小口現金扱いとしての金額を上回った支払いを、通常の扱いで通してしまいました。

本部から、この案件には稟議書が必要であったと連絡があり、事後稟議を作成するように指示されました。

事後稟議書の書き方をお教え下さい。


(1)通常の稟議書フォームで作成して良いのですか?

(2)事後となった理由についても記すのでしょうか?
  
今回の場合、特に理由がないのです。

こういう場合は、謝罪の文面も加えるべきですか?

大変に申し訳ないのですが、具体的にお教えくださると助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

会社によって違うかもしれませんが、私の会社の場合は通常通りの稟議を書いた後、「事後となり申し訳ございません」と付け加えます。



事後となった理由はいらないと思いますが、稟議書ですから小口現金の枠を超えてしまった理由は当然必要です。

この回答への補足

具体的な対処方法を提示してくださいましたのでBAとさせていただきます。

ありがとうございました。

補足日時:2012/07/16 09:58
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答、ありがとうございます。

感謝します!!

お礼日時:2012/07/14 12:43

会社の(稟議)規定に従ってください。



もしくは社内フォームや、
慣例的なやり方があるはずです。

でなければ、事後稟議を出せなんて
言わないと思いますが。

上司になりに相談されてはいかがでしょうか。

1 特に所定の書式がなければよいでしょう。
2 必要であれば書きます。

>今回の場合、特に理由がないのです。

理由がないわけがなく、小口現金の規定を熟知していなかった。
というのがその最たるものでしょう。

>謝罪の文面も加えるべきですか?

必要であれば。です。

事後が懲罰的なものであれば、理由も謝罪も加えますが、
単に事務的なものであれば、不要です。
解らないことはなんでも先輩なり上司に相談です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご返答有難うございます。
今回の場合は、当たり前のように回ってきた領収書を稟議は必要ないのだと思いこんでしまっていたので少し慌ててしまいました。

確かにどんな立場であっても稟議書は必要でした。

事後稟議というのが初めてだったので、具体的な書き方がわからず質問させて頂きましたが、色々とお教え頂きましたので上司に確認してみます。

アドバイスを有難うございました。

お礼日時:2012/07/16 09:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q稟議書について

皆さんの会社では稟議書をどのように使っていますか?
稟議書を書く基準や稟議書がどの様に会社内で回覧しているか、どの部門が管理しているかなど、その他もろもろ教えてください。

Aベストアンサー

稟議書を書く基準という意が少し分かりませんが、多くの場合、文書化してトップまでの決裁を得ることにしています。
回覧についても営業部門やその担当部門から総務を経由してトップへ。管理は総括は総務ですが、保存は基本的に起案部署です。
ただ、この方法だと、急ぐ場合には というより、通例でも10日くらいかかる場合があるので、文書を起案者が説明をしながら、決裁者の印を受けるというちょっと、無駄な動きをしています。

Q小口現金

来年から経理を担当することになりました。
簿記2級は持ってますが、実務経験がありません。

分からない事があるのでご教授お願いします!

会計係=用途係で、現金出納帳と小口現金出納帳、そして入出金伝票で仕訳するとします。

現金出納帳も小口現金も入出金伝票で処理するんでしょうか?
小口現金にも仕訳があるから、伝票起票すると思うんですが・・・。
どうもこの辺りが分かりません。
3級の本を引っ張り出して読んでも書いてありません。

よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

借方(Dr)小口現金400 / 貸方(Cr)当座預金400・・この場合の(Dr)は現金と書きます。
また(Cr)をどうして当座預金と言うか?この預金は極端に言うと毎日出し入れします。だから利息が付きません。よって当座預金といいます。正解は(Dr)現金400 (Cr)当座預金400と起票します。

※費用科目の仕訳は下記のように説明できるが、
(Dr)通信費200   (Cr)現金300
(Dr)雑 費100
電算用仕訳伝票は上記のような起票は出来ない。

※電算仕訳伝票は下記のように起票します。
(Dr)通信費200  (Cr)現金200・・・が正解
(Dr)雑費100   (Cr)現金100・・・が正解

※それとも、もしかして手書きのばら仕訳伝票を使用しているならこのように起票します。借方黒伝票と貸方赤伝票の使い方。

※黒伝票にはこのように書くか又は「科目を押印」
1枚だけ黒伝(Dr)通信費・雑費「上下の並べて」300 (Cr)現金300

※赤伝票にはこのように書くか又は「科目を押印」
1枚目赤伝の左側に現金200  赤伝の右側に通信費200
2枚目赤伝の左側に現金100  赤伝の右側に雑 費100
要するに赤伝は2枚とも貸方伝票です。

<>口頭なら分かりやすいが文字だと、あなたが理解してください。またきいてください。諦めたらダメw

借方(Dr)小口現金400 / 貸方(Cr)当座預金400・・この場合の(Dr)は現金と書きます。
また(Cr)をどうして当座預金と言うか?この預金は極端に言うと毎日出し入れします。だから利息が付きません。よって当座預金といいます。正解は(Dr)現金400 (Cr)当座預金400と起票します。

※費用科目の仕訳は下記のように説明できるが、
(Dr)通信費200   (Cr)現金300
(Dr)雑 費100
電算用仕訳伝票は上記のような起票は出来ない。

※電算仕訳伝票は下...続きを読む

Q稟議書の書き方

稟議書を書いたことがありません。
会社にはフォーマットがないので
「適当に書いて」
といわれたのですが、どう書けばいいのでしょうか?
ちなみにPCソフト購入のための
稟議です。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私の会社にもフォーマットはありませんでした。
専門的なものになると、内容が判ってもらえず
上司全員にいちいち説明に呼ばれてしまってました。
そこで、下記の内容を文面にして、回覧していました。

購入商品名
金額
購入理由
購入するとどんなメリットがあるのか
見積書の添付

その他、その商品に関する資料

不景気のためなかなか買ってもらえないので
メリットの説明には非常に神経を使いました。
形式的なものでよいならNo1さんのもので良いと思います

Q年度末小口現金の処理について

うちの会社は3月末決算で、月末に小口現金精算をしています。
4月に入ってから非常勤役員に「3月分に入れてくれ」と3月末付けの
領収書を渡されました。(まだ3月分月次決算前です)
小口現金として支払うには問題はないのですが、この場合

・3月末で未払い金として4月に現金精算

で問題はないのでしょうか。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 かまいませんよOKです。3月○○日の日付けを忘れないようにねこれがなければ3月分に計上されないよ(^・^)

> 経理処理・・・費用XX,XXX未払い金XX,XXX

> 支払の時は4月でOK未払い金XX,XXX現金XX,XXX

怖くない(^・^)がんばってね。

Q稟議書作成。

会社に、フォークリフト講習受講料の稟議書を作成する事になりました
これまで稟議書等を作成したことがまったくありません
先輩に稟議書の例を何点かいただきましたが
物品購入や、機械の修理の稟議書なので
受講の為のものがなく参考になりません。

どんなふうに書いたらいいのかアドバイスお願い致します。
参考になるサイトがあれば教えてください。

Aベストアンサー

http://www.jtua.or.jp/telecomforum/PDF/0902/200902bunsho.pdf#search='稟議書の書き方'

こちらのほうも、参考に

Q小口現金の管理について

ある企業で小口現金の管理をしています

・承認
・精算
・受領
と押印をするところがあり

承認は所長・次長の方が押印
精算担当は私
立て替えて払った人が、精算担当者の私からお金を受け取り完了したときに受領印を押印
をすることになっております。

精算担当者押印と受領者の方の押印はどちらが先にするものが一般的なのでしょうか?

私は受領者にお金を手渡し、金額の確認をしてもらい初めて精算完了の確認印を押すものと商業高校で学習しましたので、今日上司から「精算印が押印されてない」と指摘をされ疑問に思ってます。

Aベストアンサー

>私は受領者にお金を手渡し、金額の確認をしてもらい初めて精算完了の確認印を押すものと商業高校で学習しましたので、

伝票の流れからすると、
 当該伝票の起票     経費を立替た人
 当該伝票の承認     経費を立替た人の上司
 精算(出金額の確認)  出納担当者(実際に金銭出金)
 受領(受領額の確認)  経費を立替た人(実際に金銭受取り)
上記の順番が実際の伝票及びお金の流れですから、その順番で伝票が流れるの
が筋(押印の順番も伝票の流れに従う)だと思われます。
もしも、精算者さんが立替伝票の精算処理全般を確認する立場であれば、受領
後に押印するのが正しいと思われますが、質問文から出納担当者としての押印
であると思われますので、受領印の前の押印が正しいと思われます。

>精算担当者押印と受領者の方の押印はどちらが先にするものが一般的なのでしょうか?

よって、精算(出金)後に受領(受取)するのですから、精算の押印が先で、
受領が後が厳密には正しいと思われます。

精算印を受領の後に押印する規則(習慣)であれば、それはそれで問題は無い
のですが、一般的な運用する場合に下記の問題が発生します。
 ○伝票保管義務者は精算者さんだと思われます。
   この場合、最終保管者が最後に押印すると、押印漏れが発生する可能性
   が高くなります。(最後のチェック者がいなくなる為)
   ※最後に、経理課長等のチェックがあるのならば、精算者印が後でも
    問題ないと思われます。

本件のような場合は、その会社の慣例や特殊事情がありますので、経理規則
(等)に従うのが正しい解決方法です。規則は会社ごとにその時点で一番良
い方法が選択してあります。
もしも会社規則に無い場合は、所属長の指示に従うしか方法はありません。
(会社ごとの慣例等は、他社の人には分かりません)

>私は受領者にお金を手渡し、金額の確認をしてもらい初めて精算完了の確認印を押すものと商業高校で学習しましたので、

伝票の流れからすると、
 当該伝票の起票     経費を立替た人
 当該伝票の承認     経費を立替た人の上司
 精算(出金額の確認)  出納担当者(実際に金銭出金)
 受領(受領額の確認)  経費を立替た人(実際に金銭受取り)
上記の順番が実際の伝票及びお金の流れですから、その順番で伝票が流れるの
が筋(押印の順番も伝票の流れに従う)だと思われます。
もし...続きを読む

Q「稟議書」って一般的な言葉ですか?

先輩が「稟議書」と言う言葉をよく使うのですが
かっこつけてるのでしょうか?

稟議書とは伺い書みたいなものですよね?

Aベストアンサー

「稟議書」とは持ち回りの決済手続きに使われる書類です。
本来組織としての意思決定は、関係者が集まって話し合って決まることが望ましいのですが、それではあまりに煩雑になる場合があり、それに変えて書類を関係者にまわして決済を得るというのが目的です。
従って大手企業では殆どが稟議規程があり、それに従って必要な決済を得ると言うのが常識です。
それをしないで勝手な行動をすると懲戒処分の対象になります。
私は複数の会社で株式上場を手伝いましたが、非上場企業では上場審査上稟議規程に相当する規程は必須で、そのため稟議規程と稟議書の様式を作ったことがあります。

今話題の内部統制システムではこれはその重要な一環です。

ということである程度以上の規模の会社では常識だと思います。
最も最近はオンライン決済が多くなり、稟議書という紙の様式は使わないところも多くあるようです。でも考え方は同じです。

Q関連事務所に小口現金を新設

従来、本部において小口現金を一括管理していたのですが、離れた場所にある関連事務所に新しく小口現金を設置しようと検討中です。

本部-支部とで、小口現金を扱うことは初めてなので、その設置・管理において、一般的にどのようにするのが会計上良いのか教えてください。
注意点もよろしくお願いします。

なお、その支部には、臨時職員が常駐しているのみで、その方に出納事務を行ってもらう形式になります。そのため、支部の近くの銀行に口座を開設して資金を送金・支部で補充となる形になるかと思いますが、そのような管理方法でよいのかどうか、アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

それほど難しく考えることはありません。
まず勘定ですが、現金・預金を本部勘定と支部勘定とに区分できるように帳票類を設定します。
支部近くに開設した銀行口座の残高が預金残高のうちの支部口で支部にある現金が現金勘定の支部口になります。
大事なことは、現金の動きを定期的に本部に報告させることと、できれば支部での入・出金は支部で伝票発行をしてもらうことです。
預金残高は残高証明書を取りつけることで把握できますが、現金残高は支部の報告による以外にありませんので、入・出金の裏づけとなる証憑を保存してもらい、毎日が難しい場合は週又は月単位で本部に伝票とともに送ってもらうといいでしょう。
支部が管理のすべてを所管するような独立した業務形態でしたら、帳票類の保管も支部で行うことも考えられますが、そうでなければ本部で一括管理することでいいと思います。
要するに最低限毎月末時点での現・預金の残高とその異動の根拠を正確に把握できる体制をつくっておけばいいと思います。

Q採用の稟議書について

水曜日に面接に行き、「上部と相談の上、稟議書を作成します。不採用の場合は、履歴書を郵送で返却します」と言われました。
不採用の場合も、会社は稟議書は必要なのでしょうか。
まだ、結果も来ずムズムズしています。

Aベストアンサー

稟議書というのは、物を購入したり、人材を採用したり、新たな業務を企画したりする時に発行する、上部の承認を得るための書類です。どこまで上部の承認が必要かは社内で規定されています。
ということで、不採用の稟議なんてあり得ません。

Q買物券を使った小口現金の仕訳について

・給食用食材を10,000円分購入、500円の買物券を使用
 実際払った額は、9,500円の仕訳を教えて下さい

Aベストアンサー

材料費 10,000  /  現金 9,500
                雑収入 500

でも良いと思います。

雑収入の摘要には「金券充当」で。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報