今年は初詣に行こうと思います
初詣はほとんど行ったこと無いので
社寺を全然知りません
大阪や神戸の近くで
初詣に人が賑わう社寺がないでしょうか

参考にさせてください
よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

初詣で賑わう神社で有名どころに限ると、


大阪なら、住吉大社か大阪天満宮がお奨めです。
行き方は、住吉大社なら南海本線住吉大社駅下車徒歩3分、大阪天満宮なら地下鉄南森町駅またはJR東西線大阪天満宮駅下車徒歩5分です。

兵庫なら、生田神社・湊川神社・長田神社がお奨めです。
行き方は、生田神社なら各線三宮駅下車徒歩5分、湊川神社なら高速神戸駅下車徒歩2分、長田神社なら高速長田駅下車徒歩10分です。

ちなみに、各社寺のご利益としては、
住吉大社が家内安全・交通安全・厄除け、
大阪天満宮が合格祈願・学業成就・学問向上、
生田神社が恋愛成就・商売繁盛、
湊川神社が厄除け・開運・家内安全・合格祈願、
長田神社が開運招福・厄除け・商売繁盛です。

他にも有名な社寺はありますが、まずはご参考ください。(^o^)丿
    • good
    • 0

有名どころは皆さんあげておられるところですね。


私はターミナル周辺の寺社をご案内します。

・露天神社 「お初天神」です。
 地下鉄谷町線「東梅田」駅下車徒歩5分。
 梅田なので、ついでにブラブラできますよ。

・四天王寺 聖徳太子ゆかりのお寺。
 地下鉄谷町線「四天王寺夕陽ヶ丘」駅もしくはJR・地下鉄「天王寺」駅下車徒歩8分。
 天王寺・阿倍野ターミナルに近いです。

いろいろ検討してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさんありがとうございました
色々考慮して
大阪天満宮に行って来ました
御陰様でよい年越し正月を過ごすことができました

ポイントを二名様にしか与えれないのが残念です
ありがとうございました

お礼日時:2002/01/11 23:41

住吉大社がけっこう有名です。

でもココはめっちゃこみますから住吉
その子供の住吉神社がいいと思います。
他には「えびすさん」などですかねぇ。
    • good
    • 1

サーチエンジンで「初詣 大阪」というふうに検索すると色々出て来ますよ。


・住吉大社:大阪市住吉区住吉 航海安全、漁業守護、家内安全、交通安全、厄除け
・出雲大社大阪分祠:堺市 縁結び   等々
詳しく書かれているサイトもあると思うので、一度検索してみては如何でしょう。
参考までにURL載せておきます。

http://plaza11.mbn.or.jp/~eiden/new%20year/A_HAP …

参考URL:http://tencoo.hoops.ne.jp/i/zhkinki.html
    • good
    • 1

神戸でしたら『三社参り』と言って、生田神社・湊川神社・長田神社の三つの神社にお参りに行ったりします。



やはり、この三つの神社が有名ですね。

生田神社
http://www.ikutajinja.or.jp/index1.html

湊川神社
http://plaza26.mbn.or.jp/~suseri/minatogawa.html

長田神社
http://www1.neweb.ne.jp/wb/jinja/

大阪でしたら住吉大社はいかがでしょうか?
http://www.sumiyoshitaisha.com/ie/index.cgi

近鉄沿線の初詣ガイド
http://infoweb.nikkansports.com/osaka/ols/hatu/h …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q初詣には行くけど…

初詣には毎年行きますけど、年末にお礼参りをするのって変なのでしょうか?

今年近所の神社へ初詣に行き「家内安全」「無病息災」をお願いしました。
それが無事に叶ったので、「一年無事に過ごす事が出来ました。ありがとうございました。」と報告と感謝を伝えに行こうかと思っています。

しかし、「お礼に行く」と言う習慣は聞いた事がありません。

行ってはいけない何かがあるのでしょうか?
行ってもいいのなら明日行こうかと思ってます。

Aベストアンサー

むしろ、お願いよりもお礼の方が大事だと思います。
昔の人は、それを初詣で同時に済ませていましたし、
今の人はお願いだけになってきています。
御利益の高い神社ほどお礼参りがきついのです。

たとえば、賽銭額が日本一の伏見稲荷大社ですが、
本来は、満願のお礼に自分の肝臓を差し出さないといけませんでした。
それは難しい話なので、油揚げに変わったのです。

Q初詣で買ったお守りを別の神社に付けて行ってはいけませんか?

初詣で買ったお守りを別の神社に付けて行ってはいけませんか?
縁結びのお守りなのですが、偶然にも行く神社が縁結びの神社です。
お守りを持っていく事、お守りを新しく購入する事は、いけないでしょうか?

Aベストアンサー

日本の神社はそんなことはこだわりません。
あなたのこだわりで決めればいいです。

Q初詣などについて

今年の1月6日に父方の祖父が亡くなりました。
父方の祖父母の場合の喪中は150日間と伺ったので、初詣はいけるかなと
思っていたのですが、旦那は小さいときに祖母がなくなった際に
1年間はだめだと教えられたといいます。
父や母はまだ初詣をする時期には喪中なのでいけないですが、
私はどうなのでしょうか?
神社などへも出向きたいのですが、だめなのでしょうか?

そういったことに詳しくないのでおしえていただきたいです。

Aベストアンサー

迷信を信じるか、真実を行うかは自由です。お好きなほうを選んでください。

人が亡くなったとき、忌と喪があります。神社本庁をはじめとして真実の理解は以下のとおりです。
忌は亡くなった人のために祈る期間を言います。これは一般的には仏教では往生先が決まる49日、神道では一日多い50日です。これはイザナギがヨモツヒラサカを走り、葦原中国に戻るまでの期間、或いは禊をするまで危機感だと言われていますけど実際は仏教の影響でしょう。
明治時代の服忌令は正式に廃止され、現代では各団体ごとに忌引き規定が定められています。神社本庁でも職員は最長10日程度の忌引きで、その後は仕事に復帰しています。
また神社本庁では「忌中であっても止むを得ない場合は祓えを受ければよい」としています。実際に神様に使える職務ですらそうですから、一般参拝では“祓え”をうければOKです。
正式に廃棄されている政令を、新しい決まりを無視してでも従うのかどうか・・は自由です。

「喪」とは神職の方から伺った皇學館大学の先生の表現です。「喪は心にポッカリを開いた穴を埋めるための時間」だそうです。私はこの表現が一番気に入っています。
つまり喪は決まった期間ではなく、悲しみにくれて日常生活もままならない期間をいい、悲しみを乗り越えて前に進もうと決めれば喪明けになります。なので遊興や旅行、演会、慶事に参加すれば喪明けということです。
これは研究しているお寺の方のブログですが、1年喪に服すという因習(根拠の無い風習)は第二次大戦中に広まったそうです。戦時中は何かと共同訓練などが多かったようですが、コレに参加したく無いと言う人が「1年喪だから」とサボる言い訳として言ったのが広まったんだそうです。結構みんな嫌だったんですね。

皇室が1年喪だという人が居ます。確かに大葬では皇室は1年喪だそうです。しかし日本でも帝政の頃の中国でも皇帝と同じにするのはタブーです。だから天皇がお隠れになったときに1年の喪をするのであれば、庶民では遠慮するのが礼儀ですから1年はありません。
さらに言えば皇室でも最初の50日は義務だが、残りは公務に支障の無い程度にということだそうです。

ということで、世間の因習に従うもよし。正確な意味を知ってその通りにするもヨシです。
ちなみに事前にお祓いをうける方法は3つあります。
ひとつは神社にお願いして神社の外で(鳥居の前で)お祓いをしてもらう方法。
もう一つは手水と鈴のある神社で参拝する方法です。手水は禊を表し、鈴は鈴払いといいます。つまり私達は常に禊と祓いを受けているんですよ。
もう一つは出かける前にシャワーを浴びる事。シャワーを浴びるのは禊です。

仏教が日本に来る前、日本は神道の国ですよね。神道しかない時代、家族が亡くなったら誰にすがればいいんでしょうか?そんな神様に一年も挨拶できないなんて、おかしくないですか?

迷信を信じるか、真実を行うかは自由です。お好きなほうを選んでください。

人が亡くなったとき、忌と喪があります。神社本庁をはじめとして真実の理解は以下のとおりです。
忌は亡くなった人のために祈る期間を言います。これは一般的には仏教では往生先が決まる49日、神道では一日多い50日です。これはイザナギがヨモツヒラサカを走り、葦原中国に戻るまでの期間、或いは禊をするまで危機感だと言われていますけど実際は仏教の影響でしょう。
明治時代の服忌令は正式に廃止され、現代では各団体ごとに忌引き規...続きを読む

Q初詣にて手水の省略

アンケート的な質問になりますがお願いします。
正月の2日に鎌倉の鶴岡八幡宮に初詣にでかけました。
参道はかなりの参拝客で混み合い、警察などによるロープ規制が行われていました。
そして、参拝前に手と口を清めようと手水舎へ向かうと、そこにもロープが張られ参道から入れなくなっており、参拝を終えた出口からの一方通行になっていました。
出口に立つレッドコート(ガードマン)に参拝前の手水を求めると、
「混雑のため神社側からの要請で、手水は遠慮いただいております!」
と、信じられないことを言いました。
神様は穢れを嫌うため、参拝前の手水は非常に重要な儀式だと私は考えます。いくら混雑緩和のためとはいえ、神社側が手水を省略させて参拝させるなんて、神様も参拝客も冒涜する行為だと私は思うのですが、皆さんはいかがでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

「例年を上回る参拝者の為、その混雑や事故を防ぐ目的で」ということでしょうか。
お宮のほうにも勿論言い分があるでしょうが、混雑は予想されることですし参拝客が増えればお宮に返ってくるものも多い訳ですから、手水舎を増設するとか何らかの対策を講じていても良い筈ですよね。
手水舎のようなものが簡単に増設など出来るものでないとしても「ならば省いて良い」ということにはならないでしょう。
ただ単に数が多いだけでなく、マナーの悪い参拝者が増えているという面もあるのかもしれませんが、お宮の側が率先して神様への無礼を進めているようで非常に悲しい現実に思えます。
そういうことを「しなくても良い」というようなことに一度してしまえば純粋に礼儀としてそれを行いたい人々の心を踏み躙るだけでなく、長い伝統によって培われてきたものを簡単にどんどん壊していってしまうことにも繋がるのではないでしょうか。

Q初詣の時にアマテラス神様のお札を買ってきますが、あれって薄い紙でくるま

初詣の時にアマテラス神様のお札を買ってきますが、あれって薄い紙でくるまれていますよね。
神棚に祭る時には、あの薄紙は取ってから神棚に上げるものなのでしょうか?
それとも、そのまま薄紙にくるまれたまま、神棚に上げるものなのでしょうか?
薄紙を取り外すと、何か災いが起きるものなんでしょうか。。。
ちなみに、いつもは薄紙のままあげていたのですが、今年の1月1日には薄紙を取り外して祭ったら、16日に父が亡くなってしまいました。。。
どなたか、正確な方法とその理由を教えて下さい。

Aベストアンサー

神社の神主をしているものです。
アマテラス様の御札にくるまれている薄い紙は本来ご家庭に届くまで汚れないように保護されているものです。
ですからおまつりする場合には薄い紙は剥がしておまつりするのが正しいまつり方です。

というのもこのアマテラス様の御札は伊勢で作られ、各神社に送られてその地域の家庭に届きます。
昔は梱包技術は未熟ですし、輸送にかかる時間は今よりもっとかかっていました。
だから神社に届くまでに雨や雪などで汚れる確率はとても高かったのです。
また、江戸時代あたりでは伊勢参りに行った人が何日もかけて故郷に持って帰ったわけですから、やはりその間に汚れてしまう可能性は多かったでしょう。(下手すると伊勢参りの相手が子どもだったり犬だったりする場合もあります)

ですから御札に薄紙を巻くことで被害を最小限度に抑え、おまつりする方々が健やかに祀れるようにしたわけです。

薄紙を剥がすことで災いが起きることはありません。
(神棚清祓で神主を家に呼んでお祓いしてもらうとほとんどの神主は薄紙を剥がしますよ。私なんかもアマテラス様の御札以外に薄紙に巻かれている神社札は全部剥がして祀っています)

剥がした薄紙は古い御札や古いお守りを包んでお焚き上げに出すとよいでしょう。
また剥がす際は鋏等刃物は使わず手で剥がした方が神さまに失礼になりません。

また薄紙のままでも御札の効果が薄れるということはありません。
祀っている間でも汚したくなければ薄紙のままでおまつりしてもよいでしょう。

お父様の事は大変悲しいこととは存じますが、神様の祟りではなく天命を全うされたのだと思われます。

どうぞお気になさらず健やかなる新年をお迎えください。

神社の神主をしているものです。
アマテラス様の御札にくるまれている薄い紙は本来ご家庭に届くまで汚れないように保護されているものです。
ですからおまつりする場合には薄い紙は剥がしておまつりするのが正しいまつり方です。

というのもこのアマテラス様の御札は伊勢で作られ、各神社に送られてその地域の家庭に届きます。
昔は梱包技術は未熟ですし、輸送にかかる時間は今よりもっとかかっていました。
だから神社に届くまでに雨や雪などで汚れる確率はとても高かったのです。
また、江戸時代あたり...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報