ペルーへパソコンを持って行きたく、本やネットで調べましたが、それでもわかりません。パソコンはソネットで全世界対応モデムではありません。各国でそれぞれ承認されたモデムを使うように、とありますが、現実には日本のモデムをペルーで使っても問題はないのでしょうか。 また、電話モジュラープラグの形状が各国で違うとのことですが、ペルーの場合は日本と違うのでしょうか。
それに、モデムセーバー(電話の電圧を一定にする装置)の必要性はペルーの場合あるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>パソコンはソネットで全世界対応モデムではありません。

各国でそれぞれ承認されたモデムを使うように、とありますが、現実には日本のモデムをペルーで使っても問題はないのでしょうか。 

ソネットがどこのメーカかは分かりかねますが、世界対応でないモデムをペルーで使う場合、
・技術的観点では日本で認定されたモデムは出力が小さいので、ペルーの交換機に影響を与える可能性は低いでしょう。逆に出力の低さが災いして、実効速度が出ない等の影響があるかもしれません。
・法的観点では、万が一、このモデムが原因でペルーの交換機を破損させた場合、言い訳はできないでしょう。

>電話モジュラープラグの形状が各国で違うとのことですが、ペルーの場合は日本と違うのでしょうか。

RJ11です。

>モデムセーバー(電話の電圧を一定にする装置)の必要性はペルーの場合あるのでしょうか。

一般的にモデムセーバーは、極性の確認をするもので、場合によっては極性の反転、サージノイズプロテクト等の付加機能があるものです。私が知るモデムセーバーと同等のものを使う必要性があるかどうかという質問であれば、「ご自分の好みでご判断ください」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の専門的お答えありがとうございます。
ソネットはプロバイダー名で、メーカーはソーテックです。勘違いしていました。申し訳ありません。
実際に交換機が破損することがあり得るのでしょうか。日本でも外国人が持ち込んだパソコンをそのままのモデムで使用していることもあると思いますが交換機が破損したニュースを聞いたことがありません。また、その場合でも誰のパソコンか特定できるのでしょうか。
モジュラープラグRJ11は日本の仕様でしょうか。ペルーのでしょうか。

お礼日時:2006/09/06 00:41

>実際に交換機が破損することがあり得るのでしょうか。

日本でも外国人が持ち込んだパソコンをそのままのモデムで使用していることもあると思いますが交換機が破損したニュースを聞いたことがありません。また、その場合でも誰のパソコンか特定できるのでしょうか。

米国製モデムを使っていたところ、電々公社(すごく昔の話ですが)からクロストークの警告を受けたことがあります。日本は-15dbmが仕様ですが、私が用いた米国製品では-10dbmだったそうです。
また、直接の原因かどうか不明ですが、外国製モデムを使用したところホテルのPBXが回路閉塞をおこしたことがあるとは聞いたことがあります。

>モジュラープラグRJ11は日本の仕様でしょうか。ペルーのでしょうか。

RJ11は正確には米国の仕様ですが、日本でもよく使われているあのコネクタです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

専門的なご回答大変参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2006/09/07 08:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q各国での出産の立会い

日本人の友人が、韓国人の奥さんの出産をソウルで迎えました。無事産まれて感激ひとしおだったようですが、出産の立会いに加え、「へその緒を切る」ということを体験したそうです。

日本では、最近、ダンナさんが出産の立会い(分娩室に入って一緒に励ましたりして出産の瞬間に立ち会うこと)も盛んになってきました(どこかの調査では、5割くらいとか)が、「へその緒を切る」というのはほとんど聞きませんよね。

友人は、「世界的にはこれが普通だよ」というような説明を周囲から受けて、そんなもんかと思ってやったそうです(初めてのお子さんだったので、日本ではやらないのかなあ?みたいな感じです)。

そこで質問ですが、ご自身または奥様、もしくは知り合いの方が日本以外で出産されたという方、その地では、「立会い」さらに「へその緒切り」に関する事情はいかがでしたか?

いろんな国の状況を知りたいと思います。どうぞよろしくお願いします!

Aベストアンサー

ヨーロッパ情報です。

ドイツですと立会いは自然、というか
夫の義務、みたいに思うようです。(自然分娩の場合で何も問題がない分娩ですが・・・)
へその緒も夫が切ります。

イギリスも同様。ただやはり病院や状況にもよるかもしれません。
私がイギリスで参加した、日本で言う「両親教室」は(「母親」教室・「両親」教室と言う言葉ではないのですが)土曜日に開かれ、パートナーも90%が参加してました。
日本では母親が勉強して・・と言う感じですが、海外だとシングルマザーじゃない限り、夫婦・またはパートナーと共に参加するのが自然なようです。

雑誌で読んだだけですが、フランスだと事情は違い、
分娩時は廊下で待つという昔ながら?の光景が多いとのことです。(イギリス発行の雑誌で読んだだけなので真偽のほどはわかりませんが・・・)

Q世界各国の大学生との交流

今大学生なのですが、あることがきっかけでいろいろな国の大学生と意見交換をしてみたいと思いました。
とはいっても我が家には留学するお金はありません。
なにか手紙やメールなどで交流したいと思っているのですが、なにか良い方法はありませんでしょうか。

西洋、アジア、アフリカ諸国含めてなるべく多くの国の大学生が良いと思っています。

「趣味」というよりは世界の政治、経済や、世界情勢について話が出来る人を希望しています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

外国人相手の仕事をしております。彼らはよく代々木公園の「国立オリンピック記念青少年総合センター」に出入りしているようです。下のサイトはかなり充実しているように思います。直接役に立つかどうかはわかりませんが、ここをきっかけに調査できるでしょう。

http://nyc.niye.go.jp/

それから、メールの交流でお勧めは次の通りです。主に友だちを求めているようなものですが、相手の国を指定できますし、この手のサイトの中では最もまじめだと思います。

http://www.japan-guide.com/local/?aCAT=2

Q世界各国の国際空港について

世界各国の国際空港の延床面積を知りたいのですが、
どなたか参考になるホームページ等を教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>世界各国の国際空港について

延床面積が出ているかはともかく、世界の空港とのリンクされているペ-ジがあります。

http://www.narita-airport.jp/jp/travel/link/link01.html

Q世界各国の国際空港

世界各国の国際空港の延床面積を知りたいのですが、
どなたか参考になるホームページ等を教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 結論から言うと、参考になる資料は存在しません。
理由は簡単で、コンベンション会場などとは異なり、
空港は床面積を公開する必要がない施設だからです。

※空港や駅の面積を公開する日本が、世界的には特殊なのです。

 また空港ターミナルは増改築が頻繁に行なわれるので、
特定時点での床面積を明らかにする必然性がありません。
空港に関しては滑走路のデータはすべて公開されています。
それでデータ性としては十分なのです。

Q各国の人々の家に対するお金のかけ方を知りたい。

海外で生活している(していた)方やご存じの方に教えて頂けたらと思います。

日本では、持ち家志向が強く、ひたすらお金を貯めて、旅行やその他の人生の楽しみは二の次というような印象を持ちます。
また、何ヶ月かで建ってしまう物なのに、やたらと高額です。

そこで、もう少し、広い視野に立って考えたくなり、海外の人の家への意識がどんな感じで、また、全資産というか、貯蓄や収入からのすると家への配分はどの程度なのか、是非とも国の名前を挙げて教えて欲しいと思うのです。

どうぞ、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカ人も持ち家志向は強いですよ。
持ち家率は60~70%と聞いています。

アメリカでは、きちんとした収入の証明があれば、比較的簡単に家が買え(ローンの支払額が毎月の収入の30~40%以下であり、10~20%の頭金さえ用意できれば、住宅ローンの審査は大体通ります)、固定資産税やローンの利子が税金控除になるので、早い目に家を買いたい人は多いです。
数年前までは、ちょっと田舎に行けば1000~2000万円で一軒家が買えたので、若い夫婦は共働きして頭金を貯めて住宅を買いました(今は住宅バブルでかなり値上がりしてしまい、ちょっと難しいですが)。

手に入れた一軒家は、家具を飾り立てて磨き上げ、芝生を植え、日曜大工でせっせと直し、ペンキを塗り、念入りに手入れします。その熱意はすごいもので、プロ並みの大工道具を揃え、週末は家の手入れや修繕に費やすのが楽しみのようです。
このタイプのアメリカ人は、趣味は身近で金の掛からないもの(アメリカのゴルフやテニスは、どこでもあって廉価で庶民が楽しめるスポーツです)、バケーションは家族でキャンプやアウトドア、お金の掛かる旅行は老後の楽しみとして、海外旅行はおろか自分の住む州から殆ど出たことのない人も多いです。

ただし、アメリカ人は、一生のうち3回買い換えると言われてます。
結婚後の夫婦2人のアパートか小さな家、子供ができたら大きな一軒家、引退後のアパートの3回です。
そのため、住宅の流通は盛んで、築40年の中古でも手入れさえされていれば新築と値段はそれほど変わりませんし、住宅価格は時々停滞していますが、全体的には右肩上がりです。
そのために、お父さんは日曜大工でせっせと手入れをし、売却時に少しでも多くゲインを得ようとするのです。

また、アメリカは、借金やローンがあって一人前という消費文化ですから、貯蓄高は異常に低く、働き盛り世代は家のローンや生活費で収入の大半は消えます。
その代わり、若い頃から投資信託や株式投資、不動産投資に熱心です(国から貰える年金額が低いせいもありますが)。
子供が巣立った後の大きな家を売却して残ったお金と年金と投資の取り崩しで、夫婦二人で老後を過ごすというプランの人が多いです。

参考になりましたでしょうか。

アメリカ人も持ち家志向は強いですよ。
持ち家率は60~70%と聞いています。

アメリカでは、きちんとした収入の証明があれば、比較的簡単に家が買え(ローンの支払額が毎月の収入の30~40%以下であり、10~20%の頭金さえ用意できれば、住宅ローンの審査は大体通ります)、固定資産税やローンの利子が税金控除になるので、早い目に家を買いたい人は多いです。
数年前までは、ちょっと田舎に行けば1000~2000万円で一軒家が買えたので、若い夫婦は共働きして頭金を貯めて住宅を買いました(今は住宅バブルで...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報