潮についてなのですが、上げ潮(あげしお)、下げ潮(さげしお)は上り潮(のぼりしお)、下り潮(くだりしお)とは意味が違うのでしょうか?それとも読み方が違うだけで意味は一緒ですか?

A 回答 (2件)

『上げ潮』や『下げ潮』は昔から海釣りをする時に使いますね。


うちの親父も60年以上もこの言葉を使っているようです。

調べましたらやはり『上り潮』も『下り潮』も同じ使い方をしていました。
もしかすると漁師の使う言葉かもしれませんね。
それとも地域によって違うのかもしれません。

小潮から大潮に向かう潮が上り潮で、大潮から小潮に向かう潮が下り潮かと思いましたが、それも違ってました(笑)

お役に立てずにスミマセン。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうでしたか、最初僕も同じ意味だと思っていたのですがたまに疑問に思うときがあり質問してみました。
これで心置きなくこの言葉を使うことが出来ます(笑)。
十分に役立たせていただきました。

お礼日時:2002/04/05 06:13

上げ潮(あげしお)、下げ潮(さげしお)も初耳です。


で辞書調べたら満ち潮、引き潮とありました。
上り潮(のぼりしお)、下り潮(くだりしお)も初耳です。
こちらは辞書には無く、上り潮で検索したところたくさん掛かりました。
文面からすると同じ意味らしいです。
最近はやりの新語ではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざ辞書で調べてまでの回答ありがとうございました

お礼日時:2002/04/05 06:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q波打ち際や潮溜まりにいる生物

知人が海に遊びに行ったのですが、波打ち際や潮溜まりなどに2~3ミリくらいの虫(または何かの幼生)がたくさんいてイヤだったと言っていました。
この生物は何でしょうか?
私は実物を見たわけではないのですが、足がたくさん生えていて、足を中に入れると足に寄ってくるそうです。(笑)
とても気持ちが悪いと言っていました。
場所は知多方面の海ですが、地元の人は、「どこの海にもいるもんだ」と言っていたそうです。

Aベストアンサー

デカイ図書館に行けばあると思います。「日本産海洋プランクトン検索図説」千原光雄・村野正昭編 東海大学出版会。 こいつは凄いです。幼生だろうと変なちっちゃい生き物であろうとプランクトン(浮遊性生物)ならば載ってます。図説なので大変分かり易く,専門家の方じゃなくてもそこそこ容易に見つけることができると思います。 

Q潮力発電(波力)の分かり易い図

タイトルの通り、潮力発電(波力)の分かりやすい図を探しています。
明日、潮力発電についての発表なのですが、図を使って説明しなければ
なりません。
どこを探しても出てこず、かなり複雑な図などしか見つかりません。

どうかお力添えお願い致します!!

Aベストアンサー

どの程度のものをお探しかわかりませんが、↓のものはいかが?
http://www.glocom.ac.jp/eco/esena/resource/hirose/


”海明”で探せば見つかると思います。

原理がわかっていれば、ご自分で書くのが簡単です。
波力を空気の移動に変換するのは弁が多く面倒なので、
アンカーつきのブイの上下運動を回転運動に変換するというのも、簡単な方法の一つです。

Q南国の海は潮の香りがしないのはなぜ?

くだらない質問ですが、先日沖縄に行ったときにふと思いました。

なぜ、南国の海は潮の香りがしないんでしょうか。

知ってたら教えてください。

Aベストアンサー

おっしゃる通り、日本の近海の海は磯臭くて海水の透明度も低いですが、南国の海は磯臭くなく透明度も高いです。
この理由として、日本の近海は、南国の海に比べてプランクトンが多いからです。磯臭さは下の方の回答にありますようにプランクトンの腐敗臭です。日本の近海は、黒潮やら親潮やらが運んでくる養分が豊富な為プランクトンが南国に比べて育ちやすいのです。

Q海での、太陽・潮力・風力などの発電について教えて

日本が、自然エネルギーの道へ進もうと思うのであれば、当然、広い排他的経済水域を利用しようという考えが浮かぶと思います。海での発電について有力なものなどあれば教えてください。

Aベストアンサー

 いろいろあると思いますが、まずは「潮汐発電」。潮の満干を利用して、満ち潮のときに海水をためて、引き潮のときに水位差を利用して一種の水力発電を行う方法。鳴門海峡の「うず潮」などのように、狭い海峡があれば利用できると思います。

 次に「海流発電」。黒潮、親潮といった大きな海流、その海岸ごとに存在する局所的な沿岸流などを利用する方法。狭い範囲にエネルギーを集中させるのが難しそう。(これが簡単にできるくらいなら、ダムを造らなくとも「河川発電」ができる)

 さらに「波力発電」。波のパワーを利用するもの。これもエネルギーが分散化されているので、効率よくエネルギーを取り出すのが難しそう。

 多分、「潮汐発電」の実現可能性が高そうですが、設備の規模が大きいのと環境への影響があること、台風や津波を考えた時の設備の安全性、発電した電気の送電方法など、課題はまだ多いと思います。
 最終的には、設備費・保守費用・耐用年数といった投資と得られる電力のコスト、安定的に発電できるか、といった観点で評価することになるのだと思います。

Q電圧を回路的に下げる方法

制御盤内で定格120Vの電圧を使用します。(この制御盤は海外で使用します)
そこで、標準的に使用している機器では大抵が100-110vの定格が問題になります。抵抗等を利用し120Vから100V辺りまでに電圧を下げる方法を教えてください。

Aベストアンサー

制御盤ということなので、外部からの供給が海外で120V、また制御盤内の機器は日本で製作するためにすべて日本国内で調達した部品なのでしょうか。

上記のことなら通常はダウントランスを1個制御盤内に入れて、制御盤内電圧を100Vにすべきでしょう。
抵抗入れて個々に分圧すると不安定で、なおかつ制御盤内の温度上昇を招き制御盤では使いません。
抵抗のW数=ヒーターと同等と考えると察しがつくと思います。

ごくまれに、パイロットランプ1個だけを点灯させる為に抵抗分圧する事もありましたが、昔のことで現在はほとんどそのような使い方はしません。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報