うちは完全室内飼いの猫(♀1歳)がいます。
猫と一緒に暮らしていらっしゃる皆さんにお聞きしたいのですが、
猫は蚊にさされると良くないと聞きました。
ですが、どういうふうに良くないのかわかりません。
病気になったりするのでしょうか?
また、蚊対策などをあわせて教えていただければ有難いです。
たまに室内で蚊がいるのを見るので、うちでは低刺激のノーマットを使っているのですが。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

犬が蚊に刺されて感染するポピュラーな病気に「フィラリア」があるのですが、


猫も稀にですがこのフィラリアに感染することがあります。

もともと犬に寄生する虫なので猫には感染しにくいのですが、
猫は犬に比べて心臓が小さいため、万一感染してしまったとき
2、3匹でも重篤な状態になることが多いのです。
また、犬と違って心臓だけでなく神経系にまで虫が入り込んでしまうことが
あるため、「猫は蚊に刺されるとよくない」と言われるのはそのせいだと思います。

蚊対策としては頻度が低いのならノーマットでも構わないと思うのですが、
一般的な蚊取り線香や殺虫剤に含まれる、殺虫成分としての合成ピレスロイド系薬剤は
時に小動物に強い中毒症状を起こすこともありますので、
家では、ペットショップやホームセンターで売っている除虫菊や除虫草を
殺虫成分として使用している犬用の蚊取り線香をつけています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすいご回答有難う御座いました。
猫には感染しにくいというのは少し安心しましたが、
万一のことを考えて、これからはさらに気をつけるようにします。
また教えていただいた犬用の香取線香、
うちでも使ってみようかと思います。
本当に有難う御座いました!

お礼日時:2006/08/30 14:00

一番の問題はフィラリア症だと思います。


犬では比較的有名で、毎月薬を飲ませている方も多いですが
猫にも発症します。

■フィラリア症

【病原】犬糸状虫と呼ばれる線虫類 フィラリア

【感染経路】フィラリアが寄生している動物の血を吸った蚊に刺されること

【病気】免疫が強いので、あまりフィラリアにはならない。心臓に寄生し血管を塞ぐこともある。呼吸器・循環器系に影響を及ぼす。犬は慢性症状になり長期病気と付き合っていけるが、猫は特に肺に影響して急性症状をあらわすことが多く、感染が進むと呼吸困難を起こして死亡する。心臓にまで感染するケースは低く、寄生数も少ない。

【症状】軽い咳から始まり、感染が進むと腹部の膨らみ(腹水)、失神、胸水など。

【対策】蚊の多い場所に行かない。猫のフィラリア予防薬で予防薬もあるにはある。

【治療】薬剤で駆虫するか手術で虫を取り出す。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご回答本当に有難う御座いました。
良い勉強になりました。
はっきりいって怖い病気ですね…
これからはもっと気をつけていこうと思います。
有難う御座いました!

お礼日時:2006/08/30 13:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q室内飼いの猫がまどの外ばかり・・・

完全室内飼いにした猫についてです。窓辺にいて外ばかり見ています。病気のキャリア(エイズ・白血病)もあるし、出さないと決めていますが・・・以前は外猫でしたし、まだ出たい気持ちでいっぱいなんだと思います。そんな様子を見ていると、とてもせつなくなります。この子にとってもっとどうしたら幸せにできるか等、最近は自分のほうが鬱っぽく悩み始めてしまいました。のこりの寿命楽しく過ごさせてあげれるか、病気キャリア猫飼育経験のある方、どうか教えてください。 

Aベストアンサー

うちの子も元野良猫で、実家にいた頃は
時々外に出すこともありましたが(5分もすれば帰ってきてました)
今は完全室内飼いです。

窓の外、見るの好きみたいなんですよね。

私も最初、外に出たいのかと思ったので出してあげようとしたんですが
怖がって出ませんでした。
網戸の状態だと自分で開けられるんですが、
開けて出ようとしたこともありません。
本当に出たければ、自力で開けると思いますので
別に出たいわけではないみたいです。

結局「見るのが好き」なだけじゃないかなと・・・

外に出すリスクは大きいです。
室内飼いでも、それが不幸なことだとは思わないですよ。
(猫がどう思ってるかはわかりませんが)

一杯かわいがってあげることが猫ちゃんにとっては一番幸せなのではないでしょうか?

Q六歳の先住猫♀と生後二ヶ月の♀

六歳のアメリカンショートヘア♀(不妊済み)をずっと大切に完全室内でくらしていましたが、
10日ほど前に、餓えと寒さで震えていた子猫を保護しました。

子猫は病院で検査をした結果、病気もなく元気です。

ところが、子猫はやんちゃ盛りで先住猫の後を追い掛け回し、先住猫は子猫が自分の体に触れると、ものすごく嫌がって威嚇します。

このままでは先住猫がストレスになってしまうか心配です。


このまま様子を見ていても大丈夫なのでしょうか?

二匹が仲良くなることはできるのでしょうか?

Aベストアンサー

No.2のoseronekoです。
猫じゃらしで遊んでも、遊ばない先住ネコちゃん・・・
子猫ちゃんが来る前は 遊んでいたのかしら?
子猫ちゃんには、小さな広告・メモなどを丸めたもので 勝手に遊んでいてもらうってのは駄目かしら・・

11歳の亡き猫でも、静かながら じゃれましたヨ
良く遊んだには、”新聞紙” ”紙袋” ”またたびの実”etc
新聞紙を広げて、下から猫じゃらし/紐/指などでカサカサしたりすると 静かにですが目をキラキラして遊んでいました。
紙袋(スーパーの袋)も横にして広げ、猫から見えないところでカサカサ指でやるだけで 紙袋の中にすっぽり入ってきてまで遊んでいました。
またまびの実は、もうご存知のとおり猫は大好き(子猫の時は興味なしですが)
またたびの実をあげると 舐めたり・噛んだり・じゃれたり と勝手に遊んでいました。

とにかく、猫ちゃんは好奇心旺盛なので 色々な事で遊びます。
先住猫ちゃんが遊べることが 見つかると良いですね。

>里親探しも考えましたが、私たち家族が一生大切にしていきます。
この言葉、すっごく嬉しいです♪
先住猫ちゃん共々楽しい思い出をたくさん作ってください。
長々失礼しましたm(__)m

No.2のoseronekoです。
猫じゃらしで遊んでも、遊ばない先住ネコちゃん・・・
子猫ちゃんが来る前は 遊んでいたのかしら?
子猫ちゃんには、小さな広告・メモなどを丸めたもので 勝手に遊んでいてもらうってのは駄目かしら・・

11歳の亡き猫でも、静かながら じゃれましたヨ
良く遊んだには、”新聞紙” ”紙袋” ”またたびの実”etc
新聞紙を広げて、下から猫じゃらし/紐/指などでカサカサしたりすると 静かにですが目をキラキラして遊んでいました。
紙袋(スーパーの袋)も横にして広げ、猫から見え...続きを読む

Q蚊にさされたかもしれません

24日朝、ベランダを開けた後、蚊をみつけ捕まえると血が付いていました。しかし人間は誰一人噛まれてないのです。その後わんこの体を見ましたが特に噛まれた後などは見受けられませんでした。ベランダを開けた時に進入したかどうかがはっきりしないのですが。犬の体をみましたが咬まれた後は無い様でした。毎月25日にフィラリアの薬を飲ませているのですが、その日に病院で頂いた白くて小さな錠剤を飲ませました。
今病院へ行ってもフィラリアにかかってしまったかどうかは分かりませんよね。咬まれたら必ずフィラリアが寄生するとも限らないんでしょうか。犬は元気です。取り越し苦労かもしれませんがこれからどうすべきか教えてください。

Aベストアンサー

蚊にさされたからといって必ずフィラリアになるわけではありません。蚊の出ている季節(大体4月から9月頃まで)に毎月フィラリアのお薬を飲ませているのであれば心配ないと思います。
その薬は子犬の頃から飲ませていますよね?フィラリアの薬というのはあくまで予防薬ですので、成犬になってから飲ませ始めたのであれば話は別ですが、定期的に飲ませてあるのであれば心配ないと思います。

もしどうしても心配なら獣医さんで検査してもらってはいかがでしょう。簡単な検査ですぐわかりますよ。

Q愛犬が蚊にさされたかもしれないのですが、どうすれば?

愛犬の室内犬を友人宅に遊びに行った時に、車中に小1時間お留守番させました。換気のため少し窓を開けてたので蚊が入ってたようで、私が戻った時には7,8匹お腹を血で膨らませた蚊がいました。この時期にそんなに蚊がいると思いませんでした(泣)多分、愛犬さされたと思います。

ちなみにフィラリアのお薬は9月までしか飲ませていません。もし今回の蚊でフェラリアに感染したとするれば、獣医さんに行けばわかるのですか?(毎年フィラリアのお薬をもらう前に検査する時に、「フィラリアはすぐにはわからない」とか言ってたような) それなら今日感染した場合に、一番早く気づき治療ができるのはいつですか?
愛犬が元気そうにしていますが、明日にでも獣医さんにみてもらった方がいいですか?
ご存知の方お教えください。よろしくお願いします。 

Aベストアンサー

どこの地域にお住まいなのか分かりませんが、フィラリアは最後の月が肝心なんですよ。
獣医が9月までの分しか出さなかったのであれば問題ですので獣医を変えたほうが良いでしょう。

さて、質問ですが、獣医に行って早急にフィラリアの薬を貰い飲ませて下さい。
これで大丈夫です。

もともとフィラリアの薬は蚊にさされないようにする薬ではなくて蚊にさされて幼虫が体内を移動し心臓に巣食うまでの1ヶ月で殺すという薬ですので、噛まれた!と思った時点で飲ませたら間に合いますよ。

早く!急いでね

Q室内の植木を、室内飼いの猫から守る方法はありませんか?

 室内で猫を3匹飼っております。寒くなってきたので、室外の植木を室内に入れたのですが、植木に登ったり、糞をしたりで、困っています。 植木を猫からも守る用意方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

木酢液(竹酢液)のご使用はいかがでしょうか。
植物にとっては良いもので、動物にとっては苦手なものです(臭いが)。
害虫、野良猫、野良犬などの対処に使用されます。
それが目的ではなくても、植物の活性化にも使用されています。
薄めて土に水遣り、薄めて葉などにスプレーもよし。
生活の中では、残飯の消臭に使用されたりも。

ホームセンターの肥料などの売り場にあります。
薄めて使用するものを選んだほうがコスト的にいいですよ。
安~いもので400円(500ccほど)、普通で980円ほど(1~2リットル)。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報