イーサネットにはDIX仕様の「Ethernet II」と「IEEE802.3」仕様との二つがあるそうですが、ネットワーク上への共存は可能である、とされています。とすれば仕様の異なるもの同士の通信はできるのでしょうか?(フレームの内容も少し違うようですし)。
 またあるところには「現在はEthernet IIが多く用いられている」との記載がありましたが、私は不覚ながら「IEEE802.3仕様」が圧倒的に多いものと思っていました。
 ファーストイーサネットやギガビットイーサネットはIEEE802.3仕様だと思うのですが、これらとDIX仕様の関係はどうなってくるんでしょう?
 いずれにせよこの二つの仕様を実際にはあまり意識したことがありません。つまりカタカナの「イーサネット」でひとくくりしています。実用上これは絶対に意識していないとLANの構成上困りますよ、というものがあればご教示ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

専門家でなので、自信なしです..すみません。



まず、EthernetII とすると何かNetwareでのフレームタイプを示しているみたいなので、
Ethernet2.0にさせていただきます。
で、まずご存じかもしれませんが、一応確認ということで
2つの仕様の違いですが、
 Ethernet2.0は物理層とデータリンク層の仕様で、
 IEEE802.3では物理層とMAC副層までの仕様です。
つまり、例えばIEEE802.3ではCSMA/CDの他にトークンリングなど複数の媒体アクセスを意識できるようになっています。
で、媒体もEthernet2.0は同軸ケーブル という規定ですが、
IEEE802.3では10BASE2,5,T,F,からはじまり
ファーストイーサ(IEEE802.3u),ギガビットイーサ(IEEE802.3z)
まで拡張されてますね。
つまりEhternet2.0自体ファーストイーサとか見てないんです。
なので、ファーストイーサやギガビットイーサがIEEE802.3仕様になるというのは当たり前なんですね。

それで、質問の
「2つの仕様で通信できるか」 ですが、
・2つのピンの配置等の仕様の違い
・フレームタイプの違い
というのが関係してくるでしょう。

実際の機器のピンの配置ですが、
IEEE802.3はEthernet2.0の仕様を含んで拡張されてます。
ただ、通常の機器はEthernet2.0規格に基づいて作られていると思うので、
通常問題が発生しないということです。

フレームタイプ(MACフレーム)に関してですが、
実際のフレームの違いはネット上を探せば見つかると思うので、割愛しますが、
主な違いは
 Ehternet2.0→Typeフィールド
 IEEE802.3→Lengthフィールド
でしょうか。
ただ、これもほとんどの機器が両方のMACフォーマットに
対応しているので、混在しても問題ありません。

ただ、NetwareでフレームタイプをEhternetIIにした場合は、
WindowsPCは確か802.3標準だったので、手動でEthernetIIに変更してあげないと
SAPが拾えなかったような気がします。
Win95時代の話なのであまり自信ありません。


最後に用語の違いです。
これは仕様を考えず、イーサネット でいいと思います。
(自分も使い分ける事なんてありません ^ ^;)
ただ一部の機器の呼び名が変わります。
 Ehternet2.0   IEEE802.3
・トランシーバ → MAU
・トランシーバケーブル → AUI
・ステーション →DTE
などなど。(前述したピン配置が違うので名称もかわります)

長々と説明しているのに間違っているかもしれません。(そんなんでいいのか?>俺)
とりあえずこれを参考に詳細は自分で調べると言うことで。(ごめんなさ~い! m(_ _)m)

この回答への補足

いろいろ文献をあたってここに書かれていることの意味はだいたい理解できました。ありがとうございました。ついでといってはなんですが、ものの本で「種種のフレーム形式を同一ネットワーク上に混在させることは可能だが、当然ながらフレーム形式が異なる端末間での通信はできない」という一文に遭遇しました。このへんはご回答中の「NetwareでフレームタイプをEhternetIIにした場合は・・・・云々」にかかるところだと思いますが、引っかかったのが「フレーム形式が異なる端末間での通信はできない」というところです。実はな~んも考えないで社内LANにアクセスしていますが、通信不能の端末に出くわした経験がありません。
・Windows2000やNTでフレームタイプを指定するところはありましたでしょうか。
・そもそも「EhternetII」と「802.3標準」のフレームのタイプはどのようにして 選択されているのでしょう。(ソフトウェア処理上の問題だと思いますが、どの ような局面で、このフレームタイプを使うぞ、と宣言しているのでしょう)
調べた文献ではこのあたりを解りやすく説明してくれているものにあたりませんでした。しつこい質問で申し訳ありません。もしよろしければご教示いただければ幸甚です。

補足日時:2002/03/18 14:52
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。厚かましいお願いですが、下記の「kanop_98」氏宛ての捕捉の欄でなにか情報をお持ちでしたらお教えいただければ幸甚です。

お礼日時:2002/03/18 15:25

私の持っている情報によりますと、データリンク層で


差異があるようです。もしかしたら私の持っている情報と
同じ情報をお持ちかもしれませんが、、、

まず最初にDIX規格のEthernet1.0が出て、それをIEEEで標準化
したものがIEEE802.3、更にDIX規格にIEEE802.3標準を取り入れた
ものがEthernet2.0、という流れがあるようです。

IEEE802.3ではデータリンク層をLLC副層(Logical Link Control)と
MAC副層(Media Access Control)にわけ、LLCでは下位のMACに
FDDIやEthernetやトークンリング等、各種LANに(上位層との
インタフェースが合うように)対応できるようになっています。
DIXはその標準化の過程でIEEE802.3標準の内容を取り入れて
Ethernet2.0を作った、ということです。

Ethernet2.0が普及している理由として、TCP/IPのアプリケーション
でEthernet2.0が使われているかららしいです。

で、実際にどう違うかと言うと、、、
(1)Length/Typeフィールド
(2)LLCフィールドの有無
(3)Paddingの有無
それぞれ非常に簡単に。
(1)Ethernet2.0はTypeフィールドでネットワーク層のプロトコルを
表示します。IEEEでは同じ部分はLengthフィールドでデータの長さを
示します。
(2)IEEEではLLCヘッダがあり、プロトコルタイプを示す事ができます。
(3)データが46バイトに達しない時、IEEEではpaddingを追加しますが、
Ethernet2.0ではないようです。

ベンダで両方に対応する製品を出しているのでEthernet2.0と
IEEE802.3のMACフレームが混在していても通信ができるようです。

もっと詳細な説明が必要であれば追加質問(回答がいつできるか不明)か
下記の本を参照してください。

「標準LAN教科書(下)」\3,400+TAX
アスキー出版局
ISBN:4-7561-1848-8
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。その後の調査で大体理解できました。

お礼日時:2002/04/30 01:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QIEEE802.3標準LANとEthernetの違い

上記表題で決定的な違いって何デスカ???
今は広義では同じ意味であるとか何とかよく聞くのですが・・・。
何が決定的に違うのでしょうか?
どなたか詳しく解説していただけると幸いです。

Aベストアンサー

最大で決定的な違いはフレームヘッダです。
Ethernet(またはEthernetII)でデータタイプフィールド
(2バイト)の部分がIEEE802.3ではデータ長となっています。

分かりやすい解説のあるページを見つけたので参考URLにあげておきます。

参考URL:http://apricot.ese.yamanashi.ac.jp/~itoyo/lecture/network/network07/index07.htm

QIEEE802.3

IEEE802.3のことで質問があります。
IEEE802.3ae IEEE802.3af IEEE802.3saなど、
802.3のあとに続く文字列がいくつかあるのですが、
その文字になにか意味はあるのでしょうか。
aeが何かの短縮形とかだったら、何を示しているのかが非常にきになります。
もし分かる方がいましたらどうかお教え願いたいのです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>それとも、ただ単にテキトウに文字列を追加しているだけなのでしょうか。


規格などについては
http://standards.ieee.org/getieee802/
http://www.ieee802.org/

などで見れるのですが
どうも802.3xyとあったらxが大きなワークグループyが細分化されたグループになっているようです。

参考URL:http://www.atmarkit.co.jp/fpc/special/lan_selection/ethernet-column1.html

QEthernet switchとは?

現在ネットワークに興味を持ち色々勉強しています。
しかしEthernet switchというものがなんなのか分かりません。また、HUBとEthernet switchの違いはなんなのでしょうか?
どうかお願いします。

Aベストアンサー

HUBにはリピータHUB(単純)とスイッチングHUB(高級)があります。
スイッチングHUBの内、10メガと100メガの両方の速度の Ethernet が
接続できるものを、特に Ethernet switch といいます。

QIEEE802.11g と IEEE802.11b の差

スペックや見た目がほとんど同じで、おそらく内蔵無線ランの規格のみがちがう同じシリーズの2台のノートPCがあります。それぞれIEEE802.11g/b と IEEE802.11b内蔵です。前者は友人が持っていてうちで試した結果 http://www.musen-lan.com/speed/ にて約7メガの無線通信速度でした。(うちはAdslです。100BASEのコードで繋いでいるときは16メガ程度で通信できる環境です。)

さて、後者のpcではどれくらいの速度が出ると理論上で(または皆様の経験上で)推測されますか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

こんばんは。

5メガくらいではないでしょうか?

実際の速度は理論値の約半分との情報を見かけますし、経験上もだいたいそれくらいだと思います。b規格の理論値11メガの2分の1ということで予想しました。

(有線で11メガを超えていますので、一応b規格としては性能を100%発揮できる環境として)

うちはBフレッツ光ファイバー環境ですが、フレッツスクエアでの計測ではbでは5メガくらい。gでは20メガくらいです。

QTCPとEthernetのデータの分割の役割

TCPのウィンドウ/フロー制御とethernetのフレームの分割についてご質問です。

書籍を読んでいると
TCPはウィンドウ/フロー制御で、一度に送るセグメントサイズを調整しているとあります。
しかしEthernetもフレーム分割を行うとあります。
そうなると、どちらのプロコトルが主体的にデータを分割するのか本を読んでもいまいちわかりません。

例えば、TCPがウィンドウサイズを4500byteにして一度にデータを送信すると
データリンク層のEthernetで、4500byteを1500byteずつに三分割するんでしょうか?
だとすると、4500byteのデータを送った場合、TCP上では1つのセグメントを送信したことになり
Ethernet上だと3つのフレームを送信したことになります。

それとも、TCPが4500byteのデータを送る場合
TCPがデータリンク層で一度に送信できるフレーム長を判断して
TCP上で4500byteを一度に送信せずに、1500byteに分割してEthernetに送り
Ethernetはその1500byteのデータを三回送信することになるんでしょうか?

わかりにくい質問で申し訳ありません。

TCPのウィンドウ/フロー制御とethernetのフレームの分割についてご質問です。

書籍を読んでいると
TCPはウィンドウ/フロー制御で、一度に送るセグメントサイズを調整しているとあります。
しかしEthernetもフレーム分割を行うとあります。
そうなると、どちらのプロコトルが主体的にデータを分割するのか本を読んでもいまいちわかりません。

例えば、TCPがウィンドウサイズを4500byteにして一度にデータを送信すると
データリンク層のEthernetで、4500byteを1500byteずつに三分割するんでしょうか?
だと...続きを読む

Aベストアンサー

TCPとEthernetは独立しています。

TCPウィンドウサイズによる分割と、Etherのフレームサイズによる分割は関係ありません。

それぞれ独立して、分割や結合が発生します。

QIEEE 802.11gと IEEE 802.11aの違いは?

IEEE 802.11gとIEEE 802.11aの違いはどこにあるのでしょうか?

どちらの方が安定しているのでしょうか?
どちらの方が遠くまで届くのでしょうか?

Aベストアンサー

なぜかアイ・オー・データ機器だけ公表しているデータが違うみたいですけどね。
http://arena.nikkeibp.co.jp/tokushu/wlan/20030425/01/index_01.shtml


11aの他機器の混信や干渉を受けにくいというのは環境によっては結構メリットがあります。

http://bb.watch.impress.co.jp/cda/shimizu/3940.html
数年後に新規格(次世代規格としてはIEEE802.11iコンボもしくはIEEE802.11hコンボなど)があがってるようです。

参考URL:http://arena.nikkeibp.co.jp/tokushu/wlan/20030425/01/index_01.shtml

QosXでethernet経由

PBG4/667のユーザーです。

osX(10.1.4)で仕事場のLAN経由でネットにつなげたいのです。
SystemPreferences\ネットワーク\内蔵ethernetで設定をし、InternetConnectで内蔵ethernetを選びたいのに・・・出てこないんですよ。ほかのAirMac・内蔵モデム・IrDAなんかは出てくるんですよ。もちろん、内蔵ethernetは動作中のネットワークポートにチェックしてます。

ただ、PBG4の機嫌が悪いだけなんでしょうかね。

Aベストアンサー

出てこないと言うのはInternetConnectで内蔵ethernetが出てこないと言う意味ですか?

internet connectは接続状態などのチェックですが内蔵Rtherは常に接続状態になるので出てこなくても正常なんですが。

もしADSLを利用したいという意味で行っているのだったら「ネットワーク」で「内蔵ethernet」を選択すると「PPPoE」というタブが出てくると思いますのでそれをクリックして「PPPoEを使って接続をする」にチェックを入れてやって下さい。これで内蔵Etherが選択出来るようになるはずです。
設定等は参考URLを参考にして下さい。

参考URL:http://www.ntt-east.co.jp/flets/customer/tec/pppoe/macosx.html

Q既存の外付けハードディスクをEthernetで共有

いつもお世話になります。
現在、2台のPC(もう1台は妻のPCで、別棟で使用)がありワイヤレスLANでInfrastractureモードで
ファイルとプリンタの共有(インターネットも)をしていて、2台の外付けHD(バックアップ用)
も私のPCをホストにして共有しています。
そこで、みなさんにお聞きしたいのですが、私のPCが起動していなくてもプリンタと
2台の外付けHDをEthernetで共有する方法がありますか?
私が調べた結果は、

1.プリンタの共有は、各社のプリンタサーバー又は、
 B社のワイヤレスプリンタサーバーAirP's LPV2-WS11GCを使用する。
2.外付けHDの共有は、B社のLinkStation又はI社のネットワークHDを使用する。

と、プリンタサーバーは解決しましたが、外付けHDを購入する予算がありません。
よろしくお願いします。
PC(私の)N社:PC-LT5002D(WinXPsp1)+ワイヤレスLANカードB社:WLI-CB-AG54(a)
PC(妻の)N社:PC-LL7106D(WinXPsp1)+ワイヤレスLANカードB社:WLI-PCM-L11GP(b)
ワイヤレスブロードバンドルーターB社:WHR2-A54G54(a,g,b混在、4ポートHUB有り)
プリンタC社:BJS500 USB1.1(パラレルポート有り)
外付HD B社:HD-P20U2 USB1.1又はUSB2.0(IFC使用)
外付けHD I社:HDX-UE120 IEEE1394(USB2.0&1.1有り)

いつもお世話になります。
現在、2台のPC(もう1台は妻のPCで、別棟で使用)がありワイヤレスLANでInfrastractureモードで
ファイルとプリンタの共有(インターネットも)をしていて、2台の外付けHD(バックアップ用)
も私のPCをホストにして共有しています。
そこで、みなさんにお聞きしたいのですが、私のPCが起動していなくてもプリンタと
2台の外付けHDをEthernetで共有する方法がありますか?
私が調べた結果は、

1.プリンタの共有は、各社のプリンタサーバー又は、
 B社のワイヤレスプリンタサ...続きを読む

Aベストアンサー

ベストな解決策じゃありませんが、USBポート付のルータを購入するという手もあります。B社やI社の製品にあるか知りませんが、P社にはいくつかあります。

QEthernetについて

専用線などの必要帯域を計算するためにIPパケットのオーバーヘッドサイズを調べています。
TCP/IPのオーバーヘッドは40bytesなんですが、L2の規格がよくわかりません。(Ethernet、PPP、HDLC、FR等)

特にEthernetのオーバーヘッドサイズについてネット調べてるのですが、見るページによって微妙に書いてあることが違います。

そこでいくつか教えてください。

<1>
Ethernetには主に「Ethernet(2)(DIX仕様)」と「IEEE802.3Ethernet」の2種類がありますが、私たちが普段使っているのはどちらですか?


<2>
Ethernet(2)(DIX)とIEEE802.3Ethernetのフレームフォーマットを教えてください。
見るページによって微妙に違うので困ってます・・・
私が調べた限りでは以下のようになってますが、間違ってますか?

【Ethernet(2)(DIX)】
+----------+----+---+----+----+-----+-----+
|プリアンブル| SFD | DA | SA | Type |データ| FCS |
+----------+----+---+----+----+-----+-----+
プリアンブル:7bytes
StartFrameDemilita:1bytes
Dst Addr:6bytes
Src Addr:6bytes
EtherType:2bytes
データ部:46~1500bytes
FCS(CRC):4bytes

【IEEE802.3Ethernet】
+----------+----+---+----+----+----+------+-----+----+
|プリアンブル| SFD | DA | SA | Leng | LLC | SNAP |データ| FCS |
+----------+----+---+----+----+----+------+-----+----+
プリアンブル:7bytes
StartFrameDemilita:1bytes
Dst Addr:6bytes
Src Addr:6bytes
Length :2bytes
LLC   :3bytes
SNAP  :3bytes
データ部:38~1492bytes
FCS(CRC):4bytes


<3>
PPP、HDLC、フレームリレー、のフレームフォーマットかオーバーヘッドサイズがわかれば教えてください。

わかる部分だけでも良いのでお願いします。

専用線などの必要帯域を計算するためにIPパケットのオーバーヘッドサイズを調べています。
TCP/IPのオーバーヘッドは40bytesなんですが、L2の規格がよくわかりません。(Ethernet、PPP、HDLC、FR等)

特にEthernetのオーバーヘッドサイズについてネット調べてるのですが、見るページによって微妙に書いてあることが違います。

そこでいくつか教えてください。

<1>
Ethernetには主に「Ethernet(2)(DIX仕様)」と「IEEE802.3Ethernet」の2種類がありますが、私たちが普段使っているのはどちらですか...続きを読む

Aベストアンサー

下記の本などで調べてみました。
http://www.njg.co.jp/cgi-local/kensaku.cgi?isbn=ISBN4-534-03488-1

<1>
ほとんどの場合、DIX仕様のフォーマットを使用するのが通例だそうです。


<2>
【Ethernet(2)(DIX)】は、合っていると思います。

【IEEE802.3Ethernet】の方は、正確に言うと、IEEE802.3とIEEE802.2とSNAPを組み合わせたフォーマットということになります。
DIXと異なる部分の仕様のうち、IEEE802.3では“Length”の部分のみ定義しており、“LLC”はIEEE802.2で定義、“SNAP”もそれらとは別の仕様です。


<3>

【PPP】
プロトコルID | 制御メッセージ or レイヤー3プロトコル

プロトコルID:2byte

実際にはHDLCなどと組み合わせて使われることが多いようです。

・ダイアルアップ接続の場合
フラグシーケンス | アドレスフィールド | 制御フィールド | プロトコルID | 情報フィールド | FCS | フラグシーケンス


【HDLC】
フラグシーケンス | アドレスフィールド | 制御フィールド | 情報フィールド | FCS | フラグシーケンス

フラグシーケンス:8bit(7Eh固定) (フレームの最初・最後共に)
アドレスフィールド:?
制御フィールド:8bit
情報フィールド:任意長 (回線品質等によって最大長を定める場合もある)
FCS:16bit

【フレームリレー】
何の上位プロトコルを運ぶかなどによって、フォーマットが何種類かあるようです。

・TCP/IPを運ぶ場合(RFC1490)
フラグシーケンス | アドレス | コントロール | パディング | NLPID | IPパケット | FCS | フラグシーケンス

フラグシーケンス:8bit(7Eh固定) (フレームの最初・最後共に)
アドレス:16bit
コントロール:8bit(03h固定)
パディング:0 or 8bit
NLPID:8bit(cch固定)
FCS:16bit

下記の本などで調べてみました。
http://www.njg.co.jp/cgi-local/kensaku.cgi?isbn=ISBN4-534-03488-1

<1>
ほとんどの場合、DIX仕様のフォーマットを使用するのが通例だそうです。


<2>
【Ethernet(2)(DIX)】は、合っていると思います。

【IEEE802.3Ethernet】の方は、正確に言うと、IEEE802.3とIEEE802.2とSNAPを組み合わせたフォーマットということになります。
DIXと異なる部分の仕様のうち、IEEE802.3では“Length”の部分のみ定義しており、“LLC”はIEEE802.2で定義、“SNAP”もそれらとは...続きを読む

Qギガビットイーサネット環境の構築について

ギガビットイーサネット環境の構築について

ギガビットイーサネット環境の構築方法を
ご教授いただきたく、よろしくお願いいたします。

マザーボードに付属のイーサネットケーブル接続端子は
ギガビットイーサネットに対応していることを確認済みです。
他にルーター、ケーブル、光回線契約を
ギガビットイーサネットに対応させることで、
ギガビットイーサネット環境は構築できると
考えていますが、この認識で間違いはないでしょうか?

Aベストアンサー

パソコンがギガ対応っていうなら、ケーブルと反対側の機器(ハブでもルーターでも)がギガ対応になっていればとりあえずそれだけでギガビットイーサネットですよ。他のパソコンなどが100Mbps対応だと意味がないですけどね。

おそらくauのギガ得プランみたいなのを使ってインターネット接続をギガ対応にしたいという趣旨だと思いますが、それならばレンタルされるギガホームゲートウェイがLAN/WANともギガ対応なので、パソコンとケーブルさえ(パソコンが複数台ならハブも)ギガ対応ならインターネット接続がギガ接続になりますから、質問者さんの認識であっていますよ。もっとも、相手側が十分高速でなければ実効速度はあんまり出ませんけどね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング