最新閲覧日:

テキストエリアの入力不可は、Javascriptできますが、
セレクトメニューを選択不可にできません。
初期状態でなく、ある条件が他で選択された時、
選択不可にしたいのですが、何か方法ございますか?

<form name=test>
<SELECT NAME="nengou">
<option value="1">昭和</option>
<option value="2">大正</option>
<option value="3">明治</option>
</SELECT>
</form>

A 回答 (2件)

失礼。

もっとずっと簡単にできます。何を血迷っていたのか...

<html>
<head>
<script>
sel = 0;
function force() {
if (sel != 0) {
document.form1.select1.value=sel;
}
}
</script>
</head>
<body>
<form name="form1">
<select name="select1" onChange="force()">
<option value="1">選択肢1</option>
<option value="2">選択肢2</option>
<option value="3">選択肢3</option>
</select>
<br>
<input type="button" onclick="sel=document.form1.select1.value" value="選択肢を固定">
<input type="button" onclick="sel=0" value="元に戻す">
</form>
</body>
</html>
    • good
    • 0

DOM1を利用してよいのなら可能です。

(DOM1はIE5以上、Netscape6以上でサポートされています)
サンプルを書いておきます。

<html>
<head>
<script>
selStore = null;

function fixSelection(selNode, node, i) {
if (selStore == null) {
selNode = document.getElementById("select1");

// cloneNode(true)を使用するとattributeが初期状態でしか複製されない
// 条件に合う(選択されている)ノードのみ自分で複製
selStore = selNode.cloneNode(false);
for (i=0; i<selNode.childNodes.length; i++) {
node = selNode.childNodes[i];
if ((node.nodeType == 1) && (node.nodeName.toUpperCase() == "OPTION")) { // ELEMENT_NODE == 1
if (node.getAttribute("selected")) {
selStore.appendChild(node.cloneNode(true));
}
}
}
selStore = selNode.parentNode.replaceChild(selStore, selNode);
}
}

function restoreSelection(selNode) {
if (selStore != null) {
selNode = document.getElementById("select1");
selNode.parentNode.replaceChild(selStore, selNode);
selStore = null;
}
}

</script>
</head>
<body>
<form>
<select id="select1">
<option value="1">選択肢1</option>
<option value="2">選択肢2</option>
<option value="3">選択肢3</option>
</select>
<br>
<input type="button" onclick="fixSelection()" value="選択肢を固定">
<input type="button" onclick="restoreSelection()" value="元に戻す">
</form>
</body>
</html>

fixSelection()では、
SELECT以下の構造から選択されているOPTIONのみをコピーしたSELECTエレメントを作成し、
既存のHTML中のSELECTエレメントと置き換えています。
元のSELECTエレメントの退避先がselStoreです。
restoreSelection()では逆に、selStoreに退避しておいたSELECTエレメントを元の位置に挿入しています。

DOM1については、ここではとても解説しきれないので、以下のページを参考にしてください。
基本的な考え方は、HTML文書を木構造としてとらえ、木のノードに対する操作としてHTMLの動的な変更を行うというものです。

参考URL:http://www.doraneko.org/misc/dom1/cover.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報