AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

ゴールドマンサックスに興味をもっており、インターネットで調べたところ、社員の平均年齢が30代前半ということに驚きました。彼らは30代前半でクビになることが多いのでしょうか…?またもしそうだとしたら、彼らはその後、どういう経緯をたどるのでしょうか…?いくら若くして数千万~数億の富を得ても、常にクビのリスクが大きいのならば、安心して毎日の仕事に従事できるのでしょうか…?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

外資系全般に言えることだと思いますが・・・少なくとも私が知っている限りでは非常に「実力主義」で、同業他社からのヘッドハンティングも結構多いので、30代前半でもかなりの年収である場合が多いようです。

たまたま平均年齢は30代前半なんでしょうが、それ以上の年齢の従業員だってたくさんいるはずです。30代前半でクビになる事が多いわけではないと思います。また、他社にヘッドハンティングされるなどもあって、必ずしもクビで会社を去る、と言うだけではないと思いますよ。
ただ、実力主義なので実績を残せないと解雇されることはあるでしょうが。

実力主義の会社にあってる人たちにとっては、そう言う環境は、私たちが考えるよりも居心地のいい仕事環境なのかもしれません。
それに実力主義でも、そうでない会社でも解雇の恐怖というのは、いつなん時自分に降りかかるかわからないわけですし。
    • good
    • 0

何かの雑誌で読んだので、うろ覚え+受け売りで書きます



・社員は数年で辞める事が多い
・早朝~午前様の勤務は当たり前
・新卒は殆どが東大卒、もしくはそのレベル
・年収は社員内でもアンタッチャブル

辞めても優秀な方が多いですよ、マネックスビーンズの社長である松本氏、サラリーマンで年収100億の清原氏もGSのOBです。

もちろん、外資系なので数字出せなければクビと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング