宇宙戦艦ヤマトの主砲でショックカノン(衝撃波砲)っていうのがあったと思いますが、あれはどういう原理なのでしょうか?私の知る限り、そのあとの戦艦系のアニメでショックカノンなるものは出てこなかったことをみると、あんまりメジャーな武器ではなかったように思えるのですが…

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「ショックカノン(衝撃砲)」は「波動砲」と同じく、松本零士氏の創作だからでしょう。



原理としては
1.波動エンジンのエネルギー波をチャンバーに充填する
2.砲身より螺旋状のエネルギー波にして発射する
3.螺旋状にすることで、着弾時に大きな衝撃波を発生し粉砕する

というもののようです。
アルカディア号の主砲「パルサーカノン」も同じものです。
(これ以上は勘弁してくれぇ~(^^;))

「さらば」のアンドロメダにはヤマトの2倍の射程を持つショックカノンが搭載されて

いましたが、「3」ではヤマトの主砲は「波動カートリッジ弾」に換装されました。
「エネルギー効率の悪さ」が原因のようです。

その後の作品では「レーザー」「粒子ビーム」「レールガン」のような現在の実在技術の延長線上にあるものや「グラビティ・ブラスト」や「プラズマブラスト」・「エバ・ブラックカノン」のようなオリジナルの「必殺技」を創作しています。

でも「ゾイド」の背中に乗っているのが実は「ショックカノン」だったりします。(^^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。あれは創作だったんですかア。初めて知りました。しかも波動エネルギーをらせん状のエネルギー波にするのですかあ。ヤマトの主砲が戦艦を一撃にできるのも理解できますなあ。その割には、大型要塞の装甲にはあっさりはじかれていたような…。

お礼日時:2002/02/05 16:54

とうも!#1のfuyukiです。


ショックカノンに充填するエネルギーは熱力学的なものであれば何でもいいのです。

「ショックガン」というテロリスト制圧用の武器があります。
筒の中で火薬を炸裂させ、その衝撃波を相手に当てます。
直撃された相手はしばらく耳がツーンとなって身動きがとれなくなります。
これを大がかりにしたものと考えていいと思います。

エネルギーあたりの破壊力は弾丸を飛ばす武器に遠く及びません。
(「効率」という意味では他のアニメに出てくる「○○ビーム」のたぐいはすべて同じ問題があります。)
しかし弾丸の補給のできない長期間の宇宙航行をするヤマトには有効な装備かもしれません。(パルスレーザーなど他の武器も弾丸を飛ばしませんし)

「波動エンジン」は異次元からタキオン粒子を持ってきて莫大なエネルギーを発生するもので、その補償があるからショックカノンを連発できるのでしょう。
一方、大気圏航行用の補助エンジンでは出力不足のため、第2話の大型ミサイル迎撃の時のように1発撃つ為のチャージにやたらと時間がかかってしまいます。
(それにしても「波動」エネルギーって何なんでしょうねぇ。「120%まで充填可能なもの」というのは判るんですが)

>太田に対しみんなが「相原!!」と話しかけていたり
え~っと、顔と名前が一致していないときに普通の会社や学校でも「よくある光景」ですよね。(^^)

>徳川機関長の声が佐渡先生の声だったり
いそいでいて「声がうわずっていたとか(^^)」

そういえば後半なぜかショックカノンの射線が螺旋じゃなくなるのですが、これは「撃ちすぎて溝がなくなちゃった」のかなぁ(笑)

まあアニメは「科学的な整合性」よりは「見栄え」重視のものですし(宇宙空間で音がしたり)、「ヤマト」は細かい所にいちいちつっこんでると「座礁」してしまいますのでこれくらいで。
    • good
    • 0

どうも。

fuyukiさんのご回答どおり、そういう設定なのだと思います。

ただひとつすっきりしない点は、第1作第2話でガミラスの空母をシヨックカノンで攻撃した時、ヤマトはまだ波動エンジンの試運転さえ行っておらず、動力は補助エンジンのみでした。まぁ、そこら辺の整合性の無さは昔のアニメにありがちなことですからね。(^.^) 

おかしな点と言えば、第1作のどの話か忘れましたが、太田に対しみんなが「相原!!」と話しかけていたり、緊急時のスロープを滑り降りる徳川機関長の声が佐渡先生の声だったり(声は永井一郎さんの二役ですが)しているところが妙に笑えます。

今こんな話が出るなんて、WOWOWの影響でしょうか。
(^o^)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qガンダムで出てくるソーラーレイ と 戦艦マクロスの機関砲はどちらが強いでしょうか?

ガンダムで出てくるソーラーレイ と 戦艦マクロスの機関砲はどちらが強いでしょうか?
誰か詳しい方教えてください。

当件について、会社の先輩と電車で口論になりました。
子供の頃の記憶だと、ソーラーレイは一瞬にしていろいろな物を吹き飛ばしていました。マクロスの機関砲は地球から地球の衛星軌道上にある敵艦隊を吹き飛ばしていました。論理的にどちらが強いか教えてください。

強いという意味では、威力というか殺傷能力です。破壊性も含めて気になります。

Aベストアンサー

1.戦略兵器であるソーラ・レイと戦術兵器であるマクロスを比較する事自体に意味が無い
2.破壊力の比較では圧倒的にソーラ・レイ
3.どちらも兵器としては欠点が大きすぎる
4.しかし大砲は男のロマン!

1.兵器の性質
まずこの2つ、兵器としての目的がまったく違います
・マクロス:敵艦の破壊
・ソーラ・レイ:敵拠点の破壊
いわばフェラーリと新幹線を比べるようなものです。

それに直接対決のシナリオが成立しませんね。
ソーラ・レイはスペースコロニーや宇宙の拠点を破壊するための武器で、戦艦1隻を相手に使うには割に合わない。
かといって、ソーラ・レイのような大型の固定砲台に戦艦で攻撃を挑めば威力や命中精度の関係で確実に負けます。

2.性能
1)射程と破壊力
お話にならない位違います。
・バスターキャノン
 衛星軌道(約40,000km)のピケット艦を1撃で吹き飛ばす
・ソーラ・レイ
 サイド3から発射してソロモンの連邦軍艦隊の半数を蒸発させる
 この距離実に約400,000km。10倍の射程と桁違いの破壊力があります。

2)連射性能
ソーラ・レイの連射性能は1発/1週間以上。(長すぎるぞ!)
というか、ギレン撃ったものはたしか1回で壊れたはず・・・

一方のバスターキャノンも撃つたびに壊れて整備が必要という問題があります。
どちらも1回の戦闘では実質1回しか使えないという点では大して違わない。

3.実用性
ソーラ・レイの問題は威力と資源消費が無駄に大きい事。
まず発射まで1週間以上艦隊規模の工作部隊を動員する必要がある。
また巨大な破壊力の大半が宇宙に散ってしまう事。
そのエネルギーはコロニーの生活用の設備から供給されている事にも配慮が必要でしょう。

バスターキャノンに限らず、マクロスの装備全般の問題は信頼性。
人類にとって未知のオーバーテクノロジーを使うマクロスはやたらと暴発や故障といった動作の不確実性が付きまといます。
ここ1番で撃てない可能性のある大砲なんて普通怖くて使えませんよ。

ということで、兵器としての実用性はどっちもどっちというところでしょうか。

1.戦略兵器であるソーラ・レイと戦術兵器であるマクロスを比較する事自体に意味が無い
2.破壊力の比較では圧倒的にソーラ・レイ
3.どちらも兵器としては欠点が大きすぎる
4.しかし大砲は男のロマン!

1.兵器の性質
まずこの2つ、兵器としての目的がまったく違います
・マクロス:敵艦の破壊
・ソーラ・レイ:敵拠点の破壊
いわばフェラーリと新幹線を比べるようなものです。

それに直接対決のシナリオが成立しませんね。
ソーラ・レイはスペースコロニーや宇宙の拠点を破壊するための武器で、戦艦...続きを読む

Qガンダム側戦艦と宇宙戦艦ヤマト側戦艦どっちが強い?

ガンダム側戦艦は地球連邦軍(U.C0079~0088)(ティターンズも含め)

エゥーゴU.C0087~0088までの戦艦
         vs
宇宙戦艦ヤマト1.2.3シリーズ戦艦どっちが強いのでしょうか。
ルールはms•戦闘機などの発進は禁止
戦艦の実力で勝負
かつのはどっちでしょうか教えて下さい。
(僕は連邦軍•エゥーゴを応援してます)

Aベストアンサー

29万6千光年の旅を成し遂げた程の宇宙戦艦ヤマトは、
ガンダム側戦艦の物資補給や燃料補給が比べようがありません。

ガンダム側戦艦のミノフスキー粒子の存在があっても、
宇宙戦艦ヤマトの攻撃の作戦しだいではガンダム側戦艦の補給はまま成らないでしょうね。

アステロイドシップ計画で、攻守に特化した宇宙戦艦ヤマトは、
宇宙を漂う岩石と化すので、ガンダム側戦艦に発見されない。
ガンダム側戦艦がミノフスキー粒子散布でレーダーを殺しても無駄です。
空間磁力メッキでタキオン粒子を利用した光学兵器やエネルギー兵器を反射させる訳で、
宇宙戦艦ヤマトを沈める事はガンダム側戦艦にはムリです。

波動エンジンがある限り宇宙戦艦ヤマトのエネルギーは無尽蔵でしょう。
ガンダム側戦艦が物資補給や燃料補給の機会に宇宙戦艦ヤマトがアステロイドシップ計画で、
岩盤を回転させてガンダム側戦艦を沈めるとミサイルは消費しないで良い訳で、
で、イザと成れば、極短距離のワープで距離を取ればよい訳です。
更には、ガンダム側戦艦がワープでガンダム側戦艦にぶつければ、
レーダーがどうのこうのの騒ぎじゃない訳です。

なので、ガンダム側戦艦の圧勝ですね、いや、勝負に成らないのでは?。

29万6千光年の旅を成し遂げた程の宇宙戦艦ヤマトは、
ガンダム側戦艦の物資補給や燃料補給が比べようがありません。

ガンダム側戦艦のミノフスキー粒子の存在があっても、
宇宙戦艦ヤマトの攻撃の作戦しだいではガンダム側戦艦の補給はまま成らないでしょうね。

アステロイドシップ計画で、攻守に特化した宇宙戦艦ヤマトは、
宇宙を漂う岩石と化すので、ガンダム側戦艦に発見されない。
ガンダム側戦艦がミノフスキー粒子散布でレーダーを殺しても無駄です。
空間磁力メッキでタキオン粒子を利用した光...続きを読む

Q宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマト

・ガミラスが人類の地球外知的生命体とのファーストコンタクトだったのでしょうか?

・沖田艦長や土方、山南など、高齢・ベテランの戦士の方々は、ガミラス戦以前は、どこで戦闘経験を積んできたのでしょうか?

劇中や設定にないのかもしれませんが、創造でOKですので、ご意見をお願いします

Aベストアンサー

> ・ガミラスが人類の地球外知的生命体とのファーストコンタクトだったのでしょうか?

文明の接触という点ではそうなります。
ただし、ガミラス人自身との直接的な接触はヤマトの航海途中で捕虜を捕らえるまでは無かったようなので、すでに遺体になってたとはいえ、肉体を確認したのはイスカンダル人のサーシャが最初のような気がします。


> ・沖田艦長や土方、山南など、高齢・ベテランの戦士の方々は、ガミラス戦以前は、どこで戦闘経験を積んできたのでしょうか?

『さらば宇宙戦艦ヤマト』の冒頭、アンドロメダの進宙式で連邦大統領が演説していますが、彼は地球連邦の初代大統領なんですね。地球連邦という組織はガミラス戦後に出来たということです。つまり、それまでは現代と同じく、地球にはいくつもの国家が存在していたのです。
国家があれば国家間の対立もあるからそこに戦争というものが出てきます。実際に宇宙時代になって戦争が起こったのかどうかは知りませんが、それに備えて軍隊を組織していたのは確かでしょう。ベテランの戦士たちはそのような環境で月月火水木金金と日夜軍事訓練に励んでいたのです。
ま、ガミラス戦も7年ぐらい続いてますから、負け戦の連続にしてもその間に実戦経験を重ねたのでしょうねぇ。

> ・ガミラスが人類の地球外知的生命体とのファーストコンタクトだったのでしょうか?

文明の接触という点ではそうなります。
ただし、ガミラス人自身との直接的な接触はヤマトの航海途中で捕虜を捕らえるまでは無かったようなので、すでに遺体になってたとはいえ、肉体を確認したのはイスカンダル人のサーシャが最初のような気がします。


> ・沖田艦長や土方、山南など、高齢・ベテランの戦士の方々は、ガミラス戦以前は、どこで戦闘経験を積んできたのでしょうか?

『さらば宇宙戦艦ヤマト』の冒頭、アンド...続きを読む

Q宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトの実写映画化したものを見たのですが、あれの最後で古代進はヤマトと一緒に消滅しますよね?

 今日、TUTAYAで偶然アニメ版のヤマトを見かけたのですが、そこにはヤマトI・II・IIIとあってすべて別の話で、古代進が生きていました。

これはどういうことですか?

原作のアニメでは古代進は死なないのですか?

見たことある方、詳しく教えてください

Aベストアンサー

キムタク主演の実写版「宇宙戦艦ヤマト」は、黒歴史として抹殺予定の代物ですからwww
そもそも実写版のシナリオそのものが、「宇宙戦艦ヤマト」のプロットとして極初期に存在したもののリメイクらしく、アニメ作品の「宇宙戦艦ヤマト」とは一切リンクしません。

で、アニメ版の「宇宙戦艦ヤマト」については、二作目にあたる白色彗星帝国との戦いで2つのパラレルワールドが存在し、劇場版「さらば宇宙戦艦ヤマト」では主人公の古代進が戦死して、そこで先には続かず、TV版の「宇宙戦艦ヤマト2」の後に以降のシリーズが繋がっていく構造になっていると考えると楽かと思います。

また現在制作中で近日TV放映が決まっている「宇宙戦艦ヤマト2199」もまた、第一作目「宇宙戦艦ヤマト」のリメイク作品であり、世界的には一作目のアニメ版「宇宙戦艦ヤマト」、実写版「宇宙戦艦ヤマト」のいずれともリンクしませんのでご注意ください。

どのみち今から興味を持って「宇宙戦艦ヤマト」に入るのであれば、現在の「宇宙戦艦ヤマト2199」から入るのが一番お奨めかと。
一番長く続いている旧作シリーズは、「宇宙戦艦ヤマト2」から時間軸が継続し、完結編を経て復活編の半ばで計画自体が頓挫というバッドエンドになってしまいますので。

キムタク主演の実写版「宇宙戦艦ヤマト」は、黒歴史として抹殺予定の代物ですからwww
そもそも実写版のシナリオそのものが、「宇宙戦艦ヤマト」のプロットとして極初期に存在したもののリメイクらしく、アニメ作品の「宇宙戦艦ヤマト」とは一切リンクしません。

で、アニメ版の「宇宙戦艦ヤマト」については、二作目にあたる白色彗星帝国との戦いで2つのパラレルワールドが存在し、劇場版「さらば宇宙戦艦ヤマト」では主人公の古代進が戦死して、そこで先には続かず、TV版の「宇宙戦艦ヤマト2」の後に以降の...続きを読む

Q宇宙戦艦ヤマト

20年振りに、ヤマトにはまっています。

ケーブルテレビで再放送をしているので、懐かしくて見ています。
それではじめて気がついたのですが、島君が青い隊員服を着ていたり、古代君が、生活班の隊員服を着ていたり、口に台詞が合わなかったり、絵では近くにいる人としゃっべっているのに、台詞は遠くに呼びかけている風だったり、大体古代君の顔なんか、本当はどんな顔なのかわからないほどバリエーションがありますよね。

リアルタイムで見ていた方、当時から気がついていましたか?

Aベストアンサー

放送当時は小学生でした。本放送を見てハマリ、その後ブームになって映画化された時は本当に
嬉しかったなぁ。(でも、映画はつぎはぎの再編集ものだったけど)

ちょっと真面目に答えますと、ヤマトでの色々な矛盾は製作現場の混乱と、外注先にあります。
当時はまだ設定資料がきちんとしていなく、お陰で制服の色が間違っていたり、外注先のアニメーターさんが
自分の色をだしてキャラを書いちゃったりしていたり、色々と混乱が見られます。
オープニング一つとっても一定していなく、歌さえもスローなバージョンが流れてみたり色々でした。

はじめは原作者である松本零士氏が現場を仕切るはずだったのが、アニメの制作には不慣れな上
プロデューサーと揉めたりして思う通りにはいかなかったという話も聞きました。
少し前に松本氏と元Pがヤマトの版権を争って松本氏が勝訴したと言う話も聞きました。
確かに「原案」は元Pですが、彼の「案」はあくまで「戦艦が宇宙で戦うSFアニメ」程度のものでしか
なかったはずなので、その後色々なSF的な肉付けとストーリーを作った松本氏が勝って当然とも思えます。

そんなこんな色々ありましたが、ヤマトは不朽の名作であることは間違いないですよね。
いまだに主題歌聞くとぞくっとしますね。w

放送当時は小学生でした。本放送を見てハマリ、その後ブームになって映画化された時は本当に
嬉しかったなぁ。(でも、映画はつぎはぎの再編集ものだったけど)

ちょっと真面目に答えますと、ヤマトでの色々な矛盾は製作現場の混乱と、外注先にあります。
当時はまだ設定資料がきちんとしていなく、お陰で制服の色が間違っていたり、外注先のアニメーターさんが
自分の色をだしてキャラを書いちゃったりしていたり、色々と混乱が見られます。
オープニング一つとっても一定していなく、歌さえもスローなバ...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報