95年式のパルサー(XI-R AT)ですが、寒い時期になると、朝などエンジンが冷えている状態で始動すると、エンジンルームから「ギャーッ」っという音が聞こえてくるんです。(夏場やエンジンが暖まっている状況では音がしません)ほんの一瞬なんですが、結構大きい音です。
エンジン内部のベルト又はチェーンの音でしょうか。

A 回答 (6件)

寒い時期になるとゴムも寒いので硬くなります。

特に始動時に顕著に表れます。
硬くなると二つの要因で「鳴き」の原因になります。
一つ目は、ベルトは輪になっていますが、輪が崩れにくくなりプーリーの形になじみにくくなります。
このため始動直後はプーリーとベルトが滑ってしまいます。
二つ目は、ベルトの表面も硬くなるので「摩擦係数」が下がります。
摩擦が減るのでプーリーとベルトが滑ります。
対策としては、
・ベルトの張りを適正の範囲内で強めにする
・摩擦係数を増やす目的でベルトを交換する
の二つが考えられます。
ベルトの種類は他の回答が参考になります。
デーラーへ持ち込んで現状のベルトの状態と相談して対応を決めてください。
多少車をいじれる方なら、ベルトの調整はそれほど難しくないので挑戦する価値はあります。
必要な工具代はベルトを交換してもらったと考えれば十分に元が取れます。
車種ごとに適切な工具が異なりますので、ディーラーでベルト調整に必要な工具も教えてもらってください。
親切なディーラーなら教えてくれます。
ディーラーの親切度を測る上でよい指標ともなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。6年(13万キロ)も乗っているとこういう現象もでてくるんですね。近いうちにディーラーに持って行きます。

お礼日時:2001/12/17 09:26

たぶんベルトだと思います。


私の車もたまに音がします。

で、対処法として、エアコンのスイッチを切る、ライトを消す、オーディをオフにするなど、電気をなるべく使わないようにした状態でエンジンをかけています。
また、キーをオンにした状態で、10秒ぐらいおいてから、セルを回すようにしています。

バッテリーが古くなっていたら、交換してみてください。また、充電もしてみてください。これでけっこう改善されると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうですね、もうだいぶ走っていますので、ベルトだけでなくバッテリーもそろそろ交換したほうがいいみたいですね。(最近何か変だぞ)と思ったときは、消耗部品を交換するだけで改善できそうですね。

お礼日時:2001/12/17 09:43

他の方々のおっやるとおり、補機類駆動ベルトのすべりでしょう。

ベルトの調整または交換でたいていは解消しますが、プーリーのベルトと接触する面が荒れていると、ベルトを交換してもすぐにベルトをだめにしてしまう可能性がありますので、その部分の点検もお忘れなく、ベルトの張り具合は各車種によって一概には言えないので、車に付属の取り扱い説明書を参照してください。

ちなみにベルトはゴムと繊維でできていますが、ゴムというのはおかしな性質があり温度を上げると膨張して伸びそうなものですが、実際には縮むのです。そのため冷え切っているときにのみ音が出るということは割とよくあります。また、始動直後はスターターモーターで消費した電力をバッテリーに充電使用とするため、オルタネーター(発電機)の負荷が大きくなるため滑りが発生しやすくなります。

いずれにしても早めの対応が肝要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
他の車からこのような音を聞いたことが無かったので(何で自分の車だけこんな音がするの?)と思っていましたが、皆さん同じ回答で安心というか確信できました。

お礼日時:2001/12/17 09:36

鳴る時期から、ほぼ確実にベルト系の滑る音です。

ただ、タイミンングベルトではなく、ボンネットを開けると見える、ファン、エアコン、オルターネター系のベルトです。ですから、エンジンそのものには関係が少ないです。この調整は微妙に難しいらしく、緩みはベルトを支えるプーリーへの負担は少ないですが、音はウルサイ。締めすぎは負担は大きくなるが、音は出ない。雑談をしますと、タクシーは駐車時間より走行時間の方が多いので、むしろ耐久性を考慮して緩めにベルトを張っているんですヨ!! ディラーへ持ち込むと適性な締め付けで調整してくれます。調整はほとんど所では無料で出来ますョ!!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
今まで数台車を乗り継いできましたが、このようなトラブル?は今回が初めてでした。また一つ勉強になりました。

お礼日時:2001/12/17 09:10

 オルタネータ/エアコンのベルトが滑っている音です。


 ラバールブリカント系のスプレーをすれば一時しのぎは出来ますが、ベルトのたわみ量の調整(オルタネータの位置を動かす)をしてみて、それでも駄目ならベルト交換になります。
 でも工賃は安いですから、交換してしまった方が切れる心配もなくなるので精神衛生上良いですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ファンベルト意外のベルトが滑っている音を聞くのは初めてだったので、エンジンに重大なトラブルが発生しているのかと心配してましたが、安心しました。
早速対処したいと思います。

お礼日時:2001/12/17 09:04

きっとファンベルトじゃないでしょうか。


すべって鳴っているかと思いますよ。
一度関係ショップに見せてみてはいかがですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
結局はショップに見てもらった方が間違いないみたいですね。
(何もできない自分が情けない)

お礼日時:2001/12/17 08:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QOS 25F ABCエンジンのコンロッドの向きについて

ベアリング交換のため解体したのですがコンロッドに向きがある事にきずきました。潤滑穴が前寄りなのか後ろ寄りなのか解りません。
ご存知の方は、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

コンロッドのクランクピン側に圧入してあるブッシュの穴の内側の角が片側だけ面取りしてあると思います。
面取りしていない面をバックプレート側に組みます。

Qエンジン始動時の異音

こんにちは。

セルを回した後、エンジンが始動します。
その直後、『ギャーッ』とモーターとギアを過回転させたような音がします。
始動直後直ぐにキーを戻しているので、セルの回しすぎではありません。
二ヶ月前にタイミングベルト交換&その他ベルト調整済み。

始動後は何事も無かったかのように走行できます。
始動後セルモーターも回り続けている事はなさそうです。

症状の頻度は、朝の始動時は100%異音がします。
前回の始動から2~3時間放置するとまた音がなります。
(逆に言うと、コンビニ等でエンジン停止後10分ほど経ってセルを回しても音は鳴りません。)

症状は寒くなってから出はじめた気がします。
(10月上旬辺りから)
車種はGTO H2年TTです。

以上の症状からだと、やはりセルモーターに原因があると思われますでしょうか?
万一、始動直後のタービンから鳴っていたりすると気が気で運転出来ません。。

いずれにしても、近いうち修理工場に出すつもりです。
覚悟しておいたほうがよい金額等教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

自動車メーカーでスターターモーターを担当していました。
いくらベルトが不良だったとしても、『ギャーッ』という音はしませんね。 問題なく始動できるので、バッテリーも問題ありません。
No.1 No.2の方の回答にあるように、スターターモーターの電磁スイッチ(マグネットスイッチ)部の不良による、ピニオンギアの戻り不良でしょう。 キーを確実に戻しても、マグネットスイッチが引っかかってピニオンギアが飛び出たままになり、スターターが逆にエンジンによって回される形になり、『ギャーッ』っと悲鳴を上げます。
電装部品業者が再生修理したリビルト品(リンク品)に交換することをお勧めします。

Qエンジンルームに余計なものがあると、車検上問題になりますでしょうか

エンジンルームに余計なものがあると、車検上問題になりますでしょうか。

オイルクーラーのコアが右フェンダー内に設置済みなのですが、
ホースとブロックはオイルブロックに取り付けず、
エンジンルーム内の適当な場所に固定してあります。
※詳細は画像を参照願います。

やはり『コアのみ残し、ホース以降は一時的に外す』などの対策が必要になりますでしょうか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

車検自体は、エンジン関係で言えば排気ガスを悪化させない改造、オイル漏れなどの問題がなければ まず通ります。
不正改造でなく オイル漏れや水漏れ 排気ガスが規定内なら エンジン関係の検査は、まず通りますよ。

ただし 写真を拝見して 気になったのは、固定されていない点。
また 干渉部分を軍手らしき可燃物で覆っている点。
もし 振動等で、保護しているものが破れ マスターバック(制動倍力装置)につながる太い負圧ホースやその他のホース類 燃料系のパイプ ホース等に当たってしまったら非常に危険ですから ボルト等で確りと固定することをお勧めします。

位置からして その危険が今後考えられますから、是非この機会に固定して置いて下さい。

Qエンジン始動時の異音について

以前エンジン始動時にスターターのギアとリングギアがかみ合わずギーというような音がしてエンジンがかからないと質問させて頂いた者です。
やっと最近リングギアの交換をしました。
しかし交換してから1ヶ月も経ってないのにたまにまだかみ合わずギーっと言うような音がなってしまいます。
バッテリーが弱ってきているからかとも思い、バッテリーも交換してみました。
しかしバッテリー交換直後にもかみ合わずにギーとなってしまいました。
他にも何が原因があるのでしょうか?
交換から1ヶ月ほどでもまだクレームとして扱ってもらえるでしょうか?
こうも直らないと精神的に参ってきます…。

車は平成3年式のPAY-32グロリア・ブロアムです。
エンジンは3000ccでターボです。
そろそろ10万キロですしこういうのは仕方ないのでしょうか…。
良いアドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

リングギアを交換後に再度、ギアのかみ合い不良が起こったのであれば、スターターモーター側のピニオンギアの不良が一番疑わしいですね。通常リングギア自体の交換が必要な状態であれば、スターターモーター側のギアも歯先がつぶれている状態になっている場合がほとんどです。この状態で使用すると取り替えたリングギアまでだめにしてしまう可能性が大きいので、できるだけ早く対処した方がいいでしょう。VGエンジンのスターターモーターはちょっと特殊な型をしていて、オーバーランニングクラッチ(この部分がリングギアとかみ合います)に付いたピニオンギアの直径が大きく、比較的このような症状は起きにくいのですが・・・

クレーム扱いは交渉次第でしょうが、同様の症状の再発であることを考えると可能でしょう。リングギアのトラブルであればスターターモーターも点検するのが当然と言えるのでその点を指摘しては如何でしょうか?

それから、バッテリー不良でギアのかみ合い不良(ギ~と言う音)は起こりません。

Qカブのエンジンの50→110ボアアップについて

カブの49ccのエンジンにうちにある107ccのカブ系エンジンのヘッドを載せれるか検討しています。
そのまま、ヘッドとピストン周りだけで載せ代え可能でしょうか?
腰下もコンロッド等、総交換になるでしょうか?
載せ代えした事のある方、または検討した事ある方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

75ccにしておくのが無難だよ~。

Qエンジン始動時のDVDの音の瞬間的な途切れ

こんにちは、イクリプスナビを最近購入しました。DVDの音がエンジンを始動した時に映像は問題ないですが、音が瞬間的に鳴って1秒無いくらい途切れてまた鳴り始めます。
ラジオ、テレビ、音楽は大丈夫なのですがよくDVDを見るので気になってしまいます。何か原因がお解りになられる方がおられましたら、参考に教えてもらえたらと思います。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

エンジン始動とDVDの不調に因果関係があると確信できる情報がありません。

Qエンジンコンディショナーでウォーターハンマー的現象

お世話になります。

予測・予想でも結構ですのでご回答いただけると助かります。

週末にマイカーのエンジンのプラグを抜き、プラグホールから
エンジンコンディショナーを5秒ほど全4気筒に吹き込みました。

その後5分ほど経過してから、プラグホールを開放したまま
セルによるクランキングを軽くやりました(近所迷惑を考えて1秒もしなかったと思います)。
そしてさらに数分置いてから、また1秒に満たないクランキング実施。

プラグなどを取り付けエンジン始動しようとしたところ、
エンジンはかかりづらいとは思っていましたが、
いつものセルが回る軽快な「チチチチ」という音ではなく、
「ドゥルン、ドゥルン」という感じで軽い上下振動を伴い
低い回転数で鈍く回転したのち、エンジンがかかりました。
セルがとまることはありませんでした。

これはエンジンコンディショナー排出不十分で起きた
ウォーターハンマー的な現象だと思うのですが、
車の状態は、距離にして50kmほどアイドリング回転数(600rpm程度)から
5000rpm程度(レッドは7000rpm)まで実走行してみましたが、
どの回転数でも異常振動など感じられず、吹け上がりもスムーズです。
アイドリングの不安定さも見られません。

気になるのは、今回のことでコンロッドがゆがんでしまったのではとか、
コンロッドの最弱部にダメージがのこり、数年のうちにエンジンブローにつながるのでは
と心配が残ってしまいました。

エンジン再始動時のクランキング時には、
音から判断して各気筒とも燃焼はしていなかったと思います。

今回の現象からエンジンダメージの程度予想をいただきたいのですが、
よろしくお願いします。
(気になるのはセルの力だけでエンジン各所にダメージをきたすことはあるのでしょうか。)

お世話になります。

予測・予想でも結構ですのでご回答いただけると助かります。

週末にマイカーのエンジンのプラグを抜き、プラグホールから
エンジンコンディショナーを5秒ほど全4気筒に吹き込みました。

その後5分ほど経過してから、プラグホールを開放したまま
セルによるクランキングを軽くやりました(近所迷惑を考えて1秒もしなかったと思います)。
そしてさらに数分置いてから、また1秒に満たないクランキング実施。

プラグなどを取り付けエンジン始動しようとしたところ、
エンジンはかかりづらいと...続きを読む

Aベストアンサー

全く心配ありません。スターターモーターのトルク程度でコンロッドやクランクシャフトに損傷を与えることはありません。いわゆるウォータハンマーでのエンジン破壊は、運転中のエンジンに水などの液体が吸い込まれることで起こる現象で、運転中のエンジンの回転よるフライホイールマスが破壊のエネルギーとなります。スターターモーターにはそのような大きなエネルギーは有りません。また、始動直後の燃焼状態の変化はエンジン内部に残ったエンジンコンディショナーよるものと考えて問題ないでしょうけれど、これはガソリン以外の燃料(もしくは不燃物)を含んだ状態の混合気に点火するために正常な燃焼とならずフィードバック機能も想定外の物質を含んでいるために正しく動作しなかった可能性があるため、一時的な異常な燃焼状態となったためでしょう。

実際にウォーターハンマーでエンジンが破損する場合は、ほぼ瞬間的に起こります。またガソリンエンジンでは比較的おきにくい現象です。これはガソリンエンジンは破壊を起こすフライホイールマス自体がそれほど大きくないこと、もともとの圧縮比がそれほど大きくないこと、燃焼室内や吸気管ないぶに水などの液体の進入が有ると点火ができなくなりエンジンの運転自体ができなくなるからです。そのためガソリン車は管水路に突っ込んだ場合などでもウォーターハンマーによるエンジンの破損は意外と起きないのです。一方ディーゼルエンジンではフライホイールマス自体が大きい上に圧縮費も高く、液体が混入しても断熱圧縮による温度が十分に上昇しある程度の空気が有れば燃焼を続けられるので、エンジン運転中に液体を吸い込むなどするとかなりの確率でコンロッドの折損やクランクシャフトの捩れなどの大きな損傷を受けます。


私の手がけた限りガソリンエンジンでのウォーターハンマーが原因でエンジン破損にいたった実例はガソリン車では、インテークマニホールドのガスケットが破損(組み付け不良)により、高速道路走行中に冷却水がシリンダー内部に流れ込み、コンロッドの折損およびシリンダーブロックの破損を招いた一例だけです。


まぁ、スターターで回せる程度であれば液体が残っていても何の問題も無いということです。

全く心配ありません。スターターモーターのトルク程度でコンロッドやクランクシャフトに損傷を与えることはありません。いわゆるウォータハンマーでのエンジン破壊は、運転中のエンジンに水などの液体が吸い込まれることで起こる現象で、運転中のエンジンの回転よるフライホイールマスが破壊のエネルギーとなります。スターターモーターにはそのような大きなエネルギーは有りません。また、始動直後の燃焼状態の変化はエンジン内部に残ったエンジンコンディショナーよるものと考えて問題ないでしょうけれど、これ...続きを読む

Qエンジン始動時とアクセルを踏んだときにキュルキュルという音が…

エンジン始動時とアクセルを踏んだときにキュルキュルという音がします。
車の整備屋さんで見てもらったところ、ファンベルトの摩滅のせいだということで、ファンベルトを交換しました。
交換してしばらくは平気だったんですが、1~2ヶ月ほどしてからまた同じ音がしたので、
前回とは別のところで見てもらって、やはりファンベルトを交換しました。
が、半年ほどたった今、またキュルキュル音がしはじめたんです。

ファンベルト以外に原因があるんでしょうか?
それとも運転が下手or乱暴でファンベルトを傷めてるんでしょうか?
普通、頻繁に悪くなる物じゃないですよね?
また点検してもらおうと思っているのですが、5000円ほど出して交換してもまたダメになったら…と思うと気が重いです。

車は、ダイハツのストーリアで、4年くらい乗っています。
去年の春~秋の半年間、都合で車を全く使っておらず、バッテリーが上がってしまいました。
それを整備してもらってまた乗り始めたのですが、異音のトラブルはその後から始まりました。

何か考えられる原因、対策などありましたら教えて下さい。
宜しくお願いします。

エンジン始動時とアクセルを踏んだときにキュルキュルという音がします。
車の整備屋さんで見てもらったところ、ファンベルトの摩滅のせいだということで、ファンベルトを交換しました。
交換してしばらくは平気だったんですが、1~2ヶ月ほどしてからまた同じ音がしたので、
前回とは別のところで見てもらって、やはりファンベルトを交換しました。
が、半年ほどたった今、またキュルキュル音がしはじめたんです。

ファンベルト以外に原因があるんでしょうか?
それとも運転が下手or乱暴でファンベルト...続きを読む

Aベストアンサー

音の原因については他の方がおっしゃるようにベルトで間違いがないでしょう。ただし、そのように短期間でベルトが磨耗してしまう事は通常では考えられません。このように短期間でベルトが磨耗してしまうにはほかに原因があるはずですが、この原因として考えられる原因にプーリーの不良があります。プーリーとはベルトが掛けられている回転部分のことですが、この部分の表面が荒れていたり(ベルトの張りが不足した状態や、摩滅したベルトを使用して、滑りが生じて摩擦熱によりプーリー表面が非常に高温になり、表面の錆止めメッキが駄目になって錆が生じてしまったり、高温のためベルトが溶けてプーリーに溶着してしまうことによって、表面がざらざらになってしまうことがあります)すると、短期間でベルトが磨り減ってしまう事があります。長期間車を使用していなかったとの事で、プーリー表面が錆で紙やすりのようになっている可能性が高いかと思われます。

できれば問題のあるプーリーを新品に交換するべきところなのですが、状況によっては研磨することで再使用可能かも知れません。ディーラーや整備工場などでプーリーの点検をしてもらうことをお勧めします。

音の原因については他の方がおっしゃるようにベルトで間違いがないでしょう。ただし、そのように短期間でベルトが磨耗してしまう事は通常では考えられません。このように短期間でベルトが磨耗してしまうにはほかに原因があるはずですが、この原因として考えられる原因にプーリーの不良があります。プーリーとはベルトが掛けられている回転部分のことですが、この部分の表面が荒れていたり(ベルトの張りが不足した状態や、摩滅したベルトを使用して、滑りが生じて摩擦熱によりプーリー表面が非常に高温になり、表...続きを読む

Q水平対向エンジンはどうやって

一度も購入したことも、いじったことも、整備書見た事もありませんが水平対向
エンジンはどうやってメインベアリングキャップを締めるんでしょうか?
組み立て順もクランクにコンロッド・ピストン

着けてから両シリンダーを合わせる?感じ?結構なぞです。詳しい方御願いします。

Aベストアンサー

モナカ
http://minkara.carview.co.jp/userid/271921/car/165727/395405/note.aspx

Q田植え機のエンジン教えてください。4サイクルエンジンで主に始動しる際はチョークを活用します。バッテ

田植え機のエンジン
教えてください。4サイクルエンジンで主に始動しる際はチョークを活用します。バッテリーは十分でセルモーターも普通に動きますがエンジンが掛かりません。点火プラグを抜き取り掃除と同時にシリンダー内へCRC556を吹き付けるとエンジンが掛かります。その後、エンジンを止めて再始動するとやはりエンジンが掛かりません。原因は何でしょうか?教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

要はスタータ回路とそれに続くアイドル回路に異常が生じているわけで、エアジェットとパイロットジェットがまともに機能しておらず、スロー系で始動させているだけということです。来年になればさらに悪化ではすまないことになります。
せめて水をぬき(もといガソリンを抜くことで水を抜きこれ以上腐食をなくし)crc5-56にでも浸漬させたうえで春を迎えましょう。植物、生物は春になると復活しますが、所詮人間が作ったものは自然治癒機能はありません。人間が手助けではなく、強制的に回復(現状ではありません、設計時あるいは、納入時の状態にです)させる必要があります。農機具メーカも暇になります。このじきがチャンスです。しかし、くそ高いですね。彼らの部品は、業務用ということなのでしょうが、ジェット1つで1500円?ぶったくりです)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング