こんばんわ。夜遅いですけど明日の朝までにできれば回答がほしいです。

 まず、ポーランド語で、「私の名前は○○です。」と、ポーランド語とスペイン語の両方で、「あなたの名前は何ですか?」という日本語を訳してカタカナで答えてもらいたいです。
 
 どなたか答えがわかる方お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

あなたの名前は何ですか?


[ポ] Jak pan(pani) sie、 nazywa? //男性(女性)
-- ヤク パン (パニ) シェン ナズィヴァ
[ス] ? Como se llama usted ?
--- コモ セ リャマ ウステッ

私の名前は○○です。
[ポ] Nazywam sie、 ○○ .
-- ナズィヴァム シェン ○○
[ス] Me llamo ○○ .
--- メ リャモ ○○


ポーランド語解説
-- pan / pani :: Mr. / Mrs. のように男性 / 女性 の敬称
-- sie、    :: e の下にひげがついてます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

夜遅くにありがとうございます。でも、自分で調べていて別の表現があったので少し困惑しています。自信がないということなので、なるべく自信のある方、お願いします。

お礼日時:2006/03/24 01:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこんにちは。少しでも英語に触れたく、英国住まいのポーランド人の女性と英

こんにちは。少しでも英語に触れたく、英国住まいのポーランド人の女性と英語でメールしておりますが、私の英語力が低いため、意味がよく理解できない文面がありました。どうかお時間のあるときにでも、助けていただけましたら幸いです。

I gave my notice on Saturday as well, it wasn't very nice experience, but I had to do it, as I am going away for maybe 7 months.
This company was quite good, but as all companies like to take but do not give anything in exchange.
It is very sad, but actually I am leaving very disappointed with my comapny were I was working for past 3 years.

この文面から「I gave my notice」とは、どのような通知を(会社?)に渡したのか解りません。
「but as all companies like to take but do not give anything in exchange.」とは、会社が何を取り、交換(?)しないと言っているのでしょうか?
彼女がなぜ会社に失望(がっかり?)し、悲しいのかよく理解できずにいます。

どうかよろしくお願いいたします。

こんにちは。少しでも英語に触れたく、英国住まいのポーランド人の女性と英語でメールしておりますが、私の英語力が低いため、意味がよく理解できない文面がありました。どうかお時間のあるときにでも、助けていただけましたら幸いです。

I gave my notice on Saturday as well, it wasn't very nice experience, but I had to do it, as I am going away for maybe 7 months.
This company was quite good, but as all companies like to take but do not give anything in exchange.
It is very sad, but actua...続きを読む

Aベストアンサー

まず質問者さんの英語に対する理解度はじゅうぶんにおありなのだと思います。やはり誰でもそこでつまづくでしょう。というのは、相手が正しい英語を書いていないからです。一方で、英語に慣れているだけではなく、「東欧人が話す英語」に慣れている人や、会社の仕組みというものを知っている人なら、もう少し、意味が想像できます。

「notice」はここで見る限り「通知」としかわかりませんが、「7ヶ月、留守にする」と言っているのだから、とりあえずその「留守にします」という通知だと解釈するのが自然でしょう。ただし「as well(同様に)」は、それよりも前に書かれていたことを受けているはずですから、前の記述に「notice」が何であるかのヒントがあるかもしれません。

後半については、「会社というものは搾取するばかりで、代わりに何かを与えてくれるわけではないものだということを、悟りつつある」としているわけですから、そりゃ失望しますよね。ただし、その3年勤めた会社で具体的に、何を奪われ、何を与えてもらえなかったのかは、確かにわかりませんよね。通算7年の会社員生活を経験した私から考えても、たかだか3年しか働いていない会社が何を与えてくれるのか想像つきにくいですし、むしろ、会社員は3年のあいだに「与えてもらう」というよりは「仕事のやり方を盗む」ものだと思うのですが、筆者にはなにか、タダ働き同然の扱いを受けたような思いでもあったのでしょうか。そのあたりは、返信の中で質問してみてはどうでしょう。ちなみに、とりたてて居心地の良いところだったとも書いていませんよね。

まず質問者さんの英語に対する理解度はじゅうぶんにおありなのだと思います。やはり誰でもそこでつまづくでしょう。というのは、相手が正しい英語を書いていないからです。一方で、英語に慣れているだけではなく、「東欧人が話す英語」に慣れている人や、会社の仕組みというものを知っている人なら、もう少し、意味が想像できます。

「notice」はここで見る限り「通知」としかわかりませんが、「7ヶ月、留守にする」と言っているのだから、とりあえずその「留守にします」という通知だと解釈するのが自然でしょう...続きを読む

Qスペインのスペイン語と中南米のスペイン語

スペイン語を習おうと思っています。
グループではなく個人でのレッスンを探しているのですが、
中南米の先生を選ぶかスペインの先生を選ぶか迷っています。
中南米と言うと広いですが、メキシコかペルーになりそうです。

中南米のほうが活用が少ないからラクなのかなとも思うし、
スペイン人はcとzを英語のthで発音するけれど、
中南米ではc, z, s を同じ音で発音するから聞き取りにくいとも聞きます。

vosotrosを使うスペインのスペイン語で覚えたほうが
両方わかるようになるのかなとも思うのですが、
音の響きはメキシコあたりのほうが好きで、友達も南米人です。
でも、旅行なら南米よりもスペインの方が行く可能性が高いです。

どちらの方がもう一方で通じやすいというのはあるのでしょうか。
どちらでも通じないことはないという意見も目にしますが、
中南米のスペイン語を習ってしまって、スペイン人がvosで話したときに
何のことかわからなくなってしまうなんていうことはありますか?

Aベストアンサー

スペイン語学習者です。

私も初心者の頃はどうすべきか迷いました。
結論としては好きな方を選べば良いです。

スペインのスペイン語も中南米のスペイン語も聞き取りの難易度は同程度です。
cとzの発音にしてもスペインと中南米では違うということだけ頭に入れておけば
問題ありません。
スペイン語は綴りと発音が一致しているので違いだけ知っておけば何と発音しているかわかります。

実際に中南米出身者に尋ねたことがありますが「スペイン語はスペイン語だ」と
いうように自分たちは使わない発音・単語であっても通じないことはほぼないようです。
例えばスペインではel ordenadorというものが中南米ではel computadorや
la computadoraになったりしますが、ネィティブにはそれが何のことかわかります。
経験上、中南米の方が米語をそのまま単語として取り入れることが多いように思います。
動物や植物の名前は多少地域で違いがありますが我々が外国語として学ぶには
その都度違いを覚えれば良いので大きな問題ではありません。

vosotrosの活用ですが使うかどうかに関わらず覚えた方が良いです。
他の回答者さんからもでていますが大した労力ではありません。
パターンをうまく利用して覚えてしまったほうが良いと思います。

教材に関してはどうしてもスペインのスペイン語のものが多いですね。
私は中南米のスペイン語の方が好きで中南米のスペイン語で教材を探しましたが
結局スペインのものを使う機会が多いので、発音は中南米風、単語は両者ごちゃまぜと
なりました。(でも問題ないです)
また、スペイン語の映画はスペイン制作のものの方が手に入りやすく、ニュースも
スペインからの放送(例えばBSで視聴できるスペイン国営放送)のものが多いです。

もしレッスンのトライアルがあるなら両者のレッスンを比べてみても良いかも知れません。
それができなければより惹かれる方でかまわないと思います。

スペイン語学習者です。

私も初心者の頃はどうすべきか迷いました。
結論としては好きな方を選べば良いです。

スペインのスペイン語も中南米のスペイン語も聞き取りの難易度は同程度です。
cとzの発音にしてもスペインと中南米では違うということだけ頭に入れておけば
問題ありません。
スペイン語は綴りと発音が一致しているので違いだけ知っておけば何と発音しているかわかります。

実際に中南米出身者に尋ねたことがありますが「スペイン語はスペイン語だ」と
いうように自分たちは使わない発音・単語であっ...続きを読む

Qポーランド語で「暑いですね。」は何といいますか。

知り合いにポーランド人がいるのですが、いわゆる
「こんにちは」などのあいさつの後に
「暑いですね。」と話してみたいです。

ポーランド語は読めませんのでカタカナで教えてもらえませんか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

暑いですね=ゴロンツォ、プラヴダ?

goranco=ゴロンツォ=暑い(a=aの下に補助記号発音は「オン」、rは巻き舌「ル」、cは「ツ」)

prawda?=プラヴダ?=(文末で)・・・ですね?(wは英語のv、発音は「ヴ」)

Qスペインのスペイン語か中南米のスペイン語?

スペイン語検定を受けるとしたらスペインのスペイン語を勉強した方が良いのでしょうか? 私は中南米のスペイン語を勉強したいのですが、検定があるのかわからないので迷っています。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は南米でスペイン語を勉強し、日本に帰ってからスペイン語の検定を受けました。
南米で学んだスペイン語だから検定のときに困ったということは、ありませんでした。

ある程度使えるようになった後に、スペインではこういう言い方をするけれど、南米のこの国ではこの言い方をするのかと思うことはありますが、先の回答の方がおっしゃっている通り、始める段階で考える必要はないかと思います。中南米でも国や同じ国でも地方によって、物の呼び方や言い回しが違うことはよくある事ですが、それで話が通じないというわけでもないです。

私も南米のスペイン語が好きです。勉強がんばってください!!

Q冬のポーランド

こんにちは。
大学4年、女です。

卒業前に、海外一人旅をしようと思っています。
英語はある程度話せます。また、先月はパリへ一人旅(ツアー利用ではなく個人旅行)しました。

今、私が一番興味を持っているのはポーランドです。
ひとつは、クラシックに興味があるのですが、中でもショパンが大好きなのでぜひポーランドに行ってみたいと思った事。もうひとつはアウシュヴィッツ収容所も見てみたいと思ったからです。

そこで質問なのですが、やはりポーランドは東京よりだいぶ寒いと思うのですが、1月か2月に旅行に行くのは無謀でしょうか?「極寒」とガイドブックにはありますが、なかなか想像がつかないもので・・・。

また、英語以外はほとんど話せないのですが、一人で行くのは危険でしょうか?
ポーランドに行かれた方のご意見を聞きたいです。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

こんにちは。
30代女性、ワルシャワとクラクフを5年ほどの2月に前に一人で旅しました。
かなり雪が降った日があり、さすがに観光はあきらめましたが、極悪に寒いということはなかったです。主観ですが。厚手のコートに、カイロの用意くらいしておけば良いのでは・・・?
観光スポットなら英語も通じます。確か週末割引でグレードの高いホテルに泊まっていたので、スタッフとは英語で話せました。
クラクフは「観光地~!!」というムードで、鉄道駅を降りた途端に客引きの嵐でしたが、「NO!」と主張できれば大丈夫。
アウシュヴィッツは、鉄道駅からのんびりした緑地帯沿いの道が続いていて、晴れた日にはとても気持ちが良いです。
では、楽しんでいらして下さい☆

Q【スペイン語】スペイン人が「jaja」「jaja」とうるさい。 スペイン語でjajaってどういう意

【スペイン語】スペイン人が「jaja」「jaja」とうるさい。

スペイン語でjajaってどういう意味ですか?

Aベストアンサー

「ハハ ハハ」って笑っているの。

Qポーランドからイギリスへの入国

はじめまして。

私は現在ポーランドの大学で学生をしております。
2月23日で旅行者カード(滞在許可)が切れます。
本来なら45日前までに滞在延長申請をしなければならないのですが、
クリスマス休暇前後で日本に帰国をしていたため、期日に間に合いませんでした。

日本に帰る前に、今住んでいる場所のパスポートオフィスに問い合わせて、期日が少し早いが手続きが出来るか、聞いたところ、日本との2国間の協定で、一度ポーランドを出国すれば、90日間の滞在延長が出来るから、日本からポーランドに戻ってきてからでも、滞在申請ができると言われました。
ですが、実際はカードの記述の方が重要らしく、23日にポーランドを出て5日程シェンゲン外の国に滞在して戻って来て、90日の有効期限を復活させた後、滞在延長手続きをしなさいと言われました。

そこで、イギリスに一週間滞在しようと考えておりますが、色々調べたところ、入国審査がとても厳しいとの評判を聞きました。
このような条件ではイギリスへの入国は厳しいでしょうか?

(1)イギリスではロンドンに一週間滞在して、観光しようと思っています。
(2)航空券はポーランドからの往復航空券になります。
(3)ポーランドに住んではいますが、カードの期限が切れてから5日以上の滞在なので、ポーランドに関する証明書がありません。(期限切れのツーリストカードだけです)
あとは、ポーランド語で書かれた学生手帳だけです。
(4)ポーランドはシェンゲン内ですが日本との2国間協定でポーランドを出国してから5日以上たつと、ビザ無しでまた90日ポーランドに滞在できます。

入国のさい、つっこまれたら、正直に答えようと思っているのですが、
もし、入国拒否にあいポーランドに送り返されてしまうと大問題です。

それとも、トルコや別のシェンゲン協定国外に滞在した方が無難でしょうか。
何ぶん、ポーランドより東の方へ行った事が無く少々不安です。

お知恵を頂ければ幸いです。

はじめまして。

私は現在ポーランドの大学で学生をしております。
2月23日で旅行者カード(滞在許可)が切れます。
本来なら45日前までに滞在延長申請をしなければならないのですが、
クリスマス休暇前後で日本に帰国をしていたため、期日に間に合いませんでした。

日本に帰る前に、今住んでいる場所のパスポートオフィスに問い合わせて、期日が少し早いが手続きが出来るか、聞いたところ、日本との2国間の協定で、一度ポーランドを出国すれば、90日間の滞在延長が出来るから、日本からポーランドに戻って...続きを読む

Aベストアンサー

〉(4)ポーランドはシェンゲン内ですが日本との2国間協定でポーランドを出国してから5日以上たつと、ビザ無しでまた90日ポーランドに滞在できます。

これは確実なんですよね?シュンゲン協定のルールでは出国してもノーカウントにはならないので、ポーランドとの独自ルールということになると思うんですが、その点は大丈夫、という前提で・・・。

〉(1)イギリスではロンドンに一週間滞在して、観光しようと思っています。
〉(2)航空券はポーランドからの往復航空券になります。

で、あれば、日本人に関してはそんなに厳しくないと思います。
できれば、滞在先を事前に決めていかない場合でも、適当なホテルをガイドブックで選んで滞在先として用意すると万全です。

イギリスが主に警戒しているのはテロリストと、不法就労者、不法滞在者です。
ですから、滞在期間が長期でだったり、帰りのチケットがない、滞在先が友人宅という場合にいろいろ聞かれます。
行ったことがないということで、たぶん、いらっしゃらないと思いますが、英国内に友人がいても、聞かれた場合は”いない”と聞かれるのが無難です。

それから、学生証は有効だと思います。ポーランドに帰らないといけない理由(学校)というものがあるということが証明できますから。見せるように言われるかどうかは、担当官次第ですが、すぐに見せられるように準備しておいた方がいいでしょう。職業も大学生とはっきり答えてくださいね。

カードの期限切れということを気にしてらっしゃいますが、期限内に出国しているので、その時点で書類上問題はないですし、その後の再入国に関してまで英国の入国管理国は気にしないと思います。不法滞在期間があるとまずいですけどね。

英国は確かに審査は厳しいですが、観光、短期、往復チケットあり、有職(含む学生)、であれば、それほど、面倒な質問は経験上ないので、心配しなくていいと思いますよ。

〉(4)ポーランドはシェンゲン内ですが日本との2国間協定でポーランドを出国してから5日以上たつと、ビザ無しでまた90日ポーランドに滞在できます。

これは確実なんですよね?シュンゲン協定のルールでは出国してもノーカウントにはならないので、ポーランドとの独自ルールということになると思うんですが、その点は大丈夫、という前提で・・・。

〉(1)イギリスではロンドンに一週間滞在して、観光しようと思っています。
〉(2)航空券はポーランドからの往復航空券になります。

で、あれば、日本人に関しては...続きを読む

Q「夜がんばる」をフランス語かスペイン語で

婉曲表現ですが、「夜がんばる」(夜、奮闘する)をフランス語かスペイン語で考えています。
(動詞)por la noche までは思いつきましたが動詞が思い浮かびません。

Aベストアンサー

ご質問のご趣旨は、明治時代に流行していた
『仁』のことと解釈して、お答え致します。

この文脈ですと、夜を dans l'noir と無音のeを省略で

● Dans l'noir, on met le petit oiseau dans sa niche.

● Dans l'noir, on va faire une partie de baise-balle.

 野球嫌いでも、この言い回し baise-balle は、良く使われます。

 今回は、婉曲な表現に留めておきました。

Qブラントの「跪いての献花」に対するポーランドの評価

最初に、ウィキペディアには以下のように書いてあります。
(多少関係ない部分でも、細かいところは省略しないで書いてあります。また、改行は自分で勝手につけさせていただきました。)

1970年に西ドイツのヴィリー・ブラント首相がポーランドを訪問し、ワルシャワ・ゲットーの前でひざまずきナチスの犯罪に対して深い謝罪の姿勢を示したが、
その一方で帰国後に「戦後のドイツ人の旧東部ドイツ領からの追放という不正はいかなる理由があろうとも正当化されることはない」とテレビで演説し、
ポーランド側の加害行為をも批判している。ブラントはあくまでも「ユダヤ人迫害」について謝罪したのであって、第二次大戦やポーランドへの侵攻を謝罪したのではない。
ブラントのポーランドに対する態度は、ナチスがポーランドに被害を与えたことは認めつつも、それは東部ドイツ領の併合とドイツ人に対する迫害により相殺されるというものであった。
また、この「跪いての献花」について共産党政権下のポーランドでは公表されず、一般のポーランド人にはほとんど知られていなかった。
したがって、これがポーランドの対独世論を変えたというわけではない。

(中略)

2006年に開かれた、ドイツ人追放者を扱った展示会「強いられた道」に関し、ポーランドのヤロスワフ・カチンスキ首相は「とても悲しく、心配だ」とコメントし、
2007年になると、以前からドイツとポーランドやチェコとの間で外交問題となっていたドイツ人追放を取り上げた「反追放センター」の建設に関する対立も加わって、
追放者問題を巡りドイツ・ポーランド関係は「戦後最悪」と報じられるほどに険悪化することになる。

自分も最初はこの記述を鵜呑みにしていたのですが、木佐芳男氏の本を読み、上の記述に疑問を感じました。
木佐氏はドイツの戦争責任の追及が不十分だという立場からですので、ドイツに有利になるような嘘は書かないと思うのです。
そこで、

・ブラントの謝罪は、ポーランドではだれに対する謝罪だと受け止められたのか
・ブラントの謝罪は、当時のポーランド国民に伝えられることはなかったのか
・ブラントの謝罪は、ポーランドでは評価されているのか
・ドイツ=ポーランド関係は、近年悪化しているのか

の4つのことに関して答えていただきたいのですが、
その際、ネットのみの知識や本を数冊読んだ程度の知識ではなく、
ヨーロッパ、できればポーランドの事情に詳しい方にお聞きしたいです。

回答よろしくお願いします!!

最初に、ウィキペディアには以下のように書いてあります。
(多少関係ない部分でも、細かいところは省略しないで書いてあります。また、改行は自分で勝手につけさせていただきました。)

1970年に西ドイツのヴィリー・ブラント首相がポーランドを訪問し、ワルシャワ・ゲットーの前でひざまずきナチスの犯罪に対して深い謝罪の姿勢を示したが、
その一方で帰国後に「戦後のドイツ人の旧東部ドイツ領からの追放という不正はいかなる理由があろうとも正当化されることはない」とテレビで演説し、
ポーランド側の加害...続きを読む

Aベストアンサー

当然ながらあらゆる国家において、すべての国民の意思がひとつ、というわけではありません。
ドイツ国内でも"SPDの党首が"ワルシャワで片ひざをついた"パフォーマンス"に反対する
論調は多いですし、ポーランド国民の"全員"が知っているわけでは無いでしょう。

国家は、複数の意思によって成立する共同体ではありますが、
一方で個人の経験が完全に共有されることはありえません。
だからこそ国内のひとつの論説が、すべて国民が共有する共通認識とはなりえないのです。
よって、逆に自説の強化のために、ひとつの論説のみを引用することは
詭弁や、あるいは遊興の域を出ず、問題の解決という点においては
あまり意味を持たないのではないかと思うのです。

唯一、国家間の歴史問題において意味を持つ正式な意思の表示は
合意の下に成立した、明文化された条約のみである、ということを
まず前提にすべきではないでしょうか。



以上、余計な前置きでした。
では本題です。

・ブラントの謝罪は、ポーランドではだれに対する謝罪だと受け止められたのか
一般的な解釈では、本人が言及している通りやはり「ユダヤ人犠牲者」に対してですよね。
ポーランドでは今でもユダヤ人犠牲者への鎮魂の式典が継続していて、
毎年ゲストとして呼ばれている在ポーランドイスラエル大使が、
"大戦時のポーランド系ユダヤ人への迫害"を糾弾しています。
(これに対して、ポーランド人からは、いやいや犠牲者はユダヤ人だけじゃないでしょ?
という反応も出ていないようですし。)


もちろん、対象という面では拡大されうるかもしれません。
同日に調印された条約である、ワルシャワ条約(1970)の前文によると
「ポーランド人がヨーロッパにおける大きな苦しみの最初の犠牲者」であることを
「(平和的共存のために)"想起する"」とされています。国家の取った態度としては
ポーランド人の犠牲を考慮していない、ということでは無いのです。
そもそもブラントさん自身が「殺害された数百万人の記憶に敬意を払う」と言ってますし。

(ただ、これらの言葉が"謝罪"してるかというと・・・・"想起"や"敬意"を"謝罪"と
同じとみなせるか、ということですよね。うーん?どうなんでしょう。)



・ブラントの謝罪は、当時のポーランド国民に伝えられることはなかったのか
知る権利などというものが存在しないのは共産主義政権の常ではありますが、
特にポーランド人民共和国の報道規制はかなり厳しかったことが知られています。
外国からの電波にすべてジャミングを合わせる徹底ぶりでした。
とはいえ、この件に関しては意図的な報道規制の形跡はないですし、
そもそもあれだけ多くの人の前で行われたパフォーマンスに対して、
国民すべての口をふさぐ、ということは不可能ではないでしょうか。

もちろん、興味が無ければ知らないでしょうけれど。
実際の問題として、パフォーマンスが意味を持つ
西側諸国のお祭り騒ぎほどではないでしょうから。


・ブラントの謝罪は、ポーランドでは評価されているのか
評価していないのはドイツ人だけ・・・ゲフン。
やはり、知らない人もいるかと思うのですが、ドイツ国内で反発が大きいことも
セットで伝わっているので、いろいろ思うところはあるんじゃないでしょうか。

ただ、行為そのものを否定的に捉えたりはしていないでしょう。
いまではブラントさんの記念碑がワルシャワゲットーの前に刻まれていますし。



・ドイツ=ポーランド関係は、近年悪化しているのか
特定の政治団体にとっては、悪化している!といいたいのでしょうけれど、
これに関しては良くも悪くも、いつもどおりかと思います。
特段、意味のある糾弾決議などは出ていないです。

当然ながらあらゆる国家において、すべての国民の意思がひとつ、というわけではありません。
ドイツ国内でも"SPDの党首が"ワルシャワで片ひざをついた"パフォーマンス"に反対する
論調は多いですし、ポーランド国民の"全員"が知っているわけでは無いでしょう。

国家は、複数の意思によって成立する共同体ではありますが、
一方で個人の経験が完全に共有されることはありえません。
だからこそ国内のひとつの論説が、すべて国民が共有する共通認識とはなりえないのです。
よって、逆に自説の強化のために、ひとつ...続きを読む

Q日本語→スペイン語に翻訳できるURLないですか?(または英語→スペイン語でも)

簡単な翻訳のできるサイトないでしょうか?
URL教えてもらえたらお願いします。
有料ソフトでもあったら買いたいと思います。

Aベストアンサー

「英語→スペイン語」翻訳をする事をお薦めします。No2さんのURLから探すとよいでしょう。

マイナーな言語や言語構造の違う言語の間で直接翻訳をするソフトは(有料無料問わず)ほとんど存在しません。
日本語はそれほどマイナーではないのですがやはり欧米と大きく異なる言語構造が災いして、まともな翻訳機が存在するのは、超メジャーな「英語」、言語構造のほとんど同じ「韓国語」、単語に交流のある「中国語」の3つしか存在しません。
スペイン語などそれ以外の言語はほとんどの場合、間に英語を挟んだ2段翻訳で擬似的に対応しているに過ぎません。
本当に翻訳しているかを一発で見分け方はありませんが、いくつか文章を日→スペ、スペ→日と再翻訳していると自然に気づくと思います。
例えば「光陰矢のごとし」を翻訳して「ハエ」が出てきたらTime flies like an allowの誤訳だと気づくわけです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報