建築基準法上工場等の規定にある原動機とは何を指すのか具体的に教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 以前私が照会したときは、人力等によるもの以外で工場用に使用するもの、というような回答を受けたように記憶しています。

建基法や施行令施行規則に明示されていない場合は、建築主事判断になると思われ、建築確認については地方自治に委ねられているところが多いため、判断が個別具体的になることと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建築基準法の道路斜線

建築基準法の道路斜線なのですが、例えば3つの道路に面していれば、それぞれに対して規制がかかることになるのでしょうか?

Aベストアンサー

はい、そのとおりです。
それぞれの幅員に応じて、用途地域で定められた傾斜の道路斜線がかかる事となります。
建築基準法には、道路斜線の他、隣地斜線、低層住居系の用途地域にあっては北側斜線の規制があります。
ご参考まで

Q分譲マンションの鉄骨階段を更新するには、建築基準法等の法規定がありますか

築後35年を経過した分譲マンションに居住しております。
建物の外に鉄骨階段が2基あります。階段の踏み板が撓む様になりました。そこで、現場診断(補修か、更新かの計測・判断)をする業者探しから開始する所存です。
近隣の鉄工所で聞いたところ、建築基準法に、修理、更新等に規定があるか否かを調査した方が良いとの助言がありました。
5階と6階分の鉄骨階段です。
アプローチ要領等、教えて下さい。
現在、高額支出の修繕工事を実施中ですが、一級建築士に現場調査、施工計画図の作成、及び、施工監理の業務を委託した。が、全て、未履行でして、全て、元請けに丸投げです。工事推進体制は、この元請け経由複数の下請け業者経由複数の人材派遣会社経由宿主別外国人役務者と言う多重構造です。
この様な形態(無駄な支出)を回避したい。
地元の業者に委託するのが得策だと実感しております。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

建築物の主要構造の変更を伴って修繕・改造を実施する場合は、『大規模な改修』とみなされ、建築確認申請が必要となります。
今回は階段を根本的に改修するようですから、外部階段の改造が『大規模改修』等に該当するのか調査した方が良いというアドバイスであると思います。
No.1のかたの言うように、当該地域の行政(県・都・市等の建築指導課)で個別のケースで確認するしか無いと思います。

それから、建設業ではいわゆる重層の請負体制は特殊なことではありません。
工事全体を進捗させる為には多種多様の専門業種の調整業務が欠かせません。元請業務は工事をめぐるさまざまな事柄について総合的に纏める業務です。複数の業者(新築で多ければ数十社以上)が勝手に打ち合わせて仕事をできるはずがありません。
また、ご存知のような施工図面を作成や現地調査・工程管理や、現場における統括安全衛生についての責任もあります。決して無駄な出費でなく、必要経費と考えた方が良いです。(ためしにご自分でやってみてたら判ります)
それから一級建築士とは設計事務所のことですか?
この場合の設計事務所は基本的にコンサルタント業務だけでしょうからご質問についての行政庁との調整をする事が仕事です。また工務店の仕事に関して発注者の変わりに専門家として監修する必要があります。
いずれにせよ信頼できる設計事務所・工務店でないと後悔することもありますのでご注意下さい。

建築物の主要構造の変更を伴って修繕・改造を実施する場合は、『大規模な改修』とみなされ、建築確認申請が必要となります。
今回は階段を根本的に改修するようですから、外部階段の改造が『大規模改修』等に該当するのか調査した方が良いというアドバイスであると思います。
No.1のかたの言うように、当該地域の行政(県・都・市等の建築指導課)で個別のケースで確認するしか無いと思います。

それから、建設業ではいわゆる重層の請負体制は特殊なことではありません。
工事全体を進捗させる為には多種多...続きを読む

Q建築基準法で道路に2m以上接道していること。しかし、道路までの長さが長

建築基準法で道路に2m以上接道していること。しかし、道路までの長さが長い場合は3m以上接道していること。とありますが、これは何m以上を差すのでしょうか?

Aベストアンサー

ぶしつけながら前の方の説明に補足します。
いわゆる「敷地延長」のケースとお見受けします。
古い記憶で恐縮ですが、東京都の場合には延長部分が10メートルを超えた場合に同様の制限がありました。
このような規制は自治体ごとに条例や指導要綱などの形で設けられております。最近では法の意図に沿って接面する道路を6メートルとする規制を採用している事例も出ております。
建築が決まっているのであれば建築士にお任せできますが、どうしてもご自分で調べなければならないのであれば役所の窓口へ図面を持って相談に行くことをお勧めします。誤解がなく、手っ取り早く、納得のいく結果が得られます。

Q伝統的家屋(日本建築や和風建築)が廃れたのは何故なのでしょうか。

日本国で伝統的家屋(日本建築や和風建築)が廃れたのは何故なのでしょうか。
畳かフローリングのどちらが良いかという話なら生活スタイルの問題もあるとは思うのですが。
外観までが無秩序というのか、日本的で無いというのは何故なのでしょうか。
教えてください。

Aベストアンサー

確かに、都会で狭い土地しか手に入らない所は、下屋も無く上も下も同じサイズで変化ない家が多く成って居ます。
しかし、郊外で広い土地で十分なお金を掛けた家は、昔ながらの風情を保っています。
つまり、狭い日本で多くの家を建てるには、外観の風情を昔の様な形に保つことは無理なのでしょう。

Q建築基準法第42条第2項道路について建築許可を取るために、道幅も広げ、

建築基準法第42条第2項道路について建築許可を取るために、道幅も広げ、建築図面も規定どおりにしているにもかかわらず、建築審査会が、いろいろと指摘をしてきて、許可に同意をしないのですが、これは権力の乱用では?

Aベストアンサー

42条2項道路で建築審査会が出てくるのですか??
42条2項道路は法以前の道路で幅員が4mに満たない道路で昔指定されたものです。
審査会というのは、通常建築確認が許可できないような案件に対し指導、許可など与えるもので、あまり想像が付きません。
審査会を通さなければ建築確認の許可が得られないようであれば、書いておられる条件のほかに何か決定的な不備要件等あると思いますが・・・・
42条2項道路で、事前協議(対抗地と両隣)が済んでいるのであれば、その敷地図(有効宅地の)で建築法規をクリアすれば良いだけだと思います。
地域性で違うのですかね?当方政令指定都市で営業している不動産業者ですがその様な2項道路での経験はありません。(審査会を経て許可を得た経験はあります)
どのような指摘をされたのでしょうか??
それが無いと建築士の方などもお答えのしようがありません。

Q「子どもたちに夢や希望を与える」 の夢と希望は具体的にどのようなものを指しているんでしょうか?

こんにちは。

よく「子どもたちに夢や希望を与えるストーリー」などの言い回しがありますが、

この場合の夢と希望は具体的にどのようなものを指しているんでしょうか?

※ 「夢や希望」「夢と希望」とも言いますね。
※ 子ども関係でない場所でも使われますが。

個人的には、”夢"とは想像力の育成(育むチカラ)のようなものなのかなあと思っています。

そう考えると、"希望"が説明できません。

ベクトルが違うものなのでしょうか。
(言葉が生まれた時代背景が今とは違うのでしょうか。)

どういうものとどういうものを与えると言う事なんでしょうか。

推察や自己流解釈でも構いませんので教えてください。

Aベストアンサー

私もA1さんと同じ回答を考えましたよ。そういう質問になっています。

お礼の補足から回答すると、
「希望」は、言い換えると「夢」になります。
「夢」は言い換えると、「希望を持てる夢」です。
ふたつでペアで、ほぼ同じ意味です。

夢を叶えさせる希望を持たせる。
支離滅裂な破綻した、夜寝て見る夢とは違う事。
経験のない子供の知能には、物事の全体を把握する経験がないので、継続した世界観がないのです。
だから、子供に大人が示すことは、道を照らす事。
道を教えてしまっては、道順の景色しか見ることはできません。

夢や希望を与えるストーリーというのは、子供に世界を提案する事ですし、世界全体の見聞を広めさせるということ。

Q建築基準法43条但し書き道路について

建築基準法43条但し書き道路についてお聞きしたく、書込みしました。

10年程前、元々田だったところに3F建てのマンションを建築しました。その際、
計画地の西端に将来私が家を建てる事を見越し、親が35坪程度の空き地を確保して
くれていたのですが、この程私が家を建てる事となり、某住宅メーカーに相談した
ところ、私の建築計画地に接道している道路が建築基準法の42条道路では無いことが
判明しました。

ただ、住宅メーカー曰く「43条但し書き道路として申請すれば何とかなる可能性がある」
との事でしたので、ある程度プランニングした上で市の建築指導課に第1回目の協議に
行ったのですが、結論としては「基本的に認められない」という事でした。

市の担当者曰く、「43条但し書き道路というのは、以前から建っていた建築物を建替え等
する際に、42条道路に接道していないからという理由で建替え出来ないという事態を
救済する為にある制度であるので、新たに家を建てる事案についてはこれまで認可して
いない」との事でした。

しかし、私がWebで43条但し書き道路について調べたところ、
「その敷地の周囲に広い敷地を有する建築物その他国土交通省令で定める基準に適合する
建築物で、特定行政庁が交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めて建築審査会の
同意を得て許可したもの」
とあり、市の担当者が云う内容と異なっているように思いますので、納得がいきません。

そこで私がお聞きしたいのは、

(1)市の担当者が云う内容は43条但し書き道路について正当なロジックなのか
(2)43条但し書き道路の認可基準について市町村毎のローカルルールが存在するのか

の2点についてご教示頂きたいと思います。

ちなみに私が協議に行ったのは、大阪府の吹田市役所です。

わかりにくい文章で恐縮ですが、よろしくお願い致します。

建築基準法43条但し書き道路についてお聞きしたく、書込みしました。

10年程前、元々田だったところに3F建てのマンションを建築しました。その際、
計画地の西端に将来私が家を建てる事を見越し、親が35坪程度の空き地を確保して
くれていたのですが、この程私が家を建てる事となり、某住宅メーカーに相談した
ところ、私の建築計画地に接道している道路が建築基準法の42条道路では無いことが
判明しました。

ただ、住宅メーカー曰く「43条但し書き道路として申請すれば何とかなる可能性がある」
との...続きを読む

Aベストアンサー

(1)正当なロジックではないでしょう。法43条を見てもお解かりの通り、既得権的な要素とは無関係です。しかし今回の件に限らず、条文と実際の解釈・運用が異なることなどいくらでもありますよね。
今回の件は、「もともと基準が曖昧なものに対して許可を与え、前例を作ることを嫌う」という役所の体質が出ているだけでしょう。なので、その壁を破るのは少々難儀ではあります。

(2)それはあります。「建替えに限る」という許可基準があるのでしたら、見せてもらったらどうでしょう?恐らくそんなことが書かれたものはないと思いますけど。

真剣にやるなら可能性はあると思いますね。
しかし、43条但し書き許可を受けられる条件を具備していなければ始まりませんよ。
42条道路ではないというその道は何なのか?幅員は?敷地との接道長さは?その道と公道との相隣関係は?
そういう部分が大切です。

Q就業規則、給料規定等について

はじめまして
私は小さな会社に勤める者です
相談内容は
現在会社は、社長、私、営業3人 パート3名 計8名の会社です
現在では 社会保険、雇用保険、賞与があります
一応の規定はあるのですが、社長がいろいろなセミナーで
やはり小さな会社でもコンプライアンスは絶対に守るものだと
いわれ不備の部分を補う担当に私がなりました
いろいろ調べてみるとあまりにも現実とかけ離れていて
下記の内容について
同じ規模位の会社では皆さんどのようにしているのか教えて下さい

休日(法定の基準を満たしているのか)
パートの社会保険(現在未加入です)
有休の実態(パート及び正社員)
賞与の規定(現状さじかげんなので、明確な規定があるのか)
退職金の規定(現状ありません)
残業について(営業職以外は25%増で計算しています、しかし
       上限などはありません)
休日出勤手当て(現状ありません)
社員旅行(年一回 全員でいける場所に行っています)

その他いろいろな手当てや法的な整備が必要な事はわかっていますが
板ばさみの状態で確かに正しい形にして行くというのはわかっているの
ですが、導入することによりかなりのコスト増になる事はパートを含め分かっています。その中の一人に確かにうれしいことだが
現状取り入れて一年後やっぱり出来ませんは困るし、コスト増により会社自体が無くなってはもっと困ると言われ確かにと思う部分もあります

皆さんの現状を教えて下さい

はじめまして
私は小さな会社に勤める者です
相談内容は
現在会社は、社長、私、営業3人 パート3名 計8名の会社です
現在では 社会保険、雇用保険、賞与があります
一応の規定はあるのですが、社長がいろいろなセミナーで
やはり小さな会社でもコンプライアンスは絶対に守るものだと
いわれ不備の部分を補う担当に私がなりました
いろいろ調べてみるとあまりにも現実とかけ離れていて
下記の内容について
同じ規模位の会社では皆さんどのようにしているのか教えて下さい

休日(法定の基準を満...続きを読む

Aベストアンサー

休日(法定休日は107日及び国民の休日)
パートの社会保険(出勤率だったような。強制ではない。)
有休の実態(有給です。入社後半年で10日以後・・・・HP参照)
賞与の規定(賞与は規定なしです。)
退職金の規定(基本給より試算します。規定は内規です。)
残業について(8時間越え25% 深夜25%)
休日出勤手当て(135%で計算→10000→13500)
社員旅行(福利厚生なので、事業所の半分が参加すれば福利厚生費)
なくても、構わない。(日数を消費する為、寸志を渡す会社も多い)

殆どが、HP参照すれば、わかることです。
有給は二年間プール出来ますが、三年たてば、一番古い年度が無効。
最大40日まで溜まります。

大企業では、日給換算して買取。
零細では、107日の休日を決めて、土曜日消費させることで解決。
(52週×2=104日) 
夏季休暇・年末年始も内規です。(銀行などはありませんから)
なので、夏季4日・年末5日あれば、107-9=98日を設定します。

年間6日間の土曜日を出勤日として、有給を消化させたりします。

休日(法定休日は107日及び国民の休日)
パートの社会保険(出勤率だったような。強制ではない。)
有休の実態(有給です。入社後半年で10日以後・・・・HP参照)
賞与の規定(賞与は規定なしです。)
退職金の規定(基本給より試算します。規定は内規です。)
残業について(8時間越え25% 深夜25%)
休日出勤手当て(135%で計算→10000→13500)
社員旅行(福利厚生なので、事業所の半分が参加すれば福利厚生費)
なくても、構わない。(日数を消費する為、寸志を渡す会社も多い)

殆どが、HP参照すれ...続きを読む

Q建築基準法第42条第2項(みなし道路)について

建築基準法第42条第2項についてお尋ねします。

義父の土地を売却することになり、買い手も見つかりました。
しかし突然、みなし道路というものが出てきて切羽詰っています。
道路に面した義父の土地の裏に、別の方の土地があります。
この2つの土地にみなし道路が作られていました。
裏の土地の持ち主も、もちろんそんなことになってるとは知らなかったようです。

この2つの土地の奥には、ある地主の借家が多数あり、そこの住人が義父の土地を通るので、
その地主とちょっとしたいさかいもあり、門扉をつけたこともあったそうです。(現在はありません。)

すぐそばに十年ほど前にハイツができたのですが、
裏口を作らないとダメという基準があるのでしょうか、
そのときに勝手に道にされたようだと聞きました。

役所側には「自分の土地が確認できて門扉がある写真があれば取り下げる」と言われたそうですが、
そんな写真が存在するやらどうやら・・・

固定資産税はもちろんすべての土地に対して支払っています。
みなし道路というのはいつのまにか勝手に作られてしまうものなのでしょうか。
持ち主には一切知らされず、泣き寝入りなんでしょうか。

拙い文章で申し訳ございませんが、お知恵をお借りできたらと思います。
よろしくお願いします。

建築基準法第42条第2項についてお尋ねします。

義父の土地を売却することになり、買い手も見つかりました。
しかし突然、みなし道路というものが出てきて切羽詰っています。
道路に面した義父の土地の裏に、別の方の土地があります。
この2つの土地にみなし道路が作られていました。
裏の土地の持ち主も、もちろんそんなことになってるとは知らなかったようです。

この2つの土地の奥には、ある地主の借家が多数あり、そこの住人が義父の土地を通るので、
その地主とちょっとしたいさかいもあり、...続きを読む

Aベストアンサー

先ず、法務局へ行って公図を確認しましょう。

「義父の土地と別の方の土地」とありますが、2つの土地(宅地)の間を、長年の間に人が通り続け、道路でもないのに道路形態が出来たということなのでしょうか?? そして、そこには借地承諾も何もないのでしょうか??
公図には、道路として独立した(文筆された)筆はないのでしょうか?? 周囲の謄本も併せて取りましょう。

通常道路形態としては、赤道などとしてのものが公図には残っています。それがあれば、2項道路と判断されても仕方ないでしょう。
全くの宅地と宅地の間に、許可も無く通路形態が作られてしまったなら、貴方の権利を行使しても良いでしょう。
そんな事を確認もせずに「道路として扱う」などということは、完全な役所のミスというよりも、道路ではないでしょう。その、通路部分が文筆されていて、「公衆用道路」とでもなっていれば別ですよ。

大事なのは、公図、謄本の登記状態です。現況がそうであっても公図の復元を要求しましょう。もし、道路が必要だと言ったら、高値で市に買い取ってもらいましょう。それ以外は、引く必要は無いでしょう。

先ず、法務局へ行って公図を確認しましょう。

「義父の土地と別の方の土地」とありますが、2つの土地(宅地)の間を、長年の間に人が通り続け、道路でもないのに道路形態が出来たということなのでしょうか?? そして、そこには借地承諾も何もないのでしょうか??
公図には、道路として独立した(文筆された)筆はないのでしょうか?? 周囲の謄本も併せて取りましょう。

通常道路形態としては、赤道などとしてのものが公図には残っています。それがあれば、2項道路と判断されても仕方ないでしょう。
全くの宅地...続きを読む

Q喫茶店の階段幅・通路幅は消防法や建築基準法で決まってるのですか?

全国チェーンの有名なカフェ(コーヒー喫茶店)で、階段幅、通路の幅が大変狭く、火災などの非常時には大丈夫かと気になりました。
法的に幅の定めは無いのでしょうか?
その店はカウンター、厨房、レジが1階に、客室は半地階と2階にあります。

Aベストアンサー

うろ覚えですが、決まっています。

上記物件は、不特定多数が利用する施設の扱いになると思いますが、通路幅は、決まっているはずです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング