水泳競技記録に関し、10分の1秒、100分の1秒まで表示したいのですが、どうしたらいいでしょうか?
例 1:28.93(1分28秒93)
尚、記録の比較もしたいので、平均などの計算もできるような書式が前提です。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

うーん、浮動小数点型にして、秒単位で記録するのが一番いいように思いますね。



1分28秒93だったら、88.93として保存するわけです。

表示する時は必要に応じて、テキストボックスのコントロールソースに

=[記録] \ 60 & ":" & [記録] mod 60 & format$([記録] - int([記録]),".00")

などと設定してやればいいでしょう。(クエリ中に書く場合は、先頭の"="を削除します。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

結局、回答を参考にさせていただき、本件は以下の様な形で解決することとしました。

数値型で、分、秒、コンマ秒をそれぞれのフィールドを作って入力
別のフィールドで分、秒を全てコンマ秒に換算
その数値にて平均や合計を算出
その結果を下記の様な式で、分,秒、コンマ秒形式で表示。
Int([コンマ秒自己最高]/6000) AS miMIN,
Int(([コンマ秒自己最高] Mod 6000)/100) AS seMIN,
([コンマ秒自己最高] Mod 6000) Mod 100 AS ksMIN,
IIf(Len(miMIN)=1,"0" & miMIN,miMIN) & ":" & IIf(Len(seMIN)=1,"0" & seMIN,seMIN) & "." & IIf(Len(ksMIN)=1,"0" & ksMAX,ksMIN) AS 100m個人メドレー最高

いろいろとお世話になりました。また、別の質問をしましたのでご検討いただければ
幸いです。

お礼日時:2000/12/19 20:08

平均等の計算が必要となると私も秒単位で記録するのがベストだと思います。


また、秒単位の記録を00:00:00として表示するARCさんの式はグレートです。私も横から勉強させていただきました。
ただもう少し凝るなら入力も分秒形式で入力した方がわかり易いですよね。
実は私も水泳記録ではないですが以前同じようなことで悩んだことがありまして、その時とった方法をご紹介します。
計算用の秒単位をを記録するフィールドとは別にID、分、秒を入力するフィールドを設けます。
入力は分、秒に対して行い、別にそれを秒に計算するクエリを作りました。[分]*60+[秒]という簡単な式の入ったクエリです。
でもってさらにこのクエリと記録テーブルをIDで結んだ更新クエリを作り、計算用秒単位のフィールドに書きこむというわけです。
分、秒を入力するフォームを作ってフォームが閉じる時にでもこの更新クエリが動作するようにマクロを作っておけば、常に計算用秒単位フィールドに自動入力できます。
回りくどい方法ですが、ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ARCさんのお礼の欄に書きましたが、やはり、分、秒、それぞれ別のフィールドからスタートするのがいいようですね。
いろいろとありがとうございました。

お礼日時:2000/12/19 20:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q気象庁マグニチュードとモーメントマグニチュード

今回の東日本大地震について、
当初の気象庁マグニチュードでは、8.4であったものが、
その後モーメントマグニチュード9.0と修正されました。
同じ地震でもものさしによって変わり
気象庁マグニチュード<モーメントマグニチュードです。

過去の地震、宝永地震はマグニチュード8.6~8.7
安政東海地震はマグニチュード8.4といわれています。

宝永地震、安政東海地震で示されているマグニチュードは、
気象庁マグニチュードかモーメントマグニチュードか、どっちでしょうか?


もし気象庁マグニチュードとすると、
宝永地震の規模は、東日本地震以上の大きさであり、
東日本地震は、最大ではなく、想定の範囲内になると思います。

Aベストアンサー

専門家ではありませんが。
科学的にはモーメントマグニチュードの方が「より正確」なのだと思います。ただ、多くの計測値から正確な計算処理により求める値なので発表までに時間がかかります。速報にはなりません。
気象庁マグニチュードは「揺れ方」から推定値を出しています。速報に便利です。
どちらが良いかは「目的」によります。
宝永地震のマグニチュード(河角マグニチュードだと思います)などは、各地に残った震災記録から推定したものです。記録が少なければ推定もできません。
この推定に使われる記録とは「どこどこで全壊した建物が」とか「どこどこで何メートルの津波が」とかの言葉です。
しかし、当時の建物でも民家・屋敷・城などで耐震強度が違います。
よって、あくまでも推定値です。
他にもマグニチュードは、リヒター(リクター)マグニチュード、表面波マグニチュード、実体波マグニチュード、地震動の継続時間を用いたマグニチュード、津波マグニチュード、有感半径から算出するマグニチュードなどがあるそうです。
目的によって使い分けられているということです。統一も不可能(過去の地震を測定できません)だと思います。

専門家ではありませんが。
科学的にはモーメントマグニチュードの方が「より正確」なのだと思います。ただ、多くの計測値から正確な計算処理により求める値なので発表までに時間がかかります。速報にはなりません。
気象庁マグニチュードは「揺れ方」から推定値を出しています。速報に便利です。
どちらが良いかは「目的」によります。
宝永地震のマグニチュード(河角マグニチュードだと思います)などは、各地に残った震災記録から推定したものです。記録が少なければ推定もできません。
この推定に使われる記録と...続きを読む

QMicrosoft Accessで陸上競技の記録集を作れますか?

うちの学校の陸上部は部員が50人以上います。
去年から選手の記録をまとめる係をしているのですが、
大会のたびに記録の処理をExcelだけでこなすのはきついです。
やりたいことをするには時間がかかり過ぎます。

やりたいことは大会の記録を入力するだけで、個表(できればグラフ付き)が作れる、この大会の成績一覧表が作れる、校内歴代記録が作れることです。


もっと効率的な方法を探しています。
AccessはExcelが進化したものと聞いていて、
Accessを使えば上記のやりたいことはできますか?
(Excelより楽にです)

Aベストアンサー

まず
>AccessはExcelが進化したものと聞いていて、
ではありません。
>やりたいことは大会の記録を入力するだけで、個表(できればグラフ付き)が作れる、この大会の成績一覧表が作れる、校内歴代記録が作れることです。
エクセルでも一度、設定しておくことで自動でグラフや一覧表が出来ます。

>大会のたびに記録の処理をExcelだけでこなすのはきついです。
>やりたいことをするには時間がかかり過ぎます。
このあたりを改善してみはいかがでしょうか。
入力する手間は、エクセルでもアクセスでも同じくらい必要ですが、
やりたいことを自動化する方法があるとおもいますので、
具体的に、現状と自動化する方法を質問してみてはいかがでしょうか。

Q気象庁の「呼びかけ」について

台風や豪雨等のニュースで、「気象庁では厳重な警戒を呼びかけています」と言うのがあります。しかし、現実には気象庁の呼びかけに直接接したことは一度もありません(私の場合)。
気象庁はどのようなかたちで、どのような機関・組織へ呼びかけているのですか?
例えば、自治体や警察・消防等へは気象庁から直接「厳重な警戒をするよう」呼びかけがあるのですか?
それとも、報道機関に対して「厳重な警戒を呼びかけて欲しい」と依頼しているのですか?

Aベストアンサー

警報については、気象業務法で、
第十五条  気象庁は、第十三条第一項、第十四条第一項又は前条第一項から第三項までの規定により、気象、津波、高潮、波浪及び洪水の警報をしたときは、政令の定めるところにより、直ちにその警報事項を東日本電信電話株式会社、西日本電信電話株式会社、警察庁、海上保安庁、国土交通省、日本放送協会又は都道府県の機関に通知しなければならない。警戒の必要がなくなつた場合も同様とする。
と定められています。
「警戒を呼びかける」気象情報はこの前段階で出されるものですが、これに準じた連絡をしているものと思われます。

QAccess97で、“分:秒”という形式で入力・保存する方法

Access97で、あるテーブルに時間のフィールドを作りました。
このテーブルをもとにフォームを作成しました。
ここで、このフォームの、あるテキストボックスのコントロールソースを時間フィールドに設定し、書式を“nn\;ss”に設定し、定型入力で“##:##;0;*”としました。
このフォームのテキストボックスにカーソルをあてると“**:**”となり、4つの数字を入力できるのですが、この4つの数字を分秒では認識せず、時分としてしか認識しないようです。

どうすれば4桁の数字を入力し、“分:秒”という形式で表示・保存できるのでしょうか。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

書式   時刻(L)
定型入力 "0:"09\:99;0;_
以上で良いと思います。

解説
 データの登録は、時間:分:秒
 入力は ”0:”があるので4桁しか入力しません

おきにめしませんか?

Q気象庁の「降る降る詐欺」に だまされました

気象庁は「2013年02月06日に都心で雪が積もる」と発表しました。皆、そのためにタイヤにつけるチェーンを購入したり、長靴を購入したりして事前の準備に大変でした。

しかし、実際には雪は積もらず、みぞれのような中途半端なものが弱くふった程度でした。

都心部の人間全員が気象庁の「降る降る詐欺」に だまされました。

気象庁は、どうして これほど予報をはずしまくるのでしょうか。少し前には「都心で雪は降らない」と発表した日に雪が積もり、事前準備をしていなかった都心部の人たちは大パニックに陥りました。そして、今度は「絶対に積もる」と発表した日付に、まったく積もりませんでした。

もう気象庁は信用できません。気象庁の「降る降る詐欺」に だまされた都心の人間の代表として質問します。なぜ気象庁は はずしまくりますか? そして、都心部の人間が購入したチェーンや長靴、除雪用の道具は、一体 誰が弁償してくれますか?

教えてください。よろしく お願い致します。

Aベストアンサー

気象庁がよく当てているのはアホでも当てられる
天候だけです。
2割が外れている。
国民の多くが、予測できないような予報を
気象庁のドアホ、金食い虫も同じように外している。
だから、批判を浴びているのです。
その事実よりもアホでも当てられる天候8割を持ち出して
よく当てていますよ。と言ってるだけなのです。
それでも、詐欺ではないと言えるのは
絶対に断言的な事を一切、口にしないところにあります。
間違いないなら「明日は雪です」と言えばいいのですが
でも、それを言えば外したときに言い訳が出来なくなるのです。
断言さえしなければ
「予報だから」「信用しなければ信じなきゃいいじゃない。」
「予報を信じる信じないも自己責任」
といった無責任かつ好きな言い訳が出来るというわけです。
金もらってるのにね。
といえば「予報をする事が仕事」とか返事がかえってくるでしょうね(笑

【振り込め詐欺】と同じように法的拘束力は
ありませんから。
似たような事をやってる連中と思えばいいのではないでしょうか。

個人的には、気象庁みたいな【金喰い詐欺集団】の予報は無視して
自分で予測して行動するようにしていますよ。
そのほうが確実ですし、最近は天気予報を見るよりも幅広い地域から
情報を集めたほうが確実に天候が崩れる細かい時間まで予測できますからね。
それすら外す気象庁は、天気予報やめればいいのにって感じですけど(笑
お天気マークなんて、どうでもいいですからね。(爆笑

気象庁がよく当てているのはアホでも当てられる
天候だけです。
2割が外れている。
国民の多くが、予測できないような予報を
気象庁のドアホ、金食い虫も同じように外している。
だから、批判を浴びているのです。
その事実よりもアホでも当てられる天候8割を持ち出して
よく当てていますよ。と言ってるだけなのです。
それでも、詐欺ではないと言えるのは
絶対に断言的な事を一切、口にしないところにあります。
間違いないなら「明日は雪です」と言えばいいのですが
でも、それを言えば外したときに言い訳が出来...続きを読む

Qアクセスのクエリで秒→時間、時間→秒に変換したい

標題の件についてお分かりの方、お手数ですが
ご教示くださいますようお願いいたします。

(1)秒を時間にする式
 14400 → 4:00:00

(2)時間を秒にする式
 4:00:00 → 14400

どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

14400
これは数値型ですね
求めたい時間というのは文字通り時間でいいのでしょうか
時間なら60の2乗で割ってやれば時間になります
14400/60/60=4

これを4:00:00のように表示したい(時間数値でなくていい)
というのなら方法は2つ
絶対に24時間を超えないのであれば、日付時刻数値に変換して時刻書式を流用します
日付時刻数値は日が単位ですから、時間数値をさらに24で割ります
14400/60/60/24
この数値に時刻書式を設定すれば4:00:00になります
24時間を超えることがあるのならそのような文字列を作成することになります

>4:00:00
これのデータ型は何でしょう
日付時刻型なら
上の逆で
*24*60*60
してやれば秒になります

Q気象庁で働くには?

(カテゴリーが分からなかったのでその他にしましたがご了承下さい…)

気象大学校に入学すれば気象庁・気象台で働けるのは知っていますが、他には、どのようにすれば気象庁で働くことが出来るのですか?教えて下さい。

Aベストアンサー

気象庁も国の機関で働いているのは国家公務員ですから、国家公務員試験一種、二種、三種等を受験して合格すると気象庁に採用される可能性があります。
これらの試験を受験して合格すると、合格者の名簿にのり、気象庁はその名簿の中から面接をして採用するわけです。この名簿はあくまでも国家公務員試験の合格者名簿なので、必ずしも気象庁に採用になるとは限りませんが、試験の区分で大卒者の受験する一、二種ですと「物理」の合格者は多くが気象庁に採用されています。
三種の場合「行政」から採用されますが、こちらは採用数も少ないので、気象庁だけを希望する場合は難しいかもしれません。また「行政」といっても実際にやる仕事の内容は必ずしも事務系だけではなく、観測業務につくこともあります。
その他に「選考採用」というのもあって、これはたとえば業務用の無線通信関係の資格を持っている人や、観測船の乗組員として船員の資格を持つ人等を選考により採用するものです。これらの資格を持つ人にはチャンスといえると思います。

参考URL:http://www.kishou.go.jp/intro/recruit/info/q_a.html

気象庁も国の機関で働いているのは国家公務員ですから、国家公務員試験一種、二種、三種等を受験して合格すると気象庁に採用される可能性があります。
これらの試験を受験して合格すると、合格者の名簿にのり、気象庁はその名簿の中から面接をして採用するわけです。この名簿はあくまでも国家公務員試験の合格者名簿なので、必ずしも気象庁に採用になるとは限りませんが、試験の区分で大卒者の受験する一、二種ですと「物理」の合格者は多くが気象庁に採用されています。
三種の場合「行政」から採用されますが...続きを読む

Q「何度何分何秒」について教えてください。例えば、43.95837の場合何度何分何秒になるのですか??

「何度何分何秒」について教えてください。
例えば、43.95837の場合何度何分何秒になるのですか??

Aベストアンサー

43.95837の単位は何でしょう?

仮に、これが緯度や経度の場合で、単位が、度とすると、

43度
0.95837×60分=57.5022分で、57分
0.5022×60秒=30.132秒

ですね。

Q気象庁の長期予報は必要?

気象庁が発表する明日の天気予報って、外れる事が結構あるのですが、それなのに週間天気予報や、長期予報は何故行われるのでしょうか。
その情報の自信は何処から来るのでしょうか。

過去のデーターがそう指し示すなら間違っている可能性が高くても気象庁は明日の天気を無理矢理でも発表しなくてはならない機関なのでしょうか。

もし明日の天気が気象庁でも解らないのなら、はっきり「明日の天気は解りません」と言って欲しいのですが(笑)

ご意見等お聞かせ下さい。変な質問で恐縮ですが。

Aベストアンサー

>もし明日の天気が気象庁でも解らないのなら、はっきり「明日の天気は解りません」と言って欲しいのですが

まったく同感ですね。
私の住んでいる所では週間予報はおろか明日の天気さえ当たりません。

>過去のデーターがそう指し示すなら間違っている可能性が高くても気象庁は明日の天気を無理矢理でも発表しなくてはならない機関なのでしょうか。

何らかの法的根拠があるにしても、当たらなければ予報というものの意味が全然ないではありませんか。
参考 URL のページの作者の方も長期予報の愚を痛烈に批判しています。

参考URL:http://www2g.biglobe.ne.jp/~aviation/fugu.html

QExcel2003 マクロのR1C1記録

基礎的な質問で恐縮ですが、マクロで記録すると普段良く見るA1というような記録ではなくR1C1という記録になってしまうのですが、これは「仕様」なのでしょうか?
マクロ初心者なのですが、このような基本の決まりを理解するためにわかりやすいHPや本があれば教えてください。

「できるExcel VBA2003」は読んで一通り手順はわかったのですが、わからないことが多くて困っています。よろしくご指導ください。

Aベストアンサー

最初に、こういう話は、関係ないと言う人もいるかもしれませんが、A1方式とR1C1方式とは、開発の時期は別で、当初、Lotus1-2-3(ViciCalc)をみて、Microsoft は一部は真似たようですが、Mac用で、C.シモニーが開発した時には、R1C1方式しかなかったのです。その後、Lotus1-2-3ユーザーを取り込むために、A1方式を採用しました。本来は、マクロでは、R1C1の仕様のほうが、その考え方を理解すると使いやすいのですし、VBAでは、機能的には、R1C1方式のほうに軍配が上がります。

しかし、ワークシート上では、R1C1方式は、常に起点になる場所をまず決めない見えてこないのです。

以下の場合は、合っているとも間違っているとも言えません。R1C1とA1方式では考え方が違うからです。

>ActiveCell.FormulaR1C1 = "=SUM(R[-6]C:R[-1]C)"
> ↓
>ActiveCell.Formula = "=SUM(A1:A6)"

もし、マクロを書くなら、絶対参照と相対参照を組み合わせて、このように書きます。
Range("A6").FormulaLocal ="=SUM(R1C1:R[-1]C)"

それに、FormulaR1C1は、ほとんど使うことはありません。FormulaLocalは、互換モードでもあるので、A1方式もR1C1方式も入力が可能です。

Formulaの中では、FormulaLocal が一番使いやすいかと思います。いわゆる、Localの関数としては、JIS関数などがあります。

VBAプログラムを組むのでしたら、全体的には、記録マクロは、あまり依存しないほうが上達が早いはずですが、数式については、あまり深く考えないほうがよいです。R1C1でも、A1方式で、どちらでもよいのですが、なるべく数式入力のコードは置かないほうが良いようです。=

VBA側のモードにもよりますが、ふつう、その数式の監視がなされてしまいますので、メモリに負担になりますから、一般的なマクロにするか、WorksheetFunction.Sum のようにしたほうが負担は少ないようです。

入門レベルで分からない部分は、CellsとRange, WorksheetとSheet, WindowとWorkbookなど、オブジェクトとして似ているものが多いので、分かりにくいと思います。こういう場合は、片方が必ず優先し、同位ではないのですが、同じように書かれてある教本は読まないことです。同位で覚えればよいと思ったら、半永久的に覚えられません。

ちなみに、Range, Worksheet, Workbook が優先します。Cells に関しては、ループなどでは、カウンターを代入しやすいのですが、多くの人は、A1方式に慣れているので、Range方式のほうが使いやすいのです。

最初に、こういう話は、関係ないと言う人もいるかもしれませんが、A1方式とR1C1方式とは、開発の時期は別で、当初、Lotus1-2-3(ViciCalc)をみて、Microsoft は一部は真似たようですが、Mac用で、C.シモニーが開発した時には、R1C1方式しかなかったのです。その後、Lotus1-2-3ユーザーを取り込むために、A1方式を採用しました。本来は、マクロでは、R1C1の仕様のほうが、その考え方を理解すると使いやすいのですし、VBAでは、機能的には、R1C1方式のほうに軍配が上がります。

しかし、ワークシート上では、R1C1方...続きを読む


人気Q&Aランキング