今大学の課題で困ってます。環境問題を扱っていますが、環境問題と合理性を組み合わせると答えが出てこないのでISO14001の出来た理由が知りたいです。
出来れば環境問題の合理性を考えるとしたら、今後考えていくべきエコライフのようなもののヒントのような事柄も少し教えていただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんばんは


今までの環境問題はいわゆるパイプエンド方式で、排出規制を遵守させることが主な目的として規制中心で行われてきました。
ところが、地球温暖化対策や化学物質の環境リスク評価、廃棄物問題などの単なる規制だけでは解決できない問題が残ってしまいました。
国の環境基本計画(平成6年策定)では「循環・共生・参加・国際的取り組み」を基本テーマとして、環境対策の転換が図られました(規制そのものは残っています)。企業活動の環境負荷低減を経営の中に取り組んでいかない限り今後環境改善は期待できないことから、ISO14000が推進されるようになりました。
エコライフはなかなか実践が難しいですが、学生さんが考えるのであればライフサイクルアセスメントで、どのような動作が環境に対して効果があるのか検証してみるのなんか面白いと思いますが。例えば牛乳パックを古紙として回収するか、燃料として熱エネルギィーとして回収するかなど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!回収と同時にエネルギー確保とかってことですね!!しっかり参考にさせていただきます!!とりあえず国際基本テーマとライフサイクルアセスメントあたりで勝負したいと思います!!たくさん書いていただき更に詳しい内容まで丁寧に説明したいただいたため非常に無知な僕でもわかりやすかったです!ありがとうございました!!

お礼日時:2002/01/07 15:57

ISO14001ができた歴史は、イギリスが発祥地(BCSDという英国環境標準)をベースとしてISOとして国際的になっていますが、先進国の象徴のように、日本でもかつて「チッソ公害」や銅鉱毒問題等の公害問題が隆盛したのと同じように、環境問題が処理されてきた歴史があります。


エコライフというか、人間も植物や動物と同じで、対外的に害するものは淘汰されるのが当然の摂理であり、昔から人間の智慧で問題解決してきた経緯があります。
ISOは、NGOとして設立されたもので、いまだに米国のように、「京都議定書」に反対している国もありますが、結果を見るまでもなく、歴史が物語っているとおりです。

参考URL:http://www.ecology.or.jp/isoworld/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

つまり歴史と照らし合わせてまとめていけば合理的な部分に結びつける手段が見つかる事ですね! やはり害は排除という極めて自然な行為としてまとめて更に発祥地であるイギリスも少々調べてがんばります!!お忙しい中詳しく説明していただきとてもうれしく思います!!ありがとうございました!!

お礼日時:2002/01/07 16:02

ISO14001のできた理由は参考URLに代表されるようにいろいろなサイトで記載されています。


これらを参考にされてはいかがでしょうか。

参考URL:http://www.rtri.or.jp/rd/iso14001/iso/iso14001.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おお こんなわかりやすいサイトがあったんですね! 助かりました!
これで単位も頂きです!本当に忙しい中ありがとうございました、、、、
それと またお願いする事があるかもしれませんので よろしくお願いします!

お礼日時:2002/01/07 15:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QISO14001:2004の解釈

2004年度版のISO14001、JISQ14001を解釈するのに役に立つ情報源をご存知でしたら教えてください。

日本規格協会など審査登録機関のセミナー、ISO WORLDは調査済みです。

Aベストアンサー

こちらを参照してみてください。
http://www.mc.ccnw.ne.jp/s_hills/sub31.html#2%20of%20sub31

参考URL:http://www.mc.ccnw.ne.jp/s_hills/sub31.html#2%20of%20sub31

QISO14001の環境マネジメントプログラムで

よろしくお願いします。
現在、会社ではISO14001認証取得に向けシステムを構築中です。
環境影響調査の末、当社では電気使用量が著しい環境側面となました。
そこで、環境マネジメントプログラムの内容を
1、不必要な照明は必ず消灯
2、エアコンの設定温度の管理
3、コンピュータの節電(例えば昼休みには電源を切る)
と掲げてPDCAをいざ廻そうとした時、上記3項目で手順・日程・責任者・進捗度を管理する上で困ったことになりました。
上記の内容を管理して記録するにしても、たとえば、2の場合、設定温度を決めて設定してしまえばおしまい(毎日の温度をチェックして記録しても何の意味もなさそう)や、1,3の場合ポスターやステッカーを一通り作成して啓蒙活動を行ってもそれを管理するほど大げさなことではない。(これも記録しtも意味がなさそう)・・・

そこでお願いです。
同じような内容でシステムを廻している会社の方どのように行っているかアドバイスを頂ければと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ログイン名を忘れてしまい回答者名が既出と異なります。
先週定期審査が終了し、一段落着いたところです。
審査員がこの質問への回答の一つになるようなことを
言っていましたので参考までに。
あるペットボトル回収業者の審査をした時のこと。
その工場ではペットボトルを回収し、選別し、さらに再原料化へ導くための工程を請け負っている工場だそうです。
その工場の目的・目標の設定が「工場見学者数300人/年」だそうです。当然リサイクル工場ですから小学生らが見学に訪れるわけで、見学者ががいくら工場に訪れようが、工場の環境負荷が減るわけじゃありません。
ただその工場の考え方はこうです。
小学生が工場を訪れると、ペットに押し込まれた吸殻や、
キャップ・ボトルの分別などその作業の大変さを実感するそうです。その時感じた感想は家庭で親や兄弟へと話し継
がれる事となります。見学者数300人が1000人にも2000人
にも話が伝わり、しいては、自分たちの作業が楽になる、
環境への負荷が軽くなる。といった次第です。
環境側面についての取り組みですから、必ずしも悪影響
を少なくするといった概念を払い、有益な影響が悪影響を
上回る検討結果であれば、それも有りかと思います。
結果的には自分達が長続きでき、効果的な目標設定が、一番環境へ配慮した目標なんじゃないかと思います。

ログイン名を忘れてしまい回答者名が既出と異なります。
先週定期審査が終了し、一段落着いたところです。
審査員がこの質問への回答の一つになるようなことを
言っていましたので参考までに。
あるペットボトル回収業者の審査をした時のこと。
その工場ではペットボトルを回収し、選別し、さらに再原料化へ導くための工程を請け負っている工場だそうです。
その工場の目的・目標の設定が「工場見学者数300人/年」だそうです。当然リサイクル工場ですから小学生らが見学に訪れるわけで、見学者ががいくら工...続きを読む

QISO14001を取得すると???

ある役所がISO14001を取得しています。
これってどういうことですか?
他の方の質問も参考にしてみたのですが、
よくわかりません。
ISO14001の定義はなんとなくわかったのですが…。
具体的に教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

地球環境が悪化しています。けれど、私たちは今さら電気や石油のない原始生活には戻れません。
私たちの共通した価値観は「持続的に発展できる経済社会」です。
このためには、一人一人(または組織)が何らかの形で、環境保全に関する「公平な役割分担」をもつ必要があります。

その役割分担の国際的な仕組みがISO14001です。

この認証を取得すると、年単位で目標値を定め、環境保全活動を進めることになります。
(1)エネルギー使用効率のアップ
  同じ量の電気や石油を使うのなら、その燃費をどのように向上させるか、向上すれば二酸化炭素排出量を減らすことができます
(2)廃棄物を減らす
  職場で発生する廃棄物をどうにかリサイクルやリユースできないか
(3)OA用紙などを再生紙に変更する。熱帯雨林の保護につながります。
(4)化学物質・・・より安全な化学物質への切り替えを推進する

以上のような取組みを年単位で進めるわけです。
一言でいうと「地球に優しい」活動を、計画的に組織的に行なっていこう、ということです。

Q「ISO14001の取得件数率が高ければ高いほど環境対策に意欲的に取り

「ISO14001の取得件数率が高ければ高いほど環境対策に意欲的に取り組んでいる国である」という指標にはなりますか?


また、間接的でも直接的なものでも良いのですが、何かの値がその国の環境対策への意識が高いことを表すものとなるものは何か他にありますでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

ISO14001のマネジメントシステムに掲げている
・著しい環境側面の内容の適切性
・そこから導出される目的・目標の具体的内容
・実施及び運用の適切性
・内部監査とマネジメントレビューによる自浄・改善能力の高低
によってきますね。レベル認定でなく、継続的改善のための
マネジメントメソッドを提供していて、それにあっているかどうかなわけですから。

その国の環境対策への意識が高いことを表すものとしては
・EUの恐ろしいくらい厳しい各種指令
 RoHS(鉛はんだの息の根を止めました) WEEE REACH EuP
・CO2、温室効果ガスの削減量、京都議定書の目標履行度(排出権取引は除いて、
 CDMやJI、植林などカーボンオフセットなどによる実削減)
・フロン削減率
・電力消費量の削減率
・リデュース リユース マテリアルリサイクル サーマルリサイクル 廃棄物
 の増減

…てなとこかなぁ…?

QISO14001の解説本

社内で、ISO14001の内部監査員の研修を受けましたが、自分の理解力不足で、とても即内部監査ができる!というレベルに到達していません。
本当に、ほんとーにわかりやすい、ISO14001の解説本をお教えいただけませんか?
本を入手して、復習したいと思います。

Aベストアンサー

それは重大な環境側面の問題ですね。
是正しないとEMSのPDCAが
回転しなくなるという重大指摘事項で
レッドカードです。(笑)

概略を学ばれたとうことなら、
以下の参考URLの本がお勧めです。
具体的な問答集になっています。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4820742922/qid=1118925465/sr=8-4/ref=sr_8_xs_ap_i4_xgl14/249-4394699-5141160

QISO14001の電子文書管理の方法を教えてください

ISO14001の文書管理を紙の文書で行っています。
配布となれば、たくさんコピーして紙を消費し、
ISO14001のために、紙の消費量が増えてしまうという、本末転倒
なことになっています。
文書の承認までは、紙で処理し、コピー配布によって行っていた、
周知以降を電子化し、notesの掲示板に掲示することで、
末端の人までみられるように、できたらと考えています。
これで文書管理の要求はクリアできるんでしょうか?
それとも承認システムまで取り込んだソフトを使う必要がありますか?

Aベストアンサー

それで問題ありません。
当社では、規定を電子媒体化し、サーバーに放り込んでIEなどのブラウザーで参照できるようにしています。
表紙にあたる改訂履歴表のみ従来からの朱印を使用していますが、これはスキャンして電子媒体化、原本としています。(電子認証なんて費用がかかりすぎますから)

ソフトはドキュ・ワークスやアクロバットを使っています。

コピー用紙の使用量が激減しますから絶対お勧めです。

Q就職した工場はISO14001を取得しています。環境の分野において世間

就職した工場はISO14001を取得しています。環境の分野において世間に認めてもらうため今後も継続していくとあります。上司に「コピー用紙を無駄につかうな」とか「エレベーターには乗るな」などと指示されます。このISO14001について質問の仕方が良くないせいか上司の言っている意味がよく理解できません。
先ほども同じような質問をさせてもらいましたがもう一度お願いいたします。
「ISO14001取得」と「エコを行う」と「地球温暖化対策」って同時に出来るものなのですか?回答宜しくお願いいたします。低レベルな質問なのはわかっております。でも本当にわからないのです。

Aベストアンサー

最近、多くの企業がISO14001を取得しますよね。特に製造業が多いです。

まず、企業がISO14001を取得する理由として:
・環境問題に熱心と社外にPRできる
・ISO14001で目標を立て、それを守ることが社内の経費節減に繋がる
・大手企業が「ISO14001を取得している事」と言うのを取引条件にしている為、取引先は取得せざる負えない

上記の理由になります。
2つ目のISO14001を取得し、目標を立て、運用する事がISO14001の維持管理になり、経費節減になる面があります。
私の会社では、「裏紙の再利用」「昼休憩の消灯」「エアコンの温度設定管理」等を立てていますが、目標を立てる前と立てた後では、30%の経費節減に繋がりました。

経費が節減でき、エコに繋がり、地球温暖化対策に貢献しているので、ISO14001取得は効果があったと思います。

ちなみに、コンビニ等の小売業はISO14001をほとんど取得してないと思います。エアコンの温度設定なんてしたら、夏にお客さんが来なくなりますので。

ご参考ください。

最近、多くの企業がISO14001を取得しますよね。特に製造業が多いです。

まず、企業がISO14001を取得する理由として:
・環境問題に熱心と社外にPRできる
・ISO14001で目標を立て、それを守ることが社内の経費節減に繋がる
・大手企業が「ISO14001を取得している事」と言うのを取引条件にしている為、取引先は取得せざる負えない

上記の理由になります。
2つ目のISO14001を取得し、目標を立て、運用する事がISO14001の維持管理になり、経費節減になる...続きを読む

QISO14001:2004の要求事項

ISO14001が2004年度版になり、教育・訓練の要求事項に、力量が入りました。まさにISO9001との整合を図ったものなのですが、私の会社では、ISO9001と14001両方取得しています。システムは別でして、9001側の力量確認の方法は、年に1回能力の確認をし(これはもちろんですが)、更に特定作業者の登録を更新しています。わざわざ登録申請部門が申請書を書き、それを事務局が受け、管理責任者が承認して、リストも更新しています。そこまでやる必要があるのでしょうか?14001ではもちろん、能力の維持の為に年に1回の確認作業及び教育履歴を残してはいます。ただ、作業者の更新はしていません。いつ誰が登録し、その能力維持確認は、こういった教育及び検証で実施している。では駄目なのでしょうか?実際に従事している方、経験者の方、宜しくご回答お願いします。

Aベストアンサー

会社の規模、職種などにより、"どこまで必要か"というのは異なると思います。

力量については、9001、14001では
1)必要な力量を明確にする(ニーズを明確にする)
2)力量の判断の根拠
 (1)教育、(2)訓練、(3)技能(14001:2004には無い)、(4)経験
3)力量が不足している場合は、教育・訓練を行う
ということですので、1年ごとに確認作業をしなければならないということはないと考えられます。
ただし、あなたの会社が業種的に1年に1度確認を行わないと品質に影響を及ぼすということであれば、やらなくてはならないでしょう。

ただ、私の経験からいうと、「ここまでやらなければダメなの」っておもっている手順は、欲張りすぎてよけいなことまでやっているケースが多いように思います(あくまでもうちの会社の場合ですが)

うちの会社でも9001、14001の両方を登録していますが、力量についてはもっと緩い仕組みにしています。
それでも製品の品質は維持できています。

確定的なことがいえなくてごめんなさい。

QISO9001やISO14001が必要な会社とは?

ISO9001やISO14001が必要な会社ってどんな会社ですか?

最近テレビとかで有名なライブドアなどのIT企業も取得していますか?

お願いします。

Aベストアンサー

ISOの取得メリットは大きく分けると「対外的信用」と「社内業務のシステム化」でしょう。
9000シリーズは品質保証ですから双方の意味合い、14000シリーズは環境ですから圧倒的に前者の比重が高いです。

特に環境商品、リサイクル品や天然素材製品を扱う企業の場合はISO14000シリーズの取得が
企業イメージのアップにつながります。

また中小企業の場合、取引先の大企業がISOを取得し、今後も取引を続ける条件としてISO取得を求められたり、
建設業などでは公共工事の入札に参加する際にISO取得が必要な例もあり、
費用や工数が負担となっても取得せざるを得ないケースもあります。

ライブドアが取得しているかどうか走りませんが、製造業でもなく
イメージより実業を重視するIT企業ではあまりメリットがないと思います。

QISO14001の手間と費用について

ISO14001。まず読み方は「あいえすおう いちまんよんせんいち」ですか?「あいそ」や「いそ」と読む方もいるのですが。
手間は業種や会社の規模によって差は大きいと思いますが、社内プロジェクトの人数。(専任、兼任)他の社員への教育の時間。つまり通常業務以外に掛かる時間。取り組み始めからのトータル期間。業務上の数値データ収集、ゴミ分別、省エネ以外の手間。
費用も会社の規模によって差はあると思いますが、コンサル、認証期間への費用?(1000万円以上とも言われていますが)。自社だけでは取得不可能か?。自社で取得する場合英語その他の語学能力はどれくらい必要か。等
ご経験された、または聞いた範囲で結構ですので情報をお願いします。

Aベストアンサー

〇読み方について
ISOを「アイエスオー」と呼ぶのか「イソ」と呼ぶのかは諸説ありますが、日本では「アイエスオー」若しくは「イソ」が一般的。正式には「アイソ」と呼ぶんだと力説するコンサルもいますが(笑)
〇時間・手間について
貴社の規模・状況によりかなり異なります。一般的には順調に行って、キックオフしてから1年ちょっとといったところでしょうか。
取得については、当然社内でプロジェクト(担当)を任命するのが通常です。これも規模により違いますが、大手以外では通常業務と牽引でこなすのが普通ではないでしょうか。でうので、業務過多にならないフォローアップは必要です。
しかし、ISO取得ついては、社内一致団結が重要です。一部の人達だけが取り組んでいてもダメです。このためのマネジメントシステム構築のための社内教育が絶対必要です。また認証取得をリードするプロジェクトメンバーの教育、経営者の理解促進のための教育など、教育は不可欠です。しかし、期間については貴社の状況によりことなりますので、なんともいえませんが、3ヶ月程度くらいでしょうか。
数値収集を「予備環境調査」といいますが、これもおおまかに言えば半年くらいかかる作業だと思います。業種により異なりますが、この過程がかなり手間取るというところもあります。
〇費用
これは、まちまちです。認証機関によりかなり違います。企業規模により費用も高くなります。ISOはコンサルなしでも取得できます。取得した企業もたくさんあります。コンサルの指導内容をうければ、指導料として100万円から上は1千万円くらいプラスになります。それだけ、認証への近道になることは確かです。
貴社が中小企業であれば、ISO取得につき助成が受けられることがあります。
〇英語
これは不要です。ちゃんとJISから邦訳のマネジメント規格があります。外資系認証機関を選定するときもこれは不要です。

とにかく、企業規模、業種がわからないと詳しいアドバイスができません。これらについて補足をお願いします。
ISOの参考ページとして下記の「参考URL」をお知らせします。これはISO関連ホームページの定番です。このほかに
http://www.chuokai-kanagawa.or.jp/iso/iso.htm
http://www.jaco.co.jp/

最後に一言ですが、ナゼISOを取得するんですか?この目的意識の明確化とそれの浸透がISO取得のカギになります。また、ISOの規格に基づく社内体制整備の時、あまり机上の空論にならないこと、高度な仕組みつくりに走らないことが取得成功のポイントになると思います。
ISOをきっかけに貴社がますます繁栄することをお祈りします。

参考URL:http://www.ecology.or.jp/isoworld/

〇読み方について
ISOを「アイエスオー」と呼ぶのか「イソ」と呼ぶのかは諸説ありますが、日本では「アイエスオー」若しくは「イソ」が一般的。正式には「アイソ」と呼ぶんだと力説するコンサルもいますが(笑)
〇時間・手間について
貴社の規模・状況によりかなり異なります。一般的には順調に行って、キックオフしてから1年ちょっとといったところでしょうか。
取得については、当然社内でプロジェクト(担当)を任命するのが通常です。これも規模により違いますが、大手以外では通常業務と牽引でこな...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報