つい先日模倣犯を読み終えました。
ものすごく面白かったです!
それで読んだ方にお聞きしたいのですが、
よんでて文章がアレ?まちがってないか?
ってところはありませんでしたか?
なんか読んでて意味が通じないというか・・・。
そういう所があったので。
でももともと国語が苦手なので私の理解力が足りないだけかとも思ったのですが・・・。
それともうひとつ
第3部で子供が栗橋裕美の物と思われる携帯電話を拾っていますが
あれって結局どうなったんでしょう?
やはり書いてはないですけど警察に渡したのですかね?

A 回答 (3件)

ええとですね…文章のミス(?)の部分ですが…


私の持ってる「模倣犯」の本はちゃんとなってますよ?

いつかはカズがオレを必要とするときがくる。
→いつかはヒロミがオレを必要とするときが来る。

由美子は両手で手を覆った。→由美子は両手で目を覆った。

noahlifeさんの持ってる本が何版の物かはわかりませんが、
おそらく訂正される前のものなのですね。

携帯の件に関しては私も届けられたと思います。
ただ、この件に関しては届けた届けないが問題なのではなく、
「犯人の一人と確定しているヒロミとピースをつなげる物証はちゃんとあるんだよ」
ということを書きたかったのではないかと思います。
そのあとで、二人が一緒にいるところの目撃者も出てきますしね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか!!??
学校の図書室で借りたのですが
たぶん初版だったと思います!!
謎が解けた・・・・。

>「犯人の一人と確定しているヒロミとピースをつなげる物証はちゃんとあるんだよ」
>ということを書きたかったのではないかと思います。
なるほど・・・。
ホント小説ってのは色々想像できて
それに人それぞれの考えも違って
なんかいいですね~~。
ありがとうございました!

お礼日時:2002/03/17 21:55

えー「いつかは、カズがオレを必要とするときが来る。


って部分ですが、これはどう考えても「カズ→ヒロミ」でないかな、と思います。
宮部さんが間違えたのか、出版者の方の間違えなのか・・・それはわかりませんけどね。

それから「由美子は両手で手を覆った。」
てところは、文章の前後関係を考えて見ると、「手を覆った→顔を覆った」ではないかな、と思います。
この文の後に、「網川をみたくなかったし、見られたくもなかった。手のひらでつくりあげた小さな闇のなかに、ほの白く浮かびあがるのは、兄の呑気そうな笑顔だった。」
顔をみたくない→目を隠す、という行為になるでしょうし、手のひら・・・から後の部分は顔を覆った時に出来る暗闇のことでしょうね。

以上が私の考えるものです。でも、小説家はどんな大逆転な発想で書いてくるかわかりませんからね・・・この二つに関しては多分ただの誤植なのであると思われます。

それから携帯電話のことですが・・・
私自身は警察には届けられた、ような気がします。
ただ、届けられたのは犯人が捕まる直前か、捕まった後なのではないかな。
犯人が捕まった後、きっと様々な物的証拠が出てくることでしょう。
その中には疑惑の(?)携帯電話も入ってるんじゃないでしょうかね?
犯人が捕まったあと、その辺に関しては詳しく書いてないから想像でしかありませんが・・・。

読後にこういうこと考えれることも、小説の楽しみですね♪

すべて私の個人的な意見ですがいかがですか?

それではすてきな読書ライフを!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりました!
返信ありがとうございます!

文章がおかしいという点kurehaさんのより
誤植の可能性かもしれませんねぇ・・・。

なるほど・・・・
そういう考え方もありですね。
そうですね!読後にも色々想像できて・・・。
ありがとうございました!

お礼日時:2002/03/17 21:52

携帯電話に関しては、そのまま子供の手にあると思われます。


手がかりは悉く警察に届かなかったということで、最後のあの
作戦でもなければ逮捕は難しかったということを書きたかったの
だと思います。
それに、携帯電話はかなり雨や川の水などにさらされて使い物にならなく
なっていると思われます。メモリを読みとるのも難しかったかも
しれませんね。

文章の不具合ですが、私にはどこかわからないですが・・。
ページを指摘して頂けるとお答えできるかもです。

この回答への補足

なるほど・・・。ありがとうございました!!!

ところで文章の事なのですが
不具合というか・・・。
下巻の84ページの下段の9行目からの1段落中にあるんですが。
いつかはカズがオレを必要とするときがくる。っていうところです。
なんか自信がないのですが
私にはちょっと意味がわからなくて。
カズではなくてヒロミではないんでしょうか・・・?
それと同じく下巻613ページ下段の後ろから6行目。
由美子は両手で手を覆ったってのです。
これはミスですかねぇ・・・??
なんか他にもあったような気がしたのですが
忘れてしまいました・・・。

補足日時:2002/03/12 09:08
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宮部みゆきの「模倣犯」

色々な人に推薦されますが、文庫で一から五まであるんですね。その価値があるのかどうかを教えてください!

Aベストアンサー

色んなサイトで立派なレビューが掲載されていると思うので、ごく個人的な意見だけ書きます。

・定価で5冊買うほどの価値はないと思います。図書館で借りるか人が読み終わったのを譲ってもらいましょう。
・人によっては内容に不快感を覚えそうです(特に上の世代に)
・何度読み返しても面白いミステリ、ではないです。(まぁ宮部みゆきはだいたいそうかな…)一気に読める内容なのでその点では手軽で良いと思います。

Q講談社や岩波の新書本(それ以外でも可)読んでみるといいもの(高1)

某県立校に通う高1です。参考までに私は法学・人文系を志望しているのですが・・・
最近、大学の2次の事もありますし、それ以上に今後のためにいろいろな本を読んでいこうと思っているのですが、国語の先生からは岩波や講談社などの新書本を薦められました。主にその辺りを中心にして(もちろんそれ以外でも)お勧めのもの、読んでみるといいものを紹介して頂きたいです(特に志望学部に拘る必要もないですが、志望学部の関連の本も読んでみるといい、とは言われました)。
ではお願いします。

Aベストアンサー

文系で。新書に絞りました。
去年たまたま目にしたものを中心にいくつか。

◆『高校生のための評論文キーワード100』中山元著・ちくま新書2005年
一般のニュースやニュース解説より、子供向けのニュースのほうがはるかによくわかる、ちょうどあれと同じ役割でしょうか。
語句の説明に留まらず、切り口から展開までを視野に入れた、高校生はもとより、社会人にとっても基本的な一書と感じます。

◆『グロテスクな教養』黒田里惠子著・ちくま新書2005年
オビに「知的マゾヒズム宣言」と惹句してあって、思わず苦笑しながら買ってしまいました。
日本近代直伝の教養主義が瓦解した現在、知性なるものに、どうアプローチしてゆくか。

◆『西洋音楽史』岡田暁生著・中公新書2005年
クラシックという世界最強の「民族音楽」の、前史(中世)から現代までの流れを一望し、
独断ではないかと問われかねない領域にまであえて踏みこんで語られた、熱く頼もしい一冊。

◆『ウェブ進化論』梅田望夫著・ちくま新書2006年
また新たなウェブの大変化を予感させる、今まさにここでの動き。グーグルの発想と戦略。
これらはきわめてアメリカナイズな、行動主義の産物なのかもしれません。

◆『ルノワールは無邪気に微笑む』千住博著・朝日新書2006年
アーティストたろうとすることへの心意気が小気味よく伝わってきました。
芸術一家のカナメに位置するご母堂がある真剣な問いかけをしていることに対しての、ひそかな解答が内包されているようです。

最後に、ことに印象深かったものとして記憶に残る、
◆『寝ながら学べる構造主義』内田樹著・文春新書2002年
を挙げておきます。

文系で。新書に絞りました。
去年たまたま目にしたものを中心にいくつか。

◆『高校生のための評論文キーワード100』中山元著・ちくま新書2005年
一般のニュースやニュース解説より、子供向けのニュースのほうがはるかによくわかる、ちょうどあれと同じ役割でしょうか。
語句の説明に留まらず、切り口から展開までを視野に入れた、高校生はもとより、社会人にとっても基本的な一書と感じます。

◆『グロテスクな教養』黒田里惠子著・ちくま新書2005年
オビに「知的マゾヒズム宣言」と惹句してあって、思わ...続きを読む

Q『模倣犯』

 今、模倣犯を読んでいる最中なのですが、その文章中(上巻P543)に
『被害者には、梯子や階段を見せちゃいけないそうなんだ。見たら、絶対にのぼったり近づいたりしないから』
という1節があるのですが、これはどういう意味なのでしょうか??どういう心理が働いているのですか??イマイチ理解できないので教えてくださいm(_ _)mよろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。

私もNO.2さんの考え方でいいと思います。

確かそこは女子高生を家に帰してあげるって言って、シャワーあびさせて食事させて外にでるよってとこで首吊りさせたんでしたよね?
誘拐された人間としては自分がいつ殺されてもおかしくない状況で、危険と感じるとこには一切近寄らないと思うんです。階段や梯子など高いところは突き落とされる危険があるから心理的に近づきたくないと思うわけで・・・

この女子高生に先に階段をみせてしまっていたら、やっぱり警戒して階段のほうには近寄らなかったと思うので、殺人計画が狂っていたかもな、なんて思います。

Q模倣犯

宮部みゆきさんの『模倣犯』は文庫本化されないのでしょうか?
一般的に、初版より何年後に文庫本化されるとか定義はあるのでしょうか?
是非読みたいのですが、あの重さを考えると通勤に持ち歩くのは不便で、文庫本化されるのをひたすら待っているのですが・・・。

Aベストアンサー

文庫化の時期ですが、一般的に言えば、単行本が売れている間は、文庫化しないことが多いでしょう。
単行本の売れ行きが一段落したところで文庫化という感じです。映画化やドラマ化時にあわせて文庫化ということもありますが、今回は、既に映画になってますから…。

で、単行本の売上を見てみると、Amazon.co.jpの売上ランキングで、
上巻が3万番台、下巻が2万番台ですから、そろそろかもしれませんね。

Q模倣犯の・・・

宮部みゆき氏の 「模倣犯」を最近読みました。
で、確か この本は前作があるって聞いたのですが
それが思い出せません。
ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

後作なら、「R・P・G」ですが・・・。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報