薬理学で「ツボクラリン」について勉強しています。
筋弛緩薬で、昔、先住民が使っていた毒矢の先に塗っていたクラーレの
主成分だというところまで調べました。
でも、分からないことがあって、何で調べたらいいのか分からなかったので
質問します。
「ツボクラリンは(   )受容体遮断薬である」という問題で、
(   )の中にはアルファベットで答えるそうなのですが、
一体何が入るのですか?「終版受容体遮断薬」までは調べたのですが・・・
お願いします。

A 回答 (3件)

末梢性筋弛緩薬の代表選手ですネ。


筋弛緩薬であるということまでは分かっているわけでしょう?
何を遮断すれば筋肉が弛緩するのか?
ツボクラリンは構造的に、ある神経伝達物質と類似しているところがありますネ。そこでシナプス膜にある、その物質の受容体に競合的に結合して邪魔するわけですネ。
薬理学としては、どのテキストにも載っている基礎知識ですので、テキストを見てくださいネ。
今、講義で使っている本では図も入っています‥
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

すみません、『Ach』は『ACh』と、Cも大文字で書くのが正しいです。

    • good
    • 0

Ach(アセチルコリン)受容体のブロッカーだったと思います。

自信なしですが。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qツボクラリンについて

薬理学で「ツボクラリン」について勉強しています。
筋弛緩薬で、昔、先住民が使っていた毒矢の先に塗っていたクラーレの
主成分だというところまで調べました。
でも、分からないことがあって、何で調べたらいいのか分からなかったので
質問します。
「ツボクラリンは(   )受容体遮断薬である」という問題で、
(   )の中にはアルファベットで答えるそうなのですが、
一体何が入るのですか?「終版受容体遮断薬」までは調べたのですが・・・
お願いします。

Aベストアンサー

末梢性筋弛緩薬の代表選手ですネ。
筋弛緩薬であるということまでは分かっているわけでしょう?
何を遮断すれば筋肉が弛緩するのか?
ツボクラリンは構造的に、ある神経伝達物質と類似しているところがありますネ。そこでシナプス膜にある、その物質の受容体に競合的に結合して邪魔するわけですネ。
薬理学としては、どのテキストにも載っている基礎知識ですので、テキストを見てくださいネ。
今、講義で使っている本では図も入っています‥
以上kawakawaでした

Q 小笠原諸島には欧米人の方やポリネシア系先住民の方が日本系大和民族と一

 小笠原諸島には欧米人の方やポリネシア系先住民の方が日本系大和民族と一緒に2次世界大戦後米軍占領開放まで一緒に住んでいたと聞いたのですが現在も一緒に生活しているのでしょうか?

Aベストアンサー

NHKでその事を取り扱った番組を以前やっていました。

今でも変わりなく住んでいるそうです。

ただ、日本統治下になった時に日本名に改名させられ、現在に至っているそうです。

Qハチミツの抗菌作用とボツリヌス菌について

ハチミツを擦り傷などの傷口に塗ると、抗菌作用があるので良いと聞きます。
しかしハチミツにはボツリヌス菌の芽胞が含まれることがあり、傷から侵入して中毒症状を起こすことがあるとも聞きます。
この傷口にハチミツを塗る治療によってボツリヌス菌の中毒症状が起きることはないのでしょうか。あるいは、芽胞だから大丈夫、なんでしょうか?
詳しい方、お願いいたします。

Aベストアンサー

わざわざ高い蜂蜜を擦り傷に塗る必要も無いかと思いますが、「起きることはないのでしょうか」と言われると、可能性はゼロではないけど、かなり低いと言えます。
傷口からボツリヌス菌が入り中毒を起こすことを「創傷ボツリヌス症」と言いますが、通常このボツリヌス菌とは芽胞の事を指します。

つまり、ハチミツにボツリヌス菌の芽胞が入っており、そのハチミツを傷口に塗った場合、感染するリスクはあります。
しかし、他の人が言うように、健常成人の場合、発症する事はほとんど無いと思います。

Qアドレナリンβ受容体について教えてください。

アドレナリンβ受容体について、以下の2項目を教えてください。よろしくお願い申し上げます。

1.気道平滑筋のβ2受容体の寿命(または全般的な受容体の寿命)
2.β1受容体のアミノ酸配列

また、上記に関し参考となりそうな図書等もご教授いただければ幸いです。

以上

Aベストアンサー

1に関して、ダイレクトな回答ではありませんが、PubMedで「Receptors Adrenergic beta-2/metabolism review」等で検索するとHitしますので参考にされては如何でしょうか・・・?
沢山Hitしますので最近のものに絞った方が良いかもしれませんが・・・?

同様に2に関しては、「Receptors Adrenergic beta-1 structure reiveiw」等で検索されては如何でしょうか?

ご参考まで。

参考URL:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?CMD=Display&DB=PubMed

Qボツリヌス療法について

ボツリヌス療法について

痙攣や緊張性の身体障害の治療法として「ボツリヌス療法」という
治療法があると知りました。

家族に該当者がいるので、少し調べて見ましたが、実際にこの
方法で治療したという方、また家族や親戚、知り合いに治療した
方がいるという方が、いらっしゃれば治療の体験などを教えて
ください。

また、この治療法は、専門の講習を受けた医師のいる病院でしか
受けられないという事ですが、静岡県内で、このボツリヌス療法を
受けられる病院や医療施設をご存じの方は教えてください。

Aベストアンサー

今のところボツリヌス療法の適応は、眼瞼痙攣、顔面痙攣、痙性斜頚の3つだけで、#1の方が紹介してくださっている研究会に参加するメリットがほとんどないと(年会費対効果の点で)考えているのか、それとも研究会自体の存在を知らないのか、多くの有資格者は研究会の会員ではありません。したがって治療は行っているけれど、研究会が把握していない施設はたくさんあると思います。静岡県であれば最低でも2桁の有資格者がいると思います。

薬剤の販売元である「アラガン株式会社」のHPにアクセスするか、HPに一覧がなければ「お客様相談室」のような担当部署にあたってみるのが確実だと思います。ただ、適応が上記3疾患だけですので、どのような個人的事情があってもそれ以外には使用できませんのでその点を確認の上、お考え下さい。

Q薬理学(MAO阻害薬)について

MAO阻害薬の副作用で低血糖の可能性ありと書いてありますが、その機序をしりませんか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。昔々習ったような気がします。うろ覚えですが多分こんな風では?

まずアルコールを急速大量摂取すると肝グリコーゲン生成を抑制します。そうなると肝臓での糖新生が妨害されます。一方でMAO阻害剤は非特異的な酵素阻害剤でアルコール代謝を抑制しますので、アルコールとMAO阻害薬を一緒に飲むと血中アルコール濃度は通常より高くなります。上記の二つのメカニズムを掛け合わせて、MAO阻害剤を服用時にアルコールを摂取するとグリコーゲン生成が低下→結果として低血糖になるという話ではなかったでしょうか?
だから、低血糖の「可能性あり」だったかと思います。

お役に立てば幸いです。

Qボツリヌス菌

ボツリヌス菌の毒素についてお聞きしたいのですが、
もし食品中にボツリヌスの毒素が発芽・発生(増殖)した場合その食品を過熱後(炒めたり焼いたり)経口摂取した場合は摂取しても大人なの場合は問題ないのでしょうか?
自分で調べたのですがサイトにより色々とあり混乱しています。
分かりにくいと思う文面で大変申し訳ありませんが
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

毒素と芽胞が一緒になってしまっているようです
が、毒素は生き物ではありませんので増殖するこ
とはありません。

ボツリヌス食中毒は、細菌の産生した毒素を経口
摂取することにより起こる、毒素型と言われる食
中毒です。従って、食品を十分加熱調理すること
により、毒素が活性を失い、食中毒は起こらなく
なります。

Q動脈血中の酸素濃度が低下したときに反応するのはどれか。 1.頸動脈小体 2.延髄の化学受容体 3.肺

動脈血中の酸素濃度が低下したときに反応するのはどれか。
1.頸動脈小体
2.延髄の化学受容体
3.肺伸展容器
4.橋の持続性呼息呼吸

との問題ですが、調べて、絨毛間腔の酸素濃度低下に反応して絨毛の線維芽細胞が細胞外基質を多く産生し、絨毛間質の線維化が起こるとかかれてあったのですが、絨毛は腸ですから、選択肢になくて悩んだので質問させていただきます。

Aベストアンサー

当方門外漢ではあるが・・、手持ちの生理学書を見ると

[血液のCO2分圧増加、pH減少及びO2分圧低下に反応する] ・・と書いてある。
なので、
1.頸動脈小体  ・・と思う!

Q包装餅でボツリヌス食中毒になる可能性は?

餅が好きで、長期保存のできる個包装タイプをよく購入しているのですが、この度「あること」に気付いてしまったため急に不安になりました。

それは餅でボツリヌス菌食中毒になりはしないかという点です。

上記のようなタイプの餅は

・水分活性が非常に高い
・包装前の殺菌処理無し
・無酸素状態
・常温流通

といったようにボツリヌス菌(やその他嫌気性菌)にとってはまさに天国のような環境に思えます。

同様の不安を抱える真空パックのハムなどがこの対策として水分活性を0.94以下にし、包装前に殺菌をし、また冷蔵輸送や保存を義務付け、更に賞味期間も短く設定しているのに比べるとあまりにも無警戒に過ぎるのではないでしょうか。

一応クリーンルームで製造しているということになっているようですが、パッケージには「外袋開封後(脱酸素剤無効後)はカビが生える可能性がある」という表記があり、このことは個包装内部にカビの胞子が入り込んでいる可能性があることを示唆していると思われます。
そしてもしそうであるならボツリヌス菌も入り込めるということになりますね。

また餅は基本的には加熱して食べますが、普通に焼く程度の加熱はボツリヌス毒素を無効化できるほどのものではないはずです。

以上のような状態でボツリヌス中毒に対する安全が確保できているのでしょうか?

一方、今まで包装餅でボツリヌス食中毒を起こしたという話は聞いたことがありませんし、またそれを警戒する表記も見たことがありません。
これらは単に運が良かった結果に過ぎないのか、或いはこの事を恐れずにすむ何らかの理由が存在するからなのでしょうか。

餅が好きで、長期保存のできる個包装タイプをよく購入しているのですが、この度「あること」に気付いてしまったため急に不安になりました。

それは餅でボツリヌス菌食中毒になりはしないかという点です。

上記のようなタイプの餅は

・水分活性が非常に高い
・包装前の殺菌処理無し
・無酸素状態
・常温流通

といったようにボツリヌス菌(やその他嫌気性菌)にとってはまさに天国のような環境に思えます。

同様の不安を抱える真空パックのハムなどがこの対策として水分活性を0.94以下にし、包装前に殺菌をし、...続きを読む

Aベストアンサー

厚生労働省の研究斑がH16前後に多くの食品について調べていますが、

「切り餅」へのボツリヌス菌接種試験を行い、賞味期限の 1.5 倍である 395 日まで観察
したが、毒素産生は見られず、接種した芽胞も減少したと考えられた。

でした。

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/shingi/2007/06/dl/s0626-8f.pdf

Qエダラボン 薬理作用

エダラボンの薬理作用について調べていますが、なかなかよいサイトに当たらず困っています。よい資料のあるサイトをご存じの方、お知恵を拝借したいのですが。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

エダラボンのもたらす作用ですね。

大まかに説明しますと、脳梗塞の急性期におこる症状を、食い止める働きがあります。

具体的に言いますね。急性の脳梗塞が起こると脳の組織が一気に死んでしまいます。壊死した組織は膨張します。
この死んで膨張してしまった組織から不対電子(=ラジカルです)が出て、周りの組織まで巻き込んで殺してしまおうとします。ラジカルは、非常に活性が強いので、いろいろな分子と反応します。特に細胞の膜の主な成分である、脂質と反応して細胞膜をこわし、細胞に傷害を加えますす。脳梗塞による酸素不足のためにただでさえ弱っている神経細胞は、ラジカルによって簡単に死んじゃいます。


そこでエダラボンを使ってこれを食い止めます。脂質の変わりにラジカルと反応し、ラジカルを消します。そのため、神経細胞に対する傷害が弱まり、脳梗塞後の神経死を抑えて、脳梗塞の悪化を防ぎます。

というのが主な作用です。

副作用は急性腎不全をおこしてしまうことがあり、日本でも多くの方が亡くなったとインターネットの記事でよんだことがあります。

申し訳ないですが、ほんとうに分かりやすそうなサイトが見つからないので、見つけ次第補足しに来ますね。力になれなくてすみません。

エダラボンのもたらす作用ですね。

大まかに説明しますと、脳梗塞の急性期におこる症状を、食い止める働きがあります。

具体的に言いますね。急性の脳梗塞が起こると脳の組織が一気に死んでしまいます。壊死した組織は膨張します。
この死んで膨張してしまった組織から不対電子(=ラジカルです)が出て、周りの組織まで巻き込んで殺してしまおうとします。ラジカルは、非常に活性が強いので、いろいろな分子と反応します。特に細胞の膜の主な成分である、脂質と反応して細胞膜をこわし、細胞に傷害を加えま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報