イラストレータで作ったファイルをラスタライズするのに、デフォルトが24bitカラー固定で、変更が出来ません。
8bitにしたいのですが、どこか設定箇所があるのでしょうか?
フォトショップでも24bitでラスタライズした物を8bitに減色しようとしましたがそれも分かりませんでした。
ペイントで減色するとOSの持っているセーフティーカラーを元に減色されるので、色が別物になってしまいます。
イラレや、フォトショップにパディのような対象の持つ色を元に減色するようなアルゴリズムのフィルタ機能はないのでしょうか?

A 回答 (1件)

まず、イラストレータで一旦GIF形式へデータ


の書出しを行います。
その後、フォトショップでそのファイルを開き
BMPへ複製を保存すると一応8bitカラーになると
思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPhotoshop で8bit /チャンネル と 16bitどちらを選ぶべき?

Photoshop 6の、イメージ→モードで、CMYKカラーやRGBカラーを選択しますが、同様に8bit /チャンネル, 16bit /チャンネルというものがあります。これはどちらを選んでおくべきでしょうか?
使用目的としては、photoshopで写真をレタッチしてから保存し、それをイラストレータに配置して印刷会社に出します。

Aベストアンサー

レタッチの内容とパソコンのスペックで使い分けて下さい。
8ビットと16ビットの違いは、階調数の違いです。たとえば1チャンネル当たり白から黒まで8ビット階調で表すなら2^8=256階調使えますが、16ビット階調なら2^16=65536階調使えます。チャンネルはRGBやCMYKのそれぞれのプレーン(RGBなら3原色だから3つ・CMYKなら4原色だから4つ)に相当します。
写真の明るさやコントラストなどを調整したり、色の濃淡をいじると、トーンジャンプを起こします。修正の前後でトーンカーブを見比べると一目瞭然ですが、修正後はトーンカーブが櫛の歯状になり画像の階調が失われたことがわかります。櫛の歯の山と山の間ではグラデーションが滑らかにつながらず、色の段差が発生するのです。軽い補正ならまずわかりませんが、大きく補正した場合にたとえば青空の緩いグラデーションに色の段差が見えることがあります。
16ビット階調のメリットは、このトーンジャンプを軽減できることです。16ビットモードに変換してから補正すると、トーンカーブのでこぼこが小さくて済みます。階調がほとんど失われずに画像補整が可能になります。
デメリットとして16ビット階調の方が当然データ量は倍になるので、パソコンに負担がかかります。また16ビット階調の画像を扱えるソフトは多くはないので、他の人にデータを渡す場合は、補正後に8ビットに変換して戻しておく必要があります。
Illustratorに配置する場合も8ビットに戻して置く方が無難です。

レタッチの内容とパソコンのスペックで使い分けて下さい。
8ビットと16ビットの違いは、階調数の違いです。たとえば1チャンネル当たり白から黒まで8ビット階調で表すなら2^8=256階調使えますが、16ビット階調なら2^16=65536階調使えます。チャンネルはRGBやCMYKのそれぞれのプレーン(RGBなら3原色だから3つ・CMYKなら4原色だから4つ)に相当します。
写真の明るさやコントラストなどを調整したり、色の濃淡をいじると、トーンジャンプを起こします。修正の前後でトーンカーブを見比べると一目瞭然ですが、修...続きを読む

QillustratorのBMP書き出し

先方からMacでいただいたイラストレーターのデータをBMPに出力したいのですが、書き出し→BMPで行うと、

アンチエイリアスを指定した場合は画像の境界線などがぼけてしまう
アンチエイリアスを指定しないと、フォントがひどくくずれる

といったようになってしまい、困っています。
イラストレーターで見ているそのままを出力したいのですが……

イラストレーターを開いて、プリントスクリーンでスクリーンショットを撮って、それをつなぎあわせる、というような非効率な方法しか私には思いつきません。
どなたか良い方法をご存知でしたら、是非ご教授をお願い致します。

使用しているのはWindows XP SP2、illustrator CS3です。

Aベストアンサー

>アンチエイリアスがかかると画像と画像の境界線がぼけてしまい

ということは最終的にGIFで背景を透明にするということでしょうか?
それとも張り合わせるときに・・・かな?
でしたらイラストレーターにもWeb用に保存の機能があるのですから
こんな作成方法はいかがですか?

書類をRGBで新規作成。
「環境設定」の「単位・取り消し」で単位をすべてピクセルにしておく。
「画面メニュー」から「透明グリッドを表示」
「画面メニュー」から「ピクセルにスナップ」
「画面メニュー」から「ピクセルプレビュー」
書類の名前がタイトルバーに表示されていますがその横に倍率が%で
表示されています。確認しながらCtrl++とCtrl+-で倍率を100%に
してやると実寸で確認できます。
これでほぼ完成後と同じ状態で作業できます。

製作中、背景に色を入れる場合長方形を作成、そこに色をつけて
背景にします。「ピクセルにスナップ」が効いているのでアンチエイリアスは指定しても、境界はぼけないと思います。

作品が完成したら
塗りも線も無い長方形で作品を囲みます。
(これで作品に少し余白をつけてやります。)
「ファイルメニュー」>「Web用に保存」
ウインドウでGif保存を選び。「透明部分」のチェックで
背景を透明化できます。
画像タブをクリックするとアンチエイリアスの設定ができます。

>アンチエイリアスがかかると画像と画像の境界線がぼけてしまい

ということは最終的にGIFで背景を透明にするということでしょうか?
それとも張り合わせるときに・・・かな?
でしたらイラストレーターにもWeb用に保存の機能があるのですから
こんな作成方法はいかがですか?

書類をRGBで新規作成。
「環境設定」の「単位・取り消し」で単位をすべてピクセルにしておく。
「画面メニュー」から「透明グリッドを表示」
「画面メニュー」から「ピクセルにスナップ」
「画面メニュー」から「ピクセルプ...続きを読む

Qイラレで背景の色を変更するにはどうしたら良いですか?

イラレで背景の色を変更するにはどうしたら良いですか?


イラレで、通常、背景の色は白色に設定されていますが、
これを変更するにはどうしたら良いのでしょうか?

また、bmpやjpgといった画像ファイルに出力するときにも
背景は白色で出力されます。
これの色を変更するにはどうしたら良いですか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Illustratorには背景色という物が存在しません
印刷物を制作する場合普通は白い紙に印刷するからでしょうねキット
四角を書いて一番したに置きご希望の色にして下さい


人気Q&Aランキング