「ジーコは日本サッカーに多大な貢献をしてくれた」
「ジーコは日本サッカーの地位向上に努めてくれた」
そういう意見を聞くことがたびたびあります。だけど具体的にどのようにジーコが日本サッカーに貢献してくれたのかわかりません。
そこでどなたか具体的に教えてください。
「ジーコは日本サッカーにどのように貢献してくれたのか?」

例えば、「アントラーズの基礎を気づいたのは宮本征勝氏なのかジーコなのか?」

「選手として、ストイコビッチ、リトバルスキー、ディアスなどと比較して、どの点でジーコの貢献が光っているのか?」

「クラブの指導的役割として、アルディレスやオシム、ベンゲル、ニカノール、岡田、バクスター、ブッフバルトなどと比較してどの点が優れているのか?」

また「アントラーズを強くしてきたのは歴代監督なのかジーコなのか?」
どなたかよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

日本代表監督としての手腕はまだ意見が分かれるところですが、選手時代に日本サッカーに貢献したことは間違いありません。


Jリーグ最初のハットトリック達成者で、最年長ゴールの記録も保持しています。

まず、JSL2部だった住友金属サッカー部が初年度からのJリーグ加盟を許されたのには、ジーコの存在が大きく働きました。
初代監督だった宮本征勝氏は、その前に本田技研の監督を勤めていたため、長谷川祥之、黒崎比差支、本田泰人など本田技研にいた選手を多く連れてきました。
一方でジーコはアルシンドを連れてきたり、ブラジル人脈を活かした外国籍選手の招聘に力を発揮しました。
また日本人選手でも「あのジーコがいるクラブだから」と入団を決めた選手がいるようです。
アントラーズの基礎を築いたのはどちらか一方だけでなく、宮本氏とジーコの相乗効果といえると思います。

選手としての大きな貢献は、日本に来た時期の早さ、それに来日前からの知名度の高さにあると思います。
ジーコが来日したのは91年、まだJSLの頃。
しかもJSLの2部で、実際に試合にも出ています。
これが「あのジーコがいるリーグなら」と、他のクラブによる外国籍選手招聘にもプラスに働いたことは間違いありません。
そしてリネカーなどと違い、Jリーグが始まってからも試合で中心的活躍をすることで、アントラーズだけでなくリーグ全体を盛り上げていきました。
恥ずかしながら、私はJリーグが始まってからサッカーファンになったので、リトバルスキーやディアス、ストイコビッチなどの名前は来日するまで知りませんでした。
そういうサッカー無知な人間にも名前が知られていて、アピール効果があった、そんな選手はジーコ以外にいないと思います。

ジーコが現役引退してからも、アントラーズへの影響力はずっと残っています。
日本代表監督になるまでずっとテクニカルアドバイザーを勤め、昨季までのトニーニョ・セレーゾ監督や実兄のエドゥーをはじめブラジル人の選手・スタッフ招聘にも大きな役割を果たしています。
ジーコの作ったブラジルのクラブチーム「CFZ・ド・リオ」には鈴木隆行や野沢拓也、池内友彦(現コンサドーレ)などの選手が所属したことがあり、若手育成にも寄与しました。
アントラーズの強化にジーコの力が大きく作用したのは疑いようもありませんが、しかし一個人の力だけでチーム全体が強くなることはありません。
歴代の監督やコーチ、経営スタッフの努力も大きいでしょう。

最後にクラブの指導的役割ですが・・・ジーコにはクラブチームの監督の経験はありません。
無尽蔵に有力選手を連れて来れる代表監督と、限られた所属選手で1年を戦うクラブの監督では、起用や戦術、指導法など一様に比較はできないでしょう。

以上には私の憶測も含まれていますので、参考URLの情報もぜひご覧ください。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%BC% …
    • good
    • 0

川渕三郎キャプテンと直に話をする機会がありジーコのことについて話していたことを記載します。


Jリーグ構想が出始めた頃、当時2部の住友金属をJリーグ入りさせたくなかったJリーグはスタジアム問題を出せば99.99%諦めるだろうと思っていたそうです。しかし鹿島側がその条件をクリアしビッグネームであるジーコを連れてきたので参加を認めざるをえなかったそうです。
知ってのとおり鹿島は初代チャンピオンとなり地域に密着した強いチームとなりました。で、今の鹿島があるのはジーコが大きく影響しているからだ。と言っていました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオシム氏? トルシエ氏、ジーコ氏でしたっけ?

スポーツのカテが見あたりませんでしたのでこちらにお尋ねいたします。

サッカーの日本代表監督の就任を受諾したと報道されるあの彼がよく「オシム氏」と呼ばれるのを耳にします。かつてトルシエ監督、ジーコ監督も監督就任以前はトルシエ氏とかジーコ氏と呼ばれていましたっけ? 私の記憶ではこの二人には特に「~氏」などという呼称は付いていなかったように思うのですが?

質問1:
かつてのトルシエ監督、ジーコ監督も監督就任以前はトルシエ氏とかジーコ氏と呼ばれていましたっけ?

質問2:
もしこの二人には特に「~氏」などという呼称は付いていなかったとすると、オシムさんがここのところ決まったように「オシム氏」と呼ばれるにはどのような背景があるのでしょうか?

Aベストアンサー

なぜそのように思われたのでしょう?
トルシエ氏、ジーコ氏と呼ばれてたと思います。
オシム氏が特別ということは無いと思います。

Qジーコ監督後任にオシム氏と交渉 川淵会長明かす

ジーコ監督後任にオシム氏と交渉 川淵会長明かすってYAHOOトップになってますけど監督って結果が出ないと変えられちゃうんですか?

Aベストアンサー

実は4年前ジーコになる前に別の監督がほぼ内定していたそうです。

しかし、ジーコ監督に軽い気持ちで監督の話を出すと乗り気であったそうです。

ジーコ監督にとってもちょうどアントラーズとの監督契約が切られたときだったので渡りに船でした。

そのときにやはりあのジーコですから4年間クビにしないという密約があったそうです。

そういうわけでジーコ監督は4年間無事に続行できました。ほかの監督ならばクビになっても仕方ないシーンがありました。

協会はそんなジーコ監督に常にイエスマンでした。
ジーコは兄弟やジーコ派のコーチをどんどん入閣させました。協会は黙って言うことを聞く状態になっていました。

そんな背景が今回のWCの失態を招いたのかも知れません。今回のWCで露呈したのはやはりサッカーの神様であっても監督は素人であったということでした。

ジーコ監督とは勝っても負けてもWCの日本最終戦で契約が切れるように設定してあります。ジーコもそれを快諾しました。いまやジーコ監督も元監督です。

現在、ジーコ監督は欧州のクラブチームでの監督を希望しているようです。

実は4年前ジーコになる前に別の監督がほぼ内定していたそうです。

しかし、ジーコ監督に軽い気持ちで監督の話を出すと乗り気であったそうです。

ジーコ監督にとってもちょうどアントラーズとの監督契約が切られたときだったので渡りに船でした。

そのときにやはりあのジーコですから4年間クビにしないという密約があったそうです。

そういうわけでジーコ監督は4年間無事に続行できました。ほかの監督ならばクビになっても仕方ないシーンがありました。

協会はそんなジーコ監督に常にイエスマンで...続きを読む

Q世界のジーコが鹿島アントラーズに来た理由とは?

ブラジルの英雄・サッカーの神様であるジーコが

当時はサッカーの後進国であった日本、しかも一地方都市の鹿島に来た理由・経緯とは

どんなものなのでしょうか?

普通に考えると実績もプライドも有るあれほどの選手がかも

サッカーがプロになったばかりの日本にわざわざ来るとはどうしても考えにくいのですが・・。

あの頃はサッカー人気も絶頂に有ったから・・もしかして・・お金も一因でしょうか・・?

Aベストアンサー

1990年2月6日、引退試合「フラメンゴ対世界選抜」で花道を飾ったジーコは、
その後、当時のコロール大統領の要請により大統領府体育局長の任に付いていました。

その職を辞したのが翌年4月。
後にこれは住金入りの布石であったことが判明します。

国内で「ジーコ住友金属加入」が報道されたのは、1991年5月10日。
5月20日、夫人とともにジーコが来日。翌21日に契約・記者会見。

この時、ジーコ38歳。
3年契約で、契約金・年棒合わせて総額3億円(推定。住金側は否定)。

以下は、その帝国ホテルで行われた記者会見の席上にて、各人が語ったコメント(要旨)です。

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
《住友金属 新宮社長》
 鹿島のイメージアップ・地域振興の為にプロチームをつくった。
 その面、弱くてはイメージアップにならない。
 現状は、JSLの2部で4位であり、相当の強化が必要だ。
 そこで優秀な選手を、ということでジーコにオファーを出した。
 世界のジーコが鹿島でプレーするというイメージは、青少年に希望を与え、
 それが、鹿島が暮らし易い地域となっていく促進になる。
 ひいては日本サッカーの起爆剤になるでしょう。

【日本でプレーすることはいつから考えていたのか。カムバックの最大の理由は。】
《ジーコ》
 フラメンゴ在籍時に日本のチームからオファーがあったが、その際は適した時期では
 ないと思った。
 引退後、住金から申し出があり、日本のサッカー転換期にプレーできる事に意義を
 感じたし、それが自分の人生にも役に立つと考えた。

【もし日本からではない他国からのオファーなら受けていたか。】
《ジーコ》
 米国くらいならどうにかやったでしょうかね。
 欧州の様な過密スケジュールではないですし。

【オスカーから聞いた情報で興味が有ったことは。】
 (※オスカー……元ブラジル代表。日産自動車で選手、更には監督も勤めた)
《ジーコ》
 先にも述べたが、プロ化という転換期にプレーできること。それが最大の
 興味のポイントだった。
 その他、どういう形でプロリーグが推進されているか、等が興味深かった。

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
また専門誌は、
「ジーコが住金に入ったのは、金の為ではない事は事実。
 そんなにべらぼうな額は出していない。」という住金関係者のコメントも紹介。

『新しく何かを始めようとする所に自らが参加する。
 しかもそれが、彼にとって興味のあった日本であったということが、
 心を動かされた要因なのかも知れない。』
 ……と締めくくっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんにちは。
このニュースを目にした当初の私は、あまりの絵空事にネタ記事だと思いこんで、
苦笑していた記憶があります。
「プロ化目前とはいえ、W杯に出た事もなく五輪も20年以上ご無沙汰な弱小国・日本。
 その実業団リーグの、しかも2部に引退したジーコが来る…?」
とても信じ難い内容でした。

その後のジーコの親日ぶりはご存知の通りで、鹿島そして日本にとっても
大きな財産を残してくれました。
いちサッカーファンとして感謝に堪えません。

ご参考になれば幸いです。

1990年2月6日、引退試合「フラメンゴ対世界選抜」で花道を飾ったジーコは、
その後、当時のコロール大統領の要請により大統領府体育局長の任に付いていました。

その職を辞したのが翌年4月。
後にこれは住金入りの布石であったことが判明します。

国内で「ジーコ住友金属加入」が報道されたのは、1991年5月10日。
5月20日、夫人とともにジーコが来日。翌21日に契約・記者会見。

この時、ジーコ38歳。
3年契約で、契約金・年棒合わせて総額3億円(推定。住金側は否定)。

以下は、その帝国ホテルで行われた記者会...続きを読む

Qストイコビッチ会長

先日ストイコビッチ氏がレッドスターの会長に就任というニュースを見ましたが、FSSCGの会長にも就いていると記憶していたのですが、FSSCGの方は任期満了・辞任?していたのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
FSSCGでの会長職の任期は9月で満了になるそうです。
詳しくは参考URLをご覧になってください。

参考URL:http://jp.uefa.com/competitions/UEFACup/news/Kind=1/newsId=315245.html

Qオシムの色分け練習

オシム監督がよくしている
4色の練習着をつけた練習とはどんな練習なんでしょうか?
どうしてあれで選手が考えるようになるんでしょうか?
またゴールを4つ使った練習もあるとか・・・
あわせて教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

4色ビブスでの練習方法についてですが、

例えば

赤→青→黄→緑

という順番を決めたとします。

その順番で、そのビブスを着た選手が、
ダイレクトパスを送りあう、という練習法だった気がします。
そうすることによって、次に自分がどう動けば良いのかと、
より意識して動く必要があるそうです。

ゴールについては分かりません。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報