プリンストン債とはなんでしょう?
インターネットで調べたのですが、どれも説明が難しく、理解できませんでした。
当方全くの素人です。

A 回答 (2件)

主として日本企業をターゲットに行われた,組織的な犯罪です。



まず、この犯罪は、私募債(たんなる個人の借金)を公債のように
装うところから始まりました。
実際は、ある個人の保証しかなかったのですが、グルとなっていた
証券会社が事実上の公債であると説明したあたりから、詐欺色が
出てきます。

で、次に、これが損失補てんに最適であると持ちかけました。
バブルの後遺症で資金の含み運用損に悩んでいた各社はとびつきます。

さらに、担当者へのリベート攻勢もかけました。
ヤクルト本社の副社長はこれで刑事犯として起訴されています。

ところが、当然、これは単なる私募債であり、個人の資金が不足すれば
償還されない性質の債券です。
で、おきまりの、
債務不履行→倒産→資産がほとんど残っていない

という結果となり、アルプス電気、中電工などは
その資金の大半を回収できないままとなりました。

犯罪の規模としては1000億円をこえるものです。
また、プリンストン債はクレスベール証券(ここはグル)だけでなく
勧角証券、和光証券なども販売しています

参考URL:http://www.tanutanu.net/economy/econ144.html
    • good
    • 0

私もあまり詳しくはないのですが、基本的に一般的に言われる債券とは別のものでどちらかというとファンドと考えていただいたらいいと思います。

お金を集めて運用した上での利ザヤを稼ぐという形です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q財投債と財投機関債と政府保証債の違い

財投債と財投機関債と政府保証債の違いについてです。
財投債と財投機関債と政府保証債の違いを極めて簡単にいうとどういうものでしょうか。
ご教示よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 今日は法律ではないのですね (^_^) 

 違いですか?

 「男と女の違い」みたいに、同じ平面にある対立概念なら違いを説明しやすいのですが、「男と女と成人の違いは?」、みたいなご質問ですので、説明はちょっとわかりにくいかもしれませんが、極めて簡単に。

 まずは、「政府保証債」ですが、政府が(つまり国家が)元金の償還と利息の支払いを保証している債券のことです。財政投融資計画に織り込まれ、国会の承認を得ています。

 次に、「財投機関債」ですが、これは「財政投融資の対象とされる機関」が発行する債券のことです。「公債」です。そして、これの元利支払いは政府が保証しますので、政府保証債でもあります。

 最後が「財投債」ですが、これは特別会計による「国債」です。国自身の借金ですので、政府が元利の支払いを保証するもしないもありませんね。債務者が連帯保証人を気取ることはできませんので、これは政府保証債ではない、と言うべきでしょうね。


 細かい違いに触れたり、もっとほかの債券と比べると(銀行が引き受けできるかできないかとか)また違った「違い」を指摘できるのですが、細かなことを言い出すと切りがありませんし、私もそこまで説明しきる自信はありませんのでこれくらいに。 

 ※参考
 
 <財政投融資の対象機関>
 国の特別会計
 公庫
 公団事業団
 地方公共団体 など

 この機関が活動するとき、自ら「財投機関債」(政府保証債でもある)を発行して資金を集めても良い(もちろん勝手には発行できません)し、国が「財投債」で集めた資金を借りてもいい(もちろんいつでもいくらでも貸してくれるわけではありません)ことになっています。
 

 今日は法律ではないのですね (^_^) 

 違いですか?

 「男と女の違い」みたいに、同じ平面にある対立概念なら違いを説明しやすいのですが、「男と女と成人の違いは?」、みたいなご質問ですので、説明はちょっとわかりにくいかもしれませんが、極めて簡単に。

 まずは、「政府保証債」ですが、政府が(つまり国家が)元金の償還と利息の支払いを保証している債券のことです。財政投融資計画に織り込まれ、国会の承認を得ています。

 次に、「財投機関債」ですが、これは「財政投融資の対象とされる機関...続きを読む

Q金融債について

債券といえば、国債がすぐに頭に浮かびますが、そのイメージには「赤字」がついて回る感じがします。借換国債、赤字(特例)国債しかりです。債券は確かに金融商品なんですが、これを発行すると償還期限に利息をつけて償還しなければならず(割引債も結果的にそうなりますね)、金融機関が発行するというのは損するために発行しているような気がして解せません。なぜ金融債などというものが発行されるのかどなたか解説をお願いします。

Aベストアンサー

金融債は、昔でいうところのワリコーやリッチョーなどのことですよね? これは、かつての興銀や長銀等が主に大企業向けの貸出資金の原資を集めるために利用していたものです。当時普通銀行では社債の発行が禁止されていましたので、預金者からの預金を減資に金利分を乗せて企業等に貸し付けることで利益を得るわけですが、預金は長期的な資産とは言い難いものです。(いつ解約されるか判らないので、留保を積まないといけない) このため、それを補完するために、日本の政策(国策)として長期信用銀行が金融債を発行、資金を調達、貸出を行っていました。
一方、当時の金融債は無記名だったため、マネーロンダリングに使われる等、社会問題になったりもしました。
しかし、その後の金融緩和で、無記名の特性もなくなり、また大企業が株式による直接金融に移行したこともあり、現在では金融債は殆ど出番はなくなっています。

Q地方債について

地方債について
大阪は、「大阪府債」とか
「大阪市債」のように地方債を
発行して販売しているのでしょうか?
また、それがあるとすれば、いくら
(何億円とか何兆円とか)ぐらい
あるのでしょうか?
是非、教えて下さい。

Aベストアンサー

ご参考まで。

http://www.chihousai.or.jp/index.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E6%96%B9%E5%82%B5

Q地方債の許可制度について

地方債を発行するときに、都道府県は自治大臣の許可(今は自治大臣じゃなくて誰ですか?)、市町村は、所在する県知事の許可がいるという、許可制度は、いつ、なくなるのでしょうか?
 そして、なくなった場合は、国のように、好きなだけ発行していいのですか?
 ご存じの方、是非教えてください。

Aベストアンサー

>許可制度は、いつ、なくなるのでしょうか?
許可制は平成17年度廃止、それ以降は協議制(一部許可制)。

平成12年4月1日自治行第11号 各都道府県知事 宛 自治事務次官通知
「地方分権の推進を図るための関係法律の整備等に関する法律(自治省関係)等の施行について」
http://hiraokahome.law.osaka-cu.ac.jp/B2/bunkenseibigztt000401.htm
の中の「第3 地方財政法関係 1 地方債の協議制度に関する事項(4)平成17年度までの間の地方債の許可制度等」の項目内容を参照下さい。(なお、自治大臣は総務大臣に読替)

>なくなった場合は、国のように、好きなだけ発行していいのですか?

上記と同様に「第3 地方財政法関係 1 地方債の協議制度に関する事項(1)地方債の協議等(2)地方債についての関与の特例」の項目内容を参照下さい。

如何でしょうか、見当違いならm(_"_)m

参考URL:http://hiraokahome.law.osaka-cu.ac.jp/B2/bunkenseibigztt000401.htm

>許可制度は、いつ、なくなるのでしょうか?
許可制は平成17年度廃止、それ以降は協議制(一部許可制)。

平成12年4月1日自治行第11号 各都道府県知事 宛 自治事務次官通知
「地方分権の推進を図るための関係法律の整備等に関する法律(自治省関係)等の施行について」
http://hiraokahome.law.osaka-cu.ac.jp/B2/bunkenseibigztt000401.htm
の中の「第3 地方財政法関係 1 地方債の協議制度に関する事項(4)平成17年度までの間の地方債の許可制度等」の項目内容を参照下さい。(なお、...続きを読む

QWikipediaのコンソル債の式の意味が解りません。

数字に弱い私が、コンソル債について勉強していますが
式の意味が分かりません

(Wikipedia-流動性選好説 - 2.市場例の項目中の数式より)
http://ja.wikipedia.org/wiki/流動性選好説#.E5.B8.82.E5.A0.B4.E4.BE.8B

(1) E/(i+Δi)+E⇔E/i
↑の大小関係で現金で保有し続けたほうが得か否かが決定する。この式は
     ↓
(2) i+i^2+iΔi⇔i+Δi
であり、iΔi を微小量として無視すると....................とあります。

(1)の式の意味は文脈から理解出来ます。
しかし、何故(1)の式が(2)になるのかがまず解らないですし
iΔi ←これ意味も解りません。
もしかして、iΔi は、Δi^2と同じですか?

無謀な事に挑戦しているかも分かりませんが
文系で数字に弱い私にでも理解出来るように教えて頂けませんでしょうか?
何卒、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 (1) E/(i+Δi)+E⇔E/i
の⇔の両側に(i+Δi)i/Eを掛け算すれば
 (2) i+i^2+iΔi⇔i+Δi
になります。 iΔiはiとΔiとの積です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報