【おすクラ 第7回】

この交響曲は番号でもめるので「シューベルトの8番のおすすめ」といったような標記ができなかったことをあらかじめお断りします。

この交響曲を、みなさんはどの演奏で聴いているのでしょうか。
また、この曲の魅力的な部分、聴きどころとはどこでしょうか。感想でも思い入れ、こだわりでも結構です。

ちなみに現在僕の所持しているものはギュンター・ヴァント/ベルリンフィルの盤ですが、他のものと聴きくらべをしたことがないので、いろいろと教えてもらえればと思います。
今までの選曲上、最も長い曲ですが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

フルトヴェングラー、ベルリンフィル。


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005F …

なんと行っても凄いのが、第一楽章の序奏から第一主題に入るところの、なんというか、凄い勢いで、第一主題に突入していくところなんか、一番聴き所。こういう演奏をする人はたぶんいない。楽譜的にもある意味正確ではないが、きっとシューベルトはこう演奏して欲しかったのではないかと思わせる演奏です。第四楽章の勢いも凄いです。コーダに向かってまっしぐら。
ある音楽評論家が、もしCDを一枚だけこの世に残してよいというならば、フルトヴェングラー、ベルリンフィル、のシューベルトのザ・グレートであるといっていました。クラシック名盤でも定番の演奏です。
わたしは、カップリングは個人的には、ハイドンのV字が好きです。たぶんそれがオリジナルだと思います。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005F …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>フルトヴェングラー、ベルリンフィル。
なるほど、この名コンビで来ましたか。

>凄い勢いで、第一主題に突入していくところ
楽譜に忠実にというスタイルより前の方ですからね。持って行き方が巧妙なほど、感動もひとしおといったところでしょうか。

>第四楽章の勢いも凄いです。コーダに向かってまっしぐら。
涎が垂れそうです。これは聴いてみたい。

>わたしは、カップリングは個人的には、ハイドンのV字が好きです。たぶんそれがオリジナルだと思います。
フルトヴェングラーは2回グレートを入れていますね。42年と51年のものです。V字とのカップリングは51年の録音のようです。

ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/27 11:56

この曲には「いけない」思いでがあります。


1975年カール・ベームがウィーン・フィルと共に来日しました。(因みに私が住んでいた新潟にはドホナーニでしたが)
その時の演奏曲目にこの「グレート」がありました。演奏を聴いていて「ベームって死にそうな指揮ぶりだな、あと5年ももたないだろう」なんて友達と話していましたら、本当に6年後に亡くなってしまった。
確かに当時81歳と当時では高齢の方でしたから・・
でも、指揮がいいのかオケがいいのか演奏は良かったと思います。当時120分テープにエアチエックして何度も聴いて、しまいにテープがだめになった記憶があります。
そう、ベルリン・フィル盤は確か番号が7(9)番でした。参考URLにあるようにいろいろあるもんですね。
聴きどころはミーハーかもしれませんが第2楽章のオーボエがとっても素敵(演奏にもよりますが)です。
あと、個人的には第1楽章の終わり方がモルト・リテヌートの方が好きです。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~eh6k-ymgs/sym/sch-ed …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ベームの来日公演は廉価盤で出ているようですね。ぜひ聴きたいと思っています。

>第2楽章のオーボエがとっても素敵
跳躍気味に歌うところですね。僕はこの楽章では「チックタックチックタックボーンボーン」と歌いたくなるあの部分が好きです。

>個人的には第1楽章の終わり方がモルト・リテヌートの方が好き
昨日バルビローリ/ハレと、チェリビダッケ/ミュンヘンを買いました。後者の方がこの楽章のコーダはリテヌートしていますね。前者はまっすぐ行ってしまう感じです。チェリビダッケは第1楽章はいいんですが、それ以後があまり気に入りませんでした。

どうもありがとうございます。皆勤ご苦労様です。

お礼日時:2002/03/27 12:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシューマン、シューベルトのピアノソナタ等の難易度

のだめカンタービレで出てきたシューマンのピアノソナタ2番と、シューベルトのピアノソナタ16番を来年の発表会(1年後なんですが…。例年5ヶ月くらい前から練習開始します)で弾いてみたいと思うのですが難しいでしょうか。ちなみに、今年はショパンの即興曲1番を、去年はベートーベンのソナタテンペスト第3楽章を弾きました。普段はチェルニー30番(もうすぐ40番)、モーツァルトのソナタ、バッハインベンションをやってます。
他にも、ショパンのバラード1番、別れの曲、ノクターンの8番、ベートーベンのソナタ熱情なども弾いてみたいのですが…。
その他お勧めとかあったら教えてください。

Aベストアンサー

シューマンのピアノ・ソナタ2番は1楽章なら弾いたことがありますが、他の楽章はかじった程度です。
難しいといえば、難しいかもしれませんが、弾こうと努力すれば結構弾けるものですよ。あきらめないことが大事です。
シューベルトはきっと暗譜しやすいですよ…。
ショパンのバラードは大変難しいと思うのでそんなにお勧めしません。
シューベルトの即興曲とか、メンデルスゾーンのアンダンテ・カンタービレとプレスト・アジタートロ長調は素敵ですよ。無理してでも弾きたい曲があったら、とりあえず挑戦してみてください。弾かなければよかったとか思うときもありますが、後になればいい思い出です。
がんばってくださいね。

Qクラシック通の方に質問です。 ベートーベンの交響曲第7番を 「ベト7」と略して言うと聞いた事があり

クラシック通の方に質問です。

ベートーベンの交響曲第7番を
「ベト7」と略して言うと聞いた事があります。その他にも略語で呼んでいる曲はありますか?

Aベストアンサー

通というほどじゃないですが

ほかの回答にもありますが、自分が一番変な感じしたのは
ドボルザークですね。語感が悪すぎるというか「ドボハチ」とか
えらく泥臭い響きですね

ショパンのバラードはショパバラ。「ショパバラの何番」みたいな呼びかたをします

ブラームスのコンツェルとをブラコン

白鳥の湖を「白鳥湖(はくちょうこ)」
くるみ割り人形を「くるみ」花のワルツを「花ワル」
でもこれらはどちらかというとバレエの人たちが使います

プロコフィエフはたいがい「プロコ」チャイコフスキーは「チャイコ」と呼んでました
「プロコの○番」「チャイコの○番」 でも「プロ○」「チャイ○」
って呼ぶ場合もありますね
ショスタコーヴィッチも「ショスタコ」と呼んでいました

あとは、聞く側のファンが使うかとか、団体によっても違うかもしれませんが
練習などとりかかってる曲みたいに日常的に呼ぶ場合は、略すことがありますね

チャイコフスキーの「イタリア奇想曲」を→「イタ奇」とか
「ロミオとジュリエット」→「ロメジュリ」
この辺りは比較的通じると思います

薔薇の謝肉祭を「バラシャニ」と呼んでいたこともありましたが
これは一般的じゃないかも


一応こんなまとめられた情報もあるようですね
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E3%81%AE%E6%9B%B2%E5%90%8D%E3%81%AE%E4%BF%97%E7%A7%B0%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7

あと、意外とジャンルが違うと通じないかも。
オケ好き、とかオケやってる人は意外とピアノ曲はあまり聞かないとか
その逆もあったりするので…。

どうしても略語なので、狭い世界での話にはなるのではと思います。

通というほどじゃないですが

ほかの回答にもありますが、自分が一番変な感じしたのは
ドボルザークですね。語感が悪すぎるというか「ドボハチ」とか
えらく泥臭い響きですね

ショパンのバラードはショパバラ。「ショパバラの何番」みたいな呼びかたをします

ブラームスのコンツェルとをブラコン

白鳥の湖を「白鳥湖(はくちょうこ)」
くるみ割り人形を「くるみ」花のワルツを「花ワル」
でもこれらはどちらかというとバレエの人たちが使います

プロコフィエフはたいがい「プロコ」チャイコフスキーは「チャ...続きを読む

Q日本におけるシューベルトの評価は正しい?

 シューベルト = 「未完成交響曲」
 シューベルト = 「歌曲王」
 シューベルト = ロマン派初期の一作曲家

日本におけるシューベルトの評価はこんなものじゃないでしょうか。

シューベルトの評価は、なぜ、かくも低いのでしょうか?
 ───シューベルトは、弦楽四重奏曲やピアノソナタも数多く残しているのに・・・。───

それとも、この評価が正当なものなのでしょうか?


教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

シューベルトについて、客観的に評価をお伝えすれば済むかと思っていたら、思わぬ方向へ行っていますね。このサイトではそう簡単には行かないようです。

書き終わってみると、4000字を超えていそうなので、2回に分けて出すことになると思います。

お礼に書いていただいたことについて補足する前に、交響曲の話をしておいた方がよさそうです。日本でなぜこのようになっているのか、驚くばかりですが、理由はいくつか考えられます。それは、権威とか、定説とか、古典時代の価値観ということとは違う話です。まず、録音などがなかった時代の、ヨーロッパでの、日常の音楽の楽しみ方を考えてみてください。オーケストラの演奏会にしょっちゅう行けるわけもなく、ラジオで聞くこともできません。したがって、当時は、サロンや家庭で演奏して楽しめる室内楽や歌曲は重要な楽しみで、作品もたくさん書かれました。こういう習慣は、日本には根づかなかったといっていいでしょう。明治、大正や昭和初期が舞台になったドラマなどで、時々上流階級の人たちがそのようなことをやっているシーンがありますけれど、ごく限られたものです。ですから、室内楽や歌曲を日常的に楽しむ伝統そのものが、日本にはないといえます。また、洋楽導入期には、オペラのような大掛かりなものはなかなか日本人だけでは上演できませんでしたので、そうなると結局、オーケストラになります。そういう日本特有の歴史的背景があると思います。もう一つは、現代の問題です。ジャズやロックなど、電気的に拡声された大音響に耳が慣れてしまっている現代人には、室内楽や歌曲、ピアノ独奏の地味な曲などは物足りないでしょう。だからマーラーのような、大オーケストラの交響曲が人気になるのです。オペラは、歌詞が外国語な上、話の舞台も、なじみのない、昔の外国ですし、ジャズシンガーなどの、ストレートで生命力にあふれる声を聴いてしまっている人には、クラシックの発声法が我慢できないというのもよくわかります。

交響曲というジャンルは、確かに西洋音楽史の中で見れば、器楽の作曲法が集大成されるジャンルですから、重要視されるのは仕方のないことです。ただ、交響曲における業績だけで作曲家の価値を図るというのは偏った考え方です。今書いたような歴史的な事情のほかに、日本でそういうことを主張する人たちがそんなに多いのでしょうか。私が今一番心配しているのは、日本の二流評論家や怪しげな文化人の発言が、音楽愛好家に信じられて、インターネットなどで広まることです。ときどきそういうサイトを見かけます。そういえば、佐村河内氏が登場した時も、マスコミが、「交響曲はクラシックで最も作曲が難しいジャンル」とかなんとかいうコメントがあって、あきれました。長くなるので詳細は省略しますが、技術的に言えば、それぞれのジャンルには、それぞれの難しさがあります。もっとも、日本のマスコミは、ちょっと目立った業績を上げた人がいると、必ず「最高の」というのがお決まりです。某ピアニストがある国際コンクールで優勝した時も、もう一人の優勝者にはほとんど触れず、ショパン・コンクールやチャイコフスキー・コンクールも無視して、「世界で最も難しいコンクール」と報道しました。多くの人がそういう報道に乗せられます。

それと、歴史的な事情で忘れてはいけないことがもう二点あります。ドイツ語圏で交響曲が発展したのは、別に音楽的に先進国だったからではなく、たまたま交響曲というジャンルが、ドイツで開拓、発展された、という事情によります。交響曲の原型は、古い時代のイタリア・オペラの序曲ですが、それを交響曲として発展させたのが、ドイツのマンハイム楽派の作曲家たちです。モーツァルトも、このマンハイム楽派の交響曲の影響を受けました。その後の、ドイツ語圏での交響曲の発展には、やはり、ドイツ語圏特有のロマン主義があると思います。交響曲を書くにあたって、やはり、この世界全体を包括するようなものを作り上げようという気概があったと思います。これがよくわかる例は、マーラーとシベリウスが会って話した時のエピソードです。二人の意見は合いませんでした。しかし、オペラに関しては、ドイツよりも、イタリアやフランスの方が先行しています。国や文化圏によって、発展するジャンルに違いが出たというだけです。もう一つの歴史的事情は、明治維新後の洋楽導入期には、まず、おもにドイツ人によってドイツの作品が伝えられた、という事実です。おそらく、ここがおおもとだと思います。

さて、私はしばらくシューベルトを聴いていなかったので、改めて少し聞いてみました。第1番は、さすがに習作風で、やや平凡ですが、オーケストラの扱いはすでに熟練しています。第2番も第3番も、非常に質が高く、軽視するべきものではありません。むしろ、ベートーヴェンの第1番や第2番より面白いくらいです。もちろん、クラシックファンが好むような、超名曲のような派手さはありませんが、傑作ぞろいです。作曲家の目から見れば、シューベルトは立派な交響曲作家だと思います。日本では、そうみなされていないのかもしれませんが、ヨーロッパではそんなことはないと思います。それから、シューベルトが作曲家として過大評価されているという話は、これまで音楽をやってきて、聞いたことがないのですが、日本の評論家か何かがそんなことを言っているのでしょうか。私はウィーンに12年近くいましたが、過大評価されている、などという話は聞いたことがありません。一体どうなっているのやら。

ゲーテが、後年、シューベルトの歌曲の評価を変えたという話、よくお調べですね。実は、先の回答で触れたドイツでの講演にも、そのエピソードは含まれていたのですが、長くなるので省略しました。以前、私の翻訳が出ていたサイトがあったので、それを御覧になったのかと一瞬思ったのですが、出典が違いますね。ただ、ゲーテが後悔した、と言い切れるのかどうかは疑問です。この部分だけ、私の訳を引用してしまいますが、

「この曲は、前に一度聞いた時はちっともいいと思わなかったけれど、こういう風に演奏されると、全体がはっきりしたひとつの情景となるね。」この話は、実に好意に満ちたように聞こえますが、本当に理解したとか、ましてや感動したなどということはいえないでしょう。

ということになっています。

>◇バルトークを忘れていますよ♪

いえ、忘れていません。「一気に下って」、と書いたじゃありませんか(笑)。全部書ききれないからです。あと正直言うと、バルトークは、われわれ作曲家は技術を学ぶために必ず見ますけれど、そうそう聞きたいと思う曲ではないんです。

>私にとって不思議なのは、『魔王』のピアノ伴奏の素晴らしさが、なぜ、ピアノソナタに生かされていないのかです。

前回お話ししたように、シューベルトのピアノの腕はそれほどではありませんでした。「魔王」のピアノパートも、「自分には難しすぎる」と言ったそうです。技巧的な曲としては、「さすらい人幻想曲」というのが知られていますが、指使いの面からみると、あまり合理的でなく、弾きづらいところがかなりあります。ピアノを勉強するときも、シューベルトのソナタは、カリキュラムに組み込みにくいのです。シューベルトを弾くことで、指の技術の向上を期待することはできないので、せいぜい、「即興曲」や「楽興の時」くらいです。ソナタに取り組むのは、音大に入ってからか、プロになってからということになります。

リストの評価については問題がありますが、ここでは省略します。

他の回答にされたコメントに関してですが、

>オペラとオペラ作曲家の評価が低すぎます、日本は。

そうですか? オペラ・ファンはたくさんいると思っています。海外のオペラの来日公演も目白押しです。招聘するには巨額の費用が掛かります。もちろんスポンサーあってのことですが、切符が売れなければできないことです。最近は、ヤナーチェクなどのオペラも評価されるようになってきて、よいことだと思っています。ツィンマーマンの「兵士たち」や、ライマンの「リア王」など、現代音楽のオペラも上演されるようになっています。

>日本人のクラシックファンは、番号の付いていない交響曲を聞きたがらない、という傾向があるように思います。ベルリオーズの『幻想交響曲』やR.シュトラウスの『アルプス交響曲』はバッタもん扱いされ、番号の付いていないチャイコフスキーの『マンフレード交響曲』は見向きもしない。しかも、フランスの偉大な作曲家サン=サーンスの交響曲は、ドイツ人作曲家の交響曲より数段価値が劣るものと考えられている。第3番の『オルガン付き』もイロモノ扱いだし…。

これ、本当にそうなんですか? だとしたら日本には失望しますよ。「マンフレード」はあまり聞いていませんが、ほかの曲は皆好きです。作曲家のほうが、ファンの方たちより通俗的ということですか(笑)。オネゲル、渋いですねー。デュカ、ショーソン、ルーセルなどもご存じなんですか?

後、日本の偏ったところは、ニックネームのついた交響曲に群がることですね。そもそもヨーロッパの演奏会のプログラムには、「運命」「合唱付き」などと記載されません。作曲家自身の命名でないものは、書かないことが多いです。日本人の通俗的なところ、というかブランド志向というか、テレビの美術番組でも、ゴッホの「ひまわり」や、モネの「睡蓮」ばかり繰り返し出てくるではありませんか。

この辺で終われるかと思っていたのですが、書いている間に新しい意見が寄せられたようです。

(続きます)

こんにちは。

シューベルトについて、客観的に評価をお伝えすれば済むかと思っていたら、思わぬ方向へ行っていますね。このサイトではそう簡単には行かないようです。

書き終わってみると、4000字を超えていそうなので、2回に分けて出すことになると思います。

お礼に書いていただいたことについて補足する前に、交響曲の話をしておいた方がよさそうです。日本でなぜこのようになっているのか、驚くばかりですが、理由はいくつか考えられます。それは、権威とか、定説とか、古典時代の価値観ということと...続きを読む

Qストラヴィンスキーの詩編交響曲のおすすめ

【おすクラ 第5回】

僕はこの曲をなかなかいい曲だと思ってはいますが、それでも難解で困っています。
みなさんはこの曲をどんな演奏で聴いていらっしゃいますか? そして、この交響曲の聴きどころはどこだと思いますか? 感想でも結構です。

ちなみに、僕自身は自作自演盤とアンセルメの盤を聴いています。よりおすすめのものがあれば教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして、クラシックは好きなんですがあまり詳しくなくて…
押入れを探したら、何年も封を切っていなかった自作自演盤CD22枚組を見つけました。
輸入版なので、恥ずかしながら、辞書を引いて確認しました。
「Symphony of Paslms」で良いのですよね?
録音が1963年3月30日トロントのやつです。

初出年代をチェックしていないので、比較に出した曲との前後関係が分かりません。稚拙で素人っぽい感想になりますがその点は笑って許してください。耳もあまり良くないし、こんな私で済みません。

「Part1」は 出だしのピチカートとピアノが良いですねぇ。そのあとチョットだけ「春の祭典」の臭いがします。ファゴットのせいかなぁ?ハープのせいかなぁ?結構好きです。
「Part2」は いわゆる「現代音楽」といった感じで難しいですね。宗教色も一番強く出ている感じがします。この曲は「何がなんだか分からない超難解な現代音楽」という感じではなくて、ちゃんと音楽として聞こえるし、実験的な雰囲気?は なかなか良いのではないかと思います。金管と木管が不安な気分に引きずり込んでくれます。そんな気がします。
「Part3」は この中では一番聴きやすい曲ですね。Part2で陰鬱になった心を癒してくれる気がします。やっぱり「春の祭典」の臭いがする? 後半にはホルストの惑星をチョット思い浮かべてしまいました。ハープと女声とオーボエのせいかなぁ?
ところで、耳が悪いのか、頭が悪いのか、聴き取れる詞は「ハレルヤ」だけでした。(笑)
初めて聴きましたが、総合的にこの曲は好きですね。別の音源でも聴いてみたいですね。

次回はプロコフィエフあたりはどうでしょう? ←調子乗りすぎ??

はじめまして、クラシックは好きなんですがあまり詳しくなくて…
押入れを探したら、何年も封を切っていなかった自作自演盤CD22枚組を見つけました。
輸入版なので、恥ずかしながら、辞書を引いて確認しました。
「Symphony of Paslms」で良いのですよね?
録音が1963年3月30日トロントのやつです。

初出年代をチェックしていないので、比較に出した曲との前後関係が分かりません。稚拙で素人っぽい感想になりますがその点は笑って許してください。耳もあまり良くないし、こんな私で済みません。
...続きを読む

Q質問します。松本隆さんの曲を教えてくださいね。お気軽にどうぞ。

質問します。松本隆さんの曲を教えてくださいね。お気軽にどうぞ。

Aベストアンサー

ルビーの指輪
寺尾聰

Q大奥 広島公演 第2回先行予約

こんにちは。
6月にある大奥の広島公演へ母を連れて行きたいと思っています。
昨日テレビを見ていたら,突然「第2回電話先行予約」が始まったというCMを見たような気がしました。
一瞬で,詳細が分からず,ネットで色々調べても分かりません。
朝からテレビを見ていてもCMをしないし,電話での問い合わせもどこにしたらいいんだか(問い合わせ先は,土日は受け付けてくれないそうなのです。)・・・
どなたか,第2回電話先行予約についてご存知の方,至急教えてください!!

Aベストアンサー

その先行予約というのは、CMを見た人だけの、限られた時間帯のみの受付かもしれませんよ。
電話も、それ用の特設番号の場合があります。

Qシューベルトの【ます】について

シューベルトの【ます】は、なんの ます ですか?
お魚のますですか?

この曲について詳しく知っている方、作曲背景などもできれば教えていただきたいと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

詞はシューバルト
曲はシューベルト
一字違いでややこしいですが....。

歌曲内では漁師が水を濁して、ますを捕らえるところで終わりですね。
原詩ではその続きがあります。

漁師は誘惑する男
ますは乙女。

男は水を濁し、視界を遮ってあなたを捕まえようとチャンスを狙っています。娘さん、気をつけなさい。というような無いようです。

男はオオカミなのよ♪ 気をつけなさい♪
と古いですが、言わんとするところは同じです。(^_^)

Q第1回フジロックフェスティバルの伝説って何ですか?

台風ですごかったということしか知りません。
というより、某掲示板でちらっと見かけてすごく気になっています。

一体何があって伝説のフェスタとなったのでしょうか?

Aベストアンサー

参考URLをご覧下さい。
恐らくもっとも情報がまとまっているページです。
要するに台風が来て天気が最悪で二日目は中止になって、でもそんな中で大騒ぎしてた、という事です。

参考URL:http://www.fujirockers.org/past_express/previousfrf97.html

Qシューベルトのピアノソナタ全集を買ったものかどうか

HMVのショッピングサイトで、シューベルトのピアノソナタ全集 ミヒャエル・エンドレス(独,P)6CD 1844円とあり、あまりにもお買い得なので、買ってみようかと思ったのですが、どなたか既に購入済みの方いらっしゃいましたら、内容を教えてください。
値段が値段ですから、購入後文句を言うような金額では無いのですが。 

Aベストアンサー

このCDを持っているわけではないのですが、ご参考になればと思い、投稿します。

ミヒャエル・エンドレスが今どんな活動をしているのか詳細はわかりませんが、以前は歌手のヘルマン・プライと「冬の旅」などを共演していましたね。プライの来日公演でもエンドレスがピアノを弾いたことがありましたが、表情が豊かで、とても美しい音楽を創りあげていたのが印象的でした。

エンドレスはおそらくシューベルトは得意としているのではないでしょうか。静かに耳を傾ければ、エンドレスのメッセージが伝わってくるような気がします。

シューベルトのピアノ・ソナタが全部聴けて2000円しないなんて!教えていただき、こちらこそありがとうございました。ぼくは早速買ってみます。

Q初心者にお勧め シューベルトの(美しき水車小屋の娘) CD

クラッシック初心者です。
シューベルトの『美しき水車小屋の娘』のメロディの美しさについて、人から話を聞き、是非、聞いてみたいと思いました。
インターネットで検索し、CDを調べてみたのですが、とてもたくさん発売されていて、どのCDを買ったらいいのか迷ってしまいました。
『美しき水車小屋の娘』が収録されていることを条件に、シューベルトの作品を集めたものでも、他の人が作った作品と一緒のオムニバスものでも構いません。初心者にお勧めのCDを教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

シューベルトの「冬の旅」「白鳥の歌」とともに3大歌曲集といわれているだけあって、いろいろCDもでていると思います。特に「美しき水車小屋の娘」は普通は男性によるものがおおいのですが、女性によるものもあります。
D・フィッシャー・ディースカウ(POCG30171 ¥2000)、ヘルマン・プライ(COCQ85131 ¥1785)あたりが無難ではないでしょうか。


人気Q&Aランキング