これからの季節に親子でハイキング! >>

住宅の購入を考えていますが、目ぼしい場所には必ず高圧送電線があります。
以前、「小児がんの発生率が高い」と聞いた事があるため、やはり近くない方が良いのかと思っています。
距離的にどの程度離れれば影響が無くなるのでしょうか?
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

まともな技術者なら、「影響はほとんど無い」です。


どれだけ離れれば影響が無いは、概念の問題です。
物理的な原理上は、どんなに離れても影響は小さくなるだけで、ゼロには絶対になりません。
では、どれだけ離れれば安全かと言うと、諸説あります。
6万ボルトの送電線で、10メートルというのが、私の見た記事では信用できそうです。
もちろん影響はゼロではありませんが、微々たる物です。
家庭のテレビから出る電磁波や電子レンジから漏れる電磁波、電気毛布や蛍光灯から放射される物に比べて、小さいというわけです。
晴れた日に、空から降ってくる放射線の量よりは、エネルギー的に少ないとか。
それよりも、室内で他の人の吸うタバコの煙りを強制的に吸わされる事や、道路を走る車の排気ガスの方が、はるかに有害だと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

説得力の有る内容に少し安心しました。
確かにタバコは困りますよね。
私も仕事場では、ほとほと迷惑しています。

お礼日時:2003/06/05 12:15

高圧線の近くで小児ガンの発生確率が高くなるという疫学的報告があることは、


WHO(世界保健機構)が公式に認めています。ただし、確率が高いといっても、
通常で10万人中4人程度の罹患率が倍になるという程度で、かからない人が
圧倒的に多いのですが。また、実験的事実としても観察されていないので、
調査を継続中ということです。そんな状態ですから、どれくらい離れたら安全
などというデータはありません。

疫学的調査が馬鹿にならないのは、例えば、明治時代の話ですが、脚気の原因に
ついて、当時の海軍軍医総監高木兼寛が疫学的調査に基づいて栄養説を唱えたのを、
ドイツ流の医学教育を受けた陸軍軍医総監森林太郎は非科学的と決めつけました。
結果的にはビタミンB1欠乏症であることがわかり、疫学的調査の有効性が証明
されたわけです。

電磁波について素人が書いたもの読んだり噂話を聞いたりする時、注意しなければ
ならない点がいくつかあります。
・電圧の低いものと高いものとを同列に扱っている場合がある。
・周波数の高いものと低いものとを同列に扱っている場合がある。
 (電子レンジで水は沸騰しますが、低周波ではそんなことは起きません。)
・生体に対する影響と電子機器に対する影響を同列に扱っている場合がある。
 (医療用ペースメーカーは電子機器です。生体に対する直接の影響ではありません。)
高圧線付近の電磁波は高電位低周波のものです。お間違えのないように。

そんなことをふまえ、上記のガン発生率をどうとらえるかということを自分で
判断するしかないと思います。

参考URL:http://www.who.int/inf-fs/en/fact263.html
    • good
    • 4
この回答へのお礼

確かに罹患率は微々たる物ですが、治癒する確立も低いのがネックですよね。
う~ん、噂話の時には、確かに電圧の高低や、周波数の高低などは気にしていないですね。
細かくチェックが必要ですね。

お礼日時:2003/06/05 12:19

検索サイトで「高圧送電線 発生率」と入れるとたくさん出てきますね


最近では国立環境研究所と国立がんセンターの研究班の発表のものがよく知られています
ただほとんど怪しい電磁波遮断商品のサイトにいってしまうのでだまされないように注意してください
    • good
    • 1
この回答へのお礼

今さっき、検索サイトに行ってきました。
本当にたくさん出てきますね。
興味深そうな物から見てみます。

お礼日時:2003/06/05 12:16

asagiriさんの話だと、「白い人達」が言うほどの心配は無いようですね。



確かに、発電所や変電所勤務の人達は、大変ですもんね。

「小児がんの発生率が高い」という話が事実なら、子供が出来る以前に男性の場合、精子への影響まで考えなければ。

電力会社の人の話も、聞いてみたいですね。

TV・ラジオ・電話・ADSLへの、影響はどうなんでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにその通りですね。
電気機器への影響も気になりますね。

電力会社の方は「ほとんど影響ありません」などと抽象的なお答えをされると思います。

お礼日時:2003/06/05 11:53

自分の家(もう同じ場所で約30年住んでいます)は基幹変電所に近く、したがって高圧送電線はかなり多い地域です。

周囲から高圧送電線が集まっては散るため鉄塔もあちこちにあり、自宅の屋上からは鉄塔が何十本と見えます。おまけに新幹線の線路もある地域です(あの架線は1万5000ボルトの電流です・・・普通の鉄道は600または1500ボルト)。
それでいて、この地域に病人が多かったり、ガンの罹患率が高かったり、変なのが多いという事実はありません。むしろ長生きの人が多いくらいです。
小学校からの友人であるY君宅は高圧線至近(自宅の10m先に鉄塔が立っている)かつ新幹線沿いですが、あの近隣も、別におかしなことはないですねぇ。

いずれにしてもこの件は、専門家でもまだまだわからないことが多いのです。自分は今のところ、気にすべき問題ではないと思っています。
そもそも「電磁波」なんて言うから分かりにくいですが、省略すれば「電波」です。皆さん、電波に身体の危険を感じますか?「携帯電話」という名前のマイクロ波を出す機器を、日常的に頭蓋骨に当てていませんか?
無論、出力の高低の差はありますが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

実際に住んでおられる方のご意見を聞かせていただき安心しました。
生きて行くためにはどうしてもライフラインは必要不可欠ですから、上手に付き合って行きたいです。

お礼日時:2003/06/05 11:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高圧線と健康/どのくらい離れていれば安全ですか?

 こんばんは。お世話になります。

 「高圧線の近くに住むのは健康に良くない」とのことですが、具体的に高圧線から何メートル以上離れていれば安全なのでしょうか?

 宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

外国では高圧線の近くに住む人に白血病やがんになりやすい、といわれますが、日本では危険が立証されていないから平気?と言われていますので何メートルという数値はでていません。

高圧線にも何種類かありそれぞれ電圧が違いますので・・・

以前、高圧線下のすぐ横で建売工事をしたとき、東電の工事業者がガウスメーター(電磁波計)を見て「すげー出てるな!こんな所に住みたかねぇな」と言うのを聞いて、「え!電磁波そんなに凄いのですか?」と聞いたら(やべ!)と言う顔をして言葉を濁されました。

私の場合100m離れていても、ちょっと・・・・

Q送電線、鉄塔の近くの物件について

宜しくお願い致します。

当方一戸建て購入を考えております。
現在まで、色々な物件を検討して来ましたが、私どもの条件(金銭的な事、子供の学区内等)にあったものが無く、やっと条件に近い建売の物件を見つけました。

そこは、「どぶ川が50m位の所に流れている」「送電線とその鉄塔が直近に建っている」事以外はこちらの条件を満たしています。
どぶ川に関しては、私の探している地区では、あちこちに流れている為、どこでも同じと言う感じです。
しかし「送電線」で悩んでいます。その物件は送電線の鉄塔の間隣りにあり、敷地から鉄塔が5m程度しか離れていません。
送電線については色々な意見があるのを調べました。何だか難しい話ばかりで良く分かりませんでしたが、「害が有る、無い」等、はっきりとしていないのは分かりました。
そこで、生活するうえでの具体的な問題(騒音や防犯等)はどのような事が有るのかを教えて頂きたいと思います。
また、普段の生活で送電線から常に出ている電磁波を避ける様なグッズなどはあるのでしょうか?

この他の物件は、「金額が高すぎる」「土地が狭すぎる」「旗竿地」「日が全く入らない」「大きな川の真横」等など、こちらのダメな条件の上位にある物ばかりです。もうここしかない・・・?と言う状況です。
今回の物件はこの条件を全てクリアしており、送電線の害が「はっきりしていない」と言う事から、私の気持ちはこの物件に傾いております・・・。

実際に送電線の近くに住んでいる方等、ご意見宜しくお願い致します。

宜しくお願い致します。

当方一戸建て購入を考えております。
現在まで、色々な物件を検討して来ましたが、私どもの条件(金銭的な事、子供の学区内等)にあったものが無く、やっと条件に近い建売の物件を見つけました。

そこは、「どぶ川が50m位の所に流れている」「送電線とその鉄塔が直近に建っている」事以外はこちらの条件を満たしています。
どぶ川に関しては、私の探している地区では、あちこちに流れている為、どこでも同じと言う感じです。
しかし「送電線」で悩んでいます。その物件は送電...続きを読む

Aベストアンサー

 うーん、今の時期で2~5mGですか…。夏場だともっと計測値が上がりそうですね…。雨の日の方が計測値が低くなることもあるようです。あれ、これはケータイ基地局の電磁波だったかな。周波数によって、性質が違って来るんですよねー。散歩道にある高圧送電線の鉄塔は雨の日に「ジー」という音が鉄塔からよく聞こえます。

 ちなみに高さが10m足らずの66kV送電線の直下では40mG、また、高圧送電線ではないですが、電柱の変圧器(トランス)の近くの2階の部屋で最大20mGが測定されたことが、本に出ていました。一番影響を受けるのは細胞分裂が盛んな、胎児・子供などですが、大人も、というか生きている限り細胞分裂はしていくので、値が大きいとなると、より注意したいですね。ガン細胞に低周波の電磁波を24時間照射すると、増殖スピードが最大24倍にもなったそうです。

 ホットカーペット、電気毛布などは電磁波低減タイプ(相殺の原理を応用したもののようです)が出ているんですが。


 あと、鉄塔の倒壊がちょっと怖いです。一昨年の台風で倒れましたよね。それまでは「絶対倒れません」と電力会社は言ってたんですけれど。

 ご存知かも知れませんが、大阪府門真市末広町は、送電線に囲まれた町・ガン多発の町ということで色々な書籍やビデオで紹介されています。確かその土地で、蛍光灯を電線の下で持って立つと、何もしなくても蛍光灯が光るんですよね。なので、電磁障害も、付近の方などに確認された方がいいですね。

 それと他の方も書かれてましたが、鉄塔の近くですと自殺率も高いようです。また、自動車事故も多いみたいですね。どの本か失念して、今、手元に見当たらないのですが、どこかの交通機関が統計的に多いことを突き止めて国だかに報告したけれど、もみ消された?みたいなことが書いてありました。

 余談ですが、新幹線は交流電流、在来線は多くが直流電流で動かしているようです。直流の方はプラスとマイナスが入れ替わらないため、電磁波が出ませんが、モーターが内臓されていると電磁波が出ます。交流でモーター内臓よりは電磁波が強くないようですが、車体の横や、車両連結部近くの天井付近に「モハ」と書かれているのはモーター車です。「クハ」「サハ」表示のものはモーター車ではないので、通勤が長い時などは、その車両を選んで乗ると、被曝が低減されるようです。

 家電などもモーター内臓のシェーバー、ドライヤー、掃除機、洗濯機などはより電磁波が強くなるようです。特にシェ-バーなどは密着させるので、お使いであれば、せめて直流式のモーターにしたいですね。ドライヤーを頻繁に使う子供の白血病の発症率が上がる報告もあります。

 送電線も直流システムにして、近くに発電所を作れば、電磁波も出ず、クリーンで原発もいらなくなる発電が可能のようです。今は原発から変電所・変圧器などを経てどんどん電圧を下げながら電力輸送してますもんね。エネルギーもとても勿体無いそうです。

 うーん、今の時期で2~5mGですか…。夏場だともっと計測値が上がりそうですね…。雨の日の方が計測値が低くなることもあるようです。あれ、これはケータイ基地局の電磁波だったかな。周波数によって、性質が違って来るんですよねー。散歩道にある高圧送電線の鉄塔は雨の日に「ジー」という音が鉄塔からよく聞こえます。

 ちなみに高さが10m足らずの66kV送電線の直下では40mG、また、高圧送電線ではないですが、電柱の変圧器(トランス)の近くの2階の部屋で最大20mGが測定されたことが、本に...続きを読む

Q高圧線から50mの家は電磁波の影響は受けませんか?

転勤を機に家を購入する事になりました(転勤は今回限り)

転居先が高圧線や鉄塔が大変多い地域なのですが、現在候補として挙がっている物件は高圧線まで50m、鉄塔まで100mです。

物件や周囲の環境については気にいっているので、気にするほどの距離でないならば購入したいのですが、電磁波の影響が懸念されますでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

No,6です。
不動産のプロではないので何メートル以内が安い、と言いかねますが、鉄塔の真横等だと何百万単位でかわるという話もあります。
不動産鑑定をされる方には、見える範囲にあるだけで(200~300m)
減額対象にする話も聞きます。(知り合いに不動産関係多数)
地域的に多いと言う事で、どの程度査定に反映されるかは分かりませんが、逆に考えて頂くと、鉄塔近くを希望される方がいるかどうか・・・。
恐らく少数派である=不人気物件になる要因。

電磁波ですが、送電線50Mは何らかの影響あり、と考えた方が無難では?
何故ならもし家の中に届かずとも、(個人的には届くと思いますが;)生活範囲内でさらに近づく可能性が多分にあるからです。
その影響が良いものか悪いものかは分かりませんが。

もちろん購入を検討されるからには魅力的な物件であるのでしょう。
その決心を固める為にも、駅を一つ広げて探す、普段過ごすリビングから鉄塔が見えない物件を探す、等もう少し条件を変えて探されても宜しいのでは?高い買い物ですからね!
それらと見比べてもその家がいいのなら、後悔しないに違いありません。
頑張ってくださいね。

No,6です。
不動産のプロではないので何メートル以内が安い、と言いかねますが、鉄塔の真横等だと何百万単位でかわるという話もあります。
不動産鑑定をされる方には、見える範囲にあるだけで(200~300m)
減額対象にする話も聞きます。(知り合いに不動産関係多数)
地域的に多いと言う事で、どの程度査定に反映されるかは分かりませんが、逆に考えて頂くと、鉄塔近くを希望される方がいるかどうか・・・。
恐らく少数派である=不人気物件になる要因。

電磁波ですが、送電線50Mは何らかの影響あり、...続きを読む

Q高圧線の鉄塔のすぐ近くの土地を購入しようか迷っています。

高圧線の鉄塔のすぐ近くの土地を購入しようか迷っています。
地図を下のURLに保存してありますのでご覧ください。
http://www.uploda.org/uporg971333.jpg.html
角地を2分筆して、その右半分の土地です。
写真では大きい家が建っていますが、コレを半分にした右側です。

鉄塔が近いと電磁波?の影響で健康に悪影響という話も聞きますが、そのぶん安い土地でもあります。
敷地から一番近いところですと鉄塔の足下から10m程度しか離れていません。
高圧線は高さの分もう少し遠くになると思いますが20m程度だと思います。
ポジティブな見方をすれば、鉄塔方向が南ですので、南に高い建物が建つ事はない、といえます。
不安なので実際に高圧電線付近に住んでいらっしゃる方を中心に御意見をお伺いしたいのです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

そばに住んでいる人はみんな、平気な人たちばっかりです。平気だから住んでいるのです。長生きしてる人もいます。
でも、だめな人はだめなんで、少しでも気になるならやめた方がいいです。私は鉄塔に引越2日前まで気づかず、1カ月で退去、大損しました。それはいいんですが、不動産屋も鉄塔のそばに住んでいるので、電磁波アレルギーとかわからず、あなたがおかしい、気にしなければいいと言われ、それで余計精神的ダメージを受けました。
平気な人から見たら、アレルギーになる方がおかしいわけで。
鉄塔のそばだと、強風が吹くとすごい騒音がします。また、電磁波の低周波音だと思いますが、夜、静かになって寝ようとすると、ブーという低い小さい音が耳について眠れませんでした。これは1日24時間ずっと、耳をすませば聞こえました。神経質な人は絶対やめたほうがいい。

Q鉄塔の近くに住んではいけない理由

こんばんは!
いつもお世話になります。

高圧送電線などを支える鉄塔の近くに
住んではいけないと以前どこかで聞きました。
なんでも身体に悪い影響(白血病など?)を
及ぼすとのことですが、具体的にどんな
悪影響があるのでしょうか?
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

鉄塔の近くと言うより、「高圧送電線の下に」と言うことでしょうね。

送電線の周囲には電磁波が生じますから、それが悪影響ありと言われています。しかし科学的な根拠は薄く、電磁波の強さに関しても携帯電話や電子レンジなどの方が強いと言われていますし、電線のみならず変電所からも電磁波は発生します。何が主原因かははっきりしていないのが現状です。

とりあえず電磁波を問題視しているサイトを貼っておきますが、どの程度信じるかどうかはお任せします。
http://www.sei-ken.co.jp/mijika_denji.htm

参考URL:http://www.sei-ken.co.jp/mijika_denji.htm

Q高圧線の下の土地を契約してしまいました

住宅購入を考えて色々な物件をみてきました。
やっと見つけた土地が夫婦共に気に入り契約をすることができました。
先日両親に決まった土地を見てもらったとこ高圧線があることを指摘されました。
ネットで調べたり、親戚に聞いたりしているとやめた方がいいということを知りました。
すでに土地と建築会社は契約済みです。
銀行のローンの申し込みはこれからです。
高圧線のことは私たち夫婦は全然わかりませんでした。
土地契約の時の重要事項説明の時に高圧線が通っていますと書かれていてそこで初めて知りました。
私は高圧線のことをよく知らなかったので売主さんや不動産屋さんにどういうことですか?と聞いたらあまり気にしなくていいと言われ、健康被害のことなどは教えていただけませんでした。
電力会社からお金を頂けることは教えてもらいましたが、そのお金の理由は空中の土地を借りているためと教えてもらいました。
それによって雷の時などに火事になりやすいとかですか?と聞いてもそうゆうことはないですと言われました。
私からすれば健康被害など科学では証明されてはいないけれど、いちお気にされる方がいますなどと契約前に教えて下さらなかったのかとすごく不動産屋に怒りがあります。
まだ20代半ばの若い夫婦なので騙されたのでしょうか?
そのことを知っていたのなら私は契約しませんでした。
まだ生まれたばかりの子供がいるので、すごく気になります。
このような時に契約を取りやめるとなると、手付金はかえってこないのでしょうか?
土地、建築とも手付金は払っています。
少し文章がおかしくなっていてわかりずらいと思いますがとても困っているのでよろしくお願いします。

住宅購入を考えて色々な物件をみてきました。
やっと見つけた土地が夫婦共に気に入り契約をすることができました。
先日両親に決まった土地を見てもらったとこ高圧線があることを指摘されました。
ネットで調べたり、親戚に聞いたりしているとやめた方がいいということを知りました。
すでに土地と建築会社は契約済みです。
銀行のローンの申し込みはこれからです。
高圧線のことは私たち夫婦は全然わかりませんでした。
土地契約の時の重要事項説明の時に高圧線が通っていますと書かれていてそこで初めて...続きを読む

Aベストアンサー

法律の問題はパスして電磁波について一言。
電磁波の影響は問題なし。あるいは科学的に証明されていない、という意見が多いですね。
私の見聞(意見ではありません。見聞です)を聞いてください。
今から20年以上前ですが、ある科学雑誌に書かれていた記事です。関西地方?のある町の中心に変電所がありました。この町で癌の発生状況を調査したところ、変電所から四方に延びる高圧線の下に住む人に多く癌が発生してました。地図上に癌患者が発生した家をマークしてありましたが、明らかに高圧線の下が多かったです。
B級科学雑誌ではありませんよ。有名国立大学を退官された方が立ち上げた雑誌であったと記憶しております。
そんなに危険ならば規制されるはず、という意見もありましたが、問題無し、と言う企業、団体がある以上、役人がこれ以上大騒ぎになるようなことをするとは思えません。
また、これも古い話ですが、あるテレビ番組で、レポーターが夜、蛍光灯を持って高圧線の下に行くと、なんとその蛍光灯が点灯しました。もちろん電源はありませんよ。
ホットカーペットの方が電磁波が強いと下で書かれていましたが、ホットカーペットの上に蛍光灯を置いても多分点灯しないでしょう。
高圧線の下は魚がよく釣れる、と書かれた本も読んだことがあります。もしかしたら電磁波で暖かいのかもしれません。
IHの電磁波も、電力会社は問題なしと言いますが、ガス会社は問題ありと言います。
以上の事を考えれば、私なら高圧線の下はもちろん、近辺にも住みたくありません。
ご参考までに。

法律の問題はパスして電磁波について一言。
電磁波の影響は問題なし。あるいは科学的に証明されていない、という意見が多いですね。
私の見聞(意見ではありません。見聞です)を聞いてください。
今から20年以上前ですが、ある科学雑誌に書かれていた記事です。関西地方?のある町の中心に変電所がありました。この町で癌の発生状況を調査したところ、変電所から四方に延びる高圧線の下に住む人に多く癌が発生してました。地図上に癌患者が発生した家をマークしてありましたが、明らかに高圧線の下が多かっ...続きを読む

Q送電線鉄塔に近接した家に住んでいる人に質問

1年ほど前に団地住人の駐車場になっていた集会所予定地を団地内住人の競売入札の結果、激安で購入しました。集会所予定地だったが、個人所有になったので新築は可能とのことです。駐車場使用の新契約は問題ない様に済ませています。

300坪ほどの児童公園の一角にあるが、送電線鉄塔にも接しているのです。公園と鉄塔に囲まれているので、四方の日当たりは抜群です。そのまま駐車場として継続するにはもったいない気がして、その場所に小さなセカンドハウスを建築するかでずっと迷っています。

激安購入できたのは、鉄塔があるので私も含めて団地住人の購入意欲が低かったためです。団地の中には鉄塔近隣の家もありますが、個別には聞けませんので、送電線鉄塔に接した家に住んでいる人にお聞きしたい。

電磁波による悪い影響が本当にありますか。
セカンドハウス使用が終わったら、あなたの家も含めてその家を借りてもらえますかね。

Aベストアンサー

こんにちは。

我が家は、昭和30年から平成元年まで送電線が撤去される迄の約34年間に亘り、東電の特高送電線(275kV=27万5千ボルト)と送電線鉄塔の至近距離に居住してました。
(※市街化が進み平成元年に特高送電線が撤去された年に二世帯住宅造りに建て直しました)

この敷地は、送電線の至近距離であることから、鉄道駅に近く交通の便が良い割には安く買えたと父親からは子供の頃に聞かされてますが「建物に建築制限があったから」だとも聞いてます。

また、私自身が中学・高校時代から楽しんでた趣味のアマチュア無線が高じてしまい、社会人になって稼ぎが良くなった昭和50年に敷地内の裏庭に高さ25mのアンテナ鉄塔を建てて、無線交信用のキュビカルクワッドというビームアンテナを鉄塔のマストに載せたところ、送電線を管理してる東電送電所の担当者2名が直ぐに我が家に駆け付けて「送電線とアンテナの距離が近過ぎて危険なので、アンテナの高さを5mほど低くして欲しい」と依頼された苦い思い出があるぐらいです。

まぁ、無線用アンテナの同軸ケーブルの芯線に触れると送電線からの高圧誘導電流で普通の人が体験する静電気なんか比較にならないほどの強さでビリビリと感電するほどでしたから、普通の人なら恐怖を感じるでしょうが、子供の頃から無線機を日常的に自作したり扱ってたことでメガHz単位の強電界高周波電磁波に常に曝されながら成人しましたので、50Hzのような商用周波数の低周波電磁波なんて屁とも思ってないです。

なお、私自身は20歳代半ばの年齢で結婚して、3人の子宝にも恵まれた父親ですけど、3人の子供達は心身共に健康で逞しく成人しましたし、私達夫婦と長年同居してる私の実母は今年で93歳を迎る高齢ですが、持病の糖尿病治療薬の影響と思われるアルツハイマー型認知症の初期症状が最近出始まったぐらいで、私自身は長年の過度の喫煙習慣(今は禁煙中)や高脂血症の体質のせいか、動脈硬化による高血圧症の治療中といった程度ですから「特高送電線程度の低周波電磁波による健康被害はない」と思います。

こんにちは。

我が家は、昭和30年から平成元年まで送電線が撤去される迄の約34年間に亘り、東電の特高送電線(275kV=27万5千ボルト)と送電線鉄塔の至近距離に居住してました。
(※市街化が進み平成元年に特高送電線が撤去された年に二世帯住宅造りに建て直しました)

この敷地は、送電線の至近距離であることから、鉄道駅に近く交通の便が良い割には安く買えたと父親からは子供の頃に聞かされてますが「建物に建築制限があったから」だとも聞いてます。

また、私自身が中学・高校時代から楽しんでた趣...続きを読む

Q線路から20メートルくらいでの電磁波は、、?

前図書館で電磁波の本をよんでから、電磁波に興味があるんですけど、
今度ひっこしを考えてるんですけど、そこが線路から20メートルくらいのとこにうちがあるんです。
線路の近くとかって、電磁波被害ひどいって本にあったんですけど、何メートルくらい離れれば大丈夫かっていうのはかいてなくて、誰か知ってる人いますか?
もし、電磁波被害がやばいようなら、そこにはすめないなぁって思っています

どうか教えて下さい!!!!!!

Aベストアンサー

『電磁波の正体と恐怖』小山 寿著/河出書房新社/定価680円(1996年当時)
を参考文献としてご紹介いたします。

アメリカのカリフォルニア州スレーター小学校において、校庭近くに高圧電線が敷設されて以来2年ほどの間に、生徒や先生で白血病やガンによって死亡する例が立て続けに5人ほど出たのみならず、頭痛や吐き気の症状を訴える生徒や先生が急増しました。このガンや白血病の発症率は、ほかの地域の平均と比べて突出した値を示していました。
その原因として考えられたのが、高圧電線から発生する電磁波です。
そこでスレーター小学校では、1992年に計算上電磁波の磁束密度が2ミリガウス以上となる地点に線を引き、そこから先は立ち入り禁止としました。それ以来、電磁波の人体に与える影響について様々に取り沙汰されるようになったのです。

上に紹介した本の142,143ページにJR田端駅や五反田駅などにおいてホーム黄線上に立ち、手持ちで電磁波を計測した時の値を表にしたものが掲載されています。
測定器は『トリフィールド・メーター』(W.B.Lee社製、エコライフ株式会社/輸入販売)です。
それによると、JR田端駅では10ミリガウス、JR五反田駅では100ミリガウス、と駅によって非常に差があります。(車内での測定結果についての記載もあります)

電磁波は、距離の2乗に反比例して減少します。
ここでは仮に、計測時の電線からの距離を4メートルとし、その時の電磁波の磁束密度を100ミリガウスとして計算すると、磁束密度が2ミリガウス以下になる電線からの距離は約30メートルとなります。

ちなみに、1997年10月以降『テスラ』という単位が使われるようになり、
10ミリガウス = 1マイクロステラ
です。

『電磁波の正体と恐怖』小山 寿著/河出書房新社/定価680円(1996年当時)
を参考文献としてご紹介いたします。

アメリカのカリフォルニア州スレーター小学校において、校庭近くに高圧電線が敷設されて以来2年ほどの間に、生徒や先生で白血病やガンによって死亡する例が立て続けに5人ほど出たのみならず、頭痛や吐き気の症状を訴える生徒や先生が急増しました。このガンや白血病の発症率は、ほかの地域の平均と比べて突出した値を示していました。
その原因として考えられたのが、高圧電線から発生する電...続きを読む

Q変電所の近くに住む方に質問です。

気に入った家が変電所の近くにあります。変電所の近くだからと思いますが、お値段もお手ごろです。

過去の質問から色々なHPをみました。

かなり曖昧にしか分かりません。
白血病の発生率が倍になるとか、癌になりやすい、というのも人によるようですし...変電所の規模にもよるようですし...。
実際近くに住まわれている方、もし良かったら「何かあった・何も無い」を距離と規模を含めて教えていただけませんか?
もし、その統計が出ているHPがあれば教えてください。
後、テレビや携帯電話、パソコン等にどんな影響があるのかも教えてください。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

○○電力の配電用変電所の敷地内外で、電磁界測定を複数回行った経験があります。
結論から申し上げると、電磁波は、変電所の建物や敷地内の高圧ケーブルに1m程度に接近すると「ちょっと高いかな」と云う数値を示します。
建物外、敷地の周囲では殆ど自然界と同じ数値でした。
変電所の中でPHSや携帯電話は支障なく使えましたし、パソコンは何の影響もなかったです。
また、毎日の様に変電所・発電所で仕事している○○電力の社員・協力会社の社員でも癌の罹患率は一般人と同じです。
住宅地の近くにある変電所は、「忌避施設」と呼ばれ住宅の下取り価格にマイナス査定が付いて回ります。やはり変電機器の「ブーン」や「ダン!」「ジー」音が気になる処です。

無断進入せずに変電所の中を覗けるとして、大きな鉄の箱(5m×5m×5m程度)が2~3個と、鉄の箱の行列(6~11個並び)が2~3列、その他小さな建物が1棟の構成なら、機器が密閉されているのでそれ程音は出ません。

角(碍子)が生えている機器があちこちに分散されていてパイプや電線で互いに繋がれている変電所ですと、遮断機が動作した際「ダン!」と言う音と、テレビ・ラジオがノイズを拾います。またほんの僅かですが振動(地響き)が生じます。

いずれも、度々ある訳ではなく機器の点検や工事の作業員の声や工具から出る音の方がうるさいかも。
(それ程頻繁にある訳ではないのですが、設備改修や増強工事となると夜工事する事もありますし工期も長くなりそれなりに騒音も発生します。)

変電所ってそんな設備ですので、環境的には余り良くないです。

以上、変電所の中で工事・点検の作業責任者をしていた経験から記しました。

○○電力の配電用変電所の敷地内外で、電磁界測定を複数回行った経験があります。
結論から申し上げると、電磁波は、変電所の建物や敷地内の高圧ケーブルに1m程度に接近すると「ちょっと高いかな」と云う数値を示します。
建物外、敷地の周囲では殆ど自然界と同じ数値でした。
変電所の中でPHSや携帯電話は支障なく使えましたし、パソコンは何の影響もなかったです。
また、毎日の様に変電所・発電所で仕事している○○電力の社員・協力会社の社員でも癌の罹患率は一般人と同じです。
住宅地の近くにある変電所は...続きを読む

Q変電所からは、近隣に電磁波がもれているのでしょうか?

こんばんは。
いま、賃貸物件探しをしています。
やっと2件まで絞りましたが、なんと、どちらの物件も変電所から約100Mくらいの距離の場所にあります。
また両方却下して振り出しに戻そうと考え中です。

電磁波は、健康被害をもたらすと聞いたことがあるので心配だからです。
電磁波は生活上、避けて通ることは出来ません。
しかし電波を浴びる、と言う点で健康被害はあると思います。

放射能とは危険度が違いますが、自然に存在する量や、人体の許容範囲を超えると、危険な物質ではないかと思います。

電車や家電などなら、使うときだけの時間に限られますが、もし、変電所からたくさんの電磁波が出ていて、その近くに住むとなると、浴びる量からして覚悟がいるように思います。

☆変電所からは、高圧線に匹敵する強い電磁波が出ているものなのでしょうか?

☆もしよろしければ、電磁波の健康被害について、なにかお考えがあったら拝聴させてください。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

電磁波と言っても、電界と磁界の2種類ありまして。

このうち電界は距離に反比例するので、一般家庭で受ける主要な「電界源」は高圧電線と言うことになります。

一方、磁界は距離の二乗に反比例しますので、一般家庭で受ける主要な「磁界源」は、実は掃除機や洗濯機、自動車など、モーターを使う身近な機器です。
高圧線から発生する磁界と異なるのは、入切できること、くらいでしょうか。

さて、変電所についてですが、大まかに言って、
発電所や上位の変電所からの高圧線
変圧器
遮断機
民家や工場、下位の変電所への電線
などで構成されています。

高圧線や電線で発生する電磁波は、まあご家庭と大差ありません。変電所は、通常、十分な敷地を取って作られていますから、「変電所の近所」は「高圧線の真下」より電界・磁界とも少ないと思われます。

変圧器や遮断機は金属に覆われているので、まず電磁波は洩れません。と言いますか、洩れるような状態は「故障」です。

# 変圧器内の磁界と言うのはスゴイものでして、これが洩れるような状態になったら、変圧器のコイルが電磁力で破断します

ですので、気にされるのであれば、変電所よりは、そこから出入りする高圧線・電線でしょう。

ただ、世界保健機関の調査では、これまでのところ、国際基準ICNIRP以下の電磁界による健康被害は報告されていません。

また、巷間よく聞く「高圧線の下で小児白血病リスクが2倍に」と言う学説にしても、もともと10万人中4人と言う稀な病気ですし、高磁界に常時さらされる子供の率はさらに少ないため追跡調査が困難で、科学的事実として確定しているわけでもありません。

可視光線以外の電磁波は目に見えず、専用の測定器(高価)が無ければ正しい数値も得られないので、不安ばかりが先行している面があります。

また、同じ理由と、健康被害があるとしてもまだみつかっていないこと、もっとも有効かつ簡単な防止策が周知されていないことなどから、「不安に付け込んだ防止グッズ販売」も横行しています。

何しろ、防止グッズが効かなかったかどうか分かるのは数十年先のことですから。

(もっとも有効かつ簡単な防止策・・・電気製品の使用時間を減らし、体から離すこと。世界保健機関でも、これ以外に有効な手段はないとしています)

参考URL:http://www.who.int/peh-emf/about/WhatisEMF/en/index3.html

電磁波と言っても、電界と磁界の2種類ありまして。

このうち電界は距離に反比例するので、一般家庭で受ける主要な「電界源」は高圧電線と言うことになります。

一方、磁界は距離の二乗に反比例しますので、一般家庭で受ける主要な「磁界源」は、実は掃除機や洗濯機、自動車など、モーターを使う身近な機器です。
高圧線から発生する磁界と異なるのは、入切できること、くらいでしょうか。

さて、変電所についてですが、大まかに言って、
発電所や上位の変電所からの高圧線
変圧器
遮断機
民家や工...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング