あなたの人生に効く作品がみつかる手書きのカード♪>>

いつもお世話になっています。
「超」敏感&乾燥肌の持ち主の25歳です。

金属・食品アレルギーはないのに、化粧品アレルギーがひどくて、ファンケル・dプロなど敏感肌に優しいと有名なメーカーでも肌に合わないぐらい敏感です。現在は基礎化粧品はドクターシーラボを使っています。

今春から就職しまして、やむなく化粧をしています。
唯一、肌荒れを起こさないファンデーションがアユーラのセンシティブファンデですので、毎日塗っています。やはり、年齢と肌疲れなのか肌の調子が悪いです。そこで、美顔器を購入しまして、ファンケルの美白美容液(ファンケルは美白ものは普通に使っていれば肌荒れを起こさなかったので)を使ったら、ますます肌の調子が悪くなってしまいました…イオン導入だと刺激が強すぎたのだと思います。

ハーバーの「ホワイトレディ」は普通に使用してNGでした。
他にも敏感肌用で、ノンパラベンタイプでよい美白美容液ってありますか?私の場合はドクターシーラボは基礎化粧品は合うものの、美白ものはイマイチだった気がします。また、dプロは基礎化粧品はNGでしたが、チーク&アイシャドウは使っています。アユーラは基礎化粧品はNGでしたが、ファンデーションは大丈夫でした。このような難しい肌質ですがよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

(「超」敏感&乾燥肌)の方が、美白美容液を使用すると、ますます(「超」敏感&乾燥肌)が酷くなります。

使用は控えたほうがいいと思います。

まず、皮膚の仕組みから、知って頂きたいと思います。

私たちの身体には外皮と内皮があり、外皮は皮膚、内皮は胃腸などの粘膜です。ともに発生源は同じで、基底細胞という母細胞を持ち、ともに上皮と呼ばれています。

しかし、機能的には正反対。内皮は栄養や水などの物質を身体に吸収するために存在し、外皮は物質を体内に入れないために存在します。このような仕組みは、皮膚をつくるのは胃腸から消化・吸収される食べ物であり、皮膚から栄養や薬品を浸透させるのは極めて不自然なことであることを意味しています。

皮膚にはバリアゾーン(角質層+顆粒層)が存在します。バリアゾーンは、外部からの異物の侵入を防ぐと同時に、皮膚組織の水分の蒸発を防ぐという大切な役割を担っています。

本来、化粧品の水分や、栄養分、薬効成分は、このバリアゾーンに阻まれて、皮内に浸透することは出来ません。浸透しないと困りますから、浸透剤に合成界面活性剤を使用します。合成界面活性剤は、強い洗浄力と強いタンパク溶解性がある為に、化粧品の水分や、栄養分、薬効成分を皮内に浸透させることが出来るのです。

つまり皮膚のバリアを壊さなければ、どんな物質でも、皮内に入れることは出来ません。その結果、皮膚組織の水分が蒸発し、バリアゾーン(角質層+顆粒層)が不健康になることから、ますます敏感・乾燥が酷くなるのです。

皮膚は排泄器官に近い器官です。内部の老廃物を排出することはあっても、皮膚から入れたものを、胃腸皮のように、消化・吸収・分解・同化する働きはありません。美白美容液を連用して、その薬効成分の働きで、一時期は白い肌になったとしても、そのリスクの大きさを知って頂きたいと思います。

水分であれ、栄養素、薬効成分であれ、皮膚から浸透さすという行為そのものが、皮膚にダメージを与えることをご理解下さい。

私たちの皮膚は、皮膚自身が分泌している皮脂の働きによって、守られ、新しい角質層を生み出しています。皮脂は皮脂膜を形成し、進化の過程で体毛を失った皮膚表面を守っています。又皮膚にもともと住んでいる約150種類の常在菌は、皮脂との密接な関係で、新しい角質層を生み出すのに欠かせない存在です。

皮膚にとっても、約150種類の常在菌にとっても、適度な皮脂に覆われている状態が最適な環境なのです。このことは、人類が誕生してから今まで、数百万年も変わることのない自然の仕組みです。

敏感肌・乾燥肌の方は、まず、皮膚表面の角質層を補強し、丈夫にするスキンケアを行い、皮膚のバリアゾーン全体を健全にして、敏感肌・乾燥肌を改善することを優先することが大切です。皮脂成分を基礎化粧の基本と考えているものを使用して頂きたいと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

敏感肌なので、無添加&ドクターズコスメしか使いません(というか使えない…)。でも、美顔器はやはり普通に化粧水を使う以上に、合う合わないの反応が出やすいです。私に合う美白美容液探しの旅は続きそうです…

お礼日時:2006/06/13 20:26

はじめまして。

私は3年前に突然アトピー性皮膚炎になりました。25歳を過ぎてからの大人になってからアトピーになったので、大変です・・。そんな私も化粧もイヤ、もちろんファンデーションもイヤ、という感じで(もともとほとんど素肌で過ごしていました)外へ出るのにも最低限のお化粧しかしていませんでした。もちろん皮膚科にも通いましたが、どこでも出されるのはステロイド・・。そんな時偶然主人がかかった整形外科にアトピー外来というのがあり、受診しました。そうしたところ、そのセンセイにお化粧がいやだったら、最低でも日焼け止めクリームだけでも、と言われ、ジョンソン&ジョンソンのクリームを使っています。基礎化粧品は、DHCのQ10コエンザイムです。これは私のような超乾燥・アトピーの肌にも大丈夫でした。でもファンデーションだけはまだオルビスのものを使っています。DHCのQ10コエンザイムは1500円前後でお試しセットがあるので、一度使ってみてはいかがでしょうか??少しでも苦しみから解放されるといいですね・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

DHCは昔使っていましたが×でした。
あと、私の場合はQ10コエンザイム自体が合わないようで、シーラボの基礎化粧品でもQ10コエンザイム入りのものは×でした…
オルビスのものも顔用は×で、ボディ用ジェルは使っています(お値段も安いし、保湿力があるので)。

お礼日時:2006/05/27 22:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 強膜炎、上強膜炎<眼の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    強膜炎、上強膜炎とはどんな病気か  白目の部分の眼球壁は、強膜という組織です。つまり、眼球の外壁のいちばん前の5分の1だけが透明で、この部分が角膜ですが、後ろ5分の4は白い不透明な強膜という組織となっているわけです。  ちなみに、角膜の周囲の強膜の上には半透明の結膜が張っています(図17)。この強膜あるいはその表面に炎症を起こした状態が強膜炎、上強膜炎です。 原因は何か  生体を防御する免疫反応が自...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイオン導入に使う美容液と使用法

ドクターシーラボのイオン導入機を使っています。
現在、使用している美容液は、やはりドクターシーラボのものですが、他におすすめの美容液はないでしょうか?
それと、イオン導入に使う美容液は、ビタミンCのものしか聞きませんが、ビタミン以外のもの(コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなど)は、導入できないのでしょうか?
あと、シートマスクをつけた上から導入ってのはあり?
美容液じゃなくて、いろいろな成分の入った化粧水でも導入可(効果有)なのか?
なにぶん、導入機の説明書には、シーラボの商品を使った場合しか記載されていないので(当たり前ですが)疑問は増えるばかりです。
ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

私もあまり良く分かってなかったので調べてみましたら、参考URLに結構詳しく書かれていました。参考にされてはいかがでしょうか?

参考URL:http://www.vc-lab.com/ion.html

Qお手入れは化粧水だけ?って、大丈夫なの??

朝のTV番組で、女優の米倉涼子さんが、メイクアップの賞をもらうニュースのインタビューで、「綺麗の秘訣は何もしないこと、メイク落しは時間をかけて、洗顔も丁寧に、でも、その後は化粧水だけ」と言われていました。

その後、スタジオに切り替わって、米倉さんと同じ事務所の菊川玲さんが「私も洗顔後は化粧水だけ、日焼けどめはシッカリするけど、基本的にメイクはしないし、してもナチュラルメイク」と言われていました。

今、私は学生で、倹約かねて、化粧水は、無印良品のローション(1本=500円)を使っています。
ほか乳液とか美白とかは資生堂で、結構、値段がします。

化粧水を一本、しっかりとした値段のものに替えたとしても
乳液や美白ものを辞めれば、すごく倹約できるので、
洗顔後は化粧水だけ!が、とっても興味があります。

本当に大丈夫でしょうか?
また化粧水だけにするなら、どういう商品がお勧めでしょうか?

Aベストアンサー

肌は本来皮脂を分泌する能力がありますので、健康な肌であれば、化粧水後何もつけなくても皮脂が乾燥を防いでくれます。
そういう理由で、化粧水のみの方が結構いらっしゃるのだと思います。

アルソアというメーカーがまさにその考えで化粧品を出していますので、よかったら参考になさってください。
http://www.arsoa.co.jp/index.php

現在は大分変わってしまいましたが、今までは中学生ぐらいまでは基礎化粧を含めた化粧には無縁だったと思います。
そして、それぐらいの年齢の子の肌はとてもきれいです。

肌を色々いじり始めると、肌がもともと持っていた活力を失ってしまい、きれいではいられなくなる、とも言われています。
肌を甘やかすことによって、肌がサボり始めるのです。

肌が弱くてクリームなどを塗らなくてはならない場合を除いては、肌本来の力に任せるのが肌にとっても一番いいことだと思います。
お金もかからないですしね(笑)

参考になれば幸いです。


人気Q&Aランキング