事業システムとは何って?分からないなあ。知っている方は教えっていたたき、まことにありがとうございます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「仕事」を進める仕組みあるいは制度のことを言うのでしょうが、その言葉を使う場面によって少し違った定義づけになる場合もあると思います。


この回答で、フィットしなければ、どういう場面で使われる「事業システム」か補足してください。
    • good
    • 2

事業システムとは、自社の事業をどのように構築し展開するか、そのためには社外のさまざまな取引相手との間に、どのような関係を築くかなど、自社の担当分野と社外関係先の担当分野を決めて、その間の情報・物・資金の流れをどの様に制御するかを、系統的に整備することをいいます。

    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q志望理由書、肝心の「なぜ早稲田か」が書けない

早稲田一文の指定校推薦の志望動機書を書いていますが、なぜ早稲田でないといけないかが弱く行き詰まっています。本当は早稲田の雰囲気が好きなだけで志願したけれど、できれば以下の「やりたいこと」と結びつけ、そのためには早稲田でなくてはならないということを書きたいのですが、パンフレットだけでは情報が足りません。早稲田だけの魅力を教えてください。
他の国と日本とを比較して地域間に生じる歴史認識の違いを研究し、日本の歴史教育について考えていきたいと思っている。
戦後日本では戦前の「皇国史観」を否定し、二度と戦争を起こさないという「平和教育」が展開されてきた。しかし、どちらも一方的に「正しい見方」を押し付けているため、一定の価値判断に偏ってしまう。歴史を記述する際には、記述者の価値観や歴史観が反映するので、歴史の「事実」が異なってくる。地域間の歴史認識のずれは他民族への誤解を生む原因の一つであり、民族間の相互理解を複雑にしていると感じる。それを解消することは民族間の争いの解決にもつながるはずだ。
そのために、まず歴史的事象の本質や意義を徹底的に解明していく必要がある。日本の歴史認識の問題を浮き彫りにするには、他の国との比較も必要だ。そのためには留学制度等世界とのネットワークも積極的に活用し、多様なアプローチが可能な本学本学部で、歴史のあり方を根本的に考えていきたい。
今の段階での簡単な内容です。どうかアドバイスお願いします。

早稲田一文の指定校推薦の志望動機書を書いていますが、なぜ早稲田でないといけないかが弱く行き詰まっています。本当は早稲田の雰囲気が好きなだけで志願したけれど、できれば以下の「やりたいこと」と結びつけ、そのためには早稲田でなくてはならないということを書きたいのですが、パンフレットだけでは情報が足りません。早稲田だけの魅力を教えてください。
他の国と日本とを比較して地域間に生じる歴史認識の違いを研究し、日本の歴史教育について考えていきたいと思っている。
戦後日本では戦前の「皇国...続きを読む

Aベストアンサー

 早大についての情報源はパンフレットしかご覧になってないのでしょうか。

 webサイトをよく見れば、かなりの情報が得られますよ。No.5のご回答にあるような、教員や研究所への連絡先も載っています。

 No.2ではひどい書き方をしてしまいましたが、minami93さんの問題意識は今の高校生の中ではずば抜けて高水準だと感じました。

 ただし、学部の志望動機書であれば、もっとご自分に重点を置いて書かれたほうがよいと思います。他の志望者では書けない、minami93さんの体験に基づく動機です。

参考URL:http://www.waseda.ac.jp/index-j.html

Q事業戦略と経営戦略の違い??

高校生のものです。
最近、同じ企業でも、事業戦略部と、経営戦略部があることを知りました。
これは、どういう違いがあるのでしょうか?
たとえばお菓子の企業なら、お菓子の企画をするのが事業戦略、新企画にいくら資金を投資するかが経営戦略かと捉えているのですが…
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

経営戦略
 会社自体の経営に関する戦略。企業が成長・存続するためには、何が最適かを考えるのが経営戦略です。
 例えば、和菓子事業主体の企業があり、和菓子市場全体の伸びは見込めないため、洋菓子事業をはじめるというような判断をするのが経営戦略です。
 一方、事業戦略は、経営戦略の下位にある概念で、和菓子事業をどのように成長発展させるかを何が必要かを考える戦略です。事業戦略には、マーケティング戦略、価格戦略、商品戦略、地域展開戦略、従業員教育といった戦略が含まれます。

Qマルチナショナルとトランスナショナルの違い

たびたび質問させていただきます。
大変基本的なことなのですが、タイトルの通り、マルチナショナル(multinational company)と、トランスナショナル(transnational company)の違いについて、教えてください。

ちなみに、私が調べたところでは、日本語ではどちらも「多国籍の」という訳ができるようですが、それぞれの概念は異なっているようで、

マルチナショナルは「工場、鉱山、海外事業所等の資産を2国ないしそれ以上の国々において支配する全ての企業で、企業の資産が多国籍であることを軸としている」、トランスナショナルは「自国外に製品やサービスを扱う事業を所有または支配する企業で、扱う事業が多国籍であることを軸としている」という概念の違いがあるようです。

ここまで調べたのですが、いまひとつ理解できません。トランスナショナルな企業の資産は1国のみと考えてよいのでしょうか? どなたか分かりやすく、説明していただけないでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

マルチナショナルな企業からトランスナショナルな企業への変化(transformation)は、例えるなら、子供から大人への成長過程のような、連続的なプロセスとして捉えることができます。

ですから、ここまではマルチナショナル、ここからがトランスナショナルというように、明確に線引きをすることは難しいですが、両者の典型を挙げて説明することはできます。

例えば、A国に本社を置く企業のB国にある子会社が、研究開発、生産から販売まで本社と同じような組織を持ち、B国人を雇用し、B国で調達した材料を使って製品を作り、B国内で販売しているような場合は、この企業はマルチナショナルな企業の典型であると言えます。

またある企業が、A国にもB国にも従業員を抱えながら、ある製品の研究開発はそれに適したA国で、別の製品についての開発はB国で、あるいは生産の前工程はA国で、後工程はB国で行なっているような場合は、かなりトランスナショナルな企業であると言えます。

上述の変化(transformation)の到達点(goal)における企業の姿はどのようなものになるでしょうか?それは、EUのように世界経済が(その企業にとっては)実質的に単一の市場となったときに、製品の研究開発、生産、販売、その他の(本社)機能とそのための人材とを、世界中に最適に配置したとき実現されるであろう姿、ということになるでしょう。

マルチナショナルな企業からトランスナショナルな企業への変化(transformation)は、例えるなら、子供から大人への成長過程のような、連続的なプロセスとして捉えることができます。

ですから、ここまではマルチナショナル、ここからがトランスナショナルというように、明確に線引きをすることは難しいですが、両者の典型を挙げて説明することはできます。

例えば、A国に本社を置く企業のB国にある子会社が、研究開発、生産から販売まで本社と同じような組織を持ち、B国人を雇用し、B国で調達した材料を使っ...続きを読む

Q「営業推進」「業務推進」「営業企画」ってどういう仕事?

 従業員1000名程度のサービス業の会社に勤務する28歳です。以前は営業でしたが、配置換えがあり、「営業推進」部門へ異動となりました。

 この部門は本来、営業の売上を上げるための戦略を練ったり、必要なサポートを行う部署だと思うのですが、毎日の実務は総務・庶務のような雑務や、営業がお客を訪問した件数をカウントして広報するといった非生産的な業務の連続で日々疑問を感じています。(総務は別部門としてあります)

 上司に相談しても、現状の仕事に対する疑問が無いらしくなかなか理解してもらえません。
ちなみに自分が営業にいたときは、「営業推進」部門は余計な仕事を増やすだけの無駄な部門だという認識しかありませんでした。

 社会人としてあるまじきですが、そもそも自分の部署がどのような目的で存在しているのか、本当に理解に苦しんでいます。
どのように意識を改善していったらよいでしょうか。
全国の「営業推進」「業務推進」「営業企画」などの部門経験のある方、是非教えて下さい。

Aベストアンサー

同規模の会社(メーカー)に勤めるものです。
私の勤める会社には、営業推進なるものと営業企画なるものがあります。営業推進は社内在庫の調整・陳腐化されたもの簿価整理・スクラップの推進などを行うところのようですね。営業企画というのは新製品をお客にデモしたり、専門知識を覚えそれを基に営業のサポートを行ったり、販促物(パンフ)の発送とか撮影などを行う所のようです。私にはあまり興味がない部署ですが、ご参考までに。
それともう一つ。私自身2年に一度以上のペースで部署をたらいまわしにされていますが、どこの部署に行っても、勉強することは大切ですよ^^;。あなたにとって本当に無意味な部署だと思ったならば、馬鹿な上司につき合わされないで、とっとと帰って何か仕事に役立つことでも勉強しましょうね。

Q普通自動車の運転免許の正式名称

を教えてください。
履歴書になんてかけばいいかわかりません。

普通自動車第一種免許や第一種普通運転免許とかいわれていますが。

警察などの公式な場所に問い合わせてみた人がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

抜粋です.「普通自動車免許」ですね.
「第一種運転免許」はありますが,「普通自動車第一種免許」や「第一種普通運転免許」とは言わないようです.第二種の場合は名称に入り,「普通自動車第二種免許」のように言うようです.

--------------------
道路交通法
第六章 自動車及び原動機付自転車の運転免許
第八十四条  自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。)を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。
2  免許は、第一種運転免許(以下「第一種免許」という。)、第二種運転免許(以下「第二種免許」という。)及び仮運転免許(以下「仮免許」という。)に区分する。
3  第一種免許を分けて、大型自動車免許(以下「大型免許」という。)、普通自動車免許(以下「普通免許」という。)、大型特殊自動車免許(以下「大型特殊免許」という。)、大型自動二輪車免許(以下「大型二輪免許」という。)、普通自動二輪車免許(以下「普通二輪免許」という。)、小型特殊自動車免許(以下「小型特殊免許」という。)、原動機付自転車免許(以下「原付免許」という。)及び牽引免許の八種類とする。
4  第二種免許を分けて、大型自動車第二種免許(以下「大型第二種免許」という。)、普通自動車第二種免許(以下「普通第二種免許」という。)、大型特殊自動車第二種免許(以下「大型特殊第二種免許」という。)及び牽引第二種免許の四種類とする

参考URL:http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=2&H_NAME=&H_NAME_YOMI=%82%c6&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_

抜粋です.「普通自動車免許」ですね.
「第一種運転免許」はありますが,「普通自動車第一種免許」や「第一種普通運転免許」とは言わないようです.第二種の場合は名称に入り,「普通自動車第二種免許」のように言うようです.

--------------------
道路交通法
第六章 自動車及び原動機付自転車の運転免許
第八十四条  自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。)を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。
2  免許は、第一種運...続きを読む

Q持分法利益ってなんですか?

持分法利益ってなんですか?

Aベストアンサー

読んで字のごとくです。例えば、A社がB社の発行済み社外流通株式の30%を持っていたとしましょう。これだけの株を持っていると、A社は、B社に対して、営業と財務政策に対して、重要な影響力を行使できます。(しかし、A社は、B社を完全にコントロールする力はありません。)話が戻りますが、持分法では、A社は、B社の30%の純資産を持つと考えます。純資産とは、総資産から負債を引いた、正味の資産という意味です。この正味の資産は、年々利益を上げると増加していきます。じゃー、再度戻りますが、利益は、純資産を増加させるのだから、A社は、その上がった利益の30%取って、投資利益としていいのですか?ということになり、答えは、良いんですよ、という事になります。
これが持分法の考え方です。ですから、投資先の純資産が増加すると、その持分(何%株を持っているかということ)に応じて、利益計上できます。なぜなら、投資先の純資産が、利益を上げてくれたので、その分増加して、その一部を持っていると、持分法は考えるからです。
しかし、投資先の純資産が減少すると、困ってしまいます。例えば、投資先の会社が、損失を出した場合です。純資産が減りますので、投資勘定も減少します。また、配当を出した場合もそうです。しかし、これ以上ご説明すると、混乱しますので、兎に角、投資先の純資産が増加する要因は、投資先の会社が利益を上げた時と考え、純資産増加額の~%を投資利益(持分利益)として計上してよい。しかし、現金は、その投資利益から、一切上がらず、配当を貰った時に金が入る。しかし、配当を支払うと、投資先の純資産が減るので、自社のB社に対する投資勘定から減額する。

読んで字のごとくです。例えば、A社がB社の発行済み社外流通株式の30%を持っていたとしましょう。これだけの株を持っていると、A社は、B社に対して、営業と財務政策に対して、重要な影響力を行使できます。(しかし、A社は、B社を完全にコントロールする力はありません。)話が戻りますが、持分法では、A社は、B社の30%の純資産を持つと考えます。純資産とは、総資産から負債を引いた、正味の資産という意味です。この正味の資産は、年々利益を上げると増加していきます。じゃー、再度戻りますが、利益は、...続きを読む

Qこの言葉遣いは正しいですか?

志望動機を書く際に、
「~だと思ったので志望しました。」という表現は適切ですか?
思った"ので"というところが、少し気になります。
思ったため、とか感じたため、の方が良いのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。

採用などで多く志望理由など拝見してきた者に過ぎません。

NO1の回答者の方の通りかとおもいました。

同じように前の部分が分からないので断言できませんが「○○と思い志望しました」や「○○と考え志望しました」など数えあげればキリがない面もあるかと思います。

「○○と思い志望に至った次第です」など書き方も考え出すと入れ替えなどによりいくらでも変えることはできると思います。

しかし、あまりその程度の違いで合否や印象に大きく影響を及ぼすことではないと思いますし、肝心なのは内容かと思います。

字数制限などがあると思いますので「○○と思い志望致しました」など簡潔な方が無難かと思います。

参考程度にでもなれば幸いです。

Q先発優位で成功した商品について

市場で先発優位を獲得して成功した商品を探しています。
例えばステープルのホッチキスや、クリネックスのティッシュのような感じです。
また、成功例が掲載されているホームページをご存知の方でも構いません。
どなたか回答してくださる方がいましたら宜しくお願い致します!!

Aベストアンサー

その財の代名詞的製品を探し出せば済む筈です。従って

●貼り易く、剥がし易いしおりの、ポストイット(住友3M) →http://www.mmm.co.jp/develop/story2-1.html

●救急絆創膏の先駆的な存在のバンドエイド(J&J) →http://www.jnj.co.jp/group/community/history/18/index.html

●レジスターの産みの親の(日本)NCR →http://www.ncr.co.jp/library/library/jhp/index.html

●(乾式)複写機を利用して複写するのを「ゼロって来る」と言う層があったと聞く(富士)ゼロックス →http://www.fujixerox.co.jp/product/index.html

辺りでしょうか?
但し日本NCR、富士XEROX両社はかつて(1970年代以前か?)程の神通力がなくなってきているのも確かではあります。

Q前方統合と後方統合について

前方統合と後方統合について教えてください(^v^)
お願いします(^v^)

Aベストアンサー

http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/mb/%E5%B7%9D%E4%B8%8A%E7%B5%B1%E5%90%88/m0u/
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/mb/%E5%B7%9D%E4%B8%8B%E7%B5%B1%E5%90%88/m0u/%E5%B7%9D%E4%B8%8B%E7%B5%B1%E5%90%88/

これではあかんの?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報