【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

こんにちは。
ご回答よろしくお願いします。
(ネタバレになってしまうと思いますので、未読の方、ご注意ください!)

昨日、荻原浩さんの『噂』を読み終わりました。
最後の一行に衝撃!
しかし、どうもモヤモヤしています。
というのも、犯行の順番がわからないのです。
レインマン(男のほう)の被害者は3名ですか?
私の認識では
一番目に康代(サキ)さん
二番目が美幸さん
三番目が久美さん
だと思っているのですが
はて…美幸さんのニュースをサキと一緒に見てましたよね?
サキと康代さんは別人ですか?
一番最初に殺されたのは誰?
サキのせいで犯行に及んだのでは?
と、ぐちゃぐちゃに混乱してしまいました。
何度読み返しても、どうも整理がつきません。
ですので、被害者の順番をどなたか教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

被害者の順番はそれで正しいと思います。



レインマン(男の方)は精神的におかしくなっているのか、
いるはずのない人間の声が聞こえます。
後の方で他の被害者の足と「会話」している場面がありますね。

そしてサキと一緒に美幸さんのニュースを見ている所ですが、
この時点でサキは足しかありません。

サキとの会話→先ほど書いた通り精神がおかしいから。
食べ物→サキが食べているとは書いていない。
サキへのメール→サキの携帯をレインマンが持っている。

また、食堂での回想でもサキが登場しますが、
中のものを腐らせてしまった→足が腐っている。
謎が多すぎる→何も調べずに足以外の部分を捨ててしまった。

さらにレインマンの会社に小暮と名島が事情聴取に来る場面ですが、
部屋から消えた→足を捨てた。

結構前に読んだので自信はありませんが…こういう意味だと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

reversalさんこんにちは。ご回答ありがとうございます。
なるほどなるほど!そういうことかっ。
そう思って本を読んでみたら、すごく辻褄が合います!
あ~スッキリした(≧∀≦)
ありがとうございましたっ。

お礼日時:2006/10/03 11:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q米澤穂信『儚い羊たちの祝宴』のオチ

すっきりしません…。

小学生の頃からの大のミステリーファンです。
昨晩、米澤穂信『儚い羊たちの祝宴』を読み終わりました。
「ラスト1行の衝撃」に徹底的にこだわり抜いた5編の短編集です。
1~4話までは、気持ちよくすっきりできたのですが…。
最終話の『儚い羊たちの晩餐』だけが、どうしてもオチがわかりません。
自分なりに、2,3解釈を考えたのですがイマイチで。
5時間くらい考えて、本も3回くらい読み返しましたがギブアップします。

どうか、すっきりと理解できた方。
最後の1行の解説をお願い申し上げます。

Aベストアンサー

全くの私見ですが
サンルームで、女学生が見つけた日記には
「バベルの会はこうして消滅した」と書かれていた訳ですよね。
さて、日記の中で、父親は最後に宴会のメニュー用に
「アミルスタン羊」とやらを所望します。
その羊は、バベルの会が催される蓼沼で見つけられると、鞠絵は進言します。
つまり、食材の羊とはバベルの会の会員な訳です。しかも、夏さんの料理は、
巨大な食材から、わずかにいいところだけを取り出す手法です。
つまり、バベルの会は、夏さんによっていけにえの食材となり、ほぼ全滅したということですよね。
それは、鞠絵が、自らが会から除名された腹いせでもあり、
その理由に「夢想家ではなく実際家の鞠絵には、会員になる資格はない」
と言われた事に、ある意味納得した自分が、ついに夢想家の域に達した証を示したことでもあるように思われます。
応接間に飾られるジェリコーの絵に、信じられない無慈悲や非情が描かれているのは、父親の罪もそうですが、
自らのバベルの会に対する非情さの象徴でもあるような気が私はします。
こうして、バベルの会は消滅しますが、荒廃したその部屋に入り込んだ女学生が、
そこに居心地の良さを見いだし、そこが自分の場所になるだろう、と思うくだりがあり、そして... 最後のオチ、
「一編の物語が後継者を生んだ」とあるので、彼女が後継者となって、また何らかの形で、
夢想家としての(無慈悲で無情な)夢を実現させ、バベルの会は復活していくのです。
ちなみに、「バベルの塔」とは、天に届く塔を建設しようとした人間の傲慢さにより、
もろくも崩れてしまったといわれている聖書のお話ですよね。
その罰として、神は、世界中の人間たちに違った言語を話させるようにしたとか...。
しかし、作中の「厨娘」(ちゅうじょう)って初めて知りました。
雇ってみたいものですね~ (^^)

参考までに書いてみました

全くの私見ですが
サンルームで、女学生が見つけた日記には
「バベルの会はこうして消滅した」と書かれていた訳ですよね。
さて、日記の中で、父親は最後に宴会のメニュー用に
「アミルスタン羊」とやらを所望します。
その羊は、バベルの会が催される蓼沼で見つけられると、鞠絵は進言します。
つまり、食材の羊とはバベルの会の会員な訳です。しかも、夏さんの料理は、
巨大な食材から、わずかにいいところだけを取り出す手法です。
つまり、バベルの会は、夏さんによっていけにえの食材となり、ほぼ全...続きを読む

Q「神様ゲーム」の犯人について(ネタバレです)

何回読んでも腑に落ちないので質問させてください。

先日、麻耶雄嵩氏の「神様ゲーム」を読みました。
著作の唖然とする結末が好きな作家さんではあるのですが、
文中に母親が犯人だという複線ってありましたか?
「えぇっなんで?!」と何回か読み返しましたが
いまいち納得ができなくて・・・・。
(それとも、もうそういうものだと割り切るべきですか?)

母親は小柄だっていう記述はあったので
井戸の影に隠れられる体型だったのは納得なんですが
他にはちょっとピンと来なくって・・・。

母親が犯人では、父親が犯行現場に無理やり主人公を行かせたりした理由が不明ですよね。
父親は、妻の犯行だって事を察知していたということでしょうか?

私の拙い推理力では、もはやお手上げです。
もし「これが本当の真相」というものがあれば教えてください。

Aベストアンサー

211ページで主人公とミチルがいったんは間違った推測をします。
すなわち井戸の蓋に小柄な人なら隠れられるのではないかと。
ここに実は母親が隠れていたのが真相なのでしょうが、あまり手がかりや伏線はないですね。
213ページに「ミチルちゃんの顔が凍りつく。」とあります。
また、190ページの母親の必死な言葉も伏線なのかもしれません。
父親は妻の犯行ということは知らないでしょう。主人公を行かせたのは純粋に生死を確かめるためではないでしょうか。

Q「しあわせの書」の仕掛けって?

「しあわせの書 迷探偵ヨギ・ガンジーの心霊術」泡坂妻夫著

なんですが、あっと驚く仕掛けが本自体にあると言うことで買って読んでみたのですが、わかりません。
ストーリーとは別の驚きのようなのですが・・

知りたいのですが、見つけたい気持ちもあります。
ヒントとかあれば教えてください!

Aベストアンサー

233ページの土屋氏のセリフをよーく読み返しましょう。

学生時代、友人相手に使わせていただきました。
すぐ見抜かれましたけど(苦笑。

Q荻原浩さんの『噂』(ネタバレあり)

ネタバレになってしまいますのでご注意ください。

荻原浩さんの『噂』ですが、
ラストの一行で杖村殺しの犯人が誰かがわかるのですが、
では西崎が最後に持って帰ったスーツケースに入った死体は誰だったのでしょうか。

分かる方いたら教えて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

西崎は、コレクションの「足」を処分しようとして、
スーツケースに入れて出かけますが、やっぱり「足」
を手放したくなくてそのまま戻ってきてしまったところ
で捕まりました。

なので最後にスーツケースに入っていたのは、それまで
の被害者たちの「足」です。

Q十角館の殺人の最後について

十角館の殺人を読みました。とても面白かったのですが、最後のところで意味が理解できず、消化不良の状態です。どなたかご指南下さい。
最後の2ページの部分です。緑の小瓶を見つけてなぜ、表情を凍らせなければならないのか?「審判」の意味、なぜその小瓶を島田に渡すようにしたのか?この最後の部分の意味がぜんぜん解かりません。
どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

かなり序盤に犯罪の計画を書いた紙をビンに詰めて投げたのはご記憶してらっしゃいますよね?
で、最後、島田が論理だけなら真相に到着したのは、覚えていらっしゃいますか? 島田にとってないのは証拠(つまりビン)だけです。
犯人は、罪悪感と達成感どちらを取るか悩んでいたおり、最終的に罪悪感のほうを取ったわけです。つまり、証拠を子供に渡してすべての罪を償おうとしたわけです。
以上は自分の主観のため違う解釈があればそちらを優先してください。

Q小説「半落ち」が直木賞で落選させられた「致命的な欠点」って何ですか。

なにやら、
選者に「致命的な欠点」を指摘されて、
直木賞をとりそこなったと聞きました。

その「致命的な欠点」とはいったいなんだったのでしょうか。

googleで検索してみましたが、よくわかりませんでした。
(どうも「言いがかり的」なものである可能性が、
高いようですが・・・)

どなたか簡潔に教えてください。

Aベストアンサー

選考委員の北方謙三さんが「これっておかしいんじゃないか」と疑問を口にして、主催者側がある機関に問い合わせたところ、「(規則上)ありえません」との回答が来たそうです。北方さんはそれを「ちょっとしたミスではあるが、作品として成立しないほどのものではない」と見ていたのに対し、同じく選考委員の林真理子さんが記者会見で酷評し、「今までたくさんの賞を受けている作品なのに、誰も気づかなかったのか。ミステリー業界も悪い」と業界批判。「読者と差実作者側ではこだわるところが違うようだ」と読者批判とも取れる発言をし、大きな議論となったようです。
その内容に関しては参考URLに詳しいですが、作品をこれから読むつもりの方は決して見ないように。お願いします。

参考URL:http://www5a.biglobe.ne.jp/~katsuaki/sesou49.htm

Q1000本のワインがあって、1つは毒入りです。

1000本のワインがあって、1つは毒入りです。
1滴でも飲むと、10h~20hで死にます。
今から24h以内に、毒ワインを自分のドレイに飲ませることで、判別したい。
これには最低何人のドレイを要するか?




以下がこれに対する僕の回答です。




結論から言うと1000人必要です。


まず0時から検査を開始します。

24時までに終わらせなければなりません。




まず0時にx人がそれぞれで一本検査します。

死ぬのは10~20時ですね
二本目を検査するためには
10時より後に飲まなければなりません(理由はAに書きます)
しかし4時より後に飲んだ場合は24時より後に死ぬ可能性があるため、毒を見逃す可能性があります。

ゆえに10時より後には飲めません。


A、もし10時以内に飲んだ場合
死んだとしても最初に飲んだワインによるものなのか後に飲んだワインによるものかわからないからです。
一本目の死ぬ可能性のある時間帯は10~20時
二本目を例えば9時に飲んだとしたら死ぬ時間帯は19~29時になります。
つまり19~20時に死んだ場合、その死が一本目によるものなのか二本目によるものなのかわからないからです。


ゆえに1人1本しか検査できません。

従って1000本には1000人必要です。





こういう答えがでたんですが、答えは10人なんだそうです…

先生にだされた問題だとか。


どうして10本になるのでしょうか?


困ってます。

1000本のワインがあって、1つは毒入りです。
1滴でも飲むと、10h~20hで死にます。
今から24h以内に、毒ワインを自分のドレイに飲ませることで、判別したい。
これには最低何人のドレイを要するか?




以下がこれに対する僕の回答です。




結論から言うと1000人必要です。


まず0時から検査を開始します。

24時までに終わらせなければなりません。




まず0時にx人がそれぞれで一本検査します。

死ぬのは10~20時ですね
二本目を検査するためには
10時より後に飲まなければ...続きを読む

Aベストアンサー

ついでに書いておこうかな(^^)
2進数                 10進数
 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1   1番目のワイン
 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0   2番目のワイン
 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1   3番目のワイン
 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0   4番目のワイン
 ・・・【中略】・・・
 1 1 1 1 1 0 0 1 1 1  999番目のワイン
 1 1 1 1 1 0 1 0 0 0 1,000番目のワイン
奴隷は上に1があればそれを飲む
 A B C D E F G H I J  10人

Q今邑 彩さん『ルームメイト』モノローグ4の意味がわかりません。

ミステリー小説の結末を質問するなど邪道かもしれませんが、、、
先日読み終えた小説、今邑 彩さんの『ルームメイト』モノローグ4の意味がわからずもやもやしています。
とってもおもしろくてあっという間に読んでしまったのですが、意味のわからない結末に悩んでいます。
読まれた方がいらっしゃましたら、見解をお伺いしたいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
先日読み終わりました。

モノローグ4の意味ですが、主人公の春海は多重人格者であるので、兄の人格と共に、兄によく似た、先輩であるケンスケの人格も無意識に自分の中に作っていたものと考えられます。
ケンスケに亡くした兄の面影を見出し、自分にとってヒーローである兄を重ねて恋心が発生したと言っても過言ではないので、ケンスケも自分を守ってくれるヒーローのような存在に感じていたのではないでしょうか?

兄の人格に話しかけていたのがこの先輩であるケンスケであるという点から、大学入学後、ケンスケに出逢ってから出来た人格であると、想像が出来ます。

多重人格とは、一人の中に存在する複数の人格はそれぞれ性格があって、感情があって、一人の人間だけど、一度に複数の人間がいると状態です。ホスト人格があっても、一人ひとり人格は全て別々で単体の人間であるのです。

ただ、一つ言えることは、ホスト人格を守る為に人格が形成されるので、個々の人格はホスト人格を一番に愛しています。

その愛はそれぞれの人格がもつ感情ですので、ゆがんでいたり、まっすぐだったり、形も様々です。

私が思うに、モノローグ4での春海の中にいるケンスケは春海を愛しているが故に、自分だけのものにしたいのでしょう。
それが、彼氏彼女、夫婦といった、目に見えて形にあるカップルではないということではないんでしょうね。

本人が言うほどバッドエンドではないよなーとは思いました。

こんにちは。
先日読み終わりました。

モノローグ4の意味ですが、主人公の春海は多重人格者であるので、兄の人格と共に、兄によく似た、先輩であるケンスケの人格も無意識に自分の中に作っていたものと考えられます。
ケンスケに亡くした兄の面影を見出し、自分にとってヒーローである兄を重ねて恋心が発生したと言っても過言ではないので、ケンスケも自分を守ってくれるヒーローのような存在に感じていたのではないでしょうか?

兄の人格に話しかけていたのがこの先輩であるケンスケであるという点から、...続きを読む

Q魔女達の長い眠りについて

どういうスト-リ-でしょうか?
また、何かのゲ-ムに使われていたらしいのですが、
そのタイトルはなんでしょうか?

Aベストアンサー

赤川次郎の「魔女たちのたそがれ」の続編、「魔女たちの長い眠り」ですね。
ストーリーは、amazonからの引用でよろしいでしょうか。

>静かで平和にみえる町の背後で起こる動機不明の連続殺人事件。誰が敵で誰が味方か。狂気と憎悪と混乱渦巻く中で、人間の想像を超えた恐るべき何かが動き始めた!!闇と血が支配する「谷」の秘密とは!?「魔女たちのたそがれ」に続いて贈る、ニュー・サスペンスの決定版。

全文は、amazonの方でお読みください。(参考URLで検索すると出てきます)

ゲームの方は、「魔女たちの眠り」です。
パックインソフトから最初スーパーファミコンで出て、プレステからも、「魔女たちの眠り -復活祭-」として発売されています。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/

Q桐野夏生さんの柔らかな頬について

こんばんは。この前この本を読み終わりました。この本は色々なところでいわれているように誰が犯人かは重要ではないみたいなのですが、やっぱり犯人が知りたくてむずむずします。
作者の桐野夏生さんの中では犯人は決まっていたのでしょうか?またそういうことを明らかにしていますか?作者自身が犯人がどの人の可能性もあるということで犯人を明らかにしていないのならそういう風に解釈しますが実際犯人はいてあえてそれをはっきり書いていないというならやっぱり知りたいです。
分かる方いたらお願いします。

Aベストアンサー

桐野氏は犯人について明らかにはしていない様です。

ファンの中には、「よく読めば犯人はわかる」と言っている人もいるようですが、私にはわかりませんでした・・・
ぜひその方の犯人像を聞きたいものです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング