事業システムとは何って?分からないなあ。知っている方は教えっていたたき、まことにありがとうございます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「仕事」を進める仕組みあるいは制度のことを言うのでしょうが、その言葉を使う場面によって少し違った定義づけになる場合もあると思います。


この回答で、フィットしなければ、どういう場面で使われる「事業システム」か補足してください。
    • good
    • 2

事業システムとは、自社の事業をどのように構築し展開するか、そのためには社外のさまざまな取引相手との間に、どのような関係を築くかなど、自社の担当分野と社外関係先の担当分野を決めて、その間の情報・物・資金の流れをどの様に制御するかを、系統的に整備することをいいます。

    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q区分経理・・・税法上の収益事業に関する費用かどうか

この質問を見て下さってありがとうございます。

接待交際費を払ったのですが、
それが税法上の収益事業の費用となるのか、ならないのかで悩んでおります。

判断の基準はどうなるでしょう。

私は判断基準は以下のようになるのではないかと思っているのですが、
どうでしょうか。
税法上の収益事業の費用
税法上の収益事業を行う上で付き合いのある人、団体に関連した接待交際費
 例)仕入先、得意先、サービス利用者の慶弔等

税法上の収益事業の費用にならない
税法上の収益事業では付き合いのない人、団体に関連した接待交際費
 例)理事の慶弔、NPO法人運営についての研修会などで交流のある団体の懇親会参加費

どなたか回答を下されば幸いです。

Aベストアンサー

下記の基本通達にあるとおり、収益事業の費用(損失を含む)には、直接費と共通費があります。したがって、収益事業を営む公益法人等の費用は
 A:収益事業の直接費
 B:収益事業以外の事業の直接費
 C:収益事業と収益事業以外の事業との共通費
の三種類に分類する必要があります。例えば理事長の給料や理事会の運営費などは特定の事業に限られない法人全体の費用ですから、共通費になるでしょう。
さらに、Cの共通費は、費用の内容によって分類し、それぞれを所定の比率で各事業に配賦する必要があります。経験上、この計算が一番神経を使うところで、税務署からの突っ込みも多いところです。
また、質問は接待交際費とのことですが、収益事業に接待交際費が必要かどうか疑問が残ります。具体的にどういう事業なのか存じませんが、私がかかわったところ(自治体からの受託事業など)では交際費はまずありませんでした。収益事業の費用になるものは基本的に収入につながる費用であって、たとえば会員サービスのような支出は事業費用(収入を得るための支出)ではなく利益の分配的なものだとして否認されることもあるようです。
質問の例でいえば、仕入れ先や得意先への接待は収益事業になるでしょうが、サービス利用者というのはどういう立場なのかわかりかねるので判断できません。また、理事の慶弔費や法人運営全体に関する費用などは共通費になるでしょう。
収益事業の経費にならないものというのは、収益事業に該当しない事業(例えば収入の発生しないボランティア事業など)の直接費と、共通費のうち収益事業に配賦されなかった金額ということになります。



法人税基本通達

15-2-5(費用又は損失の区分経理)
 公益法人等又は人格のない社団等が収益事業と収益事業以外の事業とを行っている場合における費用又は損失の額の区分経理については、次による。
(1) 収益事業について直接要した費用の額又は収益事業について直接生じた損失の額は、収益事業に係る費用又は損失の額として経理する。
(2) 収益事業と収益事業以外の事業とに共通する費用又は損失の額は、継続的に、資産の使用割合、従業員の従事割合、資産の帳簿価額の比、収入金額の比その他当該費用又は損失の性質に応ずる合理的な基準により収益事業と収益事業以外の事業とに配賦し、これに基づいて経理する。
(注) 公益法人等又は人格のない社団等が収益事業以外の事業に属する金銭その他の資産を収益事業のために使用した場合においても、これにつき収益事業から収益事業以外の事業へ賃借料、支払利子等を支払うこととしてその額を収益事業に係る費用又は損失として経理することはできないことに留意する。

下記の基本通達にあるとおり、収益事業の費用(損失を含む)には、直接費と共通費があります。したがって、収益事業を営む公益法人等の費用は
 A:収益事業の直接費
 B:収益事業以外の事業の直接費
 C:収益事業と収益事業以外の事業との共通費
の三種類に分類する必要があります。例えば理事長の給料や理事会の運営費などは特定の事業に限られない法人全体の費用ですから、共通費になるでしょう。
さらに、Cの共通費は、費用の内容によって分類し、それぞれを所定の比率で各事業に配賦する必要があります。経験...続きを読む

Q個人事業主と法人事業主

カテ違いだったらすいませんm(_ _)m
素朴な疑問です
有限・株式会社といった法人の事業主だったら素直に“社長”と思えるのですが、個人事業主でも...社長ですか??今いちピンとこないのですが...
オーナーだったら理解できるんですけど....
当然ながら、オーナーと社長では違いますよね??

Aベストアンサー

昭和中期頃は同人サークルみたいのでXX社というのがよくありましたよ。
その長は当然社長。
その後スタジオXX がはやってその代表はなぜか艦長w

株式会社の法的代表は代表取締役 ですね。
大企業の場合はたいてい雇われ者なので単なるサラリーマンの一職種。
そこらへんの八百屋のオーナー兼社長のオッサンよりも格下。

Q事業口座から私用口座へ振込の手数料について

事業口座(普通預金)から私用口座(普通預金)に100,000円振込をして
手数料105円かかった場合の仕訳を教えてください。

【事業主貸 100,000円/普通預金 100,000円】摘要 事業資金の引き出し
手数料はどのようにしたらよろしいでしょうか?
私用のため現金引き出しした場合の手数料も教えてください。

Aベストアンサー

>手数料105円かかった場合の仕訳を教えてください。
何れにしましても手数料をどちらが負担するかだけの仕分けでしたら;

1. 10万円引き出して手数料無しで10万円振り込む事自体いは無理ですが、正味10万円を振り込む場合;
雑費 105/普通用金 105を加算 (100,105)
2. 引き出しを10万円だけにする場合;
事業主貸 99,895/普通預金 100,000
雑  費  105

>私用のため現金引き出しした場合の手数料も教えてください。
これも上に同じ事です。

Q(情報)システム開発と(情報)システム構築

教えて下さいm(_ _)m
(情報)システム開発と(情報)システム構築に違いはあるのでしょうか?色々調べたのですが違いがわかりません(;;)ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください!!よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

システム開発とは、まさにプログラムを開発する事をいいます。

システム構築とは、実際の運用が出来る様に環境を作ることです。
例えば、スタンドアロンのPCにワープロや表計算ソフトをインストールして、プリンタやインターネット接続の環境設定をする事も、システム構築です。

システム構築の一部で、システム開発が行われる場合がある、ということです。

Q事業用IDで私用に購入するのは?

最近、個人事業主として仕入れをしています(まだストアではない)
オークションやショップで、事業用と同じIDで私用に落札をしても良いのでしょうか?
やはりそれも仕入れと見なされてしまうのでしょうか?

たとえば複数IDを登録できる場合は、「事業用」と「私用」で分ける事ができますが、1つのIDしか登録できない場所では事業用と私用で両方兼ねて良いのかどうか区別が付きません。

また古物商を取得していないので、業者から以外の新品・中古は全て私用購入としたいのですが、帳簿の付け方にも注意が必要でしょうか?

Aベストアンサー

>自分は仕入れと同時に買物もする予定なので
>最初は「仕入れ原価」に含めて、次に個人用だけ「家事消費」に入力するので宜しいですね?

理想的には仕入れ(仕事用)と個人用は別々に購入した方が良いです。完全に別ならば個人用の購入は事業用の帳簿には一切記入しなくて済みます。
同時購入で領収書や振り込み伝票の関係で金額が一括となっていれば一旦全てを仕入れとして個人用を家事消費とします。

正確には家事消費は「仕入れ値」ではなく「仕入れ価格または販売価格×0.7のいずれか高い方の金額」で扱います。
つまり、一つ1000円の物を10個仕入れた、それを一つ1600円で販売しているとします。
この場合に、3個を家事消費した場合は3×1120円(1600×0.7)で計算します。
(仕入れ値の方が高ければ3×1000円とします)

基本的な考え方は、家事消費とは 『自分が自分のお店から購入した』 と言うことなのです。
売り上げの一種です。

QクレジットカードのシステムとPOSのシステムは連動してないのでしょうか?

宜しくお願いします。

POSシステムでは、レジで打ち込んだ内容がデータベースに登録され、マーケティング活動に利用されると理解しています。
しかし、クレジットで決済した時には、カードの内容及び購買情報(氏名、年齢など)がPOSシステムと連動していないため、マーケティングに利用できないとききました。

POSシステムとクレジットの決済システムは連動していないのでしょうか?
また、クレジットカードは現在磁気カードからICカード化する予定ですが、POSシステムとの連動を踏まえて端末の設置を行う予定なのでしょうか?

システムについて無知なため、分かりやすく教えていただけると助かります。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

基本的に、誤解があります。
POSは あくまで、自社用。
クレジットカードの処理は、社外の処理。
クレジット会社が欲しい情報は、カード番号、売上げ金額、支払い方法、(ICになって、暗証番号)です。これらは、自社にとって、まったく不要な情報(集めると逆におかしい)
重複する、情報は、合計金額のみ、よって、まったくシステムは別物です。
大型店舗で、たまたま、マシンが共用になっているものもありますが、機械部分だけの話で、システムはまったく別。

たとえば、こうです。
バーコードスキャン。*点のお買い上げ。合計金額 ****円。
支払いが、カードとのこと。
入金処理を、カードに指定。
合計金額を、総売り上げ と 売り掛けに 加算 
(現金売上げには 入れない、でないと、閉めの現金が合わない)
これで、POSレジは終了。(データ収集の落ちは無い)
決済金額をカード金額に転送。カードスキャン。支払い方法入力。暗証番号入力。カード会社データ転送。与信OK返信。プリントアウト。

普通の、小売店は、POSレジと カードデータ送信マシンは、別物、
レジで合計金額とって(情報集めて)、カードマシンに金額打ち込みます。(データ送ります)

基本的に、誤解があります。
POSは あくまで、自社用。
クレジットカードの処理は、社外の処理。
クレジット会社が欲しい情報は、カード番号、売上げ金額、支払い方法、(ICになって、暗証番号)です。これらは、自社にとって、まったく不要な情報(集めると逆におかしい)
重複する、情報は、合計金額のみ、よって、まったくシステムは別物です。
大型店舗で、たまたま、マシンが共用になっているものもありますが、機械部分だけの話で、システムはまったく別。

たとえば、こうです。
バーコード...続きを読む

Q個人事業と私用で使う携帯電話について

個人事業で昨年7月から喫茶店を経営しているのですが、
それより前から持っていた携帯電話で、仕事も私用も両方
使っています。

この通話料や基本料金も通信費として落とせるのでしょうか。

Aベストアンサー

#2の追加です。
使用割合は、仕事と私用の割合が半分半分くらいであれば、50%にすればよろしいでしょう。
正確を期するなら、通話明細を発行してもらえば最善ですが、当面は50%で処理をしておき、税務調査などで指摘を受けたら、通話明細を発行してもらえばよろしいでしょう。

名義つにいても、ご主人名義の物でも認められます。

Q一般第二種電気通信事業者免許って

お世話になります。
いろいろと調べたのですが、よくわからなかったので
質問したいと思います。
一般第二種通信事業者免許を取得するには
どうしたらいいですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

書類をそろえて総務大臣(実際は地方総合通信局)に届け出て正式に受理されればいいです。

第一種・・・・・・許可
特別第二種・・登録
一般第二種・・届出

です。届出の詳細は参考URLをどうぞ

参考URL:http://www.shikoku-bt.go.jp/yousiki/zigyou/hou-2syu.htm

Q個人事業での売上を私用の口座にした場合の仕訳

現在フリーで請負先から仕事を頂いてます。
その請負先からの売上を現在は私用の口座に振り込んでもらっています。
その場合の仕訳ですが、現実の取引(仕事以外の多くの取引)をすべて記帳する以外に、

(借方)事業主貸 10万  (貸方)請負収入 10万
(借方)現金   10万  (貸方)事業主借 10万

のように仕訳をしても良いのでしょうか。
本来は別口座を設けるべきなのですが、当初はそこまで考慮できませんでした。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>事業用ではなく、私用の口座です。
>私用の口座ではこのような仕訳はダメなのでしょうか?

ダメではありません。私用口座について銀行帳を作成するとお考えでしたら、jterabonさんの仕訳で正しいことになります。けれど私用口座でも帳簿を作成すると今jterabonさんがやられているように私用事業用問わず全ての取引を記帳しなければならなくなります。私用口座については仕事以外の多くの取引が存在するそうなので、銀行帳は作成せずに、口座での事業用取引は現金取引とみなして記帳するほうが作成の手間と帳簿の保存・閲覧を考えるとよろしいかと思い、#2の仕訳を提案いたしました。

>また、収入が(私用の)口座への振込であるのに、
>借方 現金   10万  貸方 請負収入 10万
>という記帳でも良いのでしょうか?

厳密に記帳すると、
借方 事業主貸 10万 貸方 請負収入 10万
借方 現金  5万 貸方 事業主借 5万
という仕訳か、銀行帳作成時にはjterabonさんが例示した仕訳となります。
上記しましたように、銀行帳を作成せずに銀行取引を現金取引とみなして帳簿作成しようとした場合が私の例示仕訳となります。

帳簿の作成・記帳について正解というものはありません。
損益計算結果が正しく行われていれば、帳簿の作成をどんなに簡略化しても、逆に複雑化してもいいのです。税務署や税理士はなるべく簡略化するよう指導しますし、銀行口座を私用と認識している場合、銀行帳は作成せず普通預金科目も使わずに、事業主勘定か現金で代用します。
会計ソフトを使用していれば事業主勘定がいいかと思います。けれど、手書き記帳の場合は事業用取引を全て現金出納帳に集約するというのもありです。(悪く言うと手抜きですが、簡易帳簿の一種といえます)
作成者の方が、ご自分でわかりやすいよう、後で困ることがないように仕訳・記帳を行っていくことになります。
銀行帳を作成したほうがわかりやすくてよい、と判断されたのでしたら、作成し続けるのもよろしいかと思いますよ。

銀行帳を作成される場合には、一番最初のご質問の仕訳はおかしくなります。
借方 普通預金 10万 貸方 請負収入 10万
としておかないと、銀行帳の残高が通帳残高とあわなくなりますし、事業主勘定でも収入を記帳すると収入の2重計上となってしまいます。

>事業用ではなく、私用の口座です。
>私用の口座ではこのような仕訳はダメなのでしょうか?

ダメではありません。私用口座について銀行帳を作成するとお考えでしたら、jterabonさんの仕訳で正しいことになります。けれど私用口座でも帳簿を作成すると今jterabonさんがやられているように私用事業用問わず全ての取引を記帳しなければならなくなります。私用口座については仕事以外の多くの取引が存在するそうなので、銀行帳は作成せずに、口座での事業用取引は現金取引とみなして記帳するほうが作成の手間と...続きを読む

QISOのマネジメントシステムって!

 私の努める会社ではISOのマネジメントシステムの認証をいくつか受けています。グループ会社や部門によって異なるのですが、ISO9001、14001,13485、QS9000と複数の認証を受けています。また、検討中のISOとしてISO16949等があります。ISOではありませんがHACCP等もありますし、今後リスクマネジメントの規格や食品の規格(22000?)やCSRなどもあるそうですが、一体いくつのマネジメントシステムが存在し(あるいは計画され)どれを選択し受審すべきか整理できなく立場上混乱しています。そこで現存する、あるいは近々規格化されるマネジメントシステムの一覧と概要のわかる方教えていただけないでしょうか?全てが掲載されているURLの紹介でも嬉しいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 QS9000まで取られているということは
大手の自動車メーカーさんですか?

 これだけあったら、維持費用だけでも相当な
額になりますよね。

 だいたいはISO9001がベースと思いますが、

全体をまとめる事務局が資料を作って
いると思います。
 とりあえず参考URLをどうぞ!

参考URL:http://www.jqa.jp/06manage/mngtop.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報