ネットが遅くてイライラしてない!?

アクセスで、一覧表のフォームにボタンを取りつけています。レコードの内容を変更したら、ペンの形のマークが現れますね。これは変更中ということですが、そこでボタンを押しても変更は確定されないから、更新確定させたいのです。

それで、DoCmd.Requery を最初の行に入れてみたら、元の一覧表は最初のレコードに飛んでしまう。

元の一覧表の位置を動かさないために、Ctrl+Enter キーを押して更新確定させたような状態をVBAで実現する方法あるのでしょうか?

よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

No1 です。


今回の場合には
Docmd.RunCommand acCmdSaveRecord の方が良かったですね
文字通りレコードを保存します。
Requery に引きづられてしまいました (^_^;)

Recalc、Refresh、Requery の使い分けは下記が参考にはなりますか?
http://www.nurs.or.jp/~ppoy/access/access/acF007 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

nicotinismさん

更に新しい用法ありがとうございます。
それに詳しい解説のついたURLもよかったです。

他者の変更したレコードの反映もよく分かりました。
もっと、色々な場面も踏んで様々なケースに対応出来るようにしていきたいと思います。

よろしくお願いします。

お礼日時:2006/06/25 10:34

>Recalcメソッド


フォームのすべての演算コントロールを更新します。
>Refreshメソッド
指定したフォームまたはデータシートに含まれるレコードを更新してデータへの変更を反映します。
カレントレコードセットに加えられた変更だけです。

詳しくはVBのヘルプを参照してみてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

O_cyanさん

Recalc と Refresh の解説ありがとうございました。
はい、ヘルプも参照しておきます。

もっと、色々勉強していきます。

お礼日時:2006/06/25 10:31

>DoCmd.Requery を最初の行に入れてみたら、元の一覧表は最初のレコードに飛んでしまう。


最初の行?Requeryは通常は処理の後に再クエリをして表示しなおすような場合に使いますが。
Requeryは再クエリなので最初のレコードに移動します。
コントロールの更新後後処理に
Me.Refresh
とすればレコードは移動しません。
こういう事ではないのでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

O_cyanさん

早速の回答ありがとうございます。

最初の行というのは、ボタンを押した後にまず、更新確定させるためにRequery してみた訳ですが、この場合は適切ではないようですね。分かりました。

さきほどのNo.1さんのいうMe.recalc とMe.Refresh の違いを調べてみようと思います。ありがとうございました。
(出来れば、Recalc と Refresh の違いというか用法を教えて頂ければ助かります。)

お礼日時:2006/06/24 16:53

me.recalc


では?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

nicotinismさん

早速の回答ありがとうございました。

me.recalc を入れてみたら出来ました。
recalc は始めてみるものです。調べてみます。

お礼日時:2006/06/24 16:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAccessのRefresh・Requery・Repaintの違い

Requeryはもう一度ソースレコード(テーブル)を読み込むようです。このとき、テーブルの先頭レコードに移動してしまいます。
Refreshは最新のレコード(テーブル)を再表示するような気がします。レコードの移動は起こらない気がします。
Repaintは、VBAでキャプションなどを変更したとき使っています。
でも、よくわかっていません。
どんなときにどんなメソッドを使えばいいのでしょうか?
詳しい方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

たびたびすみません。
調べてたらこんなのがでてきました。
http://www.nurs.or.jp/~ppoy/access/access/acF007.html

参考URL:http://www.nurs.or.jp/~ppoy/access/access/acF007.html

QAccess サブフォームでの選択行の取得

こんにちは。

Access初心者です。

サブフォームでテーブルの項目を表示させていますが、
選択された行を取得する方法はありますか?
サボフォームの下の方に現在選択されているレコード数が表示されてますが、その値でかまいません。

調べているのですが、なかなか検討がつきません。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フォーム名がフォーム1、サブフォームコントロールの名前がサブフォーム1だとすると、

Forms!フォーム1!サブフォーム1.Form.CurrentRecord

で取得できます。
(「Forms」と「Form」がありますのでご注意下さい)


また、フォーム1にコードを記述する場合であれば

Me!サブフォーム1.Form.CurrentRecord

サブフォーム1へのコード記述であれば

Me.CurrentRecord

という構文によっても、それぞれ取得が可能です。

QACCESSでフォームを使って、テーブルを参照、データ入力、データ更新をしたいのです

フォームを使って、テーブルを参照、データ入力、データ更新をしたいのです。

売上テーブル

 ID   商品コード  日付    金額 
 1    G1     20080101  532153
 2    G1     20080101  564281
 3    G1     20080301  538123
 4    J4     20080301  124531
 5    J4     20080302  125483

ID:オートナンバー 商品コード:数値型 日付:数値型 金額:数値型

これを使い、
フォームではまず

レコードナンバーを入力画面
       ↓
レコード番号を入れると、そのレコードのデーターが画面に表示され、
その画面で修正可能
       ↓
 保存 ボタンで保存

という流れです。

レコードナンバーはIDを使おうと思っています。

データの量が莫大な為、コンポボックスなどは使えません。

できるだけ、VBAなどは使わずに作りたいです。

よろしくお願い致します。

フォームを使って、テーブルを参照、データ入力、データ更新をしたいのです。

売上テーブル

 ID   商品コード  日付    金額 
 1    G1     20080101  532153
 2    G1     20080101  564281
 3    G1     20080301  538123
 4    J4     20080301  124531
 5    J4     20080302  125483

ID:オートナンバー 商品コード:数値型 日付:数値型 金額:数値型

これを使い、
フォームではまず

レコードナンバーを入...続きを読む

Aベストアンサー

まずそのテーブルを基にしてフォームを作成します。
そのフォームのヘッダー部分にテキストボックスを配置後、一旦
上書き保存。
フォームのレコードソースを
SELECT *
FROM テーブル名 WHERE ID=[Forms]![フォーム名]![テキストボックス名]
とします。
次にテキストボックスの更新後処理に
Me.Requery
とすれば完成です。
フォームを開いてテキストボックスにID入力後エンターしてください。

保存に関しては、コマンドボタン作成後クリック時イベントに
DoCmd.RunCommand acCmdSaveRecord
とすれば良いでしょう。

この手のモノは検索すれば相当数ヒットするので、そちらを参考にされるのもよろしいかと。

QAccessで別テーブルの値をフォームに表示したい

初めてのAccessで分からない事があり質問させてください。

<会社テーブル>
会社ID
会社名
住所

<社員テーブル>
会社ID
社員名
ソート番号

*1社に対し複数の社員レコードが存在

以上のようなテーブルがあるとします

現在「会社テーブル」を表形式で一覧表示しています
会社ID,会社名、住所とフィールドが並んでいるのですが、その後ろに「社員テーブル」のソート番号が一番若い社員名を表示したいと考えています(現状は番号関係なく表示させる方法すら分かりません)

色々いじくりまわしたのですが、初めてAccessをさわる事もあってよくわかりません

リレーション等でひっぱってくる事ができるのでしょうか?

どなたか教えて頂けませんでしょうか

何卒よろしくお願い致します

PS.Access2013で作成中です

Aベストアンサー

単純にテーブル[会社]のみでフォームを作成し、社員表示用テキストボックスを追加。そして、そのプロパティを表示し

コントロールソース=DBLookup("SELECT 社員名 FROM 社員 WHERE 会社ID=" & [会社ID] & " ORDER BY ソート番号")

これは、以下の標準モジュールに登録したユーザ関数 DBLookup()を使っています。これで、クエリを用意しなくても目的を達成できます。

さて、かかるユーザ関数を標準ライブラリに登録したくない場合、

1、"社員ソートクエリ"を作成します。

SELECT 社員.会社ID, 社員.社員名
FROM 社員
ORDER BY 社員.ソート番号;

2、コントロールソースに次のように書きます。

=DLookUp("社員名","社員ソートクエリ","会社ID=" & [会社ID])

http://office.microsoft.com/ja-jp/access-help/HA001228825.aspx

DLookup()については、マイクロソフトの解説を参照されてください。

【DLookup()の限界を破るにはVBAで同じ関数を作るしかない】

マイクロソフトの解説を読めば判りますが、ORDER BY 節を指定する引数が用意されていません。ですから、どうしても、"社員ソートクエリ"を作成するという手間が必要となります。そこで、SQL文を引数とするDBLookup()をVBAで書けば、その手間を省けるという算段になります。この辺りは、好みと趣味の問題。どっちでも良いと思います。そういうお断りをした上で DBLookup()を紹介しておきます。なお、ADOは、つぎのように参照設定しないと利用できません。

http://www.happy2-island.com/access/gogo03/capter00307.shtml

Public Function DBLookup(ByVal strQuerySQL As String, _
             Optional ByVal ReturnValue = Null) As Variant
On Error GoTo Err_DBLookup
  Dim DataValue
  Dim rst     As ADODB.Recordset

  Set rst = New ADODB.Recordset
  With rst
    .Open strQuerySQL, _
       CurrentProject.Connection, _
       adOpenStatic, _
       adLockReadOnly
    If Not .BOF Then
      .MoveFirst
      DataValue = .Fields(0)
    End If
  End With
Exit_DBLookup:
On Error Resume Next
  rst.Close
  Set rst = Nothing
  DBLookup = IIf(Len(DataValue & ""), DataValue, ReturnValue)
  Exit Function
Err_DBLookup:
  MsgBox "SELECT 文の実行時にエラーが発生しました。(DBLookup)" & Chr$(13) & Chr$(13) & _
      "・Err.Description=" & Err.Description & Chr$(13) & _
      "・SQL Text=" & strQuerySQL, _
      vbExclamation, " 関数エラーメッセージ"
  Resume Exit_DBLookup
End Function

単純にテーブル[会社]のみでフォームを作成し、社員表示用テキストボックスを追加。そして、そのプロパティを表示し

コントロールソース=DBLookup("SELECT 社員名 FROM 社員 WHERE 会社ID=" & [会社ID] & " ORDER BY ソート番号")

これは、以下の標準モジュールに登録したユーザ関数 DBLookup()を使っています。これで、クエリを用意しなくても目的を達成できます。

さて、かかるユーザ関数を標準ライブラリに登録したくない場合、

1、"社員ソートクエリ"を作成します。

SELECT 社員.会社ID, 社員.社員名
FR...続きを読む

Qサブフォームに対してGoToRecordするには?

フォームに対してRequeryすると先頭のレコードへ移動してしまうので
Requeryする前のレコードの番号を取得して
Requery後にそのレコード番号へ移動したいのですが

Sub test()
i = Forms("Form").Controls("SubForm").Form.CurrentRecord
Forms("Form").Controls("SubForm").Requery
DoCmd.GoToRecord acActiveDataObject, Forms("Form").Controls("SubForm"), acGoTo, i
End Sub

これをすると、実行時エラー2498
指定した式は、いずれかの引数とデータ型が対応していません。
になりますが、
どこがおかしいのでしょうか?

Aベストアンサー

【要旨】
サブフォームのレコード移動では、対象サブフォームは引数で指定するのではなく、
SetFocusメソッドで移動後、引数を省略したGotoRecordを使用します:
  Forms("Form").Controls("SubForm").SetFocus
  DoCmd.GotoRecord , , acGoto, i

但し、「Requery前後でのレコード移動の回避」が目的の場合は、Requeryの
対象を「親フォームまたはサブフォームのFormオブジェクト」ではなく「サブフォーム
コントロール」とすればOkです。
 <現状・例1>
  Forms("Form").SetFocus
  DoCmd.Requery
 <現状・例2>
  Forms("Form").Requery
 <現状・例3>
  Forms("Form").Controls("SubForm").Form.Requery
 <代替策>
  Forms("Form").Controls("SubForm").Requery
  ※「現状・例3」との違い(→途中の「.Form」の有無)に注意。


【詳細】
> 実行時エラー2498

このエラーの直接の原因は、GotoRecordメソッドの第2引数に指定している
「Forms("Form").Controls("Subform")」の部分です。

ここに指定するのはオブジェクト名になりますが、そのデータ型は文字列型です。
一方、「~.Controls(~)」の形で指定した場合、取得できるのは
 a)オブジェクトそのもの
 b)そのオブジェクトのデフォルトプロパティ
のどちらかです(→状況によって変化します)。
(例えばテキストボックスなら、TextBoxオブジェクトまたはValueプロパティの値)

サブフォームのデフォルトプロパティは調べていませんが(汗)、少なくとも文字列
型のプロパティではないため、「型が一致しない」とのエラーとなります。
サブフォームのコントロール名を取得する場合は、
  Forms("Form").Controls("SubForm").Name
というように、Nameプロパティを明示的に指定する必要があります。

ただ、「サブフォームのレコード移動」の場合、明示的に「Name」プロパティを
指定しても解決には至りません(汗)
これは、GotoRecordメソッドの第2引数には、直接開いているオブジェクトの
名前のみが有効なためで、サブフォームを直接的に指定することはできない、
ということです。
(注:Microsoftの資料を探したわけではなく、経験則から記述していますので、
 私の勘違いでしたらご容赦願います(汗))

サブフォームのレコード移動には、冒頭に記述したとおり、「フォーカスの移動」と
「一部の引数を省略したGotoRecord」を使用します:
  Forms("Form").Controls("SubForm").SetFocus
  DoCmd.GotoRecord , , acGoto, i

なお、これも冒頭に書きましたが、サブフォームのRequeryの仕方には幾つか
方法がありますが、Requeryの対象を「コントロールとしてのサブフォーム」にすれば、
レコード移動が発生しませんので、GotoRecord自体が不要になります。
http://www.f3.dion.ne.jp/~element/msaccess/AcTipsFrmHowToRequeryAndReturn.html

【要旨】
サブフォームのレコード移動では、対象サブフォームは引数で指定するのではなく、
SetFocusメソッドで移動後、引数を省略したGotoRecordを使用します:
  Forms("Form").Controls("SubForm").SetFocus
  DoCmd.GotoRecord , , acGoto, i

但し、「Requery前後でのレコード移動の回避」が目的の場合は、Requeryの
対象を「親フォームまたはサブフォームのFormオブジェクト」ではなく「サブフォーム
コントロール」とすればOkです。
 <現状・例1>
  Forms("Form").SetFocus
  DoCmd.Requery
 <現...続きを読む

Q【ACCESS】フォーム名/コントロール名を文字列型変数で指定するには

バージョン:Access2002

フォーム「frm01」にテキストボックス「tb01」が作ってある場合、
Forms.frm01.tb01.Value="あいう"
とすれば、フォームもコントロールも指定できるのですが、
Dim strTxt As String
strTxt = "tb01"
Forms.frm01.strTxt.Value="あいう"
だと、文字列型変数"strTxt"が展開されないのでフォーム「frm01」のコントロール「strTxt」を探してしまいエラーになってしまいます。

文字列型変数でフォームやコントロールを指定するには、どのようにすればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

フォームの場合
 Forms(strFrm)

フォームのコントロールの場合
 Forms(strFrm).Controls(strTxt)


これでも参照できますが、普通ここまで省略しませんね。
 Forms(strFrm)(strTxt)

あとで見たとき、訳がわからなくなりそう。

QAccessのフォーム上にレコード数とレコード番号の表示

Accessでクエリを元に表示するフォーム上で、テキストボックス等に関数を使って、レコード数とレコード番号を表示する方法がありましたら教えてください。

フォームの書式設定で「移動ボタン」の表示をすれば目的の事は出来るのですが、表示の大きさが調整できない為、とても見難いのです。

以上よろしくお願いします。

Aベストアンサー

レコード番号のコントロールソースを
=[CurrentRecord]
レコード数のコントロールソースを
=Count("*")-[NewRecord]
としてみてください。

QACCESSで空白のデーターをクエリで判定/識別する方法を教えてくださ

ACCESSで空白のデーターをクエリで判定/識別する方法を教えてください。
EXCELでは空白を""で判定/識別表していますがACCESSではどうなるのでしょうか。

下の例はフィールドに試験番号があればその番号を、空白なら”欠席”と表示しようとしています。
IIf(([試験番号]="空白の場合何を入れる?"),[試験番号],"欠席")

Aベストアンサー

もうひとつの書き方は
式1: IIf([試験番号] Is Not Null,[試験番号],"欠席")
第2、第3引数の、質問の順序にあわせるとこうなる。

QAccess 別フォームへの再クエリ(更新)がしたい。

宜しくお願いします。

仕様環境:WinVISTA Access2007

別フォームから別フォームへの再クエリの仕方を教えてください。

画像を貼らせて頂きます。
まず、後ろのメインフォームから新規作成ボタンを押して、
別のフォーム(作成画面)を開きます。
そこに新しいデータを入力して、閉じますと、
そのままではメインフォームには反映しません。
(テーブルには反映していますが)

別フォーム(新規の作成画面)に再クエリをかけても
そのフォームが更新させるだけで、メインフォームに変化はありません。

ちなみにメインフォームに作った更新ボタン(中身は再クエリ)を押すと反映されます。

どうしたら別フォームから後ろのメインフォームを再クエリ(更新)できるのでしょうか?


やりたいことは別フォームのOKボタン(画像参照)を押すと
別フォームが閉じると同時にメインフォームが再クエリ(更新)されるとベストです。
(今のところOKボタンの中身は”閉じる”のマクロだけです)

構造は簡単で恐縮ですが、
テーブル:Tメイン
フォーム:メインフォーム
     作成画面フォームetc..

です。
クエリはメインフォーム自体にクエリビルダを使っていますが、
特別な施しなどはしていません、うまく動作しないところがあって、
いろいろ調べていてそうすると改善すると書いてあったので。。

ちなみにテーブルには「日付」の後順で並び替えをかけています。

当方、VBAに弱いのでマクロで操作できるのでしたらお願いします。
マクロで出来ないものでしたらVBAを教えて頂ければ、
イベントプロシージャに書き込みます。

大変恐縮ですがお知恵をお貸しください、宜しくお願いします。

宜しくお願いします。

仕様環境:WinVISTA Access2007

別フォームから別フォームへの再クエリの仕方を教えてください。

画像を貼らせて頂きます。
まず、後ろのメインフォームから新規作成ボタンを押して、
別のフォーム(作成画面)を開きます。
そこに新しいデータを入力して、閉じますと、
そのままではメインフォームには反映しません。
(テーブルには反映していますが)

別フォーム(新規の作成画面)に再クエリをかけても
そのフォームが更新させるだけで、メインフォームに変化はあり...続きを読む

Aベストアンサー

連投すみません。
・・というか、私も「削除されました」というのを見て一旦中止してました。
(中止した場合も含めて、回答はメモ帳で保存しているので無事でしたが)

> どうしたら別フォームから後ろのメインフォームを再クエリ(更新)できるのでしょうか?

マクロの場合は、「オブジェクトの選択」アクションで対象フォームを選択した後、
「再クエリ」アクションを行えばOkです。
なお、「作成画面」フォームも連結フォーム(レコードソースが指定されたフォーム)と
いう前提で作成しました。

【1行目】
アクション: 閉じる
  オブジェクトの種類: フォーム
  オブジェクト名: 作成画面
  オブジェクトの保存: 確認
  ※今回の内容・順序では、オブジェクトの種類と名前は空白でも可。
   (指定なしの場合、現在のフォームが閉じられるので)
【2行目】
アクション: オブジェクトの選択
  オブジェクトの種類: フォーム
  オブジェクト名: メインフォーム
  データベース ウィンドウ内: いいえ
【3行目】
アクション: 再クエリ
  コントロール名: (空白のままにします)

<解説>
メインフォームを再クエリする前に、作成画面側のデータを保存してやる必要が
あります。
ここでは、「閉じる」アクションによって、実質的なレコード保存を行っています。
順序を逆(オブジェクトの選択→再クエリ→閉じる)では、メインフォームには
反映されないのでご注意下さい。

連投すみません。
・・というか、私も「削除されました」というのを見て一旦中止してました。
(中止した場合も含めて、回答はメモ帳で保存しているので無事でしたが)

> どうしたら別フォームから後ろのメインフォームを再クエリ(更新)できるのでしょうか?

マクロの場合は、「オブジェクトの選択」アクションで対象フォームを選択した後、
「再クエリ」アクションを行えばOkです。
なお、「作成画面」フォームも連結フォーム(レコードソースが指定されたフォーム)と
いう前提で作成しました。

【1...続きを読む

QAccess2010、値を入力したら自動保存の方法

Access2010でフォームよりフィールドに値を入力し、保存ボタンを押した時の動作を
自動でできる方法を探しています。つまり値を入力したら即、保存になる動作です。

vbaでbeforeupdateを使えば実現できるのではと思っていますが、上手く行きません。

beforeupdeteにDocmd.RunCommand acCmdSaveRecordを絡ませれようとしてもエラーで
動きませんでした。


上記のことが実現できるvbaの構文を教えて下さい。


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> クエリの後に
> フォームを指定し、切り替わらない様にと思ったのですが、このようにエラーが出てしまいます。

勝手に想像でコードを記述してもうまくは動かない場合がほとんどです。
VBAエディタ上で SelectObject をクリックしてF1キーを押すとヘルプが表示されます。
そこに解説と使用例がでていますので、まずはそれを調べましょう。
それを繰り返すうちにだんだんスキルが付いてきて、自分でコードが書けるようになります。

Function SaveRequery()

  DoCmd.RunCommand acCmdSaveRecord
  Docmd.SelectObject acQuery, "管理一覧表表示"
  Docmd.Requery
  Docmd.SelectObject acForm, "管理表"

End Function


> また、クエリーを開いてない場合、開いていないというエラーが出てしまいます。

クエリを開いていない場合は、どうしたいのでしょうか。
何もしないのか、クエリを開いて更新するのか。
何をしないとすると、下記のようにエラー処理を追加するといいでしょう。

Function SaveRequery()

On Error Resume Next 'エラーがでても無視して次に進む

  DoCmd.RunCommand acCmdSaveRecord
  Docmd.SelectObject acQuery, "管理一覧表表示"
  If Err <> 0 Then Exit Function '前のコードでエラーがでたら処理を抜ける
  Docmd.Requery
  Docmd.SelectObject acForm, "管理表"

End Function

これは簡易的なエラー処理です。
短い処理ですのでこれでも問題ないですが、長い処理の場合は、きちんとしたエラー処理にすべきですので、詳細はヘルプなどで調べておいてください。

> クエリの後に
> フォームを指定し、切り替わらない様にと思ったのですが、このようにエラーが出てしまいます。

勝手に想像でコードを記述してもうまくは動かない場合がほとんどです。
VBAエディタ上で SelectObject をクリックしてF1キーを押すとヘルプが表示されます。
そこに解説と使用例がでていますので、まずはそれを調べましょう。
それを繰り返すうちにだんだんスキルが付いてきて、自分でコードが書けるようになります。

Function SaveRequery()

  DoCmd.RunCommand acCmdSaveRecord
  Docmd.Sel...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング