ストレスとは、本来圧力、圧迫などを意味する言葉であったが、
現在では、生体に与えられた(1)によって、
副腎皮質の増大、胸腺、脾臓、リンパ節の収縮、
胃及び十二指腸の出血や潰瘍に代表される(2)が生じることを指す。

この(1)と(2)に当てはまる言葉で適当な言葉は…?
私の友達それぞれの意見が食い違っていて、困っています。
1人1人の意見にそれぞれが自信が持てません。
出ている答えとしては、

(1)→何らかの刺激orストレッサーor有害事象
(2)→ストレッサーor汎適応症候群orストレス

なのですが、どれがもしくはどの語句が適当なのでしょうか?
ご回答、お待ちしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

手元にある心理学辞典(1999,有斐閣)で調べると、ほぼ同じような説明がありましたのでご紹介します。



カナダの心理学者セリエ(Selye,H)の“ストレス学説”によれば
「生体に与えられた有害刺激は、副腎皮質の肥大、胸腺・脾臓・リンパ節の萎縮、胃と十二指腸の出血や潰瘍に代表されるような、さまざまな刺激に対して共通の(非特異的な)生理学的変化を引き起こす。このような変化は非適応症候群とよばれており、ストレスとはそれが生じている状態をさすものと考えられている。」

この説明からいくと、答えは
(1) 有害事象
(2) 汎適応症候群
となります。

なお、汎適応症候群=非適応症候群です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

futuristさん、ご回答ありがとうございます。
「心理学辞典」という本の名前を出して頂けたので、
友達みんなで確認する事ができ、みんな納得できました。
汎適応症候群=非適応症候群というのも勉強になりました。
助かりました。本当にありがとうございましたm(_ _)m

お礼日時:2002/02/04 16:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q胸腺と免疫

現在、アレルギー持ち(成人性アトピー、花粉症)なのですが、アレルギーの人は免疫系の機能が異常な状態だと聞きます。
最近、この免疫系統を司っている器官で「胸腺」と言う部分があると聞きました(他にも免疫系の器官はある?)。
(1)私のようなアレルギーの者は、この胸腺が不調でこのような症状が発症しているのでしょうか?
また、過敏にアレルギー抗原には反応している割には、風邪を引き易く、面白いくらい簡単に体調を崩してしまいます。
(2)これは、通常ならば免疫系が、これら風邪等の異物に対して働く分が、アレルギー反応に力を使ってしまって(または、何らかの狂いがあって、異物に反応ができないでいる?)本当に必要な部分に作用できないでいるということでしょうか?
(3)また、胸腺の活動に良い食品はありますか?

ちょっと分かりにくくて申し訳ありませんが、どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教授願います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

胸腺から供給されるリンパ球(T細胞)は、さまざまな免疫反応に関与していますが、その中で、ヘルパーT細胞は免疫応答を増強させ、サプレッサーT細胞は、これを抑制します。花粉症などのアレルギーは、このサプレッサーT細胞の抑制がかからず、異物に対する抗体の生産が過剰におきている状態です。アレルギーの原因になるIgE抗体を作るのは、ヘルパーT細胞の指令を受けたB細胞ですが、実は、このサプレッサーT細胞の抑制がかからないというのは、胸腺の不調というより遺伝的に決定されているといわれています。風邪を引きやすいというのは、その人の生活習慣なども大いに関与していることなので、一概に免疫機能との関連があるとは言えないと思います。むしろ、花粉症などを引き起こしている状態が風邪をひく引き金になっている可能性もあるのではないでしょうか。
免疫については、多田富雄氏の書かれた、「免疫の意味論」(青土社)という本が、大変わかりやすいので、一読をおすすめします。

Q汎適応症候群って?

今、学校で健康心理学を習っていて、課題をしています。
「以下の語句の説明をせよ」という問いの中に
「汎適応症候群」という言葉があります。
ノートを見ても「生体に与えられた有害事情により汎適応症候群が生じる」
としか書いていなくていまいちわかりません。
課題の締め切りも近くて本当に困っています。
くわしくご存知の方、教えて下さい!

Aベストアンサー

参考URLを挙げます。
人がストレス(ストレッサー)に出会ったときに起こる反応(ストレス反応)の結果を汎適応症候群(GAS)と呼ぶそうです。

http://contest.thinkquest.gr.jp/tqj1998/10065/jh/study_jh/study_7.html

具体的な例示も載っています。
実際の病気だと胃・十二指腸潰瘍(胃酸過剰分泌)などが有名ですね。セリエのストレス学説で説明されるやつです。
僕らの言葉だと『ストレス症候群』という方が馴染み深いかもしれません。

参考URL:http://contest.thinkquest.gr.jp/tqj1998/10065/jh/study_jh/study_8_1.html

Q胸腺がなくなると?

胸腺は思春期以降は小さくなってしまい、胸腺を取り除いても大丈夫だ、と習いました。
胸腺がなくなってしまったらT細胞はどこで産生されるのでしょうか?

Aベストアンサー

>自己組織を破壊するようになってしまったらダメなんでは・・・?
その通りです。いわゆる自己免疫疾患とは生体の免疫系が自身の組織を異物と誤認して破壊するようになった状態です。また自己抗体は老化の一因とも考えられています。
尚、自己免疫疾患の治療手段として胸腺摘出が行われる例として重症筋無力症が挙げられます。

T細胞は赤血球と違って内部に核があるため、抗原刺激を受けると分裂・増殖します。従って胸腺を摘出してもT細胞がなくなるわけではありません。又、一部のT細胞は末梢でも分化します。

Q「適当な数字」と言われて、困る子どもの心理?

子どもに、
「何でもいいから好きな三桁の数字、言ってみて」と言いました。
すると、たちまち困った顔になりました。
しかも、30秒くらい(?)待っても、結局何一つ数字を言えませんでした。
子どもは小3です。
数字については、普通に小3並みの学力を持っています。
(つまり、三桁の数字ってどういう意味、とか、基本部分で困るような子どもではなく、
 自分で三桁の数字を決断しなければならないという状況が、困惑の原因だったと思います)


この子どもの困惑の正体って、なんなのだろうかと、ちょっと知りたくなりました。
作業としては、三つの数字をただ、適当に並べていけばよいわけですから、簡単だと思います。
それができないという、この子の中では一体どのようなことが起こっているのでしょうか。


一つの答えはないかもしれませんが、
考えるヒントでもいただければ、幸いです。

Aベストアンサー

 まず、現在子供達に自由に発想させる事を訓練させていません。たとえば絵を描くにしても「自由に描きなさい」と言われて描けない子どもが多いでしょう。そこでテーマを与える。具体例を見せると動き出します。これはテーマに沿って描かれた物を評価されてきた。テーマが無い絵を描くことをあまりしなかったし、評価もされなかったこともあります。落書きも制限されていたと思います。
 数字も適当なといわれても、経験不足なので頭が動かないのです。発想が固定されているのです。

 現在、UFOや幽霊など想像する楽しみを奪っています。科学的ではないと。現実的にという考えを押しつけています。自由に発想する。とんでもない発想は排除するという教育になってしまった。テレビゲームも自由な発想といいながら制限のある遊びです。数字を決めるにしてもコンピュータがランダムで出す物でしかありません。
 保育園や幼稚園での教育方針とかもありますが、自由な発想させているけれども制約した中でしか評価されませんからね。

 我が子が行った保育所では絵を描かせています。大まかなテーマがあるけど結構そこからはずれてもOKみたいな自由がありました。その絵を見て学校の先生がすばらしいと評価してもらいました。自由に描けている。これが楽しかった。などの子どもの気持ちが読み取れる絵がそこにあったからです。そこで幼稚園ではと先に書いたような事を延べられていました。
 
 作文を小学生に自由に書かせるとおもしろいですよ。何を伝えたいのかが見えてくるようです。テストとか決められた枠組みから離して行く事で自由な発想が可能だと思います。その作文に「上手に書きなさい」と指導すると子どもの気持ちを無視した物に成ります。


 我が子やその友達など見ていると、発想の転換とか一つのことをしたら、其れ以外の発想とか出てこないですね。物を作って、うまくいかなかったら終わり。改良するという発想もないですよ。私は我が子に工夫の仕方などを教えていますが。

 それとちらっと読んだだけですが、はやぶさプロジェクトの川口先生の著書ではやぶさ式発想方法とかの本は参考になるかな。

 まず、現在子供達に自由に発想させる事を訓練させていません。たとえば絵を描くにしても「自由に描きなさい」と言われて描けない子どもが多いでしょう。そこでテーマを与える。具体例を見せると動き出します。これはテーマに沿って描かれた物を評価されてきた。テーマが無い絵を描くことをあまりしなかったし、評価もされなかったこともあります。落書きも制限されていたと思います。
 数字も適当なといわれても、経験不足なので頭が動かないのです。発想が固定されているのです。

 現在、UFOや幽霊など想...続きを読む

Q免疫について正しいものを全て選べ。 という問題で、どれが正しいのか分かりません。教えて下さい。 1

免疫について正しいものを全て選べ。
という問題で、どれが正しいのか分かりません。教えて下さい。

1、リンパ球が骨髄の中でBリンパ球の性質を獲得する。

2、リンパ球が延髄の中でBリンパ球の性質を獲得する。

3、リンパ球が胸腺の中でBリンパ球の性質を獲得する。

Aベストアンサー

こちらを良く読んでみてください。
http://www.stnv.net/med/lymphocyte.htm

Qイメージ力って鍛えることができるのですかね? 僕、想像力が低くて、イメージ力を鍛えたくて、今、適当に

イメージ力って鍛えることができるのですかね?
僕、想像力が低くて、イメージ力を鍛えたくて、今、適当に自分が決めたお題を目を閉じて描くイメージトレーニング?を実践しているのですが、不安になったのでお聞きすることにしました。
ひとつめはイメージが全然浮かびません。
普通の人は聞く限りでは丸とか三角なら普通に脳内に映すことができるらしいのですが、僕はといえば、全然丸や三角すらもイメージできないから線を引いて、無理矢理、お題を完成させてる感じです。
これでも、大丈夫なのでしょうか?
ふたつめは二十歳を超えてもイメージ力って上がるのでしょうか?
下手な文でごめんなさい。
ですが、不安で、不安で押し潰されそうなのです。

Aベストアンサー

「イメージ力って鍛えることができるのですかね?」
→もちろんできますよ。
人によってセンスというものがありますが、ほとんどのことはトレーニングの積み重ねです。

「ふたつめは二十歳を超えてもイメージ力って上がるのでしょうか?」
→もちろん、上がります。

Q哺乳類の胸腺の成長

哺乳類の胸腺が成長と共に小さくなるのは
何故なのでしょうか?
 どなたか参考になる回答を教えて下さい!!

Aベストアンサー

 
胸腺は、哺乳類の「免疫系」において大きな役割を演じており(Tリンパ球を胸腺において分化することで、免疫系の重要な器官となっています)、この胸腺が萎縮し、免疫系に支障を来す理由として、「ストレス説」というものがあります(1936年のセリエの説)。

ストレスを受けた心身は、脳下垂体と視床下部のコントロールにより、化学物質を分泌し、これによって胸腺萎縮他、各種の「老化」作用が内部器官に生じ、胸腺萎縮は、哺乳類の組織の老化と密接に関係付けられました。

しかし、ストレスだけで、老化が起こる訳ではないのは明らかです。また、ストレスによって、必ずしも胸腺萎縮が起こるのではなく、ストレスの種類によっては、萎縮を進行させることなく、免疫機能の快復のような作用もあることが述べられています(参考URL1→「2 牛乳と健康:乳蛋白質カゼイン分解物が免疫力をアップ!!」)。

ダイオキシン等の有害化学物質(環境ホルモン)の影響でも胸腺は萎縮するとされますが、基本的に、「加齢の過程」に胸腺萎縮が最初から組み込まれているのであり、ストレスや有害化学物質が、萎縮を促進するのだと考えるのが妥当ではないでしょうか。

>RS: Letter4
>http://www.com.rd.pref.gifu.jp/health/Html/letter4.htm
 

 
胸腺は、哺乳類の「免疫系」において大きな役割を演じており(Tリンパ球を胸腺において分化することで、免疫系の重要な器官となっています)、この胸腺が萎縮し、免疫系に支障を来す理由として、「ストレス説」というものがあります(1936年のセリエの説)。

ストレスを受けた心身は、脳下垂体と視床下部のコントロールにより、化学物質を分泌し、これによって胸腺萎縮他、各種の「老化」作用が内部器官に生じ、胸腺萎縮は、哺乳類の組織の老化と密接に関係付けられました。

しかし、ストレスだけ...続きを読む

Q言葉遊び(10回クイズ、言わんのバカ、早口言葉)は心理学で説明できる?

昔、10回クイズ(「ピザ」と10回言わせた後、ひじを指差して「ここは?」と聞くと「ひざ」と答えてしまう)や、言わんのバカクイズ(出題者が解答者に「何といっても静岡と答えてください」とあらかじめ言っておいて、「お茶?」「静岡!」「うなぎ?」「静岡!」「わさび?」「静岡!」というやり取りがあった後、出題者が「塩漬け?」と言うと解答者が「しおずか」と思わず答えてしまう)というクイズというかゲームが流行りましたよね。
また、これとは別に早口言葉で「バスガス爆発」だと言いにくいけど、「バスが酢爆発」だとちょっと言いやすくなりますよね。

個人的に、これには心理学実験的な要素が含まれていると考えています。
こういった10回クイズ、言わんのバカクイズの他早口言葉などを含む言葉遊びと心理学(プライミング?)の関連について言及している本を探しているのですが、該当する書籍など知りませんか?
あるいはそういったことを専門的に研究している大学の学部などありませんか?

Aベストアンサー

関連の書籍や研究機関については心当たりがなくて、大変申し訳ありませんが、
質問文とNo.1の方の回答を読み、このタイトルに思わず興味を持ってしまいました。

言語の解釈という意味での言語学と、心理学の要素が組み合わさった問題ではないかと思います。

私は「ひじ」にはまんまと引っ掛かり、落とし穴に落ちたことにさえ、しばらく気づきませんでした。

「ピザ」と「ひざ」の違いにとらわれるがために、「ひざ」と「ひじ」という、
「ひ」が共に同一で、「ざ」と「じ」というさ行の濁音の、母音違いにまで注意がいきませんでした。

さらに、「ひざ」と「ひじ」は共に、手と足というイメージ的に似た2者の、共に関節部分にあたり、
また、直観としての視覚的イメージで考えても、どちらも「くの字」で、この点でも混同しやすいです。

このように何重にもトリックが仕掛けられていて巧妙なのが、「ピザ」のクイズだと思います。

「塩漬け」には引っ掛からなかったのですが、これのポイントは、「け」と「か」の違いにとらわれ、
「お」と「づ(orず)」の語順の違いに対する配慮がおろそかになることではないかと思います。
「ひじ」と違い、問われる事前に「静岡」を連呼しているので、比較的間違いにくいはずです。

この手のジャンルは、一見言葉遊びのようで、社会的な有用性は少なそうにも思えますが、
他人を操作する方法論を研究すること自体は、振り込め詐欺などのトリックを見破るなど、
社会に有用な行為にも活用することもできるので、
もしかしたら、どこかにそのようなジャンルを遊び以上に真剣に研究している人もいるかもしれません。

関連の書籍や研究機関については心当たりがなくて、大変申し訳ありませんが、
質問文とNo.1の方の回答を読み、このタイトルに思わず興味を持ってしまいました。

言語の解釈という意味での言語学と、心理学の要素が組み合わさった問題ではないかと思います。

私は「ひじ」にはまんまと引っ掛かり、落とし穴に落ちたことにさえ、しばらく気づきませんでした。

「ピザ」と「ひざ」の違いにとらわれるがために、「ひざ」と「ひじ」という、
「ひ」が共に同一で、「ざ」と「じ」というさ行の濁音の、母音違...続きを読む

Q胸腺腫って癌ですか

単刀直入に質問します。

細かい詳細は不要です。
胸腺腫って癌でしょうか?

Aベストアンサー

(Q)放置していたら、浸潤、転移するということでしょうか?
(A)いいえ。殻の中身が問題です。
殻の中身が、悪性腫瘍の塊だったら、いつかは殻を破って……
という可能性があるでしょうが、
そうでなければ、問題ありません。

ご紹介したサイト(国立がんセンター)に書いてあるように、
胸腺がんは、稀ながんです。
従って、がんではないけれど、良性腫瘍だとしても、
問題を起す可能性があるので、慎重な観察が必要……
というように考えてはいかがでしょうか。

とにかく、主治医の先生と、徹底的に話し合ってはいかがですか?
中途半端な知識で悩んでいるから、
「MRIで充実性腫瘍、PETで集積」=がん 
という誤解を生むのですよ。
単に、がんの可能性があるということを証明しただけの話で、
がんであることを証明したわけではありません。

Q意識の謎 : 人間各個体はそれぞれ独立しているのに何故同じ世界を見るのか

.             *** 言語の相違と認識の同一性 ***

私たち生き物が外界を認識をする時、外界から視覚器官に到達した光量や光強度などを生体電位に変換した後には、神経線維を走る
信号強度やシナプス間での神経ホルモンの濃度や受容感度には個体差があるので、そのような過程を経て外界イメージが形成される
なら、それは独立した各個体によって成されるので、認識される外界像や外界印象はそれぞれ違ったものになるように思えます。

さらに、人間が認識する対象のそれに適当な意味を付けて言語化する時、日本語や外国語あるいは日本各地の方言のような相違があ
りますが、これは独立している人間各個人の思考機能の差異や多様性によって生じたと考えられます。 

それならば外界認識において、他者は私の見る世界と同じものを見ている、という素朴な了解は何を根拠にしているのでしょうか。
あるいは何故、各個人間の外界像には多様性が無くて言語には多様性があるのでしょうか。

Aベストアンサー

人が見ている世界には、他の人と共有できる部分と、自分が固有に感じている部分があり、比較的に前者は言語化しやすく、後者は言語化するのが難しい。
例えば、テーブルの上にりんごがあり、AさんとBさんがそれを見た場合、りんごのもつ要素として、赤い、手で触れることができる、りんごらしい形をしている、テーブルの上にある、という要素はお互いに共有できる。だから、言語化しやすい。しかし、りんごの赤みの程度、背景との馴染み具合や、時間経過の中における意味合いなどは、個人によって違ったものになる可能性もある。(最後の「時間経過の中における意味合い」というのは、例えば、Aさんがついさっき失恋したばかりだとしたら、りんごまでもが悲しげに見える、ということもありえる。)言語というのは、そういう個人の時間性に左右されにくく、他者と共有可能なものをものを表すのが得意なのだと思います。ですから、厳密に言えば、各個人の世界はそれぞれ違う。しかし、ある一定の幅の中で、共通の了解を得ることができるということだと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報