くだらない質問かもしれませんが、こんがらがっています。教えてください。

例えば、「ご家族は何人ですか。」と聞かれたら、父・母・兄・自分という家族構成なら、「4人(家族)です。」と答えると思います。

では、「ご兄弟は何人ですか。」と聞かれたら、どうでしょうか。

実際には、誤解が生じないようにだと思いますが、家族と同じように「2人兄弟です。(上記の家族構成の場合)」と兄弟をつけ、自分を含めて答えますよね?でも、あくまでも「○人です。」と答えるならば、「ひとりです。」と答えるのが正しいのでしょうか。これだと、誤解されそうな気もするのですが…。

A 回答 (3件)

「どう答えるのが正しいか」というふうに考えると、どうしても先のおふたりのような回答になってしまうので、ちょっと視点を変えて、



「自分が人に『ごきょうだいは何人ですか?』と尋ねたとき、『ひとりです』という答えが返ってきたら、自分ならどう解釈するか」

というふうに考えてみました。

たしかにちょっと戸惑うとは思いますね。でも、一人っ子であれば「(きょうだいは)ひとりです」ではなく「(きょうだいは)いません」と答えるはずですから、論理的には<2人きょうだい>という解釈しか成立しません。したがって、曖昧さが生じるのは、「○人です」の○が2以上の場合ということになります。

私がもし「ごきょうだいは何人ですか?」と尋ねて「2人です」という答えを得たとしたら・・・うーん、、<3人きょうだい>かなあとは思いますが、やっぱり聞き返して確認するでしょうね。

そもそも私なら、いきなり人数を尋ねるのではなく、まず「ごきょうだいはいらっしゃいますか?」と尋ねるでしょう。で、「はい」という返事に対してさらに「何人ですか」と聞いたのなら、「2人です」という答えは「自分以外に2人、つまり<3人きょうだい>」と取るのが自然なのではないでしょうか。

以上、漫然と考えてみました。ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。私がはっきり質問文に表現できなかった部分まで教えてくださって、助かります。

ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/30 20:16

こんにちは。


私は「兄(姉)が○人、弟(妹)が○人います」って
答えると思います...
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうやって、しっかり答えるというのも手ですね。相手も、一発で分かるし。

ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/30 20:12

「○人です」ではなく「○人います」と答えたらいかがでしょう。


私はこう答えているのですがいかがでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答、ありがとうございます。

なるほど。シンプルで、誤解がないですね。

お礼日時:2002/01/30 20:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWord 文字を打つと直後の文字が消えていく

いつもお世話になっています。
Word2000を使っているものです。
ある文書を修正しているのですが,文章中に字を打ち込むと後ろの字が消えてしまいます。
分かりにくいですが,
「これを修正します。」
という文章の「これを」と「修正します。」の間に「これから」という単語を入れたときに,その場所にカーソルを合わせて「これから」と打つと,
「これをこれからす。」
となってしまいます。
他の文書では平気です。
何か解決する方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

入力モードが「挿入」(普通の入力)から、「上書き」になってしまっているのだと思われます。
キーボードに[Insert]というキーがあると思いますので、1度押してみてください。

Q「およそ」と「おおよそ」の使い分け

およそ、と、おおよそ、の違い、使い分けがわかりません!

Aベストアンサー

前ご回答のほかに。およそ=一般的に、そもそも、普通は。とか。 おおよそ=概数、大体、概略。とか使い分けも可能でしょう。前者は主として、凡そなどと、後者は大概などの字が宛てられるかもしれません。

Q日本語の「なん」と「なに」の違いはなんでしょう?

日本語の「なん」と「なに」の違いはなんでしょう?
外国人に日本語を教えています。
「なん」と「なに」は英語で”What”。
だけど、どんな場合に「なん」を使い、どんな場合に「なに」になるのか、うまく説明できません。
よい説明、もしくは、サイト等をご存知でしたら教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 これは次ぎにくる音が(1)タ行、ダ行、ナ行、の三行ではじまれば「なん」、(2)その他では「なに」です。

 (1)何と言っていいか分からない、何でもいいよ、何年になりますかね。

 以上は「なん」とお読みになったと思います。

 (2)何か分からないことがありましたら、一体何サマと思ってるんだ。この漢字は何篇?、何もおかしいことは無い。

 以上は「なに」とお読みになったと思います。

 ただし what の内容ではなく、数字の答えを期待している時はすべて「なん」です。

 「ご利用は何階でしょうか」「ナニカイ」とは言わないし、「ちょっとこれ何枚あるか数えてみてちょうだい」も「ナニマイ」とは言わないと思います。

Q「なんで」と「なにで」の使い分け

先日外国人に
「なん」と「なに」の使い分けについて教えていると、

手段などを問う場合
「なんで東京へ行きますか?」
「なにで東京へ行きますか?」
の両方が使えるが、どう理解すればよいのか。

と質問されました。
説明できる方、どうか教えてください。

Aベストアンサー

 「なにで」は「なに+で」の形であって、この「で」は8種類ある助詞のうち「格助詞」に分類され、幾つかある機能のうち「手段」を表します。
 「なにで東京へ行きますか?」と質問されたなら、それはどの様な交通手段を使って東京に行くのかと尋ねていることになります。
 もう一方の「なんで」には二つの解釈の仕方があります。一つは「何を目的として」であり、もう一つは「何を理由にして」との形になります。
 また他の回答者様もご指摘の「話し言葉と書き言葉の違い」の問題ですが、明治以後の文体が基本的に言文一致体であることを考え合わせるならば、それが全く別のものであるとはいえない可能性もあります。
 仮に「なんで」を「なぜ」としたなら、「なぜ東京へ行きますか」は話し言葉でも書き言葉でも同じ表記になります。書き言葉と話し言葉で違いがあるならば、それは両者の表記に違いが表れもするはずで、それがないのはなぜかとの疑問符が付くこととなってしまいます。
 

Q日本語 形容詞否定形についての質問です

イギリス人に日本語を教えています。

参考にしている教科書によると形容詞の否定形は

おいしいです。→ おいしくないです 
甘いです → 甘くないです

という指導になっています。

おいしくありません
甘くありません 

と教えても内容には変わらないと思うのですが、何か決定的な違いが有るのでしょうか?

個人的には

おいしくありません
甘くありません 

のほうが自然に聞こえるとおもうのですが考えれば考えるほどわからなくなります。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

「おいしくありません」の方が「あいしくないです」より少し丁寧に感じ、一般的であると思います。

ご存じのように日本語の形容詞活用形の語尾変化は複数あります。外国人によっては形容詞変化のところで日本語学習に混乱をきたすような気がします。
否定形だけ「です・ありません」の形を混ぜて採用するのは活用形の統一と言う点からは外国人にはわかりにくいのは事実です。中には「おいしい、おいしくない」のように「です」を使わない普通形で覚えてしまっている外国人もいます。普通形は分かりやすいのですが「です」を後付けする丁寧形は日本語の歴史も浅く日本人も慣れていません。
どれが外国人に分かりやすいかで、教科書によりどの変化を採用するか、分かれているようです。どれを採用しても一長一短があります。

「おいしい」のようなイ形容詞の現在形、現在否定形、過去形、過去否定形
(1)おいしいです、おいしくありません、おいしかったです、おいしくありませんでした。
(2)おいしいです、おいしくないです、おいしかったです、おいしくなかったです

「すきな」のようなナ形容詞の現在形、現在否定形、過去形、過去否定形
(1)すきです、すきでは(じゃ)ありません、すきでした、すきでは(じゃ)ありませんでした
(2)すきです、すきでは(じゃ)ないです、すきでした、すきでは(じゃ)なかったです。

どれも使える日本語ですが、このように書き出すと日本人もどれが一般的か混乱してきます。教科書「みんなの日本語」は、イ形容詞は(2)をナ形容詞は(1)を採用しています。ナ形容詞は名詞扱いをします。教科書によっては(1)だけ、(2)だけを採用している本もあります。複数の変化があることを整理した上で、とりあえず教科書の形で教え、形容詞の活用に慣れてから、後日機会を見つけてまた違う変化も教えるのがいいのではないかと思います。

「おいしくありません」の方が「あいしくないです」より少し丁寧に感じ、一般的であると思います。

ご存じのように日本語の形容詞活用形の語尾変化は複数あります。外国人によっては形容詞変化のところで日本語学習に混乱をきたすような気がします。
否定形だけ「です・ありません」の形を混ぜて採用するのは活用形の統一と言う点からは外国人にはわかりにくいのは事実です。中には「おいしい、おいしくない」のように「です」を使わない普通形で覚えてしまっている外国人もいます。普通形は分かりやすいのですが...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報