イントラWebシステムって
どうゆうことなんでしょうか
教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず、「イントラ」(=イントラネット)って何のことかおわかりでしょうか?


イントラネットとは、TCP/IP を初めとするインターネット標準の技術を用いて構築された、企業内ネットワークのことです。

従来は、企業内の各業務システムで専用のアプリケーションを構築していたため、ユーザは個々のアプリケーションの操作をすべて覚えなければならず、大変だったのですが、イントラネットでは、WWWブラウザや電子メールクライアントなどのインターネットで使い慣れたアプリケーションをそのまま流用することができ、インターネットとの操作性の統合や、インターネットと連携したアプリケーションの構築などが容易に行えるという、大きなメリットがあります。

ユーザとしても、Web ブラウザと電子メールクライアント(Outlook 等)の操作さえ知っていれば一応用が足りるので、各業務アプリケーションの操作を楽に習得することができるというわけです。

イントラネット上には電子メールや電子掲示板、スケジュール管理などの基本的なものから、出張精算システム,出退勤管理システム等に代表される、業務情報データベースと連動した Web アプリケーションなどの大規模なものまで、様々な種類のサービスが目的に応じて導入されています。

一冊の本になるほど大きなテーマなので、すべてをここで説明するのは不可能ですが、取りあえずこんなところでどうでしょうか。

本屋さんに行くと、この手の本は山のように出ていますので、気に入ったものを購入されて、じっくり研究なさることをお薦めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました
ありがとうございます

お礼日時:2002/01/31 08:55

イントラネット="インターネット技術を使って構築された企業内ネットワークのこと。

"
よって、企業内だけが観覧できるWEBシステムということです。
「グループウエア」に応用することが多いようです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWebサーバとFTPサーバってどう違うのですか?

WebサーバとFTPサーバってどう違うのですか?
やっていることを聞くと同じもののような感じがするんですが。

アップロードして、ダウンロードしてる感じで、
同じようなもしか。。。。。



宜しくお願いします

Aベストアンサー

全く違います

webサーバーそのものは、ダウンロードもアップロードもできませんよ
webサーバーは、アクセスしてきた不特定多数の人にHTML等を送信しているだけにすぎません
そのサイトの作者の意図で、webブラウザを利用してダウンロードできたり、アップロードできたりする仕組みを作っているだけです



FTPは特定した人にのみ、アップロード、ダウンロード、を許可したり、「見るだけ」「アップロードだけ」「ダウンロードだけ」などの制限を自由自在に制限できます
特殊な設定方法で不特定多数の人が「ダウンロードだけ」できるように設定もできますけど、基本的には特定した人のみにDLやULを許可しています



例えば、ある人がHTMLでサイトを作りました、自分の借りているレンタルサーバーに作ったHTMLをアップロードするにはどうすればよいでしょう?
FTPでULするしか手段はありません

webブラウザからFTPできるというサービスをしているレンタルサーバーも存在しますが、あくまでもサービスであって、すべてのレンタルサーバーがwebブラウザからFTPできるサービスをしているとは限りません
しかも、「webブラウザでFTP」できるようにレンタルサーバー業者がその仕組みを作ってくれているだけでwebサーバーの働きによるものではありません

全く違います

webサーバーそのものは、ダウンロードもアップロードもできませんよ
webサーバーは、アクセスしてきた不特定多数の人にHTML等を送信しているだけにすぎません
そのサイトの作者の意図で、webブラウザを利用してダウンロードできたり、アップロードできたりする仕組みを作っているだけです



FTPは特定した人にのみ、アップロード、ダウンロード、を許可したり、「見るだけ」「アップロードだけ」「ダウンロードだけ」などの制限を自由自在に制限できます
特殊な設定方法で不特定多数の人...続きを読む

Q「netmeishi.net」って何のWebサイトなんでしょうか?

「netmeishi.net」(http://www.netmeishi.net/)って何のWebサイトなのでしょうか...。(注:netmeishi.comではありません)
Webを開くたびに、表示が異なり、人名やIPアドレスが出てくるのですが、どういう意味なのかわかりません。
株式会社デジロックという大阪のITベンチャーが運営しているらしいことまではわかったのですが。
Yahoo知恵袋で質問してみましたが、有効な回答がありませんでした(Yahoo知恵袋での質問は「解決済み」にしてあります)
どなたかご存じの方教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

入力したキーワードに関連するアマゾン・ヤフー(ショッピング/オークション)上の商品を検索するサイトです。
開くたびに表示が異なるのはキーワードを入力せずに開くとランダムなキーワードで検索するからです。
URLは@名刺のURLにわざと似せたのでしょう。

Qイントラの別名ドメイン名

イントラネット(IIS5.0 windows2000サーバー)で
「http://www.*******.ne.jp/」のような名前でwebページを作成しています。
これを
「http://www.*.net/
のような別名で運営するのはサーバーの設定だけで可能でしょうか。

#私はサーバーの管理者ではありません。
#管理者は、クライエントの設定も必要と言っています。
#目的は
http://www.*******.ne.jp/sample.asp を
http://www.*.net/sample.asp
でも動くようにしたいだけです。

Aベストアンサー

イントラネットということはインターネット上に公開していないのですね。

だとすると、LAN側のDNSにドメイン(w.net)を追加し、CNAMEを追加してやればいいと思います。

CNAME: WEBサーバ「xxx.w.net」の要求に対し、別名(www.w.net)を定義する。

とろこでクライアントの設定は全くいらないのでは??

http://www.wagasha.ne.jp/sample.asp のリクエストをhttp://www.w.net/sample.asp にTransferしてやればいいだけと思いますが。

Qメタルプラス電話ってどうなんでしょう

現在NTTの電話回線を利用しているのですが、料金がお得な回線に変えようか悩んでいます。
ADSLをKDDIで利用しているので、KDDIのメタルプラスを現在検討しているのですが、
まだ新しいサービスですし、
今までのNTT回線のような使い勝手ではないのかな?
と思ってしまっています。
実際のところどうなのでしょう?

ご利用されている方または詳しい方アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

使い勝手では今まで接続できていた番号に繋がらないケースがあります。(過去ログに類似の質問があります)家の中の設備などはそのまま使えるので、「普通に電話をかける」と言った意味では使い勝手に変化はないと思います。
音質などはIP電話とは違うのでそんなに変わらないのではと思います。
現在ADSLを利用しているのであれば、NTTからKDDIへの乗り換えも問題なくできるはずです。

故障などの場合、NTTで受け付けてくれなくなりますので、KDDIに相談することになります。その場合、KDDIとNTTの設備に対する責任区間が複雑になるため、復旧まで時間がかかることが多くなると思います。

このようなリスクも多少はありますので、じっくり検討して納得の上契約された方がよろしいかと思います。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1220535

Qブロードバンドって何のことなんですか??

こんにちは。
恥ずかしながらブロードバンドってなんなのか良く分かりません。
うちのPCはモデム&ISDNで接続が1台ずつです。
なにがどう違うのか、メリットは何なのか、お金がかかるのか、まったく分かりません。
ちなみにプロバイダーはso-netです。

『じゃあso-netにきけばいいじゃん!!』と思いますが、『ブロードバンドにしませんか??』電話がyah●●を名乗る人からかかってきてちょっとイメージ良くないんです。
(何で番号を知ってるのかとか・・・。)
いいものだったら取り入れたいと思っています。
教えて下さい、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

いろいろ数字的な定義はありますが、おおざっぱに言うと、ブロードバンドを導入すると、インターネットが格段に速くなるということです。

ブロードバンドと呼ばれるものには、光ファイバー(FTTH)、ADSL、CATVなどがあります。
これらを導入すると、24時間接続しっ放し(常時接続)になりますので、ISDNのように、いちいちダイヤルアップ接続する必要がなく、接続時間による電話代の増加も気にしなくてよくなります。

あとは、通信速度によって、ブロードバンドの契約金額が変わってきますので、自分のインターネットの利用形態に合わせて選択すればいいかと思います。
次に、主な違いを箇条書きにしてみます。
これだけで、全然違うことがわかると思います。

ISDNの場合:
・メールの添付ファイルが大きいと受信が大変。
・フリーソフトをダウンロードしたいが、何時間もかかってしまう。
・Windows UPDATEを利用してPCのセキュリティを保ちたいが、ダウンロードに時間がかかってできない。
・インターネットする度にダイヤルアップしなくてはならない。
・電話代が気になる。

ブロードバンドの場合:
・少々大きな添付ファイルでも即受信可能。
・大きなファイルのダウンロードも、数秒~数分で終わる。
・映画やアニメなどの動画配信のサービスをストレスなく高画質で視聴を楽しめる。
・Windows UPDATEもストレスなく利用可能。自分のPCを常に最新に保つことができる。
・24時間常時接続なので、ダイヤルアップ不要。
例えば会社でインターネットする時って、いちいちモデムでつなげないでしょ?それと同じ。
・電話代は関係ない。(ブロードバンドの固定接続料のみ)

※ブロードバンドの欠点は?
ブロードバンドは、基本的に24時間常時接続です。ということは、より、ウィルスに感染する機会が増えるということです。
自分でアンチ・ウィルスソフトをPCにインストールするとか、プロバイダのウィルス防止サービスなどを利用しましょう。

※ちなみに、yah●●を名乗る人が電話かけてきたからといって、「ブロードバンド」が悪いわけではありませんから(^^;)。

いろいろ数字的な定義はありますが、おおざっぱに言うと、ブロードバンドを導入すると、インターネットが格段に速くなるということです。

ブロードバンドと呼ばれるものには、光ファイバー(FTTH)、ADSL、CATVなどがあります。
これらを導入すると、24時間接続しっ放し(常時接続)になりますので、ISDNのように、いちいちダイヤルアップ接続する必要がなく、接続時間による電話代の増加も気にしなくてよくなります。

あとは、通信速度によって、ブロードバンドの契約金額が変わってきますので、自分のイ...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報