのですね。
ウソの証拠を出しておきながら、説明も
謝罪もなく、また次のウソ証拠を出してきたりして
その繰り返しです。
だから、南京など無かったのではないか、という
疑惑が出てくるのです。


”これら外国人の目にも止まるハズでしょうがどうなのでしょうか?”
    ↑
外国人の証言などもありますが、みな又聞き
なんですね。
しかも裏付けなども全然とっていません。


”父を虐殺されたと証言している中国人のテレビ放映の映像があると共に、
 従軍した日本兵の虐殺実行に加わったと証言したテレビ番組も(NHK)がありました。”
     ↑
証言は、特にこういう時の証言は信用できません。
裏付けがとれない証言はあまり価値がないと思います。
法廷では、反対尋問という手法で証言の証拠価値を
検証しますが、これもやられておりません。
だからウソでもなんでも言いたい放題です。
鈴木明氏の「南京大虐殺の幻」によると、情報のソース
をたどっていくと、一点に集まるそうです。
誰かが意図的に流している可能性が高いわけです。


”兵隊などの証言からいわゆる虐殺は無かったのではないかと思えるものもあります。”
    ↑
なかった、などという証言ほど信用出来ないものは
ありません。
その兵隊は総ての時間、場所に目を配らせていたわけでは
ないでしょう。
無かった、というのは俗に「鬼の証明」と言われ
立証不可能とされています。


”本当の姿が分からずイライラするするばかりです”
    ↑
こういう問題は、国家レベルで科学的に検証して
初めて明らかになるものです。
個人がじたばたして調査しても無意味です。
尚、日本の保守団体が中国政府に調査を申し入れたことが
ありましたが、あれは30万で決まっています
と拒絶されたことがあります。
東京裁判の時は43万と主張していました。

と、いうことで真実は当分明らかにならないでしょう。

”このような物が目撃された記録があるのでしょうか?”
   ↑
大量の死体が河に流されていた、という
証言はあります。
しかし、その証言を裏付ける決定的な証拠が
無い訳です。


”確かな目撃者の存在が一人もいないという話も聞きます”
     ↑
戦争が始まって最初に犠牲になるものは何か。
それは兵士でも女子供でもない。
最初に犠牲になるものは「真実」である。
戦争は銃と大砲だけでやるものではありません。
情報でも戦争をやるのです。


”南京事件に関してはその証拠写真とされるものがいやと言う...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報