AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

こんにちは。

ちょっと気になったんですが、買ってきたTシャツが「綿100%」なのに
洗濯マークが「ドライ」になっているんですよ。
手洗いマークにはバツ印がついていました。刺繍がついていますが、
とくにドライクリーニングしないといけないようには
見えないんですが・・

もうひとつ、この春買ったジャケットなんですが、
「ポリエステル56%、綿40%、ポリウレタン4%」で
これも「ドライ」になっていました。

なんだか、改めて考えてみると、これって水洗いしても
いいのじゃないかな?なんて思いました。
(GWに出費かさんでしまって、クリーニング代節約したいので・・・)

これって、水で洗ってもOKだと思いますか?
また、みなさんはこのように「ドライ」と書いてあるときは、
必ずドライクリーニングに出していますか?
あ、あと最近ホームクリーニングってあるんですよね。
しておられる方おられましたら、
どんなものか教えていただけると助かります!
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

 そういう表示というものは、手洗いOKの表示があったのに縮んじゃったじゃないか!という抗議がくると困るので


大丈夫だとは思うけど、念のため手洗い不可という表示にしておくものなのです。
Tシャツなんか洗えないと困りますから、お店の人に聞いてみると
ほとんど「一応そういうふうに書いてあるけど、私は何回も洗っていますよ。」というふうに答えます。
心配なら手洗いすれば大丈夫です。
私はネットに入れて洗濯機で洗っちゃっていますね。

 ただし、理由があるときもあります。
カットソーで、どちらもレースを使っていてほとんど同じように見えるのに
片方は手洗いOK、片方はドライクリーニング表示。
そこでいつものように店員さんに聞いてみました。
どうせメーカーの考え方の違いから、とかいう答えが返ってくると思っていたら
「レースの種類が違うので、こちらは縮んじゃいますよ」という回答が。
そのTシャツも、もしかすると刺繍がデリケートだからかもしれません。
それからジャケットも水洗いしようとお考えのようですが
襟芯などがおかしくなってしまうこともありますから
ジャケットはやめておいた方がいいと思いますよ。
それにそれだけ変わった種類の混紡ならちょっと怖いかも。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

なるほど。ジャケットはやめておきます・・・
ちょと奮発しちゃったので^^;
混紡っていうんですね、こういうの。
何にも考えずに見た目だけで買ってしまったので。。
ただ白いジャケットなので、すぐに汚れてしょっちゅうクリーニング・・
なんてのはつらいなぁと思ったので。

もしもご存知でしたら、
汚れ防止の方法などもお教えいただけませんでしょうか?

お礼日時:2002/05/10 00:09

>「エマール」などの「ウール洗剤」(これはドライ物が洗えるとは言っていません)



・・・手元の「エマ○ル」のボトルには、「ドライ」マーク衣料・・・・って書いてあるんですね。
ごていねいに、使用説明には「水×、ドライ」は「つけこみ洗い」「洗濯機のドライマークコース」・・と。

 洗濯機のほうも「ドライ」コース(「ドライ洗剤」コースというべきなんでしょうけど)と、「ウール」コースとあるんですね。

 9、11の回答を読むと、やっぱりクリーニングは、ちゃんとプロが店でやっているところに頼まなきゃいけませんね。(さいきん、コンビニで取り次ぎなんてのもあるらしいけど)
    • good
    • 6
この回答へのお礼

遅くなりましたが、ご回答ありがとうございます。
こんなたくさんのかたがたに答えてもらえるとは、思っても見ませんでした。
やっぱりジャケットのほうは、クリーニング出します。
Tシャツの方は・・多分自分でジャブジャブ洗っちゃいます
みなさんいろいろ教えてくださってありがとうございました^^

お礼日時:2002/05/27 15:56

クリーニング店に勤めている者です。


誤解が生じているようなので、書き込みさせていただきます。

まず、家庭でクリーニング店の「ドライクリーニング」は出来ません!!!
なぜならドライクリーニングは化学系、石油系の溶剤で洗濯物を洗い上げるものだからです。
出来ると謳っているのは「ドライクリーニング風に洗い上げる」洗濯です。
このページが確かで読みやすいと思いますのでご参照下さい。

http://www.mediawars.ne.jp/~cleaning/menu2/sogon …

最近は市販の洗濯機に「ドライコース」などが設けられていますし、世の中には「ドライ洗剤」なるものが氾濫していますが、業界では困惑しています。水を使う洗濯に「ドライクリーニング」の文字は当てられないのです!
もちろんクリーニング店でも水洗いをしますがこちらは「ランドリー洗い」と呼んでいます。

洗剤については私は「エマール」などの「ウール洗剤」(これはドライ物が洗えるとは言っていません)の方が罪がなくていいと思っています。高い「ドライ洗剤」
(○○イアップ、ハ○○ック)は自分もやってみましたが、汚れ落ちはイマイチでしかも上記のようにドライでしか洗えない物すべてに対して万能という誤解を与えるのでちょっとどうかなと思いますね。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~yoko-50/sentak/dryma …

Tシャツについてですが、イタリア製のものなどはほとんど綿100でもドライ扱いになっています。水で洗えると思われるのに予防的な意味からメーカーがつけてしまっている場合が多いです。でも、ビーズ、合皮、刺繍に金糸(スリット糸という表示があります)が付属品としてついている場合はほとんどドライ洗いになります。これは品質表示を見て家庭での洗いにトライしてもいいと思います。

ジャケットについてですが、お店に出されることをおすすめします。仮に水洗いに成功したとしても、そのあとの仕上げはおうちでは大変だからです。
(特にテーラードのかちっとしたタイプの場合、きれいに襟を家庭でプレスするのは至難の業です)それに脅かすわけではありませんが、縮むことが多いですよ。
仮に表の生地だけ縮むと裏地が出てきてしまったりします。
そのような物をクリーニング店に持ち込んで何とかしてと泣きつかれるお客様がいますが、そうなるともうなんともし難いです。

皆さんの回答を読ませていただいて耳が痛いのは・・・
「汚れが落ちない」というご指摘ですね。(笑)
今はウエット&ドライ(または汗抜きクリーニング)という両方の洗いを洗濯物に施すやり方があり、それを店頭ですすめるお店も多いです。特に油性、水性両方の汚れを落としたい場合などに有効です。ただ、まだ開発途上の技術ですので賛否両論もあります。(うちの店では行っていないです)

この仕事をしていると、何でもかんでも汚れは落ちると思われる時が多く、働いている身としては正直ツライ時があります。時間がたったシミ、あと繊維の内部に入り込んだシミ、カビ汚れはとても落ちにくいのです。シミはつけたらすぐにいじらずに店頭にお持ちいただきたいですね。
あと、汚れ落ちがイマイチと思った時は店頭で遠慮なく再洗いをプレスに不満があれば再プレスを申し出ていただきたいです。(原則無料ですので)案外、2度洗いをすると落ちることがありますし、落ちない時も納得はある程度できるのではないでしょうか?

私も一主婦ですので(笑)何でもドライマークがついていればクリーニング店に出すものとは考えておりません。糸が極細のニット類、カシミア、アンゴラ、基本的に生地がウールぽく織りのもの(ジャケットなど)は自分の店に出しますが、その他は家で注意して洗っちゃいます。あと、製品の原価、着用年数、大事度などを加味して判断しています。うちにいらっしゃるお客様もそんな方が多いです。

あと一つ弁解させていただくと、一度クリーニングして「型くずれ」「ヒダ取れ」する製品はそのものに問題があります。問題のない製品は何回洗ってもそのような状態になりませんので。沢山の製品を日々目にしていますのでこれは自信があります。
いい加減なものを作るメーカーにこちらの立場から抗議を申し入れることも多々あります。

家庭でのニット類の洗い方についてはoobankobanさんのアドバイスが的確だと思います。
    • good
    • 19

 余りお役に立てる情報じゃないんですが再登場です。


汚れ防止の方法としては、防水スプレーをかけるといいそうですよ。
私はやったことがないんですけどね (^^ゞ
繊維には最初のうちは水や汚れをはじく成分があるので
おニューの服にしみが付いちゃった、どうしよう、というときでも
案外簡単にしみぬきキットで簡単に取れたり、洗濯したらきれいになりますね。
ただし、一度洗うと落ちちゃいますので
いくら洗ってもしみが取れなかったりしますね。

 実は私はクリーニングに極力出さない人です。
もちろんクリーニング代がもったいない、面倒くさいというのが理由でもあるのですが
一度クリーニングに出してしまうと、すぐ型くずれしたりするんですね。
少々かばんの中に突っ込んで旅行しても絶対ひだが崩れなかったお気に入りのスカートを
クリーニングに出したら、とたんにひだがすぐに取れるようになってしまいました。
安物だったからなのかもしれませんが。
あと、ブレザーを安いクリーニング店に出したら
襟がちょっと考えられないほど太い幅にされて返ってきました。
もともとの襟の幅の倍くらいになっているんですよ!
泣きながらアイロンで直そうとしましたが
プロのプレスの力は強力で、結局捨てざるを得ませんでした。
一緒に出した麻の、くたっとしたジャケットは
きっちりしていないところが魅力だったのに、無理やり襟がプレスしてありました。
私は黒を着ることが多いものですから、
スカート、コート等々、じぇんじぇん洗っていません(きっぱり)
もちろんブラウス、カットソーなんかはきちんと洗っていますよ!
でもあまりマメにクリーニングに出さない方がいいこともありますよ。
    • good
    • 13

私「ケチ+ドライクリーニングを信用していない派」なのでスーツ類以外は全部自分で洗います。

本当はスーツやコートも自分で洗いたいんだけどさすがに後のアイロンを考えると・・・

理由はドライだと汚れが落ちないからです。クリーニング屋さんから帰ってきた物
なのになんだか薄汚い、って経験ありません?「お金かけてこれかよぅ!」じゃ腹立たしいじゅないですか。

と、ある日、主人のズボンを持っていったらその日はクリーニング店のご主人が受け付けだったんですネ(いつもはバイト)で、やおら「これは水で洗いましょうか汚れがひどいから。」と言うではありませんか。
エッ(?_?)「水洗いしても大丈夫なんですか?縮みません?」「平気ですよ、ドライじゃきれいになりませんよ!特に汗なんかは!」
ズボンは縮まずきれいさっぱい洗い上がって帰ってきました。

以来私はほとんどの物を家で洗っています。前の方が書いてらっしゃるようなゼーッタイ×、の物以外は。

kanakyu-さんも手洗いに目覚めたようなのでアドバイスを1つ。
(1)ウールは水に温度差があると縮んでしまうので、初めからお終いまで水で洗いましょう。
(2)刺繍物は干す段階で叩き延ばして形を整えてしまえばアイロンも楽にしわ無し。
(3)押し洗いなら、かなり上物でも、レースふりふり物でもほとんど型くずれしません。
(4)手洗いした物でも最後の脱水は洗濯機に「たのむぜ!」ですが、このときバスタオルの上で大きめにきれいにたたみ、バスタオルごと丸めるかたたむかして脱水します。特にセーター類はこの方法で極限まで脱水しちゃった方が返って型くずれしにくいです。
    • good
    • 22

先ほどの訂正。

すみません。
「ハ○ベック」は「ドライセキユ系」もOKで、「ドライ×」がだめ、だそうです。
    • good
    • 9

「ウール」コースと「ドライ」コースは別です。


うちの洗濯機は古いので「ドライ」コースがついていないので、「手動」でやっています。
ドライ用洗剤にもいくつか種類があって、よく店頭にある「エ○ール」などと、代理店でしか扱っていない「ハ○ベック」など。後者には「ドライセキユ系」でなければOKとかいてあります。

「ウール」コースでは「弱洗い」しますが、「ドライ」コースは、洗剤を溶かしたところに「つけこみ」だけ。軽く脱水、注水つけこみ、を繰り返してすすぎます。
洗面器でつけおきするより、そのまま「脱水」できるのが洗濯機の利点です。

汗汚れは「ドライ」より「水」のほうが良く落ちます。もとが「水性」ですから。

専門業者のドライは、環境問題になっているフロンやらジクロロエチレンやら、いろんな溶剤が使われますが、そういうものを必要としない衣類を買うようにしたいものですね。

参考URL:http://www1.odn.ne.jp/~cay29270/sub1.5html
    • good
    • 1

Tシャツは多分刺繍のためドライ禁止になっていると思われます。


刺繍がレーヨンの糸などで、綿との収縮に差があると
刺繍周りに波うちが出てくる場合があります。
アイロンなどである程度復元できますが、
着用者によってはそれを気になさる方もおられるので
そのような表示になっていることがあります。
また糸の染色が水で落ちるものがある場合があります。
この場合最悪、色移りします。洗う前に白布に
水を含ま叩いてみてテストしたほうがよいと思います。
シャツは本来肌に直接触れ汗などを吸収するので
水洗いが前提と思いますが、ファッションを重視する
こういった衣料も出てきています。
ジャケットですがポリウレタン弾性糸を使った
ストレッチ素材だと思うのですが、これは、
ポリウレタンのゴム糸のような細い糸に綿などを
コイル状に巻きつけられた構造になっています。
ポリウレタンは本来染まりませんので、余分に染料が
のっている場合が多く、水で洗って色落ちが目立つ場合があります。
また、ポリウレタンが水を含むと分解していく性質を持っており
なるべく長く着用を考えメーカーがそのように記入
している場合もあります。
メーカーとしてはありとあらゆる事を考えそのような
表示になっていると思います。
自分の責任で水洗いするのは、構わないと思いますが
(私も含め回答者の方々も多分、自分で洗って失敗してると思いますが・・)
何故か?考えてから洗いましょう!
    • good
    • 2

kanakyu-さんこんばんは。



Tシャツですが、刺繍・スパンコールやビーズなど、ビニール製のようなプリントはありませんか?そういうものは、洗濯機でぐわんぐわんと洗ってしまうと取れてしまったりするので出来ません。
確かに、主人の普通の黒のTシャツ「ドライ」になってましたが、ネットに入れて洗ってみましたが無事ですね。

ホームクリーニングは洗濯機の「ドライ」コースを選んで一応洗剤は「おしゃれ着洗い用」の物(アクロンとかエマールとか・・・)を使いました。
どうも音を聞いていると(ヒマ人?)ぐわらんぐわらんと洗っていなくてあんまり洗濯層が回っていないかんじでした。
使うのはほとんどセーターです。スーツ・コートのように中に芯が入っている物は型崩れしやすいのでやりません。アイロンをかけないと着られなくてアイロンのかけにくそうな物(刺繍やレースのものなど)もしません。

参考になるとよいのですが・・・
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

ええっと、Tシャツに刺繍があるんですよ・・これのせいかもしれないですね。でも綿100%なので、たぶん刺繍糸も綿?かと思います。
そうですね、今度ネットで洗ってみます。
セーターも、結構手軽に洗えるもんなんですね。おぉぉ~
目からウロコ状態でした。

いろいろ教えていただいて、ありがとうございます^^

お礼日時:2002/05/10 00:37

こんにちは。



高価なものでなければドライ用の洗剤(液体)で洗っちゃってます。
一応洗濯機にも「ドライ」のコースがあるので。(普通よりも回転が少なめ)
でも、さすがにジャケットは洗いませんね。型崩れが心配なので。
洗濯機が心配でしたら、洗面器などでつけおき洗いするとよいのでは?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

ドライコース・・・
今うちの洗濯機をみてきたら、「ウール」コースというのがありました~
たぶんこれじゃないかなと思います。
一度も使ったことありませんでした。今度やってみますね^^

洗面器でつけおき・・・なるほど、参考にさせていただきます。

お礼日時:2002/05/10 00:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレーヨン製品はどうあっても家で洗えない?

「レーヨン」と衣類洗濯表示に書いてあるだけで、
どんなに形が気に入っていたとしても
洗えないから買うのを泣く泣くあきらめています。


このあいだ、すごくかわいいボーダーのニットを
見つけたのですが、
レーヨン55、ナイロン45%でしたので
がっかりしました。
家で洗えるのなら即買いなのですが、
レーヨン製品はどうあっても家で洗えないのでしょうか?
それとも混紡のレーヨンの配分に
よっては洗えるものもあるのでしょうか?
それでしたら
どのような繊維の組み合わせ、配分だったら、
洗えるのでしょうか。

教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。昔繊維関係で仕事をしていたので、すこしでも参考になれば・・・・。レーヨンは基本はクリーニング扱いですが、ちゃんと丁寧にすれば家で洗えますよ。ハイベックなどのドライ扱いの洗剤を使って手押し洗いかネットに入れてドライボタンで「洗い」。製品の状態によりますが、手すすぎの方が傷みにくいでしょう。汚れがひどいときは必ずポイントで汚れを落としてくださいね。あとは陰干し表示であれば室内で使ったネットをハンガー二つ使ってピンと張った上に平らに乗せれば良いでしょう。
ただ、麻+レーヨン+しわ加工などや形(加工)が複雑になってくると・・・・。
 因みに、私は10数年前に買ったレーヨン100のシャツ(平織りプリント)は普通に洗って(ネットに入れてますが)も別に破れていませんし、テンセルやレーヨン100のジーンズはもう通常の洗濯洗剤で洗っています(これはお薦めできませんが)。「手入れが面倒で着ない」よりは、どんどん着てあげましょうね。

Q綿100%なのにドライクリーニング?

今日、購入した薄手のカーデガンなんですが、洗濯表示を見ると、綿100%なのにドライクリーニングになっているんです。
水洗いは×になっているんです。
しわ加工されている製品だからだと思うのですが、おしゃれ着洗い用の洗剤で手洗いすればいいんじゃないかな~と思うんです。
どうして、綿100%で水を使っちゃいけないのかが知りたくて質問しました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 綿100%の物は、縮む可能性がありますよ。
洋裁の時、綿100%のものを使うときは、一度、生地を水につけて乾かしてから使うことがあります(初めに縮ませる)。カーデガンなら、糸をそのまま、編んでいるので、縮む可能性があるかも?と思います。

Qポリエステル100%なら、自宅で洗濯しても大丈夫?レーヨンとポリエステルの違いは?

夏は汗をよくかくし、クリーニング代もかなりかかるので、自宅で洗えるものは出来るだけ洗うようにしています。
先週新しく買ったスカートの素材を見ると、ポリエステル100%となっているのですが、よくスカートの裏生地に使われているようなツルツルした感じではなく
「ちょっと麻入ってる?」と思うような(実際は入ってないのですが)加工というか、そんな生地の感じです。手触りとか。
スカートのタグの表示を見ると、「水洗い×、塩素系×、アイロン(中)○、ドライ○」となっています。
で、我が家使用のアクロンの表示では、このような表示の場合でも洗濯OKとなっているので、普段はポリエステル100%のスカートなどは洗濯してます。
よくあるツルツルのポリエステルとは少し加工が違うみたいなのですが、素材的にはポリエステル100%なので、普通に自宅で洗っても大丈夫でしょうか?
ちょっと不安なので、これはクリーニングに出すべきか迷ってます。

また、アクロンのボトルの表示を見ていて思ったのですが、このようなタグ表示の場合でも、「シルク、レーヨンには使用できません」と書いてありました。
シルクとレーヨンは水洗いで縮んでしまうから?ですか。
レーヨンとポリエステルって今まで同じように捉えていましたが、この2つの違いってなんでしょう・・・?
↑これは本当に素朴な疑問なので、もしご存知でしたらで結構です^^;

夏は汗をよくかくし、クリーニング代もかなりかかるので、自宅で洗えるものは出来るだけ洗うようにしています。
先週新しく買ったスカートの素材を見ると、ポリエステル100%となっているのですが、よくスカートの裏生地に使われているようなツルツルした感じではなく
「ちょっと麻入ってる?」と思うような(実際は入ってないのですが)加工というか、そんな生地の感じです。手触りとか。
スカートのタグの表示を見ると、「水洗い×、塩素系×、アイロン(中)○、ドライ○」となっています。
で、我が家使用...続きを読む

Aベストアンサー

ポリエステルとは昔はテトロンと呼ばれ(登録商標)、現在ではペットボトルにも使用されている石油由来の合成繊維です。レーヨンは木材のセルロースから作られる再生繊維です。レーヨンはその主成分が天然ものですのでドライクリーニングが安全だと思います(繊維が水を吸いますのでそれによって縮んだり伸びたりします)。ポリエステルは一般に水洗いで良いですので、簡便なので看護婦さんやその他のユニフォームにも使用されます。ただしファッション性の高いものは、ポリエステルであっても特殊な極細糸や繊細で特殊な織りかたを使用した場合には、ずれや不均一な縮で型崩れの恐れがあります。普通の温度の水でアクロンなどで優しく手洗いには問題ないと思うのですが、(ポリエステル繊維は水は吸いません)上記の様に多少冒険かもしれません。洗濯機は機械的な力が強いので絶対にダメでしょう。

Q綿100%なのにドライ表示とは!

カタログで気に入ったシャツがありました。
バイアスジャカードのニット素材で、綿100%にもかかわらず、お洗濯はドライクリーニングでとのこと。
こういう場合、ネットに入れてお洗濯するとどうなるのでしょうか。
どうして綿素材なのにドライなのでしょう。

Aベストアンサー

今晩は。クリーニング店にバイトしている者です。

綿素材でもその製品によって、ドライ洗いのみの表示しかないものもあります。
ニット素材だからではないでしょうか?
ウールのセーターと同様で、水洗いするとちじんでしまうということかもしれません。

家庭でも、ドライ洗いが出来る洗剤が出ていますが、あくまでドライ風であり水洗いの延長に位置付けられています。
クリーニング店で使用しているドライ溶液とは別なものです。

ドライで洗うものを水洗いするとかたくずれしたり、色が落ちたり、柔らかさが無くなったりします。(特にシルク・カシミヤ・アンゴラなどの柔らかい素材)

お気に入りのお洋服を長持ちさせる為にもクリーニングに出すことをお勧めいたします☆

Q洗濯できますか?ドライ石油系。

冬物のコートを自分で洗濯したいと思ったのですが、
表示を見ると

手洗い30/ドライ・セキユ系

とありました。
素材は表地・裏地ともにポリエステル100%です。
これはエマールで洗えますか?
エマールのHPには「ドライ」のことは書いてありますが
「ドライ・セキユ系」のことは書いてありませんでした。
おわかりになる方、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

>手洗い30/ドライ・セキユ系

これは30度のぬるま湯で手洗いをするか
石油系のドライクリーニングでお手入れしてください
と、言う意味です

でも
ポリエステル100%ならエマールで簡単に手洗い出来ますが
エマールではない普通の洗濯洗剤で洗えます
型崩れが心配なら洗剤液に一晩浸けておいてから
洗濯機の手洗いコースで洗えば、綺麗に汚れが落とせます
最後に柔軟剤で仕上げればOKdesu

Q綿95% ポリウレタン5%を洗濯

綿95% ポリウレタン5%のズボンを洗濯したいのですが、
タグを見ると手洗い以外は×になっていたのですが、この場合は
普通に洗濯機に入れても問題ないでしょうか?

Aベストアンサー

ポリウレタンが2%くらい入っていても、洗濯条件によっては丈が1cmくらい縮むことがあります。
この場合は5%ですから、もっと注意が必要ですね。
手洗い指定のものを洗濯機で洗ったり、乾燥機で乾かすのは、止めたほうがいいです。
ポリウレタンは熱に弱いですから、洗濯後にアイロンをかけるなら更に充分注意してください。
縮んでから後悔しても、戻せませんよ。

Qドライクリーニング指定の服は洗濯どうしていますか?

よく行くショップの服は、何でもかんでもドライクリーニングが指定されています。
水洗い不可で、ものによっては水濡れ厳禁とか
ドライクリーニングもネット使用で、と書かれています。

私もそうですが、洗濯タグに必ず従って、ドライ指定のものは全部クリーニングに出している方って多くはないですよね?
特に夏服はいちいちクリーニングに出していたらきりがないですし。
肌に直接ふれないジャケットなどならまだしも
スカートやパンツをドライクリーニングのみというのは抵抗があって、どうしても水で洗っちゃいます。

みなさまは、どこまでご家庭で洗って、どこからクリーニングに出していますか?
また、これはクリーニングじゃないとまずいよ!という素材や加工などはあるでしょうか。

私はこんな感じです。

洗濯機で普通に洗濯
・スーツのスカート
・刺繍の付いたもの
・総レース(ネット二重)
・スパンコール、ビーズ、ビジューの付いたもの(ネット二重)
・フロッキー加工(部分的)

手洗い&手で脱水
・ウール100%
・コート
・シルク(スカーフ、インナー等、面積の狭いもの)

クリーニング
・ジャケット類
・フロッキー加工(全体)
・形状記憶加工
・合皮
・コート(シーズン終わり)

家庭洗いで過去失敗したもの
・オーガンジーのフレアスカート(シワ)
・ウールのセーター(縮み)

よく行くショップの服は、何でもかんでもドライクリーニングが指定されています。
水洗い不可で、ものによっては水濡れ厳禁とか
ドライクリーニングもネット使用で、と書かれています。

私もそうですが、洗濯タグに必ず従って、ドライ指定のものは全部クリーニングに出している方って多くはないですよね?
特に夏服はいちいちクリーニングに出していたらきりがないですし。
肌に直接ふれないジャケットなどならまだしも
スカートやパンツをドライクリーニングのみというのは抵抗があって、どうしても水で洗っちゃ...続きを読む

Aベストアンサー

私がクリーニングに出すもの
・コート
・ジャケット
・マフラー
・ニット帽
・手袋
・浴衣(時間ない時だけ)
・アイロンが面倒なもの

クリーニングに出した方がいいもの
・ウール(水洗いは縮みます)
・レーヨン(水洗いは縮み、色移りしやすい)
・シルク(水洗いは縮みます)
・革
ちなみに形状記憶のものは、クリーニングでもとれる加工はあります。
プリーツ加工もとれやすいものもあります。
スーツはウールが入っていたらクリーニングがいいです。

Q麻の100%の服普通に洗濯したらどうなりますか?

アルマーニの麻100%のズボンなのですが洗濯表示には水洗い不可でドライ石油系は大丈夫でアイロン中なら可能となっています。アクロンとかで手洗いしても大丈夫なものでしょうか???何回かクリーニングに出したのですが毎回お金も馬鹿にならないので・・どなたか教えてください。

Aベストアンサー

> 洗濯機のほうがよいということでしょうか

まさか!クリーニングです。
手洗い可、ならそのように表示してあります。
手洗い可 を表示した方が売れ行きが良くなると思いますが、あえてドライのみ、としてあるのですから、まず縮みます。

Qキュプラを洗濯したいんだけど

キュプラ100%のブラウスを買っちゃいました。
裾部分には合成皮革(ポリウレタン加工したレーヨン)
を使ってます。
洗濯はドライのみオーケーになってるんですが、家で洗えないもんでしょうか?
夏物なのに、着るたびにクリーニングなんて大変だし。

もし普通に洗剤で洗ったらどうにかなっちゃうんでしょうかね?

教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

クリーニング店で受付をしている者です。

夏で汗はかきますしお気持ちは分かるのですが、キュプラは化学繊維の中でも特に水洗いに適さないため、家庭で手洗いするのはおすすめできません。
色落ちはしませんがかなり縮んでしまいます。また洗った後、意外と小じわがよるので仕上げに苦労します。

キュプラはベンベルグ(旭化成での呼称)と呼ばれ、ウールのスカートの裏地などによく使われています。
私は普段着でもういいからとその手のスカートを何回も家庭で手洗いしたことがありますが、100%裏地は縮み表生地と長さに差が出ます!(笑)
合皮もついているし、もしこちらがブラウス地に比べて濃い色でしたら、水洗いによってブラウス地に移洗する危険も出てきます。

大事なおしゃれ着のようですし、今回はクリーニング店にまかせて、次回からは両脇に「汗ワキパッド」などの製品を使って、少しでもドライクリーニングの回数を減らすようにしてはいかがでしょうか?
何回も着て普段着におろした時点でご家庭での洗濯に切り替えてもーと思います。

Q洗濯について ドライクリーニング 水洗い

洗濯について
自分で調べたんですけど
それでも分からないので…
具体的な例で質問します。

表地:ポリエステル65%,綿35%
裏地:ポリエステル100%
わずかに使われているレース部分:レーヨン100%
・水が入った容器に×マーク
・エンソ サラシに×マーク
・アイロン低温
・ドライ セキユ系
このワンピース。
水に×マークなのでドライクリーニングのみですか?
何回着たら、どのくらいの期間で
クリーニングに出すのが一般的ですか?

また、
エマールなどのおしゃれ着用の洗剤で
手洗いはダメなのでしょうか?



それから、
以下の服についても教えてください。

表地:ポリエステル70%,レーヨン30%
裏地:ポリエステル100%
マークは全て上記ワンピと同じの
このスカート。

表地裏地共にポリエステル100%
マークは上記とほぼ同じですが
アイロン不可のスカート。
必ずドライクリーニング店へ…と書いてありました。

最後に、
表地:レーヨン39%,ポリエステル22%,綿21%,アクリル18%
裏地:ポリエステル100%
マークは最初に書いたワンピと同じです。


手洗いしても大丈夫なもの、
絶対に手洗いはダメなもの、
教えてください!

洗濯について
自分で調べたんですけど
それでも分からないので…
具体的な例で質問します。

表地:ポリエステル65%,綿35%
裏地:ポリエステル100%
わずかに使われているレース部分:レーヨン100%
・水が入った容器に×マーク
・エンソ サラシに×マーク
・アイロン低温
・ドライ セキユ系
このワンピース。
水に×マークなのでドライクリーニングのみですか?
何回着たら、どのくらいの期間で
クリーニングに出すのが一般的ですか?

また、
エマールなどのおしゃれ着用の洗剤で
手洗いはダメなのでしょうか?



それか...続きを読む

Aベストアンサー

一般的に、「水洗い×」のものは、それなりの理由があります。
以前、化繊の風呂敷を、「風呂敷くらい…」と思って水洗いしたところ、ひどく縮んで使い物にならなくなってしまいました。
部分的に色が抜けてしまうことや、レースの端がひどくほつれてしまうこともあります。レーヨンなどは、しわしわになって、アイロンをかけても元通りにならなかったり、ツヤがなくなったりします。シワ加工のものは、洗うと醜いシワができ、アイロンをかければシワがほとんど消えてしまったり…

その一方、おしゃれ着洗い洗剤で、ほぼ完璧に洗える場合もあります。最近は、ウール混のニットなど、自宅洗い出来るものが増えました。

夏の衣類は、着るたびに汗がつくので、そのたびにクリーニングに出すのももったいないし、悩む所ですが、「駄目になったら、その時はしかたがない!」と思いきれるかどうかで、決めるしかないでしょうね。お値段と相談というか…
要するに、人さまの衣類を、成分や洗濯表示だけで、手洗いが可能かどうかを判断するのは無理だということです。「水洗い〇」のものでさえ、失敗することはちょくちょくあるのですから。

ただ、「必ずドライクリーニング」と書いてあるものは、メーカーが自信を持って「水洗いしたらダメになるぞ!」と言っているわけですから、クリーニングに出すべきでしょう。

クリーニングに出すタイミングは、どれくらい汗をかいたかにもよりますが、綿などは、結構変色のもとになるので、また、汗のにおいも残りやすいので、早くクリーニング屋さんに持っていく方がいいと思います。
焼き肉の匂いがついたときなどは、すぐにクリーニングに出すべきでしょう。ファブリーズで大丈夫、という人もいますが、細かい油のついたのまでは、スプレーではどうにもなりません。
白いものや、色の薄いものは、汗がついたままにしておくと、変色して、クリーニングでも落ちなくなることがあるので、これも、「汗がついちゃってるな。」と感じたら、翌日くらいにはクリーニングに出すのが正解だと思います。綿の白モノ系は、恐ろしいことに、クリーニングに出して、きれいにして、クローゼットにしまって、翌年出したら変色していた、ということがたまに起こります。いったん汗が繊維の奥までしみ込むと、クリーニングでもちゃんと落ちてくれないみたいです。ご注意ください。

一般的に、「水洗い×」のものは、それなりの理由があります。
以前、化繊の風呂敷を、「風呂敷くらい…」と思って水洗いしたところ、ひどく縮んで使い物にならなくなってしまいました。
部分的に色が抜けてしまうことや、レースの端がひどくほつれてしまうこともあります。レーヨンなどは、しわしわになって、アイロンをかけても元通りにならなかったり、ツヤがなくなったりします。シワ加工のものは、洗うと醜いシワができ、アイロンをかければシワがほとんど消えてしまったり…

その一方、おしゃれ着洗い洗剤で、...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング