ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

電動ボードを充電する為に使用しているコンセントアダプター(100V→24V、0.4A)が壊れたので、中古のモノを探していたら24V・0.8Aのモノが見つかりました。しかし、アンペアが違うので使っていたら不具合が起こらないか心配しています。このアダプターを使用しても問題ないか誰か分からないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

AC-DCアダプターは、交流電源を直流電源に変換するものです。

また、AC-DCアダプターは、その許容量まで電気を流す事が出来ます。交流を直流に変換している訳ですから、当然その仕事には限界があります。その限界が許容量です。また、100%の交流のエネルギーが直流に変換されるわけではありません。その差分(ロス)がAC-DCアダプターの熱になり、AC-DCアダプターを熱くさせているわけです。9.6Wとか、19.2Wとかは、その最大値を示しています。充電器の働きは、一定の電圧と一定のアンペアにて、電池に電圧をかけ、すこしづつ充電池に充電していくものです。この一定のと言う部分がとても大事で、電圧が同じでも、電流(アンペア)が大きいと、充電時間は短くはなりますが、大きすぎると充電池が破損します。逆に電流の(アンペア)が小さいと、充電時間が長くなってしまいます。確か、充電池の取り出し量の10分の1程度の電流にて充電するような設計になっているはずです。急速充電という言葉がありますが、同じ充電池で高い電流(アンペア)にて充電する意味で使われる場合は、充電池のヘタリが早まります。追加質問の核心です。24Vで、0.1AのAC-DCアダプターを充電器の電源として使うと、電気許容量が小さくて、十分一定の電流を充電器から電池に供給出来ません。また、AC-DCアダプターは常に最高レベルで動作していますから、熱くなり、たぶん壊れるし、発火するかもしれません。
あくまでも、AC-DCアダプターにて直流を充電器に供給し、充電器にて充電池を充電するということで、全体の説明をしています。この意味、2倍の十分余裕のあるAC-DCアダプターをお使いになっておられますので、大丈夫です。
車のバッテリーに28とか80とかの数字がありますが、大きければ同じ12Vの電気を長時間供給出来るし、瞬間的に取り出せる電流(アンペア)が大きいことと同じ理屈です。小さいときはその逆です。
    • good
    • 10

どのような形のACアダプターかにもよりますが、念のため極性は注意して下さい。


--◎-+のような記号があると思いますが、これはプラグの極性を示します。中央が+、外側が-の場合とその逆の場合があります。逆の場合は使えませんのでご注意を。
>24Vの規格なら何アンペアのコンセントアダプターでも良いのになぜ壊れたモノは0.4Aだったのですか(別に0.1Aでも良いんですよね)
→充電自体も電気を消費しますので、何Aでも良いと言うことはないです。充電池の種類(V、Ah)によっても大きく変わります。デカい充電地は充電にも大きな電流を要します。
    • good
    • 5

今までのものは、24*0.4=9.6Wの電気器具まで使えるAC-DCアダプターでした。

新しいものは、24*0.8=19.2Wの電気器具まで使用出来る2倍の余裕のあるAC-DCアダプターということになります。AC-DCアダプターというDC発電機が2倍の容量を持つ大きな発電機になったわけですから、購入された中古のAC-DCアダプターは余裕を持って動いているということになります。電動ボードは安定して何の心配も無く動作するはずです。また、購入された中古のAC-DCアダプターは、当然余裕を持って動いてますから、前のものよりも熱くなっていないはずです。
全く心配ありません。

この回答への補足

なるほど!良く分りました。でも、ひとつ質問があります。充電池を充電するコンセントアダプターではその電気器具のワット数は無関係ですよね(コンセントアダプターの電流にて稼動しないので)?ということは、別に24Vの規格なら何アンペアのコンセントアダプターでも良いのになぜ壊れたモノは0.4Aだったのですか(別に0.1Aでも良いんですよね<この場合は充電池を充電するのでも熱くなる>)?なにか、特別な理由でもあるのでしょうか?

補足日時:2006/08/31 14:24
    • good
    • 4

電圧が同じ(24V)で、電流が今までよりも大きくてもOKということですから


何の問題もありません。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます!良く分りました!

お礼日時:2006/08/31 14:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアダプターはアンペアが違うとどうなるのでしょうか

どなたか教えてください!
電子オルガンを買いましたが、
別売オプション品のアダプタは、出力9Vの850ミリアンペアです。
高いのでまだ買っていませんが、
この機器に私の手持ちの出力9Vの500ミリアンペアのアダプターが使えるかどうか教えてください。

一応音は鳴るのですが、このまま使い続けていいか支障がないか...
気になるのです。。。

教えてください!!

Aベストアンサー

>別売オプション品のアダプタは、出力9Vの850ミリアンペアです。
この指定されたACアダプターの特性がどんな物かによると思います。数値で書いてしまうと「電圧9V/電流850mA」で同じになりますが、電圧は無負荷電圧と定格負荷電圧/電流では最大電流と定格電流が有ります。
------------- 説明 ---------------------
無負荷 電圧:負荷を繋がない/電流が小さい時のアダプター出力電圧。
定格負荷電圧:規定の電流を流した時のアダプター出力電圧。
 最大 電流:そのアダプターが流せる最大値。
 定格 電流:設計上の電流値。
無負荷電圧と定格負荷電圧の差が殆ど無い物と、無負荷15V/定格時7Vへと変動する物。表示が定格電流850mAでも実際には瞬間的に1.5A迄流せる物、あるいは表示電流+αで保護の為アダプターが故障する様にして有る物など種類は色々あります。
よって使用される本体機器により目的に合ったACアダプターが指定されています。
----------------------------------------

指定されているACアダプターは電子オルガン用なのでスピーカーの音量で流れる電流値が大幅に変化する事が考えられます。また乾電池6本/9Vで使用出来る物であればACアダプターの電圧は7~9V迄変動しても良い事になりそうです。また乾電池が4本/6Vで動作する場合は4.8V~9Vと想像されます、しかし4.8Vと15Vでは3倍もの開きが有りますので無負荷電圧が高い物は問題が有りそうです(7Vでも15Vだと2倍の開きが有る)。
さぁ困りました。指定されたACアダプターの設計基準はどうなのでしょう、予想しても確実な答えが出てきませんね。

hiyoko_hanaさんが使われている
>手持ちの出力9Vの500ミリアンペアのアダプター
     ........はどのタイプでしょう?

また、ACアダプターが保護故障した場合どんな壊れ方/切り方をするのでしょうか、この保護の仕方によっては電子オルガン本体も一緒に壊れてしまう事も考えられます。

たかがACアダプター1つですが表示されている電圧/電流だけでは分からない事が有ります。その為メーカーでは使用するACアダプターなどのアクセサリーは自社製品の中から指定しており、それ以外の物を使用した場合には動作/安全を保障をしていないのです。

私が扱った故障では「電話器の子機充電器に電圧が同じ他の物を使って子機のキャビネットが熱で溶けた」、「電圧/電流値が同じ物をビデオカメラに使用してカメラ内部の充電回路他を焼損させた」などの事例も有ります。


【結 論】
ACアダプターは指定された物を使いましょう。
汎用のACアダプターは同一メーカーの機器の、指定された機種/カテゴリーの品種に使い、少しでも疑問に思ったら使用/購入前にメーカーに確認を取る事をお勧めします。

>別売オプション品のアダプタは、出力9Vの850ミリアンペアです。
この指定されたACアダプターの特性がどんな物かによると思います。数値で書いてしまうと「電圧9V/電流850mA」で同じになりますが、電圧は無負荷電圧と定格負荷電圧/電流では最大電流と定格電流が有ります。
------------- 説明 ---------------------
無負荷 電圧:負荷を繋がない/電流が小さい時のアダプター出力電圧。
定格負荷電圧:規定の電流を流した時のアダプター出力電圧。
 最大 電流:そのアダプターが流せる最大値。
...続きを読む

Qスマホ充電に2A出力のアダプタは使ってもいいのか

スマートフォンの電池容量が大きいので、充電に時間を要するのは分かります。
1A出力までのACーUSBアダプタが市販されており、これを現在使っています。

出力アンペアが大きいと、それだけ、電気量が増え、早く充電出来る?
と素人考えで思いまして・・・2A出力のアダプタを作ろうかな?と思いました。

これって、大丈夫なのでしょうか・・・よろしくお願いします。

携帯も出来たら充電したいです。

Aベストアンサー

容量大きくしても充電速度は速くなりません
電圧上げないと早くはなりません
急速充電器は電圧を少し高めにしています
ただし萬充電になったら充電をちゃんと止めないと電池が爆発します

Qアンペアの違うACアダプタって使えますか?

ノートPCを家と職場で各1台使ってます。
ACアダプタが共用できると便利なのですが、

パソコンAの純正アダプタaはOUTPUT:16V,4A
パソコンBの純正アダプタbはOUTPUT:16V,3.75Aです。

この場合、A-bまたはB-aの使用の可否について教えてください。

Aベストアンサー

誤差範囲でしょう、問題ないと思います。

この程度はPC設計時の誤差、電源設計時の誤差、製作部品の誤差、経年変化での性能低下、使い方での要求、これら全ての誤差以下です。

プラグとジャックの接触性の方が問題でしょう。

Q充電は電圧が高いほうがいい?電流が多いほうがいい?

充電は電圧が高いほうがいい?電流が多いほうがいい?
素人質問で、ご迷惑をおかけします。
ポータブル機器を見てまして、気になったのですが、同じ電力(例えば10W)を必要とする場合、高い電圧と少ない電流で充電したほうがいいのか、逆に低い電圧と多い電流で充電したほうがいいのか?どちらがいいのかと思い質問しました。
コンセント接続機器の場合、100V(のみ)ですが、ポータブル機器の場合、3.5Vや10Vなど色々あります。ゆえに電流、電圧の関係も含めて、教えて頂けますでしょうか?

Aベストアンサー

お礼 有り難う御座います。
だいぶおそくなりましたが、すでに多くの人に回答を戴いているようですね。
追加で少々書き加えます。
基本的には最初に使用目的がありそのための装置の開発を計画します。
それからそれに必要な仕様を決定していきます。
その時にパワー(ワット数)が必要か長時間の使用が必要かが、
決定されますが、その中間の仕様になる場合もあります。
その結果と、今までに存在する機器に利用されている電圧や、利用時間などと
比較してより高性能に成るように選択を行います。
(電子及び電機機器は、最低動作電圧及び必要最小電流があります)
以上の条件で最適と思われる電圧及び充電容量が決定されます。
その結果多様な電圧、多様な容量の充電池が製作される様になっています。
(工事現場での使用機器ですが、6V,12V,24V,などが多いです)
(6Vは低出力の物 電動ドライバなど軽量で手作業使用する機器)
(12Vは中出力の物 電動ドリルなどある程度パワーがないと困る機器)
(24Vは大きな力が必要な機器 電動カッターなど)
参考になりますでしょうか

QACアダプタの電流値の違いについて教えてください

ノートパソコンのACアダプタを紛失しました。

他メーカーのアダプタがあり、コネクタの形が同じで電圧値も同じです。
+-の内側外側も同じで、実はしばらく気がつかずに使ってました。

ただ、本体には電流値が1.58Aと書いてあるのですが、
ACアダプタの出力には3.5Aと書いてあります。

メーカーに聞けば指定アダプタを使ってくださいと言われるのはあたりまえですが、
電流値が倍ほど違えば実際にどのような実害が出るのでしょうか?

Aベストアンサー

ACアダプターに書いてある電流値はその大きさまで取り出しても大丈夫という意味です
コンピューターに書いてある電流値はそれ以上の電源を使って下さいという意味です
ACアダプターの電流がコンピューターの電流よりも大きいのは何ら問題はありません
極端だとACアダプターが正常に作動しないことがありますが質問程度の差は大丈夫です
逆の場合はACアダプターが発熱することがあります

Q電圧の違うACアダプターをつけるとどうなる

富士通のBibloMG50を使っています。ACアダプターは16Vです。ACアダプターを遠方に忘れてきてしまい、しばらく手元にありません。しかし重要な仕事の最中で、一日でも使用しないわけにはいきません。バッテリーで使用できる数時間ではまったく足らず、困っています。
 手元にソニーのTypeS用の19.5VのACアダプタがあります。以前間違えて使ってしまったことがあります。(ジャックが同じ形態なのです)。
 電圧の違うACアダプタでは問題がおこるでしょうか。
というか、いったんバッテリーに充電して動作させるのだから、内部にかかる電圧が同じなのでしょうか。であればACアダプタが違ってもよいような気がします。
 3日間だけ、19.5Vのアダプターで使ったらどうなるでしょうか。メーカーの保証がどうとかじゃなくて、電気構造的に、どのくらいの問題があるのでしょうか。

Aベストアンサー

>いったんバッテリーに充電して動作させる
ここの認識が違います。
バッテリーに充電しながら使うのです。
電圧が少々違っても良いのなら、各社同じ電源を使いますよ。
電圧が違う、というのは内部の設計が違う、ということです。

壊れてても良いなら使ってみてください。
機種によっては、電圧以上で最初から動かないかもしれません。
電源はメーカー外からもでています。(これも保証外ですが、これはまあ大丈夫)
旅行の際は必ずACは持って歩きましょう。

QUSBのA(アンペア(電流))について。

コンセントからUSBに充電するタイプの機器がたくさん出ていますが。A(電流)が500mA、1A、2Aと多くの種類が有ります。本来USBは500mAの規格だと思います。
2A(急速充電対応)とかありますが、そういったもので、急速充電に対応していないスマートフォンや充電池に充電して壊れることは無いのでしょうか?電気店の店員に聞いても、大丈夫だと言っていましたが、根拠の説明はありませんでした。
そこで質問が3つあります。
1.2Aのものを500mAの規格の充電池等に使用して、充電池等は壊れないのか?
2.2Aのものはどういった原理で急速充電可能なのか?
3.PCについていいるポートは500mAだと思いますが、それをハブで2分割した場合、250mAになるのでしょうか?
ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

> コンセントからUSBに充電するタイプの機器が…
単に、USB端子から5Vを出力する回路です。その出力容量が「A(電流)が500mA、1A、2Aと多くの種類が有ります」と言うだけ。

> 本来USBは500mAの規格だと思います。
出力側に対して「最低は500mAが可能なこと」と、負荷側に対しては「最大500mA」を既定しているだけ。

1. は、利用する側で「充電池等」が壊れないように動作(電流制限)します。
2. このようなものは最大2Aを消費するので、「USB端子500mAまで」には接続しないことが懸命です。USB規格が「負荷は500mAまで」と規定しているのはそのためです。
3. 本来USBハブはバスパワー負荷を保証しておらず、メーカーの自己防衛です。
 その観点からは、「各々必要分が配分され、合計が500mAまで」と言う動作となります。
 しかし、変動する負荷であると、両者が不安定動作となるので注意が必要です。

ま、概ね(と言うか基本的には)No.1さんのご回答と同じですね。

Q1アンペアは何ミリアンペアですか?

今理科の勉強をしていたんですけど、1アンペアは何ミリアンペアかど忘れしてしまいました。
どなたか教えて下さい!お願いします。

Aベストアンサー

ミリは1000分の1。

この際、ついでに、こんなのを勉強しちゃえ。(笑)
http://ja.wikipedia.org/wiki/SI%E6%8E%A5%E9%A0%AD%E8%BE%9E
ギガからナノまでは、暗記しておいて損はありませんよ。
(ただし、デカとデシは覚えなくてもよいと思います。)

ギガは、携帯電話や無線LANの電波の周波数(ギガヘルツ)で使われますね。
また、今、「ナノテクノロジー」という言葉が流行っていますが、
その「ナノ」は、ナノメートルのことです。

ちなみに、私は仕事で、テラからフェムトまで出会ったことがあります。


下記は長さ、すなわち、なんちゃらメートルの大きさを、例を挙げて紹介しています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%B0%E9%87%8F%E3%81%AE%E6%AF%94%E8%BC%83_%28%E9%95%B7%E3%81%95%29

Q充電池のアンペアについてですが

ニッケル水素などの充電池にアンペア値が明記されていますが、この数値は蓄電量を表していると考えてよいのでしょうか?違っていたら正しい情報を教えて下さい。
またアンペアの違いによってどんな違いがあるのかも知りたいです。

Aベストアンサー

単位はAH(アンペアアワーと読みます)です。この値は指定されている電流で1時間の放電が可能な容量があるということを意味します。蓄電池には時間率容量と言うものがあり、低容量放電(低い電流で長時間の放電)に適したもの高容量放電に適したもの(高い電流で短時間に放電)があり、これだけが電池の性能をあらわすものでは有りませんが、NiCd(ニッケルカドミウム)電池やNiMH(ニッケル水素)電池に記載されている数値は1時間率放電の値で単位はほとんどがmA(ミリアンペア)です。ここに記載されている数値の電流で放電を続けた場合、放電終止電圧になるまでに1時間掛かるということをあらわしていますので、大きな電力を消費する用途では蓄電量と考えてもよいでしょう。ただし、微小な電力を長時間にわたって消費する(たとえば時計)場合は、この限りでは有りません。NiCd電池やNiMH電池は自己放電が大きくこのような低率放電では本来の蓄電量を使い果たすよりかなり前に終電圧になってしまいます。このような用途では同じ2次電池(充電可能な電池)ではリチウムイオン電池が最も優れており、NiCdやNiMHでは絶対無理な3年間の放置状態後でも正常な放電が可能です。ただしリチウムイオン電池は単一セル(電池一個あたりという意味)の電圧が3.6Vと高く、NiCdやNiMHの1.2Vとと必ずしも互換性が有りません。リチウムイオン電池は軽量(エネルギー密度が高い)で高率放電にも耐えるので、携帯電話などの機器に使われるのは最近ではほとんどがこの電池ですが、リチウムが希少元素であり高価なためと先に述べた電圧の問題があるためか、一般の充電式の機器にはそれ程の普及は無いようです。

リチウムイオン電池にはもう一つ優れた点があり、NiCd電池やNiMH電池のようなメモリー効果(中途半端な放電を繰り返すと電池の実用寿命が短くなる現象)が無い点もあります。これは、途中まで使用した電池であってもいつでも充電してよい(NiCd電池やNiMH電池では完全に使いきらないうちの充電はだめ)という事です。

単位はAH(アンペアアワーと読みます)です。この値は指定されている電流で1時間の放電が可能な容量があるということを意味します。蓄電池には時間率容量と言うものがあり、低容量放電(低い電流で長時間の放電)に適したもの高容量放電に適したもの(高い電流で短時間に放電)があり、これだけが電池の性能をあらわすものでは有りませんが、NiCd(ニッケルカドミウム)電池やNiMH(ニッケル水素)電池に記載されている数値は1時間率放電の値で単位はほとんどがmA(ミリアンペア)です。ここに記載...続きを読む

Qバッテリーの容量は高いほうがいいですか?

先日、バッテリーについて、電圧の低下でバッテリーが上がるということをお教え頂きました。

今回の疑問なのですが、バッテリーの容量です。
私の車(フィット)では34B17Lというサイズのバッテリーを搭載していますが、パワーアンプを乗せていて、もし買い換えるならばできるだけ大きい容量のものを、と思っています。そこで、34B17Lと38B17Lとかの、一番最初の数字が、容量だということを知りました。で、この容量が1上がるごとに、どの程度違いがあるのかをお聞きしたいんです。

 それと同時に、車の発電量というのがありますが、バッテリーを大きくしすぎると、発電が間に合わない。。。などということがあるのでしょうか?


どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

車で走行中、ダイナモで発電しているときは、バッテリーの電流を使わないのが原則です。
もし走行中、ダイナモでの発電量より多くの電流を消費すれば、走行中にバッテリーが上がってしまうと同時にダイナモの発電量では電流をまかなえないために、車が走行中にエンストしてしまい非常に危険です。
走行中に消費電力の大きなパワーアンプで消費される電流はバッテリーから供給されるのではなく、ダイナモから供給されます。ですからダイナモの発電能力を上げない限り、その車で消費できる電流には限界が決まっています。バッテリーの容量を増やしたからといって、車載機器に電流を供給できるわけでもありません。エンジン停止時やエンジンの回転が極めて遅くなった時(ダイナモの発電量が低下して供給電流が不足している状態)にバッテリーの電流が供給されるだけです。
パワーアンプを載せたからバッテリーの容量を増やしても役に立ちません。バッテリーの容量を増やしての効果は、エンジンの始動時や道路や踏み切り、交差点内でエンストした場合のセルモーターの回転持続時間や自力走行距離に長さ、および夜間エンジンをかけないで前照灯を点灯できる時間の長さを長く出来るだけです。

ですから、車載機器を沢山、載せたからと言ってバッテリーの容量を増やしても意味はありませんね。
その車のダイナモの発電能力(充電能力)やセルモーターの消費電流、停車中の電気の使用電流の予定などを目安にバッテリーの容量が決まってくるもので一定の範囲(上限と下限)に収まる範囲のものを使うことになります。

容量規格については、上記の理由で大幅な容量アップしても意味がありませんので、その車によって選択できる範囲での適合バッテリーから容量の大きめを選ぶしかないですね。(余り効果は期待できません。走行中のパワーアンプの電流はダイナモから供給される。バッテリーがなくなってきている場合、かえって容量の大きいバッテリーほどダイナモの負担になります。)

>34B17Lと38B17Lとかの、一番最初の数字が、容量だということを知りました。で、この容量が1上がるごとに、どの程度違いがあるのかをお聞きしたいんです。

「容量(Ah)と始動性能(CCA)の関係から決められた総合性能を示します。数字が大きいほど性能が大きい事になります。よく誤解されると思いますが、単純に
33アンペアアワーや38アンペアアワー・・・という訳ではありません。」との説明があります。
理屈的には1アンペアアワー=2アンペア×0.5時間などとなるかも知れませんがバッテリーが消耗してきた段階では内部抵抗が増え12Vの電圧が出なくなってきますので電流が数値計算通り取り出せるか疑問ですね。ただしアンペアアワーが大きいほど電流はとりだせます。
バッテリーは、エンジン始動時のセルモーターの回転、エンスト時の車の移動、エンジンを切ってのランプやラジオへの電流供給などに使われ、消耗します。駐車場でエンジンを停止した状態での前照灯や補助ランプを付けっぱなしにした時もバッテリーの電流が使われます。

http://www.1techicon.com/battery.html

車で走行中、ダイナモで発電しているときは、バッテリーの電流を使わないのが原則です。
もし走行中、ダイナモでの発電量より多くの電流を消費すれば、走行中にバッテリーが上がってしまうと同時にダイナモの発電量では電流をまかなえないために、車が走行中にエンストしてしまい非常に危険です。
走行中に消費電力の大きなパワーアンプで消費される電流はバッテリーから供給されるのではなく、ダイナモから供給されます。ですからダイナモの発電能力を上げない限り、その車で消費できる電流には限界が決まって...続きを読む


人気Q&Aランキング