出産前後の痔にはご注意!

 日本語を勉強中の中国人です。比喩法や擬人化で有名な日本の詩句を知りたいのですが、紹介していただけないでしょうか。読み方も振っていただければ助かります。
 
 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それについてもご指摘いただければありがたく思います。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 比喩表現の幾つかに触れてみます。


1.明喩(直喩)
「わたしはまがつたてつぱうだまのように
 このくらいみぞれのなかに飛びだした」(宮沢賢治「永訣の朝」)
http://www2.g-com.ne.jp/~lovemin/miyazawakenji.htm
2.暗喩(隠喩)
「観客様はみな鰯
 咽喉(のんど)が鳴ります牡蠣殻(かきがら)と
 ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん」(中原中也「サーカス」)
http://www.exist.net/poetry/circus.html
3.諷喩
「林檎畑の樹(こ)の下に
 おのづからなる細道は
 誰(た)が踏みそめしかたみぞと
 問ひたまふこそこひしけれ」(島崎藤村「初恋」)
http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/h …
4.提喩
「夜。
 孤独なる室(へや)の彼方に
 嵐が静かに聞こえる。
 静かな嘯(ホイッスル)。」(三木露風「嵐」)
5.擬人法(活喩)
「トタンがせんべい食べて
 春の日の夕暮は穏やかです
 アンダースローされた灰が蒼ざめて
 春の日の夕暮は静かです」(中原中也「春の日の夕暮」)
http://www.chuyakan.jp/14search/poem/01.html
6.声喩(擬声語・擬態語)
「さら、
 さら、
 さら、さら、さら、さら、唐黍(たうきび)だ。
 紅い垂毛(たりげ)は目がさめて、
 誰か来ぬかと待ってゐる。
 暑い、暑い、暑い、暑い、
 へいほう。と
 虫も啼いてる、草むらで。
 かあん。
     と、空(から)鳴り、空の鐘。」(北原白秋「トラピストの牛」)

この回答への補足

 挙げてくださった例文は私にとってはとても難しいです。よろしければ、【何】を【何】にたとえられたのか、それぞれ簡単に説明していただけないでしょうか。

 また、日本の詩の中では、中国語の漢詩と同じように、字数、音韻などにこだわる詩もあるのでしょうか。それは俳句でしょうか。

補足日時:2006/07/31 23:59
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 月下無可さん、いつもお世話になっております。
 ご親切に教えていただき誠にありがとうございます。比喩にはこんなにたくさんの種類があるのですね。大変参考になりました。
 本当にありがとうございました。

お礼日時:2006/08/01 00:11

>、【何】を【何】にたとえられたのか


【何】を…なら、(何に)例えたのかで、
(何に)例えられたのか…なら【何】が、となります。

1.私=鉄砲玉<のように>…飛びだした
2.観客様=みな鰯、咽喉(のんど)=牡蠣殻(かきがら)と…鳴ります
3.「おのづからなる細道」は「誰(た)が踏みそめしかたみぞ」と、問ひたまふこそこひしけれ
 細道がどうしてできたのか→私に逢いに通って来たあなたがつくったのだという、謎掛けの言い交わし自体が互いの心の親密さを一層強く表わしている。
4.夜=孤独なる室⇔嵐=静かな嘯(ホイッスル)
 夜の孤独な室に自分を仮託し、嵐と静かな嘯に自身の中の懊悩の有様を代弁させている。
5.トタン→(せんべい)食べる、灰→蒼ざめる。
6.さら、さら→唐黍(たうきび)の風に騒ぐ音。
 紅い垂毛(たりげ)→へいほうという声を上げて暑がる
 かあん。と→空の鐘の空鳴りの音。

>日本の詩の中では、中国語の漢詩と同じように、字数、音韻などにこだわる詩もあるのでしょうか。
 これはとても大変な設問です。ほんの少しの切り口にだけでも良ければ触れてみます。
 日本の詩歌の初源ともいえる「万葉集」では、初期には長歌(五七五七…五七七)が後期にはその殆んどが短歌(五七五七七)形式を取っています。自然における自分、また自分の内なる自然を映し出す、そんな「明(あか)き、浄(きよ)き、直(なお)き、まことの心」の純朴な表現形式でもあったのだと思います。
 一方、大陸からの壮大にして複雑な文化様式の相次ぐ到来は、とりわけ当時の知識階級に多大な影響を及ぼしたものであり、その漢詩文の学習と模倣において音訓併用・和漢混合の試行錯誤の過程を経て、日本詩歌の流れに新たな地平を齎したものでしょう。
 それは例えば、四六駢儷体の対句など漢詩文の摘句とその訓み下し解釈やそれに範をとった草仮名表記の和歌からなる詞華選といえる「和漢朗詠集」は王朝文化の粋とも目されています。
>それは俳句でしょうか。
俳諧を芸術の域に高めて「蕉風」と敬称される芭蕉には、そんな古典教養のエッセンスである「和漢朗詠集」にいかに通暁していたかが忍ばれますし、そもそも「杜甫・蘇東坡・黄山谷などの詩に親しんだ影響が、単に字句の上でなく、深い心の色として現れて来ている」(山本健吉「芭蕉三百句」より)
 このような詩歌の極めともいうべき「明・浄・直」や「深い心の色」は、古今において洋の東西にわたって、あえて定型化された字数や音韻の枠組みにおいてこそ、むしろ自然にして伸びやかな境地を描き出してきたのかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 再びありがとうございます。理解できるようになりました。詩歌の歴史のご紹介にも感謝いたします。難しいですが、いろいろ調べて読んでみます。
 本当にありがとうございました。

お礼日時:2006/08/03 15:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q比喩法や擬人化を上手に使われた和歌や俳句をを紹介していただけないでしょうか

 日本語を勉強中の中国人です。先日、「比喩法や擬人化で有名な日本の詩句を紹介していただけないでしょうか」という質問をいたしましたが、日本近代詩の例文をたくさんいただきました。その時は、「和歌」と「俳句」という言い方を知りませんでしたので、「詩句」という大雑把な書き方にいたしました。実は、あの時、和歌と俳句では、優れた比喩法や擬人化が使われた文を知りたかったのですが、うまく書けませんでした。

 ということで、再度質問をさせてください。比喩法や擬人化が上手に使われた和歌や俳句を知りたいのですが、紹介していただけないでしょうか。恐れ入りますが、古典がよく判らないものですので、お挙げになった例文の現代語訳も書いていただけないでしょうか。難しい単語に読み方も振っていただければ助かります。
 
 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それについてもご指摘いただければありがたく思います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

初めに
短歌形式の歌のうち、近世以前(江戸時代より前)のものを和歌、近代以降(明治時代よりあと)のものを短歌といいます。その違いは、単に時代の違いであり、近代の短歌も、文語で書き表すのが常です(口語の歌が出てきたのはごく最近のことです)。
ただし、和歌(特に最盛期の平安~鎌倉時代の歌)は、我々にとっても語学的に理解が困難なものです。
そこで、ここでは、和歌=短歌入門編として、近代短歌(以下「短歌」と表す)の中から、比喩が巧みに用いられている作品をいくつか紹介してみます。
なお、短歌本文は歴史的仮名遣い、( )内の読み仮名は現代仮名遣いで記します。

向日葵(ひまわり)は金の油を身にあびてゆらりと高し日のちひささよ            前田夕暮

訳 向日葵は金の油を身に浴びたように輝いて、ゆらりと高く立っている。それに比べて、後ろに見える太陽のなんと小さいことか。

説明「金の油を身にあびて」に比喩が用いられています。「身にあびて」は擬人的表現。「金の油」を日光の隠喩ととらえる説と、単に光り輝く向日葵を形容した表現ととる説よがあります。いずれにしろ比喩にはちがいありません。いうまでもありませんが、この歌の主題は「向日葵」の大きさにあるのであって、「日のちひささ」にあるのではありません。
なお、この作者は自然主義的な作風で知られており、また、この作品は、絵画の印象派の影響を受けています。「風格」といえるかどうかわかりませんが、日本の歌、俳句にも「流派」というものがあり、それぞれに個性を主張し合っています。


金色(こんじき)のちひさき鳥のかたちして銀杏(いちょう)散るなり夕日の丘に      与謝野晶子

訳 金色の小さな鳥のような形をしながら、いちょうの葉が散っていることだ。夕日が差すこの丘に。

説明「かたちして」で直喩を表した珍しい作品。文語の直喩は「ごとし」で表されることが多いようです。また、訳をご覧になればおわかりのとおり、倒置法が用いられています。
この作者は、浪漫(ろまん・ろうまん)主義の代表的歌人です。浪漫主義は、上記の自然主義とは対極にある流派です。この作品も絵画的(自然描写的)なものではありますが、実景の写実ではなく、作者の心象を描写したものといわれています。


見てあれば一葉(ひとは)先づ(まず)落ちまた落ちぬ何おもふとや夕日の大樹(おおき)   若山牧水

訳 見ていると、一枚の葉が落ち、続いてまた一枚の葉が落ちた。何を思ってこうして葉を落とし続けるのだろう。夕日の当たる丘に立つこの大樹は

説明 「何おもふとや夕日の大樹」に擬人法と体言止めが使われています。


病(やまい)のごと
思郷(しきょう)のこころ湧く日なり
目にあをぞらの煙かなしも        石川啄木

訳 まるで病気になったように、故郷を思う気持ちが胸にわいてくる一日だ。青空に立ち上る煙もなんと私の目には悲しく見えることか。

説明 「病のごと」は直喩。「ごと」は「ごとくに」の意味。初句が六音で字余り。

※以上の四首のうち三首に「夕日・日」が出てきますが、それは偶然です。特に好まれる題材というわけではありません。

俳句について
ご存じのとおり俳句は十七音を定型とする非常に短い詩です。よって、直喩で説明的に叙述するよりも、隠喩や象徴的な表現の方が多くみられるようです。
また、俳句でポイントになるのはなんと言っても、季語と切れ字です。
よって、短歌に比べて、俳句は比喩などの技法を手がかりに読解する重要性は低いと考えます。
そこで、俳句に関しては、次に何句かを挙げるだけにさせていただきます。
直喩
去年今年貫く棒の如きもの(こぞことしつらぬくぼうのごときもの)             高浜虚子
ところてん煙の如く沈み居り(しずみおり)日野草城
擬人法
啄木鳥や落葉をいそぐ牧の木々(きつつきやおちばをいそぐまきのきぎ)          水原秋桜子
海に出て木枯(こがらし)帰るところなし 山口誓子


このほかにも、いくらでも例があげられますが、きりがありません。ご自分で学習することをおすすめしますが、初めのうちは、丁寧で詳しい説明のついた、中学生から高校生向けの学習書を読むといいでしょう。
「教科書にでてくる短歌の解釈」東京美術発行
「現代短歌」「現代俳句」いずれも學燈社発行

最後にこちらから質問です。日本では、擬人法を比喩の一種と考える説が有力ですが、中国ではどうなんでしょう。また、日本の短歌、俳句では倒置、体言止めが多用されますが、中国ではいかがですか。そもそも日本のように、中国では今でも漢詩が作られていますか。

初めに
短歌形式の歌のうち、近世以前(江戸時代より前)のものを和歌、近代以降(明治時代よりあと)のものを短歌といいます。その違いは、単に時代の違いであり、近代の短歌も、文語で書き表すのが常です(口語の歌が出てきたのはごく最近のことです)。
ただし、和歌(特に最盛期の平安~鎌倉時代の歌)は、我々にとっても語学的に理解が困難なものです。
そこで、ここでは、和歌=短歌入門編として、近代短歌(以下「短歌」と表す)の中から、比喩が巧みに用いられている作品をいくつか紹介してみます。
...続きを読む

Q「比喩」が入っている曲

タイトルや歌詞に、「比喩」(直喩、隠喩)や「擬人化」などによる表現が入っている曲です。おすすめの曲を教えてください。

<例>

「砂漠のような東京で」
https://www.youtube.com/watch?v=AQsvf4ul50o
「砂漠のような東京」= 直喩

「You Are My Sunshine ユー・アー・マイ・サンシャイン」
https://www.youtube.com/watch?v=tJHMi-aeh3s
「you are my sunshine あなたは私の太陽だ」= 隠喩

「The Windmills of Your Mind 風のささやき」
https://www.youtube.com/watch?v=Wl8fKAYQuPk
英語「The Windmills of Your Mind」= 隠喩
邦題「風のささやき」= 擬人化
(歌詞にも比喩表現があります)

※ クラシック曲は除いてください。
※ おひとり 3曲まででお願いします。

Aベストアンサー

夜は千の眼を持つ 
映画のタイトル曲ですがジャズのスタンダードのひとつにもなっています。
http://www.youtube.com/watch?v=dgAofsDVZFU

柳よ泣いておくれ
http://www.youtube.com/watch?v=w82NHDRRGJ0

奇妙な果実
これは怖い比喩
http://www.youtube.com/watch?v=uYJf_F3-55w

Q心に響く比喩・イメージ鮮やかな美しき比喩…

 カテゴリを「言語」にすべきか暫く悩んだのですが、純粋に言葉だけの問題でもありませんのでここに来ました。それとももっとふさわしい場所が他にあったのでしょうか?
 
 世の中には様々な比喩表現が溢れています。文学的な比喩、人生訓的な比喩、科学的な比喩…。
 比喩っていいですよね、それまでの分かりにくかったイメージが鮮やかに眼前に拡がって、新たなる姿が照らし出される…。イメージが鮮やかになる分、素晴らしい比喩にぶつかったときには胸が躍ります。我々の人生それ自身がひとつの大きな比喩そのものなのかもしれませんね。

 皆さんはこれまでに出合った中で心揺り動かされる美しい比喩や人生を励ましてくれるような心強い比喩、或いは抱腹絶倒の比喩はありませんか。あれば是非教えて下さい。文脈の流れの中で生まれてくる比喩もあるでしょうから、少々長くなっても構いません(あ、書く方は面倒か…(^_^;))。
 
 また《比喩の名人》をご存知の方は是非お教え下さい。因みに私の知っている《比喩の名人》を一人だけ挙げるとすれば、作家の故三島由紀夫氏でしょうか。どうすればあのような巧みな比喩が編み出されてくるのか…。
 
 ここに私の好きな比喩を書き込むのが礼儀でしょうが、余りに多過ぎてどれを書いたらいいのやら…。あっ、最近このサイトで質問をした時、ある方にご紹介頂いた抱腹絶倒の比喩…
「ダイアナ妃は《英国のバラ》。マザーテレサ女史は…《英国のドライフラワー》…」天国のマザーテレサさん、m(__)m…。
 《ブラックホールは宇宙の墓場である》なんてのもおもしろいですね。光さえも脱出し得ないほどの重い重力…閉じ込められる光…ブラックホールのイメージが豊かに湧いてくるようです。
 どうぞよろしくお願い致します。m(__)m

 カテゴリを「言語」にすべきか暫く悩んだのですが、純粋に言葉だけの問題でもありませんのでここに来ました。それとももっとふさわしい場所が他にあったのでしょうか?
 
 世の中には様々な比喩表現が溢れています。文学的な比喩、人生訓的な比喩、科学的な比喩…。
 比喩っていいですよね、それまでの分かりにくかったイメージが鮮やかに眼前に拡がって、新たなる姿が照らし出される…。イメージが鮮やかになる分、素晴らしい比喩にぶつかったときには胸が躍ります。我々の人生それ自身がひとつの大きな比...続きを読む

Aベストアンサー

masatoshi-mさん、こんにちは。初めまして。

「授業中に大爆笑あの一言」の御質問、ずっと回答したかったのですが、
これ、というネタを思い出せず、結局参加できず終わってしまいましたが、
また興味深い御質問、ありがとうございます。

この御質問を読んで、現在「格闘技」カテゴリで立てられている「プロレスラーのニックネーム」
というQ&Aを思い出しました(私も愚答を入れておりますが)。
ニックネームも比喩表現の一種だと思います。結構面白いのが並んでいますよ(下記参考URL)。
そこのやりとりにも出ていますが、人物(主にスポーツ選手)に関する比喩の第一人者といえば、
やはり、古舘伊知郎氏だと思います。

で、プロレスの実況もさることながら、記憶に新しいところで、
今年福岡で行われた水泳世界選手権で、イアン・ソープのレースのみを古舘氏が実況してましたよね。
その中で印象に残っている「古舘語録」をいくつか(記憶があやふやな部分もあります)。

『人類が誕生して○万年、ソープという最終進化形』

『泳ぐタスマニアン・デビル』

『プールの一輪挿し』

あと、これは古舘氏が開幕前にニュースステーションに出演した時、久米宏氏が言ったもの。
『水を蹴散らす南十字星』

比喩表現とは言えないかもしれませんが、大会中の古舘氏の言葉で私が最も感動したのがこれ。
『渋谷の地べたに座り込んでいる18才もいれば、この福岡で水しぶきを上げている18才もいる。
 ――どちらも自分の“ありか”を探している』


古いところで有名なものとしては、
『暁の超特急』(吉岡隆徳)   『フジヤマのトビウオ』(古橋広之進)
『日の丸飛行隊』(札幌五輪の笠谷・今野・青地)   『氷の妖精』(ジャネット・リン)

きりがないので、この辺にしときます。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=162370

masatoshi-mさん、こんにちは。初めまして。

「授業中に大爆笑あの一言」の御質問、ずっと回答したかったのですが、
これ、というネタを思い出せず、結局参加できず終わってしまいましたが、
また興味深い御質問、ありがとうございます。

この御質問を読んで、現在「格闘技」カテゴリで立てられている「プロレスラーのニックネーム」
というQ&Aを思い出しました(私も愚答を入れておりますが)。
ニックネームも比喩表現の一種だと思います。結構面白いのが並んでいますよ(下記参考URL)。
そこのやり...続きを読む


人気Q&Aランキング