はじめまして。ベイトリールのラインの巻き方について質問です。以前まではお店の方にラインを買う時、巻いてもらっていましたが、今後自分で巻けるようになりたいと思っています。まったくわからないのでどなたか教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

下の回答者ですが、


検索エンジンをちょろっと調べてみましたが、見つかりませんでした。
どこかにありそうですが、見つけるのに手間がかかりそうです。
ごめんなさいね。
ということで、本屋さんに行った方が一番早そうです。
    • good
    • 0

口頭では説明するのは難しいですね。

やたらと文章が長くなってしまいそうですし。
やはり、雑誌や本を参考にするのが一番かと。
お店の人に教えてもらうのもいいと思いますが、経験上、1度や2度
見せてもらっても覚えられません。
やっぱり慣れです。頭で覚えるよりも、体で覚えるってことですね。

むかし、めんどくさがって、適当にラインを巻いてつりに行ったとき、
ラバジを大遠投したら、ラバジと40m程のラインが一緒に飛んでいってしまい、
最初の1投で帰らざるを得ないことがありました。
あれは恥ずかしかった。
その後、試行錯誤したことは言うまでもありません。

ちなみに検索エンジンなどで、探してみてはいかがですか?
http://www.google.co.jp
等は検索エンジンの中でも見やすいと思いますよ。
お探し物があるかどうかはわかりませんので、ご了承くださいね。
    • good
    • 1

はじめまして。



さて、ベイトにラインをまく手順ですが私のやり方をお教えします。

1; ロッドのリールに一番近いガイドにラインを通す。(ラインを通すガイドは1つでOK)この時のロッドは2ピースロッドだとやりやすいです。

2; 1から来たラインをレベルワインダーに通す。

3; 2から来たラインをスプールに結ぶ。(注;必ずスプールの真ん中に結ぶ事!そうしないと奇麗に巻きにくい。)結び方はユニットが望ましいが他の結び方でも大丈夫。スプールに結びずらい時はスプールを本体から外すと結びやすいです。

4; ラインボビンの真ん中の穴に鉛筆などの棒状なものを刺す。その棒の両端を足の指で挟む。(注;この作業中、ラインをテープなどでボビンに止めておくと作業しやすい。)私はこの様に足派?だがライン巻き時専用のラインストッパーみたいな道具も売ってる。2000、3000円くらいだったと思う。

5; いよいよ巻き取りですが、巻き取る際に気を付ける事が幾つかあり、一つはラインテンションです。これは、ガイドとリールの間のラインを濡れタオルなどでつまんでいれば大体防げます。次に、ラインがスプールに均等に巻かれているか時々チェックしながら巻いてください。特にラインをつまんでいる所がスプールに対して真ん中意外だと偏って巻けてしまいやすいです。最後にラインボビンですが足で挟みラインの出る量を調節してください。何もしないとボビンがバックラシュします(笑) 最初はちょっと出にくいくらいが良いと思います。

6; 巻き取るラインの量ですが、巻いたラインの上に1円玉を置いてみて、1円玉がスプールエッジと同じ高さになるくらいがちょうど良いです。またはリールのラインキャパシティーに合わせて巻けば良いと思います。

以上が私のやり方です。何か説明不足のとこなどがありましたら言ってください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバサーがベイトリールを多用するのは何故?

ブラックバスの雑誌を読んでみると、記事に登場する人の多くがベイトキャスティングリールを使っています。

僕はバス釣りはやりませんが、大型プラグやスピナーベイト等、引き抵抗の重いルアーを多用する釣りだというのはわかります。

ですが、小さいプラグやソフトルアーをノーシンカーで投げるときだってあるはずです。
飛距離が必要なときもあるでしょう。

そういった情況ではスピニングの方が有利なんじゃないかと思いますが、バス業界でのベイトリールを使う方が多い理由を聞かせてください。

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。

理由?簡単です。楽だから。以上。

ホントこれだけです。
だって考えてみて下さい。スピニングだと
1:ラインを人差し指に引っ掛けて→2:ベイルを倒して→3:ようやくキャスト→4:んでもってルアー着水と同時にフェザーリングでラインを止めて→5:ベイルを戻して→6:ようやくリーリング、ですがベイトの場合
1:スプール(ライン)を親指で押さえると同時にクラッチを切って→2:もうキャスト→3:ルアー着水と同時にサミングでラインを止めて→4:もうリーリング、
と行程を2つも省略できちゃう。
オカッパリでもボートでも基本ポイントを一つでも多く叩くのが釣果を上げる基本だから気がつけば丸1日釣りをして1000投前後キャストする、こんだけキャストしていると2行程が結構面倒臭くなってくる。
でも昔、それこそほんの10年位前までは「ベイトで7gをキャストできればそのリールは優秀」と言われていて、7g以下はスピニング、と使い分けるのが当たり前でした。がアンタレスやTDが超軽いスプールと優秀なブレーキシステムを発表してから5g前後のもの(4インチヤマセンコーがこれくらいの重さ)くらい普通に投げられるようになっちゃった。だからスピニングはオニ軽いリグやオニ小さいプラグくらいしか必要ない、キャストの基本さえしっかりできていれば全部ベイトでも頑張ればいけちゃうようになっちゃった、というわけ。
最近のベイトリールは軽いルアーでもスピニング並みに投げられちゃうんです。ただし軽いのを投げる用のロッドと、ベイトキャスティングの基本がしっかりできていれば、の話ですが。

しかしベイトには落とし穴があって、着水してから着底するまでの間(フォーリング)のアタリを取るにはサミングのタイミングを遅らせたりラインを繰り出してやらなければならないという面倒臭い手間が掛かります。しかしスピニングだとベイルを戻さなければラインは出っ放し、ラインの動きに集中する事ができるというわけ。適材適所で使い分ける、という事ですね。

本当はイトウやサクラマスでもベイトを使うと手返しが早くなってよろしいのですが、他のルアーでは概してずっと使い慣れたスピニングのほうが良い、という人が多いのが実情ですね。「なんかキャストが難しそう」っていう先入観もありますしね。
また釣り味というのも大きい、と個人的には考えています。メカニカルな部分だけを見れば最近じゃ1:7のギヤ比のベイトまであるので圧倒的に釣りを有利にしてくれるベイトのほうが優秀、となりますがある程度釣り人を不利にしたほうがゲームそのものは白熱して面白くなります。バレるかもしれない、とハラハラドキドキしたほうが釣った喜びは大きい、と。この目線で見るとバス釣りって言うのは…忙しくてせっかちな釣りなんですね。

どうも、釣りバカです。

理由?簡単です。楽だから。以上。

ホントこれだけです。
だって考えてみて下さい。スピニングだと
1:ラインを人差し指に引っ掛けて→2:ベイルを倒して→3:ようやくキャスト→4:んでもってルアー着水と同時にフェザーリングでラインを止めて→5:ベイルを戻して→6:ようやくリーリング、ですがベイトの場合
1:スプール(ライン)を親指で押さえると同時にクラッチを切って→2:もうキャスト→3:ルアー着水と同時にサミングでラインを止めて→4:もうリーリング、
と行...続きを読む

Q野池でバス釣りして注意され権限の所在が不明?

最近バス釣りを始めた者ですが先日、近所の野池で釣りを始めてすぐに見知らぬ人から誰に断って釣りしてるのかと咎められここは鯉も飼ってるから窃盗罪で訴えるぞみたいなことを言われました。
地主なのか水利組合の関係者なのかは確認できませんでしたが近所の住民でもあるのでその場は謝って帰りました。因みに現場は水遊びするな!危ない!不法投棄禁止!などの立て看板を00水利組合、xx警察の連名で書かれていました。
私は主に子供に注意を促す為のただの注意書きと解釈しフェンス等も無いので普通に釣りをしに訪れたつもりでした。
見識不足なのですが野池の大半は市もしくは私有地であることは知っていました。ただ明確に不法侵入したとかはなく以前も釣りをしている人を何度も見ていますのでここがだめなら近辺では恐らく何処に行っても無理な気がする位、セーフだと思っていただけにショックです。
翌日、何か納得できないので所轄の警察に問い合わせ、確認したところ警察が介入した立て看板では無いとの回答でした。私は自治会や組合が半ば勝手に威圧感を与える目的で書いたのではないかと思います。
各都道府県で県条例によっては様々でしょうが現状を教えて下さい。
今後、バス釣りをしたくても憂鬱な気分のまま大好きな釣りをしたくありません。どうか参考になる情報等をいただければ有り難く思います。宜しくお願い致します。

最近バス釣りを始めた者ですが先日、近所の野池で釣りを始めてすぐに見知らぬ人から誰に断って釣りしてるのかと咎められここは鯉も飼ってるから窃盗罪で訴えるぞみたいなことを言われました。
地主なのか水利組合の関係者なのかは確認できませんでしたが近所の住民でもあるのでその場は謝って帰りました。因みに現場は水遊びするな!危ない!不法投棄禁止!などの立て看板を00水利組合、xx警察の連名で書かれていました。
私は主に子供に注意を促す為のただの注意書きと解釈しフェンス等も無いので普通に釣り...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

淡水魚(主にヘラ鮒)釣りを長年楽しんでる者ですが、野池の多くは所有者が存在します。

また、国有地である河川や湖沼の多くも地元の漁協などが管理してますから「入漁料を徴収」される例が多いです。

私も、魚釣り初心者の頃は所構わず釣竿を出して釣ってましたが、私有地の野池とは知らずに魚釣りをしてたら、それこそ「誰の許可を得て釣りをしてるんだ!」と所有者から怒鳴られたことがありました。

これ以来は「タダより高いものはない」と肝に命じて入漁料を徴収する釣り場で魚釣りを楽しむことにしました。

なお、地元漁協では「年間鑑札」を買えば一年間は日釣り券を買う必要がないので、頻繁に釣りをしてた頃は毎年のように年間鑑札を購入してましたが、最近は地元周辺の「管理釣り場」での釣りが多くなりましたので、たまに行う地元の河川での魚釣りは日釣り券を買って楽しんでます。

ちなみに、息子が中学生時代にブラックバス釣りに興味を持ったことで、地元の河川より魚影の濃い県内の霞ヶ浦に息子の友達を一緒に連れて何度もブラックバス釣りに付き合いましたが、霞ヶ浦は日釣り料金を徴収されることなくブラックバス釣りが楽しめましたから、漁協で管理しない釣り場もあるようです。

こんにちは。

淡水魚(主にヘラ鮒)釣りを長年楽しんでる者ですが、野池の多くは所有者が存在します。

また、国有地である河川や湖沼の多くも地元の漁協などが管理してますから「入漁料を徴収」される例が多いです。

私も、魚釣り初心者の頃は所構わず釣竿を出して釣ってましたが、私有地の野池とは知らずに魚釣りをしてたら、それこそ「誰の許可を得て釣りをしてるんだ!」と所有者から怒鳴られたことがありました。

これ以来は「タダより高いものはない」と肝に命じて入漁料を徴収する釣り場で魚釣り...続きを読む

Qバックラッシュしにくいベイトリール

バックラッシュしにくいベイトリールのアドバイスをください。

現在、バスフィッシング歴1年です。
ベイトリールはシマノ スコーピオン1000を使用しています。

かなり昔のモデルですが、4×4SVS 等のブレーキ調整機能が売りのようで
がんばって練習をしています。しかし、風が強い日やライトリグなどの時に
まだまだバックラッシュを起こしてしまい回復時間を要します。

本来は練習で自身の腕を上達もさせたいところなのですが、
もしリールの機能で素人でもそれなりにバックラッシュを回避できる
お勧めリールがあれば教えていただけませんか?

正直、時間があまりとれず釣行に出る頻度も少ないため、
ある程度の費用で手軽にバックラッシュを抑えて数多くのキャスティングを
楽しめたらありがたいなと。。

予算はできれば新品10000円相当を想定していますが、
それなりのメリットが見いだせれば20000円台も見据えています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

結論を先に言うと
残念ながら新品購入価格1万円で希望に沿えるリールは無いです。
飛距離・バックラッシュのし難さ等は価格に比例すると思ってください。
各社実売で25000円以上のクラスのリールなら
軽量なルアーをキャストしやすいモデルが多くなってきます。
シマノだとスコーピオン1000XTやスコーピオンDC辺りからではないかと。
バックラッシュをデジタルコントロールで抑制するDCリールの中でも
スコーピオンDCはエントリークラスである為か
DCタイプの上位クラスほどの飛距離は見込めないのが欠点だけど。

お使いのスコーピオン1000は現在では飛びぬけた性能はありませんが、
サイドカバーを開けなくてもブレーキ調整できる使いやすくて良いリールです。
1000は1500と比べて軽量ルアーが使いやすくなってますし。

問題のバックラッシュがキャストの仕方や
リールのコンディションやロッドの硬さに起因しているのか不明です。
リールは中古で購入された物でしょうか?
スプールシャフトの汚れを取ったりベアリングにオイルを注す等の
メンテナンスも必要かと思われます。
ライトリグの認識がどの辺りの重量か判りませんが、
シンカーは7g程度を下限として力んでキャストしないようにする。
セットしている竿の硬さにもよるでしょうけどML以上の硬さなら
ブレーキセッティングは強めで飛距離は慣れるまで諦める。
酷いバックラッシュでなければ親指の腹でスプールを押さえ
ハンドルを2~3回転させその後ラインを引き出すだけで
バックラッシュは解きやすくなります。
必要以上にバックラッシュをすると糸癖により
同一箇所でのバックラッシュの率が高まりキンク(ラインの折れ)により
ラインが切れてしまいます。
太いラインのほうが解きやすいですが、
抵抗も大きいので軽い物を投げる事が多いならラインは10lb程度とする。

上達する為の練習も必要なのでしょうけど個人的にはどうだろうと言う感じ。
やっぱり釣りをしながらのキャストが無駄が無いです。

結論を先に言うと
残念ながら新品購入価格1万円で希望に沿えるリールは無いです。
飛距離・バックラッシュのし難さ等は価格に比例すると思ってください。
各社実売で25000円以上のクラスのリールなら
軽量なルアーをキャストしやすいモデルが多くなってきます。
シマノだとスコーピオン1000XTやスコーピオンDC辺りからではないかと。
バックラッシュをデジタルコントロールで抑制するDCリールの中でも
スコーピオンDCはエントリークラスである為か
DCタイプの上位クラスほどの飛距離は見込めないの...続きを読む

Qベイトリールのブレーキ設定についてご教授下さい

使用は
・シマノ バスワンXT 98年式(アルミのガードのついたモデル)
・ナイロン16lb
・テイルウォーク7ft MH
・7gポッパー~15gバイブ・シンペンetc
ブレーキ設定
メカニカルは7gがある程度の勢いで落ちる程度。
マグは2-4を微調整。


十数年ぶりにベイトリールでの釣行を行いましたがオーバーヘッドキャストのコツがいまいち取り戻せません。

ここ2年ほどはスピニングとPEで釣りをしていました。

サイドやアンダーだと綺麗に飛びます。

改善したい点は
(1)キャスト中のバックラです。
リリースから着水までのタイミングを5つに分けるとすると、2のタイミングでスプール内のラインが浮き出し、3のタイミングで大きく浮き出し、4のタミングでルアーの重さに引かれるような形で浮いたラインが放出されます。そのおかげで着水時にはバックラは解消しているのですが、ルアーの飛行姿勢が崩れた際には4.が弱く、少しバックラが残った状態となります。これは初速のスピードがでているタイミングでのバックラなのでマグネットの調整ですよね?
マグを締めれば良い?
メカニカルを締めこむと下記のような症状がでます。

(2)ブレーキによる飛距離減
上記症状によりメカニカルを締めこむと、明らかにブレーキが抵抗になり、さお先を支点にしてルアー弾道が下がります。
ブレーキの締めすぎ?

ということは次回はメカニカルは現状のままでマグネットをもう少し強めの設定で調整してみれば当たりがでそうな状況ですか?

それともスイング速度だけでキャストしている為リリース直後にのみルアー速度がつき、それにともなってスプールの過度な回転が発生しているのでしょうか?

タックルの変更などではなく、現状装備で上手く投げれるようになりたいと思っています。

もっと試してみればよいですが、前回の釣行が2週間前、次回未定なので知識面で準備しておきたいと思い質問させていただきました。



それと、初代アンタレスARも所有しているのですが、バスワンである程度慣れた後に使用しようと考えています。

バスワンはマグでアンタレスは遠心なのでブレーキ方式が違いますが根本的な部分では同じと考えて問題ないのでしょうか?

スプールの高回転時の回転を抑制する機能。

マグは終始一定や回転により強弱がつくと諸説あるようですが….

上記の原因がスイングだとすると、現状のキャスト方法では遠心力ブレーキのほうが自分に合っているのでしょうか?


ご教授の程お願い申上げます。

使用は
・シマノ バスワンXT 98年式(アルミのガードのついたモデル)
・ナイロン16lb
・テイルウォーク7ft MH
・7gポッパー~15gバイブ・シンペンetc
ブレーキ設定
メカニカルは7gがある程度の勢いで落ちる程度。
マグは2-4を微調整。


十数年ぶりにベイトリールでの釣行を行いましたがオーバーヘッドキャストのコツがいまいち取り戻せません。

ここ2年ほどはスピニングとPEで釣りをしていました。

サイドやアンダーだと綺麗に飛びます。

改善したい点は
(1)キャスト中のバックラです。
リリースから着水ま...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

サイドやアンダーですとロッドの可動範囲が長くなるのと、
バックスイングの時のロッドの曲りがそれほど強くないので、バックラッシュしにくいですよね
ところがオーバーヘッドキャストだと可動範囲が短く、ロッドの反発を強く利用して投げることになりますので、バックラッシュしやすいのだと思います

リリースから着水までの5段階のご説明、
私も、ルアーチェンジした直後などによく同じ状態になります


>ということは次回はメカニカルは現状のままでマグネットをもう少し強めの設定で調整してみれば当たりがでそうな状況ですか?
はい、おっしゃる通りです

>それともスイング速度だけでキャストしている為リリース直後にのみルアー速度がつき、それにともなってスプールの過度な回転が発生しているのでしょうか?
これも、その通りです

次回釣行時には、マグネットブレーキをやや強め設定にして試してみることをお勧めします


それと、飛距離を伸ばしたいのであれば、やはりリールのブレーキ頼みだけでなく、人の手によるサミングは必須でしょう。
ラインが浮いた状態で放出されると、レベルワインダーのライン吸込み口での抵抗が大きくなり、
飛距離ダウンにつながります
5段階の2-3の部分で、サミングによってスプールの回転(ラインの放出)を少しだけ抑えることができれば、
ブレーキ設定は今のまま、飛距離を伸ばす事が可能だと思いますよ。

釈迦に説法かもしれませんが、
サミングの時に私が気を付けているのは、
親指の「腹」ではなく、「指先」でラインに触るようにする事、
こうするとうっかり強めに抑えてしまっても、スプールの回転を過度に邪魔することなく、適度なサミングがやりやすくなります。
(指とラインの接する面積が小さい方が、一度に大きな力が伝わりにくい理屈です)

>上記の原因がスイングだとすると、現状のキャスト方法では遠心力ブレーキのほうが自分に合っているのでしょうか?
一概には言えませんが、遠心ブレーキでも、初速があまりに速すぎれば、バックラッシュはします。
やはり、リールのブレーキと人のサミングの2本立てで臨むのが良いと思います。


あとに控えるはアンタレスですか・・
以前、友人の初代アンタレスを遊びで投げさせてもらいましたが、
もんのすごく回りますが、かなりのじゃじゃ馬でした。
が、サミングを適切に使えば、驚くほどの飛距離を出せると思います。

ご健闘を祈ります。

こんにちは

サイドやアンダーですとロッドの可動範囲が長くなるのと、
バックスイングの時のロッドの曲りがそれほど強くないので、バックラッシュしにくいですよね
ところがオーバーヘッドキャストだと可動範囲が短く、ロッドの反発を強く利用して投げることになりますので、バックラッシュしやすいのだと思います

リリースから着水までの5段階のご説明、
私も、ルアーチェンジした直後などによく同じ状態になります


>ということは次回はメカニカルは現状のままでマグネットをもう少し強めの設定で調整してみ...続きを読む

Qブラックバスのオスと雌の見分け方

ブラックバスのオスとメスの見分け方を教えてください。

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。

実は以前私も気になったのでダメ元で
“http://www.agri.pref.kanagawa.jp/suisoken/naisui/n_index.asp”
↑神奈川県水産技術センター内水面試験場に問い合わせてみました(暇だったもので)。すると答えは「知るか、そんなモン」でした…センターの皆様の名誉のために補足しますと、
「オオクチバスの雌雄は産卵期以外の季節では外見上ほぼ判別不能です。釣り人や魚類学者の皆様の間では諸説飛び交っていますが、決定的な判別についてはいまだ解明されておらず…」
つまり“この判別方法なら学術的に100%見分ける事ができる”というものが見つかっていないのだそうです。
唯一確実に判別できるのはご存知の通り春の産卵期に雌は異常なほどお腹が膨れる(抱卵のため)、雄は巣を守って外敵を追い払う、ということぐらいなのだそうです。
またバスに限らずサカナの多くは雌のほうがでかく雄は情けないほど小さかったりします。一説によるとノーザン・ラージマウスの50UPはほとんどが雌、という説があるほどです。

問い合わせたのが3年前なのでひょっとしたら解明されているのかもしれませんが、参考までに。

どうも、釣りバカです。

実は以前私も気になったのでダメ元で
“http://www.agri.pref.kanagawa.jp/suisoken/naisui/n_index.asp”
↑神奈川県水産技術センター内水面試験場に問い合わせてみました(暇だったもので)。すると答えは「知るか、そんなモン」でした…センターの皆様の名誉のために補足しますと、
「オオクチバスの雌雄は産卵期以外の季節では外見上ほぼ判別不能です。釣り人や魚類学者の皆様の間では諸説飛び交っていますが、決定的な判別についてはいまだ解明されておらず…」
つまり“この判別方...続きを読む

Qブラックバスって何を食べているの?

バス吉です。

バスはワカサギや、カエルやザリガニ、色々食べるフィッシュイーターなのはよく知ってますし、外来魚問題でいじめにあってる魚であるのも知ってますが
私が良く行く湖は50UPが時々出る有名な小規模リザーバーです

でもそこ限定で言うと10年くらいボート出して通ってますが捕食となる餌らしい餌は見た事はないですし

見るのはせいぜい、マッチ箱程度の子バスかブルーギル
あとは60cmはあろうかという鯉くらいです

こんな状況でブラックバスは一体何を食べて生活しているんでしょうか?

湖のふかーくふかーくそんな所に餌となる小魚が泳いでいるのかなぁとおもいまして


マッチザベイトと良く言われますが

餌を見た事無いのでマッチザベイトもくそもありません


バス釣りの猛者、回答求む!

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。

バスはワニも食いますぜ。あの口をガバァアっと開けて人間なんかも襲う、あのワニですね。
もっとも体長1mもの大ワニをピラニアのように集団で襲って、という類のモノではなく掌に乗るようなワニの赤ちゃんを食うんです。もちろんワニが成長したらバスを食ってます。これ、フロリダの常識でホレイショ・ケインも知っています(ホレイショが分からない人はCSIフロリダを見てね)。どうも駆逐派の大多数はバスとピラニアを混同視して思い込みだけで議論したがるので記してみました(尚私は駆逐派でも擁護派でもなく、『そんなことよりもっとやらなければならない深刻な問題があるだろ』派)。

それはともかくフロリダの例がある通りバスはエサになるものが少ない所では新たなエサを探しているものです。小魚が期待できないようなエリアでは落ちてくる陸生昆虫やネズミやカエルやイモリやザリガニなど…でもふんだんにエサが選べるようなエリアだとサカナを優先的に狙う傾向が強いようです。考えてみればザリガニを丸呑みしたら消化が悪そうだし、イモリなどは種類によっては毒を持っていたりするし、それならより安全で消化が良いものを選ぶのは当然ですね。
もっともルアー・フィッシングの場合“エサに近づける”努力より“興味を引く動き”に注目してゲームを組み立てたほうがはるかにバスとの遭遇率は高まります。これ本当。

金魚などを飼っていると舞い上がった砂利や己の糞でもとりあえず一旦口に入れます。「バカな奴だなぁ」と思いながらしばらく見ていると舞い上がっているときは追いかけても喰おうとはせず落ち始めると口に入れる事に気づきます。これは明らかに“普段落下してくるエサ”を意識した行動で、条件反射ともいえます。実際ヘラブナを釣っていると“エサが動いている時だけ触りがある”事に気づきます…で、思うのが「金魚と変わんないじゃん」という事。
俗にサカナは近眼、という話があります。特にバスやシーバスは水が濁っていても真っ暗な夜でも積極的にルアーを追いかけますが、これは視力以外の感覚で追いかけていると考えるのが定説ですね。例えばこう考えてみたらどうでしょう…「バスは動いているものにとりあえず食いついている」と。特にエサとなりそうなものが少ないフィールドであれば片っ端から動くものに食いついて食えたらラッキー、という習性があるとしたら…ルアーに食いついてくる事に合点がいきますね。
思い起こしてみてください。例えばオーバーハング真下のポイントでミノーやスピナーベイトを引っ張ってもまるで反応がなかったのにノーシンカーを落とし込んでみたら1発で釣れた、とかいう経験はありませんか?これが蝉や昆虫と見間違えたとするのはあまりにも無理がある、そこにいるバスが明らかに垂直に落ちてくるものに“とりあえず喰らいついている”と考えたほうがより素直な考え方だと思いません?

実際「マッチ・ザ・ベイト」という言葉はフライ・フィッシングの「マッチ・ザ・ハッチ(水生昆虫の羽化)」という言葉を浜松のあの女みたいな名前のオッサンがパクッた“宣伝文句”でしかありません(“リアル・ルアー”を売りにしていたので)。マッチ・ザ・ハッチではストマック・ポンプというでっかいスポイトをサカナの口に突っ込んで胃の内容物を取り出して“何を喰っているか”をシャーレーに移して確固たる裏付けを取ります。が、マッチ・ザ・ベイトは「多分こうなんじゃない?」といういい加減なもので、実際にバスの腹を割いてみたりでっかい吸引器を突っ込んで動かぬ証拠を元にしているわけではありません。だからマッチ・ザ・ベイトなんて根拠のないものに振り回されるだけムダ、というわけ。

実際ルアー・フィッシングは縦に落とすか引っ張ってくるしか能のない釣りです。それしかないから難しいし奥深いのですが、いっぺん「この動きでどうだ!どうせおまえ達は動くものにとりあえず喰い付いてから喰えるかどうか考えるんだろ!?」と割り切って果敢に攻めてみてください。するとアラ不思議、驚くほど釣れるようになりますよ。これ本当。

どうも、釣りバカです。

バスはワニも食いますぜ。あの口をガバァアっと開けて人間なんかも襲う、あのワニですね。
もっとも体長1mもの大ワニをピラニアのように集団で襲って、という類のモノではなく掌に乗るようなワニの赤ちゃんを食うんです。もちろんワニが成長したらバスを食ってます。これ、フロリダの常識でホレイショ・ケインも知っています(ホレイショが分からない人はCSIフロリダを見てね)。どうも駆逐派の大多数はバスとピラニアを混同視して思い込みだけで議論したがるので記してみました(...続きを読む

Q小型両軸受けリール、ベイトリールについて

テトラで穴釣りをしたくテトラ用のロッドと
初めて小型両軸受けリール(安価)の物を買いました。
で、買ったものの基本的なことがまったくわかりません。
質問なんですが。

1、これはスピニングリールと違って竿の上(ガイドが上になる)に取り付け  るものですか?

2、スプールからラインを出しガイドに通す時、リールの棒?の様な所に
  ラインが棒の上になるようにしたらいいのですか?それとも下から通すも  のなのですか?(※画像参照)

3、スプールとの隙間(両側とも)が結構ありすぐに糸が入りこんで
  絡まってしまいます。(※画像参照)
  これがバックラッシュという事なんですか?
  かなり慎重に巻いても隙間に糸が絡まり釣りになりません…。
  そういうものなのか?不良品?安価な物だから?

4、後、糸を出す時スピニングリールはベールを起こして出しますよね。
  小型両軸受けリールの場合はどうするんですか?
  クラッチレバーにON、Click、Offとありますが、Offにしても
  ラインが自然と出て行きません。ドラグノブで調整しても効果なしです。
  いつも手でひっぱってだしてます。それでOKなのでしょうか?
  仕掛けのオモリは3~10号ぐらいです。
   
5、クラッチレバーのClickはどういう時につかんのでしょうか? 
  
色々と書きましたがよろしくお願いします。

テトラで穴釣りをしたくテトラ用のロッドと
初めて小型両軸受けリール(安価)の物を買いました。
で、買ったものの基本的なことがまったくわかりません。
質問なんですが。

1、これはスピニングリールと違って竿の上(ガイドが上になる)に取り付け  るものですか?

2、スプールからラインを出しガイドに通す時、リールの棒?の様な所に
  ラインが棒の上になるようにしたらいいのですか?それとも下から通すも  のなのですか?(※画像参照)

3、スプールとの隙間(両側とも)が結構ありす...続きを読む

Aベストアンサー

1.リール(ガイド)が上になるようにして使います。
2.そうです。ラインのガイドがあればそれに通しますがないなら、そのようにします。
3.バックラッシュはスプールが回りすぎてラインが中から緩んだことによりからんでしまうことを言います。
4.スプールをフリーにして、スプールを親指で軽く抑えながら投げます。
親指で軽く抑えることをサミングといいます。慣れるまで練習を要します。バックラッシュを回避するように、スプールの回転をおさえるブレーキの調整も必要です。
5.クラッチレバーは投げるときにスプールをフリーにする機構で、クリックとは糸が出て行くときに「ジー」と音を出す機構かとおもいます。
**
リールのメーカー・型式を書くと正しい情報が得られると思います。

Q根掛かりした時、リールのドラグを締めて引っ張る方法は、リールが駄目にな

根掛かりした時、リールのドラグを締めて引っ張る方法は、リールが駄目になりますか?

先日、リールを買い換えたんですが、説明書に「根掛かりした時はラインをタオル等で掴んで・・・」と書いてありました。今までは面倒くさくて、そのままドラグ締めて引っ張っちゃてたんですが。。 やはりこの方法はリールに負担になるのでしょうか?

リールは、バイオマスターC3000、ライン PE1.5号 リーダー ナイロン5号 なので10キロぐらいの力は掛かると思います。

詳しい方いらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

必ずラインを持って引っ張って切ってください。棒などに巻き付けるのが一番良いと思います。

ソルトならグローブをするでしょうからグローブの上からラインを引っ張っても良いです。

ドラグだけではなくリールのラインローラー部、ローターなどにも過度の負担が掛かってしまいます。

効果的な方法ではないかもしれませんが、フックを細軸に替えてフックを伸ばして回収という方法もあります、ルアー本体が根に掛かってしまった場合はダメです。

リーダーとルアーの結び目を弱くしておくのも一つの方法です、ユニノットで通す回数を2回で結ぶとか。

テキサスやキャロリグで引っ張る時は注意してください。弾丸のようにまっすぐ飛んで帰ってくる場合もありますので・・・。これでベイトリールを破損したという話は良く聞きます。スピニングも同じかと。

Qアブガルシアとはどんなメーカーなんでしょうか?

今まで沖釣りをメインにやってきて、特に道具に強いこだわりもないため無難にシマノやダイワの製品を使ってきました。

最近ルアー(ソルトウォーター)を本格的に始めたい思いルアー用品をいろいろ物色していますが、沖釣りでは見掛けないメーカーがいろいろあるんですね。

その中でアブガルシアというメーカーが少々気になっています。
海外(欧州)メーカーでデザインも良いので高級かと思いきやリーズナブルな印象を受けます。店頭でもかなり割り引かれて販売されているのをみかけます。

「海外メーカーでデザインが良い」=ドイツ車のような高級品・高性能と安易に想像してしまうですが、アブガルシアに関してはデザイン重視で性能は値段相応といった感じのメーカーなんでしょうか?
あるいはイタ車のように当たり外れの大きいメーカーなのか?

詳しい方、ご教授ください!

Aベストアンサー

こんにちは。

ABU・・・ベイトリールが有名ですね。
25年位前から、国産メーカーの性能と品質が良くなりダイワやシマノで十分に成りましたが
昔はベイトって言うと、ABUって位定番でした。
コレクターも多く、未だに「ABUじゃなきゃリールじゃない」って熱狂的なファンも居ます。
今でこそ、安価で購入できますが、昔は国産品の2,3倍の価格が付いていましたよ。

今となっては、性能に関しては可も無く不可も無くです。
他メーカーでも同じですが、同じメーカーでも販売ブランド内での売価が性能差と言えるので
何を選ぶかによりますね。
*ベアリングとかは、高い機種も安い機種も同じ物を使っている事が多いです。
 数の差が価格差っぽい所が有ります。

釣りに対する姿勢が分かりませんが、趣味の物なので“気に入ったデザイン”とかで
選んでも良いかも・・・


http://www.purefishing.jp/abugarcia/

Q右利きの人が左でリールを巻くわけ

なぜ右利きなのに左でリールを巻くのでしょうか?

Aベストアンサー

利点
・利き手で投げて(持ち替える時間が発生しないので)すぐにリールを巻ける→ルアーなどで有利
・利き手で竿を操作できる→ルアーにアクションを与えやすい

私は渓流ルアーをしていますが、右投げ左巻きは持ち替えしないですぐにリールを巻けるので、好きです。

しかし船で大物を相手にするときは右巻きの方がいいような気がします。パワーも持久力も利き手が有利ですから。

とは言え完全に好みの世界です。右手で投げて右で巻く人もたくさんいます。慣れれば上記の利点など右投げ右巻きでも克服できると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報