プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

私は趣味で最近の本を読むのですが、スペースの問題もあって一読後はある程度溜まったらすぐに捨てるようにしています。(遠いなどの理由で図書館は利用していません)
また、私は故人の作品を探すために近くにある古本屋をよく利用します。
問題はその古本屋さんで起きました。最近私が捨てた本が古本として売られているようなのです。帯の折れなども同じような場所にありました。
……と、ここまでなら単に私の被害妄想なのかもとして片付けられるのですが、その後にまた一定量本が溜まったので捨てることになりました。そこで、自分が捨てたものだと判別できるように、本の横(ページの側面部分)にその日の日付と星マークをマジックで書いてから捨てました。
後日、古本屋さんに行ってみるとそのとき捨てた本が売られており、本の側面を確認したところ日付と星マークがありました。(その古本屋さんは商品の選別がかなり雑で、全て解答された幼児向けパズル集も売られているので、らくがきがあっても買い取ったのでしょう)調べたところ、捨てた本すべてが売られていました。
おそらく私の捨てた本を誰かが拾い、古本屋で換金しているようです。
読書するために本を拾うならまだしも、換金目的で拾ったのだとすると腹が立ちます。
皆さんはどう思いますか?
また本を売られないようにする、いい対処作はないでしょうか?
(環境面からいえばそのまま捨てるよりも古本屋に売られたほうがいいのでしょうが、それだと私が期待している作家の次回作が読めなくなる可能性が微量でも高まるので、どうしても読んだ本は捨てたいのです)

※解決策として私自身が古本屋に売ればいいのではないか、という回答があるかもしれませんが、自身の主義として存命中の作家の作品は古本屋では買わないし、売らないことにしているのです(このため、図書館もあまり利用しません)

教えて!goo グレード

A 回答 (20件中1~10件)

私も経験あります!


近所に捨てた参考書が、古本屋で売られていて・・・。
自分の字が書いてあったので、すっごく嫌な気持ちになりました。

私自身、捨てるときはそうしているのですが、「読めなくする」または「価値を下げる」のはいかがでしょう?

簡単な方法で、
・油性ペンで表紙に絶対に売れないような落書きをする。
・一冊ずつ、ガムテープで巻く。
・側面にボンドを塗り開けないようにする。

私も本をたまに捨てることがあるので、カバーは燃えるゴミへ、本体(?)には架空の人物の名前を書いたり、下品な言葉を書いたり、油性ペンで落書き。ちょっとしたストレス発散に使ってます。

読んだ本に落書きなんて・・・と思ったら、本の感想を書くといいかもしれませんね。

>一読後はある程度溜まったらすぐに捨てるようにしています

とのことですので、表紙に感想を書けば、そういえばあの本・・・というときに、すぐに見つかりますし、感想が表紙に書いてある本なんて、誰も読みたくないので売れないと思います。

こんなことしか思い浮かびませんが・・・。
いかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
>・油性ペンで表紙に絶対に売れないような落書きをする。
>・一冊ずつ、ガムテープで巻く。
>・側面にボンドを塗り開けないようにする。
いくつか組み合わせることで有効な手になりそうですね。
ありがとうございます

お礼日時:2006/11/24 00:57

捨てたものを拾って売るのはケシカラン!ってことのようですが、私の職場ではそういうことをされないように裁断して捨てています。

面倒だとか手間だとかいってやらないでおいて、拾われて売られてるのを見て頭にくるっていうのは、どうかと思いますよ。
捨てるのが文化であり豊かさの象徴でありますから気持ちは分かりますが、まだ十分読める状態の本を捨てるのはどうもね・・・。
それに作家の収入は本の印税だけではありませんよね。新本にしろ古本にしろ売れれば有名になって、執筆の依頼が増えるわけです。ラジオやテレビの出演依頼だって来ますよね?そうすれば当然、経済的にも潤うので古本がはびこると次回作が・・・っていうのは少々強引な論理の展開だと思います。

この回答への補足

皆さん回答ありがとうございました。この辺りで回答を締め切りたいと思います。

やはり環境保護の面から売る人を肯定する立場の方が多いようですね。
一つの行動も多方面な視点からみると様々な意見が出ることがよく分りました。

ありがとうございました。

補足日時:2006/11/24 01:09
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

>面倒だとか手間だとかいってやらないでおいて、拾われて売られてるのを見て頭にくるっていうのは、どうかと思いますよ
確かにそうでしたね。これからはじゃぶじゃぶ水につけてやろうかと思います。
>ラジオやテレビの出演依頼だって来ます
>少々強引な論理の展開だと思います
確かにそうですね。ただ話題になるのってもともとは売れたからであって(ランキングに入った人や賞を取った人)文章が破滅的に駄目だとか、そういう特徴がない限り口コミで有名になることがないと思うのですがどうでしょうか。

お礼日時:2006/11/24 01:07

質問者様の主義は理解できないです。


作家はお金のためだけに本を書くのでしょうか?
書きたいから書いて、それを読んでくれる読者がいるからまた書いて、その結果として新刊本を買ってくれるとお金が入ってくるのでは?

確かに作家の方々が古本に対して訴えているのは知ってますが
だからと言って、自分の本を切り刻むなり、濡らすなりして破壊されるというのはどうなんでしょう?
本好きのものとしては正直許せない行為ですね。

もしも、自分が捨てることがあったとして、誰かが拾って換金していたとしてもしょうがないでしょう。捨てる神(紙)あれば拾う神(紙)あり、です。

この回答への補足

最後の一文、間違えてしまいました
正しくは、

そうですか。仕方ないんですかね。ありがとうございました。

です

補足日時:2006/11/24 00:49
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
>>書きたいから書いて、それを読んでくれる読者がいるからまた書いて、その結果として新刊本を買ってくれるとお金が入ってくるのでは?
たしかにおっしゃるとおりですが、プロである以上、それとともにやはり金を稼ぐというのも同等の理由になりえているのではないでしょうか。(以前、作家の福井晴敏さんがテレビでどうして書くのかと聞かれ
て、金をかせぐためと答えていました)そもそも書きたいから書くのであれば自身のHPに発表すればいいのでは?

>もしも、自分が捨てることがあったとして、誰かが拾って換金していたとしてもしょうがないでしょう
そうですか。ありがとうございます

お礼日時:2006/11/24 00:48

14です。


>これを利用すると、得た利益のいくらかが著作者にいくらか(自動で)渡るのでしょうか?
うーん、どうなんでしょうねぇ。
この点について正確なことはわからないのですが、少なくとも著者の権利を守り、一定の額が著者に渡るような規則が現在あるのなら、きちんとこれを遵守しているはずです。
もしそのような規則がなければ、仕方ないですね。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再回答ありがとうございます

著者の権利を守る規則がなければ
仕方ないですか。
悲しいですね。
ありがとうございます

お礼日時:2006/11/24 00:43

私個人としては環境面からゴミを増やすのがとても嫌なので、古本屋か古紙回収に出したいところですが、それができないのであれば、他の方も書かれているように、シュレッダーか紙袋に入れて捨てるのがいいでしょうね。


あと、あまり詳しくないのでわからないのですが、古本屋、漫画喫茶が増えて作者に利益が上がらないと、続編がでないということはよくあることなのでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
>続編がでないということはよくあることなのでしょうか
それは分かりませんが、読者からの声は本についてくる
葉書などで続編を出すかどうか決めるという言葉を本の
あとがきなんかでみかけるので、そういう機会が奪われる
ことも関連があるのかもしれません

お礼日時:2006/11/24 00:41

あなたが一人が買った本が古本で流通することにより、存命中の作家が次作を書けなくなる可能性なんて、その作家が突然事故で急死して書けなくなる可能性の数万分の一でしょうね。



少なくともそれを拾って今日の一杯のカップ酒も飲めなくなるホームレスが居る可能性のほうがはるかに高いでしょう。

アンケートですよね。回答もしておきましょう。
正直に答えます。

「そんなちっちぇえこと気にならない」

あ、ここは議論の場ではないので、あなたの主義と異なる人に、いちいち訳わかんない反論は不要ですよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

しかたないのかもしれません
ねぇ、そういう世の中なのかも。

お礼日時:2006/11/24 00:38

法律上はゴミ捨て場に捨てちゃうと、もう質問者さんには所有権がなくなるので、拾った人が何をしようと文句が言えなくなってしまうんです。


とはいえ、なんだかなぁというお気持ちでしょう。
要らなくなった本はアマゾンマーケットプレイスに出品されることをお勧めします。
http://www.amazon.co.jp/gp/seller/sell-your-stuf …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
これを利用すると、得た利益のいくらかが著作者にいくらか(自動で)渡るのでしょうか?

お礼日時:2006/11/24 00:06

んん、こういうことについては、いろいろな意見があるようですが、おそらく質問者さんのような方々のためなんでしょうね、日本では、一度ゴミ集積所に置かれたものを、勝手に他人が持ち出すのを禁止しています。

おまわりさんが、取り締まっているのです。

しかし、例えば、スリランカでは、各家庭から業者が収集したゴミは、決まった埋立地に集められることになっていて、失業している人々がそこへ来て、売れそうなものを物色し、それを売って日銭を稼いでいて、行政は(行政がですよ)これを「天然のリサイクル」と称して奨励しています。スリランカのお役人から見ると、これを禁じている日本の行政の神経がわからないのです。「わからない」と、実際に、スリランカのお役人が私に言いました。

日本は今、ゴミが増えすぎていて、かなり深刻な問題が起きています。資源も不足しているので、紙がどんどん処分されるのも問題です。一方で読書文化や著作権の問題は確かにあるかもしれません。むずかしいですね。でも、やっぱり、そんなに「作家」を大事にしている人が、踏んだらバチが当たると言われる「本」をゴミにするのって、どうなのかなあ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

>「作家」を大事にしている人
すみません。作家それ自身はあまり大事にしていません。ただ、作者の続編を読むことができなくなることがいやなのです。

本音を言うと、古本屋が本を売る、あるいは漫画喫茶の入館料(?)に作家の利益を含んでくれれば、こんなことでやきもきする必要はないんですけどねぇ

お礼日時:2006/11/23 23:54

本をお金に換えてみればみんなが何を考えているか、


拾っている人が何を考えているかがわかるのではないですか?

あなたはスペースの問題もあって溜まったお金を捨てました(貯まったではない)。
ところがそのお金を拾って利用している人がいるようなのです。

・・・何も不思議ではありません。
お金=現金でなく、お金に換算できるものなら同じです。

私が作者なら確かに手元にお金が入るように考慮して頂くのは嬉しいことですが、
だからと言って自分の本がシュレッダーにかけられるのはかなりいい気がしませんが。

故人の本だって版権は遺族にありますし、あなたの主張は変です。
図書館も遠いから利用しないのが、個人の主義で利用しないに変わってますし。
どうせなら徹底してやればよいのに。
絶版になった本だって同じですよ。
それだったら最近はやりの、絶版本をもう一度出版してもらうようにお願いするサイトでお願いをする方がマシです。
本はリサイクル業者にまとめて処分を委託すればよいだけで。
ダンボール一箱くらいから受けてくれるところがあるようですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

>自分の本がシュレッダーにかけられるのはかなりいい気がしません
そうですが、私は作者が好きなのではなくて、利益があがらなくて作者の続編を読むことができないのが嫌なのです。

>故人の本だって版権は遺族にありますし、あなたの主張は変です
遺族にある、といわれても夏目漱石や森鴎外の遺族がその印税のみで生活しているわけではないだろうし、それに書いた本人ではないのでいいと思います。(また、存命であっても絶版なら古本屋で買うのも問題はありません)

>図書館も遠いから利用しないのが、個人の主義で利用しないに変わってますし
私は「遠い『など』の理由で」と書きました。などに故人の主義も含まれています

お礼日時:2006/11/23 23:50

古紙回収の車が古本屋の前に止まって、まだきれいな本や雑誌を降ろしているのを見たことがありますよ。



たぶん古本屋に売っているのは古紙回収業者です。

古紙回収業者は回収したものをより利益になるところに売らないと商売になりませんから、当然の行為だと思います。
まだ読めるものをただ捨ててしまう方がどうかと思います。

どうしても売られたくないのなら紙袋に詰めて燃えるゴミに出すかな。

この回答への補足

可能性が低い、というのは実は自分の住んでいる住宅では敷地内の一定の場所にごみを置いておくと管理人がごみの指定日にごみステーションに持っていってくれる仕組みになっているのです。
ので、住宅の住人の中に売っている人がいる可能性は高く、またその中に古紙回収業者の方はいないようなのです。

補足日時:2006/11/23 23:54
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
>古本屋に売っているのは古紙回収業者
もしもそうならば、彼らにも生活があるので強くいえませんね。
ただ、その可能性はおそらくないでしょう。

>紙袋に詰めて燃えるゴミに出す
いい手ですね。候補の1つに加えさせていただきます

お礼日時:2006/11/23 23:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング