最新閲覧日:

こんにちは~
私はトイレットペーパーは2枚重ね派なのですが、トイレットペーパーって1枚折りと2枚折りがありますよね。
ティッシュだと私が今まで生きてきて1枚のものは見たことがありません。
ティッシュが2枚なのはよく鼻をかんだときに破れると困るとか言う人がいるのですが、トイレットペーパーのほうが破れるととってもとっても困るのではないのでしょうか?
だのに1枚タイプが2枚重ねと同じぐらい普及しているのが不思議です。

1枚派の方のご意見や、ご存知の方、推理派の方回答お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

こんにちわnat姉さん。

今年もとばしてますね。
今確認した所、家のはソフトシングルというやつでした。
他のシングル派の方々同様、結局同じ長さを使ってしまうため。しかし正確には、シングル派というほどこだわりもなく要するにスーパーで一番安い物を買ったらそれがたまたま今見たらシングルでした。
蛇足1、私は、人から「ごめんティッシュ一枚取って。」
と言われたら、二枚重ね(もちろん)なのをわざわざ剥がして一枚だけ渡します。(いけず?)
蛇足2、ティッシュには、こだわりがあります。値段的には1,5倍位するのですが、必ずkleene#というのを買います。なぜなら他のブランドの物は自動的に次のが出てこないからです、そして必ず指をつっこんで取り出すと4,5枚出てくるためとても不経済だからです。これはおそらくティッシュ会社の陰謀だと思います。(すいませんカリフォルニアでは、の話です。)
すいません回答でなくて、蛇足だけになってしまいごめんなさい。ども。

この回答への補足

こんにちは、皆様色々なご回答ありがとうございました。
今回は専門家様お二人の中と
その他の経験者、一般人の方々の2グループにわけて抽選させていただきました。
どうぞご了承くださいませ。

補足日時:2001/01/14 15:25
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは~
vw411さんのおうちは底値派なんですね。

蛇足1に対しての突込み
珈琲の牛乳などを入れてあげるときに”STOPっていってね”と言って、”もういい”じゃ止めないんじゃありませんでしょうか?(゜゜;)\(--;)ナンデヤネン!

蛇足2に対しての謎
kleene#←シャープがついている製品ってめずらしいんではないでしょうか?カリフォルニアならでは??
そちらでは連携プレーで次の紙の出てこないティッシュがあるんですね~
最後の方なんてどうやって取っているのか拝見してみたいです。最後はお箸をつかうとか・・あ、海外だからフォークで挿すとか・・

カリフォルニアの紙事情をありがとうございます。
今度海に向かってvw411さんに手を振ってみたいと思います。(^o^)/オーイ

現地時刻の違う回答ありがとうございます~
これで私もブルジョワの仲間入りしたような気分です。

お礼日時:2001/01/14 15:22

再々登場のnonkunです。



このティッシュだめジャン!なんとことはありますね。でもね、実はティッシュやトイレットの紙質は製造工場によって違うのですよ。
主な理由は紙を抄く機械(抄紙機)が違うからなんですよ。だから同じブランドでも工場が違えば他に比べて良い品質の紙だったり、いまいちの品質だったり。。。

あと、ミシン目がずれる理由の1つに2枚重ねの1枚が一周してしまってることがあります。つまり片割れが1サイクルずれているのです。この時は2枚のうち上の1枚だけを一周巻き取れば直ります。

また80468046さんも指摘のようにシングルとダブルでは1枚の紙の厚さは違います。ですからシングルをダブルの2倍の長さを取ったらすでに多過ぎです。

余談その1:
工場で製品にならないものや試験に使った余り(他社製品も含む)を事務所のトイレで使っていましたが、たまにすごく柔らかいトイレットがあり、どこの製品じゃ~!!(品質試験担当者の悲しい性)と思って見てみると、ただのダブルだった。ということは良くあります。
痔の人は絶対にダブルがおすすめ!!

余談その2:
品質試験担当者は触っただけでどこの工場の製品かわかる。といった指先の魔術師になれます。(笑)
おかげで上記のような行動に出てしまいます。

#う~ん、この回答質問にまったく関係ないような???
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答*3も登場していただきましてありがとうございます。
違いの分かる男って感じですね。(笑)
やっぱり検査員の方ってトイレでお尻を拭いて他社の製品も比べてみるんでしょうかね。(@。@)?!?

二枚重ねのミシン目の謎まで教えていただきありがとうございます。これでこれから1枚だけずるずる出てくるときのオラー!,(ノ-o-)ノ ┫:・’.::・
がなくなります。

私が下手にシングルを使うよりはWのままのほうが環境によさそうですね(>_<)

”ピ~♪”の時にも絶対にWをお勧めします。

nonkunさんはペーパーを購入するときにはどこの工場製のこだわりまでありそうな予感・・・

今度やわらかいペーパーに出会ったときには”むはあっ!(劇画調)”って驚いてみてください(爆)

ありがとうございました~!

お礼日時:2001/01/14 15:12

昔、この種の仕事に関わったとき得た知識を大雑把に書きます。


●トイレットペーパー
・2枚重ね(以下Wと記載)の特徴
 紙をやわらかくしやすい。厚く紙をつくる必要のある1枚巻きの強度を
薄い紙を2枚重ねることによって柔らかく、かつ吸水性がよくするようにしたのがWの一般的考え方です。
・1枚巻き(以下Sと記載)の特徴
 本気でいい紙をつくろうとすると実はSの方がWよりもコストがかかります。Wにくらべて1枚で強く吸水力を良くしようとすると、Sの方が原料を多く使う必要があるためです。また最近はWの需要が伸びているため、工場はコストを考えてSに積極的でなくなっている場合もあったりします。理由は(1)ほとんどの工場では、SもWも同じ機械で生産しているため、Sをつくるために一度機械を止めて機械の各所(紙を抄くだけでなく、その後の加工に関しても)を調整しなおさなければならない。そうすると家庭用消耗紙は装置産業の側面があるため、機械が回っていない間の生産ロス分(商品生産が止まっている。機械は置いてあるだけでも財産等あらゆる要因で様々な出費がかかってくる)のを嫌うためです。(2)場合によってはSの方が原料を多く必要としますし、また原料(繊維質)そのものの配合比を変える場合もあります。これもコストに跳ね返ります。(3)そのように苦労しても、消費者はSWが同じ価格で売られることを求めますので、コスト高のSは採算がよくない。そのため最近はソフトSというカテゴリーが伸びています。これは原料使用量を減らして薄くし、その分、当然、紙は柔らかくなるので、その柔らかさを商品特性にしているものです。
・Wが伸びている理由
よくいわれるのは、食生活の変化です。ある年代までの米食、野菜、魚中心の食生活を送った方は繊維の多い硬めの排便になる傾向があり、肛門の筋肉も発達しています。そうすると、なんというかウサギのようなコロコロとした感じの排便なので肛門付近はさほど汚れません。さっと拭く程度でいいので、硬い紙でも十分使用に耐える傾向がありました。ただ最近の食生活はアメリカ的になってきているため、繊維が少なく柔らかい排便に変化しています。そうすると肛門も力をかけることなく排便できるので、筋肉も弱くなります。このようになると肛門付近の汚れも多くなり、よく拭く必要が生じます。よく拭く必要が生じると柔らかい紙の方が皮膚に痛さを生じにくくします。最近の日本のトイレットペーパーはアメリカのような柔らかい紙に近づいています。ただ光熱費の問題等があり、紙の乾かし方が異なるためアメリカのようにもろいほど柔らかくはなっていませんが、そんな傾向はあります。市場価格動向によっては、再生紙より柔らかいヴァージンパルプペーパーがグンと消費を伸ばすのも、身体的な変化の要因を考える必要がありそうです。一般に商取引の現場では、過去の経験から、再生紙とヴァージンパルプの価格差が200円を切り始めるとヴァージンパルプが伸びるといわれています。例えば再生紙12ロール特売198円、ヴァージン12ロール398円の特売価格になってくるとヴァージンの市場構成比が上がってくる、というように。
・Sの利点
これは消費者サイドの経済的利便性が最大の要素です。巻いてあるトイレットペーパーの直径が同じなら、紙の量はSの方が多いのですから。よく無料配布しているのがSの理由は、業務用(会社や公共機関で使用する)紙といっしょに生産してしまい、パッケージだけ変えて、少しでもS生産の量を増やす(機械が止まっている時間を減らす)ことでコストを調整しようとするメーカーサイドの考えも働いてはいますし、それに消費者のSはお得志向が合致しているため、と見ることもできます。また長巻にSが多いのも、紙の柔らかさよりもより多く使える利便性を求める消費者をターゲットにしている場合が多いためです。
●ティシュー
トイレットペーパーと同じで、柔らかくするためと価格性のために2枚重ねが主流です。風邪のときなど硬い紙だとすぐに鼻の下が真っ赤になってしまうので。より柔らかい紙として3枚重ねも市場に出ています。なら1枚でもキッチンタオルペーパーのように安い紙があるじゃんか(硬いけど)、という意見が出るかもしれませんが、あれはアメリカ的生活習慣から最近日本に広まりつつある紙であり、メーカーも需要(市場規模)を増やすために儲けなし、もしくは赤字で生産している場合がほとんどです。またキッチンペーパーは比較的繊維が少なくスカスカの紙が特徴です(空気の層の活用と湿・乾の強度剤の使い方を工夫している)。持ってみるとやたら軽い場合がほとんどです。
この種の業界の人が読めば、大雑把すぎるといわれる可能性が高い文ですが、ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは、お礼遅くなりました。m(__)mごめんなさい

工場ならではの苦悩が見られますね。
確かにこの頃の日本人って欧米の食生活に近づいてきているという記事を読んだことがあります。
あまり噛まないうえに○○ちまでやわらかくなっちゃうんですね。
肛門もつかわなければ筋肉が弱っちゃうんですね(^_^;)
ということはこれからもWの需要がどんどん高まっていくのでしょうかね。

今日はたまたまちり紙交換でもらったシングルのほうを使っていたんですが、減りがめちゃくちゃ早い・・・
やはりうちではWもSも使う量は一緒のようです。
ふわふわ感をだしているものほど損なような気がしてきました。

再生紙ってやっぱり硬いのが多いですねえ。
1個の重さがNaka様もおっしゃっていたように重いし硬いです。やっぱり凶器だ・・・

ティッシュのほうは3枚重ねなんて出ているんですか?!
大富豪用みたい・・(⌒∇⌒;) 

キッチンペーパーは軽くてスカスカですね、あのスカスカ感が油を一番吸いやすいのかな?と思っていました。
たまにキッチンペーパーがなくなってティッシュを敷いたらあんまり吸っていないような気がしたのです。

一般庶民の私には非常にためになりました。
詳しい回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/14 14:57

シングルです。


たまにダブルがセットされていても、習慣的に同じ長さを引き出してしまいますネ。ちょうど味の●の孔のサイズを大きくされても同じだけふりかけてしまうのと同じなんでしょうか。
衛生面で考えると、シングルもダブルも差は無いですヨ。大腸菌等の大きさと紙のメッシュサイズとを比較するとわかりますが、普通のトイレットペーパーだと30枚くらいを重ねなければ、菌は手に到着します‥。見えていないだけです‥
日本のティッシュやトイレットペーパーは欧米圏に比べて非常に安い(欧米圏は10倍ほど高い)のです。これは、他の紙と違ってリサイクルできないものだからなのです。日本ではそういう環境への認識が不足しているので安く、また、利用する場合も、これでもかーっていうくらい長く巻き取って使う方が珍しくありませんネ。
シングルで最低限の長さを使うこと。これを日本中の人が実行するだけで、かなりの資源節約になると思うのですが‥
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんわ~いきなりすごい発言が!(笑)
人間菌をつけずにお尻を拭こうと思ったら、フィルター素材のトイレットペーパーを使わなくちゃだめですねえ。

そして私も結構紙を使います・・\(__ ) 反省・・・
メインは雑古紙100%のもの(通販)を使っていますので多めに見てくださいませ。(一度に50個きます(笑))

そうですよね~後は捨てるだけの紙なんですからかなりの節約になりますね、この頃は牛乳パックが何%含まれていますっていうのも多くなってきましたね。

まだリサイクルのほうが値段が高いようです。残念。

回答ありがとうございました~!

お礼日時:2001/01/13 01:29

◆Naka◆


私はシングルタイプ、150mロールを使っております。一人暮らしだし、メッチャ持ちますよ~。薄いけど硬いからまず破れたりしないし。
キチキチに巻いてあるから、それで頭殴られると思いっきし痛いです。(全然関係ないって??) (^^;)

なぜそんなのを使うかと言いますと、たくさん置いておくのも、チョコチョコ取り替えるのもがイヤだからです。だから私のシャーペンには常時50本以上の芯が入ってます。(それも関係ない??) (^^;)

ま、要するに「楽」ということで…
(なぜ??なぜ??みんな経験者じゃないの??nonkunさんは専門家としても…)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんわ~

頭を殴られると痛い経験者様ですか?ハイヒールよりキクとか・・( ̄ー+ ̄)にやり
それにしてもすごいシャープペンですねえ、50本も入ります??直径3CMぐらいあるんじゃないんですか?(^▽^)

ここで楽をしたいあなたに!”生協の芯なしトイレットペーパー”をお勧めします、シングルなうえに、芯がないのですから(棒は特別製)穴が1.5cmぐらいなのでこれまたとっても重いです。

凶器はシングルのトイレットペーパーです、と言われないように気をつけましょう。(?)

面倒くさいというお答えありがとうございました。

経済的以外にも理由があったんですね。

お礼日時:2001/01/13 00:59

再度登場のnonkunです。



私の専門家の理由は・・・
実際に作ってる工場に勤務していてグループ内製品の品質調査と全工場の試験方法の統一をしました。

品質のプロだったので~す。
で、もちろん凹凸の調査もしましたよ~。

結果。
あんまり変わらない。
理由。
なぜなら柔らかさ&ボリューム感を出すためで、かきとる意図はから。

あとですね。

ダブルは加工機械の制御が面倒です。2枚をあわせて巻き取るのにスピードを合わせなければいけないからね。大きな会社なら大した問題にならないけど、零細企業はそんな面倒な機械を買えないの。もちろん凹凸もついてないし。

だからもらえるトイレットペーパーはシングルなの。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは~お礼みてまた回答してくれたんですね。
ありがとうございます。

品質のプロ!このティッシュはいまいちだとか普段思っちゃいません?
凹凸の意味はやわらかいさとボリュームだけのことなんですねえ。
たまに安いダブルを買っちゃうと2枚のミシン目がずれていて一緒に切れないんですよ(泣)

凹凸はなくてもいいようであったほうがやわらかく感じますね。たまにシングルの凹凸がない硬いものをつかうと耳で切れそうな気がします。

もらえるのはシングルが主流だということですね。
専門家として回答していただきまして光栄です。
どうもありがとうございました。m(__)m

お礼日時:2001/01/13 00:32

我が家では現在はシングルを使ってますぅ!


でも結婚当初は実家がダブルを使っていたので
ダブルだったんだけど・・・

ある日家に遊びに来た友達にyoda老師と全く同じ事を言われてからシングルに替えました(#^.^#) エヘッ

実家では今でもダブルだけどぉ~~~
シングルに慣れると確かにダブルは「勿体ナイ!」
って感じてしまいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは~!
反対にダブルに馴れていて拭きにくいっていうのはなかったんですねえ。
ああ・・あのダブルのふわふわ感・・あのふきごこち・・まったりとしてそれでいて包み込むような・・(*¨) ....ポー

痔の人にはダブルのほうがいいかもしれないですね。
”病院の先生もお勧めします!”とか

回答ありがとうございますです。

お礼日時:2001/01/10 16:37

我が家の傾向と対策。


基本的に引き出す長さ(紙の量ではなく)が一定である。
簡単に言うと、ダブルでもシングルでも同じ長さを引き出す。
(特に子供達、わしもじゃが!)
わしの場合は勿論無意識に、シングルで問題ない量に合わせて一定である。
以上の理由で、
ダブルはシングルの半分の寿命しかないのです。と言う事で、経済性を考えるにあたり
我が家では、シングルを推奨しております。m(__)m
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは~シングルでもダブルでも同じ長さで出せるなんて素敵です~
たまに他で2枚がさねを使うとふかふかして感激じゃありませんか?(笑)

そういえば家庭内で1人だけ2枚派がいたとしても、家庭内の大蔵省の指示に従わなくてはなりませんね。(^_-)
MYペーパーなるものがいりそうです。

でもシングルってガーッとだしたらバランスの関係なのか、勢いでだ~~~~っとえらい勢いで出てきません?
私1引っ張りでミシン目が切れなければ1Mはでてきそうです(笑)

シングル推奨派様のご意見ありがとうございました~!

お礼日時:2001/01/10 16:23

むむむ・・・確かに謎ですね。


しかし以下のように考えられないでしょうか。
トイレットペーパーは、本来、ロールになっていなくてぺらぺらの紙を使っていたものを、便利だということでロール状にして使いやすくしたものである。今でも超田舎にいけばあたりまえのように尻拭きの紙は売っています。だから、2枚重ねではなく、もともとは1枚であるから、トイレットペーパーは1枚が基本。2枚重ねは贅沢品。

ティッシュはいつごろから使われ始めたのかわかりませんが、そもそも元はハンカチや手拭いで用を足していたのだが、綺麗だかめんどくさくないとかで、ティッシュが発明され使われだしたとするならば、ティッシュの出生自体が贅沢品。よって1枚ではなく2枚。又、当初ティッシュ発売時に人前でティッシュを取り出したつもりが他人からみると尻拭き紙・便所紙にみられて恥ずかしいというユーザーの声を取り入れて2枚にして差別化。又、味の素のフタの穴よろしく、2枚重ねで売り上げ2倍だぜっというような安易な発想が陰にあったかもしれません。

他には・・・鼻をかむにはティッシュ、お尻にはトイレットペーパーって事で、鼻の穴は2つなので右穴・左穴用にそれぞれという事で2枚セット。お尻は穴が1つなので1重で当たり前。女性が選挙権を取った時に不公平はいかんという事で2枚重ねが発売。

以上、全て憶測です。失礼しました(^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

トイレットペーパーとティッシュのプロファイリングをありがとうございます。(笑)

1枚が基本。2枚の私はささやかな贅沢をしていたようです。
じつは前に1枚のときにうまい具合にティッシュを突き刺してしまい、股間を爪でぐさっと刺してしまい、2,3日ヒリヒリしていたことがございます(>_<)ウンの時ではなくて地獄に仏でした。(^。^;)フウ(本当です)

そうですね~ティッシュ出生の秘密って知らないですねえ。他人からみると尻ふき紙、そしてユーザーの声っていうのがすごいですね~(笑)
味の素の蓋・・私知らなかったなあ、他の方もおっしゃってますねえ、でも私は使うときはくるくるまわしてざ~っと入れることが多いので気づかなかったです。(お吸い物)
売上倍増、お尻にはやさしくなってウハウハーってところでしょうかねえ。

前の穴は穴のうちに入らないんでしょうか?(3つ・・)
男の人って小だけなら拭かないですものねえ
鼻の穴は鼻水で詰め物をするなら2枚を1枚ずつにして使うのがベストですね!なので2枚がさねでオッケーっていうところですね。2枚重ねじゃなかったらお遊戯会のお花も作りにくいですもんね。(?)

素晴らしい推理をありがとうございます。
(妙に説得力あるし(笑))

回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/10 16:15

トイレットペーパーは東日本がダブル、西日本がシングルという傾向があります。

名古屋圏は両方使っています。
これは一説によると、東日本では多く使う=贅沢、西日本はケチという、民族(?)性の違いから来ているとの事ですが、実際には関東地方の先発メーカーが2枚重ねを売っていたところに、四国の新興メーカーが(あくまでも一見)沢山使えるのを売りに1枚モノを発売し、シェアを伸ばしたのが実情のようです。

基本的にダブルでは浸透して手が汚れるのを嫌う人が使います。しかしケチの人は別にしてシングルでも浸透しないように沢山取るので使う量は一緒です。(逆に多くなるかも?)

余談その1:
常時安いトイレットペーパーは別に安くない。
幅は短いし、表面の加工もしていない。コスト的には安くない。

余談その2:
表面に凸凹のあるトイレットペーパー(エンボス加工という)で、ダブルは凸が内側になるように張り付いている。だからシングルで凸の方で拭いている方はダブルは使用しないで下さい。(笑)

以上、ティッシュ・トイレット研究家からでした。(ウソ)

#でも専門家は本当。元だけど。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

う~ん、なにわの商人魂でしょうか・・
友達もだいたいシングルなんですよ~
よく子供のお尻拭きでも友達は2枚ぐらいで済んでいるのに私だけよく”使いすぎ!”っていわれてましたけど。

トイレットペーパーの場合、結局使う量が一緒ならなるべくめんどくさくないほうにしたい私。

余談その2の凹凸のお話なんですけど。
なんか今ピーンときたんですが、凸が洗顔のマッサージパフのように汚れをかき出す役目もしているのでは?という
疑問が浮かんできました。それともくっつかないしゃもじのようにペーパーにつきにくいように・・あれ?これじゃだめですね~くっつかなくては・・・ _(^^;)ツ アハハ

そういえば裏と表の使い心地なんて比べたことってないですね~やはり汚れをかき出すのかも!

専門家?悶々・・・・・(気になる)

回答ありがとうございます~一度専門家の方に実験していただきたいものです(笑)

お礼日時:2001/01/09 23:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ