こんにちは。

以前は苦手だったモーツァルトが、グリュミオーを聞いてからすっかり好きになり、これからCDを集めようと思っています。

そこで、いわゆる「モーツァルトの名手」と言われる奏者・楽団を教えてください。
「この曲なら○○のこの演奏!」というのでも結構です。

器楽曲・室内楽メインでお願いしたいのですが、それ以外のジャンルも大歓迎です。
特に、管楽器奏者については全く知らないので、情報お待ちしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>グリュミオーを聞いてからすっかり好きになり…


というのはヴァイオリンソナタでしょうか。

ソナタでグリュミオーのピアノ伴奏をしているワルター・クリーンは
モーツァルト弾きとして知られる人ですが,商業ベースに乗らなかった人なのか
一般的にはあまり知られてない,または,目立たない人だと思います。

私は,この人のモーツァルトがたいへん好きです。
他の演奏家でも,「美しさ」とか「美しさのベールに包まれた悲しみ」という表現は感じますが,
ワルター・クリーンが特に好きなのは,それに加えて「冗談好きなモーツァルト」
「自由奔放さ」という一面も感じるからです。

ピアノソナタ全集 Vol.1 (2C D)
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=258196

ピアノソナタ全集 Vol.2 (2C D)
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=56836

これで全曲揃うことになります。
知名度のせいか,2C Dで,こんなに安くていいのかと思うほどお買い得品です。

(参考)
Violin Sonata.40, 41, 42: Grumiaux(Vn) Klien(P)
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1513 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の回答、ありがとうございます。

今のところ聞いたのは、小品集に入っている「ロンド」と五重奏曲集だけなのですが、ヴァイオリンソナタもぜひグリュミオーの演奏で!と思っていました。

実はこの質問を立てる前に、PHILIPSのヴァイオリンソナタと二重奏・三重奏曲がセットになったものを注文したばかりなのですが、グリュミオー&クリーンの演奏も入っているので、クリーンのピアノにもしっかり耳を傾けてみようと思います。

>ワルター・クリーンが特に好きなのは,それに加えて「冗談好きなモーツァルト」「自由奔放さ」という一面も感じるからです。

この一文で、クリーンにとても興味がわいてきました。
モーツァルトの世界に足を踏み入れたばかりのヒヨッ子なので、もっとたくさんの魅力を教えてくれる演奏に出会いたいという気持ちでいっぱいです。

貴重な情報ありがとうございました!

お礼日時:2006/03/10 20:50

グリュミオーは素敵ですよね♪僕もよく聴きます。



ピアニストのダニエル・バレンボイムはご存知ですか。モーツァルトの曲でよいCDたくさん出してます。とくにベルリン・フィルハーモニー管弦楽団と組んだピアノ協奏曲集と、ピアノ・ソナタ全集はおすすめですよ。バレンボイムは女性的な繊細な音が作り出せる人で、モーツァルトの曲調と相性ぴったりな気がしています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

バレンボイムといえばデュプレの旦那さんで指揮者というくらいの認識しかなかったですが(失礼!)、モーツァルトでこんなにたくさんCDを出しているとは知りませんでした。
パールマンと組んでヴァイオリンソナタも出してるのですね。パールマンも好きなので、このあたりからチェックしてみようかと思います。

貴重な情報ありがとうございました!

お礼日時:2006/03/13 22:42

あまりCDを聴かない者が回答するのをお許しくださ


い。
ピアノでいえば、古い人ですがやはりギーゼキングが
一番ではないでしょうか。
内田光子さんがモーツァルトの全集を出したら、もう
ひとつの会社がシフで出した。この2人に関しては好
みだと思います。
私個人的にはシフのほうが好きですが。
しかしこのモーツァルト週間のオープニングのザルツ
ブルグの雑誌の表紙は内田光子さんでした。
これも日本人の快挙ですね。

室内楽に関して言えば「ウィーン室内合奏団」が素晴
らしいです。
キュッヘル氏存命中は来日しても切符を取るのも大変
でした。
去年来日しましたが、紀尾井ホールになって室内楽の
よさがぐんとましてとても素晴らしかったです。

四重奏団は私は「アルバンベルグ四重奏団」が一番好
きです。
もう解散してしまいましたが「スメタナ四重奏団」も
素晴らしかったですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

フランス近代物が好きなので、ギーゼキングといえばドビュッシー、というイメージなのですが、モーツァルトも良いのですね。
内田光子さんはPHILIPSから全集が出てますね。日本を代表する「モーツァルト弾き」と言えるのでしょうか。
シフは名前だけしか知らなかったですが、少し調べてみたらなかなか興味深い方なので、モーツァルト以外の演奏も聞いてみたいと思いました。

室内楽については、あまりにもたくさんのCDが出ていて決めかねているので、今回挙げていただいたものを参考にさせていただきたいと思います。
アルバンベルグはラヴェルの四重奏を聴いたことがあります。フランス系の演奏に馴れているので少し違和感がありましたが、モーツァルトだとまた違った印象を持つかもしれませんので、是非候補に入れたいと思います。

たくさん挙げていただいてありがとうございました!

お礼日時:2006/03/13 22:25

はじめまして、「モーツァルトの名手」ですがピアノ演奏でしたら「リリー・クラウス」随分昔の女流ピアニストですから残念ながら現在のようにデジタル録音の物は残っていません。

EMIから出ていたモーツァルトのピアノソナタ全集は何度聴いても飽きませんでした。特に「トルコ行進曲」は私が一番好きな曲の一つです。あと一人選ぶとしたら「エリック・ハイドシェック」をお薦めいたします。最近の没個性の時代にこれほどの個性を出したモーツァルトのピアノソナタは無いと思います。リリー・クラウスと同じ曲を聞き比べるとハッキリと判ります。
器楽曲・室内楽メインとは離れますが、モーツァルトの大家としては「ブルーノ・ワルター」を忘れる事は出来ないでしょう。古い世代の方はワルター指揮の「交響曲第40番ト短調」で若き日を過ごした方が少なくないと思います。ワルターは20世紀初頭にフルトヴェングラーやトスカニーニらと共に3大指揮者と言われて現在でもファンは多いともいます。ワルターは当時の指揮者としては録音運に恵まれた方で多くの録音が残っています。1930年代のウィーン・フィルとの共演はお薦めできます。(モノラルですのでノイズ等に神経質な方には向かないかも知れません・・・)後は晩年のニューヨーク・フィルやコロンビア響との録音も良いでしょう。上記はEMIならびにCBSソニーで手に入ると思います。随分質問とは離れてしまいましたがご参考になれば幸いです。良いモーツァルト・ライフを。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

リリー・クラウスは、最近店頭で見かけて気になっていました。ハスキル、ピリスなど、「モーツァルト弾き」には女性が多いのでしょうか。

>最近の没個性の時代にこれほどの個性を出したモーツァルトのピアノソナタは無いと思います。
ということは、ハイドシェックのモーツァルトは「モーツァルトらしい」演奏というよりも、もっと奏者の個性が前面に出た演奏なのでしょうか。聴き比べて見るのも面白そうです。

ブルーノ・ワルターは名前くらいは知っていましたが、「モーツァルトの大家」なのですね。今は、古い録音でもどんどん復刻されていて、いろんな演奏に触れることができるのは、とても幸せなことだと思います。どちらかというと最近の録音よりもひと昔前の演奏に心ひかれることが多いので、機会があればぜひ聴いてみたいと思います。

貴重な情報ありがとうございました!

お礼日時:2006/03/11 22:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q器楽曲室内楽曲交響曲がありますがピアノソナタ第29番 (ベートーヴェン

器楽曲室内楽曲交響曲がありますがピアノソナタ第29番 (ベートーヴェン)は何曲?

Aベストアンサー

器楽曲に分類されます。
CD店では,あるいは,一般的には狭義の器楽曲として,
室内楽や管弦楽曲と別にされています。
詳しくは,下記を。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%99%A8%E6%A5%BD%E6%9B%B2

Q管楽器協奏曲をするばあいの在楽団員への配慮

ピアノ協奏曲やヴァイオリン協奏曲は、確固たるソロ奏者が確立しており、また楽曲も多く、外からソロ奏者を招いて集客の向上を図るという姿勢は大いに正しいと思うのですが、一方、珍しいとは言え、管楽器協奏曲も存在しており、これらを演奏するときに、はたして楽団員のほかからソロ奏者を持ってくるかというときに、楽団員のプライドとか、ソロ奏者の実力とのかねあい(知名度や集客率)、そういう配慮が必要になってくると思います。
実際、楽団員の中からソロ奏者を選出することもありますね。その場合、集客という効果は必ずしも狙っていない?ことも多いかと思います。

この管楽器協奏曲のあつかいについて、楽団員をどうするかという問題はどう考えているのでしょうか?

Aベストアンサー

管楽器の特質上、ソロ奏者が少ないから自前で、というだけであって
もし、呼ぶに値する知名度、実力があり、ギャラも折り合い
ソリストとしてもっぱら活動している演奏家を呼んでくるのであれば
別に団員が傷つくことはないのではないですか?

逆に客演を呼ばず、自前のプレイヤーを選出して
「管楽器の協奏曲」を選択する場合
その楽団にはソロ向きだったり、売りにしたい、メインに据えたいような演奏家がいるという場合もあるのではないでしょうか。

ヴァイオリンなどは数や音質、楽器での演奏の内容からも
最初からソリストとしての音作り、演奏を学んでる人もいるでしょうが
管楽器も弦楽合奏の中では存在感、音量、楽譜的にも
ある意味ソロ状態のような感じでもありますから
楽団員からソロを立てることに問題がないのかもしれません…。

コンサートの選曲の段階で「クラリネット協奏曲をやりたい→じゃあソロどうする?」

じゃなくて
「次のコンサートのゲストはだれそれにしよう→じゃあこの協奏曲で」
とか
「うちは~さんがうまいから、この曲をやってはどうだろうか」じゃないんでしょうか。
なんらかのその管楽器を際立たせたい!という背景があって選曲されるのであれば
既存の団員も納得するんではないでしょうか。

管楽器の特質上、ソロ奏者が少ないから自前で、というだけであって
もし、呼ぶに値する知名度、実力があり、ギャラも折り合い
ソリストとしてもっぱら活動している演奏家を呼んでくるのであれば
別に団員が傷つくことはないのではないですか?

逆に客演を呼ばず、自前のプレイヤーを選出して
「管楽器の協奏曲」を選択する場合
その楽団にはソロ向きだったり、売りにしたい、メインに据えたいような演奏家がいるという場合もあるのではないでしょうか。

ヴァイオリンなどは数や音質、楽器での演奏の内...続きを読む

Qモーツァルトの交響曲:NO40&41のおすすめの指揮:楽団がありますか

こんにちは。
20年以上前に購入した、オトマール・スイットナー指揮
ドレスデン国立歌劇場管弦楽団のモーツァルト:交響曲NO.40&41をいまだに愛聴しています。シュターツカペーレ・ドレスデンの柔らかな弦の響きを耳にすると、心が洗われるようで、仕事にぐったり疲れた夜の精神安定剤です。スイットナー&シュターツカペレ・ドレスデン以外に、モーツァルトのNO.40&41でおすすめの指揮・オーケストラの組み合わせがありましたら、ご教示下さいませんか。趣を変えて、変わったテイストの指揮:オーケストラをご紹介いただくのも一興です。

Aベストアンサー

私の独断的感想です。一般的評価は全く解りません事を、予めご承知おき下さい

お持ちのスイートナー/ドレスデン(ドイツ・シャルプラッテン)は、2曲とも安心して聴ける、上質なモーツァルトと感じております。

では、私の愛聴盤達です。
●カール・ベーム/ベルリン・フィル(ドイツ・グラモフォン)
40番=重厚で力強く充実感がある。真面目に真っ向から見据えた演奏。
41番=ベームの最も充実していた頃の中でも、一際、豊かで完璧な印象。
あくまで私の独断と偏見ですが・・・
カール・ベーム/ウィーン・フィル(ドイツ・グラモフォン)は、何度か針を落としては見たものの、緊張感が希薄で焦点がぼやけ気味に感じて、途中で止めてしまっています。
でも、好きな方も大勢、居られるようです。私との愛称が合わないだけかも知れませんね!?

●ブルーノー・ワルター/コロンビア交響楽団(CBSコロムビア)
見事な好成人に育った我子を愛しむかの様な、深い愛情を感じ、暖かで優美。

●オットー・クレンペラー/フィルハーモニア(EMI)
強権独裁で知られたクレンペラーでなければ実現しなかったのではないかと思える、激しくも深い演奏。

◆ギュンター・ヴァント/北ドイツ放送交響楽団(RCA)
40番=早めのテンポながら、深みのある充実感が印象的。
41番=堂々とした印象!チョッと硬め!

最近の録音情報はあまり知りませんが、放送でのコンサートの演奏を聴いて、パーボ・ヤルビー/ダニエル・ハーディング/ファビオ・ルイージなどの若手奇才たちの演奏には注視しなければと思っております。

私の独断的感想です。一般的評価は全く解りません事を、予めご承知おき下さい

お持ちのスイートナー/ドレスデン(ドイツ・シャルプラッテン)は、2曲とも安心して聴ける、上質なモーツァルトと感じております。

では、私の愛聴盤達です。
●カール・ベーム/ベルリン・フィル(ドイツ・グラモフォン)
40番=重厚で力強く充実感がある。真面目に真っ向から見据えた演奏。
41番=ベームの最も充実していた頃の中でも、一際、豊かで完璧な印象。
あくまで私の独断と偏見ですが・・・
カール・ベーム/ウィ...続きを読む

Q室内楽

初心者なのですが、クラシックの中で室内楽(チェンバー・ミュージック)というジャンルに興味を持ちました。

みなさんお勧めの室内楽のCDを教えてください。

Aベストアンサー

弦楽四重奏曲でいきます。
モーツアルト第17番「狩り」
ドボルザーク第12番「アメリカ」
チャイコフスキー第1番「アンダンテ・カンタービレ付き」
ハイドン第17番「セレナーデ」、第67番「ひばり」、第77番「皇帝」
シューベルト第14番「死と乙女」
スメタナ「我が生涯より」
ボロディン第2番
こんなところです。

あと、サンサーンスの「動物の謝肉祭」も室内楽版というのもあるので一聴を。

Qグリュミオーの弟子

私はアルテュール・グリュミオーという往年のヴァイオリニストが大好きです。気品のある美しい音色がたまりません♪彼は教育にも力を入れていたそうですが、彼のあと現代に至るまでフランコベルギーの後継者といわれた人にはどんな演奏家がいるのでしょうか。彼らもまた、師と同じ、美しい音色が身上なのですか。

Aベストアンサー

彼の後継者を自認しているのは1949年に音楽家一家に生まれた
フランス人のオーギュスタン・デュメイ(Augustin Dumay)で
フリッツ・クライスラー(Fritz Kreisler)が使用していた
1721年製のアントニオ・ストラディヴァリウスで演奏中です。

アルテュール・グリュミオー(タイタン(Titan 、1715年製で演奏) に
10代の時に5年前後ブラッセルで師事し、幅広い教育を受けたようです。

オーギュスタン・デュメイ自身のホームページで
自分はウジェーヌ・イザイ( Eugene-Auguste Ysaye (エリザベート王妃国際コンクールを創る)とアルテュール・グリュミオーの伝統を引き継いでと述べております。

ソリストとしてのみならず、ピアニスト、ジョアン・ピレシュ(Maria Joao Pires)等と
幅広い演奏活動をしております。

http://www.augustindumay.net/content/violoniste.aspx
(オーギュスタン・デュメイの公式ホームページです、適宜中をご覧下さい)

http://www.grumiaux.net/entree.cfm
(お好きなアルテュール・グリュミオーの公式ホームページです。galerieのタグをクリックして、彼の幼年の頃の写真とかをお楽しみ下さい。)

名器の演奏を聴いてみて下さい。

彼の後継者を自認しているのは1949年に音楽家一家に生まれた
フランス人のオーギュスタン・デュメイ(Augustin Dumay)で
フリッツ・クライスラー(Fritz Kreisler)が使用していた
1721年製のアントニオ・ストラディヴァリウスで演奏中です。

アルテュール・グリュミオー(タイタン(Titan 、1715年製で演奏) に
10代の時に5年前後ブラッセルで師事し、幅広い教育を受けたようです。

オーギュスタン・デュメイ自身のホームページで
自分はウジェーヌ・イザイ( Eugene-Auguste Ysaye (エリザベート...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報