ある言葉が最初に使われたのがいつか、について書かれた本をご存知でしたら教えてください。
例えば「電」という字はもとの意味は「いなずま、いなびかり」という意味ですが、今では「electric」の意味で使っています。雷が電気であることはたしかベンジャミン・フランクリンが確認した事で、古代中国人がそれを知っていたことは流石にない、と思います。
だから「電」の字を「electric」の意味で使い出したのは結構最近のことではないかと思うのです。それがいつからだったのか、辞書に書いてあってもいいと思うのですが、これがなかなかそういう記述が見つかりません。どなたかご存知でしたら教えてください。なお大修館の「大漢和辞典全12巻」にはありませんでした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

漢字(中国語)ではなく日本語についての語誌ということでよければ、『日本国語大辞典』(小学館)がお求めのものにいちばん近いかと思います。



例えば、同辞書の「電気」の項目を見ると、この語が日本で最初に用いられたのが1850年代であることや、その初出の本の中に「(electricityを)支那人近日電気と訳す」という注釈がある(というかこの注釈自体が初出例らしい)といったことがわかります。

「電気」というのは「電」(いなずま)の「気」ということで、この2字でelectricityの意訳となっているわけですから、「電」単独で電気の意味を表すようになったのは、「電気」という語が十分に広まってからということになるのでしょうね。それがいつ頃なのかはわかりませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
1850年といえば、ベンジャミン・フランクリンが1706~90ですから、雷が電気であることは証明済だったわけですね。それより早いと、東洋の優秀性が示せると思ったのですが、残念です。
お勧めの辞典は早速購入を検討します。

お礼日時:2002/04/09 12:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこういう俳句をご存知でしたら

きのう(4/5)の朝日新聞に、
 『大正14年当時のクロスワードパズル』の復元
とかいうのが載っていたので、やってみてたんですが、

『ミカヅキノ?ロヨリマチ?コヨイカナ』

という俳句の?の部分だけが埋められなくて、...

ヒントは、『名月の俳句(ミカヅキノで始まる)』となってます。
お分かりでしたら、よろしくお願いします。

それと、できましたら作者の方もよろしくお願いします。

Aベストアンサー

三日月の頃より待ちし今宵かな
松尾芭蕉

あんまり有名な句ではなさそうですが

Q盛者必衰と 同じ意味を持つ 四字熟語 知りませんか?

盛者必衰と 同じ意味を持つ 四字熟語 知りませんか
?もし知っていたら 何でもいいので 教えて下さい!!

Aベストアンサー

ぱっと思いつくのは「栄枯盛衰」。

あとは、「盛衰興亡」と「栄枯浮沈」、」「生者必滅」あたりでしょうか。

人の世は常にうつろい、はかないものだという意味もありますから、「万物流転」「夢幻泡影」も近似語でしょう。

Q単語の意味が分からないのですが、ご存知の方教えてください。

一葉の心に強さが出来たのである。感情の成熟に従って、やさしくて、弱くて、悲しんでいた心に、清冽な、反抗的な江戸式の感情の力がますます強くなってきた。

質問(1)「江戸式の感情」はどんな感情ですか。

Aベストアンサー

「独立心に富むアメリカ式の感情」というような感じで、著者は「清冽な、反抗的な」感情を「江戸式の感情」と表現しています。
なぜ「清冽で反抗的な」感情が江戸式かと言うと、江戸は庶民文化の街です。
将軍のお膝元でありましたが、えばった侍が多かったせいなのか、権力に対抗するような気風があり、女性でも「長屋のおかみさん」のように、サバサバして気丈な人が多かったように思われています。
この著者はそういう気風を指して、また京風と比較して、「江戸式」と表現したのだと思います。

Q石川啄木「ローマ字日記」翻字者について

石川啄木「ローマ字日記」を、筑摩書房1967年版の「啄木全集 第六巻 日記(二)」で見つけたのですが、翻訳(翻字)が誰の手なのかが書かれていません。
誰によるものかご存知または調べる方法をご存知なら、お教えいただけると有り難いです。

(岩波文庫にも同作があります(そちらは桑原武夫さんらしい)が、出版年代も10年離れているし、同じっぽくない気が。そちらを入手していないので比べられないのですが。)

Aベストアンサー

 今、私が見ているのは筑摩書房版全集第6巻、
昭和61年(1986)初版第6刷です。

いわゆる「ローマ字日記」は明治42年4月7日から始まりますが、
その前の「明治42年当用日記」の最終部分、
4月3日から6日まで、啄木はローマ字で日記を記しています。

全集の42ページ、4月3日の和文の部分に注釈があります。
[編集部翻字、以下同]

ちなみに、昭和36年版岩波版「啄木全集」も、
[編集部翻字、以下同]です。

Q「それはそれをしている」の詩

以下の詩の全文と、誰が作った詩なのか、どういう意図で作られたのか、何と言う書籍に載っているのか等の周辺情報が知りたいです。断片でも知ってる方いましたら、よろしくお願いします。
「わたしはそれをしている。わたしがしているそれは、それをしているわたしだ。それをしているわたしは、わたしがしているそれだ。それは、それをしているわたしをしている。わたしは、わたしがしているそれによって、されている。それはそれをしている」
だったかな~?何かでちらっと見ただけなので、かなりあやふやです。

Aベストアンサー

回答の補足。
R・D・レインという,
精神科医の言葉のようです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報