教えて頂きのですがLED(電球が無い照明?)ってありますよね。
あれがよく分からないのですが以前ホームセンターのチラシにクルマの鍵
などに付ける小さいタイプの物(キーホルダーみたいな感じ)が出ていたのですが

「ボタン電池4個で5万時間点灯、電球を使用しないので玉切れの心配が無く
 振動に強い、電球よりもはっきり見える」

というような意味合いの事が書かれていて、大体2千円前後だったと
思います。5万時間はさすがに嘘っぽいですが仮に1万時間としても
1年以上点けっぱなしに出来るという事になりますよね。
そこで質問なんですが

(1) なぜここまで消費電力が少ないのか?

(2) 何となく電球と比べて直線的な光のような気がするのですが・・・

(3) 懐中電灯としてはあまり広まってないような気がするのですが実際の所は?

(4) ボタン電池4個ということは低い電圧では使えないという事でしょうか?

 以上1つでもご存知の方がいらっしゃいましたら回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

LED,って発光ダイオードのことですよね?



(1) なぜここまで消費電力が少ないのか?
>半導体だからです。
>そのため、発熱量が豆電球に比べて少なく、
>これによりエネルギーのロスが少ないわけです。

(2) 何となく電球と比べて直線的な光のような気がするのですが・・・
>出す光の周波数が一定だからです。
>モノによっては1.5kmまで届くやつもあります。

(3) 懐中電灯としてはあまり広まってないような気がするのですが実際の所は?
>コストが豆電球に比べて高いからです。

(4) ボタン電池4個ということは低い電圧では使えないという事でしょうか?
>高輝度のためには高い電圧が必要かと。
>普通のLEDでも低電圧のものも少なからずあるかと。

・・・だったかな?

参考URL:http://www.st.hirosaki-u.ac.jp/~mate_phys/Specia …

参考URL:http://www.st.hirosaki-u.ac.jp/~mate_phys/Specia …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。
的確な回答ですっきりしました,ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/21 09:05

(3)の使っている感想です。



実際に山や、夜寝ながらちょっと本を読むときに使うのはヘッドライト式のLED3灯式を使っています。
電池は単四2本です。
 
使える寿命は、夜の山歩き等では、点けっ放しで使っているのですが、温度にもよるでしょうが、素人(私)の使い方では一晩二晩は十分に使えます(焦点距離調節は出来ないが、広く光が広がるし、兎に角軽いです) 

上記にプラスして、焦点距離の調節できるクリプトン電球式等のを、手持ちでつけたり消したりして使っていますが、LEDは電池の心配なく常時つけっぱなしに出来る安心感は素人にはありがたいです。

次の機会にもう一つ購入して、同じベルトに二つのLED(3灯式以上)を前方左右につけて明るい部分を広げようと考えています。そして真ん中に調節化膿の電球式を着けたら使いやすいのではと素人考えしています。"(^_^;)"
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。
実際の使い勝手がかなり良さそうなんで安心しました。
明るくて電気の消費が少なく、その上軽いと言うのは助かります。

 詳しく書いていただきありがとうございました。

お礼日時:2002/01/23 11:24

(1)から(3)については他の方が答えていらっしゃるので


(4)についてのみ。
LEDというのは一応半導体ですので、電圧はきまっています。
赤色LEDが1.7V程度、緑色等が1.8V程度です。
ただし、実際には高めの電圧をかけ電流制限をかけて使う
というのが一般的です。
電流制限には抵抗や定電流ダイオードが使われます。
電流については、通常のLEDで最大25mA程度のようです。
普通は10mA程度で使うのが一般的でそれから考えると
5万時間は到底無理ですね(3日持つかどうか)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。
やっぱり5万時間は無理ですよね。
電流制限・・・うーん、僕には難しいです。

 詳しい回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/21 09:20

>「ボタン電池4個で5万時間点灯、電球を使用しないので玉切れの心配が無く


>振動に強い、電球よりもはっきり見える」

おそらく、LEDの寿命が5万時間なのであって、電池は5万時間も持たないと思いますよ。
もし、電池が5万時間もつと広告に書いてあったらジャロに言うじゃろ。(笑)

(3)の質問ですが、
最近、LEDの懐中電灯も出回るようになりましたね。
ただ、普通の懐中電灯に比べて高いので、
アウトドア用や整備士の作業用ペンライトが主なようです。

参照URLを見るじゃろ。m(__)m

参考URL:http://shop.goo.ne.jp/store/aandf/ctg/000257.jsp
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。
下のURLを見せて頂きましたが、ジャロのお世話に・・・(笑)
それでも電球に比べてかなり長持ちみたいですね。
ペンライト高すぎですね。

 ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/21 09:17

1)は発光ダイオードはエネルギー変換率が高いからです。


電球を点灯させると電球自体が熱いですよねこれはエネルギーが発光以外に熱にも替わっているからです。発光ダイオードも発熱はしますが発熱量は僅かです。
2)は飛ばして(あまり暖かみのない光です表現で??いい?)
3)は光量が低いのです。当然懐中電灯にするのには数を増やすか、1個当たりの発光量を上げなければなりません。しかし数を増やすには数百個も必要になり、発光量を増やすと高額になります。(最近の信号機や踏切りの赤ランプが発光ダイオードになっていますがそれでも1個では無くたくさんをまとめて使っています。)

後はもう少し調べてみます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。
そう言えば「なんかこの信号明るいな・・・」
と思っていたのですがこういう事だったんですね。

 ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/21 09:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q照明の豆電球を懐中電灯用の豆電球に

自宅の一般的な照明用の豆電球が暗いので、より強力な光が得られる懐中電灯用の豆電球に変えて使用しても大丈夫でしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No2の方が言われる様に、直流用に入れ換えてはダメです。
電圧が違うから焼き切れちゃうし、それに口金の径が違います。

素直に、お使いの照明機器に許される内で、ワット数の大きい物を使うのは?
白い物からクリアーにするだけで、光量2割アップです。
それに、我が家の台所は2.5Wなのですが、5Wや10Wの物もある様ですよ。
              ↓
http://www.ohm-direct.com/shopbrand/016/007/X/

但し、器具指定のワット数を超えた物を使うと、カバーの有る物だと当たってしまう事が、発熱によりカバーが溶ける・燃える。 形やガラス部の大きさが違うと、取付部の余裕が無く、買った電球が取り付けられないかも?。

         --------    --------
照明器具に付いている豆電球は100V/2.5W、懐中電灯は4.8V/0.5A。
中学で習う「電力Wは電圧V×電流A」ですから、100V/2.5Wの電球には0.025A流れます。
一方、懐中電灯の物は4.8Vの時0.5Aです。
これは、高さ100Vの所から流れる穴の太さ0.025A、片や4.8Vの高さから流れる太さを0.5Aとすると。この4.8Vを100Vにつなぐのですから、同じ0.5Aの穴を通ると0.5A×約20倍(100V/4.8V=20)で10A?だから 100V×10A≒1000Wにもなり。いっぺんでバーン。終わり。

つながった瞬間、フィラメントが焼き切れます。もちろん瞬間的に大きな発熱により、ガラス部
が加熱、電球内部の空気も膨張。よって電球の破裂に至る可能性が大!。

No2の方が言われる様に、直流用に入れ換えてはダメです。
電圧が違うから焼き切れちゃうし、それに口金の径が違います。

素直に、お使いの照明機器に許される内で、ワット数の大きい物を使うのは?
白い物からクリアーにするだけで、光量2割アップです。
それに、我が家の台所は2.5Wなのですが、5Wや10Wの物もある様ですよ。
              ↓
http://www.ohm-direct.com/shopbrand/016/007/X/

但し、器具指定のワット数を超えた物を使うと、カバーの有る物だと当たってしまう事が、発熱により...続きを読む

Qリビングにダウンライトが6個あり、そのうちの一個の電球型蛍光ランプが切

リビングにダウンライトが6個あり、そのうちの一個の電球型蛍光ランプが切れました。ソケットは横向きになっているダウンライトです。
電球は〇ショナルのパ〇ックボールEFD22EL(電球色)、3H18Dと記載された商品です。
チカチカと点滅し始めたので、「間もなく切れる」と思い、切れる瞬間を見ていました。
すると、「ボンッ!」というか「パンッ!」と言うような、やや大きな音がして、その瞬間に小さな火の子の様な、火花というか、確実に何かが燃えた小さなカスが床に落ちました。
小さな火でしたので、床が焦げたりするほどではありませんでしたが。
恐ろしくなり、すぐ電球をソケットから外そうとしましたが、猛烈に熱くなっていました。
点灯時に熱を帯びるのは当然ですが、破裂音・火の子(火花?)、触れないほどの熱。
電球切れの際って、こんなもんですか?メーカーに送ったほうが良いですかね?
実際始めて目にしたので....。
仮に、何か可燃物の上に火が落ちていたとしたら、恐ろしいですよね。

Aベストアンサー

補足ありがとうございます。
当方で調べましたところ
該当機種(HEA1235E)は
生産完了品らしく、データー等がwebカタログで
見つかりませんでした。
たぶん後継機種であろうモノで確認したところ
この機種は、パルックボール(スパイラルタイプ)が
標準装備である様です。
ですので今回のことは、メーカーに直接
状況を説明する前に、お住まいを建てられた
工務店なり、中介業者なりに
こういった事があったと、伝えてみて下さい。
それでも進展が無い場合は、メーカーに直接
連絡してみては、如何でしょうか
ただし小生の言ったやり方では
少々時間がかかる事は、ご理解いただきます様
よろしくお願いいたします。

では乱文ですが、この辺で

QLED電球には1個1個に変流器が回路として使われていると聞きました。

LED電球には1個1個に変流器が回路として使われていると聞きました。
であれば、家庭のブレイカーに変流器を設けて室内に直流を配電できれば
直流を必要とする家電はもっと簡素になると思われますが、そういう対応は
現実的には問題があるでしょうか。

Aベストアンサー

昔から、そういった構想はあるにはあったのですが、ほとんど立ち消えに
なってきたようです。

ACアダプタの類が不要になるのですから、本当はその方がはるかに
いいのですが・・・・

最近になって、太陽電池発電の普及や、エコロジーの観点からも結構
本気で検討に入り始めたようです。
http://www.shopbiz.jp/ac/news/37039.html
http://kankyomedia.jp/news/20091215_7348.html

最大の問題は普及にかかるコストですよね。
各家庭にAC-DCコンバータをつけて、屋内配線を付け直すなど考えると
とんでもない費用がかかりますね

本当は地デジなんかよりも、こっちの方が省エネには効果的だったの
でしょうけど・・・

QLED電球を点けると変な音がする。

 風呂場の100V 60W 白熱電球の代わりにLED電球のLuminous LEC-Q600Dを取り付けてみたら、ちゃんと点いたんですが、そのかわり壁に付いている風呂場の電気を付けるスイッチの奥から、ジージーという変な音がし始めました。
 風呂場のランプの所の注意書きは60W以下の器具を使用し、白熱電球を使ってくださいと書いてあるので、LED電球が対応していないのでしょうか? それともLuminousがだめなのか、風呂場の電気配線がLED電球に対応していないのでしょうか?

Aベストアンサー

電源として対応していないとは考えにくいのですが、今一度白熱電球に戻すと
音はしなくなるのでしょうか…

ひとつだけ注意点があります。
LED電球や電球型蛍光灯はごく一部の製品を除き、密閉型器具に対応していません。

風呂場の明かりは水分から守るため多くは密閉されています。
このような器具では、ほとんどのLED電球または電球型蛍光灯は使えません。

説明書やパッケージに記載されていると思いますので、ご確認下さい。

Q鉛電池+コンバータ+LED電球、電池容量は?

 年に一度のお祭りに提灯の灯りとしてLED電球(40W相当)を使いたいと考えております。
 
12V電源+DC/ACコンバータ+LED電球を接続し12V電源の電流を測定したところ約800mA
でした。
 1日4H、最大9日点灯とするとバッテリー容量は800mA*4H*9日=28.8Ah+アルファと考えられると思います。
 尚 充電は年1回です。

 質問1 容量の計算は正しいでしょうか。
 質問2 鉛電池は年一回の充電でも10年くらい使用できるものなんでしょうか。
      また鉛電池に代わる安価で上記使用に適した電池その他よい方法がありましたら教えてください。


  以上宜しくおねがいします。

Aベストアンサー

容量の計算は合っていると思います。
DC-ACコンバーターは、バッテリーが10V以下になると停止します。なので全容量は使えません。
28.8Ahだと40Bの安売りが使えますが、途中で数回の充電が必要です。
自宅に持ち帰り、充電してまた持ってゆけばOKです。
持ち帰れなければ3~5千円なので、2個買うか、大型を買う必要があります。
大型は高くて重いです。

年に1回の充電では、次の年にはサルフェーションで容量が落ちています。
サルフェーションを防ぐには毎月の充電が必要ですが、祭礼の後ご自分の車に使うか、友人の車にあげれば喜ばれますし、充電のメンテナンスがいりません。
毎月充電していれば10年持ちます。毎月のメンテナンスができるか?面倒か?ですね。

容量当たりの価格は、車用バッテリーより安い物は無いと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報