『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

モーツァルトは様々な楽器を主役にした協奏曲や室内楽曲を多く残しているのも関わらず、何故チェロのための作品がないのですか?(あったとしても無名)
近い作品ではファゴットとチェロのための二重奏曲がありそうですが、あくまでチェロは伴奏に回っています。高音域で美しく歌うのがチェロの魅力であると思うのに、モーツァルトはそういうパッセージは少ないですよね?前の時代ではバッハは無伴奏組曲を、ハイドンは協奏曲を残しているのに何故モーツァルトはないのですか?
モーツァルトはフルートが好きでなかったと聞きますが、頼まれたのでしぶしぶ作曲しています。ならチェロも好きでなかったのですか?頼まれたりしなかったのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

・作曲依頼がなかった


・モーツァルトを感激させるほどのチェロの名人と(モーツァルトが)出会う機会に恵まれなかった
・あるけど、楽譜が散逸し、断片や小品ばかり
・独奏楽器としての認識が一般的に浅かった

等々ではないでしょうか・・・

尚、ハイドンがチェロ協奏曲を捧げたクラフトや、また、ボッケリーニのようなチェリストはモーツァルト存命中にもいたようです。
もし、彼が出会いの機会に恵まれていればこの楽器のための珠玉の作品もあったかと思われますが。

バッハの無伴奏の組曲はもともとチェロの練習曲として作曲されたと聞いたことがあります。

ご参考までに、モーツァルトのチェロ(を含む)のための作品を挙げておきます。
チェロ独奏曲K.33b(散逸)
ファゴットとチェロのためのソナタ 変ロ長調 K.292(196c)
ヴァイオリンとヴィオラとチェロのための協奏曲 イ長調(断片)K.320e
クラヴィーアとチェロのためのアンダンティーノ 変ロ長調 (断片)K.374g 
ソプラノ、フルート、ヴァイオリン、オーボエとチェロのためのカデンツァ
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど。やっぱり、そうですか。
チェロは大好きな楽器の一つなんですが、モーツァルトがあまりにも軽く扱ってるように見えてすごく気になってたんです。

お礼日時:2006/12/31 21:58

モーツァルトにチェロを主役にした作品が無いことについてはNo1の方が簡潔かつ適切な回答をなさっていますので、私は少しマニアックに書かせていただきます。



モーツァルトが25歳の時まで在籍していたザルツブルクの宮廷楽団には優れた弦楽器奏者が非常に少なかったそうです。むしろこの楽団は管楽器奏者が優れていたようです。例えばモーツァルトの親しい友人で、一連のホルン協奏曲の依頼主として知られるイグナツ・ロイトゲープはザルツブルクでの同僚でもあった人物です。
また、フルートやオーボエの曲を書く時にはマンハイムで知り合ったフルートのヨハン・ヴェントリンクやオーボエのフリードリヒ・ラムといった名手たちがモーツァルトの脳裏によぎっていたものと思われます。
そしてクラリネットでは有名なアントン・シュタードラーがいます。
ヴァイオリンの名手は当時からかなりいたようですし、ヴィオラはモーツァルト自身のお気に入りでした。加えて鍵盤楽器は本人の十八番。
あと、ファゴット協奏曲と二重奏曲はデュルニッツという人物からの依頼があって書かれたものです。

このように、自身が楽長を勤めるエステルハージの宮廷楽団で複数の名手と知り合い、チェロの可能性と魅力に早くから気付いていたハイドンと違い、モーツァルトがチェロに目覚める機会は無いに等しい状況だったんです。
彼がチェロに興味を持つきっかけになったのはおそらく、「ハイドン四重奏曲」の作曲です。それ以降の作品には少ないながらも意識的なチェロの中~高音域が現れてくるようになります。
どうやらチェロを主役にした作品を依頼されたことも無いようです。
プロシア王からの依頼による「プロシア王四重奏曲」はチェロの高音域を多く含みますが、これはモーツァルトが独断で、というかチェロが得意なプロシア王からの依頼ということで、暗黙の了解としてそのように配慮しただけのようです。

ダラダラと駄文を書き連ねましたが、参考になりましたでしょうか?
お役に立てれば幸いです。それではまたm(__)m
    • good
    • 1
この回答へのお礼

室内楽でのチェロの扱われ方も、多くは本当に「バス」て感じですもんね。ト音記号でソロを奏でるとかはモーツァルトは少ないですね。
ありがとうございました

お礼日時:2006/12/31 22:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクラシックの難易度

私は、大学オーケストラに所属しています。
来年の選曲について今みんなで相談し合っているのですが、

(1)トロンボーンがある曲
(2)ハープがない曲
(3)協奏曲は除く(金銭的に無理なので…)

で、技術的に未熟でも比較的演奏しやすい曲があったら
教えていただきたいです。

後期ロマン派などのような、複雑で大編成な曲はすでに省いていますが、
演奏を聴いても難易度が全くわからないので、
(もちろん音楽的なことを追求したら、どの曲でも際限ないですが、)
合わせやすい曲、合わせにくい曲…等ご存知だったら
教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
アマチュアオーケストラのトロンボーン経験者です。
(#1さまがご紹介のリンクの回答#4です)

まず,編成を指定してどんな曲があるか検索したり,知りたい曲の編成を調べたりできるサイトがありますのでご参考に。
【知りたい曲の編成を調べる】
http://www.philharmonic.jp/henseihyo/search/
【編成を指定して検索】
http://www.philharmonic.jp/henseihyo/search/kensaku/henseihyo.cgi
ただし,Trb:3,Harp:0だけだと該当する曲がたくさんありすぎてあふれてしまうので,打楽器有無,チューバ有無,ジャンルで細かく分けて検索した方がよいようです。


---
以下,前回の回答と重複する曲もありますが,「魔笛は難しいかも」という#1さまへのお礼も考慮しつつ。
ちなみに,木管特殊楽器,チューバ,打楽器の状況によってもかなり変わってくるのですが,それはとりあえず気にしないことにします。(特殊っぽいものは文中に注釈しました。何か条件があるならば補足ください)

<第二部>
☆ドヴォルザーク 交響曲第8番,第9番「新世界より」
簡単だとまでは言いがたいですが,技術を熱意でカバーする(^^; ことがしやすい曲ではあります。
お客さんのウケもいいですし(笑)
イングリッシュホルンが調達できるならかなりのオススメです(8番はフルートのソロもやや難関)。
また,曲が少々マニアックでもよければ第1番,第6番,第7番あたりも悪くはないと思います。

☆シューマン 交響曲第1番「春」,第2番
「シューマンは楽器の使い方がヘタだからやりにくい」という声もあるようですが,個人的にはそうでもないと思っています。爽やかな1番「春」や,シューマンとしてはスケールの大きな2番は,平均的な大学オケならば十分取り組めると思います。

☆ベートーヴェン 交響曲第5番「運命」,第6番「田園」
1st(アルト)トロンボーンの音が高くて大変&出番がそれほどないので,前回は紹介しませんでしたが,オケ全体でみれば非常にやりがいはあると思います(もちろん,それなりに大変ではあります)。
交響曲といえばやっぱりベートーヴェン!(笑)
なお,「田園」のトロンボーンは2本だけです(普通は3本)。

☆ブラームス 交響曲第1番,第2番
難易度は相当高いですが,しっかり取り組めば自分たちの力を引き上げる事もできる,挑戦する価値のある作品だと思います。ただし,第1番はコントラファゴット,第2番はチューバが必要。


<第一部:組曲系>
☆シューベルト 交響曲第8(7)番「未完成」
交響曲ですが,規模からいえばここでしょうか。
前回も回答した通り,アマチュアが丁寧に取り組むのにこれほど適した曲はなかなかないと思っています。

☆ビゼー 「カルメン」第一,第二組曲
曲も有名で親しみやすいし,難易度もほどほどです。
「間奏曲」でハープが目立ちますが,それを省いてふたつの組曲から適当に抜粋すればかなりいい感じになるのでは,と。

☆シベリウス 「カレリア」組曲
楽譜が比較的シンプルに書いてあるので仕上げやすい曲だと思います。曲想もすっきり爽やかで元気に盛り上がります。
人数はそこそこ揃うけど技術的な自信はちょっと・・・というオケの定番(笑)。
#いや,質問者さまのところがそうだという意味では決して・・・汗;

☆ハチャトゥリアン 組曲「仮面舞踏会」
すいません,マニアックな曲で・・・。
それほど難しくなく,かつ,ポピュラー音楽系の雰囲気のある面白い曲で,ちょっと選曲をヒネリたいマニアックなアマチュアにはわりとよく取り上げられます。
うまくプログラムを組まないと浮いてしまう危険も少々。


<第一部:小品>
前回に挙げた以外では,
☆ロッシーニ 「セヴィリアの理髪師」序曲
☆スッペ 「軽騎兵」序曲
☆ボロディン 交響詩「中央アジアの草原にて」 (イングリッシュホルンあり)
☆ブラームスのハンガリー舞曲やドヴォルザークのスラヴ舞曲から適当に
☆J・シュトラウスII世 ポルカ「雷鳴と電光」,ポルカ「狩り」
あたりが難易度としては無難で,曲も親しみやすいでしょうか。

難易度アップしてもよければ,
☆ブラームス 悲劇的序曲 (大学祝典序曲もステキですが,コントラファゴットが必要)
☆J・シュトラウスII世 喜歌劇「こうもり」序曲
あたりは,演奏会のオープニングとしてはとてもかっこいいように思います。

こんにちは。
アマチュアオーケストラのトロンボーン経験者です。
(#1さまがご紹介のリンクの回答#4です)

まず,編成を指定してどんな曲があるか検索したり,知りたい曲の編成を調べたりできるサイトがありますのでご参考に。
【知りたい曲の編成を調べる】
http://www.philharmonic.jp/henseihyo/search/
【編成を指定して検索】
http://www.philharmonic.jp/henseihyo/search/kensaku/henseihyo.cgi
ただし,Trb:3,Harp:0だけだと該当する曲がたくさんありすぎてあふれてしまうので,打楽器...続きを読む

Qピアノトリオ(三重奏)の名曲

家族でピアノトリオ(ピアノ、ヴァイオリン、チェロ)を楽しんでいます。これまで数少なく出版されているクラシックやポピュラーの編曲版の小曲をやってきましたが、腕もだいぶん上がってきたので本格的なクラシックも手がけたいと思っています。私はピアノばかり弾いてきた(聴いてきた)のであまり室内楽をよく知りませんが、最近モーツァルト、ベートーベンのピアノトリオのCDを買ってきてよく聴いています。お薦めの曲を是非教えてください。

Aベストアンサー

曲ですと、
チャイコフスキーのピアノトリオ「ある偉大な芸術家の思い出のために」が大好きです。
もちろんベートーベンの大公トリオも名曲です。
あとはドヴォルザークのドゥムキーです。
ブラームスの第1番も捨てがたい。

Qチェロを始める最適年齢

バイオリンは早くに始める人が多いですが、チェロやコントラバスは何歳から始めるのが一般的なのでしょうか?またペットやホルンなどの管楽器、クラやフルートなどの木管はどうなのでしょうか?

幼稚園でもマーチング(鼓笛隊)はやりますので、ドラムや鍵盤、ヴァイオリン、木琴系などは子供でも出来るでしょうし、リコーダーや合唱だけでなく、小学生でも吹奏楽はやりますよね。ただ、金管メインで木管は中学からな気がします。各楽器の始めるのに最適な年齢っていくつなんでしょうか?

Aベストアンサー

私の弟は現役のチェリストです。習い始めは小学校3年生の頃だったと記憶しております。楽器は最初は、知り合いの楽器店に依頼し、寸法の小さい物を購入しました。先生は兄の友人の芸大生に頼みました。チェロとかコントラバスなどは大きい楽器ですから、割と遅くから始めるようですね。高校2年から始めて、ドイツでオーケストラに入られたコントラバス演奏家がいらっしゃいますので、何歳から始めるのがベストかと決め付けることは出来ないと思います。
管楽器の場合はピアノやヴァイオリン等と比較して、かなり遅く習い始めてもそれ相当の程度までいけるようですね。吹奏楽を中学から始めて一流のオーケストラのトップになられたトランペット奏者を知っております。
いくら早期から始めたとしてもその方の音楽的感性や環境により上達の状態が異なるのでは?趣味でおやりになられるのでしたら、年齢はそんなに重要ではないと思います。

Qバッハの平均律クラヴィア集のお薦めCDを教えて下さい。

バッハの平均律クラヴィア集のお薦めCDを教えて下さい。

先日行ったある催し物のBGMでずっとバッハ平均律クラヴィア集が流れていました。
3枚くらいCDを購入して聴き比べてみたいのですが、どの演奏者のものを選んだらよいでしょうか・・?

Aベストアンサー

No.1さんの挙げられた3点で決まりです。平均律と言えばリヒテル。まったくユニークなグールド。乱暴に言えば、シフはリヒテルに、ヒューイットやトゥレックはグールドの中に含まれています。そして、世評では前の2枚に及ばないけれど、ピリオド楽器演奏の最高峰として断然、レオンハルト。

いくつか補足を。私の意見ということでお読みください。ジャレット某は、マイルス・デイヴィスのバンドで世に出た後、ライトクラシック風?のピアノソロ作品で広く知られるようになりました。クラシックを知らないジャズのリスナーを煙に巻いたいう見方もでき、賛否両論あります。彼のバッハ録音は、今度はジャズを知らないクラシックのリスナーを慌てさせましたが、テクニック面でプロのクラシックのピアニストの平均レベルに遠く達しておらず、かと言ってジャズのエッセンスも利いていおらず、一過性の話題を提供して終わりました。こんなものを前述の3点に並べては失礼です。


レオンハルトについて、世評にかわって大きく推したいです。ピリオド楽器演奏隆盛の現在、ピアニストが素朴にピアノでバッハを弾くことさえ憚られるような雰囲気があります。リヒテル、グールドに何か一つ加えるなら、ピリオド楽器による演奏でしょう。レオンハルトの演奏は40年前のもので、マイクの近さとともに、いまどきの録音に比べると若干響きが古いものの、それでも十分に美しいし、レオンハルトに比肩できるチェンバロ奏者はまだ現れていません。

リヒテルの演奏にはバッハの音楽を静的なものとして神格化する態度、ロマン的解釈の香りが多分にありますし、グールドも彼独自のピアノ語彙に強く引付けた演奏です。もちろん両者すばらしい演奏ですが。これに対してピリオド演奏という立場は、バッハより後の時代に成立した演奏習慣を排し、バッハ時代の文献資料・バッハ時代の音楽の素養を通じて読み解こうとする態度を取ります。

それだって演奏スタイルの流行の一つにすぎません。そのように演奏するのが「正しい」ということではないのです。歴史考証の正しさにも疑問は残ります。ピリオド楽器奏者たち自身も、そこはよく意識しています。ただ、リヒテルやグールドに比べ、レオンハルトの演奏は「バッハ」に焦点をあてた比率が高いとは言えるでしょう。それに何より演奏自体が味わい深い。3種の中で一番、聴き込むに値すると私は思います。


『平均律クラヴィーア曲集』という通称はおそらく誤訳であろう、という議論があります。原題の「Wohltemperierte」は「うまく調律された」という意味ですが、「平均律」と言えばオクターブを12等分する12音平均律を指すことになり、いっぽうバッハ本人が用いた調律は古典調律と呼ばれる不等分律だったであろう、と。不等分律を使うと和音の響きが調によって異なり、バッハ時代の作曲家は、それを折り込んで調性を選択したとも言われます。でも、ちょっと聴いたくらいでは「そうなのかなあ~??」って感じなんです。今後、それを納得させてくれるような録音が出ないだろうか、というのが個人的な期待です。

いずれにせよ、前述の3枚以外に加えるほどのものが今後出るとすれば、グールド並の才能が出現するか、ピリオド演奏が次なるパラダイムに入った時の話でしょう。レコード産業が末期的に衰退した現在、「天才」「21世紀の担い手」などの誇大な宣伝文句が安売りされがちですが、グールド並の才能なんてグールド以降半世紀経っても出てないわけです。無責任な宣伝文句にはご注意を。

No.1さんの挙げられた3点で決まりです。平均律と言えばリヒテル。まったくユニークなグールド。乱暴に言えば、シフはリヒテルに、ヒューイットやトゥレックはグールドの中に含まれています。そして、世評では前の2枚に及ばないけれど、ピリオド楽器演奏の最高峰として断然、レオンハルト。

いくつか補足を。私の意見ということでお読みください。ジャレット某は、マイルス・デイヴィスのバンドで世に出た後、ライトクラシック風?のピアノソロ作品で広く知られるようになりました。クラシックを知らないジャズ...続きを読む

Q曲名が分からない時どうするか

タイトルも歌手も分からないとき、携帯に向かって歌うだけで教えてくれるアプリはいくつかあると思いますが、自分の場合、うまく行った試しがありません。何故かと言うと、ほとんどの場合、クラシックをハミングして聞かせるからです。歌詞もないし、メロディの一部だけを歌ってもなかなか認識せず、万一出て来たとしても原曲ではなく、誰かが歌詞を付けたアレンジバージョンです。当然タイトルも勝手に変えられているので結局原曲のタイトルは不明のままです。

例:エルガーの威風堂々が思い出したい。
検索結果1:sweetboxのI Miss You
検索結果2:アニメあたしんちの主題歌 きてきてあたしんち

さらに自分で【検索結果のタイトル 原曲】などと検索すればやっとたどりつくこともありますが、非常に手間です。見つからないこともあります。また、クラシックは1つの曲にしても、良く耳にする一部分のメロディが出てくるまで15分くらい聞き続けないといけないものも珍しくないので、とても大変です。

皆さんはクラシックの曲でタイトルが思い出せない時、どうしていますか?
今私の頭の中に鳴っている曲は何なのか・・・
禿げ山の一夜でもなかった、ホルストの火星でもなかった、マーラーの巨人の最終部分でもなかった・・・アプリは認識してくれない・・・気持ち悪いです(´ へ`)

クラシックを特に良く認識してくれるアプリってないんでしょうか。
たびたびこういうことがあるのですが、どうしたら良いと思いますか?
周りにはクラシックファンが他にいないので口ずさんでも「?」です・・・。
色々聴いているうちに何を探しているのか分からなくなってきて毎回終わりです。残念。

タイトルも歌手も分からないとき、携帯に向かって歌うだけで教えてくれるアプリはいくつかあると思いますが、自分の場合、うまく行った試しがありません。何故かと言うと、ほとんどの場合、クラシックをハミングして聞かせるからです。歌詞もないし、メロディの一部だけを歌ってもなかなか認識せず、万一出て来たとしても原曲ではなく、誰かが歌詞を付けたアレンジバージョンです。当然タイトルも勝手に変えられているので結局原曲のタイトルは不明のままです。

例:エルガーの威風堂々が思い出したい。
検索結果...続きを読む

Aベストアンサー

弾いちゃお検索
http://gigazine.net/news/20140228-perform-and-search/
あとは片っ端から聞いて確認するしか無いです。
有名な曲なら、何とかのシーンとか関連図けられる物が無いとGoogle検索でもヒットしないと思います。


人気Q&Aランキング