年末の定番といえばなんといっても「忠臣蔵」ですが、いままでのは皆浅野方から
描かれたものばかりです。「松の廊下事件」から「討ち入り」までを吉良方から
えがいた文献のようなものがあれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 


  歴史と創作文学は混同されてはならないのです。現在流布している浅野と吉良、そして幕府のあいだで起こった事件についてのイメージは、主に、「仮名手本忠臣蔵」という、史実と相当に解離した江戸時代の劇のストーリーから造られています。第一に、「忠臣蔵」という呼び方そのものが、浅野方から見た視点ではありませんか。
 
  元家老大石始め吉良邸に乱入した旧浅野家家臣の浪人たちは、「暴徒」に他ならないでしょう。幾ら幕府が、喧嘩両成敗の武家のルールを破ったからと言って、勝手に、よその屋敷で武装集団で押し入り、殺人を行ったことが、正義な訳がないでしょう。それはとまれ、参考URLに、短く、吉良上野介は名君だったという話しと、吉良の伝記を推薦しています。この本なら、事件を吉良側から見た記述があるでしょう。本は、Amazon.co.jp で調べると、現在もあるようです(なお、別にアマゾンで買う必要はありません。出版社・書名が分かるので、書店などで、また取り寄せて入手されればよいのです):
 
  >6. 「新版 吉良上野介」
  >鈴木 悦道 (著) 単行本 (1995/11/01) 中日新聞本社
  >お取り寄せ
  >価格: ¥1,400
 
  この他にも、吉良を中心とした伝記的な本として、以下のものがあるようです:
 
  >1. 「その日の吉良上野介」
  >池宮 彰一郎 (著) 文庫 (1998/11/01) 新潮社
  >通常2~3日以内に発送
  >価格: ¥438
 
  >2. 「吉良上野介の覚悟」
  >中津 攸子 (著) 単行本 (2001/02/01) 文芸社
  >お取り寄せ
  >価格: ¥1,200
 
  >3. 「義にあらず―吉良上野介の妻」
  >鈴木 由紀子 (著) 単行本 (1999/05/01) PHP研究所
  >在庫切れ
  >価格: ¥1,400
 
  >4. 「吉良上野介―討たれた男の真実」
  >麻倉 一矢 (著) 文庫 (1998/11/01) PHP研究所
  >在庫切れ
  >価格: ¥571
 
  >5. 「その日の吉良上野介」
  >池宮 彰一郎 (著) 単行本 (1996/03/01) 新潮社
  >お取り寄せ
  >価格: ¥1,359
 
  >7. 「赤馬物語―吉良上野介伝」
  >松尾 和彦 (著) 単行本 (1993/03/01) 日本図書刊行会
  >在庫切れ
  >価格: ¥1,456
 
  >8. 「大石内蔵助,吉良上野介」
  >池波 正太郎 (著), 南條 範夫 (著) 文庫 (1989/12/01) 日本放送出版協会
  >お取り寄せ
  >価格: ¥1,456
 
  >9. 「実像吉良上野介」
  >鈴木 悦道 (著)
  >お取り寄せ
  >価格: ¥1,165
 

参考URL:http://www.kurikoma.or.jp/~imamuraa/iti/rekisi/s …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。早速検索してみました。たいへん参考になりました。

お礼日時:2001/12/20 14:53

先のお二方がきちんと学術書を挙げていらっしゃるのですが・・・、論文か何かに使われるのでしょうか? でしたら全く役に立ちませんが、その代わり面白いです。



「上野介の忠臣蔵」 清水義範著/文芸春秋社

これは、「上野介は実は老人ぼけが始まっていて、人の名前も思い出せず、浅野についうっかり失礼なことをしてしまったのである」という奇想天外なお話ですが、思いのほか説得力のある物語で、とても楽しめます。
学術書でなくともよいのであれば、ちょっと視点が変わって良いかもしれません。
が、あくまでこれはフィクションです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。この本を探していました。

お礼日時:2001/12/20 14:57

私の読んだのは岩波新書の[忠臣蔵:松島栄一著]ですが、要領よく一番最初に出来た忠臣蔵の話とか書いてあります。



過去の参考文献の出典についても一通り出ていて、かなり専門的でいて、そこそこ一般向きという感じです。

この中に確か、吉良方から描いた本の事も書いてあったと思います、、、どの本を読めばよいかが分るでしょう!!

問題は古い本なので、再版されているかどうかです。

『忠臣蔵』 : その成立と展開 / 松島栄一著 岩波書店,1964.11
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。

お礼日時:2001/12/20 14:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q淮南遺風の出典と意味をお教えください

淮南遺風の出典と意味をお教えください。

読みはイナンイフウでよろしいのでしょうか?
どのような意味があるのでしょうか?
中国古典からの言葉のようですが、出典もお教えいただけたら嬉しく思います。

Aベストアンサー

 
  淮南については、色々故事などが関係して複雑で、よく分かりませんので、自信なしにします。
 
  ただ、これは淮南(わいなん)と読みます。先の方の仰っておられるように、淮河(わいがわ)の南に位置する地域のようです。現在、淮南市という都市が、安徴省にありますが、この辺りを含む、かなり広大な地域が、淮南だったようです。
 
  日本の豆腐の起源は、淮南だという説があり、その真偽を確かめに日本から民間の調査団などが中国を訪れているようです。淮南は、前漢の淮南王劉安(前179~123)で有名で、『淮南子(えなんじ)』という、色々な話や思想の書かれた本の編集者は、この淮南王劉安で、先の豆腐の起源も、ここに書かれているのでしょうか。発明者は、淮南王劉安だとされています。
 
  淮南市は、南京の北の辺りにあり(南京は、揚子江沿い近くにあったはずです)、大体、中国では、少し南よりの中心部位だと思います。北京は北の端で、中原と呼んでいる場所も、揚子江流域を考えると、少し北によっています。しかし、中原の中国からすると、逆に、淮南地方が、南に当たるのだとも言えます。豆腐が淮南起源だとされているからでもありませんが、中原、北部中国とも、揚子江以南の南中国とも異なる風俗・風習の文化がこの地方にあったということではないでしょうか。
 
  (この地方は、江南地方という名であると、稲がそこから日本に伝来した場所とも知られ、何かと古代日本と縁のある地域です。江南文化として、揚子江流域の南で、中原とも少し違う、文化地帯であったので、「江南遺風」、江南の地域文化の名残ということで、「淮南遺風」ということばあるのかも知れません)。
 

 
  淮南については、色々故事などが関係して複雑で、よく分かりませんので、自信なしにします。
 
  ただ、これは淮南(わいなん)と読みます。先の方の仰っておられるように、淮河(わいがわ)の南に位置する地域のようです。現在、淮南市という都市が、安徴省にありますが、この辺りを含む、かなり広大な地域が、淮南だったようです。
 
  日本の豆腐の起源は、淮南だという説があり、その真偽を確かめに日本から民間の調査団などが中国を訪れているようです。淮南は、前漢の淮南王劉安(前17...続きを読む

Q忠臣蔵

大学の講義で歌舞伎の忠臣蔵と浄瑠璃本「仮名手本忠臣蔵」の
構成の違いを述べよという課題がだされたのですがさっぱりわかりません。
知っている方、おしえてください。

Aベストアンサー

 大学の課題であれば御自分で考えるのがスジだと思いますのでアドバイス(?)だけ。

 歌舞伎の「仮名手本忠臣蔵」は回答があるようですが,次の様なページもありました。

◎ http://www.asahikaisetsu.co.jp/hitokuti/sandai/tyusingura/tyusingura.htm
  三大名作コーナー『仮名手本忠臣蔵』

 浄瑠璃本「仮名手本忠臣蔵」はこちらをどうぞ。

◎ http://www.cs.ube-c.ac.jp/egi/kanatehome/
 「仮名手本忠臣蔵」テキストデータベース

 後は御自分で比較してみて下さいね。

Q「日月相推」…この意味と出典を教えて下さい。

何かの本を読んで気になっています。文中~…すべて「日月相推」だよ。…~とありました。
すべて歳月が解決する。と解釈していますが、いいのでしょうか?また、出典と意味を教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以下サイトに載っていた。
http://blogs.yahoo.co.jp/fujiprintmorichan/3288163.html

日と月とが互いに推(お)し合って、その明るさが交互に変わって生ずることで、
昼も夜も明るいこと。憂いや悩みも、時間が解決してくれることをたとえる言葉である。

漢文流には、「日月(じつげつ) 相(あ)い推(お)す」と読み下せようか。
出典は、『易経(えききょう)』の繋辞伝(けいじでん)。

とあるね。

Qはじめまして、皆におねがいことがありますが、文学の問題です。 能や狂言を素材にした歌舞伎作品をなんと

はじめまして、皆におねがいことがありますが、文学の問題です。
能や狂言を素材にした歌舞伎作品をなんと呼ぶか?

Aベストアンサー

松羽目物ですかね
www2.ntj.jac.go.jp

Q次の漢文の出典と意味を教えて下さい

先日外出先で次の漢文が書かれた掛け軸を拝見しました。
蘭植中塗 必無經時之翠 
桂生幽壑 終抱彌年之丹

帰宅してから身近にあるもので調べて見ると、仏祖統紀というものの中に、この漢文が記載されているらしいことがわかりました。この漢詩の出典(どの様な方の言葉なのか)と意味を是非教えて頂き、勉強したいと思います。ごく最近まで教育、外国語のカテゴリーで同じ質問をさせていただいていました。今回こちらのカテゴリーに変えてもしご存じの方がいらっしゃればと思っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 自信がないまま、自分なりに調査・考察を進めていたのですが、No.1のmimireさんのお父様がおっしゃる解釈が自分のものとそれなりに一致しましたので、勇を得て現時点での一応のご報告を致したいと思います。

 まず「仏祖統紀」ですが、

http://www.tabiken.com/history/doc/P/P351R100.HTM

に(日本語で)詳しい解説があります。全54巻で、中国の宋代の僧・志磐の撰述。1269年完成。仏教の祖である釈迦牟尼仏より宋代に至る高僧の業績とその足跡を列記したもので、中国の正史の体裁に従い、紀伝体で書かれているそうです。和訳したものが『国訳一切経』に収録されているとのことですので、該当部分をご覧になったらと思います。図書館蔵書を検索してみましたが、田舎住まいの私の近辺の図書館では無理のようです。

 で、該当部分(外国語の方の質問〔923658〕に引用なさっている部分です。)の大意ですが、

 キン(竹冠に均)州の僧である惠洪【「あざな」は覺範】は、宰相であった張商英と節(度?)使であった郭天信(の事件)に連座して崖州(海南島)に流罪となった。靈源清禪師がそれを聞いて、嘆いて言うには、「蘭を中塗に植えると、必ず長年の間の緑色がない。桂(=肉桂や木犀などの仲間)の木は深い谷に生えて、ついには年を経て赤い花をつける。昔の人はこういった。『賢くて深く物事を察してながら、(自ら)死に近づく者は、人のことをあれこれ悪くいうの好む者である。』と。(確かに)覺範(=惠洪)にはそういうところがあった。」と。

というくらいだと思います(自信なし)。惠洪・張商英・郭天信は宋代の互いに親交のあった人物であることは間違いないようです。(中国語のサイトの記述を、分かるところだけ拾い読みしました。よければ、

http://ykyz.net/yuwen/Article_Show.asp?ArticleID=2034

などを参考にしてください。)

 mimireさんが、詩の「前半と後半はまったく逆の意味だそうです」とおっしゃるのは、蘭をいいかげんな植え方をすると、本来の緑色が発揮できないのに、桂は人知れず育ってその持ち前の美しい赤色を発揮するという点だと思います。私は、惠洪が僧でありながら政治にかかわって(仏教・禅を通しての親交でもあったと思いますが)流謫されたことを、蘭にたとえ、桂のたとえで、人知れず寺に籠もって修行を積めば立派な僧になれたのに、という嘆きを表したのではないかと思っています。

 詩の作者である靈源については、「宋代靈源惟清禪師」という記述のあるサイトがあり、

http://iriz.hanazono.ac.jp/data/zenseki_172.html

に記述がある霊源惟清(?-1117)のことかな、と思います。

 それから、「古人謂。聰明深察而近於死者。好議人者也。」の部分は『孔子家語』の巻第三「観周第十一」にある、礼を学びにきた孔子が帰る際に、老子がはなむけとして贈った言葉の一部に相当します。これは近辺の図書館の貧弱な蔵書で確認しました。

 自信がないまま、自分なりに調査・考察を進めていたのですが、No.1のmimireさんのお父様がおっしゃる解釈が自分のものとそれなりに一致しましたので、勇を得て現時点での一応のご報告を致したいと思います。

 まず「仏祖統紀」ですが、

http://www.tabiken.com/history/doc/P/P351R100.HTM

に(日本語で)詳しい解説があります。全54巻で、中国の宋代の僧・志磐の撰述。1269年完成。仏教の祖である釈迦牟尼仏より宋代に至る高僧の業績とその足跡を列記したもので、中国の正史の体裁に従い、紀伝...続きを読む

Q文献一覧

文学作品等で、研究者が様々な解釈をして本を出していますよね。その文献が一覧して載っているサイトを探しています。そのようなサイトをご存知でしたら教えていただきたいのです。○○について調べたい、研究したいというようなときに、こんな研究者はこんな本を出している、というようなサイトです。
文学作品以外でも構いません。あらゆるジャンルの文献が一覧して紹介しているサイトがもしあるのならば、お教え願いたいです。

どうか宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

日本の文学者研究の本の情報ということでよろしいですか?
でしたら、まず、↓の画面を開いてください。

「国立国会図書館蔵書検索画面」
http://webopac2.ndl.go.jp/ows-bin/search.cgi?MODE_M=1&SEARCH=1


この検索画面の「件名」のところに、文学者の名前を入れて、「検索」ボタンをクリックすると、その文学者を研究対象とした書籍の情報が一覧化されます。
ちなみに「芥川竜之介」だと258件ヒットします。(「龍之介」では和書はヒットしません)
入力する漢字はいわゆる新字にしてください。旧字では出ません。
つまり「大佛次郎」ではヒットせず、「大仏次郎」ならヒットするということです。

また、「著者」のところに、研究者の名前を入れて、「検索」ボタンをクリックすれば、その方の研究業績ともいうべき、著作の一覧がでます。
たとえば「加藤周一」で検索すれば、232件の関連著作の情報が出てきます。


もし、書籍以上の文献情報が入用でしたら、以下のサイトが参考になると思います。

「国文学研究資料館」
http://www.nijl.ac.jp/

こちらの「データベース」の中に「国文学論文目録」があります。

「国文学論文目録データベース」
http://www.nijl.ac.jp/bunseki/index.html

以上、ご参考までに。

日本の文学者研究の本の情報ということでよろしいですか?
でしたら、まず、↓の画面を開いてください。

「国立国会図書館蔵書検索画面」
http://webopac2.ndl.go.jp/ows-bin/search.cgi?MODE_M=1&SEARCH=1


この検索画面の「件名」のところに、文学者の名前を入れて、「検索」ボタンをクリックすると、その文学者を研究対象とした書籍の情報が一覧化されます。
ちなみに「芥川竜之介」だと258件ヒットします。(「龍之介」では和書はヒットしません)
入力する漢字はいわゆる新字にしてください。旧...続きを読む

Q「何すれぞ去らざるや」の出典と意味

多分、論語だと思うのですが、ふとこの一節が頭に浮かんできて、どういうエピソードに出てくるのか気になって仕方がありません。この一節の出典とどういう話の中に出てくるのか解説を漢文に詳しい方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

出典は『礼記』の「檀弓篇」です。ここから『苛政は虎よりも猛し』という故事成語が生まれています。
「何爲不去也」は「(そんな恐ろしい所を)どうして去らないのですか?」という意味です。
原文および解説は下記を参照してください。

参考URL:http://www.e-t.ed.jp/edotori40094/kaseip.htm,http://homepage1.nifty.com/kjf/China-koji/P-053.htm

Q小説の参考文献

小説の参考文献

中島らもさんの「ガダラの豚」や「今夜、すべてのバーで」には巻末に参考文献が載っていて、興味を持った人はその参考文献に当たることができます。私小説をのぞけば、参考文献なしで小説を書くことの方が少ないと思うのですが、多くの小説には参考文献の記載がありません。なぜなんでしょう。

Aベストアンサー

鋭い着眼点だと思います。
おっしゃる通り、参考文献なしで小説を書くことの方が少ないはずなのに、多くの小説には参考文献の記載がありません。これは、(日本に限らず)昔からの慣習でそうなっているらしいです。
まだ著作権がやかましく言われなかった時代から、西洋で知識人が著した(小説ではない)浩瀚な書物は、おびただしい参考文献のリストを誇らしげに載せていたようです。読者のほうも、本文もそこそこにリストを眺めて、「こんなにたくさん難しい本を読みこなした上で、この本を著したのだ……」と感心したりしました。リストが載ってないと、「参考文献なしの本なんて、獄中でも書けるじゃないか」と言う人もいたとか。
しかし、当時から小説は、ほとんど参考文献を記載しなかったようです。その後、時代が変わって「引用と剽窃の違い」や著作権がうるさく言われるようになったのに、小説においては昔の慣習を引きずっている模様です。
この矛盾が火を吹いたのが、たとえば立松和平(1947-2010年)の『光の雨』ではないでしょうか。あれは盗作として、立松が極悪人のように言われています。しかし、小説に種本が存在して、そこからごっそり頂いて(ぱくって)いることは、しばしばあったようです。小説が小説を剽窃するのは、さすがに恥ずかしくて禁忌としても、ノンフィクションからなら(ジャンルが違うから?)頂いてもいいだろうという意識があったみたいです。そう言えば、『光の雨』が盗作した『あさま山荘1972』(坂口弘著)も、事件当事者によるノンフィクションでした。
ぱくられた側にしてみれば、タダでぱくられた上に参考文献にも記してもらえず、怒り心頭でしょう。しかし、小説の文章において「引用の要件」(たとえばhttp://withd.jp/news/2792.html)なんか守っていたら、小説になるかなあという感じもします。そのせいもあって、「昔の慣習を引きずっている」のかも知れません。芸術家とは、悪魔に魂を売り渡した怪物なのか……。いずれにせよ、『光の雨』はぱくり過ぎだったらしいですが。
村上龍の小説は、巻末に参考文献(ウェブも含む)の長大なリストが載ってるものもあります。注目すべき現代作家の取り組みですね。

鋭い着眼点だと思います。
おっしゃる通り、参考文献なしで小説を書くことの方が少ないはずなのに、多くの小説には参考文献の記載がありません。これは、(日本に限らず)昔からの慣習でそうなっているらしいです。
まだ著作権がやかましく言われなかった時代から、西洋で知識人が著した(小説ではない)浩瀚な書物は、おびただしい参考文献のリストを誇らしげに載せていたようです。読者のほうも、本文もそこそこにリストを眺めて、「こんなにたくさん難しい本を読みこなした上で、この本を著したのだ……」と感心...続きを読む

Q出典、詞書とは?新古今です

新古今和歌集を学んでいます。
が、出典、詞書の意味がいまいち分かりません。
一つの和歌についてまとめるとき、出典、詞書を書く、ということを聞いたのですが、出典、詞書がどのようなもので、どうやってまとめるのか、分かりません。

出典はCDロムが関係する、とかなんとか聞いたのですが、何せ初心者で、興味だけでやっておりますので、どう関係するのかさっぱり分かりません。

分からないことだらけで恐縮ですが、詳しくお教えいただければ幸いです。

Aベストアンサー

国文科の学生です。

出典はその語・表現・和歌などのもとになったものが収められている書物を言います。
和歌の場合、昔の書物などにある和歌を踏まえて作ってある場合があります。

詞書は和歌の前に書いてある、文書のことです。
その和歌についての背景などが記されています。

>興味だけでやっておりますので
素晴らしいですね!
和歌は調べればとても奥が深くて面白いですよね。
頑張ってください。

Q卒業論文の参考文献について

文学で卒論を書くのですが、参考文献は実際に引用したり、題材に直接関わっているものを表示するのでしょうか、それとも、題材と直接のつながりはなくても、自分がそこに至るまでの考え方のベースになったものまで含めても良いのですか?後者まで含めると現在50冊くらいになるのですが、多ければいいというものでもないですよね、きっと。私の担当教官は自由にさせてくれるのですが、大学院を受験するかもしれないので、なるべくきちんとした書式で、良いものを書きたいと思っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

論文には参考文献の表示が二ヶ所あります。
1)論文中に引用した文献の書名、著者、出版社、引用したページなど。
  記入場所は各章の後や巻末で人により異なります。
2)巻末に本文中で引用したり参考にした文献の一覧表を掲げる。
  
参考文献は教授や一般読者が著者がどのような参考文献を勉強し論文のテーマに取り組んだかを示すもので、どのように勉強したか(深く理解したか)を示すものではありません。著者に精神的に影響を与えたと思われる文献まで記載する必要はありません。論文の内容に自信があり学会に発表もできるようなら全ての文献を記載すべきでしょうが、一般の学生の場合、参考文献の多い割には論文の内容が貧弱ということもありえるのでほどほどがよいでしょう。

引用の仕方を間違えて(常識を守らず)盗作、著作権違反などを起こさぬよう一般論文や先輩の論文で事前によく勉強が必要です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報