窓枠・花台・玄関ドアが木の素材にオリンピックステインを塗っただけのもののためカビが発生しました。
年に1~2回、「カビスケ」でカビ取りし乾燥後、バトンを塗っていますがカビが完全にはとれないため、きれいにしても数ヶ月で新たなカビに悩まされています。

塗料を塗りなおす程度なら労力も少ないのですがカビがひどいのでカビとり~塗装まで2~3日がかりになってしまい、毎回とても大変です。

カビスケを木部に浸透させるのも木の寿命を縮めそうで本当はあまりしたくないのですが・・・

自然塗料じゃなくてもいいからバトンより効果のある塗料はないでしょうか? 
一度カビが生えた以上、塗料をいいものに変えたからといって意味ないのかもしれませんが、本当に大変で。
景観も損ねていますし・・ よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

バトンには防かび剤が入っていません。


ですのでかびが生えるのは仕方がありません。
逆に言えば安心して室内でも使える塗料という事になります。

防かび剤が入っている塗料を選べばよいのですから
ホームセンターでよく売っているキシラデコールを
使われてはいかがでしょうか。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

バトンには防カビ剤入っていないの、知りませんでした。どうりで・・やさしいにおいですよね。 キシラデコールはログ小屋を建てたとき塗っておきましたが、高価なわりにはあまり持たなかったような気がしましたが、バトンよりはいいかも。 室内には使わないのでキシラデコールに変えようと思います。 ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/11 12:54

市販の防カビ塗料及び防カビ剤は、全てカビを有効に止められる能力がありません。

防カビのキシラデコールでも同様に発生します。それはJIS防カビのレベルだからです。

カビは、仮に滅菌(完全に菌をゼロにする)ができたとしても、空気中にカビの胞子はたくさん浮遊しているので、naona0505さんの窓枠のような環境なら、再発を防止できません。

アルコールや次亜塩素は殺菌剤ですので、持続的効果は全くありません。厨房で実施するように小まめに繰り返すことで、初めて防止が可能になります。

きちんと止まる防カビをすれば止まります。
窓枠はもちろん浴室内の木部でもカビ防止が可能です。建設業界では「防カビはありえない」というのが定説で、一流建設会社でも知っているのはほんの一握りだけです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

カビをすべて除去することはできないでしょうし、できたとしてもまた同じ事の繰り返しでしょうね。
そうだとしてもバトンより効果のある塗料を塗ってあげたいのです。その塗料とはなんぞやが知りたかったです。キシラデコールでこまめに、をすることにします。ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/11 12:47

ステインも物によっては、カビのえさになる物もありますが、そいうことですね。



根本的にカビを殺さなくては、何を塗っても同じことになりますので、まずはカビ取りですね。

何を使ってもそうなのですが、カビ取りをしたあと、表面に残っている残留カビも綺麗に何度か水洗いやふき取りで取り除きます。これがおろそかだと、残った物から増えてしまうのです。

アルコールも殺菌しますので、念のために塗っておくと強力に効くでしょう。ちゃんと効いていれば3~5年位はメンテナンスはいらないと思います。

ステインですが、内部なら臭いの少ない物の方がいいですね。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

よく分かりました。しっかりカビ取りすることにしますね。メンテナンスからは逃れられませんね。それが前提の家だったから仕方ないけど・・

お礼日時:2006/10/11 12:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q窓枠、敷居の木部にオイルステインを塗る場合の手抜き

窓枠、敷居が古くなり、木部に結露などから雑多なシミが出来、予てDIY作業で手直し予定していました。5月になり塗装に良い天気になったので、水生オイルステイン、ニス、はけ、サンドペーパー等購入しました。当初予定では汚れている窓枠の下側、出入り口の敷居等にサンドをかけてオイルステインを塗装する予定でした。しかし現物をチェックすると、下側の窓枠のみならず、これに垂直に接している側の窓枠部分も下から数センチ、又敷居に垂直に立っている(接している)枠の部分の一番下側数センチも結露の影響からか汚れています。うまくご説明できませんが、要するに木枠全体の部分の内、下側のみならず、これに接している垂直部分の一番下側もシミが付き、汚れております。(天井にあたる枠の上部は問題ありません。)
質問ですが:
「上記状態の場合、一番良い方法は枠全部をきれいにサンドペーパー掛けして塗装する事でしょうが、相当な労働になります。当初予定の下側以外の一部これに接する汚れた所をきれいにする方法」があればご伝授頂けると大変ありがたいです。
皆様のご経験をご連絡願えるください。よろしくお願いします。

窓枠、敷居が古くなり、木部に結露などから雑多なシミが出来、予てDIY作業で手直し予定していました。5月になり塗装に良い天気になったので、水生オイルステイン、ニス、はけ、サンドペーパー等購入しました。当初予定では汚れている窓枠の下側、出入り口の敷居等にサンドをかけてオイルステインを塗装する予定でした。しかし現物をチェックすると、下側の窓枠のみならず、これに垂直に接している側の窓枠部分も下から数センチ、又敷居に垂直に立っている(接している)枠の部分の一番下側数センチも結露の影響か...続きを読む

Aベストアンサー

質問がダブって出ているように見えるのですが、こちらはまだ受け付けているのでしょうか。

オイル仕上げの窓枠を家でも使っている部屋があります。
たしかに結露によってシミ、カビ、黒ずみなどが発生してこちらでも問題になりました。

こちらではまずシミのひどい下側の枠にサンドペーパーを掛けてある程度落とし、市販のシミ取り剤(アサヒペン、白木漂白クリーナーhttp://www.asahipen.jp/product/detail.php?top_cat=04&cat=05&middle_cat=02&item_code=10553)、
マイペットのような洗剤で何度も掃除してきれいにしました。この時に固いブラシなどを使いますと木目に沿って彫れてしまい、木目が浮き出てしまいます。
まず漂白剤や洗剤で掃除してみて落ちないようでしたらサンディングをしてみても良いと思います。
その上で下側の枠は透明なウレタンニスで塗ってしまい、比較的汚れの軽い横と上の枠については掃除とオイルの補修塗りで済ませています。
横の枠もシミがひどかったら下枠と同様の補修でいいのではないでしょうか。

最初からステインで着色しているのでしたらステイン着色で色を合わせる事も不可能ではないと思うのですが、おそらく無着色の木が焼けて現在の色になったのだと思いますので、無着色のまま仕上げてまた経年で目立たなくなるのを待った方が良いのではないかなと思量いたします。
ステインで着色しますと木目のネガポジが逆転するような現象が起こります。木目の白い部分のほうがステインによって着色されやすいからです。

下枠と周りの仕上げが違ってしまうことを気にされていますが、最初からそういう仕様だと思えばそんなものですし、それが気になる性格の方でしたらやはり四方をやり直されるのが精神衛生上良いのではないでしょうか。

質問がダブって出ているように見えるのですが、こちらはまだ受け付けているのでしょうか。

オイル仕上げの窓枠を家でも使っている部屋があります。
たしかに結露によってシミ、カビ、黒ずみなどが発生してこちらでも問題になりました。

こちらではまずシミのひどい下側の枠にサンドペーパーを掛けてある程度落とし、市販のシミ取り剤(アサヒペン、白木漂白クリーナーhttp://www.asahipen.jp/product/detail.php?top_cat=04&cat=05&middle_cat=02&item_code=10553)、
マイペットのような洗剤で何度も掃除してき...続きを読む

Q木にステインを塗ったら違和感のある木目に…良い塗料はあるでしょうか?

はじめまして。

SPF材にK社の水性ステイン(オーク、顔料タイプ)を塗ってみた所
木目の硬くて茶色い部分(秋材部と言うのでしょか?)にステインが充分に染み込まずに
その部分だけ白っぽくなってしまいました。
ちょうど白木の白い部分と茶色い部分が逆になってしまった様な感じで
なんとなく違和感を感じてしまいます。

木の質感や木目を活かす塗料で上記のようにならない物はあるのでしょうか。
それとも、ニスなどの塗膜を作るタイプの塗料でないと無理なのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

オイルステインに関してですが、
stain=シミる等と言う意味や、木材の染料とでも言うのが正しく、
ペンキ等のように塗膜をつくるものではありません。
つまりステイン着色剤は木目がハッキリ出るのが特徴です。
特にSPF材はスプルースや米松と言った比較的安価な材料で、これらの特徴としては
安価故に木目がそれ程綺麗では無い為、ステインでの着色にはそれ程向いていません。
ですが決して悪い材料と言うことではありません。
SPF材のメリットとしては第一に他の木材の半分以下の金額で購入出来ると言うことと、
加工がしやすいこと等が上げられます。
しかしデメリットはあります。これらの木材は成長が早い為、密度がそれ程濃く無いので、
強度は落ちてしまいますし、先ほども言いましたが木目が綺麗に出ない。
よって着色しても同じく木目が綺麗に出ません。
これらの木材に着色する場合はやはりペンキや、もしくはニス等になります。
※和信化学工業のシークステインと言う塗料であればオイルステインよりは
木材への浸透が良く、まだ見た目もそれ程悪くは無かったかもしれません。

基本的にはオイルステインの上にニスで保護してやるのが一番です。
よって今からでしたら、ニスでごまかすように塗装してやるしか無いでしょう。
(油性ニスにペイント薄め液を少し多めに混ぜてからなるべく浸透する様に塗装してやれば
なんとかなるかもしれません。とは言ってもあくまでもごまかす程度ですが…)

オイルステインに関してですが、
stain=シミる等と言う意味や、木材の染料とでも言うのが正しく、
ペンキ等のように塗膜をつくるものではありません。
つまりステイン着色剤は木目がハッキリ出るのが特徴です。
特にSPF材はスプルースや米松と言った比較的安価な材料で、これらの特徴としては
安価故に木目がそれ程綺麗では無い為、ステインでの着色にはそれ程向いていません。
ですが決して悪い材料と言うことではありません。
SPF材のメリットとしては第一に他の木材の半分以下の金額で購入出来ると言う...続きを読む

Q木部の防腐防虫塗料の油性と水性

DIYで作った板塀に塗るのですが、、。

油性と水性 調べると媒体の違いだけで中身はいっしょ(効果も同じ)というのが散見され、
更に水性なら扱いや道具のメンテも簡単、とのことで「水性」ということでホームセンターに買いに行きました。(ほとんど水性ばかりになっていると思いました)

ところが売り場に行ってみると、油性も水性も同量を陳列しています。
効果や適用なども書いてあったのですが、使い勝手が水性がかんたんだけで、他に何が優劣なのかがわかりませんでした。(正月で店員もわかる人が居ない)

効果が同じで価格もいっしょ、使い方が簡単な水性が、油性を淘汰できないのはなぜなのでしょうか?  売り場もこれだけいっしょだと、メーカーも同量作っている(同量売れる)のですよね?

やはり、効果や対候性などは油性が相当いいのでしょうか?

Aベストアンサー

ウチのウッドデッキや木製の外壁、手すりなどに定期的に防腐塗料を塗るために色々な商品を試しましたが、個人的にはやはり油性の方が持ちが良いと感じます。

とはいえ、昔よりも水性塗料の品質がどんどん良くなって来ているので、実際は油性か水性かよりも塗料のランクというか質によって効果は変わってくると思いますね。

他の方の回答にもありますが、外部の防腐塗料といえばキシラデコール(油性)が一番でしょう。
価格は他の塗料よりも少し割高ですが、持ちが全然違います。塗り直しの頻度を考えるとコスパは悪く無いと思います。
以前は輸入品のみで主に業者向け商品でしたが、現在は国内生産されホームセンター等でも購入できます。

Q石材タイルの門柱がボロボロになっているので、うえから外壁塗装用の塗料を塗ろうかと思っているのですが塗

石材タイルの門柱がボロボロになっているので、うえから外壁塗装用の塗料を塗ろうかと思っているのですが塗料がうまく付着して固定するのでしょうか? シーラーというものを事前にぬった方が良いのでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

塗装すれば質感は変わります=それはさておいて、シーラーではなくプライマーですね。
特殊なシンナーになりますが、ゴム系のものがよさそうです。=塗膜は非常に薄いです。

仰せのシーラーでは、比較的膜厚が大きいものが市販の体制を占め、仕上げ塗料の下地への吸い込み防止のために施工されます。

いずれの場合にも、塗料の性質が上塗り塗料と相性の合うことが条件です。
上塗りについては、ネットや現物でお好みのものを探してください。
(高価なものほど塗装の条件は厳しくなりますが、きちっと施工すれば長持ちします。)

Q真鍮板に文字を掘り塗料を塗りました。小さめの文字漢字やひらがな(1㎝ぐらい)なので文字の周囲の塗料を

真鍮板に文字を掘り塗料を塗りました。小さめの文字漢字やひらがな(1㎝ぐらい)なので文字の周囲の塗料を板をあまり傷つけないで取る方法をご存知な方いましたら、アドバイスを頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

塗料に対応した溶剤で拭きとる。細かいところは綿棒や爪楊枝などつかって根気よく。少しぐらいの拭き過ぎなら塗料を爪楊枝に付けてちょっとのせる。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報