位置情報で子どもの居場所をお知らせ

単品コンポを色々検討しているのですが、アンプとプレーヤーはマランツかデノンにするつもりです。
入門用にはいいらしいからというだけで、深い理由はありません。
廉価品の価格を見るとマランツの方が少々安いようなので、どちらかと言えばマランツにすると思います。
問題はスピーカーです。
何がいいのか全くわかりません。
置き場所をあまり選ばないという事で一時はボーズがいいかとも思いましたが、実際にはブックシェルフ型とトールボーイ型のどちらがいいかも決め兼ねている有様です。
そしたらマランツのサイトで、B&Wとのセットが紹介されていました。
メーカーのサイトで奨励しているくらいなら、この両者は余程合うのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

No.2 です。



ご予算が10万円となると、CDプレーヤー、アンプ、スピーカーにそれぞれ3万円、ケーブル、アクセサリーに1万円くらいという配分になると思います。これだと、CDプレーヤーやアンプは DENON か marantz に...という方向にならざるを得ないかもしれませんね。総額15万円くらいだと、かなり幅広い選択ができるのですが...

敢えて他のメーカーをお勧めするなら、アンプに CEC AMP3300R をお勧めします。もしくは、CDプレーヤーを CD3300R に。独自性を出すというのもありますが、値段を考えると非常に高いポテンシャルを持っていますので、他の部分をアップグレードしてもそのまま使い続けられます。

スピーカーは、お部屋が6畳とのことですが、ペア3~4万円のスピーカーなら、たいていの場合ブックシェルフの方が良いといって間違いないと思います。ただし、別途スタンドを使うか、頑丈なローボードのような家具の上に置く必要があります。

この価格帯のスピーカーだと、TANNOY Mercury F1 か F2、Highland Audio AINGEL3201 あたりでしょうか。Monitor Audio Bronze B1 も手が届くかもしれません。

あとは、ラインケーブル、スピーカーケーブルに、monitor の安いものを。金額的に苦しければ、ラインケーブルは、ブリスターパックで売られている Victor や SONY の安いものでも間に合います(溶接タイプが良い)。

もう1つの選択肢は、単品コンポではなく、ミニコンポにしてしまうことです。たとえば、Victor の EX-A1 や、EX-A10 + XV-EXA10 などは、かなり面白い製品だと思います。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

再度の回答ありがとうございます。
十万円と言うのはどんなに高くてもせいぜいそのくらいまでと言う事であって、安い程有り難いんです。
CECは値段の割に性能のよい製品を出しているとどこかの書き込みで読みましたが、今回は自分が全くの素人と言う事もあり、いかに低予算でそこそこよい組み合わせができるかと言う点を眼目にしたいと思います。
ただ、だからと言ってセット品を買ってしまったら組み合わせもないもないので、やはり自分なりに選んでみたいと思います。
スピーカーは、既にB&Wに決めたと言う訳ではないんですが、メーカーで奨励しているくらいなら余程相性がいいのかという事を聞きたかっただけなので、どれにするかは引き続き検討したいと思います。
ところでマランツのサイトを見てもう一つ疑問だったのですが、一番安いアンプ、プレーヤーにはB&Wの一番安い物を組み合わせています。

http://www.marantz.jp/ce/products/audio/m_dialog …

やはり一番安い機種ではもっと大きいスピーカーは鳴らし切れないのでしょうか?

お礼日時:2006/10/19 16:46

>>メーカーで奨励しているくらいなら余程相性がいいのか //



そのメーカーの思う「良い音・良い相性」と理解できるかと思います。その相性が他の人にとっても良いと感じるかは別の話ですし、最終的に聞こえてくる音を良い(好き)と感じるかも、また別の話です。

>>一番安い機種ではもっと大きいスピーカーは鳴らし切れないのでしょうか? //

必ずしも、価格と音の間に、純粋な比例の関係ができるわけではありません。安くても良くできた製品というのはあり得ますし、高くてもなんだかなぁという製品も少なからずあります(もちろん値段に比してという意味で)。
しかし、より性能の優れた工業製品を作るには、よりコストがかかることもまた事実です。他の部分が全く同一でも、電源トランスを一回り大きいものに変えるだけで音が良くなるということは、かなり一般的です。

ですから、アンプの能力によって、おのずと使えるスピーカーも決まってきます。いちばん安いアンプだからいちばん安いスピーカーでないとダメ、ということはありませんが、あまりスピーカーにばかり予算を割いても、ドライブしきれずに破綻したり、アンプの粗が見えたりして、良い結果は得られないでしょう。
どのアンプなら、どのくらいのスピーカーを使うのが良いか、というのは、一概にはいえません。この辺は、かなりケースバイケースです。

なお、「優れた製品を作るには金がかかる」という命題が仮に正しいとしても、その逆「金のかかった製品は優れている」は、必ずしも正しくないことに注意が必要です(オーディオに限った話ではなく、よくある錯覚です)。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再度の回答ありがとうございます。
意見も出尽くしたようなので、この辺りで締め切らせて頂こうと思います。

お礼日時:2006/10/30 17:53

>メーカーのサイトで奨励しているくらいなら


ちょっと一般的でないですが、B&Wの現地等欧米では「ROTEL」というAMPメーカーが広報等に使われることが多いです。(提携してるみたいですが)
もともと日本のメーカーですがほとんど海外向けで日本で扱いは少ないですが、一部で値段の割に高性能ということで人気があります。東京名古屋近辺なら一度試聴してみるのもいいかも?店、場所は検索で。
あと具体的なことを聞きたい時は、予算や聞くジャンル等も書くと答えが出やすいと思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
返答遅れ大変失礼致しました。
ROTELですか。
初めて聞きました。
予算や聞くジャンルは、マランツのサイトでB&Wとのセットが紹介されていた事を聞きたかったのでそこまではあえて書かなかったのですが、予算は全部合わせても10万円以内で、聞くジャンルはその時聴きたい物を聴いていて全く一定しないので、ジャズ向けとかクラシック向けとか得意分野を特定せず、言ってみれば万人向けのセットにしたいです。

お礼日時:2006/10/16 20:59

自称オーディオマニアです。



独断と偏見がかなり入っていますので、お気に入らなければ捨て置き下さい。

今までの投稿を見て頂ければご理解頂けると思いますが、現在のマランツとデノンのアンプ、プレーヤーの設計ディレクターは同じ人です。
ブランド名は違いますが、D&M (Denon&marantz)コーポレーションの中に両社はあります。
因みに、B&WもこのD&Mが輸入代理店です。

オーディオ専門店にB&Wスピーカーが置かれていると、殆ど英国製のアンプと接続しています。
私もB&Wのスピーカーは中音域のハッキリした音色を持つアンプと相性が良いという印象を受けました。
チョット偏っているかもしれませんが、フルデジタルのアンプには高音域がキンキンと高鳴り、耳障りな感がしました。
現在のマランツやデノンがそういうアンプだとは云いませんが、私には相性が良いとは思いません。
また、B&Wは一般的に能率の悪いスピーカーですので、アンプ選びには慎重にならざるを得ないと思います。

敢えてお薦めと云えば国産のアンプではB&Wには高出力のLUXかACCではないでしょうか?
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
返答遅れ大変失礼致しました。
いえいえ、大いに有り難いです。
B&WにはLUXかACCですか?
いずれも定評のある高級メーカーだと言う事は知っていますが、私の経済力ではとても手が出ないです。
気になったんですが、B&Wは能率の悪いスピーカーなのでしょうか?

お礼日時:2006/10/16 20:49

B&W と audioquest( aq ) を輸入しているのがマランツであったかと思います。

マランツ自身もプロ向けにはスピーカーを販売していますが(マランツ・プロフェッショナル)、民生用の製品はありません。いちおう、メーカー推奨のセットとしては、マランツの機械、aq のケーブル、B&W のスピーカーということになるのでしょう。

マランツや DENON が入門向けに良いといわれるのは、コストパフォーマンスが良いからかと思います。音そのものに関しては、メーカーそれぞれに思うところの「良い音」があって、それがユーザー個々人の目指す「良い音」に合うか合わないかですから、「良い音ですか」と訊かれても手放しで「はい/いいえ」とは言えません。

私に合うか合わないかということであれば、悪いとは思いませんが、また予算にもよりますが、ほかの選択肢を探します。

ブックシェルフかトールボーイかというのは、好みでしょう。サイズ的には、大きなものの方が低音が豊かになります。しかし、同時に、リスニングポイントまでの距離がとれないと、個々のユニットの音がブレンドされないまま聴いてしまうという場合もあります。また、箱が大きい方が補強などが難しくなりがちです。
また、人間の耳や脳は測定機械ではないので、数字では低音が良く出るはずのトールボーイより、ブックシェルフの方が豊かな低音に聞こえるということは稀ではありません。「大きいことは良いことだ」ではなく、部屋の大きさや価格に見合ったサイズのスピーカーを選ぶべきでしょう。

あとは、どのくらい音にこだわるか、ですね。自分の思う「良い音」を探すんだということであれば、よほど心酔できる相手の言うことでない限り、「お勧め=参考意見」に過ぎません。逆に、人並み以上ならまあ良いかということであれば、オーディオ雑誌なり販売店なりメーカーなりのお勧めセットで、およそ見当外れにはならないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
返答遅れ大変失礼致しました。
アンプとプレーヤーはマランツかデノンにしようと思ったのは、いかにもコストパフォーマンスがいいからです。
もしこれが安かろう悪かろうなら考えますが、いずれもきちんとしたメーカーだし・・・・。
私が一度でもピュアオーディオに接した事があるなら、自分で判断もできるでしょうが、何分ラジカセしか使った事がないので。
因みに部屋は6畳です。

お礼日時:2006/10/16 20:43

マランツもデノンも ピュアオーディオにも力を入れている 数少ない国内ブランドメーカーですね。

 どちらのブランドを選ぼうとも 大きなミスは無いと思います。 

スピーカーについては トールボーイがイイですよ。 高さがスタンドを用いないでも丁度良い高さですし 低域の量感も小型モデルに比べ十分あります。

BOSEなら55WERですか。 デノンにもSC-T5LやSC-T7Lといった優秀なモデルが有りますね。  B&Wには大評判のCM1が有ります。 これには スタンドが必須ですが・・・

スピーカに対してアンプの相性は『無い』と思っています。 デザインなども含めてお気に入りのスピーカーを決めて それに合ったアンプ(と言うより 貴方好みに鳴らしてくれたアンプ)を見つける事でしょうね。 これには貴方の耳で聴く事しか出来ません。 試聴をしてみて下さい。


* 今、デノンとマランツは兄弟の様なものです 高級機種はあくまでもオリジナリティを追求していますが スタンダードクラスのモデルでは 色々と技術的な提携がなされているようです。
http://www.dm-holdings.com/jp/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
返答遅れ大変失礼致しました。
CM1は私も大いに気になっているところですが、いかんせん値段が・・・・。
スピーカに対してアンプの相性は無いんですかね?

お礼日時:2006/10/16 20:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QB&Wのスピーカーと相性のいいアンプは?

かなり古いB&Wのスピーカー(ソリッド)が気に入っていますが、デッキもつなぐため、MD端子がないのアンプは何かと不便。セレクターでチェンジする方法は、機械音痴の家族が「面倒だ」と拒否……。CDMDラジカセをつなぐ方法も、録音レベル等の調整が不自由なようなので選択肢から消えてしまいました。

いろいろ考えた末の結論としては、最も気に入っているB&Wを残して、その他をできるだけ安く買い換える予定。
とりあえず、アンプとCDが必要なのですが以下質問させてください。

B&Wと相性のいいアンプのメーカーは?予算は実売価格で3万円以内です。
(今はナカミチのアンプで8Ωで35W×35Wです)あた、マランツのPM4200辺りが激安で、8Ω30W×30W・ブラックもあるので考えていますが、いかがでしょう? 量販店の店員さんに「 B&Wとマランツでは硬質な音同士で合わない」と言われましたが、いかんせん試聴ができず確かめられません。
SONYのTA-FE570やスペースをとらないハイコンポ単体、例えばオンキョーのインテック275も視野に入れています。
皆さん、アドバイスよろしくお願いします。

かなり古いB&Wのスピーカー(ソリッド)が気に入っていますが、デッキもつなぐため、MD端子がないのアンプは何かと不便。セレクターでチェンジする方法は、機械音痴の家族が「面倒だ」と拒否……。CDMDラジカセをつなぐ方法も、録音レベル等の調整が不自由なようなので選択肢から消えてしまいました。

いろいろ考えた末の結論としては、最も気に入っているB&Wを残して、その他をできるだけ安く買い換える予定。
とりあえず、アンプとCDが必要なのですが以下質問させてください。

B&Wと相性のいいアンプのメー...続きを読む

Aベストアンサー

私の正直な意見を述べると
3万円クラスのアンプでは、相性を気にする程の
音質差は出ないと思います。
さすがに10万円を超えると、相性の良し悪しまで
再生する実力が出てきますが・・・

>B&Wとマランツでは硬質な音同士で合わない
PM4200の音が分からないので確かなことは言えませんが
基本的には「B&Wとマランツの音が硬質」というのは
間違いです。

B&Wの音質は超ハイファイ、超リニアですが
音色は暖色で柔軟です。
B&Wはもともとフィリップス系のモニタースピーカー
つまり、ヨーロッパのクラシック系スタジオの
代表的なモニタースピーカーです。
一方、マランツはもともとフィリップス系の
日本の高級オーディオメーカーです。
よって両者はともにハイファイ高性能でありながら
それをこれみよがしにすることなく
ヨーロッパ系のアダルトで優しく洗練された音を
もっています。

ただ日本のメーカーの悪い所は
高級品と安物とでは音を変えてくる傾向が強く
安物は音を派手に、いわゆる高音と低音を強調する
ドンシャリ型の音にする傾向があります。
(以前に較べればドンシャリ型は減ったらしいですが。)
そういう意味ではヨーロッパ製品の方が
音の相性という意味ではいい筈です。
アメリカ東海岸系のメーカーも相性は悪くないと思います。
それらの中古を探す、という手もあります。
でも、3万円ぐらいなら
デザインで選んでもイイんじゃないかと思います。

私の正直な意見を述べると
3万円クラスのアンプでは、相性を気にする程の
音質差は出ないと思います。
さすがに10万円を超えると、相性の良し悪しまで
再生する実力が出てきますが・・・

>B&Wとマランツでは硬質な音同士で合わない
PM4200の音が分からないので確かなことは言えませんが
基本的には「B&Wとマランツの音が硬質」というのは
間違いです。

B&Wの音質は超ハイファイ、超リニアですが
音色は暖色で柔軟です。
B&Wはもともとフィリップス系のモニタースピーカー
つまり、ヨーロッパの...続きを読む

QデノンとマランツのCDプレーヤーの音質の違い??

デノンとマランツのアンプは
デノン・・・押し出しが強い。中低音の充実。
マランツ・・・きらびやかな中高音。透明感のある音質。
と言われますが、
CDプレーヤーの方は、どういった傾向で
音作りがされているのでしょうか?

Aベストアンサー

どちらも持っていますので大まかな傾向を。

DENONはどちらかというと音像重視。低音の解像度が高く、安物の古い1bit系DACのプレーヤーではただの低音の塊にしか聞こえないのが、DENONだとそれがどんな楽器でどこで演奏しているかまでわかる感じです。
反面、きつい音も平気で出します。
私は主にジャズやロックを聴くのに使っています。

マランツは音場重視で、空間の再現性に優れています。また女性ボーカルの伸びもよいですね。若干押しが弱いです。
女性ボーカル曲やクラシックはマランツを使っています。

おおむね、質問者氏のイメージに合致しているのではないでしょうか。
以上はどちらも中級機で、かつ私の個人的感想ですから、上位機ではまた違ったイメージになるかもしれません。

QマランツでPM6006にすべきかAVアンプの近日発売になるNR1607にすべきか?

環境として
SP ビクターZERO5fineとBOSE201Ⅱを所有
BDプレイヤーでDVD音楽や海外ドラマや映画など映像はプレイヤーからテレビへHDMI接続し、音声はプリメインアンプへBDプレイヤーからRCA接続(今まで)今後は光ケーブルもしくはHDMIで接続を予定
今後、DACやDSDの機能も使用できるのも考えているが、マランツのAVアンプはSPを2CHもしくは4CHで聞く場合は音質的にNR1606やPM6006などに同等であるのか?
マランツのAVアンプはプリアンプとは比較して音は劣るのか、音質にもこだわりたいが機能面もあり迷っています。NR1606を試聴された方などご意見他、参考にさせていただけることがあればご意見ください。
ヤマハのAーS801も検討しておりましたが、所有しているビクターのSPには小音量の場合は音は期待できないので、マランツのPM6006の方を店員さんからすすめられました。
AVアンプとプリアンプの聴き比べというのはなかなかできないので、聞くに至った次第です。

Aベストアンサー

アンプの出力表示は「ここまでなら低歪のまま音量確保できます」とする目安です。
歪が大量に出ても良いなら「誇大表示」も可能です。(ルール上それはできません)
その他、いろいろな要因が絡むので「大出力=大音量向け」と一括りにはできません。
低音量時のリニアリティはどちらが良いかは実地に使ってみないと分かりません。

仕様や内容で比較すると
質ならPM6006
機能ならNR1606になります。

なおZERO5fineは最近のスピーカーに比べると高能率になります。
40Wのアンプに繋いでも十分に鳴ってくれます。

Qバイワイヤリング接続のメリットとデメリットを教えて下さい。

近年のSPは当たり前のようにバイワイヤリング接続に対応していますが、
そもそもこの接続方法で、サウンドはどのように向上するのでしょうか?

ある程度の効果があるからこそ、バイワイヤリング接続対応のSPやアンプが製造されているのだとは思いますが、
他の掲示板では「音質は変わるが、上方によくなることはあまりない」との意見も目にしました。

そしてこの「音質が変わる」、ですが、具体的にどのように「変わる」のでしょうか?

一方「ノーマル接続」のままの方がサウンドの面で優れているところを教えて下さい。

Aベストアンサー

バイワイヤリング接続とバイアンプ接続の違いについては、以下のページを参照して下さい(たまに混同している人がいるので、念のため)。

http://www.dynavector.co.jp/lecture/biwiring.html

バイワイヤリングの効用については、手前味噌ですが、以下のQ&Aの回答No.3, 5で当方が説明しています。端的にいえば、ウーファーの逆起電力がツイーターに影響するのを少しでも防ぐ、ということです。

http://okwave.jp/qa3270275.html

>> 具体的にどのように「変わる」のでしょうか? //

音を言葉で言い表すこと自体が困難なので、「どのように」というのを説明するのは容易ではありません。敢えていうなら、明瞭さが向上するといえるでしょう。逆に、整理された音になるともいえるかもしれません。

その「他の掲示板」でも指摘されているように、その変化が必ずしも望ましいものとは受け取られないこともあります。たとえば、「明るい音」といえば聞こえは良いですが、歪みの多い音を「明るい音」だととらえることもあります。ある人にとっては「明るい音」でも、他の人にとっては「歪みの多い音」になるということです。

なお、「ある程度の効果があるからこそ、バイワイヤリング接続対応のSPやアンプが製造されている」とは限りません。ミドルクラス~ハイエンドのスピーカーでも、敢えてシングル接続しかできない構成のものも少なくありません。

これは、1つには帯域分割ネットワークの設計による差があります。上記のリンク先で描かれているように、ふつうのネットワークは低音用・高音用が別々に独立しています。これを並列型といったりしますが、対して、直列型といわれるネットワークもあり、低域用・高域用が分離できない構成になっています。

また、メーカーとしては「シングル接続で完成された音」として売っていて、バイワイヤにすることで、かえってメーカーが意図しない音になることを防ぎたい意図もあるでしょう。

ことほど左様に、「変わるには変わるが、それを言葉でどう表現するか、それを良いと判断するか悪いと判断するか」は、聞く人次第でいかようにも変わり得る、ということです。

バイワイヤリング接続とバイアンプ接続の違いについては、以下のページを参照して下さい(たまに混同している人がいるので、念のため)。

http://www.dynavector.co.jp/lecture/biwiring.html

バイワイヤリングの効用については、手前味噌ですが、以下のQ&Aの回答No.3, 5で当方が説明しています。端的にいえば、ウーファーの逆起電力がツイーターに影響するのを少しでも防ぐ、ということです。

http://okwave.jp/qa3270275.html

>> 具体的にどのように「変わる」のでしょうか? //

音を言葉で言い...続きを読む

QB&Wスピーカーに合わせるアンプ

今度、B&Wのスピーカー「703」を購入します。それをきっかけに次にアンプを選定しようかと思っています。そこで、どのメーカーがお勧めかや、その特徴などを教えて下さい。(オーディオ初心者に近いのでプリメインアンプを考えています。)ちなみに、「703」の試聴の限りでは高音部は申し分ないので、中低音がもっとくっきりしてればいいなという印象をもちました。
また、そのような情報が得られるサイトなどがあれば教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今晩は。  forest01さん。

 やはりこの手も質問には『予算の提示』が必要ですよ。 プリメインアンプでも 2万円台で購入できるモデルから 数百万もするモデルがあるのも事実ですから・・・ 

 常識的な範囲で考えられない事もないのですが・・・  常識が無いのが この「オーディオの世界」 怖い!怖い! ・・・?   

 では本題に・・  お薦めは 一般論として(私が店員で お薦めのアンプは? と訊ねられれば・・) 40万円以上の 国産アンプとしては最高級クラスになるでしょうね。  これは 後々後悔させたくない為の選択でもあります。 (アンプの価格を考えて・・) 

 forestさんは 「初心者」との明記があるのですが 本当なのでしょうか?  いきなり ペア35万円もするスピーカーを購入しようとする「初心者」は あまり見かけません。  703がよっぽど気に入られたのでしょうか?   やはり その「お気に入り」のスピーカーを 「イイ感じ」に鳴らすには それなりの苦労と努力 そして「お金」が必要です。  頑張って・・!


 具体的な提案として・・

 DENON PMA-S10/3L(¥280.000) 価格的にはリーズナブルですが C/Pは大変に優れたモデルです。 量感のある低域再現を得意としているモデルですので(クォリティーは非常に高いが・・) 「中低音がもっとくっきりしてればいいなという・・」 と言われている forestさんの好みとは ちょいと違うかもしれませんが 一聴の価値は十二分にありますヨ。 

 marantz  PM-17SA Ver.2(¥120.000) + SM-17SA Ver.2 ×2 (¥200.000)  B&Wを鳴らす為の「純正組合せ」の様な マランツでの駆動ですが・・  最終的に上のような組合せを実現できるといいですね。 PM-17SA Ver.2の単体使用から始めて グレードアップしていくという「楽しみ」にも繋がります。 音質的には DENONの様な「熱い音」ではありませんが 比較的スッキリとした 空間を大事にした様な 感じの音が楽しめるでしょう。 


 アンプは星の数ほどありますから 組合せは無限です。 スピーカーは「アンプが無ければ」ただの『箱』です。 ここを「ケチる」と 後々後悔が出てきます。  かといって 金銭的にも厳しいものがあるわけで・・・  辛いですネ。  ここでは 「後々の事」を考慮に入れ 10万円前後のものから 経験を積んで グレードアップをされた方が良いかもしれませんね。 §^。^§ ・・・


 

今晩は。  forest01さん。

 やはりこの手も質問には『予算の提示』が必要ですよ。 プリメインアンプでも 2万円台で購入できるモデルから 数百万もするモデルがあるのも事実ですから・・・ 

 常識的な範囲で考えられない事もないのですが・・・  常識が無いのが この「オーディオの世界」 怖い!怖い! ・・・?   

 では本題に・・  お薦めは 一般論として(私が店員で お薦めのアンプは? と訊ねられれば・・) 40万円以上の 国産アンプとしては最高級クラスになる...続きを読む

Qアンプ・スピーカーのメーカーによる特徴と違いについて

アンプ・スピーカー一式を揃えようと思ってます。
結局は値段と自分の好みであるようですが、
メーカーによる特徴や違いなどがあれば教えてください。

アンプとスピーカーを別々のメーカーにするべきか、
統一するべきかについてもメリット・デメリットがあれば
教えてください。

このメーカーはこの理由で好きとか、この理由で嫌いとか、
音以外の部分でも良いので教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

> メーカーによる特徴や違いなどがあれば教えてください。
種類が在りすぎて何から説明して良いか。。
ちなみに下記URLはアンプ・スピーカーがどれくらいの種類あるか参考になるかと思います。
定価や写真もあるので検討には役立つかと。
スピーカー
http://www.phileweb.com/ec/index.php?c=36
AVアンプ
http://www.phileweb.com/ec/index.php?c=48
プリメインアンプ
http://www.phileweb.com/ec/index.php?c=47

アンプはAVアンプ、プリメインアンプ、プリアンプ+パワーアンプといった総称です。
DVDの映画がメインでCD等は次点、将来的にサラウンドまでと考えるならAVアンプ。
CDやSACDといった音楽がメインでDVDは次点、サラウンドは不要ならプリメインアンプ、プリアンプ+パワーアンプとなります。

おそらく、「アンプとスピーカーを統一するべきか」とあるので
現在視野にあるのはプリメインだとDENON、marantz、YAMAHA、KENWOOD、ONKYOで、
AVアンプだDENON、YAMAHA、KENWOOD、ONKYO、Pioneer、VICTOR、SONYといった所でしょうか。
ちなみにデノンとマランツは経営統合(D&M)されてますが、音の追求は各諸会社の方針のままです。

音の善し悪しは個人によるので何とも言えませんが、組み合わせは無数にあります。
アンプとスピーカーを統一すると音の志向が同じシリーズであれば、より倍増されるかと思います。
ですが、結局は好みの音が倍増されたからといって必ずしも良いとは限りません。倍増された事によりくどい音に感じたりする事もあるかと思います。

アンプとSPを購入するなら、まずSPを決めましょう。
SPの方がアンプよりおそらく長い付き合いとなりますので、試聴できるようでしたら試聴して、外観や値段も検討して決めましょう。設置箇所によってサイズも決まるかと思います。
試聴の際は自分の良く聞くCDを数枚持っていって、再生機は出来れば自分の持っているメーカーと同じモノを使用して聴いた方がよいかと思います。その際のアンプはあまりクセのない方が良いかと思います。個人的にはマランツかな。
好みのSPが決まったらアンプを切り替えて選定。。
私だったらこんな感じかと。

waonさんの選ぶ際の参考になればよいのですが。。

> メーカーによる特徴や違いなどがあれば教えてください。
種類が在りすぎて何から説明して良いか。。
ちなみに下記URLはアンプ・スピーカーがどれくらいの種類あるか参考になるかと思います。
定価や写真もあるので検討には役立つかと。
スピーカー
http://www.phileweb.com/ec/index.php?c=36
AVアンプ
http://www.phileweb.com/ec/index.php?c=48
プリメインアンプ
http://www.phileweb.com/ec/index.php?c=47

アンプはAVアンプ、プリメインアンプ、プリアンプ+パワーアンプといった総称です。
D...続きを読む

Qデノンとマランツ

デッキやアンプでめジャーなメーカーと言えばデノンとマランツが挙げられると思うんですが、よくデノンはリアルまたはパワー感でマランツは美音と聞くような気がするのですが、実際のところはどうなのでしょう。単純な質問ですみません。良きアドバイスを!

Aベストアンサー

DENONユーザーです。

だいたいあってますよ。

どちらも下の価格帯は"?"って音で、プレミアクラスを聞かないとやりたいことが理解できないですけど。

経営統合があってから出たプレミアクラスはどちらも良くなりましたね。

DENONは前に出てくる音でクリアな音作り。ピラミッド型で低音をしっかり聞かせ、高域は細く延びます (安いのは伸びません) 迫力のある音と良く言われますね。

低域に癖があるので、合わないSP (特に小型) は違和感が出ます。

マランツは低域と高域の端を落とし、中域はストレート。後ろに下がる音で背景音が曇った感じになりますが、プレミアクラスは主な音が前に出てくる演出です。(安いのは全部曇って高低が伸びません)

あんまり大きいSPが置けない場合はビクターがいいと思います。一番下は伸びずに、中低域に魅力があります。(バリトンの様な音) 今アンプ作ってないかもしれないけど。

10万円切るようなクラスならオンキョーをお勧めします。若干コンプレッションが掛かったような音で、細かい音も拾い上げるので価格の割りに満足度の高い音作りです。ボリューム上げずに済むし便利。フラットなんでSPを選びません。無難な音作りといわれてますね。無難な分欲求不満にもなるんですが、大概の人はアンプに何十万も掛けようとは思わないですからね。

DENONユーザーです。

だいたいあってますよ。

どちらも下の価格帯は"?"って音で、プレミアクラスを聞かないとやりたいことが理解できないですけど。

経営統合があってから出たプレミアクラスはどちらも良くなりましたね。

DENONは前に出てくる音でクリアな音作り。ピラミッド型で低音をしっかり聞かせ、高域は細く延びます (安いのは伸びません) 迫力のある音と良く言われますね。

低域に癖があるので、合わないSP (特に小型) は違和感が出ます。

マランツは低域と高域の端を落とし、中域はスト...続きを読む

Qプリメインアンプではどれがおすすめでしょうか?

プリメインアンプではどれがおすすめでしょうか?

エントリーモデルのプリメインアンプの購入を検討しています。

候補としては
ONKYO A9050
DENON PMA-390RE
Marantz PM5004
Pioneer A30
YAMAHA A-S300

です。
それぞれのアンプの特徴なども教えていただけると助かります。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1の回答者です。なるほど、御事情は分かりました。要するに、取り敢えずアンプだけを導入して手持ちのスピーカーに繋げ、あとで徐々にシステムを組み上げようという「作戦」ですね(^^)。

ならば、アンプには汎用性の高いもの、つまり「繋ぐスピーカーをあまり選ばないアンプ」を持ってきた方が良いでしょう。

その条件ならば、PM5004とA-S300は外した方がベターかもしれません。なぜなら、音の色付けが「濃い」と思うからです。両機とも中高域に「特徴」があり、これが聴いた感じの「艶っぽさ」とか「滑らかさ」に繋がりますが、中高域にクセを持つアンプというのは相性の良くないスピーカー鳴らすと「耳障り」に聴こえることがあります。

もっとも、音の色付けに関してはPMA-390REも決して薄くはありません。しかしDENONは色付けの方向性が(高域ではなく)積極的な低域にあり、これがピラミッドバランス的な安定感をもたらすことが多く、汎用性はけっこう高いと思います。

A9050とA30はストレートで色付けが少ないフラット系だと思いますから、どんなスピーカーを接続させてもヘンな音にはならないと予想します。なお、音色の傾向としてはA9050が比較的クールでシャープ、A30が少し暖色系で落ち着いた感じになります。

。。。ただし、以上の書き込みはあくまで「私個人のインプレッション」に過ぎません。リスナーによって異なる印象を持ってもまったく不思議ではありません。

だから、出来れば試聴された方が良いですね。実際に見れば(音だけではなく)仕上げの質感や操作性もチェック出来ます。

「地方在住で試聴できる環境が無い」とのことですが、探せばあるかもしれません。以下のURLなんかを参考にしてください。
http://www.phileweb.com/links/link.php/7
http://www.kef.jp/dealer.html
http://www.triode.co.jp/sales/index.html

それから「学生相手に試聴などさせてくれるケースは少ない」とは限りません。ちなみに私は十代の頃にオーディオに興味を持ちましたが(かなり昔の話です ^^;)、高校生の分際で専門店にズカズカ入り込んで試聴していたものです(笑)。

とりあえず、もしも足を運べそうな専門店があれば、事前に連絡して試聴できるかどうか確かめたら良いのではないでしょうか。ご健闘をお祈りします。

No.1の回答者です。なるほど、御事情は分かりました。要するに、取り敢えずアンプだけを導入して手持ちのスピーカーに繋げ、あとで徐々にシステムを組み上げようという「作戦」ですね(^^)。

ならば、アンプには汎用性の高いもの、つまり「繋ぐスピーカーをあまり選ばないアンプ」を持ってきた方が良いでしょう。

その条件ならば、PM5004とA-S300は外した方がベターかもしれません。なぜなら、音の色付けが「濃い」と思うからです。両機とも中高域に「特徴」があり、これが聴いた感じの「艶っぽさ」とか「滑らか...続きを読む

Qスピーカーのインピーダンスをどう判断すれば良いのですか?

高級オーディオをかじり始めた者です。スピーカーのインピーダンスの数値は大きい方が良いのか、小さい方が良いのか、どちらでしょうか?(どうも、その大小の問題でも無いような気もするのですが・・・)
それと、アンプとの関係で注意が必要だとものの本に書いてありますが、どうもよく理解出来ません。数値が合わないと、アンプの故障につながるようですが、具体的にどこに注意すれば、良いのでしょうか?ご教示願います。

Aベストアンサー

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/Rですね)
現代のアンプの大半は電圧出力ですから、4オームのスピーカーでも8オームのスピーカーでも、1Vの出力で得られる音量に変わりはありませんが、抵抗値が半分ですので、実際に流れる電流が2倍になり、すなわち出力電力も2倍になります。
このとき、トランジスタや電源の性能などによって、許容量以上の電流が流れると、アンプが以上発熱したりトランジスタが破壊されたりするわけです。(もっとも、普通は保護回路やヒューズによって出力が遮断されます)

(つまり、8オームのスピーカーに10W出力するのと、4オームのスピーカーに20W出力するのは、スピーカーの仕事量は同じですが、アンプの負担が倍になっています。)

なお、インピーダンスは直流抵抗と異なり、周波数によって抵抗値が変化します。つまり、公称8オームのスピーカーでも、特定の周波数対では3オームくらいまで落ち込むこともあり得ます。(最近は落ち込みが大きいものは表示されるものもあります)

蛇足ながら、真空管アンプなどに多いトランス出力式のアンプの場合、4オーム端子に6オームのスピーカーを繋ぐのはアンプにとって定格より仕事が楽になり、8オームの端子に繋ぐと若干つらくなります。
この際にはダンピングファクターが変化するため、音色にも若干の違いがあるといわれています。

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/R...続きを読む

Q最高に音の良いCDプレーヤーはなに?

実際にお聞きになられた中で最高に音の良かったCDプレーヤーはなにでしょうか?

Aベストアンサー

一体型プレーヤーならば、思い浮かぶのがCH PrecisionのD1です。
http://www.zephyrn.com/products/ch/01_d1a.html
聴感上の物理特性もさることながら、無機的なところがまったく見当たらず、コクのある音像が展開されて、いつまでも聴いていたい気にさせてくれます。

ただし価格は360万円です。ほとんどの人は買えません(笑)。それと外観はセンスは良いとはいえ、見た目はそんなに高価な機器とは思えません。また電源スイッチが後面に付いていたりして、使い勝手も良いとは言えないでしょう。

トランスポートとDACとの組み合わせならば、47研究所のModel 4704/04 CD Transport “PiTracer”( http://www.47labs.co.jp/4704.html )とMARANTZのProject D-1( http://audio-heritage.jp/MARANTZ/etc/projectd-1.html )とのコンビを挙げたいです。ショップのスタッフ曰く「この音を聴いたら、誰でもSACDなんか不要だと思うでしょう」とのことでしたが、それも頷けるほどのハイ・クォリティなサウンドです。

ただし、Project D-1は今は生産していないので、組み合わせるDACはSOULNOTEのsd2.0B( http://www.soulnote.co.jp/lineup.html )でもいいと思います。

あと、そんなに高価格ではないけど印象に残っている機器として、MICROのCD-M2があります。
http://audio-heritage.jp/MICRO/player/cd-m2.html
アナログプレーヤーの専門メーカーとして知られていたMICROが出したCDプレーヤーで、高解像度よりも芳醇で味わい深いタッチを狙った音作りで、さすがと思ったものです。

一体型プレーヤーならば、思い浮かぶのがCH PrecisionのD1です。
http://www.zephyrn.com/products/ch/01_d1a.html
聴感上の物理特性もさることながら、無機的なところがまったく見当たらず、コクのある音像が展開されて、いつまでも聴いていたい気にさせてくれます。

ただし価格は360万円です。ほとんどの人は買えません(笑)。それと外観はセンスは良いとはいえ、見た目はそんなに高価な機器とは思えません。また電源スイッチが後面に付いていたりして、使い勝手も良いとは言えないでしょう。

トランスポート...続きを読む


人気Q&Aランキング