「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

疑問1.
以前にも疑問に思ったのですが、
銀行が合併した際の名前の順番ですが、どういう理由でこの順番にしているのでしょうか。きっと深い意味があると思うので、よくご存知の方は、ご回答願います。

三井住友銀行の場合は住友銀行の力が強くて、「住友銀行」の部分を残したという噂を聞いたことがあります(事実かどうか不明)。
今回の場合、東京三菱→三菱東京UFJとなったわけですが、なぜ三菱が先頭に来ているのかとても疑問に思います。単に、三菱自動車、三菱商事、三菱電機などに合わせたのでしょうか?

疑問2.
ついでの疑問ですが、銀行のカウンターに置く振込用紙などの「記入見本」の名前欄の見本はどうなるのでしょうか?
「三菱東京 UFJ太郎」とかになるんですかね???

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

私の感覚は#3さんと全く違ってまして、日本語でも名前を羅列する際は格上が先だと思います。

映画のクレジットなんかもそうでしょう(ちなみに。最後に大御所の名前が来るのは、大御所が必ずしも主役を張らなくなった頃に考えられた苦肉の策だったはずです)。

1996年に三菱銀行と東京銀行の合併は事実上、三菱による東京の吸収合併でした。このときに何故「三菱東京」ではなく「東京三菱」になったのかが逆に私は疑問だったのですが、質問の三井住友の噂を見て「なるほど」と思いました。「三菱銀行」を残したかったのでしょう。英語表記が「The Bank of Tokyo-Mitsubishi」でしたから、こちらは外国為替専門銀行だった「The Bank of Tokyo」を残した。東京-三菱の順序はこうした決まったのではないでしょうか。

しかし、2001年に持ち株会社を作るときは「三菱東京フィナンシャルグループ」になりました。これは「銀行」等の「三菱」とセットになる言葉がなかったため、格上の三菱が前に来たと思います。英語表記も「Mitsubishi Tokyo Financial Group」で「Bank of」がないのでMitsubishiが前ですね。

で、今回の合併は、事実上MTFGによるUFJHDの吸収合併ですから、UFJは三菱の後ろに回されたということですね。普通銀行の名前は持ち株会社や信託銀行、証券会社と同様に「三菱UFJ銀行」にしようとしたけど、東京銀行出身者の抵抗でかろうじて残ったという噂もあれば、国外では未だ「Bank of Tokyo」の知名度が高いので残したとも言われています(事実、三菱東京UFJ銀行の英語表記は「The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ」ですから)。また、行内での東京銀行出身者と、三和銀行や東海銀行出身者の力関係はわかりませんが、あくまでも今回は三菱東京によるUFJの吸収ですから東京がUFJの後に回されることは、さすがになかったのでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

興味深い回答、ありがとうございます。
>英語表記が「The Bank of Tokyo-Mitsubishi」でしたから、こちらは外国為替専門銀行だった「The Bank of Tokyo」を残した。
素人ながら私も同感です。

>日本語でも名前を羅列する際は格上が先だと思います。
この感覚もよく理解できます。

>あくまでも今回は三菱東京によるUFJの吸収ですから東京がUFJの後に回されることは、さすがになかったのでしょう。
この文を読んで思い出したのですが、さくら銀行になる前は、太陽神戸三井銀行というのがありました。これは確か三井銀行が格上だったように記憶しています(故に今も三井という名前が残っている?)。なのに、三井銀行が後ろにきていました。ということは、銀行業界では格上の銀行名が後に残るのでは?と疑問がまた深まってしまったしだいです。(^-^)。

お礼日時:2006/01/04 21:49

東京三菱のときも、太陽神戸三井の時も、


実質、財閥による収益のよい小銀行の吸収でしたが、
三菱も三井も、
東京銀行や太神(タイシン)が
「吸収された!!」というイメージを与えないために
それぞれの吸収されたほうの銀行の名前を
「配慮して」日本語表記の前に持ってきたという話です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
何らかの「配慮」があってのことなのですね。

ところで、基本的に前に名前が来るほうがイメージは良いんでしょうか??なんとなく私もそう思いますけど…。今回の合併ではUFJは一番後ろに来ていますが、「配慮」は無かったのでしょうか?それとも、配慮されて敢えて一番後ろなのでしょうか??またわからなくなってきました。(笑) 銀行に直接質問してみようかなぁ…。

お礼日時:2006/01/06 00:19

度々ゴメンナサイ。


#3の回答が2つあるんだ。システムのトラブルかな?
「下の#3(sunshine38)さん」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。NO3が2つありますね。ややこしいー。

お礼日時:2006/01/04 21:38

#4です。

#4回答の文中、
「私の感覚は#3さんと全く違ってまして」

「私の感覚は#2さんと全く違ってまして」
の間違いです。すみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

承知しました。

お礼日時:2006/01/04 21:39

余談ですが、三井住友銀行の略称「SMBC」は、住友が先です。



東京三菱銀行のときも、MTFGですから三菱が先です。今はMUFG、そして銀行名も三菱が先です。
もっとも、MTFG、MUFGは持ち株会社の名前になりますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。英語書きにしたときどうなるかも大事ですものね。

お礼日時:2006/01/04 21:37

全くの私見ですが・・・



英語では上になっている方が先、下になった方が後に書くようです。他の方がかかれているようにUFJ銀行は吸収合併されているので、英語名では、
Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ
となっています。(URL参照)
逆に日本語では順番が逆になるのが普通と思いますので、三井住友銀行のような順番が普通と思いますが、慣習にとらわれず「三菱」であることを強調したかったのではないか、と思います。
根拠はありませんので、一意見として。

参考URL:http://www.bk.mufg.jp/english/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。三井住友銀行になったとき、英語で書いたときにどうなるかを検討したとかいううわさも以前きいたことがあります。おっしゃるとおりの理由だったと思います。

お礼日時:2006/01/04 21:35

疑問2については分からないです。



疑問1ですが、東京三菱銀行は同等合併をしておられ、三菱東京フィナンシャルグループという会社の銀行部門が東京三菱銀行だったのです。これで上下関係をなくしています。次は東京三菱銀行とUFJ銀行との合併ですがUFJ銀行は吸収合併されています。なのでUFJ銀行は後ろに名前がつきます。そしてこの際の会社名が三菱UFJフィナンシャルグループの銀行部門になりますので「三菱東京UFJ銀行」となりました。

要は上下関係を保っているのです。

この回答への補足

東京三菱銀行が吸収したのなら、東京三菱UFJ銀行とは、ならないのでしょうか???

補足日時:2006/01/04 14:25
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/01/04 14:25

銀行名は東京三菱銀行がUFJ銀行を合併したものであり、東京三菱銀行はもともと三菱銀行が東京銀行を合併したものですから、存続会社はもとの三菱銀行ということで三菱が最初に来るのが順当でしょう。

この回答への補足

早速ご回答ありがとうございます。おっしゃるとおりなのですが、
三菱銀行が東京銀行を合併したときは「東京三菱銀行」であり、三菱が後に来ています。この理屈からいくと今回も、「UFJ東京三菱銀行」となるはずですが、どうなのでしょうか???

補足日時:2006/01/04 14:14
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/01/04 14:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q合併前の銀行名について

こんにちは。
三井住友・UFJ・みずほ・りそな・・・
それぞれ、合併する前の銀行名を教えてください。
三井住友は住友+さくら(旧三井)ぐらいしか知らないもので(^^ゞ
あと、第○銀行とかの「数字」が入る銀行は、何を基準にその「数字」なのでしょうか?単に順番?
とりとめの無い質問でスミマセン。。

Aベストアンサー

三井住友・UFJ・みずほ・りそな・・・

三井住友…住友銀行、さくら銀行(さくら銀行は太陽神戸銀行と三井銀行が合併、
太陽神戸銀行は太陽銀行と神戸銀行が合併だったと思います)

UFJ…東海銀行、三和銀行

みずほ…第一勧業銀行、富士銀行、日本興業銀行

りそな…大和銀行、あさひ銀行(あさひ銀行は協和銀行と埼玉銀行が合併)

だったと思います。
古~い道路地図を見ると旧銀行名で書かれていて時々混乱します。

Q三菱東京UFJの名前はどう決まったのですか?

三菱東京UFJの名前が決まるときに、三菱を先にするか東京を先にするかなど、どういう経緯で三菱東京UFJという名前に決まったのかという雑学を知っている方はいないでしょうか?

Aベストアンサー

>三菱を先にするか東京を先にするかなど、どういう経緯で三菱東京UFJという名前に決まったのかと

先ず、この銀行は「東京銀行+三菱銀行+UFJ銀行(三和銀行+東海銀行+東洋信託銀行)」が合併して誕生していますよね。
最初は、東京銀行と三菱銀行が合併して「東京三菱銀行」になります。
合併後は、三菱銀行の既存支店・営業所と重複する東京銀行の支店・営業所は廃止となりました。
この支店・営業所再編でも、三菱銀行側の力が分かりますよね。
じゃ、何故「三菱東京でなく、東京三菱」なのか?
東京銀行は、日本興業銀行・日本長期信用銀行・日本不動産銀行とならぶ「独自に、金融債権発行が認められたエリート企業」なのです。
三菱としても、東京銀行の暖簾を無視する事は出来ません。
東京銀行側も、三菱に吸収されたと見られるのは嫌ですからね。
規模の優劣でなく、対等合併との姿勢を内外に示したかったのでしよう。
※三菱としては、「名よりも実を取る」方針でした。
また、日本語では「和暦(明治・大正・昭和・平成)とか地名は、企業名の頭にする」歴史があります。
ここで、東京三菱銀行が誕生します。
その後、金融危機で「UFJ銀行が、破綻の危機」を迎えます。
倒産すれば、(民主党政権誕生よりも)日本経済へ悪影響を及ぼします。
当時の政府・金融庁は、財務内容・経営状況が優秀な東京三菱銀行にロックオン!
「東京三菱君、UFJ君と結婚しないかね?莫大な持参金(公的資金)を付けるから」
許認可権限を持ったお上には逆らえませんから、渋々結婚を了承します。
吸収合併ですから、東京三菱銀行+UFJ銀行となります。^^;
東京三菱UFJ銀行誕生?
なのですが、ここで東京三菱銀行は「三菱東京」と(嫌々結婚後)改称します。
東京三菱銀行社内では、2002年以降「債権発行終了」なので旧東京銀行側の力が弱くなっていたのですね。
国際業務を行なうには、三菱を全面に出した方が得策と考えたのでしよう。
※三井住友銀行も、英語表記はSumitomo Mitsui Bankです。
ここで、三菱東京UFJ銀行が誕生しました。
余談ですが・・・。
いずれ、三菱銀行に改称するかもね?
既に、太陽神戸銀行(太陽銀行+神戸銀行)+三井銀行=太陽神戸三井銀行⇒さくら銀行⇒三井銀行の例があります。
業界に関係なく、吸収された側の社員は悲惨なものです。
合併が行なわれて以降、双方が穏便に運営できたのは第一勧業銀行(第一銀行+勧業銀行)だけでしよう。
※第一勧業銀行+富士銀行+日本興行銀行⇒みずほ銀行。

>三菱を先にするか東京を先にするかなど、どういう経緯で三菱東京UFJという名前に決まったのかと

先ず、この銀行は「東京銀行+三菱銀行+UFJ銀行(三和銀行+東海銀行+東洋信託銀行)」が合併して誕生していますよね。
最初は、東京銀行と三菱銀行が合併して「東京三菱銀行」になります。
合併後は、三菱銀行の既存支店・営業所と重複する東京銀行の支店・営業所は廃止となりました。
この支店・営業所再編でも、三菱銀行側の力が分かりますよね。
じゃ、何故「三菱東京でなく、東京三菱」なのか?
東京...続きを読む


人気Q&Aランキング