「漱石全集」が岩波から、「夏目漱石全集」がちくまから出版されていますが、どう違うのでしょうか?
文庫本で小説は全部楽しく拝読いたしました。
興味が出てきて、漱石日記、私の個人主義を(これも文庫本)読んでいます。
今は、夏目漱石の価値観や思想観などちょっとしたことでも、もっともっと知りたい気持ちでいっぱいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 こんばんは。



 仰る「ちくま」が、ちくま文庫版と仮定して回答します。

岩波:正字。旧かな。文字通りの「全集」。

ちくま:新字。新かな。難しい漢字などはひらがなにしてある。文学と評論のみ。

 『漱石日記』は岩波文庫版でしょうか。これは、新字、新かな、難しい漢字はひらがなに直してありますね。
 『私の個人主義』は、講談社文庫版かな。

 漱石の時代の雰囲気を知り、あわせて全部を見たいのであれば、#1さんの仰る通り、やはり岩波の『漱石全集』でしょう。いちばん新しいもの(第1巻が1993年)か、ひとつ前のもの(第1巻が1984年)がいいと思います。

 それからですね、
 集英社『漱石文学全集』の別巻『漱石研究年表』は、漱石の行動を、一日単位で年表にしたすごい本です。
 また、
 ほるぷ『初版本漱石文学館』は、初版本を、装丁まで忠実に復元したものです。
 また、漱石の小説は、ほとんど朝日新聞に掲載されたんですが、当時の新聞を、挿絵ごと、そのまま写真版で復元したものもあります。ゆまに書房『漱石新聞小説復刻全集』です。

 漱石のひととなりを知るには、『書簡』がお勧めです。漱石は書簡の名手で、素晴らしい手紙を数多く残しています。岩波文庫の、抜粋の『漱石書簡集』から入ってみてもいいかもしれません。

 漱石の全集は、たくさん出ていて、その歴史は、日本の全集の歴史を象徴してるといわれているんです。これを書くのに、青英舎『漱石全集物語』を参考にしましたが、そんな本が出るほどなんです。

 復刻版は、かなり大きな図書館でないとないかもしれません。最初は、岩波版『漱石全集』か、岩波文庫の漱石作品がいいと思います。

 ご参考になれば。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。そうなのです、漱石時代の雰囲気、全部知りたい気持ちです。ちょっと恋してしまったような気分です。
岩波の「漱石全集」がよさそうですね、でも旧かな遣いの本を読んだことがありませんので、読み進めることができるか不安です。
まずは図書館で借りてみようと思います。
漱石研究年表、かなり興味津々です。
手紙や一日の行動まで本に出ているなんて、ありがたいです。

お礼日時:2006/01/24 09:39

漱石の全集は岩波と筑摩のみならずいろんな出版社から出ています。



でもチョイスは一つ。岩波に限ります。他はクズ。理由も簡単。岩波のは素晴らしく詳細な註が施されているからです。そりゃもう見事の一語に尽きる。他とは比較にならない。筑摩の註なんて無駄、邪魔なだけ。まあ歴史が違うんですね。岩波は漱石のおかげで今日があると言ったって過言でないんで。

それにしてもこんなに衆人の労力が結集されてしまうなんて嗚呼、漱石は日本のシェークスピアなのだなあ、と腑に落ちて納得してしまいます。

九十年代に出た最新の全集が最善であるのは分かりきったことですが、六十年代に出されたもの(全十六巻)でも思わず頭が下がるような立派な註が付いてます。(だからもう九十年代のが出たときにはひっくり返って驚きました。)こっちなら古本屋でうんと安く買えます。何冊か三百円で買いました。

九十年代のを全巻古本屋で一括購入となると、それなりの出費になりますが、一度三万円代というのを見た憶えがあります。よっぽど買おうかと思ったが…。


さて、小説をひととおり読まれたのなら、次に手に取られるべきは書簡集でしょう。漱石党なら誰でもそう言うと思う。すぐさまぜひ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
「岩波の素晴らしく詳細な註」気になりました、読んでみたいです。
こんなに心に残る作家さんがいたのか、と目からウロコです。
日本人でよかった、日本語が自然に体に入ってくる、漱石の作品を読むことができて嬉しく思います。

お礼日時:2006/01/24 10:17

筑摩書房というのは、ちくま文庫「夏目漱石全集」でしょうか? これは全10巻で¥9,528(税込)、お手頃ですが、



>夏目漱石の価値観や思想観などちょっとしたことでも、もっともっと知りたい
ということでしたら、岩波でしょうね。
ただ、高いし、品切れ重版未定というのもあるので、図書館に行かれた方がいいかもしれません。詳しくは参考URLをどうぞ。

参考URL:http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/09/X/091801+.htm …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。夏目漱石全集はちくま文庫のものです。岩波のほうがよさそうですね、図書館で予約してみます♪

お礼日時:2006/01/24 09:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q全集

有名な人には、全集が出てることが多いですよね。
とっても好きな作家とか学者の全集ならほしいって思いますけど、
やっぱり全部揃えようと思ったら高いし、何より文庫等で中途半端に持ってるから、全集を買おうという気持ちにあまりなれないんです。
でも、やっぱり本棚に「~全集」って並んでたら気持ち良いだろうなあとも思います(もちろん気持ちよさに本を読んでるわけではないんですが笑)。

何を言いたいのかよくわからなくてすいません。
つまり、皆さんは、全集を買うメリットをどのように考えておられますでしょうか??
もし、それで納得できたら、色んな全集を揃えてみたいなあと思います(笑)
ちなみに海外の人の全集をほしくなることが多いです。

Aベストアンサー

「全集」ないし「著作集」と受け取りました。

「全集」のメリット(あくまで一般論)
(1)一番確かなテキストで作品を読むことができる(はず)。
(2)「全集」(版)でしか読むことの出来ない作品がある(これホント)。
(3)全作品を所有(=いつでも読める)しているという安心感(優越感?)がある。
(4)家の装飾の一部(知的な雰囲気?)
(5)保存しやすい(大体函つき堅牢な装丁)。

次は(聞かれてないけど)「全集」のデメリット(?)
(1)とにかく場所をとる(所有者が亡くなったら厄介者扱い)。
(2)全作品を読む必要はない(不必要な買い物はしない)。
(3)重たい(2階が落ちる)。寝転がって読めない(ただし枕にはなる)。
(4)金がかかる。単行本の2倍したことがある。
(5)弱小出版社の場合完結するのに歳月を要する。
(6)一つでも傷むと、古書としての値打ちが激しく落ちる。

ということでデメリットのほうが1つ多くなっちゃいました。
で、小生の所有している「全集」のメリットは、
(1)単行本で揃えずに済んだ。「澁澤龍彦全集」「稲垣足穂全集」他
(2)発行時のスタンダードをいつでも参観できる。「現代日本文學大系」
(3)決定版はおいしい。「カフカ全集」「ドフトエフスキー全集」
などかな。たいしたメリットでもないか。

お粗末様でした。

「全集」ないし「著作集」と受け取りました。

「全集」のメリット(あくまで一般論)
(1)一番確かなテキストで作品を読むことができる(はず)。
(2)「全集」(版)でしか読むことの出来ない作品がある(これホント)。
(3)全作品を所有(=いつでも読める)しているという安心感(優越感?)がある。
(4)家の装飾の一部(知的な雰囲気?)
(5)保存しやすい(大体函つき堅牢な装丁)。

次は(聞かれてないけど)「全集」のデメリット(?)
(1)とにかく場所をとる(所有者が亡くなったら厄介者扱い)。
(2)全作品を読む必要...続きを読む

Q漢字の読み方についてどなたか教えてください。岩波書店の漱石全集を見てい

漢字の読み方についてどなたか教えてください。岩波書店の漱石全集を見ています。その中の「我輩は猫である」中篇自序に正岡子規から夏目漱石宛ての手紙が掲載されています。そこに「近来僕ヲ喜バセタ者ノ随一ダ。僕ガ昔カラ西洋ヲ見タガッテ居タノハ君モシッテルダロー。夫ガ病人ニナッテ・・・」という文面があります。この「夫ガ」の漢字の詠み方について教えてください。またその漢字の読み方を調べる方法についてもご指導ください。オトコガ、ソレガなのかわかりません。

Aベストアンサー

 「それが」ですね。

僕ハモーダメニナツテシマツタ、毎日訳モナク号泣シテイルヨウナ次第ダ、ソレダカラ新聞雑誌ヘモ少シモ書カヌ。手紙ハ一切廃止。ソレダカラ御無沙汰シテスマヌ。今夜ハフト思イツイテ特別ニ手紙ヲカク。イツカヨコシテクレタ君ノ手紙ハ非常ニ面白カツタ。近来僕ヲ喜バセタ者ノ随一ダ。僕ガ昔カラ西洋ヲ見タガツテ居タノハ君モ知ツテルダロー。ソレガ病人ニナツテシマツタノダカラ残念デタマラナイノダガ、君ノ手紙ヲ見テ西洋ヘ往ッタヨウナ気ニナツテ愉快デタマラヌ。モシ書ケルナラ僕ノ目ノ明イテイル内ニ今一便ヨコシテクレヌカ(無理ナ注文ダガ)。


 というのをネットで見つけました。

Q古本屋で売られている全集本の月報

個人全集、文学全集などが一揃いセットで売られている古本屋さんが神田・神保町辺りにありますが、こうした古本屋さんで売られている全集本に月報って付いているものでしょうか?

普通の本屋さんで新刊として売られている全集本には月報という小冊子があると思いますが、あれのことです。できれば月報付きの全集を探しているのです。

古本屋さんに詳しいひとがいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

回答#1の方に大きく付け加えることはないのですが、一応参考までに。

>>もしかしたら、月報の有無で、値段も違ってくるのかもしれませんね。

確実に違ってきます。帯や月報の有無は古書(特に全集など高価なもの)の価格を左右する要素の一つです。適当に探した古書店のHPから在庫一覧のページを参考URLに挙げておきますが、ご覧いただければ分かるように、本の状態を記した欄には「月報無」「月報不揃」「月報揃」などの情報がほとんどの商品に書かれています。
古書店にとっては、全巻のうち1、2冊だけ月報が欠けているなどの場合には、別の古書店にある端本(全集だが巻が揃っていないためバラ売りしているもの)から月報のある巻を探し出してきて、2つ合わせることで完全なものを1つ仕立てた方が利率がよい、などということもあるようです(例:月報不揃なら3万円→月報付きのを1冊だけ千円で他店から買ってくる→月報揃になって3万5千円、とか)。

>>値札とかに月報の有無が表示されていたらありがたいですけれど。

神保町に限らずともまともな古書店ならば、店頭に並んでいる本にも、値札というか帯のような形で本に巻かれている紙に大抵は月報の有無が書かれているはずです(まともでないとは言わないが、Book-offなどは除く)。全集はだいたい紐で縛って積み上げてあるので、わざわざ棚の上から下ろして紐を解いて中を見せたら「月報欠けならいらない」なんて言われることになるよりは楽ですから。
仮に書いていなくても、古書店員にとっては全集の月報について聞かれるのは当然のことですし、質問者さんは「まとまった買い物をしてくれるかもしれない客」なのですから、それなりに丁寧な対応をしてくれると思います。
勇気を出すまでもなく、古書店では当たり前のように訊ねてよいことですよ。

参考URL:http://www.tengyusakai-shoten.co.jp/glist.php3?cmd=tgcart.php3&id=24139

回答#1の方に大きく付け加えることはないのですが、一応参考までに。

>>もしかしたら、月報の有無で、値段も違ってくるのかもしれませんね。

確実に違ってきます。帯や月報の有無は古書(特に全集など高価なもの)の価格を左右する要素の一つです。適当に探した古書店のHPから在庫一覧のページを参考URLに挙げておきますが、ご覧いただければ分かるように、本の状態を記した欄には「月報無」「月報不揃」「月報揃」などの情報がほとんどの商品に書かれています。
古書店にとっては、全巻のうち1、2冊だけ月...続きを読む

Q夏目漱石「私の個人主義」の冒頭部分の解釈

学校の講義で、夏目漱石の「私の個人主義」を分担して解釈しているのですが、冒頭部分の担当になりました。具体的には、講演の日程が11月の末まで延期された、という話のところまでです。正直、この部分でこの講演の主題と関わってくるような内容が入っているように思えません。講義の担当の先生が深読みしすぎているだけなんじゃないか、と思うのですが、この冒頭部分で何か考察された方がいらっしゃったらご教授願いたいです。

Aベストアンサー

>正直、この部分でこの講演の主題と関わってくるような内容が入っているように思えません。

どうして貴方がそのように思えるのかを、実証的に論証して見れば良いだけではないでしょか。

他人のもっともらしい意見をコピーするより、自分の独自の意見を述べる方が、遥かに迫力のある説得力があります。たとえ間違えた意見でも、自分で見つけて来た意見はそれを改める必要があることに気付いた場合には、他人の意見をコピーするよりも桁違い深い理解に到達するものです。間違った意見を述べること怖れずに、自分の考えを打つけて見ることをお薦め致します。ご健闘を祈ります。

Q小林秀雄全集について

小林秀雄の全集に関して質問です。

小林秀雄の単行本は持っているのですが、いっそ全集を買おうと思っています。
新仮名遣いではなく、小林が書いた通りの言葉で読みたいので、第五次全集が欲しいです。

しかし、第五次全集は高価なため、なかなか手が出ません。
そこで第四次(新訂版)の全集を考えたのですが、第五次に新しく入ったものも多いようで、それはそれで迷ってしまいます。

そこで質問ですが、第五次と第四次はどれほど違いますか?
正直なところ、買うとしたらどちらを買ったほうがよろしいでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

新潮社HPの第五次全集の収録作品一覧年譜のURLです。
(配本順序が平成13年4月~14年7月とあります)
各巻をクリックすると、各巻の収録作一覧が表示されます。

「*印は前回の第四次全集に収録されていない作品です。」
とあり、旧全集を購入者の第五次への買い替えも狙ったのか、
全巻に多数の*印があります。
ご覧になってご自分で判断されると宜しいと思います。

http://www.shinchosha.co.jp/zenshu/kobayashi/

Q夏目漱石「こころ」の解説 

夏目漱石の「こころ」の文章の解説が載っているサイトをご存知の方、URLを教えてください!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD24517/story.html
あらすじでよいのでしょうか?

Q小さめのゲーテ全集

文庫本サイズのゲーテ全集はないでしょうか。
もしくは、本の大きさが小さめのゲーテ全集をご存知ないでしょうか。

Aベストアンサー

文庫本で買えるゲーテ作品は「ファウスト」をはじめいろいろありますが、全集となると難しいみたいですね。
文学全集でゲーテが入っているもの、なら小さめのものがあるみたいですが、いかんせん文学全集の中の1冊なので、収録作品数が少なくゲーテ全集とは言えません。
ちなみにみつけたのはこれです。古いです↓

<縦18センチ>
中央公論社「世界の名著」第38巻 1979年刊
中央公論社「世界の名著 続」第7巻 1975年刊
※上記の本にはヘルダーとゲーテが収められています。
中央公論社「世界の文学 新集」第4巻 1968年刊

ゲーテ全集で探した結果一番小さかったのは縦19センチです。
潮出版社の新装普及版「ゲーテ全集」全15巻がそれにあたります。2003年に刊行されたものです。

Q夏目漱石:三四郎

三四郎には、「死」の場面が唐突に三回出てくる。
それが、この作品に暗い影をなげかけている、という話を聞いたことがあります。
読み返してみたのですが、
○野々宮さんの家で留守番をしているときに、中央線で自殺がある。
○みね子(ひらがなですみません)といるときに、野辺送りを見る。
の2回しかわかりません。
私の聞いたのがまちがいだったのでしょうか。
どなたか、この説を知っている方、もしくは、もう一箇所の死の場面を教えてくださるかたは、いらっしゃいませんか。

Aベストアンサー

その話は聞いたことがありませんが、
「三四郎」にはもう一つ、子供の葬式の場面があります。
三四郎が病気の広田先生を見舞ったあと、
原口の家に行く途中のことです。
やはり唐突にでてきます。

第10章。角川文庫クラシックスではP247ですが、
他の版ではわかりません。

Q中国文学の全集について

過去に非常に感銘を受けた中国古典文学の全集を探しているのですが、
お知恵を拝借できませんでしょうか。

私が学生の頃(10年前)に図書館にあった全集なのですが、覚えている情報は以下のようなものです。
・全20巻くらい
・ハードカバーで濃い緑色の表紙
・1巻の厚さは4センチ程度
・史記が1~4と4巻に分かれていた(上中下の3巻だったかもしれません)
・韓非子が第1巻だったような・・・

インターネットで古書等も含め調べているのですが、
中国古典の全集は平凡社の【中国古典文学大系】というシリーズしかHITしません。
ではこれかと思うのですが、全集となるとかなり費用がかかるため、
試しに購入して中身を確認するのが躊躇われます。

そこでもしご存知の方がいらっしゃれば教えてください。
・中国古典文学の全集とは、平凡社出版の物以外には存在しないのでしょうか?
・こういった出版社、タイトル、発行年月日等が明確でない本を探す、よい方法がありますでしょうか?

Aベストアンサー

http://www.rockfield.net/kanbun/congshu/
この中のどれかかもしれません。韓非子が一巻なのは徳間書店『中国の思想』のシリーズ、史記が四分冊なのは学研の『中国の古典』です。

Q夏目漱石の悟り

『漱石先生ぞなもし・続』のなかで、ある者が『先生にとって悟りとは何ですか』と問うたところ、
漱石は『彼も人なり、われも人なり』と答えたとあります。
解釈は様々でしょうが、悟りの境地には至らないが、悟った先人達もまた、人なのであるから、
自分も又いつかその境地になることも可であると言ったのではないかと私は思うのです。
が、ある本で、悟りとは我がことのみにとらわれず、人の幸せを願うことであると
漱石が語ったのだと解釈されていたのがどうも腑に落ちません。
漱石の禅とのかかわりから考えて、明治38,9年頃の漱石が悟った人として自分を捉え、
弟子にかくかくと言うとは思えないのですが
ご意見伺いたくお願い致します。

Aベストアンサー

>悟りとは我がことのみにとらわれず、人の幸せを願うことである

 これは大乗仏教での悟りの定義のひとつです。言葉で言おうとすると、大体このあたりに落ち着く、という風に相場が決まっているわけです。ただ、漱石の答えがこれを意味していたとはどうも思えません。

 漱石は禅についての問題意識を持ち続けた人です。ご承知のとおり、『行人』の最後のほうに、香厳というお坊さんのことが書かれています。聡明にして博学だった香厳は、師から「父母未生以前、本来の面目は何か。お前の言葉で言い切ってみろ」と問われて、答えに窮してしまいます。いくら頑張っても、借り物の言葉でしか答えらしいものが語れないからです。

 この香厳のエピソードを、漱石は自身の体験になぞらえて理解していたのだと思います。『門』にもあるように、彼は二十代のおりに鎌倉の寺院でぶっ通しの参禅をし、釈宗演という老師から香厳と同じ「父母未生~」の公案を示されているのです。
 漱石も何か答えようと何度か試みます。しかしその度に老師から、「そんなものは少し学問のある者なら誰でも言うことだ、もっとギロリとしたところを持ってこい」、とさんざんどやしつけられ、結局は挫折するわけです。

 聡明な人間が、ともに自分の言葉で真実を語ろうと模索するものの、師匠から「頭がいい奴は気のきいたことをいうもんだ」などといなされ、ゆきづまる。図らずも漱石は香厳と同じ境遇にたつ強烈な体験をしたわけです。恐らく漱石はそのことを強く意識したことでしょう。

 ただ、二人のその後の人生は大きく違っています。香厳は、「画餅では飢えをどうすることもできない。自分にせめてできるのは修行者の世話ぐらいだ」と、持てる一切の論書を焼き捨てて、一介の飯炊き僧として年月を重ねる生活をおくり、やがて忽然と大悟を得ます。一生をかけて彼は、ゆるぎない自分の答えを得たわけです。

 一方の漱石はといえば、参禅のあと作家として順調に大成し、名を知らぬものとてない大先生となってゆきます。けれども、恐らく心中にはあの体験が未解決のまま残されていたでしょう。だからこそ、晩年作の『行人』の中で、主人公に「自分は香厳になりたいのだ」とまで言わせたのです。似た体験を共有するはずの香厳に比してみた時、漱石には、自分には解決をつけていない問題がある、と感じられていたことでしょう。

 ところで、最晩年の漱石は、二十歳そこそこの若い雲水たちと不思議な交流を持っています。既に大家であった漱石に、「返事を下さい」と無邪気なファンレターを送ってよこした修行僧の天真爛漫さに感じるところがあったのか、手紙のやりとりをするばかりか家に泊め、いろいろと立ち入った相談まで持ちかけています。挙句、「五十の歳までグズグズしていた自分に比べ、もう既に修行しているあなた方は幸福だ、あなた方は尊い方だ」、そして「自分が死んだらあなた方に引導を渡してほしい」とも言ったようです。

 その心中について解釈は色々あるようですが、香厳の一件が漱石のなかで未決のまま残されていたことが、天衣無縫な若い雲水の姿に漱石が手もなく憧憬に似たうぶさを見せたひとつの理由ではあったと思います。
 それと同時に、晩年の漱石自身が、ちょうど書を焼いた香厳がそうであったように、日常茶飯底のふるまいをきっちりと行うことに禅らしさを感じるようになっていたのではないか、とも思います。日常を日常としておこなって何ものにもとらわれないでいること、つまり悟りうんぬんということからも自由であることが禅の目指す生活である、そういう感覚を漱石は持つようになったのではないか、それゆえに若い無邪気な僧侶の(落としたビフテキを「もったいない」といってそのまま食べるような)天衣無縫な行動に対して周囲も驚くほどにことさら共鳴したのではないか、と思うのです。このあたりは全くの想像なのですが。

 いずれにせよ、(発言の時間は少し前後しますが)そういったことをふまえて改めて「彼も人なり、われも人なり」という言葉を見ると、単に「仏も人だったのだから、私だって」と漱石が語ったのだとは受け止めにくいところがあります(用法を見ても、その意味で使うなら通常、「仏も人なりき」というように、もっぱら過去形で語る場合のほうが多い)。
 むしろ、漱石のなかでは、世間的には大先生であるはずの自分を何とも思わない若い修行僧のように、地位や名誉、利害得失や右顧左眄を離れておもねることなく、ただ球が転がるかのように日常を送ることがどうやったらできるか、ということが悟りの問題と関係づけられていたのではないかと思います。

 つまり、普段の社会は「人と人」とは言いながら、それを覆う条件が複雑に絡みすぎていて、しかも(漱石の言うところでは)小さな「我」にとらわれた個人主義の生活ばかりが営まれがちだけれども、本当に「人と人」として恬淡と毎日を生きることができないものか。「彼も人なり、われも人なり」とは、禅についての問題意識を一生持ち続けた漱石ならではのそんな思いの表われたものではないか、という気がするのです。

>悟りとは我がことのみにとらわれず、人の幸せを願うことである

 これは大乗仏教での悟りの定義のひとつです。言葉で言おうとすると、大体このあたりに落ち着く、という風に相場が決まっているわけです。ただ、漱石の答えがこれを意味していたとはどうも思えません。

 漱石は禅についての問題意識を持ち続けた人です。ご承知のとおり、『行人』の最後のほうに、香厳というお坊さんのことが書かれています。聡明にして博学だった香厳は、師から「父母未生以前、本来の面目は何か。お前の言葉で言い切って...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報