小松左京に、かなり有名な「牛の首」というショートショートがあります。

 「牛の首」という怪談があり、誰もが口をそろえて「あんな恐ろしい話は聞いたことがない…」と言う。ところがどんな話なのか誰に聞いても教えてもらえない。
「今日は忙しいのでまた明日…」とか言われ、翌日行ってみると急に旅行に出かけている、などでどうしても話が聞けない。
 結局、その怪談は実は…。(オチは明かさないことにします)

 あと一歩のところでどうしても聞けない、というところは「古畑任三郎」に出てくる「赤い洗面器を頭にのせた男」にも似ています。(「古畑」の方が真似たのかも?)
 で、やぼを承知で聞きたいのですが、「牛の首」とは本当のところどんな話なのでしょうか?

 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「牛の首」ですか…。

あんな恐ろしい話は、私も聞いたことがないです…
…と、お約束はともかく(笑)。
同じ小松左京の作品で、「くだんのはは」という短編があるのをご存じですか。
むかし角川文庫の「模型の時代」に収録されていたのですが、今は絶版となって、かわりに今はハルキ文庫からこの作品が表題となって再刊されています。
「くだんのはは」ハルキ文庫 \952 1999/09/14 ISBN4-89456562-5
内容はここではふれません。
ただ、作者自身の少年期の体験を元にした、怖いというより切ない秀作であると申し添えておきます。

関係ないですが、小松左京には「猫の首」という、これもかなり怖い短編もありますね。
小惑星に犬の首が生えてる話もあったし…。
「動物の首」というのは意外と左京さんの隠れテーマなのかもしれません(笑)。
    • good
    • 1

正答ではありませんが、ちょっとおもしろい話を・・。


『くだんのはは』『牛の首』は小松左京以前から西日本にある噂(フォークロア?)で、牛女が出て来るそうです。
内田百閒にも『件』という短編があるそうです(未読なので関係あるかはわかりませんが・・)。
牛の首にSFでのアプローチがあるのは全然知りませんでした。
    • good
    • 1

 


  たいへん恐ろしい話であるとは聞いたことがあります:
 
  ところで、英国出身のアーサー・チャールズ・クラークに、『2957年永遠への旅』という短編集があると聞いているのですが、本をずっと探していて、未だに見つかりません。これは、仄聞するところ、世界中の有名なSF作品をネタにしたパロディ小説集らしく、そのなかに、「The Head of A Cow」という作品が入っているようです。
 
  これは、或る場所に書かれていた情報で、真偽不明なのですが、その「The Head of A Cow」というのは、この宇宙は、超宇宙に住んでいる「牛の頭」のなかに収まっているのだと言います。「牛の頭」のなかの超細胞の一つが、この時空宇宙で、その他にも、無数の時空宇宙が、「牛の首超宇宙」にはあるそうです。
 
  この「牛の首超宇宙」は、牛の大脳なのですが、この牛は「超宇宙牛」なので、超精神を持っていて、これを、Cowover-mind というのだそうですが、「カウォヴァー・マインド」とは何か、未だ何も分かっていないと言います。しかし、はっきり分かっていることは、「カウォヴァー・マインド」は病気になっており、その原因は、「超宇宙プリオン」という、「牛の首超宇宙」に発生した異常時空が原因だとされます。
 
  この超宇宙プリオンは、牛の首超宇宙を侵食して行き、牛の首超宇宙は、やがて内容のないスカスカの超宇宙となり、この時、「カウォヴァー・マインド」は涎を垂らしながら死ぬのだと伝わっています。我々の宇宙は、カウォヴァー・マインドが狂気に入る遙か前に、超プリオンに犯され、悲惨な結果で滅びるとされているのですが、その真実を知っている、超宇宙知性「カウォヴァー・ロード族」は真実を教えることなく、超プリオンと戦うため、「件の突撃隊」をそれと知られないように組織しており、地球の人類も、「件の突撃隊」として、「カウォヴァー・ロードたち」が進化させたと言われます。
 
  「牛の首」超宇宙狂牛病化まで、後、10の1京年だそうです。しかし、本当の所は誰にも分からず、カウォヴァー・ロードから真相を教えられたものは、「牛の首」の秘密と称して、誰も真実を話さないそうです。仮にわたしが、真実を知っていても、決して話すことはないのです。何故なら、「牛の首」の話は、「わたし自身も、あんな恐ろしい話は誰からも聞いたことがない」からです。
 
  以上が、「牛の首」の真の話です。
 
  また、この話には更に追加があり、クラークによれば、この話を、「聞いたのでなく」「読んだ人」は、すべて頭が「牛の首」に変化するのです。しかし、牛の首に変化したことが分かるのは、カウォヴァー・マインドだけで、カウォヴァー・マインドは、時間が円環で閉じているので、遙か未来に発狂するはずが、遙か過去にすでに超宇宙狂牛病に冒され狂っており、その遺骸を消却処分したエネルギーで、この宇宙のビッグ・バンが始まったのだとも言われているというのです。
 
  ヒマラヤの奥地のラマ教寺院には、「牛の首の鐘」という秘宝があり、これは千年に一回、弥勒菩薩の化身である、ダラダラ・ラマがつくそうですが、この鐘が、「ローン」と響くと、その振動が、宇宙中に伝わり、聞こえる人には、「牛の首の時は来たり」と聞こえるそうです。この響きは一度鳴り出すと、何千年も続き、この音を聞いて発狂した人は、歴史上数知れないとされます。
 
  また、この音の結果、狂い死にした人は、死ぬ前、「《牛の首》の話を聞いたか? 俺はあんな恐ろしい話は聞いたことがないが、どんな話かは知っている。何時かお前にも聞こえて来たら、わしの言っていることが真実だったと分かるだろう」と言って、涎を垂らしながら死んで行くのだそうです。
 
  わたしは、まだ「牛の首の鐘の音」を聞いたことがありませんが、聞いたという人が書いた文章のなかで、こういうことを読んだことがあるのです。
 
  「牛の首」には、もっと恐ろしい話があるそうですが、それは余りに恐ろしくて、本当に誰も聞いたことも読んだ事も、想像したことも考えたこともないので、どこにもないのだと言われています。
 
  以上が「牛の首」の秘められた話です。
  真偽のほどは、誰にも分からないと、バプテスマのヨハネが、ヘロディに首を切られる前に言ったとの伝説があります。サロメは、牛の首を銀の盆に乗せて、ヘロディの前で踊ったと言われますが、これも真相は分かりません。
 
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

野暮」に関するQ&A: 野暮ってどういう意味?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qショートショートのオチ

あるショートショートのオチが知りたいです。
結末か、作者名、タイトルのどれか
分かるかた教えてください。
こんな話です。

「水晶玉占い師たちがその異変に最初に気づいた。
 ある日以降のことが水晶玉に写らなくなった。
 科学的調査が始まり、その日があることがわかったが、
 その時以降どうなるかは解明されなかった。
 時間は経過し、その日がやってきた。
 一見何事も起こらないようだったが、
 しかし異変は起こっていた。           」

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

タイトルは失念しました。星新一か、星新一編時代のショートショートの広場(講談社文庫)に掲載の作品だと思います。
以下粗筋(記憶だけで書いていますので全然違うかも知れません。その際は御容赦)。

その日は1999年7の月。
その日が過ぎると・・・またその日が始まった。食べたものや壊したものがなぜか前日の通りに。
 やがてもっと不可解なこと、死者が蘇る現象が起来ていることに気づく。
 「その日」以降新しい死者から順に生きかえり出していた。
 食料は翌日になると復活するし、年老いないし、死なないのでまったりと暮らし出す人類。主人公の元にも死別した彼女が復活し、同棲生活が戻ってきた。
 そんな日々のある一日主人公は「いつまでこんな生活が続くんだろう」と洩らすと彼女は「あと1900年位よね」。
 意外なほど明晰な答えに「なんで?」と聞きかえす男に彼女はこう答える。「その位になると裁きをする人(=キリスト)が復活するでしょ」

Qおすすめのショートショート、教えてください。

 現在、マスコミへの就職を目指している大学三年生のBoyです。

 いま、作文の練習として「三題噺」という、3つの決められた言葉を使い、オチのあるストーリーを作る練習をしています。
 話を組みたてるのには苦労しないのですが、うまくオチをつけて落とすことができません。
 オチのある話を読んで、やり方をつかむといいと話に聞きました。
 オチのある話のなかでも、SFショートショートあたりがいいみたいと聞いています。

 そこで、聞きます。
 オススメのSFショートショートの本を教えていただきたいのです。
 作家さんでもかまいません。よろしくお願いします。 

Aベストアンサー

やはり星新一でしょう。・・・ほんとは彼以外に知らないのですが。なんせ、SFショートショートというジャンルそのものが星新一の登場とともにできたわけですから。
私も10冊くらい読んだ覚えがありますが、ショートショートゆえに「お薦めはこれ!」ってのがありません。間違って長編やエッセイを選ばない限りはどれを読んでも当たりです。
強いていえば、作品ごとの人気投票をしているHPもありますので、それを基準にしてもいいかと思います。

漫画なら藤子・F・不二夫のSF短編集を強くお薦めします。とてもドラえもんを描いた人とは思えないような作品もあり、あちこちにいい“オチ”があります。藤子不二夫Aの短編もありますが、あまりに質が・・・。
ややSF色の弱いものとしては手塚治虫の短編集もいいですね。

以下、ご質問の回答ではない蛇足になります。

意外性のあるストーリーといえば、ベタですがシドニー・シェルダン。長いけど読みやすい。

意外性とともにユーモアセンスの勉強がしたいなら、中島らも。「明るい悩み相談室」は星新一より短く、普通の人間では得られない回答が返ってくる秀作です。エッセイもお薦め。

三題噺の元祖といえば、古典落語。短く、わかりやすく、まとまったストーリーでオチまでついています。当たり前ですが・・・。

参考URL:http://kyoto.cool.ne.jp/hayabi/hosi.html

やはり星新一でしょう。・・・ほんとは彼以外に知らないのですが。なんせ、SFショートショートというジャンルそのものが星新一の登場とともにできたわけですから。
私も10冊くらい読んだ覚えがありますが、ショートショートゆえに「お薦めはこれ!」ってのがありません。間違って長編やエッセイを選ばない限りはどれを読んでも当たりです。
強いていえば、作品ごとの人気投票をしているHPもありますので、それを基準にしてもいいかと思います。

漫画なら藤子・F・不二夫のSF短編集を強くお薦めします。と...続きを読む

Qオチの効いたショートショートを探しています。

色々とショートショートを読んでいるのですが、当たりハズレが多くて困っています。

熱烈なファンの方には申し訳ないのですが、
星新一作品はとてもいい話もあるのですが、つまらない話もけっこうあると個人的に思います。
たまにうんざりして本を投げ捨ててしまいます。
そんな苦痛を味わうのはもう嫌だ!という一心です。

そこで皆さんが読んで、これは最高に面白い!と思った一篇を教えていただけますか?
名手と呼ばれる方でも当たりハズレがあって当然なので、できれば短編集の中から一篇を挙げていただけるとありがたいです。

以下は私が読んで、これは最高に面白い!と思った話です。

●フレドリック・ブラウン
『みどりの星へ』

●オー・ヘンリー
『賢者の贈り物』
『緑の扉』
『金の神と恋の使者』

●ロアルド・ダール
『女主人』
『牧師のたのしみ』

●星新一
『うさぎとかめ』
『交代制』
『なるほど』

いかがでしょうか?
こういったストーリーの展開やオチが面白い作品を探しています。
ジャンルは問いません。
しかし、雰囲気や設定を重視している話はNGです。
あくまでストーリーの展開とオチが面白いモノを探しています。

※できれば本をたくさん読まれている、自信のある方だけお願いします。
10篇の中からベスト1を選ぶのと、1000篇の中からベスト1を選ぶのとでは、後者の方が信憑性が高いと思うので。

長文たいへん失礼しました。
皆さんの知識をお借りしたいと存じております。

よろしくお願いいたします。

色々とショートショートを読んでいるのですが、当たりハズレが多くて困っています。

熱烈なファンの方には申し訳ないのですが、
星新一作品はとてもいい話もあるのですが、つまらない話もけっこうあると個人的に思います。
たまにうんざりして本を投げ捨ててしまいます。
そんな苦痛を味わうのはもう嫌だ!という一心です。

そこで皆さんが読んで、これは最高に面白い!と思った一篇を教えていただけますか?
名手と呼ばれる方でも当たりハズレがあって当然なので、できれば短編集の中から一篇を挙げて...続きを読む

Aベストアンサー

ショートショートの奇才、ジェフリー・ディーバー 著
原題はズバリ Twisted 「ひねった(作品)」
邦題「クリスマス・プレゼント」(中の作品の一つです)
帯には「どんでん返し16連発」とあります。
ディーバーワールドにハマりますよ。(^^)
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%83%88-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC-%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BC/dp/416766187X/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1243758481&sr=8-1

Q怪談関係の書籍で紹介されていた内容

とあるホラー・怪談関係の書籍で、次のような内容が紹介されていた気がするのですが、載っていた書籍か、紹介されていたであろう物語に心当たりのある方は教えてください。

「怪談(本)集めをしている青年がいて、その行為を進めていくうち、青年自身が怪異に遭遇するようになっていく、という物語がある」

怪談についての文脈の中で紹介されていた気がします。泉鏡花絡みかもしれません。

Aベストアンサー

かなり前に読んだもので、自信はないのですが
『怪談熱/福澤 徹三』の中にそのような短編があったように思います。
ご参考までに。

Qどうしても読みたい!

以前にも質問させて頂いたのですが手がかりになることが得られず、もう一度質問致します。
エニド・ブライトン著書の【おちゃめなふたご】シリーズの一番最後の巻?【おちゃめなふたごのさいごの秘密】は手に入れることはできますか?それ以外の本は根性?で手に入れることができたのですが、どこをどう探しても【さいごの秘密】だけが手に入りません。
どなたか、レアな古本屋さんや置いてあるのを知ってるという方教えてください!!当方、東京住まいなので遠方の場合は通販などで購入できたら嬉しいです。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

No.1です。

ネットオークションや、ネット上の古書店などを探しましたが、アマゾンしか
在庫がないようです。
アマゾンの古本はクレジットカードでしか決算できませんので、カードを持っている
知人に頼んで取り寄せてもらってはどうでしょうか?


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報