アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

お世話になります。
一般企業(IT関連/社員数300名程度)で総務スタッフとして働いているものです。

標題の件、ご質問です。

以下のような決裁権の設計が正しいのかどうか助言をいただけないでしょうか。

稟議や各種事務手続きのために、ワークフローで申請をあげるわけですが、
一般職が申請するときは、課長⇒部長まで決裁を通す必要がある申請があるとします。
これを「部長決裁」の申請とします。

ただし、部長が申請をあげるときは、部長⇒その上長(当社の場合は社長)のように、
決裁権者以上の役職が決裁する必要があります。

さて、上記のように部長決裁にもかかわらずそれ以上の上長の決裁を必要とする仕組みはごく一般的なものなのでしょうか。
一般職分に関しては、部長の決裁でOKなのに、部長ご自身が申請を通すときには社長の決裁が必要というのは、決裁権者が二段階あるような気がして、うまく理解や納得をすることができません。
そもそも決裁権って何?と感じます。

また、同じ申請にもかかわらず、部署によっては、部長の次に執行役員や取締役の決裁権限を要する申請も存在します。

私が無知というのもあるとは重々承知の上でご相談です。

以上、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>どうやらうちの会社は一回当たりの決裁の方式を取っているようですが、この仕組みは一般的な仕組みなのでしょうか?



一般的かどうかは、寡聞にしてデータを見聞きしたことがなく、また推定する材料もないため、分かりません。

>部課毎に予算を組んでいるなら、枠による方式を採用した方が無駄がないように感じます。

何を重視するのかによります。

部門の長に自由裁量を与えつつ責任も持たせることを重視するのであれば、おっしゃるとおりです。他方、指揮命令系統を重視するのであれば、常に上の者が裁量権を持つ制度のほうが妥当します。

ただ、後者の場合、上の者が裁量権を持っているのにも関わらず、権限と表裏一体であるはずの責任を取らず、部門別予算を錦の御旗に掲げて部門の長に責任を取らせることがしばしば見られます。この観点からは、ご質問者さんの認識のほうがよりよいといえます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、ケースバイケースということなのですね。
なぜ現状の仕組みなのか再度考えてみようと思いました。どやような仕組みがベターかについて、どのような会社にしていきたいと経営層が考えているかと照らし合わせて、今後に繋げていこうと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2014/11/28 12:16

一定期間において自由に使える枠が決まっているのでしたら、その上司の決裁を必要とするのはおかしな話です。

そうでなく、一回ごとに決裁できる金額が決まっているのでしたら、その上司の決裁を必要とするのはおかしな話ではなく、むしろ望ましい話です。


一定期間において自由に使える枠が決まっている、言い換えると一定期間における裁量権の枠が決まっているのでしたら、その範囲内で自由に使えるのが本来です。この場合、その枠を与えられた者が自ら枠の範囲内でお金を使うときに、上司の決裁をもらわなければならないのであれば、使えるかどうかは決裁の有無に左右されますから、実質的に枠が与えられてないことを意味します。これはおかしな話です。


他方、一回ごとに決裁できる金額が決まっている、言い換えると一回ごとの裁量権の枠が決まっているのでしたら、枠を与えられた者が自ら枠の範囲内でお金を使うときに、上司の決裁をもらうかどうかはどちらもあり得ます。

ただ、自由裁量の名の下に身勝手な振る舞いをしてしまうリスクを防止する観点からは、上司の決裁をもらうのが望ましいといえます。例えば、一回当たり1万円までの裁量権を有している者が、1か月に100万回その裁量権を上限いっぱいまで行使すれば、1か月で100億円の金が飛びます。そういう事態を引き起こさないためには、一回ごとの裁量権の枠が決まっている場合に裁量権を有している者が自ら使うときは、その上司が決裁をするのがよいといえます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
お陰さまで、期間毎の枠と一回当たりの上限の考え方が理解できました。
どうやらうちの会社は一回当たりの決裁の方式を取っているようですが、この仕組みは一般的な仕組みなのでしょうか?
部課毎に予算を組んでいるなら、枠による方式を採用した方が無駄がないように感じます。

お礼日時:2014/11/25 11:09

うちは、職位ごとに購買・契約を決裁できる上限金額が決まっています。



必然的に、その金額を超えるものは上司に持ち上げられ、決済可能な方の承認前に、その関連部署の部下を回覧して承認の判断をするための資料(投資効果、回収期間なども含む)を添付して、必要ならば口頭での説明とともに承認をいただきます。

あとは、予算として、自部署では残金が足りないから、他部署の残金を活用させてもらう、という場合には、その両方の上に共通して立つ上司のところまで話が上がることもあります。この場合は決裁というより、社内での予算配分の見直し役として入っていただく、という立場になりますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
うちの会社は本当にきちんと予算が組めているのか心配になってきました。皆さんのアドバイスを聞いている限りでは、予算内の範疇でやりくりする方向で話が展開されているので…
とりあえず、予算と決裁規定の深い関連がよく理解できました。ありがとうございます。

お礼日時:2014/11/25 11:37

●当社の場合は


申請者→課長→部長→経理担当→経理部長 がデフォルト。

●必要なものか、適正な価格か、
技術的な観点から課長、部長が先に審査し

・予算に対して支出が大きすぎないか
・資金繰り
の関係で経理部長を最終決裁者とします。

●経営への影響が大きいものは
金額に応じて稟議書を役員、社長、副社長まで回して
決裁を取ります。

たとえば分かり易いものでは
総額500万円以上の車・コピー機のリース契約

これは経理担当者役員(副社長など)までハンコを取る。
(システムでもいいですが)

5千万、1億円を越える顧客との契約などは社長まで。


>一般職分に関しては、部長の決裁でOKなのに、
>部長ご自身が申請を通すときには社長の決裁が必要というのは、
>決裁権者が二段階あるような気がして、うまく理解や納得をすることができません。
>そもそも決裁権って何?と感じます。

そうですね。部長が信用されていない気がします。
支出に歯止めをかける職務の人、経理部長(総務部長)を置いた方が良いかと。
で経理部長(総務部長)が申請をする時は経理担当者がチェックの上経理部長が決裁と。

>また、同じ申請にもかかわらず、部署によっては、部長の次に
>執行役員や取締役の決裁権限を要する申請も存在します。

・技術的観点からの決裁
・金額の大きさによる決裁
・経営に与える潜在的リスク、等 経験がものを言う案件
(取締役員会決裁事項)

については必要があるかと思いますが
原則は文頭の形かと。

会社として決済基準を定め、(項目、金額によって誰までの承認が必要か)
一覧表として浸透させなければいけません。
システム化されていれば
社内勉強会等開催してその意味を周知徹底させることです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
支出に歯止めをかける役割を経路に含めた方がよいという考え方、理解できました。
うちの会社はバックオフィス部門が経路には含まれてはおりません。
これでは確かに支出に歯止めがかけられませんし、その責任をすべて部長や役員に丸投げしている格好になってしまいますね。
支出を抑制する役割として、総務や経理を経路に含めるべきだと感じました。
何やらモヤモヤとしていた部分が少し晴れた気がします。ありがとうございます。

お礼日時:2014/11/25 11:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q●部長、課長、本人権限って一般的にいくらか

会社の規模にもよるでしょうが
部長、課長、本人権限って一般的にいくらか

例えば、本人は ちょっとした文具を買うのに 
課長の決裁は必要ないでしょうし、
仮に、上場しているような企業から500名程度の社員がいる会社として

1.部長
2.課長
3.本人
のどのくらいの金額の権限なのでしょうか?

 またネットで利用するグループウェアを導入するときに、仮にそれが80.000円であっっても、
1500円であっても、会社になじまないのなら
おりないモノなのでしょうか?

Aベストアンサー

会社のお金は、貴方のお金でない事は周知の事実です。
よって、権限については規則で明記してあるところはその金額です。
では、明記していないところは?これは難しいです。
そのような会社は比較的小さいところが多いですから、
社長がOKといえば、大丈夫ですがそれ以外は一銭もダメでしょうね。

ちょっとしたものでも貴方が自腹を払ってもよければいいですが、
自分で責任を負えそうもないときは上役にお伺いをかけて、
上役の責任してから購入をする事を薦めます。

Q会社の経費精算規定を作成することになったのですが、

会社の経費精算規定を作成することになったのですが、
「第1条」など堅苦しいかんじではなく、簡単なものを考えております。
フォーマットがあれば助かるのですが、必要な項目だけでも教えていただけますと助かります。

Aベストアンサー

>経費精算規定
  立替経費(個人が、一旦経費を立替払いをして、その後会社に請求する)
  経費の支払い(事務消耗品等を購入し、月末締め翌月末、振込支払等)
 どちらを想定しての質問でしょうか。
  ※私の会社では経費精算=立替経費の精算ですが、会社によって言葉の
   定義が異なります。

立替経費の精算であれば
1.精算できる勘定の範囲
   旅費交通費・消耗品費・雑費等々、を定めてください。
   全ての勘定を精算できるのであれば定める必要はありません。
2.精算できる金額
   XX万円未満、等々精算できる金額を定めます。
    例:XX円以上は、稟議規定により事前に決済を受ける事
3.決裁権者
   役職によって決済できる金額を定めます。
   例:XX万円未満課長決裁、YY円未満部長決裁、ZZ円未満役員決裁
4.自己決済の禁止
   決裁権者が自己の経費精算する場合は、金額に拘わらず上位役職者
   の決済が必要。
   ※自分で自分の決済をすると、不正の温床となります。
    例:課長が決裁権の範囲内の2万円の商品を購入した場合、部長の
      決済を受ける。
5.締日と精算日
   会社によっては、決裁権者に承認をもらった伝票を経理課(会計)へ
   持ち込めば、何時でも出金してもらえる会社もあれば、まとめて特定日
   に振込にて精算する会社もあります。
    例:伝票の提出は午後5時までとし、時間内に提出された伝票は
      当日中に現金にて精算する。
    例:月曜日午後5時までに提出された伝票は、翌々営業日に振込にて
      個人口座へ振り込む
5.事前承認
   勘定科目によって、金額に拘わらず事前承認が必要な場合には別途定めます。
    例:交際費は、金額に拘わらず事前承認を行い、金額に拘わらず役員
      が決済する。

概ね上記を定めておけばよろしいかと思われます。
その他、御社特有な事情があれば別途定めて下さい。

>経費精算規定
  立替経費(個人が、一旦経費を立替払いをして、その後会社に請求する)
  経費の支払い(事務消耗品等を購入し、月末締め翌月末、振込支払等)
 どちらを想定しての質問でしょうか。
  ※私の会社では経費精算=立替経費の精算ですが、会社によって言葉の
   定義が異なります。

立替経費の精算であれば
1.精算できる勘定の範囲
   旅費交通費・消耗品費・雑費等々、を定めてください。
   全ての勘定を精算できるのであれば定める必要はありません。
2.精算できる金...続きを読む

Q社長決裁について(稟議等)

新聞を読んでいて、自分の会社が変ではないか!
と思い質問させて頂きます。

先日から続いてるNOVAの猿橋元社長の会社私物化問題について、新聞を読んでいたら、
元社員が「パソコンを1台買うのだって社長決裁が必要で個人商店みたいだった」という記事を見ました。
新聞ではそれが独裁的だとの評価だったのです。

上記のようなことは私の会社でも同じなのですが、この新聞の評価が間違ってるのか、
私の会社が変なのかを教えていただけますでしょうか?

★私の会社は・・・
創立10年未満の新興上場企業
社員が80~100名
創業者一族は社長のみ
1万円以上の費用は全て稟議書にて社長決裁が必要

例:取締役●●部長の交際費や出張費も全て社長決裁が必要。
  飲食の席に社長が同席しても稟議が必要。払ったのが社長でなければ稟議。
例:本支社間の出張も当然稟議が必要。

以上のことを見てると

以上のことを見てるとNOVAのパソコン1台どころか、
弊社はパソコンの部品を買うのだって社長決裁が必要です。

これって異常でしょうか?お願い致します。

新聞を読んでいて、自分の会社が変ではないか!
と思い質問させて頂きます。

先日から続いてるNOVAの猿橋元社長の会社私物化問題について、新聞を読んでいたら、
元社員が「パソコンを1台買うのだって社長決裁が必要で個人商店みたいだった」という記事を見ました。
新聞ではそれが独裁的だとの評価だったのです。

上記のようなことは私の会社でも同じなのですが、この新聞の評価が間違ってるのか、
私の会社が変なのかを教えていただけますでしょうか?

★私の会社は・・・
創立10年未満の新...続きを読む

Aベストアンサー

>これって異常でしょうか?お願い致します。


異常ではありません。
1万円以上は社長決裁の会社はかなりあると思います。
中小企業ならなおさらです。
パソコン1台はマスコミの認識不足で、ワンマンを印象付けるため出てきた言葉です。

Q「決裁」と「決済」の違いって・・・

経理のド素人ですので、こんな質問をしています。
「決裁」と「決済」の意味の違いを教えて下さい。

あと、出張申請書の「検印」は普通は誰が押すものなのでしょうか?

Aベストアンサー

手元の辞書によれば、
決済は「売買取引を済ませる」こと、
決裁は「案件の採否を決める」こと
だそうです。

出張申請書は・・・・会社によると思うのですが、「直属上司」あるいは「経理担当者」なのでは?

Q会社での備品購入について

こんにちは。いつもお世話になってます。

私は従業員2~300人程の小さな会社で総務をやっているのですが、上司から「備品購入についての申告の基準を作れ」と言われて困っています。

消しゴムや鉛筆と言った小さなものを購入するたびにいちいち申告させるのは馬鹿らしいし、
かといって、2~3000円くらいするUSBメモリを好きなだけ勝手に買えてしまうのも問題に思います。

皆さんの会社では備品の購入はどのように基準が定められているのか教えて頂けませんか?
お願いします。

Aベストアンサー

当社では
社員が会社に何か備品や消耗品を求める場合は
すべて
請求伝票を書きます。
消しゴムでも調達物資でも扱いは同じで
購入部署が総務か購買部かの違いだけです。
総務では
事務消耗品類は年間の使用量を考慮して
まとめ買いをしておいて請求伝票と引き換えに物を渡します。
(年間使用総量の把握と特定の人が突出した使用量ではないのかというチェックの為)
1つ10万円を超える様な物は請求前に上長の承諾が必要で
(ある程度の年間予算があり、許可する権限は上長にあります)
1つ50万円を超える様な事務用品、備品は稟議での決済が必要です。
USBメモリや外付けHDDを会社が社員に買い与えることはありません。
(電卓や印鑑と同じ扱いです)
持ち込みと使用には上長の許可が必要です。

Q代表取締役と取締役社長の違いは?

社長として手形を切る時や、名刺に肩書きを書く時に、代表取締役とする会社と取締役社長とする会社とに別れるように思いますが、両者にはどういう違いがあるのでしょうか?
1、専務などが代表権がある場合に代表取締役専務とわざわざ代表を名乗るのはよく理解できるのですが、社長で代表権がない場合が有るのでしょうか?代表権があるのは当たり前で大げさ(長すぎる)なので取締役とだけしか書かないのでしょうか?
2、稀に代表取締役社長とまで名乗っている場合も見かけるのですが、取締役社長とだけ名乗るのと効果にどういう違いがあるのでしょうか?
3、定款とか会社を規定する法律とかの違いで、どちらを名乗るか予め決められているような事があるのでしょうか?或いは、極端に言って最初は社長の気分でどちらにしても良いのでしょうか?(銀行の届を出した後などでそれを爾後使わなければ行けないのは判るのですが)
4、どちらでも良いならば、普通の会社はどう言う基準で決めているのでしょうか?又、どちらのほうが一般的なのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、法律上の地位と呼称としての地位とに分けて考える必要があります。
法律上の地位は、商業登記された人が名のることができる地位です。定款により取締役の人数が定められ、その取締役の互選により、代表取締役が決まります。これは定款の定めで何人でも選出できます。ここで選出された人が「代表取締役」を名のることができます。

呼称としては、社内外に対して「社長」「専務」「常務」という職責上の地位が用いられます。
従って、社長が必ずしも代表権があるわけではなく、また代表権があるからと言って社長というわけでもありません。

通常は、「代表取締役」とだけ言えば、単に商法上の地位のみを表していると考えて、社長かどうかは問題ではありません。

「代表取締役社長」と名のるのは、法律上代表権があり、しかも社内外的に社長ですよ、という二つの意味があるということです。「代表」を省くのは、対外的には「社長」ではあるけれど、代表権がないか、ありは、あえて仰々しくなるのを避けて書かない場合もあります。

Q取締役会(法定機関)と経営会議(社内の任意機関)との関係

一般法令(商法・民法等)に違反していないという状況の下で、社内ルール(社内規程等)を逸脱している場合、どのように扱われるのか。
例えば、ある事項が経営会議(執行役員会議)で決議された。しかし、取締役会では異論が出て承認されなかった。でも、その事項は、法的な取締役会付議事項ではない。そのため、経営会議で決まったことを執行役員が執行した場合、法令違反を問われるのかどうか。
取締役会(法定機関)と経営会議(社内の任意の機関)との関係をどのように捉えるかと言う問題だと思います。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

no.1です。
商法の定め以上のことを社内ルールとして取締役会の付議事項ととして、それを「取締役会規程」等で定めることは別段問題ないことです。

そうした規程がある場合に、該当事項が取締役会の付議を経ずに決定、執行されるのを放置すると、「内部統制」上の問題において取締役の業務責任が果たされないとして、取締役が責任を問われることはありえます。

Q「お取引先様各位」は正しいですか?

多数の取引先に対して通知文書を発行する際に、「お取引様各位」という宛名は正しいのでしょうか?
「お取引様」で「様」をつけて、更に「各位」とつけると重複するような印象を感じたのですがいかがなものなのでしょうか?(○○各位殿 みたいな印象)
過去の回答に「お客様各位」という使い方があるようなことがあったのですが、「お客様」は客+様じゃなくて「お客様」という代名詞のような扱いなのかしら・・?と思ったりしたので新たに質問させていただきました。
ネット検索したのですが、まちまちなので・・
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

難しいですよね。
「お取引先 各位」「お得意先 各位」のレベルでよい、とは思いますが・・
「お取引先様 各位」はちょっと「くどい」感じを受けますね。
「各位」には、ある程度の「敬称」を意味として含んでいるはずなので、失礼ではないように思われます。
バカ丁寧な宛先の書かれた文書にも拘らず、内容が「支払いの督促」だったら、意味ないですしね(笑)

「お客様 各位」は、対象がいわゆる「ビジネスの相手」ではなく、不特定多数の客なので、おかしくはないでしょう。
「お客様へ ~ お知らせ」でもいいわけですし。

その他のいろいろな、ビジネス文書の記入方法をまとめたページを見つけました↓ので、ご参考に・・

参考URL:http://www.ddart.co.jp/businessletter.html

Qライセンス取得の経理処理について

市販ソフトと高額なCADソフトのライセンス取得について、経理処理が同じというのに疑問を感じたのでご相談します。

現在、市販のソフト及びCADソフトのライセンス料を支払手数料で処理されています。その根拠は、どちらもソフト代(物品)と見ているのではなくて、使用できる権利を買ったと考えておられるそうです。

しかし、CADソフトのライセンスは確かにものはなくインターネットで登録するだけのものなので、これから使用するのに掛かった登録手数料として、支払手数料でもいいと思います。
その反面、市販ソフトはパッケージの箱(CAD-ROM)が存在し、キット自体は数百円のものぐらいだと思いますが、それに数万のライセンス料(使用できる権利)が含まれていて、十数万の物品と見るべきかライセンスという権利手数料と見るべきか判断に悩んでいます。私は、事務消耗品費か雑費か少額資産あたりに該当するのではないかと思います。

みなさんは、どう経理処理されていますか?
また、基本的な考え方が記されているHPや税法が存在すれば、教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり、かつ、かたちがないものであるので、当然、無形固定資産として処理されます。

したがって、税務上は1つのライセンスあたりの単価が10万円までなら支払手数料でも消耗品費でも雑費でもかまいません。勘定科目はその会社の判断で行うのが基本です。支払手数料で処理されているのならそのやり方を変えてはいけません。

10万円を超えるものは無形固定資産のソフトウェアとして処理することになります。中小企業であれば、30万円未満であれば少額減価償却資産の特例を使うことができます。

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり...続きを読む

Q契約書の印紙の消印は、甲乙2社が押すべき?

契約書の印紙の消印は、甲乙2社が押すべきなのでしょうか?
片方が押せばOKなのでしょうか?

Aベストアンサー

印紙の消印については、最初の回答者の述べるとおりだ。片方でよい(印紙税法基本通達64条)。印紙税法3条2項に定める連帯納税は、いずれかの者が全額を納税すればよいことを意味するのだから、ここからもいずれかの者が消印をおこなえばよいと結論づけることができる。社会通念上もこれで足りる。

なお、印紙を押印により消すことは、正確にはご質問のとおり消印と呼ぶ。割印ではない。また、契約書に貼付して印紙税を納税する場合の印紙については、消すことが法律上義務付けられている。「押しても押さなくても良い」にも「押してはいけないものもある」にも該当しない。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報