潮についてなのですが、上げ潮(あげしお)、下げ潮(さげしお)は上り潮(のぼりしお)、下り潮(くだりしお)とは意味が違うのでしょうか?それとも読み方が違うだけで意味は一緒ですか?

A 回答 (2件)

『上げ潮』や『下げ潮』は昔から海釣りをする時に使いますね。


うちの親父も60年以上もこの言葉を使っているようです。

調べましたらやはり『上り潮』も『下り潮』も同じ使い方をしていました。
もしかすると漁師の使う言葉かもしれませんね。
それとも地域によって違うのかもしれません。

小潮から大潮に向かう潮が上り潮で、大潮から小潮に向かう潮が下り潮かと思いましたが、それも違ってました(笑)

お役に立てずにスミマセン。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうでしたか、最初僕も同じ意味だと思っていたのですがたまに疑問に思うときがあり質問してみました。
これで心置きなくこの言葉を使うことが出来ます(笑)。
十分に役立たせていただきました。

お礼日時:2002/04/05 06:13

上げ潮(あげしお)、下げ潮(さげしお)も初耳です。


で辞書調べたら満ち潮、引き潮とありました。
上り潮(のぼりしお)、下り潮(くだりしお)も初耳です。
こちらは辞書には無く、上り潮で検索したところたくさん掛かりました。
文面からすると同じ意味らしいです。
最近はやりの新語ではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざ辞書で調べてまでの回答ありがとうございました

お礼日時:2002/04/05 06:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q潮・・?

非常に恥ずかしい質問なんですが・・・
彼と付き合って10ヶ月目ぐらいから、エッチをするとき膣から水のようなものが大量に出るようになりました。
指を入れたりすると流れるように出るんです。潮かなーって思ってAVビデオなどを見てみたんですが、潮って飛ぶものでは・・??私は飛ぶと言うより流れるって感じです。彼は何も味がしないし、匂いも無く水みたいにさらっとしてるって言うんですが・・男性経験は人並みにありますが、彼とだけこうなるのですごく悩んでいます・・これって何??

Aベストアンサー

それはまちがいなく潮ですね。あれって無味無臭です。おしっこなら当然臭いはあるはずです。でも僕もおしっこと潮の違いはわかりません。かなりの量がでる女性もいますが、ある医者があれだけの量を貯蔵する場所は膀胱以外にあり得ないって雑誌の記事で読んだことがあります。だからおしっこになる前の物なのかな?って思ったり・・・。いずれにしても潮を吹いて嫌がる男はすくないんじゃないですか?どんどん潮を吹いて彼氏を喜ばせてあげて下さい。潮を吹く女性はたぶん少ないと思います。(潮を吹かす指テクの持ち主の男が少ないのかな?)恥ずかしながら僕も今まで一人の女性しか知りません。(その方は毎回吹いていました)って事で、全く悩む問題ではないと思います。

Q波打ち際や潮溜まりにいる生物

知人が海に遊びに行ったのですが、波打ち際や潮溜まりなどに2~3ミリくらいの虫(または何かの幼生)がたくさんいてイヤだったと言っていました。
この生物は何でしょうか?
私は実物を見たわけではないのですが、足がたくさん生えていて、足を中に入れると足に寄ってくるそうです。(笑)
とても気持ちが悪いと言っていました。
場所は知多方面の海ですが、地元の人は、「どこの海にもいるもんだ」と言っていたそうです。

Aベストアンサー

デカイ図書館に行けばあると思います。「日本産海洋プランクトン検索図説」千原光雄・村野正昭編 東海大学出版会。 こいつは凄いです。幼生だろうと変なちっちゃい生き物であろうとプランクトン(浮遊性生物)ならば載ってます。図説なので大変分かり易く,専門家の方じゃなくてもそこそこ容易に見つけることができると思います。 

Q潮力発電は地球の自転等に影響するのですか。

潮位の変化を利用して発電する潮力発電というのがあります。これは結局地球の自転か月の公転の運動エネルギーを電気エネルギーに変換しているわけですから、大量に発電すると、地球の自転か月の公転に影響するのではないかと思うのですが、どうなんでしょうか。知っている方教えて下さい。

Aベストアンサー

はい。地球の自転や月の公転からエネルギーを取り出すことになりますので、ごくわずかでしょうが影響は確かにあります。
地球の自転は遅くなり、月も公転が遅くなると同時に公転半径は大きくなるでしょう。

No1さんとNo3さんは潮の満ち干が自転の抵抗になっているとお考えのようですが、これは間違っています。
潮の満ち干に抵抗を受けることが自転への抵抗になっていますので、潮汐発電はこの抵抗を増やしますので自転を遅くします。

Q潮力発電(波力)の分かり易い図

タイトルの通り、潮力発電(波力)の分かりやすい図を探しています。
明日、潮力発電についての発表なのですが、図を使って説明しなければ
なりません。
どこを探しても出てこず、かなり複雑な図などしか見つかりません。

どうかお力添えお願い致します!!

Aベストアンサー

どの程度のものをお探しかわかりませんが、↓のものはいかが?
http://www.glocom.ac.jp/eco/esena/resource/hirose/


”海明”で探せば見つかると思います。

原理がわかっていれば、ご自分で書くのが簡単です。
波力を空気の移動に変換するのは弁が多く面倒なので、
アンカーつきのブイの上下運動を回転運動に変換するというのも、簡単な方法の一つです。

Q潮の後始末

夫婦生活の度、いつも大量の潮で寝具が汚れてしまいます。
シーツを毎日取り替えるだけでも大変なのですが、
布団にも染みてしまっていて、雨の日は干せないし、本当に困っています。
同じような経験をお持ちの方で、処理が楽な方法をご存知でしたらどうか教えてください。
とりあえず、敷き布団の上に敷く汗取りパッドを買おうと思っていますが…
他のものでも、お勧めの物などがあれば教えて下さい。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。女性です。

私も全く同じですよ!
何だか厳しいご意見が多いですが、私もエッチの最中に潮を吹きますし、エッチでは毎回中でイキますよ。
私の場合、ホテルではバスタオルを2枚重ねていますが、それでもずれて布団を汚してしまいますので、エッチの後にいちゃいちゃするときは寝る位置をずらしています(^^;)

以前別の件で質問させて頂いたときに、同じ経験をしていらっしゃる親切なご回答者様にいろいろ教えて頂き、赤ちゃん用品を売っているお店で『赤ちゃん用のおねしょシーツ』を買いました!
私はまだ使ったことはないのですが(結婚後に彼と一緒に住むので)、使うのを楽しみにしています。
確か2000円弱とお手頃なお値段だったと思います。
その方は自宅で愛用していらっしゃるようですが、とてもお勧めだと仰っていましたよ(^^)
バスタオルと違って薄手で水分をしっかりと吸収してくれるのでお布団は濡れないし、洗濯も簡単で乾くのも早く、毎日使えてとっても便利とのことです。

汗取りパッドの効果は分かりませんが、一度赤ちゃん用のおねしょシーツを試してみられても良いかもしれませんね(^^)

こんにちは。女性です。

私も全く同じですよ!
何だか厳しいご意見が多いですが、私もエッチの最中に潮を吹きますし、エッチでは毎回中でイキますよ。
私の場合、ホテルではバスタオルを2枚重ねていますが、それでもずれて布団を汚してしまいますので、エッチの後にいちゃいちゃするときは寝る位置をずらしています(^^;)

以前別の件で質問させて頂いたときに、同じ経験をしていらっしゃる親切なご回答者様にいろいろ教えて頂き、赤ちゃん用品を売っているお店で『赤ちゃん用のおねしょシーツ』を買いまし...続きを読む

Q南国の海は潮の香りがしないのはなぜ?

くだらない質問ですが、先日沖縄に行ったときにふと思いました。

なぜ、南国の海は潮の香りがしないんでしょうか。

知ってたら教えてください。

Aベストアンサー

おっしゃる通り、日本の近海の海は磯臭くて海水の透明度も低いですが、南国の海は磯臭くなく透明度も高いです。
この理由として、日本の近海は、南国の海に比べてプランクトンが多いからです。磯臭さは下の方の回答にありますようにプランクトンの腐敗臭です。日本の近海は、黒潮やら親潮やらが運んでくる養分が豊富な為プランクトンが南国に比べて育ちやすいのです。

Q潮について

潮についてなのですが、上げ潮(あげしお)、下げ潮(さげしお)は上り潮(のぼりしお)、下り潮(くだりしお)とは意味が違うのでしょうか?それとも読み方が違うだけで意味は一緒ですか?

Aベストアンサー

『上げ潮』や『下げ潮』は昔から海釣りをする時に使いますね。
うちの親父も60年以上もこの言葉を使っているようです。

調べましたらやはり『上り潮』も『下り潮』も同じ使い方をしていました。
もしかすると漁師の使う言葉かもしれませんね。
それとも地域によって違うのかもしれません。

小潮から大潮に向かう潮が上り潮で、大潮から小潮に向かう潮が下り潮かと思いましたが、それも違ってました(笑)

お役に立てずにスミマセン。

Q海での、太陽・潮力・風力などの発電について教えて

日本が、自然エネルギーの道へ進もうと思うのであれば、当然、広い排他的経済水域を利用しようという考えが浮かぶと思います。海での発電について有力なものなどあれば教えてください。

Aベストアンサー

 いろいろあると思いますが、まずは「潮汐発電」。潮の満干を利用して、満ち潮のときに海水をためて、引き潮のときに水位差を利用して一種の水力発電を行う方法。鳴門海峡の「うず潮」などのように、狭い海峡があれば利用できると思います。

 次に「海流発電」。黒潮、親潮といった大きな海流、その海岸ごとに存在する局所的な沿岸流などを利用する方法。狭い範囲にエネルギーを集中させるのが難しそう。(これが簡単にできるくらいなら、ダムを造らなくとも「河川発電」ができる)

 さらに「波力発電」。波のパワーを利用するもの。これもエネルギーが分散化されているので、効率よくエネルギーを取り出すのが難しそう。

 多分、「潮汐発電」の実現可能性が高そうですが、設備の規模が大きいのと環境への影響があること、台風や津波を考えた時の設備の安全性、発電した電気の送電方法など、課題はまだ多いと思います。
 最終的には、設備費・保守費用・耐用年数といった投資と得られる電力のコスト、安定的に発電できるか、といった観点で評価することになるのだと思います。

Qお潮について

恥ずかしいのですが、エッチの最中に、なんかビショビショになってるな~とふと気付いたら、お潮らしいものが、ベッドカバーも薄い掛け布団にも染みて、敷き布団までに到達するくらいに出てしまいました。
初めての経験だったから、素になるくらいびっくりしてしまいました。

今までエッチなビデオとかで見て、「あんなに激しく指でしたら絶対痛いだろうな~」と思いつつ、お潮を吹くなんて「特異体質なんだろうな~」と思ってました。「オトコのヒト、みんながみんな、そう思い込んで、あんなに激しく指でしたら、オンナのヒトはたまらないな~」とまで思ってたのに…。

でもそんな激しくないエッチの状態で、でもすごく気持ちよかったんですが、いつの間にか出てたんです。

あのお潮っていったい何なんでしょうか? 
そしてどこで製造されるんでしょうか?しかもあんなに大量に。

実はもしかしたら、おもらしだったのかな~、とか思ってしまったり…。でも、全くそれっぽい匂いもしなかったし、だいぶ時間がたってお布団が乾いてもそんな匂いがしなかったし…。自分でもちょっと怖いし恥ずかしいしで、よく確認しなかったのですが。
ちょっと不安にもなってしまってます…。

恥ずかしいのですが、エッチの最中に、なんかビショビショになってるな~とふと気付いたら、お潮らしいものが、ベッドカバーも薄い掛け布団にも染みて、敷き布団までに到達するくらいに出てしまいました。
初めての経験だったから、素になるくらいびっくりしてしまいました。

今までエッチなビデオとかで見て、「あんなに激しく指でしたら絶対痛いだろうな~」と思いつつ、お潮を吹くなんて「特異体質なんだろうな~」と思ってました。「オトコのヒト、みんながみんな、そう思い込んで、あんなに激しく指でし...続きを読む

Aベストアンサー

あれ、このサイトでもよく話題になりますし、あれはお小水だというご回答もありますが、私の経験からいってあれはお小水ではありません。
数年前の半年ほどのあいだの一時期だけ、気持がよくなったころにビュッとお小水のようなものが噴出することが続きましたが、原因も分らないままいつのまにか次第に減ってついに終わってしまいました。

試しに口と指とオモチャで刺激しながらあの部分を観察していた主人に言わせると、出てくるところはあきらかに尿道口ではなく膣口のすぐ中側の周りのあたりからだと言うことです。

あれが出たからといって特別にいい気持のものでもないし、主人も行為の最中に突然出てくると睾丸の辺りに熱いものがかかって気味が悪いと言ってあまり喜びませんでした。
なにしろバスタオルが何枚もないと心配ですし、わざわざバスルームで行為をしたこともあったほど、あの頃は大変でしたよ。

Q電圧を回路的に下げる方法

制御盤内で定格120Vの電圧を使用します。(この制御盤は海外で使用します)
そこで、標準的に使用している機器では大抵が100-110vの定格が問題になります。抵抗等を利用し120Vから100V辺りまでに電圧を下げる方法を教えてください。

Aベストアンサー

制御盤ということなので、外部からの供給が海外で120V、また制御盤内の機器は日本で製作するためにすべて日本国内で調達した部品なのでしょうか。

上記のことなら通常はダウントランスを1個制御盤内に入れて、制御盤内電圧を100Vにすべきでしょう。
抵抗入れて個々に分圧すると不安定で、なおかつ制御盤内の温度上昇を招き制御盤では使いません。
抵抗のW数=ヒーターと同等と考えると察しがつくと思います。

ごくまれに、パイロットランプ1個だけを点灯させる為に抵抗分圧する事もありましたが、昔のことで現在はほとんどそのような使い方はしません。


人気Q&Aランキング