あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

OEMというものは、調べてみると、自社の製品を他社のブランドの製品として作ることとなっていましたが、これは下請けや外注と何が違うのでしょうか?
また、下請けと外注も同じと考えてよろしいでしょうか?(言葉の使い方は違うのでしょうが...)
違いを明確に教えて頂くと助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

外注は下請け、外部委託など外部に注文することの総称。


下請け、外部委託なんかは、かなり曖昧に使われていて業界によって意味が微妙に異なります。
法律用語だとおおざっぱにいうと下請けは仕事の完成を約束した契約が請負契約で、請負人が自ら引き受けた仕事の完成を更に第三者(下請負人)に請け負わせることで、委託は仕事の完成を必ずしも必要としない点で請負と異なります。外注は法律用語としては無い。(と思う。)

その点、OEMは製品があることがポイント。
例えばソニーがPSPを他社に製造させるのは外注。
PSPを任天堂ブランドとして販売するのがOEM。
PSPは、あくまでソニーの製品だから、任天堂がPSPの製造をソニーに外注というのは、ありえない。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
下請け、外注は非常によくわかりました。
OEMは理解した気でいたのですが、もう少し、理解を深くしたいので、補足回答お願いします。
(1)この例の場合、『ソニーがOEMという仕事をしている』という使い方なのでしょうか? もしくは、任天堂がOEMというビジネスをしているのでしょうか?
(2)販売するのは任天堂でよろしいでしょうか?
(3)どちらが、このようなやり方を提案するのでしょうか? 
 ソニーが任天堂に『任天堂の名前で売って下さい』なのか、任天堂が『任天堂の名前でソニーさんの製品を販売させて下さい』なのでしょうか?

お礼日時:2005/11/29 00:07

例えば、マイクロソフトもOEMをしてますよ。


ソニーのパソコンVAIOなどWindowsが最初からインストールされてます。
この場合、マイクロソフトがWindowsをソニーにOEM供給してます。
このように必ずしもOEMが独立していないというわけでもありません。

ただ、多くは部品など一部を製造しているため自社ブランドで販売が難しいというのは言える。また、自社ブランドで勝負するのはリスクが高い。
安く販売するには、ある程度の生産量が必要だし、売れるかどうか分からないものを大量に生産するより、OEMの場合、全部買い取ってもらえるから利益は安定します。それにソニー製のCD-Rは太陽誘電のOEMですが、太陽誘電はthat'sという自社ブランドでの販売もしています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
製品にソニーと書いてあっても、どこの会社が作っているかわかったもんじゃないですね。
販売がメインのOEM販売専門の会社もあるのですかね... 知名度というかブランド力は大事ですね。

お礼日時:2005/11/30 23:28

(1)ソニーがOEM元、任天堂がOEM先。

PSPはソニーのOEM(製品)。
(2)正解。この仮定の場合、
ソニー=製品はあるが、販売力がない。
任天堂=販売力はあるが、製品がない。
だから、OEM契約をする。
(3)両方でしょうが、ソニーが任天堂に『任天堂の名前で売って下さい』の場合が多いんじゃないかな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
よくわかりました。しかし、OEM契約では、(この場合)ソニーは目先の利益はでるのでしょうが、自社のブランドは一向に高まらないのではないかと思います。独立していないようなイメージがあります。
ともかく、最近多いのですね。

お礼日時:2005/11/30 00:47

技術はあり製品は作れるが、知名度(ブランド)や販売網が無いA社、逆に知名度や販売網は高いが製品を作る生産力が無いB社、この2社が手を組みA社で製造した製品をB社のブランドで販売するのがOEMです。

消費者から見ればB社が製造した製品のように見えます。ですがA社は製品が安定して売れ、営業力や販売網を整備するより製造に力を注げます。またB社は自社の持っていない技術で製品を作る事が出来、商品ラインナップが増え、営業に力を注げるという訳です。

次に外注は、OEMに近いのですが、ある仕事上で、自社で持っていない技術やノウハウ、設備を持っている他社に委託して代わりに仕事してもらうケースを言うようです。例えば、製品を作ってカタログを作りたいが自社でデザインできる人が居ないので、印刷とデザインをデザイン会社に外注する、というケースです。

下請けは、同業同士の会社に仕事を発注する時に言うようです。例えば、A社では自社で製品を作る事も出来るが、大手のため受注量が多いので、仕事をこなすため、同業のB社に仕事を発注する、というケースですね。B社はA社に納品し、B社の作った製品はA社が作った事になり、A社は発注元に納品します。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
なんとなくイメージがわかってきました。
OEMは対等に近い関係のようですが、下請けは明らかに、仕事を請け負う方が、立場が低そうですね。

お礼日時:2005/11/28 23:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QOEMと下請け

OEMという意味はなんとなく理解できるのですが、下請けとの違いがいまいち解からないのですが上手く説明できる方教えて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

OEMは相手先ブランドによる生産です。
たとえば無印良品の冷蔵庫などの家電製品は、どこかの電気メーカーが無印のブランドで作っています。出来た製品はすべて無印に納品します。生産した会社で販売は出来ません。
スーパーで売っている食品などにも多くあります。中身はまったく同じで、パッケージだけがそのスーパーのプライベートブランドになっています。
下請けは大手の会社で生産している部品の1部、あるいは全部を作っている会社になります。全部となるとOEMと似てきますが、注文形態が大きく違ってきます。
OEMの場合は作ってくださいとお願いしますので、これを引き受けた会社は儲けがそこそこあります。しっかりとした契約をし、生産したすべてを買い取ってもらえます。売れ残りや在庫は出ない。
下請けの場合はこの値段で作ってくれと無理やり作らせますので、下請けはたいへんです。儲けもあまりありません。
しかも急に急がされたり、いきなり契約を切られたりと、振り回されっぱなしです。

Q業務委託と業務請負の違いとは?

業務委託と業務請負契約の違いが分かりませんので
教えて下さい。

Aベストアンサー

説明しづらいですが、概略以下の通りです。

○業務委託
 本来、自分で行う仕事の全部又は一部を、代わりにやってもらうこと。
 例えば、ビル内の清掃、車の運転、商品の販売とか。

○業務請負
 何か特定の物を完成させることを目的として、仕事をしてもらうこと。
 例えば、家の建築、設計図の作成とか。

変な例えかもしれませんが、フランスパンが欲しかったとします。
委託にすると、パン屋さんに行ったけどパンが無かったら、交通費以外のお金を返してそれでおしまいです。
でも請負だと、フランスパンが見つかるまで探しに行きます。探した結果、多額の交通費がかかっても余計にかかったお金はもらえません。

分かりづらいですか。
 

Q外注生産・OEM生産・ファブレス生産の違いについて

タイトルの通りなのですが
外注生産・OEM生産・ファブレス生産の違いについて教えてください。
概念が似ていると聞きましたが、違いを説明できる方お願いします。
またどれがどれを内包している等の関係についてもお願いします。

Aベストアンサー

外注生産>OEM>ファブレス生産

です。
OEMのMは生産という意味です。

ファプレス(Fabless)生産とは、工場を持たない身軽な製造業のこと。製造は、製造子会社に全面製造依託するか、OEM生産に頼ります。製品ライフサイクルが短い業界(部品産業など)において資産効率の高い経営が強みとなります。

OEM(Original Equipment Manufacturing)は、ライセンス契約に基づき相手先ブランドにより販売することを目的とした製造のことを言います。

外注とは、製造の一部・全部を依頼することをいいます。

Q請負と外注の違い

さきほど派遣と請負の違いについて質問させていただいた者です。
恐縮ですが、請負と外注の違いについても教えていただければと思います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

外注は内製ではない、ということだけです。
請負は発注者の仕様に従い、期待される成果物を提供することです。
何が知りたいかによっては、即して回答できるでしょう。
土木・建築工事では、請負での支払いと出来高払いとでは、大違いです。
微妙な点を含む問いかけですが、そこまで微妙な差異が分かっての質問ではないようなので・・回答はミートしあにでしょうね。

Q下請けとは?

下請け会社というのは、どのように決まるものなのでしょうか?
「うちを下請け会社にしてください」とお願いする企業もあったりするのですか?
また、下請け会社になる場合、どのような契約を交わすものですか?
大きな会社がいくらかマージンを引いて下請け会社に仕事を回すのが一般的?

A社の下請け会社になると、A社のライバル会社B社の下請けにはなれないのでしょうか?

大きな会社A社は、自分のところの下請けじゃないと仕事はまわせないものなのでしょうか?

素朴な疑問だらけですみませんが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>下請け会社というのは、どのように決まるものなのでしょうか?

いろんなパターンがあります。
あなたの言うとおり、営業が「仕事ください」とお願いに行ったりすることもあるし、入札で決まる場合もあるし、コネで決まる場合もあるでしょう。

>下請け会社になる場合、どのような契約を交わすものですか?

それは、当事者次第です。

>A社の下請け会社になると、A社のライバル会社B社の下請けにはなれないのでしょうか?

契約次第です。

>大きな会社A社は、自分のところの下請けじゃないと仕事はまわせないものなのでしょうか?

そんなことはありません。資本が入っている子会社等は別ですが、そうでなければ少しでもコストが安く、品質がいい会社へ仕事を発注したいと考えます。ただ、会社としての信用がないと、大きな会社との取引は難しいでしょう。

Q仕切り価格の意味を教えて下さい。

経理の方と話をしていると「仕切り価格」という言葉が出ました。

調べても上手く理解出来ません。
頭の悪い私にでも分かるように具体例を挙げて教えて頂けると大変助かります。


よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

売るときの値段です。

定価10,000円だとしたら、
大量に仕入れてくれるA社には仕切り60%、6,000円で販売、
そこそこ仕入れてくれるB社には仕切り80%、8,000円で販売、
一般の方には、仕切り無し、つまりは定価の10,000円で販売。

ということになります。

もちろん仕切りが仕入れ値を割ってはいけません、損しますから。
そんな感じでゆるく考えてください。

Q工事を外注に出す場合の労災保険、及び建設業許可の有無

私は卸売業に従事する者です。

メーカーから仕入れた商品をユーザーに納品するのが基本ですが、
時折、機械設備などの納品に加えて、設置・撤去工事も行うときがあります。
当方では工事そのものは行っておらず、外注業者に委託(下請け)しておりますが、
そういった場合、作業者の労災保険はどこが負担するべきなのでしょうか?

我々は元請けですから、確かに求められれば保険をかける義務があるようにも思いますが、
例えば下請け~孫請けとなる場合、下請け業者で労災保険をかければ、
元請けの義務は免除されるように思いますし…
実際、どのように定義されているんでしょうか?

また、我々の「工事」というのは、特定設備・機械の設置工事であって、
建屋の建設・解体には携わっておりません。
せいぜい設備搬入時に、壁や屋根を一時的に撤去し、修復するくらいのものです。
そういった範囲内の場合、建設業許可(認可?)が必要になるのでしょうか?

当方、労災保険については、外注先から求められた事はなく(見積りの「諸経費」に入っているかもしれませんが)、
建設業許可は取っておりません。

最近縁があった外注先より、上記について指摘を受けたため、
原則について確認したかった次第です。

宜しくお願いします。

なお、当方零細企業につき、「下請けいじめ」などという事は一切関係ありませんので、念のため。

私は卸売業に従事する者です。

メーカーから仕入れた商品をユーザーに納品するのが基本ですが、
時折、機械設備などの納品に加えて、設置・撤去工事も行うときがあります。
当方では工事そのものは行っておらず、外注業者に委託(下請け)しておりますが、
そういった場合、作業者の労災保険はどこが負担するべきなのでしょうか?

我々は元請けですから、確かに求められれば保険をかける義務があるようにも思いますが、
例えば下請け~孫請けとなる場合、下請け業者で労災保険をかければ、
元請けの義...続きを読む

Aベストアンサー

まず、建設業許可は取らなくても「500万円」を超えることがなければ構わないとされます。逆に、請負が500万を超えるのであれば違反です。(まずばれませんけど)

業種としては、機械器具設置工事業というカテゴリーもありますので、建屋をさわらないから構わないというものではありません。

請負でやっていらっしゃるようですので、これも建設業としてあるべき姿の形態です。

労災保険に関しては、その工事現場を事業場として見るのかどうかにもかかってきますが、基本的に元請負者は労災保険に加入しないといけません。その現場で起きた事故はその現場の労災で処理されねばなりません。労災に加入できない一人親方の事業主などは、特別加入といって、一人だけで労災保険にはいることもありますが、原則は「現場の事故は現場の労災」で処理が普通で、元請が入らなければ、技術職員(本来、最低でも主任技術者の配置が必要ですし、そうでなければ、丸投げのトンネルで、これは建設業法違反です)の労災を誰がかけるのか?の問題が出てきます。

発注者が保険の感覚が薄いので言われないのでしょうが、事故になった場合、第一次の業者が労災補償させられるのが普通です。たとえば、4次業者が(ひひ孫請)被災すると、その事業主と、元請事業者(総括)が労働基準監督署に呼び出されたりします。4次業者の事業主は安全配慮義務違反、元請事業者は、総括的な指導の不足を言われます。

どっちにしても、保険は社会保険労務士の仕事の範囲です。建設業許可については行政書士にご相談ください。

まず、建設業許可は取らなくても「500万円」を超えることがなければ構わないとされます。逆に、請負が500万を超えるのであれば違反です。(まずばれませんけど)

業種としては、機械器具設置工事業というカテゴリーもありますので、建屋をさわらないから構わないというものではありません。

請負でやっていらっしゃるようですので、これも建設業としてあるべき姿の形態です。

労災保険に関しては、その工事現場を事業場として見るのかどうかにもかかってきますが、基本的に元請負者は労災保険に加...続きを読む

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング