について書かれている書物やサイトを是非教えていただけないでしょうか!
演劇の観点から見てこういう効果があるとか、シェイクスピアの作品との対比等何でも良いです。また皆さんのご意見も聞かせてください!
サイトに関しては日本語だけでなく、英語の物でも歓迎です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

アマデウスはモーツアルトですね、ローゼンクランツはハムレット裏話、シェイクスピアインラブはフィクションでしょ。

何が知りたいんですか?
自分でももうちょっと調べてからじゃないと誰も助けてくれないよ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、自分で探します。ありがとうございました。

お礼日時:2002/06/29 00:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q演劇をしたいので札幌の演劇情報が載っているサイトや書籍をおしえてください。

私の出身は札幌で最近演劇を始めようとを持ったのですが、どうやって調べていいのか解らないので、詳しく札幌の演劇情報を知っている方がいましたら、ぜひ教えてください。書籍でもかまいません。お願いします。

Aベストアンサー

「札幌江別近郊演劇情報」というサイトのリンク集にも、劇団情報がたくさんあります。
http://homepage3.nifty.com/MGHJ/STAGE/link/index.html

「札幌演劇navi」も、劇団情報と、公演情報が見やすいと思います。
http://sapporo.cool.ne.jp/gekinavi/

参考URL:http://homepage3.nifty.com/MGHJ/STAGE/index.html

Qシェイクスピアは全37作品? 38? 39?

シェイクスピアの戯曲の日本語訳をもうすぐ読破しそうです。小田島訳の37作品に触れています。

が、ガイドブックを読んでいたら、37作品の他に、
「エドワード3世」「血縁の二貴公子」
という作品も、シェイクスピアもしれないようです。

(1)この2作品は、なぜ、シェイクスピアのものか
 否か論争が強いのでしょうか?
 (ペリクリーズとかも論争があるみたいですが)

(2)この2作品は、どこの出版社から訳で読めますか?

Hamletのハンドルネームでありながら、恥ずかしい質問ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「血縁の二貴公子」(原題 The Two Noble Kinsmen)については、早稲田大学講師の大井邦雄氏による日本語訳が出版されています。

『イギリス・ルネサンス演劇集II』(早稲田大学出版部)に「二人の貴公子」として所収されています。

参考までに、関場理一氏によるメールマガジン『Shakespeare Journal』2002年4月10日号を紹介します。

「エドワード3世」、(1)の質問については、ごめんなさい、不明です。

参考URL:http://www.littera.waseda.ac.jp/littera/mag/book/book_fuyu1.html,http://www.alice-it.com/shakespeare/journal/saishin.htm

Q天保十二年のシェイクスピア

今度、演劇上演予定に天保十二年のシェイクスピアがあるのですが、元になる本は出版されているのでしょうか? 
「作:井上ひさし」とあるのですが、この演劇を見に行けそうにないので、本でも読みたいと思っています。
知っている人、教えてください!

Aベストアンサー

書誌は2件あります。私は1)を図書館で借りて読みました。1)販売もされてますのでURLにつけときますがちょっと高いです。
発売されているDVDは新感線のいのうえひでのりさんが演出されたので
ニナガワさんとは雰囲気変わると思います。。

1)井上ひさし全芝居 / 井上ひさし著<イノウエ ヒサシ ゼンシバイ>. --
東京 : 新潮社, 1984-1994
5冊 ; 20cm -- その1 - その5の うち その2 に収録あり
内容: その2: 天保十二年のシェイクスピア ; それからのブンとフン ; た
いこどんどん ; 四谷諧談 ; 雨 ; 浅草キヨシ伝 ; 花子さん ; 日の浦姫物
語 ; 解説 / 扇田昭彦著
ISBN: 4103023163(その2)
2)天保十二年のシェイクスピア / 井上ひさし著 
  東京 : 新潮社, 1973.12
245p ; 20cm. -- (書下ろし新潮劇場)

参考URL:http://www.bk1.co.jp/product/301831

Q自作音楽作品の公開サイト

自作音楽作品の公開サイトでお勧めなところを教えて下さい。
オリジナル作品、コピー作品(耳コピの意)問わず、ファイル形式は、MP3、MIDI等なんでもかまいません。
できれば、コピー作品の情報が多ければよいのです。最近著作権とかの関係で、この手のサイトがなかなか無いものですから・・・
特に好きなジャンルは、テクノ、ダンス、ポップス、洋楽系ですが、特にこのジャンルに特化してなくても結構です。
自分の知っているところはよく使うところは、下記のサイトです。このサイトは合法的にコピー作品も公開しています。
プレイヤーズ王国URL
http://players.music-eclub.com/players/index.php3
他のサイトでお勧めなところがあれば教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私がしっているのは、
next music
http://nextmusic.weez.mu/index.php
muzie
http://www.muzie.co.jp/
くらいです。
参考にならなかったらすみません。

Qシェイクスピアの芝居で・・・

文学とこちらと、カテゴリー悩んだのですが、
こちらで聞いてみることにします。

「CATS」の「ガス」の歌詞なのですが、
「シェイクスピアの芝居で『猫の手も借りたい』という台詞」
・・・という歌詞があります。

この「猫の手も借りたい」という台詞は、
シェイクスピアのどの戯曲の中に出て来るのでしょうか。
「真夏の世の夢」でないことだけは100%確か。
「ヴェニスの商人」あたりかなと思っているのですが、
まったく自信がありません。
もしおわかりでしたら、
何幕何場の誰の台詞かまで、教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

うろ覚えの情報です...
以前、CATSの解説か四季の会報で見たのですが、
実際にはシェークスピアの台詞には
「猫の手も借りたい」とは無いそうです。
シェークスピアが猫が嫌いだったのか、
犬が出てくる芝居・台詞はたくさんあるのですが、
猫という言葉が出てくるのはほんの僅かで、
しかも、あまり良くない表現に使われていたとか。
CATSの原作となった、詩人エリオットは、
シェークスピアの猫嫌いを知っていて、
わざと、この詩を書いたと解説にあったと思います。

昔に呼んだ記事の記憶なので、間違いがあるかもしれませんが、
ご参考までに。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報