写真のセルフ現像所があるというのを確か昔にテレビで見たような・・・?
普通の写真屋さんでは、H写真を現像してもらえないですよね。
自分で現像できるところがあれば。と思って探しています。
横浜、東京でそのような場所をご存知の方情報を提供してください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

当然他人には見せないわけですから、プライベートな写真ということなら有りますよ。



新宿西口1分
レンタルラボ&スタジオ
KAZU107
電話 03-3342-0108
受付時間 11:00-19:30
水曜休み

全台モニター付です。
料金も思ったより安いと思いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

情報提供ありがとうございます。
ikkyu3さんは、このお店を利用した事があるんですよね?
このお店は、女性一人で行っても大丈夫でしょうか?
料金などは、お店に電話して聞くことができますが、
お店の雰囲気まではちょっと聞けないので
もし、ご存知でしたら教えてください。

お礼日時:2002/03/19 04:19

私自身は利用したことが無いのです。

又聞き情報で申し訳ありません。
雰囲気までは分りませんが普通のカメラマンが行くところですので、女性一人でもできますか、という感じで聞いて見れば、電話の対応からある程度判断できるかもしれません。
一般論ですが、最近はプロもアマチュアも女性のカメラマンが沢山居られます。
    • good
    • 0

 白黒ならともかくカラーはそう簡単にプリントできませんよ。

RGBの色補正(CMY)は熟練の勘が必要ですし。そういうフィルムは闇で現像してくれるとこがありまして、町の中の写真屋ではしてくれません。超過激な内容のアダルト雑誌(一般書店では売ってない)に広告として掲載してることがあります。これ以上は書けません。お許し下さい。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHな写真を現像

友達とふざけてHな写真を撮りました
だけどその写真を普通のお店に持っていくと
渡される時などにこれでいいですか??
と、いわれるのが恥ずかしいんです
それで
どこで現像すればいいんでしょうか??

Aベストアンサー

元カメラ屋で働いていた者です。
Hな写真はどのお店でも同時プリントしません。

現像してプリント機に通すとコマごとに画像が出てきます
その時点でいかがわしいものだと飛ばします。
またもしプリントしたとしても検品の段階でミスプリとされます。

どうしても欲しいのならデジカメでとって自分の家のプリンターで印刷されては?


コンビニでだしても結局はフジカラーとかに出しますのでその段階ではじかれますよ

Q自分でフィルムを現像する方法

35mmのフィルムで撮った写真を自分で現像・プリントしたいと考えているのですが、薬品や機材はいくらぐらいするのでしょうか。また、暗室を作るのにはどうしたらよいのでしょうか、教えてください。

Aベストアンサー

最低限必要なのは、
1.フィルム現像
フィルムピッカー:パトローネ(フィルムのケース部)に入ってしまったフィルムを取り出す道具 1300円程度

現像タンク:フィルムを現像するときに使うタンクで通常は丸型、中でフィルム同士が引っ付かないようにするための方法によって
中身が違う。はじめはフィルム式が楽だが片溝式が慣れると楽かも。3000から4000円

各種薬品:現像液、停止液、定着液が必要。いろいろ在りますが、まあ1袋数百円程度です。現像液の交換頻度が一番高い。
いざとなれば停止液は要りません。

保存タンク:薬品を保存するためのタンクです。専用のものがよさそうです。これも数百円程度、停止液は使い捨てなので、フィルム用に2つ在ればよいです。

計量カップ:得に専用のものでなくても、料理用などで十分です。ただし2Lまで量れるものが便利。薬品は粉末や濃縮状態のもの
が多いので、これで薄めます。これは1000円しないとです。

温度計:上記の薬品はお湯で溶かすことが多い上に、薬品の温度で現像などの時間が異なるため必須です。
100度まで計れるものであればなんでもいいです。

漏斗:これも何でもいいです。薬品をタンクに戻すときに使うだけ。いざとなればなくてもよいです。

ダークバック:これも暗室があれば不要です。明るいところで作業するためのもので、首の穴がない長袖シャツみたいなものです。

フィルムであればこれぐらいあればよいかと。


プリント
印画紙:これは必須です。必要に応じて購入してください。数千円単位ですが全紙サイズになると結構高いです。
表面にコーティングのないバライタ紙、コーティングありのRC紙があります。通常はRC紙でよいかと。

バット:薬品を入れてこれに印画紙を漬けます。現像、停止、定着、水洗の4つがあるといいです。

引き伸ばし機:スライド映写機のように。フィルムの画像を印画紙に焼き付けるものです。値段はばらばらで安くても3万円程度
はします。レンズとタイマーは別売りなのでさらに各1万円はプラスになります。
引き伸ばせるサイズとカラーへの対応で値段が異なります。高いものは数十万円しますね。

イーゼルマスク印画紙を綺麗に平面に固定するためのものです。相場は3000円前後でしょう

ピンセット:薬品に触れずにやるにはこれが必要。竹のものとプラスチックのものが在ります。数百円程度ですね。薬品が混ざら
ないように薬品ごとに用意してやるのが普通です。

各種薬品&ポリビン:フィルムとは薬品が違うので、プリント用に用意してやる必要があります。値段は大体同じです。停止液は同じです。

フォーカスルーペ:熟達した人には不要ですが、普通は必要です。引き伸ばしの際、ピントがちゃんと合っているか確認するため
のものです。安いやつで十分なので2千円程度です。

セーフライト:テレビとかのシーンに出てくる赤いやつです。モノクロの印画紙は赤色に反応しないので、これを使って作業します。
ないと暗くて難しいです。フィルムはしっかり赤色にも反応するのでフィルム現像のとき使うとフィルムが死にます。3000円程度です。

まあ、おそらくこのぐらいだと思います。

ただ、ここで述べているのはすべて「白黒フィルム」の現像とプリントの話です。

カラーは、それぞれの値段が高い上に、温度管理などが厳密なので非常に難しいです。素直にお店に出しましょう。

暗室ですが、一番よいのは風呂場ですね。光を遮断しやすい上に現像時に大量に必要な水が確保しやすいですから。

水洗のみ外でやるのであれば押入れでもいけます。
必要なのは、光を遮断すること、水があること、電気が使えることです。
ただし、現像液とかのにおいはかなりきついので、密閉すると危ないです。

最低限必要なのは、
1.フィルム現像
フィルムピッカー:パトローネ(フィルムのケース部)に入ってしまったフィルムを取り出す道具 1300円程度

現像タンク:フィルムを現像するときに使うタンクで通常は丸型、中でフィルム同士が引っ付かないようにするための方法によって
中身が違う。はじめはフィルム式が楽だが片溝式が慣れると楽かも。3000から4000円

各種薬品:現像液、停止液、定着液が必要。いろいろ在りますが、まあ1袋数百円程度です。現像液の交換頻度が一番高い。
いざとなれば停止液は要り...続きを読む


人気Q&Aランキング